海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2018年04月

    2018-04-28_16h22_46

    1:久太郎 ★:2018/04/28(土) 15:58:01.89 ID:CAP_USER9.net
    仙台 2-2 札幌
    [得点者]
    16' 福森 晃斗  (札幌)
    47' 西村 拓真  (仙台)
    78' チャナティップ(札幌)
    90+4' 大岩 一貴 (仙台)

    スタジアム:ユアテックスタジアム仙台
    入場者数:13,812人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/042802/live/#live


    清水 2-1 柏
    [得点者]
    38' 鄭 大世     (清水)
    40' クリスティアーノ (柏)
    41' 北川 航也    (清水)

    スタジアム:IAIスタジアム日本平
    入場者数:13,812人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/042803/live/#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/
    続きを読む

    2018-04-28_16h01_11


    1:久太郎 ★:2018/04/28(土) 14:56:38.75 ID:CAP_USER9.net
    長崎 0-2 広島
    [得点者]
    52' ティーラシン(広島)
    59' 佐々木 翔 (広島)


    スタジアム:トランスコスモススタジアム長崎
    入場者数:10,639人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/042801/live/#live

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/
    7:久太郎 ★:2018/04/28(土) 14:59:14.80 ID:CAP_USER9.net
    >>1
    平和祈念マッチは首位・広島が貫録勝ち 長崎は4連勝でストップ

    ◇明治安田生命J1リーグ第11節第1日 広島2―0長崎(2018年4月28日 トラスタ)

    明治安田生命J1リーグは28日、各地で第11節が行われ、「平和祈念マッチ」として行われた、J1昇格1年目の長崎と首位・広島の初対決は、アウェーの広島が2―0で快勝。勝ち点を28に積み上げて首位をキープした。

    広島は前半から試合を支配し、2トップのパトリックと渡を中心に好機をつくるもシュートが決まらず。前半36分には柴崎のクロスのこぼれ球に渡が右足ボレーシュートを放ったが、わずかに枠を外れて先制はならなかった。

    後半開始から広島の城福監督は渡に代えてFWティーラシンを投入すると、この交代策が見事に的中。同7分、柴崎からボールを受けたDF和田が右サイド深い位置から中央へクロスを入れると、ティーラシンが右足でシュート。ボールはGKの手を弾いてゴールインし、広島が待望の先制点を挙げた。勢いに乗った広島は同14分には、柴崎の左CKからニアのDF佐々木がバックヘッドで合わせて追加点。2―0とリードを奪うと、その後も長崎を寄せ付けずに完勝した。

    長崎はホームで無得点に終わり、リーグ戦の連勝は4でストップ。後半25分には中村慶の右クロスからFWファンマが惜しいヘディングシュートを放って観客を沸かせたが、最後まで得点を奪うことはできなかった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-00000108-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/28(土) 11:43:43.99 ID:CAP_USER9.net
    パチューカのFW本田圭佑は、やはり今季限りでの退団に向かっているようだ。同選手が自身のツイッターを更新した。

    昨年夏にパチューカの一員となった本田は、予定どおり1年でメキシコを離れる見通しだ。最近になって、クラブが契約延長をオファーするのではないかとも報じられたが、その可能性は低いものとみられる。

    本田はスペイン語で「親愛なるメキシコの方々へ。自分が考えていることを少し共有したいと思います。パチューカから出て行くことになるかもしれませんが、それはお金が理由ではありません」とツイート。「クラブと交渉したことはありません。それは1年前、クラブと契約を交わしたときに決めたことです」とつづった。

    さらに本田は「世界がより良くなるため、新しいことにチャレンジしたい」とも記し、「パチューカとメキシコの人々を家族のように思っている」と続けている。

    スペインやアメリカからオファーがあると伝えられている本田。次のプランはすでに決まっているのだろうか。

    4/28(土) 11:07配信
    20180415_honda_getty-4-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180428-00267329-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/27(金) 19:18:19.45 ID:CAP_USER9.net
    2026年のW杯本大会の開催国決定を前に、北米3か国共催に名乗りを上げているアメリカのドナルド・トランプ大統領が26日、自身の公式ツイッター(@realDonaldTrump)を更新し、ライバル国やそれを支援する国々を真っ向から牽制した。

    2026年のW杯開催国投票は6月13日、ロシアW杯開幕戦前日の国際サッカー連盟(FIFA)総会で行われる予定。アメリカはカナダ、メキシコとともに3か国共催案を提示している他、モロッコが単独で初開催を目指している。今回のツイートはその相手側陣営を意識したものとみられる。

    投稿があったのは現地時間午後4時半ごろ、東アジアでは南北首脳会談のため、軍事境界線付近で両国トップが握手を交わしていたくらいの時間帯だ。「アメリカは2026年のW杯に向けて、カナダ、メキシコと共に強力な提案書を作り上げた」。そう高らかに宣言したトランプ大統領は、強い言葉を続けた。

    「われわれが常に支援をしている国々が、われわれの提案に反するようなロビー活動をしているのであれば、それは恥ずべきことだ。国連でのことも含めて、われわれを支援してくれない国々に対して、どうしてわれわれが支援しなければならないんだ」。外交的な要素もちらつかせつつ、ライバル国側に牽制球を投じた。

    FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長はすでに、2026年大会から参加国を現状の32チームから48チームに増やすことを明言しており、新たな制度で行われる最初の大会となる。2022年カタールW杯の開催国投票に敗れたアメリカとしては、是が非でも主催者の立場を獲得したいようだ。

    4/27(金) 19:00配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-01653146-gekisaka-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/28(土) 07:10:37.83 ID:CAP_USER9.net
    ワールドカップ開催をわずか2カ月後に控えた4月9日、日本サッカー界に激震が走った。代表監督であるヴァヒド・ハリルホジッチ氏の解任が発表されたのだ。

    過去のサッカー界の歴史を振り返っても、大会2カ月前での解任は、28年前に中南米で一度類似するケースがあった程度で、ほとんど例がない。番記者や、関係者ですら「まったく予測ができなかった」と口を揃える今回の解任劇。批判の矛先は、2016年から会長に就いている田嶋幸三氏に自然と向けられた。

    田嶋氏に関しては、就任当初から会長としての資質に疑問を持つ関係者が数多く存在していた。

    「田嶋氏が会長になってから、人事改編が行われました。まず、日本サッカー界の功労者であり自身と会長の座を争った原博実専務理事(当時)と、霜田正浩(元技術委員長・ナショナルチームダイレクター、現レノファ山口FC監督)の降格人事です。事実上の更迭といっていいでしょう。対立者の影響力を弱め、自身が操りやすい人物を入閣させました。岡田武史元代表監督、西野朗新監督はその筆頭といえます。新監督に関しても、田嶋氏は岡田氏を登用したかったのが本心ではないでしょうか。田嶋氏は自分の色を出したがる人物で、霜田氏が招聘したハリルホジッチ氏には、当初から良い印象を持っていなかったようです。このタイミングでの解任も、言い訳づくりと責任逃れの側面が大きいのではないでしょうか」(代表番記者)

    人事面での改編は、当然ながら協会内に混乱をもたらした。出たがりで何事にも口を挟みたがる性格の田嶋氏は、報道陣に対しても排他的だったという声がある。

    「以前、田嶋氏を含めた協会の体制批判を記事にした記者がいました。その内容が田嶋氏の逆鱗に触れ、その記者は結果的に閉め出されました。もともと、日本サッカー協会自体が、批判に対して強いアレルギー反応を起こす組織でしたが、田嶋氏の会長就任以降はその流れに拍車がかかりました。いわば“恐怖政治”といえる体制で、協会の人間も『不満があっても、田嶋氏は執念深い人なので、口に出せない』と怖れていましたね」(同)

    つづく

    文=中村俊明/スポーツジャーナリスト2018.04.27
    http://biz-journal.jp/i/2018/04/post_23144_entry.html

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/27(金) 21:31:08.65 ID:CAP_USER9.net
    芸能界を代表するサッカーファンの歌手・小柳ルミ子さんが4月27日、自身のブログを更新。サッカー日本代表監督を解任されたバヒド・ハリルホジッチ前監督に「もう忘れましょう」と呼びかけました。

    「ハリルホジッチ氏の緊急記者会見を見て やはり…私が想像した通りだった」と書き出した小柳さんは、ハリルホジッチ氏の会見から「何か問題があるなら、私に直接言って欲しかった。誰も、一言も、私に言ってくれなかった」「40年以上もサッカーをやって来た私に、リスペクトがないのでは」との内容を引用。「日本サッカー界の為に…日本代表の為に…ご尽力下さったのに ハリルさんの心の傷を思うと たまらなく切ない」とつづりました。

    続けて「皆んな 思いは同じ 目指す所はW杯で勝ち上がる事 同じ目標に向かっていた筈なのに 何故 こうなってしまったのか 残念でならない」と嘆き、「簡単な事でしょう 何か問題があるなら ハリルさん本人に直接言えば良い事でしょう」としました。

    さらに「何度も 何度も 何度も 何度も 努力したのか? それでも改善してくれなかったら…その時は…サヨナラだ ハリルさんも納得しただろう」とし「今回の突然のレッドカードはリスペクトのかけらもない この様な愛情のない対応では今後誰が監督をやっても体質は改善されないだろう」と苦言を呈しました。

    その上で「ハリルさんの怒り…よーく分かります でも、もう忘れましょう 関わらなければ良いんです ハリルさんを愛し リスペクトする方は沢山いらっしゃいます」と提案。「納得いかないレフリーのジャッジには慣れてるじゃないですか 皮肉な事に…人生は 人間関係は 社会は…サッカーと同じです」とつづりました。

    最後は「ハリルさん JFAを変える事はもう出来ません ハリルさん自身が変わりましょう 悔しいけど 腹が立つけど まだまだテクニカルエリアで指揮を執るハリルさんを拝見したいですから」とし「日本代表の為に本当に有難うございました ハリルホジッチさんへ 愛をこめて」と結びました。

    ハリルホジッチ氏はこの日午後、都内で会見し、日本サッカー協会について「リスペクトがない」などと批判していました。

    4/27(金) 21:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180427-00010005-otonans-ent

    写真

    続きを読む

    no title

    1:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/04/28(土) 03:40:53.292 ID:2nODKots0.net
    あれが普通なのかな
    2:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/04/28(土) 03:44:15.480 ID:2nODKots0.net
    可哀想
    4:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/04/28(土) 03:47:10.421 ID:jzQh4duR0.net
    もっと早く辞めさせるべきだった
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/28(土) 05:28:35.48 ID:CAP_USER9.net
    日本協会の田嶋幸三会長(60)は、ハリルホジッチ氏の会見に不快感を隠せなかった。

    渡欧前の27日夜、都内で取材に応じ「(W杯トロフィーツアーで見られず)後で聞いたが、1人か2人の選手が反乱したような言い方は失礼。選手の対応は大人。選手たちこそ日本サッカーのことを真剣に考えていた」。口調は冷静だが、現場を悪者にされた怒りなのか顔は赤かった。

    4月7日にパリで契約を解除した際、前監督が「5分で部屋を出た」と言ったことには「とんでもない。その10倍は説明した」と食い違いを証言。「技術委員会など知らない」との反論には「西野さん(当時委員長)は頑張っていた」と言い返した。

    前代未聞の会見は日本協会25年目で「記憶にない」が「気が晴れるなら」とスルー。再反論の意思はなく「あとは弁護士に任せ、我々は次に進んでいく」と言った。【木下淳】

    4/28(土) 5:00配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-00192108-nksports-socc

    写真
    続きを読む

    1:THE FURYφ ★ :2018/04/27(金) 23:58:21.23 ID:CAP_USER9.net
    日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)は27日、渡欧する羽田空港でハリル会見を受けて発言した。「全く違うこともおっしゃっていたのもありますが、それを今さら言っても仕方ない。それで彼の気が晴れるならそれでいいと思います」と述べた。

    「水掛け論になる」と話しつつ、ハリル発言に対して反論も述べた。技術委員会が機能しなかったという点には「西野は頑張ったと思います。間違いない」とキッパリ。解任通告の面会が5分で終わったという点には「彼は5分に感じたかもしれないけど、その10倍は話していました」。さらに、「選手たちは日本のサッカーのことを考えている。1人や2人が反乱しているというのは失礼」と訴えた。

    「彼が頑張ってくれたことは評価しています。信頼がなくなっている。コミュニケーションが取れていない。それだけで(解任理由として)十分だと思います」と強調した。「とにかく私たちは次に進んでいる」。すでに新体制もスタート。ハリル問題は過去のことと位置づけた。
    2018-04-28_00h32_25
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000156-dal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ