海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2018年06月

    1: 豆次郎 ★ 2018/06/21(木) 04:54:44.62 ID:CAP_USER9
    6/21(木) 4:53配信
    スペイン、アジアの鉄壁に苦戦もD・コスタ弾で初白星…イランは不運な失点で惜敗

    2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦が20日に行われ、イラン代表とスペイン代表が対戦した。


    イランはグループB第1戦で唯一白星を収め、首位スタート。今試合はエースのサルダル・アズムンらが先発出場で、エールディヴィジ得点王のアリレザ・ジャハンバフシュはベンチスタートとなった。対するスペインは、欧州王者ポルトガル代表と打ち合いを演じ3-3のドロー発進。今試合は第1戦2ゴールのジエゴ・コスタや、アンドレス・イニエスタらが先発出場した。

    前半はスペインがポールを完全に支配する一方、イランは全員が自陣に引いて6バック気味の鉄壁を作り、豪華タレント軍団に決定機を与えない。前半アディショナルタイムにダビド・シウバが放ったシュートもDFにブロックされ、スコアレスのまま折り返す。

    後半に入って53分、耐え続けるイランにチャンスが訪れる。ロングスローからのクリアボールにエリア内左のカリム・アンサリファルドが反応し、ダイレクトで強烈な右足ボレーを放つが、これはわずかに枠の左に外れた。

    すると、試合が動いたのは直後の54分、D・コスタがエリア内でイニエスタのスルーパスを受けると、ターンしたところでDFにカットされたが、ボールはD・コスタの右足に当たってゴール左隅に吸い込まれた。D・コスタは2戦連発で今大会3ゴール目となった。

    不運な形で失点したイランは62分、右サイドのFKで中央の混戦から、サイード・エザトラヒがこぼれ球を押し込んでゴールネットを揺らす。イランの選手は歓喜に湧いたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の判定により、オフサイドで惜しくもノーゴールとなった。

    試合はこのまま1-0でスペインが初勝利。イランは惜しくも敗れ、ポルトガル、スペインと勝ち点「3」で並ぶ結果となった。グループB第3戦は25日に行われ、イランはポルトガル代表と、スペインはモロッコ代表と対戦する。

    【スコア】
    イラン代表 0-1 スペイン代表

    【得点者】
    0-1 54分 ジエゴ・コスタ(スペイン)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00781002-soccerk-socc
    no title

    続きを読む

    2018-06-21_02h26_20

    1:風吹けば名無し:2018/06/21(木) 01:20:00.14 ID:zJJbdxhNp.net
    2:風吹けば名無し:2018/06/21(木) 01:20:33.11 ID:shsxBPDB0.net
    あきらめない気持ち
    3:風吹けば名無し:2018/06/21(木) 01:21:15.60 ID:zC2lA/pjM.net
    日本人への一方的なステレオタイプ像の打破
    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/06/21(木) 01:53:06.32 ID:CAP_USER9
    6/21(木) 1:51配信
    ウルグアイ、スアレスの初ゴールで連勝!ロシアとともに決勝T進出決定/W杯グループA第2節

    ロシア・ワールドカップグループステージ第2節が行われ、A組ではウルグアイとサウジアラビアが対戦した。

    開催国ロシアが連勝し、突破を濃厚にしたグループA。こちらも連勝を狙うべくウルグアイはルイス・スアレス、エディンソン・カバーニが初戦と同じく先発し、両サイドのMFがエジプト戦から変更となっている。

    開幕戦ではなかなか良い形で2トップにボールが入らなかったウルグアイ。ロシアを相手に5失点を喫したサウジアラビアが相手であれば、与しやすいかと思われたが、この日もなかなか前線までボールがたどり着かず。

    他方、サウジアラビアも前線にボールを送るが、ウルグアイの屈強なDF陣の前でキープがままならず、起点ができない。

    両チーム効果的な攻撃を仕掛けられない中、試合が動いたきっかけはやはりセットプレー。ウルグアイがコーナーキックを獲得すると、キッカーはカルロス・サンチェス。キーパーが飛び出しながらボールに触れず、待っていたスアレスが無人のゴールに押し込み、今大会初ゴールでチームに先制点をもたらした。

    ウルグアイは先制したことで重心を後ろに置き、相手が仕掛けたところで人数をかけ、奪う守備陣形に。当然サウジアラビアが攻め込む回数が増えるが、ブロックまで入り込むような決定機は生み出せず、前半はウルグアイが1点をリードして終える。

    後半に入っても、展開は大きくは変わらず。ウルグアイがサウジアラビアにボールを回させながら、虎視眈々と追加点を狙う。

    徐々に時間の経過とともにサウジアラビアは有効な攻撃を繰り出せず、ウルグアイの攻撃ターンが続いていく。しかし、集中した守備を見せる一方、ゴールに関して強いこだわりを見せることなく時計の針を進める。

    結局、ウルグアイが前半のゴールを守りきり1-0で勝利。ロシアとともに2連勝をあげ、グループAは2チームが決勝トーナメント進出を決めた。なお、サウジアラビアとエジプトは連敗で敗退が決定している。

    ■試合結果
    ウルグアイ 1-0 サウジアラビア
    ■得点者
    ウルグアイ:スアレス(23分)
    2018-06-21_02h04_00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00010000-goal-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/20(水) 12:24:17.38 ID:CAP_USER9.net
    【サランスク(ロシア)大谷津統一】雪辱の白星だ。サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で19日、日本はコロンビアを2-1で破った。初戦を制し、2大会ぶりの決勝トーナメント進出も現実味を帯びてきた。日本にとってコロンビアは前回2014年ブラジル大会で、1-4で敗れた強敵。大会前は低調な試合が続き、前評判の低かった選手たちが反骨心で躍動した。

    試合開始早々にシュートで相手のハンドを誘い、獲得したPKを自ら決めたのはMF香川真司(29)=ドルトムント。ハリルホジッチ前監督の下では出場機会が減り、W杯代表入りも危ぶまれていた。だが4月に西野朗監督が就任してからは得点力を評価され、代表に生き残った。

    後半の2点目は、途中出場のMF本田圭佑(32)=パチューカ=の左CKを、FW大迫勇也(28)=ブレーメン=が押し込んだ。香川と同じくハリルホジッチ体制で冷遇されていた本田。大会前の国際親善試合でもスピード不足が露呈したが、左足の正確なキックは健在だ。「与えられた時間はわずかだったが、決勝点に絡めた」と率直に喜ぶ。

    5月31日に発表された23人のW杯日本代表からはポルトガルで活躍するFW中島翔哉(23)=ポルティモネンセ=ら期待株が外れ西野監督に対する批判が高まった。ハリルホジッチ前監督を「選手との信頼関係の不足」というあいまいな理由で解任した日本協会への不満も下地にある。

    最近のプレーに陰りが見えながらもロシア行きの便に滑り込んだ本田、香川、FW岡崎慎司(32)=レスター=は経験、実績、影響力があるだけに「ビッグスリー」と皮肉交じりに呼ばれ、ベテラン優遇と見られた人選は「年功序列ジャパン」「忖度(そんたく)ジャパン」なる表現まで生み出した。DF長友佑都(31)=ガラタサライ=は「おっさん、おっさん、とたたかれ、見返したい気持ちがあった」。

    ファンによる「手のひらがえし」は10年南アフリカ大会を思い起こさせる。大会前に不振を極めたチームを岡田武史監督が戦術変更と世代交代で刺激し、16強に躍進した大会だ。

    好発進はしたが、まだ1勝。主将のMF長谷部誠(34)=アイントラハト・フランクフルト=は「みんなの意識は次の試合に向かっている。それはいいこと」と油断を戒めた。

    毎日新聞 6/20(水) 11:53配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000036-mai-socc

    写真

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/06/20(水) 22:55:00.27 ID:CAP_USER9
    6/20(水) 22:53配信
    C・ロナウドの2試合連続ゴールで勝利!グループリーグ突破を決める

    2018 FIFAワールドカップ ロシア グループB、ポルトガル対モロッコが日本時間20日21:00にキックオフを迎えクリスティアーノ・ロナウドがヘディングで決め、

    C・ロナウドが頭で1発!ポルトガル優勢で前半折り返す【ポルトガル対モロッコ】

    スペイン代表に引分けたポルトガル代表はこのモロッコ戦大量得点で勝利し、グループリーグ首位通過を決めたいところ。対するモロッコ代表はイラン代表に負けているため後がない。

    両者力を余すことなく挑むこの一戦。
    前半4分、早速クリスティアーノ・ロナウドが試合を動かす。右サイドのコーナーキックを得たポルトガル代表はショートコーナーを選択。ジョアン・モウティーニョが中に上げたクロスにロナウドが頭で突き刺し、試合開始早々リードを奪った。(1-0)

    対するモロッコも前半9分、バイタルエリアでボールを回し右に展開。右からのクロスにブスファが頭で合わせるもゴール左に外れる。直後に得たCKからキャプテン、メフディ・ベナティアが頭で合わせるがこれはポルトガル代表GKルイ・パトリシオが好セーブをみせた。

    ポルトガル代表が前半30分、バイタルエリア中央のいい位置でFKを獲得。キッカーはロナウド。このシュートはモロッコの壁に当たりゴールとはならなかった。
    続いて前半37分、ロナウドがゲデスにスルーパス。ゲデスはこのボールを右足でシュートに持ち込むも、エル・カジュイが片手でセーブを見せた。

    前半1-0で折り返した後半5分、ロナウドが決定的なチャンスを迎える。ゲデスがPA内で放ったシュートはミスキックとなり、PA内で転がったボールに反応したのはロナウドだった。ロナウドはダイレクトでシュートを放つがこれは大きくゴールを外れた。

    後半10分、次はモロッコ代表がチャンスを迎える。右サイドのFKに10番ベルハンダが頭で合わせたボールはゴールの枠を捉える。しかしこのシュートをパトリシオが右手一本でスーパーセーブで防いだ。

    後半21分、モロッコ代表が絶好の位置でFKを獲得。キッカーはジイェフが務める。左足から放たれたシュートはゴールの上に外れた。

    後半44分、モロッコ代表に同点のチャンス。モロッコ選手がPA内にドリブルで侵入。左足で振り抜いたシュートはペペが体に当て防いだ。モロッコの猛攻は止まらない。ロスタイムに入ってからPA内で2本のシュートを放つもゴールならず。

    この試合ポルトガル代表に何度かハンド疑惑があったが審判はスルーし続け、ロナウドの演技に騙されFKを与えるなど、審判のジャッジに疑惑が存在した。
    この勝利でポルトガル代表はグループリーグの突破を決め、モロッコの代表の敗退が決定した。

    (文:SPORT)
    thumb_20907_news_main
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00010021-sportes-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/20(水) 20:11:45.47 ID:CAP_USER9.net
    先入観は拭えない。どこかに疑心暗鬼はなかったか

    コロンビア戦が終わって沸き上がってきたのは、なんとも言えない不思議な感情だった。
     
    驚きを多分に含んだその感情は、あまり味わえるものではない。長くサッカー現場の取材をしてきた私にとっても、フットボールの奥深さを痛感させられるゲームだった。
     
    どんなにサムライブルーがこっぴどく国内で批判されていようが、ワールドカップの戦いは最後の2~3週間の準備がきわめて重要なのだ。いかなる強豪国であっても、そこで失敗すると良い結果は求められない。西野朗監督は、本当に素晴らしいマネジメントをした。こちらが想定していた以上に、すべてが上手くハマったのである。柴崎岳、香川真司、そして吉田麻也と昌子源のCBセットを先発させ、ほんの2週間前とはまるで違うチームになっていた。まさしく勝負師の英断。チームの成長をしっかり見定め、最適な選手と組合せを探り当て、勝利した。お見事である。
     
    奇跡の勝利だと騒がれているが、私はそうは思わない。フットボールのストーリーというものは、言ってみればキャプテン翼のようにガラリと展開が変わることがある。まったく異なる光が生み出されることがある。西野ジャパンの場合は、地味だが黙々と短い時間で積み上げた努力が、結晶となって光り輝いた。それが歴史を動かしたのである。なんと素晴らしいノンフィクションだろうか。

    日本のファンは試合前、勝利を期待してはいたものの、どこかに疑心暗鬼はなかったか。それが一夜にして、一変した。世界最高峰の舞台で戦う日本代表選手を誰もが認め、その自信を共有し、途轍もなく大きなリスペクトが芽生えたのだ。国のムード自体が変わった、と換言してもいいだろう。ワールドカップはたった1勝ですべてが変わる、そういう大会なのだ。
     
    ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督を更迭し、ガーナ戦、スイス戦で低調な出来に終始していたは事実だ。日本はFIFAランキングも61位と低く、出場32か国では下から数えて3番目である。パラグアイ戦で良い勝ちっぷりを見せたとはいえ、刷り込まれた先入観というものはなかなか拭いがたく、サポーターはどこか心に不信や不安を抱いていただろう。
     
    そうした意味では、開催国のロシアや同じアジア勢のイランは、日本代表チームにもサポーターにも勇気を与えたのかもしれない。下馬評は決して高くなかったが、前者は開幕戦で見事な攻撃サッカーを披露してサウジアラビアから5点を奪い、後者は強敵モロッコを相手に粘り勝ちした。彼らもまた、最後の2~3週間に最高の準備ができたのだろう。やかましい外野の雑音にいっさい耳を傾けず、自分たちのスタイル熟成にのみ集中した結果だ。

    つづく

    6/20(水) 19:21配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180620-00042586-sdigestw-socc

    写真
    続きを読む

    maxresdefault

    1:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/06/20(水) 19:52:42.794 ID:Feg6av8K0.net
    We Are One
    2:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/06/20(水) 19:52:59.731 ID:wmuNLHda0.net
    群青
    3:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/06/20(水) 19:53:27.307 ID:dmE+mIxUa.net
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ