海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2018年03月

    1:Egg ★:2018/03/30(金) 01:59:00.76 ID:CAP_USER9.net
    6月14日に開幕するサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグで、日本対セネガル、フランス対ペルーなど計4試合の試合会場となるスタジアムが、ちょっと異様な形として注目を集めている。

    【写真】スタジアムの外に飛び出るように設置された仮設スタンド=ロシア・エカテリンブルク、長島一浩撮影

    1957年に建設されたエカテリンブルクのセントラル・スタジアム。観客席不足を補うため、2015年9月から改築工事が始まった。高さ45メートル、6千席の大規模な仮設スタンドが、両ゴール後方のスタジアムの外にはみ出るように設置された。工事は昨年末に終わり、収容人数は3万5千人になった。

    仮設スタンドには階段しかなく、ビル15階建て程度の高さまで、歩いて上るしかない。ピッチは辛うじて見えるが、試合案内の電光掲示板や反対側の仮設スタンドのサポーター席などスタジアム全体は、屋根や柱によって見えにくい座席が多い。ただ、施工主の広報担当者は「街の景色も楽しめ、一番いい座席だ」と話している。(長島一浩)

    3/29(木) 18:38配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00000074-asahi-spo

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/30(金) 05:56:53.60 ID:CAP_USER9.net
    <U15キリンレモンカップ:Rマドリード・カデーテB2-0湘南>◇決勝トーナメント◇29日◇柳島スポーツ公園

    レアル・マドリードの下部組織カデーテB(15歳以下)MF中井卓大(14)は、J1湘南ベルマーレの下部組織U15に勝って優勝し「自分の国、日本で、いい大会ができて、優勝できてうれしかったです。家族も来ていて、うれしかったです」と満面の笑みを浮かべた。

    中井は、決勝トーナメント初戦のJ2大宮アルディージャ・ジュニアユース戦に続き先発。中盤でボールを受けると、すかさずパスを繰り出す球離れの良さで、守備から攻撃へのリンク役としてリズムを作った。前線に顔を出し、味方にボールを要求する一方、自陣からドリブルで攻め上がり、自らチャンスを作り出そうという意欲も見せた。

    後半12分に途中交代し、優勝の瞬間はベンチにいたが、ピッチに飛び出し、チームメートと抱き合った。客席に集まった子どもたちから、愛称の「ピピ」で呼ばれると、スタンドに駆け寄り、ハイタッチし、家族と抱き合ってキスした。「家族も来ていて、うれしかった」と笑みがこぼれた。そしてスタンドの前で「カンピオーネ」の合唱をしながら、チームメートと跳びはねて喜んだ。歓喜のジャンプは、表彰式でも繰り返された。

    27日の初戦は、湘南U-15と2-2で引き分け、スタートした。翌28日の三菱養和サッカークラブ巣鴨ジュニアユース戦に4-0、J3のSC相模原ジュニアユースには8-1と連勝。最終日のこの日も、大宮ジュニアユースとの決勝トーナメント初戦に6-0と大勝し、決勝も完勝し本領を発揮した。「1日目は、ちょっと時差ぼけとかでみんな疲れていて、良い試合が出来なかったですけど、2、3、4試合目は、みんな取り戻して、いい試合が出来て良かったです」と安堵(あんど)の笑みを浮かべた。

    中井は表彰式後も、「ピピ」と呼ぶ子どもたちが列を作る競技場の柵まで駆け寄り、ハイタッチなどで応えていた。【村上幸将】

    3/29(木) 19:16配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00163522-nksports-socc

    写真
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/30(金) 00:34:49.00 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドがレアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドに対して、巨額のオファーを提示する予定だという。29日、英『エクスプレス』が伝えている。

    2003年から09年まで所属していたユナイテッドに、C・ロナウドが復帰するかもしれない。GKを補強したいレアルはユナイテッドのGKダビド・デ・ヘアを狙っており、一方でユナイテッドはデ・ヘアと3500万ポンド(約52億4200万円)を引き換えに、ポルトガルの大エースを獲得しようと画策しているという。

    また、ジョゼ・モウリーニョ監督やフロント陣はC・ロナウドを呼び戻すために、2600万ポンド(約38億9400万円)の年俸という“本気”を見せるとも伝えられている。明らかな衰えこそ見られないものの、少しずつ現役選手としての晩年に向かいつつあるC・ロナウド。古巣復帰という大ニュースは真実となるのだろうか。
    2018-03-30_08h10_27
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-01652083-gekisaka-socc
    続きを読む

    59a7fdd0-6750-4f95-9953-5dc7d3093d95

    1:風吹けば名無し:2018/03/30(金) 03:42:57.66 ID:vbO6rz3d0.net
    昔はパスとセットプレーだけには希望持てたのに
    3:風吹けば名無し:2018/03/30(金) 03:43:24.51 ID:G8+Afpx3d.net
    前からゴール前でパス回ししてたやん
    4:風吹けば名無し:2018/03/30(金) 03:43:43.75 ID:i2QI2LHMr.net
    育成失敗と他国が強くなった
    続きを読む

    1:あずささん ★:2018/03/30(金) 06:32:10.48 ID:CAP_USER9.net
    昨年7月の来日から約半年が経ったいま、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは新たな挑戦の場として選んだ“ニッポン”での「冒険」で、何を感じ取っているのか。世界的な名声を得たストライカーが、その旅路で抱いた想いを語ってくれた。

    ――1月17日の初練習は、阪神淡路大震災における犠牲者への「黙祷」から始まりました。どんなことを感じましたか?

    「この街にとって、特別な日だという認識はもちろんありました。阪神淡路大震災が起きた当時の映像から多くを学びましたし、(初練習)当日は東遊園地で行なわれた追悼の集いも目にしましたよ。また、神戸の街に建てられている追悼モニュメントなどを通して、あの日、神戸市をはじめとする周辺地域が僕の想像を超えて大変な状況に陥っていたと悟りました。その1月17日を今回初めて日本で過ごしましたが、僕にとっても多くを学ぶ、特別な1日になりました。同時にこの日を通じて、改めて神戸市民の強さも実感できました。というのも、僕がいま目にしている神戸の街はとても美しい街だからです。これは神戸市民の皆さんが、再び自分たちの街を取り戻そうと立ち上がり、力を尽くしてきた証でしょう」

    ――このオフには母国でもチャリティマッチなどの慈善活動に精力的に参加されていました。そこに込められた想いを聞かせてください。

    「チャリティマッチは5年ほど前から続けていて、集まった資金は財団を通してドイツや出身地であるポーランドの子どもたちに届けています。僕が参加する慈善活動はすべて助け合いの精神に基づくもので、特に子どもたちを援助したいという思いは常に僕の心にあります。というのも僕自身もケルンのアカデミー時代は、憧れの選手にサインや写真撮影をお願いし、温かく接してもらえたことがとても嬉しかったからです。その時に感じた思いを、今度は僕が行動することで子どもたちや僕を応援してくれる人たちに感じてもらえれば嬉しいし、少しでも子どもたちの心に何かを残したいと思っています」

    ――かつてはサッカー少年だったご自身も今や世界的な名プレーヤーになりました。そのキャリアは子どもの頃から夢見ていたものでしたか?

    「サッカーをしている多くの子どもたちと同じように、当時の僕もプロサッカー選手になりたい、トップリーグでプレーしたい、代表選手になってワールドカップを戦いたいという夢を描いていました。ただ、その夢の実現のために何か特別なルートを歩んできたわけではありません。トレーニングでハードワークすることだけを心がけ、脇目もふらずにそれを毎週、毎月、毎年と積み重ねてきたことが今のキャリアに繋がったし、その戦いは今も続いています」(以下省略)
    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    ソース/サッカーダイジェスト
    37934_ext_04_0
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=37934
    続きを読む


    GettyImages-873947930

    1:Egg ★:2018/03/29(木) 17:47:18.37 ID:CAP_USER9.net
    FIFA(国際サッカー連盟)が4月中旬に承認する世界ランキングで、イタリアが過去最低の21位になることが分かった。29日までにイタリア紙コリエレ・デロ・スポルトが報じた。

    同紙によると、現在14位のイタリアは2015年に記録した17位を下回り、ワーストを更新することが確実だ。

    イタリアは昨年のロシアW杯予選で敗退し、60年ぶりに本大会出場を逃した。3月に行われた親善試合でもアルゼンチンに敗れ、イングランドとは引き分けた。

    1位がドイツ、2位がブラジルとベルギー、4位はポルトガルとなっている。

    3/29(木) 17:33配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00000109-dal-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/29(木) 20:37:55.21 ID:CAP_USER9.net
    ベティスは、やはりエイバルMF乾貴士獲得に迫っているようだ。スペイン複数メディアが伝えた。

    スペイン『アス』は、ベティスが来季に向けて乾とエスパニョールGKパウ・ロペスの獲得を決めたと報道。次のターゲットとして、レアル・ソシエダMFセルヒオ・カナレスを狙っていると報じた。スペイン『ABCセビージャ』も、『アス』同様すでにベティスが乾とパウ・ロペスを確保したと報じ、カナレス獲得に動いていると伝えている。

    乾は今季終了時にエイバルとの契約が満了する。エイバルは2年の契約延長オファーを準備していたようだが、乾はここまでのところ書類にサインしていない。そこにベティスが現れ、スペインの2クラブが乾争奪戦を繰り広げることになった。

    ベティスは3年契約に加え、フリーで獲得できる乾に高年俸を用意しているという。エイバルで定位置を確保している乾だが、直近のリーガエスパニョーラ第29節レバンテ戦では、移籍報道の影響か先発から外された。

    乾は2015年夏にフランクフルトからエイバルに加入した。今季リーガで28試合に出場して4得点を記録している。
    2018-03-30_00h17_38
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00000036-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/29(木) 21:59:28.11 ID:CAP_USER9.net
    3月25日放送の『土田晃之 日曜のへそ』(ニッポン放送系)にて、お笑い芸人の土田晃之が、サッカー日本代表のハリルホジッチ監督の采配への疑問を語っていた。23日におこなわれたマリ代表との国際親善試合では、前半に1点先行を許し、土壇場のロスタイムでなんとか引き分けに持ち込むのが精一杯。この格下相手のドローという結果に苦言を呈す土田。

    「『マリに引き分け』なんて言ってましたけど、ハリルホジッチなんて、日本じゃなかったら、もうとっくに切られてると思いますよ。日本ってちょっと保守的だし、情みたいなところがあるから」加えて、「(監督を)おれに変えても変わらないと思いますよ」と辛辣なコメント。約3カ月後に迫ったワールドカップ本番について、「もうすぐなんで、ちょっとサッカー協会も考えてもらいたいなって思いますけどね」と続けた。

    代表に選出した選手のラインナップについても疑問があるようで、「選手の選考もよくわかんないし」と言いながら、初の代表選出で値千金のゴールを決めた中島翔哉は好評価。「まあでも、日本の新10番は決まったかな。中島君は後半出てきて、すごくボールもらいに行くし、キープするし。やっぱ小柄なドリブラーで、要はメッシみたいなことだから」

    海外クラブに所属する中島に、さらなる飛躍を期待する。「FC東京では所属だったけど、レギュラーじゃなかったり。海外に行って評価される感じの子だから、どんどん頑張ってもらいたい。
     
    ポルトガルで活躍して、ビッグクラブも目つけていて。マンUだったり、いろんなチームの名前が挙がってるぐらいだから、行って欲しいですよね」たしかに、先日の試合ではほとんどいいところがなかった日本代表のメンバーたち。土田でなくとも、中島への期待を語るほかないのだろう。
    2018-03-29_22h23_52
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180327-00010000-flash-ent
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/29(木) 21:33:42.12 ID:CAP_USER9.net
    no title

    半年ぶり先発もインパクト残せなかった本田、英メディアは「恐れる存在ではない」と厳しく評価
     
    サッカーロシアW杯を3か月後に控え、日本代表はベルギーでの親善試合2試合を終えた。メンバー選考前の最後の実戦だったが、マリとは1-1でドロー、ウクライナには1-2で敗れるなど低調な内容だった。

    ウクライナ戦ではFW本田圭佑(パチューカ)が昨年9月以来、久しぶりに先発出場。しかし大きな印象を残せないまま後半途中でピッチを退いた。実績十分の本田への期待はなお根強いものがあるが、海外メディアは「ケイスケ・ホンダは恐れる存在ではない」とし、新たなキーマンになるべく2人の選手の名前を挙げている。

    英スポーツ専門メディア「REAL SPORT」は日本代表の特集記事を掲載している。そしてかなりのスペースを割いて伝えているのが本田の現状だった。「日本のスターは、過去2大会で印象的な活躍を披露してきた。しかし、皆がそのポテンシャルを期待していた通りにはいかなかった。

    鳴り物入りでACミランに加入したものの、3年半の期間で合計11ゴールに留まり、失意の時間となった。現在はメキシコリーグでプレーしており、安定感ある活躍を披露している。メキシコリーグも充分強いレベルにある。しかし、欧州最大のリーグの1つからのステップダウンであることに疑いの余地はない」

    記事では、こう本田の現状を伝えている。2010、14年のW杯ではエースとして活躍。名門・ACミランでも10番を背負ったが、期待されたほどの結果は残せず、昨年7月にはメキシコのパチューカへ移籍。キャリアダウンは否めないとしている。

    「ホンダはウクライナの守備陣にかき消されてしまっていた。大いに自信を欠いているようだった。交代した際も、沈黙し、元気のない姿を見せていた。南アフリカやブラジルの大会の時のような、人目を引くオーラは、影を潜めている」

    そしてインパクトを残せなかったウクライナ戦のパフォーマンスについてはこう言及。4年前、8年前にはあった自信満々な振る舞いが影を潜めていると指摘している。

    >>2以降につづく

    3/29(木) 19:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180329-00020886-theanswer-socc&p=1
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/03/29(木) 19:43:39.46 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナは、FWウスマン・デンベレを1年で手放すかもしれない。スペイン『ドン・バロン』が伝えた。

    昨年夏にボルシア・ドルトムントからデンベレを引き抜いたバルセロナは、アトレティコ・マドリーのFWアントワーヌ・グリーズマンを狙っている。これが実現した場合、20歳のデンベレを放出する可能性があるそうだ。

    バルセロナは昨年夏、FWネイマールを史上最高額の移籍金でパリ・サンジェルマンに放出した。その後、デンベレを獲得すると、1月にMFフィリッペ・コウチーニョを獲得。ネイマールの移籍金が2億2200万ユーロ(約290億円)。デンベレは1億500万ユーロ(約136億円)+出来高、コウチーニョが1億2000万ユーロ(約156億円)+出来高と伝えられており、すでにネイマール放出分は使い切っている。

    そこでデンベレの放出が現実味を帯びてきている。20歳の若手であるデンベレは今後の成長に期待したいところだが、グリーズマンが加入すると今以上に出番が限られることは間違いない。そのため放出を真剣に考慮しているそうだ。

    デンベレに対しては、アーセナルが強い関心を示しており、6000万ポンド(約90億円)ほどのオファーを用意している模様。バルセロナが大金を投じた若き才能は、1年でスペインを去るのだろうか。
    20180329_dembele_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180329-00263130-footballc-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ