海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2018年04月

    1:動物園φ ★:2018/04/30(月) 02:43:22.99 ID:CAP_USER9.net
    4/30(月) 2:34配信
    日刊スポーツ

    決勝ゴールを挙げ喜ぶマンチェスターUのフェライニ(ロイター)

    <プレミアリーグ:マンチェスターU2-1アーセナル>◇29日◇マンチェスター

    マンチェスター・ユナイテッドがアーセナルを下し2連勝。勝ち点を77に伸ばした。

    前半16分、MFポグバがサンチェスのシュートのはね返りを押し込み先制ゴール。後半に入り1度は追いつかれたが、終了間際にフェライニがヤングのクロスに頭で合わせ決勝ゴールを挙げた。
    2018-04-30_08h48_05
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00194215-nksports-socc
    続きを読む

    1:風吹けば名無し:2018/04/30(月) 08:00:35.50 ID:wAlAcQTI0.net
    ハリルホジッチ前監督の解任理由のひとつに、選手とのコミュニケーション不足が挙がったが、槙野はその事実についても疑問を呈している。

    「コミュニケーションの問題も言われてますけど、毎日2回くらいミーティングがあるくらいで、選手とスタッフの距離も近かったですし、かなりポジティブでもありましたので。そのなかで監督が代わる、コミュニケーション問題っていうのも言われていますけど、正直そこは分からない部分ですね」
    2018-04-30_08h33_19
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180428-00039560-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/04/30(月) 07:05:36.80 ID:CAP_USER9.net
    4/30(月) 7:00配信
    大迫勇也、ケルン退団の可能性も。「他の選択肢はある」

    ケルンに所属する日本代表のFW大迫勇也に移籍の可能性が浮上しているようだ。

    現地時間28日、ブンデスリーガ第32節が行われケルンは敵地でフライブルクと対戦し2-3で敗れた。この結果チームは来季2部に降格する事が決まった。


    試合後、大迫は「まずアルミン・フェーGM(ゼネラルマネージャー)と話し合いをする」と語った。続けて「他の選択肢はある」とケルン退団も選択肢にある事を示唆した。

    27日付けの『フースバルトランスファース』ではブレーメンのフランク・バウマンGMとフロリアン・コーフェルト監督はケルンのスタジアムに足を運び自らの目で視察に訪れていると報じている。

    2020年までケルンと契約を結んでいる大迫だが2部でのプレーを望んでいないともされており今後の動きに注目が集まる。
    20171127_osako_getty-560x373
    https://www.footballchannel.jp/2018/04/30/post267532/
    続きを読む

    1:動物園φ ★:2018/04/30(月) 02:56:56.34 ID:CAP_USER9.net
    香川真司、10試合ぶりにメンバー入りも出番なし。ドルトムントはドローで3位転落
    2018年04月30日(Mon)2時54分配信

    【ブレーメン 1-1 ボルシア・ドルトムント ブンデスリーガ第32節】

    現地時間29日、ブンデスリーガ第32節が行われボルシア・ドルトムントはブレーメンと対戦した。試合は1-1の引き分けに終わった。ドルトムントに所属する日本代表のMF香川真司はベンチ入りするも出番はなかった。

    リーグ戦2位を守るためには勝利が必要なドルトムントは19分に幸先よく先制点を奪う。ペナルティーエリアでフィリップからのパスを受けたロイスは右足でシュート、これが決まる。

    その後もドルトムントが優位に試合を進めるも追加点を挙げられず。このまま前半終了かと思われた45分にブレーメンが左サイドからセンタリングを送るとゴール前でデライネが頭で合わせ同点でハーフタイムへ。

    後半もドルトムントが優位に試合を進め66分にはロイスがペナルティーエリア内でフリーの状況からシュートを打つもボールはポストに嫌われ勝ち越し点とはならず。また直後の69分にはDFのアカンジがペナルティーエリアでシュートを打つもGKの好守にあい得点を奪えず。勝ち越しゴールが欲しいドルトムントは80分に交代出場のシュールレがフリーでシュート、GKが弾いたボールをサンチョがヘディングシュートするもバーに弾かれる。

    その後も猛攻を仕掛けるドルトムントだが勝ち越しゴールを奪えず引き分けに終わる。。

    【得点者】
    19分 0-1 ロイス(ドルトムント)
    45分 1-1 デライネ(ブレーメン)

    【了】
    20180430_dortmund_getty-560x373
    https://www.footballchannel.jp/2018/04/30/post267508/
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/04/30(月) 05:48:46.64 ID:CAP_USER9.net
    4/30(月) 5:46配信
    バルサが2シーズンぶり25回目のリーガ制覇!メッシがハット、無敗記録は「41」に

    リーガ・エスパニョーラ第35節が29日に行われ、バルセロナが敵地でデポルティーボと対戦した。

    この試合で引き分け以上の結果を残すことができれば、2シーズンぶり25回目となるリーグ優勝が決定するバルセロナ。21日に勝ち取ったコパ・デル・レイに続くタイトル獲得に向け、この試合で勝てなければ降格が決定するデポルティーボとの一戦に臨んだ。

    試合が動いたのは7分。リオネル・メッシからのパスを右で受けたウスマン・デンベレが中央にパスを送ると、このボールにフィリペ・コウチーニョがダイレクトで合わせて右足を振り抜く。シュートは鮮やかな弾道を描いてゴールに吸い込まれていき、バルセロナが優勝に向けて幸先良く先制点を挙げた。

    17分にはCKの流れからルーカス・ペレスがボールをゴールに押し込み、デポルティーボが同点に追いついたかに思われた。しかし、オフサイドポジションにいた他の選手がボールに関与したという判定が下され、惜しくもゴールは認められなかった。

    38分には右サイドでボールを持ったルイス・スアレスが逆サイドに走り込んだメッシに浮き球のパスを送ると、これをメッシがダイレクトで落ち着いて決め、バルセロナがリードを2点に広げた。

    しかし、デポルティーボも直後の40分に左サイドで縦パスを受けたボルハ・バジェが中央にグラウンダーのクロスを送ると、中央で合わせたルーカス・ペレスがダイレクトでシュートを放ってゴールネットを揺らし、1点差へと詰め寄った。

    そして64分、右サイドでボールを持ったバジェがグラウンダーで左サイドに振り、それをセルソ・ボルヘスが同じくグラウンダーで中央に折り返す。そのボールにエムレ・チョラクが合わせてゴールに突き刺し、ホームチームがついに同点へと追いついた。

    その後はバルセロナがデポルティーボの攻勢を受ける時間帯もあり、一進一退の攻防が続いていった。再び試合が動いたのは82分。メッシがペナルティエリア内でフリーになっていたスアレスにパスを送ると、スアレスもゴール前へと走り込んでいたメッシにパスを戻す。このお膳立てをきっちりと活かしてメッシがゴールネットを揺らし、試合終盤にバルセロナが再びリードを奪った。

    メッシは85分にもスアレスのアシストを受けてゴールを奪い、見事にハットトリックを達成。優勝を決める一戦でエースの貫禄を示したメッシの活躍もあってこの試合を制したバルセロナが、リーガ無敗記録を「41」に伸ばすとともに、2シーズンぶり25回目となるリーグ優勝を決めている。一方のデポルティーボは首位チームを相手に奮闘を見せながらも勝ち点3を奪うことはできず、この試合の結果をもって降格が決まっている。

    次節、バルセロナは5月6日にホームでレアル・マドリードと、デポルティーボはアウェイでセルタとそれぞれ対戦する。

    【スコア】
    デポルティーボ 2-4 バルセロナ

    【得点者】
    0-1 7分 フィリペ・コウチーニョ(バルセロナ)
    0-2 38分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
    1-2 40分 ルーカス・ペレス(デポルティーボ)
    2-2 64分 エムレ・チョラク(デポルティーボ)
    2-3 82分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
    2-4 85分 リオネル・メッシ(バルセロナ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00750232-soccerk-socc

    続きを読む

    1:動物園φ ★:2018/04/30(月) 02:58:39.16 ID:CAP_USER9.net
    2018年04月30日(Mon)2時52分配信

    【アンデルレヒト 3-1 シャルルロワ ベルギー1部優勝プレーオフ第6節】

    現地時間29日に行われたベルギー1部リーグ優勝プレーオフ第6節で、アンデルレヒトはシャルルロワをホームに迎え、3-1の勝利を収めた。森岡亮太は1ゴール1アシストを記録。先発出場で終盤までプレーした。

    前節途中出場だった森岡は、再び先発入り。2連敗中のアンデルレヒトは、完全に試合を支配してゴールを目指した。

    待望の先制点が決まったのは44分。森岡が敵陣の浅い位置から浮き球で裏を狙うと、ゲルケンスが抜け出してゴール。1-0として折り返す。

    57分には森岡が自らゴールを奪う。左からのCKにデンドンケルが競り勝つと、ゴール前に入った森岡がGKの前で触って2-0とした。

    その後1点ずつを取り合い、3-1でアンデルレヒトが勝利。連敗を2で止め、2位をキープしている。

    1ゴール1アシストの森岡は、今季リーグ戦の得点を11に伸ばした。アシストは15となっている。

    【得点者】
    44分 1-0 ゲルケンス(アンデルレヒト)
    57分 2-0 森岡亮太(アンデルレヒト)
    70分 2-1 レザエイ(シャルルロワ)
    73分 3-1 デンドンケル(アンデルレヒト)

    【了】
    20180406_morioka_getty-2-560x373
    https://www.footballchannel.jp/2018/04/30/post267509/
    続きを読む

    20180430_muto_getty

    武藤嘉紀、PK獲得&アシスト! 残留に大きく近づく勝利に貢献。日本代表入りアピール
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180430-00267500-footballc-socc


    1:動物園φ ★:2018/04/30(月) 00:25:28.45 ID:CAP_USER9.net
    マインツ 3-0 ライプチヒ

    29' デブラシス(PK)
    85' マキシム(武藤アシスト)
    90' バク

    http://www.livescore.com/soccer/germany/bundesliga/mainz-05-vs-rasenballsport-leipzig/1-2544199/
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/04/29(日) 23:24:49.49 ID:CAP_USER9.net
    現地時間29日に行われたオランダ・エールディビジ第33節でフローニンゲンはエクセルシオールと対戦し、ホームで4-0と快勝した。堂安律は9試合連続のフル出場で1ゴールを記録。今季公式戦のゴール数を10とした。

    10位エクセルシオールと12位フローニンゲンの中位対決。この日も先発で出場した堂安は、序盤からゴールへの意欲をのぞかせた。

    前半の終盤に立て続けに2ゴールを決めたフローニンゲンは、2点をリードして折り返す。

    すると71分、堂安が勝負を決定づける3点目を決めた。左サイドの低めの位置からファン・ニーフがクロスを入れると、前に出た相手GKが処理を誤る。これを見逃さなかった堂安が、無人のゴールに流し込んだ。

    2試合ぶりの得点となった堂安は、これがリーグ戦9点目。カップ戦での1ゴールを合わせると、今季2桁ゴールを達成だ。

    その後、さらに1ゴールを加えたフローニンゲンは、4-0で快勝した。
    20180406_doan_getty-2
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180429-00267491-footballc-socc
    続きを読む

    no title

    1:名無しさん@涙目です。:2018/04/29(日) 11:52:31.64 ID:pUHb0H830.net BE:762376718-PLT(12000)
    ・・・日本の協会、そして代表チームに真っ向から牙をむいたハリルホジッチ氏。今後も根深い遺恨が残ることは必至だが、まさかの方法で日本に“復讐”する可能性も出てきた。「韓国協会がロシアW杯後の代表監督として招聘する動きがある。韓国内には日本からの“引き抜き”にアレルギーがある一方で、さまざまな面でメリットのほうが大きいとの見方もある。実現もあり得るのではないか」と、韓国にもパイプを持つJクラブ強化担当者は指摘する。

    韓国は昨年6月にウリ・シュティーリケ前監督(63)を解任して申台龍監督(49)が指揮を執っているが、評価は高くなく、国内よりも海外から実績ある指揮官を待望する声が強い。そこでハリルホジッチ氏が次期監督候補の一人としてリストアップされているのだ。

    韓国にとっては、アジアで最大のライバルである日本を熟知したハリルホジッチ氏が持つ情報量は魅力。現代表だけではなく育成年代、さらに指導者にも精通しており、2022年カタールW杯を目指すうえで格好の日本対策となる。

    (中略)

    昨年12月に東アジアE―1選手権で韓国と対戦した際にハリルホジッチ氏は「パワーとテクニックで試合をコントロールする姿は驚くべきものだった」と韓国選手の実力を絶賛。自身の戦術がマッチする土壌が整っていることに加え、W杯アジア予選も経験済み。何より、宿敵の指揮官として日本にリベンジできる絶好の機会をつくれるとなれば、就任へ乗り気になる可能性も十分考えられる。

    この日の会見で「韓国戦の重要度を分かっている」と語るなど両国伝統のライバル関係もよく理解していることを示した。日本を追われた前指揮官は宿敵を率いて日本の前に立ちはだかるかもしれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14647792/
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/04/29(日) 21:55:53.51 ID:CAP_USER9.net
    退団宣言の本田圭佑「W杯後は新しいことに挑戦」
    4/29(日) 21:50配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00194079-nksports-socc

    パチューカFW本田圭佑(撮影・PIKO=2018年4月21日)



    メキシコ1部パチューカの日本代表FW本田圭佑(31)が同国のマルカ・クラロのインタビューに応じ、28日(日本時間29日)に電子版に動画付きで掲載された。

    本田は27日には自身の公式ツイッターで事実上の退団宣言。シーズン大詰めで、1年間のメキシコ・パチューカでのプレー、生活を英語で振り返り、それがスペイン語で記事となっている。

    インタビューの要点は次の通り。

    -メキシコの印象は

    本田 正直言って、メキシコはもっと危険なところだと思っていた。ただ、ここに来てから今まで、1度たりとも危険な目に遭ったことはない。人々はとても素晴らしく、いい意味で驚いた。本当のところ、メキシコは危険ではなく安全だ。

    -パチューカというチームは

    本田 一致団結している。チーム全員がとても仲良く、親しい。今までいたモスクワ、イタリアのチームとはまた違って、家族的なつながりでまとまっている。これは新鮮だった。加えてサポーターが常にまわりにいて、サインを求められたり距離が近い。この交流も含めて、すべてがまるで家族のようにまとまっているのがパチューカだ。

    -メキシコリーグは

    本田 メキシコリーグを、ひと言で説明するのは難しい。低地や高地でプレーをする難しさがある。ホームとアウェーでは、まったくプレーが変わってくる。そういった経験はこれまでなかった。とても勉強になった。
     
    -チームメートともいい関係を築いているように見える

    本田 彼らはとても親しみやすく、スペイン語がうまくない自分にも、とても親切に接してくれて感謝している。パチューカには、才能豊かな若い選手もいる。自分の経験をすべて、彼らに伝えたいと思ってやってきた。

    -なぜメキシコに

    本田 幼いころの夢はヨーロッパでプレーすることだった。ACミランでその夢がかない、新しい挑戦の場を探していた。ヨーロッパではそう思えるものがなかったが、アフリカ、アメリカのクラブに加え、パチューカとの交渉があり、ディエゴ(アロンソ監督)、へスス(マルティネス会長)らとの良い話し合いで、パチューカに来ることが決まった。

    -メキシコのサッカーは

    本田 メキシコはとても攻撃的で、良い攻撃のアイデアを持った選手がたくさんいる。攻め込まれることを恐れず、ゴールへと突き進む。ヨーロッパはより戦術的、守備的だが、メキシコはゴールへと突き進む攻撃性を特長としている。

    -パチューカを離れるのか

    本田 とにかく自分は好奇心が旺盛でいろんなことにチャレンジしてみたい。いま31歳で、ワールドカップ(W杯)の期間中に32歳になる。W杯後は新しいことにチャレンジしてみたい。

    -どの国のファンが印象的か

    本田 比較することはできない。ただ、メキシコのファンはサッカーそのものを愛してくれている。スタジアムの雰囲気、パチューカに加え、他のメキシコのスタジアムの雰囲気が、とても気に入っている。

    -メキシコのファンへ

    本田 いつも応援してくれてありがとう。それほど調子が良くなかった時も、変わらず応援をしてもらい、その気持ちを感じていました。引き続きパチューカを応援してください。そして、私自身の今後の道のり、新しい挑戦も応援してください。よろしくお願いします。
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ