海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2018年06月

    Dg8giDQX0AEdHU2


    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/06/30(土) 21:18:28.27 ID:CAP_USER9.net
    川島は“危険人物”とイタリア紙 「ベスト16の正GKでワースト」
    6/30(土) 16:02配信 デイリースポーツ
    https://www.daily.co.jp/soccer/wc2018/2018/06/30/0011402788.shtml
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000081-dal-socc

    好セーブを見せそのままゴールに転がるGK・川島=6月28日・ポーランド戦
    no title
     
    日本代表GK川島永嗣について、30日のイタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルトがロシアW杯出場選手の中でワースト5だと酷評した。同紙は同大会に出場する「信頼できるベスト5」と「恐ろしいほど危険な5選手」を選出。川島はその後者に選ばれてしまった。

    同紙は「間違いなくベスト16の正GKで最も強くない。(日本の)ディフェンスもそうだが…」とコメント。一方「信頼できるベスト5」には、決勝トーナメント1回戦で日本と対戦するベルギーのFWルカクやブラジルのDFチアゴシウバの名前が挙がっている。
    続きを読む

    1:プーアル ★ :2018/06/30(土) 21:07:40.58 ID:CAP_USER9.net
    サッカー経験者としても知られている俳優の竹内涼真が自身のツイッターを更新。「これが勝負の世界。決勝トーナメントに絶対に上がるためには、あの選択が正しかった。

    だってもう1試合日本代表の試合が、観られるんだから」と日本代表の決断を称賛した。これに対しネット上では、「その通りだと思います!選手もきっと辛かったはず!」「ベスト16という結果をもたらしてくれた日本代表に感謝したいですね」「涼真くんと同じ気持ちです。また応援できるって幸せだ~」といった声が多く集まっており、竹内の好感度が急上昇している。

    一方、反対の評価を受けてしまったのが俳優・野村周平。試合終了間際に自身のツイッターを更新し、「えー。なにこの試合」とツイート。さらに、「まぁ仕方ないのかー」「確かに決勝に行くのは大事な事。でも最後のプレーに俺がかっこいいと思ったサッカーが無くて悔しかった」と投稿し、サッカーファンからの批判が殺到。「選手たちの努力を考えてください!」「勝つための手段だから仕方ありません。そういう発言は選手に失礼です」といった声が集まり、炎上する事態になっている。

    また、以前からサッカー好きとして知られていた女優の足立梨花も野村とほぼ同時刻に「いやいや、そんな試合は見たいくない」とツイート。日本の決勝トーナメント進出決定後も「なんというか嬉しいんだけど素直に喜べないというかなんというか 不思議な気持ちでいっぱいです」とコメントした。

    その後、ツイートに批判が集まると、「なんかほんとここ最近、サッカー関連でめんどくさい人多すぎ」「いろんな人のいろんな見方があっていいじゃんか。めんどくさいな」とサポーターを煽り、さらに、バッシングが多く集まっている。
    2018-06-30_21h44_26
    https://wjn.jp/article/detail/3900149/
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/30(土) 19:59:25.98 ID:CAP_USER9.net
    日本代表イレブンが成り上がる――。ロシアW杯で下馬評を覆し、決勝トーナメント進出を果たした西野ジャパンは1回戦(7月2日=日本時間3日)で国際サッカー連盟(FIFA)ランキング3位のベルギーと対戦を控える中、好パフォーマンスを見せたFW武藤嘉紀(25=マインツ)やMF柴崎岳(26=ヘタフェ)ら日本イレブンの注目度は高まっており、欧州クラブが熱視線。今大会後にもステップアップを果たしそうだ。

    世界から賛否両論が続出する西野ジャパンの戦い方は別にしても、2大会ぶりにW杯16強入りした日本選手に欧州クラブが注目している。

    公認資格を持つ選手代理人は「W杯で活躍すれば好条件のオファーが届く。大舞台でいいプレーを見せられる選手は普段でも力を発揮できるからクラブ側も関心を持つんだ」と以前から話すように、W杯後にもキャリアアップする選手が現れそうだ。

    実際に決勝Tに進んだ2010年南アフリカW杯後には、JリーガーだったGK川島永嗣がリールス(ベルギー)、DF長友佑都はチェゼーナ(イタリア)、DF内田篤人はシャルケ、FW岡崎慎司はシュツットガルト(ともにドイツ)と海外進出を果たした。同W杯でサポートメンバーのDF酒井高徳はシュツットガルト、MF香川真司はドルトムント(ともにドイツ)へ移籍している。

    今大会では、1次リーグ最終ポーランド戦でスピードとキレのある動きを見せた武藤は今オフのイングランド・プレミアリーグ移籍を熱望し、すでにニューカッスル入りがささやかれている。所属するマインツ(ドイツ)は29日、武藤に代わる新ストライカーとしてリヨン(フランス)からFWジャンフィリップ・マテタ(21)を獲得したと発表。着々と移籍への準備が整いつつある。

    日本の新司令塔として快進撃を支えるMF柴崎も格上クラブへの移籍が確実視されている。スペイン紙「マルカ」は、今大会で攻守の要として奮闘する柴崎に複数のクラブから関心が寄せられていると報じた。所属のヘタフェ(スペイン)も好条件のオファーが届けば、移籍交渉に応じる構えという。

    J1鹿島所属時代の2016年クラブW杯ではレアル・マドリード(スペイン)から得点を奪ったとして全世界から注目された選手。スペイン以外のクラブも関心を強め、MF長谷部誠(34)の所属するEフランクフルト(ドイツ)が興味を示しているという。一方、ここまで2試合に先発したDF昌子源(25=鹿島)はかねて噂されるブレーメン(同)入りが再浮上。海外進出の可能性が高まっている。

    今W杯で大活躍を見せるMF乾貴士(30=ベティス)、FW大迫勇也(28=ブレーメン)、MF原口元気(27=ハノーバー)のパフォーマンスも注目されたが、3選手とも来季は新クラブで再スタートすることが決定。それでも新シーズンに好プレーを見せればW杯での働きと合わせ、冬の市場でビッグクラブ移籍を勝ち取るはずだ。

    6/30(土) 16:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000023-tospoweb-socc

    写真

    続きを読む

    2018-06-27_18h28_19

    1:名無し募集中。。。:2018/06/30(土) 20:03:33.29 ID:0.net
    いくつ?
    2:名無し募集中。。。:2018/06/30(土) 20:05:31.01 ID:0.net
    5%
    3:名無し募集中。。。:2018/06/30(土) 20:06:44.86 ID:0.net
    相性は悪くない 通算対戦成績は2勝1敗2分け
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/06/30(土) 19:48:50.10 ID:CAP_USER9.net
    元イングランド代表のガリー・ネヴィル氏がロシア・ワールドカップの優勝チームを予想した。

    14日のワールドカップ開幕から早くも2週間が経ち、グループリーグの全日程が終了してベスト16が出揃った。前回大会の王者ドイツ代表がグループリーグで敗退を喫するなどの波乱があった今大会の優勝チームを、ネヴィル氏が自身のインスタグラムで予想した。

    まず、ポルトガル代表がウルグアイ代表を下してベスト8入り。リオネル・メッシ擁するアルゼンチン代表は、フランス代表に敗れベスト16で敗退すると予想した。今大会スロースターターのブラジル代表はメキシコ代表に勝利して、日本代表を下したベルギー代表と準々決勝で対戦する。

    反対側のドローでは、スペイン代表が開催国ロシア代表を順当に下し、クロアチア代表もデンマーク代表に勝利してベスト8にコマを進める。そして、スイス代表がスウェーデン代表を退け、ネヴィル氏の母国イングランド代表はコロンビア代表を下して8強に入るとした。

    続く準々決勝では、ポルトガル代表と対戦したフランス代表、ブラジル代表を下したベルギー代表がトーナメントに生き残る。また、クロアチア代表はスペイン代表を破り、イングランド代表がスイス代表に勝利すると予想した。

    ベスト4に残ったフランス代表とベルギー代表の一戦では、ベルギー代表が勝利して決勝進出を果たすと見込む。もう一方の準決勝では、イングランド代表がクロアチア代表を下すだろうと予想。決勝の組み合わせはベルギー代表対イングランド代表の一戦になると考えたようだ。

    そして、このファイナルに勝利した母国イングランド代表が1966年大会以来52年ぶりに世界の頂点に立つとの期待を込めた。はたしてネヴィル氏の予想はどこまで的中するのだろうか。

    ギャリー・ネビル氏の予想は以下の通り。

    <決勝トーナメント1回戦>
    ウルグアイ対ポルトガル ポルトガル勝利
    フランス対アルゼンチン フランス勝利
    ブラジル対メキシコ ブラジル勝利
    ベルギー対日本 ベルギー勝利
    スペイン対ロシア スペイン勝利
    クロアチア対デンマーク クロアチア勝利
    スウェーデン対スイス スイス勝利
    コロンビア対イングランド イングランド勝利

    <準々決勝>
    ポルトガル対フランス フランス勝利
    ブラジル対ベルギー ベルギー勝利
    スペイン対クロアチア クロアチア勝利
    スイス対イングランド イングランド勝利

    <準決勝>
    フランス対ベルギー ベルギー勝利
    クロアチア対イングランド イングランド勝利

    <決勝>
    ベルギー対イングランド イングランド勝利
    2018-06-30_20h21_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000025-goal-socc
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/06/30(土) 10:32:13.40 ID:CAP_USER9.net
    ◇W杯1次リーグH組 日本0―1ポーランド(2018年6月28日 ボルゴグラード)

    14年ブラジルW杯で日本代表を指揮したアルベルト・ザッケローニ氏(65=現UAE代表監督)が西野ジャパンの1次リーグの戦いぶりを総括。自らが率いた14年よりチームが成熟していると評した。

    日本は3試合を通じて、最後まで諦めない姿勢を見せた。これこそが1次リーグを突破できた要因で、今後も継続すべき忘れてはならない重要ポイントだ。

    とくに第2戦のセネガル戦(2―2)は、私がもっとも印象を受けた試合で、その諦めない姿勢を強く感じた。2度のリードを許しながらも最後に追いついたのは、チームが強いパーソナリティー(持ち味)を持っていた何よりの証拠だ。

    初戦のコロンビア戦は確かに運も味方となった。開始3分で11人対10人の数的有利な状況となるのは大きなアドバンテージ。しかもそのあと、コロンビアは大きなミスを犯した。1―1の状況で、1人少ないにもかかわらず、FWバッカを入れて勝ちにいった。このことで日本に大きなスペースを与えることになった。

    西野監督はポーランド戦で先発を6人入れ替えた。6人は決して少なくない数字だ。1次リーグ突破へ有利な状況だったので、主力を休ませたいといった、西野監督なりの計算があったのだろう。ただ決して奇麗な試合ではなかった。終盤はプレーすることをやめ、現状を維持することに努めた。ポーランドも前半は全くやる気がなく、ゴールを決めたあとは白星を死守するだけだった。いずれにせよ名誉を挽回した(川島)永嗣のプレーには、私も満足している。

    今の日本のメンバーは、私が指揮していたときとそれほど変わらないが、私のチームの方がDFラインを高く保った、よりオフェンシブなチームだった。今のチームはそのときと比べ、より注意深さが加わったチームと言っていいだろう。1次リーグ3試合で最も印象に残った選手は、元々期待が大きかった主力を除いたアウトサイダーの中では(酒井)宏樹と大迫だ。(吉田)麻也も常に良いパフォーマンスを見せているが、彼の実力は我々もよく知っているし、元々これぐらいできる力はあった。

    日本は周囲の予想に反して1次リーグを突破したが、私からすれば決してこれは偉業ではない。偉業はベルギーを撃破してベスト8に進出することだ。(14年W杯ブラジル大会日本代表監督)

    ◆アルベルト・ザッケローニ 1953年4月1日生まれ、イタリア・メルドラ出身の65歳。83年に当時4部のチェゼナーティコの下部組織で監督業をスタート。ウディネーゼを経て98~99年シーズンにACミランの監督に就任し、1年目でリーグ優勝。その後ユベントスなどで指揮し10年8月に日本代表監督に就任。14年W杯ブラジル大会は1次リーグ敗退で大会後に退任。16年は北京国安を指揮し、昨年10月にUAE代表監督に就任した。
    2018-06-30_18h58_46
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000082-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/30(土) 15:15:37.64 ID:CAP_USER9.net
    本田がツイッターでスタメン報道に言及、長友も囲み取材でコメント
    日本代表は現地時間28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第3戦のポーランド戦で0-1と敗戦。

    勝ち点4でセネガルと並んだ日本だが、イエローカード2枚差の「フェアプレーポイント」で上回り、3度目の16強進出を決めた。ポーランド戦のスタメン情報が試合前に報道されたとして、MF本田圭佑がツイッターで思いを綴っていたが、29日の取材に応じたDF長友佑都は「どこから漏れたのか、どこから見ていたのか…」と本田に続き苦言を呈している。

    第1戦コロンビア戦(2-1)、第2戦セネガル戦(2-2)で同じ11人をピッチに送り出した西野朗監督は、第3戦ポーランド戦でスタメン6人を変更。FW大迫勇也、MF香川真司、MF乾貴士、MF原口元気、MF長谷部誠、DF昌子源をベンチスタートにした一方、FW岡崎慎司、FW武藤嘉紀、MF宇佐美貴史、MF山口蛍、DF酒井高徳、DF槙野智章をピッチに送り出した。
     試合は後半14分にポーランドDFヤン・ベドナレクのゴールで先制を許し、そのまま得点を奪えずに敗戦。しかし、同時刻開催のセネガル対コロンビアでコロンビアが勝利したため、フェアプレーポイントの差で決勝トーナメント進出を果たした。

    長友は「スタメンが出た記事がありましたけど……」とポーランド戦前に報道されたスタメン変更報道について言及。「あの記事を見て、すごい残念でした」と率直な思いを吐露している。続けざまに「どこから漏れたのか、どこから見ていたのか……」と疑問を呈し、どのように情報漏洩がされたのかも問題視していた。

    フットボールZONE2018年6月30日 6時20分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14941003/

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/30(土) 16:13:04.28 ID:CAP_USER9.net
    辛口サッカー評論家のセルジオ越後(72)が6月30日、TBSラジオ「久米宏ラジオなんですけど」(土曜後1時)で、サッカーのワールドカップについて語った。

    まずは、日本代表のポーランド戦“最後の10分間のボール回しについて”。「これは国の文化の違い。日本の文化の中では反発があった。勝負という魅力の中で、負けていて勝負に行かなかったことに“正々堂々と戦うことを誓います”と言えなくなってしまった。行ったらやられるかもしれない…が無意識のうちにあったかもしれない。ポーランドも勝っていたから攻めてこなかった。両国の利害が一致した。今回予選リーグで初めて適用されたルール・フェアプレーポイントの中でフェアプレーでないことが起きてしまった」と結論づけた。

    また、西野監督の決断には「選手の体力の消耗具合を見て、勝負したら危ない、選手を信用していなかったのでは…」と語った。

    2日(日本時間3日)には決勝トーナメント1回戦で、FIFAランク61位の日本は同3位のベルギーと対戦するが、日本が勝利する確率を聞かれると「0パーセント」と言い切った。さらに、「さあ、それをひっくり返せるか。見ものです。韓国は予選敗退ですが、ドイツを破ってヒーローになって帰国しますからね」と、何が起こるかわからない今回のワールドカップに期待していた。

    スポニチ6/30(土) 15:57配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000118-spnannex-socc

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ