海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2018年07月

    1:豆次郎 ★:2018/07/22(日) 07:42:04.54 ID:CAP_USER9.net
    2018年7月22日 7時12分
    「分かる? マジで痛いんだって!」ネイマールがついに“過剰演技”への批判に弁明&反論!

    ブラジルの至宝ネイマールが、ついにみずからの言葉で“風潮”に反論した。

    ロシア・ワールドカップの準々決勝ベルギー戦でブラジルは1-2の惜敗を喫し、ネイマールにとって2度目の檜舞台は幕を閉じた。悲嘆に暮れたスーパースターは試合後のミックスゾーンをスルーし、その後はブラジルでテレビのインタビュー取材には応じたものの、公の場にはいっさい姿を見せていない。

    そんななか、現地7月19日にサンパウロで開催されたイベントに登場。自身が代表を務める財団のチャリティーイベントで、思いの丈を語ったのである。

    沈黙を守っている間、巷ではSNSを中心に“ネイマールチャレンジ”が大流行。「ネイマール!」と言われたら倒れ込んで痛がる素振りを見せるリアクションで、世界中に拡散している。実はネイマ―ルはイベント前日に自身のインスタグラムで、子どもたちと“ネイマールチャレンジ”で楽しむ様子を投稿した。まさに自虐ネタだったが、こう考えていたようだ。

    「ずっとそうやって茶化されているのは見ていたし、あれ自体はひとつのユーモアだと捉えている。昨日も子どもたちとふざけ合っているところを投稿したくらいだしね。まあそれはそれとして、僕のスタイルっていうのは、あくまでドリブルで仕掛けるところにある。対峙する相手にどんどん勝負を挑むんだ。これは昔から変わらないし、いっさいの妥協がない。彼らの前に立って、『おっとごめんよ、ゴールを決めたいからそこを通してくれないかい?』とお願いして通してくれる? そんなわけはないよね。みんな必死で止めにくるよ。反則してでも止めにくる。たいていの場合、僕は彼らより速いし軽やかだからね。で、レフェリーはなにをしてくれるのか。彼らはジャッジするためにいるんじゃないのかい?」

    では、痛がりすぎだ、オーバージェスチャーだと揶揄されていることについては?

    「あのね、分かる? だれが好き好んでタックルに顔を歪めてばかりいる? マジで痛いし、実際に怪我を負わされるんだよ! だいたいゲームのあと、アイシングをして4、5時間はじっとしているくらいさ。まあいろいろと複雑な想いはあるけど、こればかりは経験しないと分かってもらえないのかもしれないな」

    常にブラジル代表のエースとして特大の重圧を受けている点については、「そこはさすがにもう慣れたよ。負けたらすべての責任は僕にある、そんな自覚を持って取り組んできたからね。かなり精神的に鍛えられたかもしれない」とクールに答えた。

    今夏のレアル・マドリー行きが盛んに噂されてきたが、そのイベントでもパリ・サンジェルマン残留を明言。ワールドカップから続いていたネガティブな空気を一掃しようと、努めて明るく振る舞っていた印象だ。

    新シーズンではさらにバージョンアップしたネイマールが見られるか。注目されるところだ。
    2018-07-22_08h08_38
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15046752/
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/22(日) 01:09:28.81 ID:CAP_USER9.net
    ロシア・ワールドカップは、フランスの20年ぶり2回目の優勝で幕を閉じた。

    アントワーヌ・グリエーズマンやキリアン・エムバペといった若きタレントたちを、現役時代に主将としてトロフィーを掲げた経験を持つ指揮官ディディエ・デシャンがまとめ上げたフランス。華々しさもあったが、時に全員で守備を固めるその戦術に、賛否の声があったのも確かだ。

    スペイン紙『Marca』は7月17日、「過去25年における最高のW杯優勝チーム」というアンケートを実施。1994年のブラジル、1998年のフランス、2002年のブラジル、2006年のイタリア、2010年のスペイン、2014年のドイツ、そして今大会のフランスと、5か国7チームの中での優劣を読者に尋ねている。

    『Marca』が挙げた各大会優勝チームのイレブンは以下のとおり。

    ■ブラジル(1994年)
    タファレウ、ジョルジーニョ、マルシオ・サントス、アウダイール、ブランコ、ドゥンガ、マウロ・シウバ、ジーニョ、マジーニョ、ロマーリオ、ベベット

    ■フランス(1998年)
    バルテズ、テュラム、デサイー、ブラン、リザラズ、デシャン、プティ、カランブー、ジダン、ジョルカエフ、ギバルシュ

    ■ブラジル(2002年)
    マルコス、ルシオ、エジミウソン、ロッキ・ジュニオール、カフー、クレベルソン、ジウベルト・シウバ、ロベルト・カルロス、ロナウジーニョ、リバウド、ロナウド

    ■イタリア(2006年)
    ブッフォン、ザンブロッタ、マテラッツィ、カンナバーロ、グロッソ、ペロッタ、ガットゥーゾ、ピルロ、カモラネージ、トッティ、トーニ

    ■スペイン(2010年)
    カシージャス、セルヒオ・ラモス、ピケ、プジョール、カプデビラ、シャビ・アロンソ、ブスケッツ、ペドロ、シャビ、イニエスタ、ビジャ

    ■ドイツ(2014年)
    ノイアー、ラーム、ボアテング、フンメルス、ヘーベデス、シュバインシュタイガー、ケディラ、クロース、ミュラー、エジル、クローゼ

    ■フランス(2018年)
    ロリス、パバール、ヴァランヌ、ウンティティ、リュカ、カンテ、ポグバ、マテュイディ、エムバペ、ジルー、グリエーズマン

    この各チームの豪華絢爛な面子を見て回答した5万7000人以上のユーザーのうち、48%と半数近くが選んだのは、2002年日韓大会を制したブラジルだった。これに30%で続いたのは、2010年南アフリカ大会の王者スペインだ。この両チームだけで約8割を得票している。

    なお、それ以外の票は、1994年アメリカ大会のブラジルには6%、そのほかのチームには各4%と分かれた。

    7/18(水) 20:28配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180718-00044177-sdigestw-socc

    写真
    続きを読む

    o0349043712565932742

    1:風吹けば名無し:2018/07/21(土) 18:39:24.46 ID:Rhd4UvGU0.net
    キック精度とクロス精度にもガン振りするチーター
    3:風吹けば名無し:2018/07/21(土) 18:39:55.36 ID:w48lez7M0.net
    全振り?
    4:風吹けば名無し:2018/07/21(土) 18:39:57.76 ID:SLF22/11a.net
    声は高い
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/07/21(土) 22:32:12.29 ID:CAP_USER9.net
    18日に来日したばかりの元スペイン代表MFイニエスタが、さっそくJリーグデビューを果たす。明治安田J1リーグ第17節の22日、6位神戸(勝ち点25)は本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)に14位湘南(同19)を迎える。吉田監督は途中出場を明言した上で「中盤ならどこでもできる。より多くボールを触れられる場所で」と青写真を描く。

    指揮官の驚きはチームメートたちの反応だった。「すごく楽しそう。彼1人でこんなに変わるのか」。イニエスタが自ら仲間に歩み寄って声を掛ける姿を見て「(人柄も)超一流」と絶賛した。

    21日は非公開練習だった。イニエスタの取材対応もなかったが、ラストパスを受けることになるFWウェリントンは「とてつもなく頭がいい」と印象を語った。

    その根拠がプレー判断の速さという。「ボールが来る前に何ができるのかが分かっている。専用のカメラを空の上で回しているのでは」。そう思えてしまうほど上質なパスが出てくるという。FW渡辺も「みんなうまくなったような感じ」と明かした。

    神戸は湘南戦でシーズンの折り返しを迎える。吉田監督は「(順位も)いい位置につけている。勝てば目標(アジア・チャンピオンズリーグ出場)にどんどん近づく」。イニエスタの合流を追い風に今季最長の4連勝を狙う。(有島弘記)
    2018-07-22_00h22_04
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00000015-kobenext-socc
    続きを読む

    2018-07-21_23h17_04

    913:U-名無しさん :2018/07/21(土) 22:39:32.93 ID:ShCaqtqC0.net
    殺伐としたスレに植田が!
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/21(土) 21:59:18.97 ID:CAP_USER9.net
    ●W杯8強敗退のブラジル、ネイマールは“演技”で注目の的に…

    ロシア・ワールドカップ(W杯)では数々のニュースターが生まれた一方で、評判を大きく落としたのがブラジル代表FWネイマールだ。ファウルを受けた後の転がりぶりが“ネイマール・チャレンジ”として世界中で拡散しているが、パリ・サンジェルマン(PSG)で同僚のDFダニエウ・アウベスが「批判は弱虫の武器だ」と擁護したと、スペイン紙「AS」が報じている。

    ブラジルは優勝候補筆頭に挙げられながら、準々決勝でベルギーに1-2で敗れベスト8で敗退。そのため心証が悪くなったものの、ネイマールはW杯で2ゴールを決めるなど、決してピッチ内で沈黙し続けたわけではなかった。W杯開幕直前に負った大怪我によりセレソン入りが叶わなかったアウベスは、ネイマール主催のオークションイベントでこのように話している。

    「ネイマールがニュースに取り沙汰されると、感情的になって批判を受けることになる。もし彼が髪を別の色に染めただけでも、批判対象になるんだから。俺は彼らに対して、ネイマールの立ち位置を分かってほしいと思うね」

    ロシアの地でネイマールとともに戦えず、なおかつ批判からの盾になれなかったことを悔しく思っているのだろう。そしてアウベスはこのように続ける。

    ネイマール&コウチーニョはW杯最多のチャンスメイク数

    「批判なんてものは弱虫にとっての武器だ。サッカー選手は常にチーム、チームメイトのために全力を尽くそうとしている。ネイマールを知っている人なら、アイツの凄いクオリティー、特別さを知っているんだから。ネイマールやそのレベルにいる選手を批判するのは簡単だけど、彼らがやっていることは難しいんだからな」

    データ会社「オプタ」調べのデータによると、今回のW杯でもっともチャンスを創出したコンビはネイマールとコウチーニョの9回で、3位決定戦まで戦ったMFキリアン・トリッピアーとDFハリー・マグワイア(イングランド)の7回、MFケビン・デ・ブライネとFWエデン・アザール(ベルギー)の6回を優に超えている。ネイマールの貢献度の高さを知るからこそ、アウベスとしてみれば今の批判的な風潮は許せないものなのだろう。

    ZONE 7/21(土) 12:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180721-00123410-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/21(土) 16:39:03.45 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表の大迫勇也(28)が20日、フジテレビ系「ダウンタウンなう」にVTR出演し、ゲストの乾貴士(30)について“半端ない”タレコミを連発した。

    「本当に中学生みたいな人なんで。よくしゃべるし…ウルサイです。そういう(ムードメーカー)わけじゃなくて、ただ単にずーっとしゃべっている」

    「ずーっとサッカーボール触ってますね。W杯の前も、スタジアム着いて、アップまでの時間もリフティングしてましたから。着いたらみんな普通は音楽聴いたりするんですけど、すぐ着替えてボールを蹴りに行く姿を見て、この人ビョーキじゃないかなと」

    「色んなことに対して、愚痴が多いです、ホントに。直してほしいです。監督とか指導者とか、そういう人に注意されたりしたら、食事会場とかで、選手だけになるじゃないですか。そん時に『何なん?さっきの』」

    身もフタもない大迫のタレコミに、乾は顔を真っ赤にして「悪口!」「人のこと言い過ぎ!今のはヒドイ」と慌てていた。

    ディリースポーツ 7/20(金) 22:39配信
    2018-07-21_21h35_33
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000168-dal-socc
    続きを読む

    ee95eaa4391273474ffd0d8c6b3e5657_1531948681_1
    1:風吹けば名無し:2018/07/21(土) 19:44:31.44 ID:pKlCp8Dr0.net
    柴崎out山口in
    2:風吹けば名無し:2018/07/21(土) 19:44:52.54 ID:7GSeWjsh0.net
    ルカクの風貌
    3:風吹けば名無し:2018/07/21(土) 19:44:57.52 ID:FC9N3aSY0.net
    それか1点目やろな
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/07/21(土) 14:46:47.90 ID:CAP_USER9.net
    7/21(土) 14:01配信
    ネイマール、C・ロナウドを褒めちぎる「サッカーの伝説、天才」

    パリ・サンジェルマンに所属するネイマールが、ユヴェントスへ移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを褒めちぎった。イギリスメディア『スカイスポーツ』が19日に伝えている。

    バロンドールを5度受賞している世界最高の選手の一人、C・ロナウドは今夏9年間過ごしたレアル・マドリードを離れ、ユヴェントスに移籍することを決めた。ネイマールはイタリアへの挑戦を決断したC・ロナウドが、セリエAに大きな影響を与えることを確信している。

    「クリスティアーノ・ロナウドがイタリアのサッカーを変えるだろう。彼は素晴らしい選手だからね。僕が子供のころに見たイタリアのサッカーに戻るだろう」

    「彼はサッカーの伝説、天才だ」

    「彼の決断を僕はうれしく思う。簡単な決断ではなかったはずだからね。彼の幸運を祈っているよ。ただ、パリ・サンジェルマンとの試合では勘弁してほしいね」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00797040-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ