海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2018年06月

    1:名無しさん@ベクトル空間 ★:2018/06/30(土) 12:16:02.62 ID:CAP_USER9.net
    2018-06-30_15h00_51
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000014-nkgendai-socc


    日本が7月3日(午前3時キックオフ)の決勝トーナメント1回戦で対戦するベルギーは、何といってもFIFA世界ランク3位の強豪である。欧州最強ベルギーは一体、どんなチームで要注意人物は誰か?

    ドイツサッカー協会S級ライセンスを持つ鈴木良平氏は、「マンチェスターC所属のMFデブルイネ(26)がトップ下ではなく、ボランチでプレーしていること自体、ベルギーの強さを物語っている」とさらに続ける。

    「デブルイネの持ち味は、相手GKとDFの守りづらいポイントにズバッとグラウンダーのボールを供給してくると思えば、機を見てカットインして中央に入り込んで強烈シュートを放ってくるところ。相手守備陣にしてみたら、実にイヤな選手です。そのデブルイネを攻撃的ポジションから追いやったFWメルテンス(31=ナポリ)、背番号10を背負ったMFのE・アザール(27=チェルシー)らタレントの宝庫です。1989~91年生まれで黄金世代と呼ばれた選手がピークを迎え、2014年ブラジルW杯、16年ユーロを経て完成度の高いチームで乗り込んできた」

    そんな強豪相手に日本は、どんな戦い方で挑めばいいのか?
    現地取材中の元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が「今の日本代表の攻撃にMF香川は絶対に欠かせません」とこう続ける。

    「ポーランド戦で香川は出番なし。日本の攻撃は機能不全に陥りました。香川は自ら突破を図ってシュートに持ち込むだけでなく、1トップの大迫、左サイドアタッカーのMF乾、右のMF原口と連係をとりながら<彼らのポテンシャルを存分に引き出す>ことに長けている。序盤2試合の先発メンバーとフォーメーションに戻し、攻めては香川を中心に好連係をとりながら試合の流れを引き寄せ、守っては吉田と昌子のCBコンビを軸に粘り強く守ることを試合中、徹底してやり抜くしかありません」

    4月9日にハリルホジッチ前監督の後釜に納まった西野監督は、W杯本大会までのテストマッチ3試合で3バック、4バックを併用して計14パターンの布陣を試した。

    W杯本大会の直前合宿になってメンバー、布陣を固定して1戦目のコロンビア戦、2戦目のセネガル戦に臨んだ。日に日に選手同士の連係、距離感、プレー精度が向上していった。だがポーランド戦で西野監督は、自ら良い流れをブチ壊した。

    「準備期間の短かった西野監督はできるだけ早くにメンバー、戦い方を決めて練習、試合を通して<ベースとなる形をつくること>だった。確かに主力選手たちは、2試合をこなして疲労が蓄積。西野監督は疲労回復を最優先に考え、ポーランド戦で選手を大幅に入れ替えたのでしょう。その代償としてチームを熟成させるチャンスを放棄してしまった。大きな判断ミスと言っていい」(前出の鈴木氏)

    ベルギーはイングランド戦の終盤に主力DFコンパニー(32=マンチェスターC)をピッチに送り出した。今月2日のポルトガルとのテストマッチ中にケガを負ってリハビリを続けていたが、頼れるDFリーダーが満を持して復帰したのである。

    より最強になったベルギーが、日本の前に立ちはだかる――。
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/06/30(土) 12:25:21.84 ID:CAP_USER9.net
    29日、元ハロー!プロジェクトのメンバーで女優の真野恵里菜が、“ソロアイドルとして10周年を迎えた”と、自身のブログで報告した。イベントで歌っている写真とともに、ファンへ感謝の気持ちをつづっている。

    真野と言えば、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で主人公の親友“やっさん”役を演じて、注目を浴びた。さらに4月、サッカー日本代表の柴崎岳選手との結婚報道で世間をにぎわせたことも記憶に新しい。報道によると、2人は知人の紹介で知り合い、交際に発展。柴崎選手はスペインでプレーしているため、日本とスペインの遠距離恋愛だが、着実に愛を育んでいたようだ。

    今、日本中が注目しているロシアW杯で、柴崎選手は3試合連続で先発出場を果たしている。さらにセネガル戦では、決定的なパスを最も多く出したとも言われる有力選手だ。そんな柴崎選手の姿に「やっぱり、柴崎かっこいい!」「サッカーはよく分からないけど、柴崎を見るために観戦した」など女性ファンは熱い声援を送る。しかし一方で「でも真野恵里菜ともうすぐ結婚するんだよね…」「真野恵里菜が羨ましい」と、2人の結婚に複雑な思いを寄せるコメントも多かった。

    以前、長谷部誠選手がモデルの佐藤ありさと結婚を発表した時、ファンからは「結局、長谷部もモデルなんだ…」「長谷部には一般女性と結婚してほしかった」「相手が佐藤ありさって…ガッカリ」といったコメントが殺到。佐藤は、一部の熱狂的な女性ファンからバッシングを受ける形となった。

    柴崎選手と真野は夏までに婚姻届を出すとみられているが、W杯熱がヒートアップしている今、真野へのバッシングが心配される。真野はブログでサッカー関連の投稿はしておらず、今のところ柴崎選手との結婚に触れるコメントもない。

    「柴崎選手がW杯を終え、真野もソロアイドル10周年ということで、2人にとってこの夏は結婚のベストタイミングという見方もあります。女性人気の高い選手なので、一部ファンからのバッシングは避けられないでしょうが、柴崎選手がプレーするスペインで新婚生活を始める可能性もあり、そうなればファンも認めざるを得なくなるでしょう。結婚後に柴崎選手の活躍が見られれば、真野への評価もガラッと変わるはずです」(芸能ライター)

    W杯終了後、果たして2人から双方のファンに向けて結婚報告はあるのか。まずは日本が勝ち進むことを信じて、“その日”を待つことにしよう。
    2018-06-30_14h19_00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000002-reallive-ent
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/30(土) 08:12:09.60 ID:CAP_USER9.net
    思いの丈を打ち明けた。就任わずか2か月で日本代表を2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出に導いた西野朗監督への信頼度を聞かれたときだ。MF乾貴士(ベティス)は「みなさんが西野さんのことをどう思っているか分からないけど」と口火を切り、バヒド・ハリルホジッチ前監督の解任から西野監督就任に至るまでの報道に関して疑問を投げかけた。

    「記事をいろいろ見ていたけど、ハリルさんをあれだけ解任したほうがいいという報道が出ていたのに、実際に解任したら“なんでこの時期に”となっていて、俺は見ていてよく分からなかった」

    W杯アジア最終予選後、チーム内には閉塞感と停滞感が漂い、3月のベルギー遠征では事実上、崩壊していた。日本サッカー協会は4月7日付でハリルホジッチ前監督との契約を解除したが、乾は「俺らからすると、その判断はそのときから素晴らしいと思っていたし、勇気ある決断だったと思っている」と指摘。その口調は徐々に熱を帯びていった。

    「そのときから西野さんを信頼していたし、その判断をした協会に自分たちが応えないといけないと思っていた。(W杯で)勝ったからどうではなく、このチームでやるとなった時点で(西野監督を)信頼していた」

    7月2日の決勝トーナメント1回戦で対戦するベルギーには昨年11月にも国際親善試合で対戦。敵地で0-1で敗れたが、当時とは日本も文字どおり別のチームになっている。「あのときは戦い方という意味でバラバラだった。選手同士はバラバラではなかったけど、戦い方のやり方がなかったというか、バラバラだった」。そう振り返る乾は当時との違い、そして現在の代表チームへの自信を口にした。

    「今は意思統一して攻撃も守備もできている。そこが違い。ハリルさんのときは基本的に縦に速いサッカーをしないといけなかった。でも自分たちにそういうタイプのサッカーは合わないと思う。この3試合はボールを保持しながらやっていたし、それが日本の良さ。それはベルギー相手でもできると思う」

    攻撃パターンが増えたという手応えは得点者にも表れている。グループリーグ3試合で計4ゴールを挙げている日本だが、その得点者はMF香川真司、FW大迫勇也、乾、MF本田圭佑。「自分たちのチームでいいと思うのは、いろんな選手が得点を取っていて、決まった人だけではないということ。アジア杯とかでは(本田)圭佑くんとか固まりがちだったけど、いろんな人が取れるのは自分たちの強みだと思う。いろんなパターンで攻撃ができている」と強調した。

    負ければ終わりの決勝トーナメント。「もっとこのメンバーでやっていたいし、良くなっている実感もある。チーム力が上がっているのは選手全員が感じている。もっと上の舞台に行きたい」。初の8強入りを目指し、乾は気合十分に言った。

    (取材・文 西山紘平)

    ゲキサカ 2018年6月30日 6時15分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14940821/

    写真


    続きを読む

    1:シャチ ★ :2018/06/30(土) 10:14:14.26 ID:CAP_USER9.net
    2018-06-30_12h23_21

    6/30(土) 1:58配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000073-sph-socc
    日本代表の西野朗監督(63)は第2戦のセネガル戦から先発を6人変更したが、機能せず後半14分に決勝点を奪われた。同時刻に行われたコロンビア―セネガル戦の結果により、アジア勢最多となる3度目の決勝トーナメント(T)進出は果たしたが、終盤に見せた時間稼ぎのボール回しは大きな波紋を呼んだ。

    一夜明けた29日には練習前に西野監督、選手、スタッフ全員が集まりミーティングが行われた。西野監督はポーランド戦終盤の時間稼ぎに対し、「こういう場所(16強)に来たにもかかわらず、素直に喜べない状況をつくってしまったのは申し訳なかった」と謝罪。長谷部は「次に向かって進んでいる感じはあります」と話した。
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/06/30(土) 08:16:38.83 ID:CAP_USER9.net
    <ワールドカップ(W杯)ロシア大会:日本0-1ポーランド>◇1次リーグH組◇28日◇ボルゴグラード

    2度のW杯で指揮を執った元日本代表監督で日刊スポーツW杯特別評論家の岡田武史氏(61)は、西野采配に驚きの声を上げた。先発を6人代えてポーランド戦に臨み、最後は決勝トーナメント進出のためにボール回しに徹した。「自分にはできない」としながらも「結果が出たんだから、西野さんの勝ち」と高く評価。開き直った指揮官の勇気に感嘆し、日本代表のベスト8進出に期待した。

          ◇       ◇

    岡田氏は驚きを隠せなかった。「すごく疲れた。6人代えた先発と、最後の試合の終え方。西野さんはすごい勇気だよ」。セネガル戦後、ポーランド戦も同じメンバーで戦うことを提言した。「自分なら、代えても2人。よく、あんなことできるな」と話した。

    W杯経験者として、西野監督の考えも分かる。「前線でプレッシャーをかけるなら岡崎がいい。相手の左サイドをケアするために、酒井高を使う。いろいろ考えて合わせていった結果だろう」。もっとも、6人代えはリスクもある。「自分なら代えても2人。たたかれることも覚悟だったはず」と、勇気に感心した。

    終盤に攻めることをやめて、0-1で試合を終えることを選択したことにも驚いた。「自分は小心者だからね。ビビって攻めにいくな」ともらし「これには正解はない。結果で判断するしかない。Jリーグなら内容も大切だけれど、代表は結果。西野監督の勝ち」と大胆な決断を支持した。

    さらに岡田氏が西野監督の采配で感心したのは、GK川島を起用して主将にしたこと。セネガル戦後にも「川島しかいない」と話したが、不安もあった。だからこそ「GKを代えず、主将にしてメンタルを後押しした」と采配を絶賛した。

    2大会ぶりの決勝トーナメント。岡田氏は「新しいページを開く可能性は十分にある」と初のベスト8入りを期待した。対戦相手のベルギーについて「スタイルがオーソドックスで、分かりやすい。読み通りにくる。南米のチームより戦いやすい」と話した。

    FWにルカク、E・アザールら強力な選手はいるが「3バックの守備など、弱点もある」と指摘する。警戒すべきは、ショートカウンター。「カウンターでしか得点できていない。それを受けないこと。そうすれば勝機はある」という。

    ベルギーに勝てば、次はベスト4をかけてブラジルとの対戦が濃厚。西野監督も「マイアミの奇跡」再現を期待されるだろうが「マスコミ的には書きやすいだろうけれど、そううまくはいかない。まずは次に1つ勝つこと」と話した。

    強豪が苦戦を続ける今大会。ドイツが敗退し、ブラジルやアルゼンチンも出遅れた。「心の持ちようで結果は変わるということ。今大会はそれが多い」と振り返りながらも「優勝候補はブラジルとフランス」という。「フランスはFWエムバペらが強くて速い。弱点が見当たらない」と評価。「どこが勝つか分からないけれど、おもしろい大会になるのは間違いない」と熱戦が続くのを喜んだ。

    岡田氏の西野監督への期待は大きい。「完全に開き直っている」とみる。早大の後輩として長い付き合いの同氏は、西野監督について「もともとは慎重だが、どこかで開き直った。23人を選ぶあたりは普通だったけれど、直前の親善試合などで変わった」と話す。

    「運や奇跡などと言われるけれど、あらゆる準備の結果。就任してから短い時間だが、100%準備をしている」と岡田氏。「自分もそうだったけれど、どん底を味わって開き直れる。これ以上落ちないと思えば開き直るしかないから。そこがすごい」と、決勝トーナメントでの日本代表に期待して話していた。
    2018-06-30_09h36_45
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00253947-nksports-socc
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/06/30(土) 04:24:34.40 ID:CAP_USER9.net
    強敵であることは百も承知だ。2大会ぶり3度目のグループリーグ突破を決めた日本代表が史上初のベスト8を懸けて挑む相手はFIFAランキング3位のベルギー代表。今大会の優勝候補の一角にも挙がっている。

    過去の対戦成績では2勝2分1敗と勝ち越しているが、直近では昨年11月のベルギー遠征で対戦し、0-1で敗れた。ただ、こうした過去のデータは参考にならないほど、現在のベルギーは充実している。グループリーグではパナマ、チュニジア、イングランドに3連勝。3試合で9得点と圧倒的な攻撃力を誇る。

    MF長谷部誠は昨年11月の対戦時と比較し、「あのときとは全然違うのかなと思う。あのときの彼らのやる気というか、そこはクエスチョンの部分があった」と指摘。「守備で感じた手応えはあったけど、その感覚でやったらやられる」と表情を引き締めた。

    FWロメル・ルカク(マンチェスター・U)、FWエデン・アザール(チェルシー)、MFケビン・デ・ブルイネ(マンチェスター・C)らタレントぞろいの相手にDF酒井宏樹は「だれもが知っている選手たち。対戦できるのは楽しみだし、決勝トーナメントは楽しみしか残っていない」と闘志をかき立てる。

    「11月のときですら、かなりすごいチームだった。今はもっと熟成していると思うし、モチベーションも高いと思う」。そう警戒を強める酒井宏は「笑っちゃうぐらい強いと思う」と、冗談交じりに本音も口にした。「(対抗するための)策はあるように見えて、ない。基本的なことをやっていくしかない。(自分たちの)4バックは安定していると思っているし、味方を信じてやりたい」と力を込めた。
    2018-06-30_08h58_07
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-01655744-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/30(土) 01:49:53.02 ID:CAP_USER9.net


    コロンビア、セネガルと世界の強豪を相手に大健闘を続ける日本代表。いよいよ今夜、決勝トーナメント進出をかけたポーランド戦に向け、日本中がサッカー一色の盛り上がりを見せている。テレビ中継の視聴率(関東地区、ビデオリサーチ調べ)でも、コロンビア戦が48.7%、セネガル戦は深夜にも関わらず30.9%と驚異的な数字を叩き出している。

    しかし、裏を返せば国民の半分以上はワールドカップを見ていないというのも事実だ。実際、このお祭り騒ぎに辟易したり、一歩引いた視点で見たりしている“アンチ“も少なくないようだ。

    Twitter上には「“見てないやつは非国民“みたいな扱いになる空気、ほんと嫌い」「は!?なんで見てないの?損だよ!みたいな反応に飽きました」「渋谷で大騒ぎするサッカーファンが嫌いなので、ワールドカップは憂鬱。頑張れ西野ジャパン」「興味無し!日本が敗退しようが阪神が勝てばそれで良い」といった投稿が。

    また、「見ない派としてはサッカーの振り返りばっかりで、地震のニュースも無くなって、ほんまに知りたいニュースが全然やってない」「サッカー見ない自慢しかアイデンティティのない俺みたいな同類がインターネット上にはいっぱいいることに安心する」と、自分がなぜ“アンチ“なのかを冷静に考えたり、自己分析する投稿も。



    日本戦の直後はあれほど盛り上がっていた渋谷でも、「“みんな見てるのになんで見ないの?“とか“なんで知らないの?“とか言われたりした。“あっ、ごめん“という感じで。興味ないし、見ないからしょうがないと思うけど、周りがそういう話をしてくると、ついていけていない自分に焦りも出てくる」「時間的には全然見られる時間帯だけど、“見とくわ“、くらいで流す」という若者たちの声も。

    サラリーマンの街・新橋でも「職場でも、どこのブロックがどうでとか、そういう話を分かっている前提でされる」「あんまり興味がわかない。『非国民だな』みたいな感じだ。試合の時にはYouTube見てましたね」となどの声が聞かれた。

    つづく

    アベマタイムス6/30(土) 0:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00010000-abema-soci
    続きを読む

    1:親日@シコリアン ★:2018/06/30(土) 05:30:58.97 ID:CAP_USER9.net
    原口「特別な試合必要」議論よそにベルギー戦にらむ

    サッカー日本代表MF原口元気(ハノーバー)が、ポーランド戦の終盤にペースを落とした日本の戦い方が一部で物議をかもしていることについて「3試合で突破することを考えて、自分たちがどれだけ戦ってポイント(勝ち点)をとってきたか、見てくれている人はわかると思う」と自身の考えを言葉にした。

    原口は「(批判を)言いたい人は言いたいと思う」と、盛り上がりに欠けた事実には理解を示した。その上で、「本当の勝負の世界に生きて、国を背負って、真剣勝負をしている人には気持ちはわかると思う」と率直に話した。「批判している人は、本当にぎりぎりの戦いをしたことがない人なのではないか」と、直球の言葉で続けた。「突破したことに誇りを感じている」。結果がすべての世界で、厳しい状況を跳ね返したチームに胸を張った。

    ポーランド戦の議論をよそに、すでに目線はベルギーとの大一番に向かっている。1次リーグも強者ぞろいだったが、FIFAランク3位のベルギーはさらに1段上をいく。「普通にやっても勝てないレベルの相手。特別な試合をしないと」と、史上初の8強進出は相当高い壁があると感じている。

    とはいえ、「次にチャンスがいつくるかわからないというくらい難しかった」と振り返る1次リーグ突破。つかんだチャンスをみすみす逃すつもりは毛頭ない。「1試合で終わらず、1歩前に進みたい」。決勝トーナメントに向けて気持ちを新たにした。


    6/30(土) 2:46配信 日刊スポーツ
    2018-06-30_08h05_05
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00253837-nksports-socc

    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/06/30(土) 06:41:22.83 ID:CAP_USER9.net
    日本は28日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)グループHのポーランドと対戦し、0-1で敗れている。各国メディアの批判が相次いだ試合終盤の日本のプレーだが、ドイツメディアはGK川島永嗣のパフォーマンスを高く評価した。

    この試合では川島は試合を通して好セーブを連発。ドイツ誌『キッカー』の記者にとっては、とりわけ32分にFWカミル・グロシツキのヘディングシュートを阻止した場面が印象深かったようだ。「2」と両チーム単独最高点を与え、マン・オブ・ザ・マッチに選出した同誌は「彼は前半、センセーショナルなセーブを披露して失点を防いだ。ハーフタイム後も安定したプレーを見せ、日本の決勝トーナメント進出の立役者となった」とそのパフォーマンスを称賛した。

    そして、『キッカー』は川島をグループステージ第3節のベストイレブンにも選出。「ポーランドとの決戦で日本がより早い時点にビハインドとならなかったのはエイジ・カワシマのおかげ。最終的に、このGKは頼れる存在として日本の決勝トーナメント進出を確実にした」と寸評している。

    なお今回のW杯では『キッカー』のベストイレブンに選ばれた日本代表選手は川島が初めて。同誌が選ぶ第3節のベストイレブンは以下の通り。

    GK

    川島永嗣(日本)

    DF

    キム・ヨングォン(韓国)

    ジェリー・ミナ(コロンビア)

    ディエゴ・ラクサール(ウルグアイ)

    MF

    フィリペ・コウチーニョ(ブラジル)

    イスコ(スペイン)

    アドナン・ヤヌザイ(ベルギー)

    リカルド・クアレスマ(ポルトガル)

    FW

    パオロ・ゲレーロ(ペルー)

    ワフビ・カズリ(チュニジア)

    リオネル・メッシ(アルゼンチン)
    2018-06-30_07h40_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000040-goal-socc
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/06/29(金) 23:13:45.64 ID:CAP_USER9.net
    中田英寿氏、日本代表への思い激白「監督は2大会とか長期間で見ない限り、積み上げ難しい」
    2018年6月29日 22:57 スポニチ Sponichi Annex サッカー
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/29/kiji/20180629s00041000510000c.html

    中田英寿氏



    サッカー元日本代表の中田英寿氏(41)が29日放送のTBS系「緊急生放送!FIFAワールドカップ 祝!日本代表・決勝T進出決定SP」(金曜後8・52)で、日本代表への本音をテレビで初激白した。

    2時間の生放送では、中田氏をはじめ歴代日本代表たちの、激変したその後の人生を追跡取材。中田氏が社長を務める会社のこだわりオフィスをテレビで初公開するほか、「国内でたまたまベッカムと会った話」「初めてお酒を飲まされた人物の話」など、これまで語ったことのない秘蔵エピソードを披露した。

    また、これまでサッカーに関しての発言を控えてきた同氏が、日本代表への熱い本音を語る場面も。96年アトランタ五輪でともに戦った元日本代表の前園真聖氏(44)に、ワールドカップまで2カ月しかない中で就任した西野監督について聞かれると「2カ月で監督がどうこうできるもんじゃない。結局は、選手が自分たちでどれだけまとまってやれるか。それよりも、このワールドカップをステップにして次につなげるためにどうしていくかということを西野さんたちは考えないといけない」と答えた。

    今後の日本代表監督とチームづくりについて「外国人監督が4年間やって、(結果が)良くても悪くてもワールドカップが終わったら契約終わって次にいく…。それを続けていても、その先には絶対に進まないと思う。

    例えば、日本人監督で次の3大会はやっていこうとか、外国人監督に任せるのだったら2大会は任せてやってみようとか、もう少し長い期間で見ない限り、積み上げることが難しい。そうしないと監督は結局その4年間だけのためにやってしまうだろうし。それだと結局は意味がないのでは」と持論を展開した。
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ