海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2018年06月

    1:スレ立て代行@ベクトル空間 ★:2018/06/05(火) 12:32:33.88 ID:CAP_USER9.net
    2018-06-05_13h52_07
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00000014-jij_afp-socc


    AFP=時事】イングランド・プレミアリーグのリバプール(Liverpool FC)に所属するGKロリス・カリウス(Loris Karius)が、レアル・マドリード(Real Madrid)との欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2017-18)決勝で失点に繋がるミスを犯した直前に、脳振とうを起こしていたことが4日、明らかになった。

    この診断結果を発表したのは、米ボストンで働く2人の医師で、チャンピオンズリーグ決勝が行われた5日後の先月31日に、マサチューセッツ総合病院(Massachusetts General Hospital)でカリウスに対して総合的な検査を行ったという。

    両医師は、「試合の映像を注意深く再確認し、詳細な病歴や身体検査、他覚的な基準を統合した結果、われわれはカリウス選手が5月26日の試合中に脳振とうを起こしていたという結論に至った」との声明を出した。

    カリウスはこの試合の後半4分、レアルのDFセルヒオ・ラモス(Sergio Ramos)と衝突した際に肘打ちを受けたと審判に対して主張していたが、このプレーに罰則が下ることはなかった。

    その2分後、カリウスは味方選手にボールを送ろうとしたものの、相手FWのカリム・ベンゼマ(Karim Benzema)にボールを渡し、レアルの先制を許すというミスを犯した。さらにカリウスはその後、ギャレス・ベイル(Gareth Bale)のシュートをつかみ損ねるという決定的なミスをしており、リバプールの3失点目により勝敗は決した。

    両医師は脳振とうがカリウスのパフォーマンスに影響を与えた可能性はあるとし、以下のように続けた。

    「検査時にカリウスが訴えた後遺症や他覚的徴候を考えると、セルヒオ・ラモスと交錯した直後に視覚的な機能障害が生じていたのかもしれない」

    また両医師は、脳振とうを引き起こした出来事からカリウスが確実かつ安定的に改善していると話している。

    「診断の結果に基づき、彼が完全に回復することを期待している」「われわれはカリウス選手に対して用心するよう助言し、完全にプレーできるよう復帰するためには安全であることを重要視すべきだと伝えた」
    続きを読む

    kagawa-500x333

    1:風吹けば名無し:2018/06/05(火) 11:22:22.63 ID:uzHpKKSI0.net
    どこになるん?
    3:風吹けば名無し:2018/06/05(火) 11:22:58.33 ID:BW9hO0x30.net
    インテル長友
    7:風吹けば名無し:2018/06/05(火) 11:23:57.98 ID:m9R7bRdR0.net
    バイヤンが一番凄い
    続きを読む

    2018-06-05_11h40_25

    1:スレ立て代行@ベクトル空間 ★:2018/06/05(火) 11:14:17.54 ID:CAP_USER9.net
    http://www.so-net.ne.jp/antlers/news/release/65795

    柳沢コーチへの処分について
    2018年06月05日(火)

    標記の通り、弊クラブ所属、柳沢敦コーチの規律違反に対する処分を決定しましたので、お知らせいたします。

    ■処分内容
    規律違反による自宅謹慎処分(期間は未定)

    ■処分の理由
    2018年4月6日、J1第6節湘南戦の前日、遠征先のホテルにてチームに無断で第三者と会っていたため。一部週刊誌報道を受けて本人へ事情聴取を行い、規律違反を認めたため、処分を下した。
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/06/05(火) 09:06:53.00 ID:CAP_USER9.net
    6/5(火) 3:46配信
    4-2-3-1に中盤ダイヤの4-4-2 “カメレオン”のように形を変える西野J

    まさに“カメレオン戦術”だ。これまで3バックをベースに練習を重ね、5月30日のガーナ戦(0-2)も3-4-2-1のシステムでスタートした日本代表だが、4日の午後練習では西野ジャパン始動後、初めて主力組が4バックを採用した。

    西野朗監督は選手に対し、ガーナ戦で3バックを採用した理由について「オプションとして持っておくことが大事。試合の中で臨機応変に戦うために3バックでやった」と説明したという。「4-5-1は慣れ親しんだ形だから違和感なくできるだろう」と、この日の練習ではバヒド・ハリルホジッチ前監督時代にも採用され、アルベルト・ザッケローニ元監督時代にはベースとなっていた4-2-3-1のフォーメーションを組んだ。

    4-2-3-1の左サイドハーフで起用されたMF宇佐美貴史(デュッセルドルフ)は3-4-2-1では左シャドーが定位置だったが、「これまで(3-4-2-1で)積み上げてきた中で4-5-1をやると、やりやすさを感じることもある。4-5-1に関して戸惑いはない」とスムーズに適応した。

    西野監督は対戦相手や試合展開に応じてさまざまなフォーメーションを使い分けていく方針で、宇佐美も「どんなポジション、どんなやり方、どんな相手、どんなサッカーになるにしても、臨機応変にやることが大事」と力説。紅白戦の2本目には中盤をダイヤモンド型にした4-4-2の左サイドでもプレーしたが、「ダイヤモンドはやったことがないけど、試合でいきなりやることもあると思う。臨機応変に対応する力を身につけていく必要がある」と、指揮官の要求に応えようと貪欲だ。

    最終的にW杯本大会でどのシステムを採用するかは「監督が決めること」と宇佐美は言う。「相手の状況を見て、(監督が)このチョイスで行くと決めたときに選手がアタフタせず、100%で行けるように免疫を付けている段階だと思う」と、恩師の意図をくみ取っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-01654649-gekisaka-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/05(火) 09:03:59.03 ID:CAP_USER9.net
    2日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送された。

    1週間のできごとを振り返る中で、サッカーW杯の日本代表メンバーが、一部から「年功序列ジャパン」と揶揄されている問題について、竹山は「サッカーについては、本当に(みんな)好き勝手言うよね」と嘆息する。

    これにスパローズ・大和一孝が、サッカーは90分間ストレスを抱えながら見るスポーツだとして、「怒りがたまりやすいから、文句言う人多いですよ」と持論を展開した。

    さらに大和は、「僕『Yahoo!』のコメント欄に感想とか書きこむと、“いいね”って結構つくんですよね」と、『Yahoo! ニュース』に1ユーザーとして書きこみしていることを告白。みずから書いたコメントへの反応を酒のつまみにしているそうで、「(ニュースへの)否定的な意見に文章を送るんですよね。『あなたの言っていることは間違ってますよ』って言って、僕についた“いいね”が多ければ勝ち」と、独自ルールを設けているそうだ。

    すると竹山は非常に興味を持ったようで、「それ、この番組でやろうか?」とノリノリに。「ヤフコメの、反対してるヤツを叩き潰すっていう回やろう!」と、目を付けたコメントに生放送中に返して反論するという、炎上必至の企画をぶち上げていた。

    アベマt v 2018年6月5日 8時30分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14817318/

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/05(火) 06:19:15.93 ID:CAP_USER9.net
    サッカーのW杯ロシア大会に臨む日本代表は3日(日本時間4日未明)、オーストリア・ゼーフェルトで直前キャンプを開始した。西野朗監督(63)は、選手に積極的に意見を求める“対話式ミーティング”を実施。

    1次リーグ初戦のコロンビア戦(19日・サランスク)の戦術なども含めて、23人の選手全員とともに作り上げていく。また、MF香川真司(29)=ドルトムント=は、選手の平均年齢が過去5大会で最も高いことに選考などで巻き起こった批判を、W杯の結果で見返すと誓った。

    MF原口はW杯メンバーの年齢構成についての批判に「正直、何とも思わない。監督が選ぶこと。僕らは選手だし、気にならない。手のひらを返させることができるのがW杯。結果としてそうなったら気持ち良いんじゃないかな」と一笑に付した。

    右ウイングバックで新境地に挑む27歳は、「一番収まる選手。彼をうまく使えたら日本の良さが出ると思うし、僕の良さも引き出してくれる」と、本田との連係を思い描いた。

    デイリースポーツ 6/5(火) 6:02配信
    2018-06-05_09h22_30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00000027-dal-socc
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/06/05(火) 03:15:46.18 ID:CAP_USER9.net
    三浦SD、交渉認めず「心痛かった」 イニエスタ獲得の舞台裏
    2018/6/4 19:05 神戸新聞NEXT
    https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/vissel/201806/0011324113.shtml
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00000013-kobenext-socc

    J1神戸の三浦淳寛スポーツダイレクター



    スペイン代表MFイニエスタの加入について、J1神戸の三浦淳寛スポーツダイレクター(SD)が4日、神戸新聞の取材に応じた。

    獲得までは一貫して交渉の事実を認めてこなかったが「契約書にサインするまで、(交渉の行方が)変わることは世界的によくある。心は痛かったが、僕の使命だった」と明かした。

    イニエスタが今季限りでのバルセロナ退団を発表して以降、移籍先を巡る情報が入り乱れた。一部報道では中国行きが有力視されたが「何としてでも獲得したい選手」と、先月24日の入団会見まで交渉の事実さえ公にせず、秘密裏に進めた。

    獲得成功の一手が、トップチームまで一貫した育成スタイルの構築に協力を求めたことだった。「その大切さを彼が一番知っていた」と三浦SD。下部組織からバルセロナ一筋だったイニエスタの心をくすぐり、世界最高峰の司令塔を射止めた。

    一方、イニエスタを迎えた神戸は外国人枠の規定により選手1人を放出する必要がある。三浦SDは「うまく進めている」と話すにとどめた。
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/05(火) 06:13:20.08 ID:CAP_USER9.net
    「サッカー日本代表合宿」(3日、ゼーフェルト)

    サッカーのW杯ロシア大会に臨む日本代表は3日(日本時間4日未明)、オーストリア・ゼーフェルトで直前キャンプを開始した。MF香川真司(29)=ドルトムント=は、選手の平均年齢が過去5大会で最も高いことに選考などで巻き起こった批判を、W杯の結果で見返すと誓った。

    静かに、確信を持ってMF香川は口を開いた。29歳で迎える自身2度目のW杯。W杯メンバー23人の平均年齢28・2歳は過去5大会に出場した日本代表と比べて最も高く、香川自身も平均を上回っている。年齢に対する周囲の批判は高まっているが「それは一人一人が勝ち取ったこと。十二分に誇りを持つべき」と持論を展開した。

    脳裏に浮かんだのは4年前の光景だった。W杯ブラジル大会1次リーグ初戦のコートジボワール戦。1点を先行した日本だったが、後半17分に当時36歳のFWドログバが投入されると空気は一変した。その後4分間で2失点して逆転負け。「4年前のドログバじゃないけど、経験のある選手が絶対に重要になってくる。年齢は関係ない」と強気に話した。

    2大会連続の背番号10は「活躍すれば称賛され、活躍できないと批判されるのは当たり前。一番は香川真司として何ができるか」。結果で雑音を封じる覚悟だ。

    デイリースポーツ 6/5(火) 6:02
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00000025-dal-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/05(火) 00:04:46.14 ID:CAP_USER9.net
    3月のインターナショナルマッチウィーク、コロンビアはパリで行なわれたフランス戦に3-2と勝利し、ロンドンで行なわれたオーストラリア戦は0-0で引き分けた。コロンビアの首都ボゴタ在住で、欧州まで取材にきていたサッカージャーナリストのカール・ワーズウィック氏は、こんな印象を持ったという

    「コロンビアが4年前ほどいい状態にないことは確かだが、フランス戦の後半はすばらしかった。2点のビハインドを跳ね返して勝利を収めたことは、失いかけていた自信や信念を取り戻すきっかけになるかもしれない。なにしろ、コロンビアは南米予選のラスト4試合でひとつも勝利がなかったからね。

    もちろん、テストマッチの勝利にそれほど意味がないことは承知しているが、本大会3カ月前に優勝候補の一角であるフランスに勝利した意味は大きい。手薄な中盤でマテウス・ウリベ(クラブ・アメリカ)が好パフォーマンスを見せたことも前向きな要素だし、4年前、ラダメル・ファルカオ(モナコ)のケガにかなり頭を悩ませたことを思えば、現時点で主力にケガ人がひとりもいないことは特筆すべきことだといえる」

    一方、ベルギーで行なわれた日本対マリ(1-1)も現場で取材したというワーズウィック氏は、日本の戦いぶりについても触れた。

    「テストマッチは新しいアイデアや選手を試す場とはいえ、日本の戦いぶりが物足りなかったのは否定できない。後半は何度か前線でのいい動きも見られたが、全体としては攻撃の迫力を欠いており、ラストパスはもれなく的外れだった。

    ゴールを決めた途中出場の中島翔哉が日本ではかなり評価されたようだが、日本が同点に追いつけたのは、マリのGKとDFに明らかに混乱があったから。アフリカ最終予選でグループ最下位に終わった相手との対戦だったことを考えても、あまりに低調な出来だったと言わざるを得ない」

    4年前にブラジル・クイアバで行なわれたW杯の日本対コロンビア戦も取材しているワーズウィック氏は、「日本の成長を見ることはできなかった」と断じた。

    では、コロンビア国内では、日本についてどう報道されているのか。

    「報道されたことといえば、W杯2カ月前にハリルホジッチが解任されたことくらいだ。コロンビアで新監督のニシノ(西野朗)はほとんど知られていない。ハリルホジッチは、ピークを迎えてすでに5年以上が経過する本田圭佑や香川真司から、若手にシフトさせようと思ったのだろうが、その判断がロッカールームに悪影響をもたらしたのではないか。

    ハリルホジッチのやり方に問題があったかどうかはわからないが、いずれにしろ問題が深刻化した背景には、本田や香川らに替わるタレントの実力不足があったのではないだろうか。マリ、ウクライナ、ハイチと、いずれもW杯出場を逃した国々に勝てなかったことを考えても、日本はW杯の準備がまったく整ってないと見られている」

    さらにハリルジホジッチの解任について、ワーズウィック氏は続ける。

    「解任の理由については、JFA(日本サッカー協会)からも正確には語られていないようだが、このタイミングでの解任には違和感があるし、奇妙に映る。解任するにしても、もっと早いタイミングはあっただろうし、後任のニシノにももっと時間が必要だったはずだ。

    ニシノは代表選手のことをよく知っていて、日本では尊敬を集めているようだが、現場ではここしばらく何の成果も挙げていない。そのうえ親善試合を数試合こなしただけでコロンビア戦を迎えなければならないのは、どう考えても理想とはほど遠いだろう」

    つづく

    スポルティーバ 6/3(日) 17:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180603-00010002-sportiva-socc&p=1

    写真
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ