海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2018年05月

    1: Egg ★ 2018/05/22(火) 21:13:50.89 ID:CAP_USER9
    インテルミラノからトルコ1部ガラタサライに期限付き移籍している日本代表DF長友佑都(31)は、自身のツイッターで、ガラタサライへの感謝をつづり「心をこめて、ありがとう」とトルコ語で記した。

    現状での契約ではこの後、インテルミラノへ復帰することになっている。リーグ優勝という最高の形でシーズンを終えた長友は、ガラタサライのクラブ、サポーターに感謝の思いを2つ記した。

    1つ目は「来た当初から、自分のことを暖かく向かえてくれた、監督、スタッフ、チームのみんなに感謝しています。こんなに小さな、ただの日本人のサッカー選手なんかに、温かい拍手と声援をくれた、ガラタサライサポーターのみんなにも、心からお礼をいいたいです」。

    2つ目は「信じられない経験をさせていただいた。胸が張り裂けるような、愛情をもらった。“信頼”という言葉の本当の意味を学んだ。将来のことは、どうなるか分からないけど、これからの人生は、ガラタサライのファンの1人であることは、絶対変わらないだろう。心をこめて、ありがとう」。

    長友にとって、ただ単に感謝を記しただけかも知れない。だが、ガラタサライと契約を延長しない可能性があるだけに、惜別のメッセージにも感じるツイッターとなっている。

    日刊スポーツ 5/22(火) 19:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00216778-nksports-socc

    写真
    20180522-00216778-nksports-000-view
    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/05/22(火) 20:04:44.69 ID:CAP_USER9
    ヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表FWのルーカス・ポドルスキは、今季限りでバルセロナを退団するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが同僚になることを望んでいるようだ。ドイツ紙『エクスプレス』で、スペイン代表との共演に期待している様子をうかがわせた。

    ポドルスキは今月2日に行われた2018明治安田生命J1リーグ第12節のFC東京戦で負傷し、全治約8週間の診断を受けた。現在は治療のためにドイツに滞在しているが、イニエスタ神戸加入の可能性はここでも盛んに伝えられている。

    「何度も対戦してきたし、お互いのことを知っているよ」と語る神戸のキャプテンは、『エクスプレス』で次のように続けた。

    「イニエスタはヤバい選手だ。どんなチームでも彼を欲しがる。世界のどこに行っても歓迎されるだろう。(神戸に)来るとすれば、とにかくヤバいね。彼と対戦することはすでにとても魅力的なことだが、同僚になるとしたら、僕にとってもう1つの大きなハイライトになるね」

    イニエスタが同僚になる可能性に興奮するポドルスキだが、その一方でビッグネームの獲得のみで成功をつかめるとは信じていないようだ。クラブとしてのしっかりした土台の必要性を指摘した。

    「名前だけがクラブをトップに導くのではない。ちょうど今の中国でそれが示されている。常にコンセプトがなければいけない。クラブはポルディやイニエスタが去った後も安定していなければいけない。だから、神戸ではインフラの改善にも多くの努力が注ぎ込まれているんだ」

    先日バルセロナでのラストマッチを終え、今週にも去就を明らかにするとしているイニエスタ。世界的なスーパースターの共演を、日本で見ることはできるのだろうか。

    GOAL 5/22(火) 7:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000032-goal-socc

    写真
    20180522-00000032-goal-000-view
    続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/05/22(火) 19:36:26.98 ID:CAP_USER9
    久保裕也、ベルギーから帰国 追加招集には「信じて待つしかない。準備は出来ている」
    2018年5月22日17時23分 スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20180522-OHT1T50123.html
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000123-sph-socc

    帰国したベルギー1部ゲントのFW久保裕也
    20180522-OHT1I50105-L

    ベルギー1部ゲントFW久保裕也(24)は22日、シーズンを終えて成田空港に帰国した。2季連続のシーズン11得点を記録。「まだ満足いく結果ではない。最低ラインは出来て良かった」と振り返った。

    20日の同国プレーオフ1のクラブ・ブルージュ戦で決勝ゴールを挙げ、チームを来季の欧州リーグプレーオフ出場へ導き、「シーズン最初はよくなかったが、最終的にはチームの目標を達成できて良かった」と話した。

    所属先での日程の問題を配慮して招集されなかった親善試合ガーナ戦(30日・日産ス)に臨む日本代表への合流も可能となり、西野朗(64)監督も「「乾、岡崎の状態、香川を含めて可能性を見極めをした上で考えていきたい。戦力として考えている」と話していただけに、追加招集に注目が集まる。

    久保は「今の状況ではどうなるか分からない。追加招集を信じて待つしかない。コンディションはいい」。また、約1か月後に迫ったロシアW杯については、「もちろんW杯は目標。必ず出たいと思ってやっているし、しっかり準備は出来ている」と熱い思いを語った。

    また、同便で同国1部アンデルレヒトMF森岡亮太(27)も帰国した。
    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2018/05/22(火) 18:34:22.34 ID:CAP_USER9
    今季限りでユベントスから退団する元イタリア代表GKジャンルイジ・ブフォン(40)が、フランス1部パリサンジェルマン移籍で合意に近づいていると、22日付の伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

    すでに代理人と弁護士がパリサンジェルマン側との話し合いを始めており、数日中に正式発表が行われる見通しだという。2年契約で年俸は400万ユーロ(約5億4000万円)だと伝えた。

    一方で、ユベントスのアレグリ監督は、クラブが同監督を納得させられる補強を行えば、来季も監督を続けるだろうと報じた。候補となっているのが、チェルシーFWモラタと、アトレチコ・マドリードDFゴディンだという。
    2018-05-22_19h17_52
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00216657-nksports-soc
    続きを読む

    2018-03-31-sanfrecce-patric_11edzratemfhb1c5vodv3dd5gf
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)22:42:06 ID:2Go
    これじゃお客さん来ないね(ガッカリ

    順位 氏名(所属)得点
    1 パトリック(広島)10
    2 ディエゴ・オリヴェイラ(FC東京)9
    3 金崎夢生(鹿島)7
    3 ファン・ウィジョ(G大阪)7
    3 ウーゴ・ヴィエイラ(横浜FM)7
    6 興梠慎三(浦和)6
    6 金子翔太(清水)6
    6 西村拓真(仙台)6
    6 中村慶太(長崎)6
    10 都倉賢(札幌)5
    10 川又堅碁(磐田)5
    10 ジョー(名古屋)5
    10 鈴木武蔵(長崎)5
    10 北川航也(清水)5
    15 柿谷曜一朗(C大阪)4
    15 小林悠(川崎F)4
    15 永井謙佑(FC東京)4
    15 菊地俊介(湘南)4
    15 江坂任(柏)4
    15 ガブリエル・シャビエル(名古屋)4

    続きを読む

    59a7fdd0-6750-4f95-9953-5dc7d3093d95

    1: 風吹けば名無し 2018/05/22(火) 13:39:56.13 ID:gAkjnw7v0
    ええんか…

    5: 風吹けば名無し 2018/05/22(火) 13:42:45.15 ID:yfpB9HhR0
    どいつもこいつも所属クラブが低迷し過ぎやろ

    7: 風吹けば名無し 2018/05/22(火) 13:43:14.30 ID:3Tohox1d0
    全部勝つ必要はない
    セネガルだけ勝ってあとは引き分ければええねん

    続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/05/22(火) 13:24:35.72 ID:CAP_USER9
    2018-05-22_14h17_28
    2019年茨城国体に“eスポーツ”が採用。ウイニングイレブン日本一は誰だ!?
    5/22(火) 11:25配信 FNN PRIME
    https://sp.fnn.jp/posts/00314140HDK
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00010003-fnnprimev-ent

    日本で毎年開催されるスポーツの祭典、国民体育大会、通称“国体”。

    2019年は茨城県で「いきいき茨城ゆめ国体」が9月28日~10月8日、パラ種目が行われる「いきいき茨城ゆめ大会」が10月12日~14日まで開催されることが決まっている。

    そんなスポーツの祭典で、新たな取り組みが発表された。

    ■大会に合わせてeスポーツ大会

    その内容とは、国体で「eスポーツ in IBARAKI」を開催するというものだ。

    1995年にシリーズ1作目が発売され、世界中で人気となっている『ウイニングイレブン』シリーズで、1チーム3人のチームで対戦をし、日本一を決めるというこの大会。

    国体と同様に青年の部と、高校生が参加できる少年の部に分け、2019年2月から日本eスポーツ連合が予選会を各都道府県で行い、2019年秋の国体に合わせ、47都道府県の代表チームによる決勝ステージが行われる。

    この決勝ステージは、国体の文化プログラムの一つとしての開催を現在検討していて、賞金は出ないが、国体と同様に賞状やメダルなどを授与することが考えられている。

    さらに今年9月には開催1年前イベントとしてプレ大会が行われる予定で、6月頃から茨城県HP上で詳細が発表されるということだ。

    茨城県は、最初に国体で都道府県対抗のeスポーツ大会が行われた県として発信し、スポーツツーリズムの振興や、スポーツ活動への民間活力の導入を図りたいとしている。

    大井川和彦県知事は会見で「行われるゲームタイトルは他にも増える可能性がある。eスポーツは年齢性別ハンディキャップの有無に関係なく楽しめるもので、国体で全国で初めて取り組むことで、茨城がさらに注目されるチャンスになれば」と話していて、eスポーツを盛り上げたいとしている。

    また、共催する日本eスポーツ連合の平方彰専務理事は「今年のアジア競技大会でもeスポーツがデモンストレーション競技として行われますが、日本国内ではまだまだスポーツの祭典という面で話がなかったので、そこで日本のスポーツの原点である国体という由緒ある大会で、eスポーツ行われることは大変喜ばしいこと」として、イベントの全面協力を誓っている。

    ■eスポーツの盛り上がりは?

    そもそも「eスポーツ」とは、「エレクトロニック・スポーツ(Electronic Sports)」を略したもので、コンピューターゲームやビデオゲームで行われる競技のことを指す。

    このeスポーツは、海外で“プロスポーツ”として認知されていて、世界の市場規模は2019年の予測で1300億円を超える。
    また海外の試算では、2020年にはオーディエンスが5億人を超えると予想されているうえ、今や世界の“eスポーツ”の競技人口は野球やゴルフを超えているのだ。

    2月1日には日本に「一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)」が設立され、統一団体となったため「そのスポーツの国内唯一の代表団体であること」という条件があるJOC(日本オリンピック委員会)に加盟することができたことで、JOC加盟への道がうまれ、日本選手団を国際大会に派遣が可能になりそうだ。

    その国際大会とはどんなものなのか。

    スポーツ国際大会であるアジア競技大会の2018年ジャカルタ大会で試験導入される予定で、2022年杭州大会で正式なメダル種目になる。さらには2024年のパリ五輪で正式種目に採用するかの協議がされている。

    前述のJeSU平方専務理事は国体でeスポーツが行われることについて、「日本では『eゲームはスポーツなのか?』という意見が出てきてしまっていますが、海外ではすでにスポーツとして認められていて、国体で行われるということで、日本のeスポーツも少し海外に近づいたのかな」と今大会に期待を膨らます。

    「いきいき茨城ゆめ国体」で行われるeスポーツで優勝するチームが、オリンピックで金メダルを獲得する。そんな未来が現実のものとなるかもしれない。

    続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/05/22(火) 00:13:00.63 ID:CAP_USER9
    楽天三木谷会長、イニエスタ動画を自社アプリに投稿
    2018年5月21日23時34分 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/soccer/news/201805210000986.html

    ヴィッセル神戸の三木谷オーナー(2018年5月20日撮影)
    201805210000986-w500_0

    バルセロナを退団したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)と獲得合意しているヴィッセル神戸の親会社、楽天の三木谷浩史会長兼社長(53)は21日、楽天グループが展開する無料通信アプリ「Viber」に、イニエスタの動画を投稿した。

    バルセロナの公式動画で、クラブの英雄的存在であるイニエスタをたたえるもの。三木谷氏は、自身のツイッターに「新しい情報はここにアップするかな?」と、Viberのアカウントを添付して投稿しており、今後はこのアプリの中で、発表が行われるかもしれない。

    イニエスタは24日に来日して会見を行う予定で、翌25日には神戸を訪れる。

    続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/05/22(火) 09:13:52.32 ID:CAP_USER9
    20180522-00000037-spnannex-000-view

    W杯壮行試合ガーナ戦(30日、日産)に臨む日本代表が21日、千葉県内で合宿をスタートした。初日の練習には欧州組10人が参加。4月に就任した西野朗監督(63)は最初の円陣での訓示後は目立った動きをせず、トレーニングを見ることに努めた。激しいジェスチャーで指示を飛ばしまくったバヒド・ハリルホジッチ前監督(66)とは対照的に、静かな船出となった。

    全選手、スタッフが視界に入る位置に立ち、西野監督は静かにトレーニングを見つめた。練習前の円陣で「今まで積み上げたものがゼロになるわけでない。まずはガーナ戦までを第1クールと考えよう」などと約6分話した後は、ほぼ沈黙。左足首痛から復帰間もない香川に患部の状態を聞く場面はあったが、手倉森コーチが仕切った約90分の練習に口を挟むことはなかった。

    4月に解任されたハリルホジッチ前監督は練習の前後や合間に個別に選手を呼び、激しいジェスチャーを交えて指示を出すことが多かった。選手側の意見を聞かない一方通行のコミュニケーションがチーム崩壊の一因にもなったが、西野監督は対照的。選手の状態を把握するために見ることに徹し、プレーはもちろん表情などまで細かくチェックした。

    ピッチ外も180度変わる。ハリル体制下では長方形の大型テーブルで皆が顔を合わせて食事していたが、西野監督はグループで密にコミュニケーションを取れるように6~7人程度が座れる円卓に変更。基本的に部屋から出ることが禁止されていたシエスタ(昼寝時間=午後2~4時)も撤廃される見通しだ。G大阪監督時代は試合の前泊でも選手の外出は自由だった。信頼関係を築くため、抑えつけるのではなく、プロとしての自主性を重んじる。

    名古屋監督を務めた15年シーズン以来の現場復帰。Jリーグ歴代最多270勝を誇る名将は「ピッチの日差しに耐えられるか心配でした」とジョークを飛ばす余裕も見せた。W杯開幕まで約3週間。準備時間が短い中でも地に足をつけてチームづくりを進める。

    5/22(火) 8:59
    スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000037-spnannex-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ