海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2018年05月

    1:豆次郎 ★:2018/05/31(木) 06:03:25.35 ID:CAP_USER9.net
    5/31(木) 5:51配信
    岡崎・本田・香川は日本代表に入る? 担当記者が予想

    サッカーのワールドカップ・ロシア大会に臨む日本代表23人の名前が、31日午後4時に発表される。注目されているのが、ベテランの岡崎、本田、香川がメンバーに入るかどうかだ。30日に行われたガーナ代表との国際親善試合にそろって出場した「ビッグ3」。日本代表担当の藤木建、清水寿之の両記者が、次のように予想した。(○は選ばれる、△は微妙)


    ■岡崎

    ○ 「攻守に走り回る姿をみせ、足首の不安は振り払った。ただ、ゴールの予感は漂わず。2トップを組む相棒が大事になりそう」(藤木)

    △ 「球際で簡単に競り負けるなど万全の状態からはほど遠い。残り2試合でどこまで復調できるか。このままでは先発は難しい」(清水)

    ■本田

    ○ 「守備面で厳しく、球を持っても後ろ方向へのプレーが多い。経験で選ばれるだろうが、起用の位置も難しい。大迫の控えが妥当か」(藤木)

    ○ 「相手の激しい体の寄せにビクともせず、高いキープ力を生かして攻撃の起点に。フリーキッカーとしても存在感を示した」(清水)

    ■香川

    ○ 「先発した宇佐美と比べても圧倒的に上。サイドハーフになると存在感は薄れたが、この日の日本で唯一、可能性を感じた」(藤木)

    ○ 「後半から登場し、積極的にシュートに絡むなど得点の可能性は感じさせた。時間の経過とともに存在感が消えたところが気になる」(清水)
    2018-05-31_08h24_10
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00000019-asahi-spo
    続きを読む

    1:シャチ ★ :2018/05/31(木) 02:51:47.37 ID:CAP_USER9.net
    「キリンチャレンジカップ、日本0-2ガーナ」(30日、日産スタジアム)

    後半から出場したサッカー日本代表MF香川真司(29)=ドルトムント=が、いきなり存在感を見せた。

    3分にはDF酒井高の右からのグラウンダーのクロスをダイレクトでシュート。4分にはDF長友が折り返した球に反応し左足ボレーシュートを放つ。ゴールはならなかったが、積極的な姿勢でアピールした。

    「2次攻撃3次攻撃できていたので、その時間帯で僕自身もチャンスがあって決めきれないといけなかった。課題反面、逆に見いだせるものもたくさんあった」。開始早々の攻撃に手応えと反省点を口にした。

    出場直後は新システムの3-6-1の左シャドーに入った。「すごく手応えを感じていますし、チームのみんなも手応えを感じていると思うし、モノにしていかなければいけない。選手間の距離感や攻撃に出たときの厚みとか、今までにない形が多々あった」と話す。

    その後、2トップのトップ下、4-4-2の左MFへとポジションを移行。そのたびに、システムは機能しなくなり香川の影も薄くなった。「フォーメーションが変わる中で対応していかないといけないところは出てくるし、その意図を僕たちは感じていかないと」と前向きに捉えた。

    W杯代表発表を控えた、最後のアピールの舞台を終えた。「W杯にいくという準備だけをしてきたので、それに変わりはないし、落ちたら落ちたでそのとき」。ハーフタイムスタジアム。モニターに背番号「10」のユニホーム姿が映し出されると、誰よりも大きな歓声が発生した。ファン、サポーターの期待。W杯のピッチでその思いに応えるつもりだ。

    ソース デイリー
    2018-05-31_08h06_38
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00000185-dal-socc
    2018/05/31(木) 00:24:45.57

    続きを読む

    1:ひかり ★:2018/05/30(水) 23:26:32.19 ID:CAP_USER9.net
    「キリンチャレンジカップ、日本0-2ガーナ」(30日、日産スタジアム)

     サッカー日本代表(FIFAランク60位)がW杯ロシア大会へ向けた国内最終戦で、ガーナ戦(同50位)に0-2で完敗した。試合後に大ブーイングが起こるなど、本大会へ多くの課題が渦巻く壮行試合となった。スタメン出場したMF本田圭佑(パチューカ)は痛烈なFKを放つなどしたが、ゴールを決めることなく、後半14分に途中交代となった。以下、試合後のテレビインタビューコメント。

    -試合を振り返って。自身のプレーは。

    「点を取る場面が何回かあったので、そこで取れなかったのはもちろんくやしく思っています」

    -3バックの手応えは。

    「いい部分も見えましたし、課題も残った試合だったんじゃないかと。まあ悲観する必要はないと思います」

    -コミュニケーションは積極的にとっていた。

    「攻撃では距離感というのを意識しながら、近すぎず、遠すぎずというのを、まわりのメンバーとは話しながらやっていました」

    -W杯への思いを。

    「今日の結果に関してはもちろん、どう考えても勝たないといけない試合なんですけど…。この状況というのは今に始まったものではないので。チームはゼロからのスタートということで、前を向いてやってますんで。まったく、誰一人悲観している選手はいない。もちろん危機感はもっています。ここからよくしていくという気持ちで、一丸となってやっているので。しっかり準備するだけだと思っています」

    デイリースポーツ
    2018-05-31_00h07_44
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00000162-dal-socc
    続きを読む

    1:ひかり ★:2018/05/30(水) 22:11:52.59 ID:CAP_USER9.net
    「キリンチャレンジカップ、日本0-2ガーナ」(30日、日産スタジアム)

    サッカー日本代表に勝利したガーナのジェームス・アッピア監督が、試合後の会見で日本を気遣う発言をした。

    冒頭で「今日の試合は非常に難しい試合でした。戦術的にも厳しかったです。日本はボールをよく持ちましたし、よく動きました」と日本をたたえた一方で、「ただ、守りが弱かったかなと思います」と指摘した。

    その上で、「(W杯の)その前の試合で勝つことが重要ではありません。負けた方がよい場合もあります」と日本を気遣うような発言も飛び出した。「こういう試合でミスした方がW杯で同じミスをしなくてすみます」と前向きにとらえるべきだと会見の席を借りてアドバイスしていた。

    デイリースポーツ
    2018-05-30_22h41_31
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00000156-dal-socc
    続きを読む

    1:shake it off ★:2018/05/30(水) 22:05:31.72 ID:CAP_USER9.net
    ◆ 初陣敗戦に「そんなことやってる場合か」など批判コメントが続出

    西野朗新監督率いる日本代表は、30日にロシア・ワールドカップ(W杯)前最後の国内ゲームとなるガーナ戦で0-2の完敗を喫した。その後行われた壮行セレモニーについて伝えるJFA公式ツイッターアカウントが炎上する事態となった。

    西野監督は合宿で採用した3-4-2-1システムを採用した。しかし、前半8分から直接FKで先制されると、後半にはリベロの長谷部誠とGK川島永嗣、そして相手アタッカーとペナルティーエリア内で接触。PKで追加点を許した。攻撃も本田圭佑が先発し、後半から香川真司を投入したもののさしたる形を作れず、3-4-1-2、4-4-2とシステムを変更したものの、現状で付け焼刃のシステムであることを露呈した。

    試合後、同アカウントでは「このあと #夢を力に2018 サッカー日本代表壮行セレモニーを独占ライブ配信!」とのツイートをしたものの、試合結果、内容ともに芳しくないものだったため「役立たずがセレモニー?」、「そんなことやってる場合か」、「何で監督を交代したんでしたっけ」と批判コメントが続出する事態となってしまった。

    セレモニーでは、サッカー好きで知られるMr.Childrenのヴォーカル桜井和寿さんとヒップホップユニットEAST ENDのメンバー・GAKU-MCさんの二人で構成される「ウカスカジー」が雨の中で熱唱したが、ネット上では完敗したことで日本サッカー協会への風当たりがさらに強まってしまった。
    2018-05-30_22h23_13

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180530-00107385-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:shake it off ★:2018/05/30(水) 21:35:48.75 ID:CAP_USER9.net
    5月30日、日本対ガーナの一戦が行われ0-2で敗れた。西野ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

    ◆ 監督解任ブーストは不発

    日本 0-2 ガーナ キリンチャレンジカップ】

    川島永嗣 4 直接FKを決められ、豪快な飛び出しでPKを献上した。
    吉田麻也 5 後ろから持ち上がって攻撃に絡む。本大会でそうした時間帯が長ければ武器になる
    長谷部誠 5 リベロでのプレー自体は問題なかったが、この人がボランチにいないとこのチームは厳しい
    槙野智章 4.5 彼のところにサイドチェンジが来なかったので、無理なく対応できるシーンが多かった
    山口蛍 4 不用意な横パスが多い。アジャストできぬまま時間だけが過ぎた
    大島僚太 5 効果的な縦パスでスイッチを入れたが、局面で相手に上回られた
    原口元気 5 前に出て行き、クロスを供給した。ただ、上がっでできた裏のスペースを取られることも
    長友佑都 5.5 宇佐美との連係が良く、サイドで数的優位を作った
    本田圭佑 4.5 中央寄りでスタートし自由に動いた。本人はやりやすそうだったが、何かを起こしたわけではない
    宇佐美貴史 5.5 アイデアあるプレーで攻撃に推進力を生み出す
    大迫勇也 5.5 楔を収め、シャドーとの関係性も良かった

    酒井高徳 5 千葉県での公開練習では左サイドだったが、右もソツなくこなした
    香川真司 4 位置取りは悪くない。ゴールを目指す姿勢もあった。だが、アピールならず
    武藤嘉紀 5 投入直後にゴールに迫った。数字は残せなかったが積極性は見せた
    岡崎慎司 4 後半途中から出場。奮闘はしたが存在感は薄かった。
    柴崎岳 5 パススピードが速く、プレーに力強さもあった。
    井手口陽介 4.5 ボランチのライバルを上回るパフォーマンスは見られなかった

    西野朗監督 4 ガーナのサイドチェンジでウイングバックが下げさせられた。壁の作り方までは落とし込めなかったか
    20180530_daihyo_tnk
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180530-00271938-footballc-socc
    続きを読む

    183442


    1:名無しステーション :2018/05/30(水) 20:36:33.31 ID:fr8pFsHrr.net
    マジで
    2:名無しステーション :2018/05/30(水) 20:37:21.99 ID:Hq/dgY+y0.net
    これがハリル切ってやりたかったサッカーかwwwwww
    3:名無しステーション :2018/05/30(水) 20:37:20.32 ID:v4Noto7Vr.net
    西野ダメだわ
    続きを読む

    2018-05-30_21h30_55

    1:豆次郎 ★:2018/05/30(水) 21:20:13.83 ID:CAP_USER9.net
    2018/5/30(水) 19:25
    国際親善試合
    日産スタジアム


    【結果】
    日本代表 0-2 ガーナ

    【得点者】
    トーマス パーティー (前半9分)
    エマニュエル・ボアテング(後半6分)


    [日本代表]
    先発
    GK 1 川島永嗣
    DF 5 長友佑都
    DF 20 槙野智章
    DF 22 吉田麻也
    MF 4 本田圭佑 → FW 9 岡崎慎司
    MF 8 原口元気 → DF 21 酒井高徳
    MF 11 宇佐美貴史 → MF 10 香川真司
    MF 16 山口蛍 → MF 7 柴崎岳
    MF 17 長谷部誠(Cap) → MF 27 井手口陽介
    MF 18 大島僚太
    FW 15 大迫勇也 → FW 13 武藤嘉紀


    https://russia2018.yahoo.co.jp/game/score/2018053001/
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/05/30(水) 18:24:54.08 ID:CAP_USER9.net
    5/30(水) 18:24配信
    W杯23人発表前日の壮行試合…西野J初陣に本田、宇佐美ら先発
    日本代表は30日、日産スタジアムでガーナ代表と対戦する。ロシアW杯に向けた壮行試合となるキリンチャレンジ杯。19時25分のキックオフに先立ってスターティングメンバーが発表された。

    システムは3-4-2-1でスタートする見通し。GK川島永嗣がゴールを守り、3バックは右からDF吉田麻也、MF長谷部誠、DF槙野智章と並ぶ。中盤はMF山口蛍とMF大島僚太のダブルボランチで、右ウイングバックにMF原口元気、左ウイングバックにDF長友佑都。FW大迫勇也が1トップを務め、2シャドーの位置にMF本田圭佑とMF宇佐美貴史が入る。

    4月7日付でバヒド・ハリルホジッチ前監督を解任した日本代表はW杯本大会2か月前に西野朗新監督が就任。その初陣がW杯に向けた壮行試合となる。ガーナ戦翌日の31日にはW杯メンバー23人が発表される予定で、その最終選考の場にもなる。

    最新のFIFAランキングでは日本の60位に対し、ガーナは50位。過去の対戦成績は日本の4勝2敗で、直近では13年9月10日に行われたキリンチャレンジ杯で対戦し、3-1で勝っている。ガーナはロシアW杯のアフリカ最終予選でエジプトなどと同組となり、エジプト、ウガンダに次ぐ3位で予選敗退した。


    [日本代表]
    先発
    GK 1 川島永嗣
    DF 5 長友佑都
    DF 20 槙野智章
    DF 22 吉田麻也
    MF 4 本田圭佑
    MF 8 原口元気
    MF 11 宇佐美貴史
    MF 16 山口蛍
    MF 17 長谷部誠(Cap)
    MF 18 大島僚太
    FW 15 大迫勇也
    控え
    GK 12 東口順昭
    GK 23 中村航輔
    DF 2 遠藤航
    DF 3 昌子源
    DF 19 酒井宏樹
    DF 21 酒井高徳
    DF 24 植田直通
    MF 7 柴崎岳
    MF 10 香川真司
    MF 14 乾貴士
    MF 26 三竿健斗
    MF 27 井手口陽介
    FW 9 岡崎慎司
    FW 13 武藤嘉紀
    FW 25 浅野拓磨
    監督
    西野朗 
    news_slider_245959_1
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-01654426-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ