海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2018年07月

    04b2c4abde0890851e011d08e469c647

    1:風吹けば名無し:2018/07/29(日) 18:03:14.63 ID:dP2/ZgeN0NIKU.net
    誰が点取るんや
    3:風吹けば名無し:2018/07/29(日) 18:04:17.05 ID:gqbVgonk0NIKU.net
    アセンシオ使え
    10:風吹けば名無し:2018/07/29(日) 18:07:50.38 ID:EcpJgQoO0NIKU.net
    >>3
    使うけど、どう考えても穴埋め出来ん
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/29(日) 19:53:53.81 ID:CAP_USER9.net
    フランクフルトMF鎌田大地(21)が“戦力外”になったようだ。29日の独紙ビルトによると、南チロル州で行われる2回目の合宿のメンバーから外れたという。

    選手34人という大所帯のクラブだけに、出場チャンスがある選手だけを帯同。鎌田はステンデラ、ムボホム、フルゴタとともにメンバー外となった。同紙は「4人とも新しいクラブを探してもいい」と伝えている。

    7/29(日) 19:50配信
    2018-07-29_22h16_51
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00284105-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/29(日) 21:06:58.06 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表MF宇佐美貴史(26)=デュッセルドルフ=が29日放送のフジ「ジャンクSPORTS」に出演。日本代表がベスト16入りしたロシアW杯において、MF本田圭佑(32)の意外な姿を暴露した。

    孤高なイメージを誇る本田が一変したのは1次リーグ最終戦・ポーランド戦後のこと。この試合、日本は0-1でリードされていたが、決勝トーナメント進出の条件を考えて同点を狙わず、そのまま試合を終わらせることを選択。終盤、攻撃をせずに自陣でパス回しに終始し、他会場の結果頼みで16強進出を決めた。

    賛否を巻き起こした戦略での決勝トーナメント進出に試合後、ベースキャンプへ戻る航空機の中では「暗い雰囲気だった」と宇佐美は語る。その空気を察知したのが、本田とDF槙野(浦和)であり、機内でカラオケをいきなり始めたという。「槙野、カラオケやるから音楽かけろって言って。最初ゆずから始まり、RIP SLYMEの時はケイスケ君、もうこんな感じでした」とノリノリのヒップホッパーのジェスチャーを見せた。

    宇佐美は、その本田について「思考がすごい」と感心する。自身はアンチたちにいろいろと言われることが気になり、ある時「アンチについてどう思っているんですか」と尋ねたという。すると本田は「愛情しかない」と即答。「彼らが成長して人の悪口など言わなくなることを切に願っている」と続けたという。本心かどうかは別として、その思考には驚いた様子だった。

    7/29(日) 20:27配信
    2018-07-29_22h03_33
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00000129-dal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/29(日) 17:15:48.78 ID:CAP_USER9.net
    レスターの日本代表FW岡崎が改めて4年後のW杯カタール大会出場を目指すことを誓った。渡欧前の羽田で取材に応じ、「全てを出すつもりでロシアに向かったが、それができず悔しい思いをした。どんな厳しい状況でも自分はカタール大会を目指したい」と宣言。

    レスターとの契約が今季限りであることにも触れ、「他のリーグにチャレンジしたい。4大リーグの行ったことがない2つのリーグは興味がある」とスペイン、イタリアでの挑戦を見据えていることも明かした。

    7/29(日) 6:00配信
    2018-07-29_19h56_43
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00000024-spnannex-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/07/29(日) 09:34:50.77 ID:CAP_USER9.net
    7/29(日) 9:24配信
    張本勲氏、神戸に加入したイニエスタには関心無い!?「日本の選手を一生懸命みたい」

    野球評論家・張本勲氏(78)が29日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演し、J1神戸に新加入したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)に無関心を貫いた。

    番組では28日の明治安田生命J1リーグ第18節の柏戦でイニエスタが移籍後初めて先発出場し、82分間プレーしたゲームを紹介した。司会の関口宏(74)が「イニエスタがヴィッセルにいる。どうですか」などと聞かれた張本氏は「私、関心ないからね。日本の選手、一生懸命見たいからね。上手な選手でしょうけども」とそっけない反応だった。
    2018-07-29_18h04_45
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00000101-sph-ent
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/29(日) 15:55:51.64 ID:CAP_USER9.net
    J1の鹿島アントラーズは29日、ブラジルのサントスからMFセルジーニョを完全移籍で獲得することが決定したとして発表を行った。

    セルジーニョは1995年3月15日生まれの23歳。2014年にサントスでデビューし、ヴィトーリア、サント・アンドレを経てサントスへ復帰。今季は期限付き移籍でブラジル全国選手権1部のアメリカFCに所属していた。

    アメリカFC公式サイトによれば、セルジーニョは2018年の公式戦24試合に出場して7ゴールを記録。今季の全国選手権では開幕戦のスポルチ・レシフェ戦で2ゴール、アトレチコ・パラナエンセ戦でも2ゴールを記録していた。

    鹿島への合流は8月3日になると発表されている。Jリーグデビューは最短の場合で8月5日に行われるJ1第20節の清水エスパルス戦以降ということになる。

    7/29(日) 15:43配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180729-00283441-footballc-socc

    写真



    サントスFC(ブラジル)よりセルジーニョ選手が完全移籍で加入することが決定しましたのでお知らせいたします。

    ■登録名: セルジーニョ(Serginho)
    ■本 名: セルジオ アントニオ ソレール デ オリヴェイラ ジュニオール
    Sergio Antonio Soler de Oliveira Junior
    ■生まれ: 1995年3月15日
    ■国 籍: ブラジル
    ■ポジション: MF
    ■サイズ: 180センチ、82キロ

    ■経 歴: サントスFC(2014、ブラジル)-ECヴィトーリア(2016、ブラジル)-ECサント・アンドレ(2017、ブラジル)-サントスFC(2017、ブラジル)-アメリカFC(2018、ブラジル)

    ■その他
    ※同選手は期限付き移籍でアメリカFCに所属していたため、移籍元クラブはサントスFCとなります。
    ※同選手の来日は、8月3日(金)を予定しております。

    公式
    http://www.so-net.ne.jp/antlers/sp/news/release/66745
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/29(日) 15:04:18.45 ID:CAP_USER9.net
    リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、チャンピオンズリーグ決勝でモハメド・サラーを負傷させたレアル・マドリーDFセルヒオ・ラモスを痛烈に批判した。

    現在、プレシーズンのアメリカツアー真っ最中のリヴァプールだが、指揮官はCL決勝から2カ月以上がたった今も、レアルDFの行為に怒りが収まらないようだ。インターナショナル・チャンピオンズ・カップのマンチェスター・ユナイテッド戦に向けた前日会見で次のように語っている。

    「あなたがレアル・マドリーの人間でない限り、あれは冷酷で残忍なプレーだと思うはずだ」

    まずは審判に言及し、W杯のビッグゲームでの判定と比較しても「あの状況ではもっといい判定を下すべきだった」と不満を露わにした。

    「もしVARが導入されたら、あれは適応されるべきシーンだ。レッドカードを与えるためではなく、見直して『なんだこれは?なんて残忍なプレーだ』と言うためにね」

    そして、レアルDFの話になると怒りが爆発した。

    「あのような経験をもう一度するかは分からない。でも、GKに近寄ってエルボーを食らわせ、相手のエースを引き倒して試合に勝つ。それがあの試合のストーリーさ。あいつはレスラーなのかね」

    「ラモスは試合後、色々なことを言っていた。私が好きではないことをね。個人的には彼の反応は好きではない。彼はまるで『どうでもいい。彼らは何が欲しいんだ?あれは普通のことさ』とでも言いたげだったが、あれは普通のプレーではない!」

    「もしラモスのプレーに注目すれば、多くの状況にラモスが関わっているのが分かるはずだ。前年のユヴェントスとの試合でも彼はフアン・クアドラードへのプレーでレッドカードが与えられるべきだった。その後は誰もそれについては話していなかったがね」

    そして、スペイン代表DFの行為は武器を使用するに等しい行為と厳しく批判した。

    「まるで試合を勝つために武器を使用することを許可しているようなものだ。もしかしたら多くの人は私も同じようなタイプに思っているかもしれないが、私は違う」

    7/29(日) 12:06配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00000006-goal-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/29(日) 06:56:32.49 ID:CAP_USER9.net
    [J1リーグ18節]鳥栖0-0磐田/7月28日/ベストアメニティスタジアム
     
    今夏、サガン鳥栖に加入したスペイン人FWフェルナンド・トーレスは、18節のジュビロ磐田戦で、移籍後初先発。24分にダブルタッチとルーレットという高度なテクニックを見せつければ、55分には、惜しくもGKカミンスキーに止められたものの、ループシュートを披露し、大いに会場を沸かした。
     
    Jデビューしたベガルタ仙台戦に続き、磐田戦でもノーゴールに終わったが、徐々にコンディションが上がっているのは間違いない。
     
    「先週よりもトレーニングの時間がしっかりと取れた分だけ、自分のコンディションが上がってきていますし、足もとの感覚もすごく良いものになってきている。そして次は90分プレーする準備が整っています。」
     
    調子が上がっているとともに、日本サッカーへの理解も深めているところだろう。2試合を終えた今、この世界的ストライカーのJリーグへの印象を訊いた。
     
    「Jリーグのレベルは非常に高いなと感じています。その中でも試合が始まってすぐに非常に高いリズムで試合が進んでいく。終了間際にはスペースが生まれてオープンな展開になる。面白みは、そこにあるんだなと思っています。2試合、3試合と積んでいけば、日本のサッカーの特長、リズム感は掴んでいけると思いますし、次の試合が終わった時には、さらに日本のサッカーを理解できると思っています」
     
    Jリーグの面白みは、とりわけ終盤の攻防にあると言うF・トーレス。一方で、リズムの違う日本のサッカーにやや難しさも感じているようだ。
     
    これまでアトレティコ・マドリー、リバプール、チェルシー、ミランでキャリアを積み上げてきたものの、ヨーロッパ以外のリーグでプレーするのは初めて。いくら世界の第一線で活躍してきたとはいえ、順応に時間がかかるのは致し方ないのかもしれない。
     
    とはいえ、この2試合を比べても分かるように、少しずつ持ち味を発揮する場面は増えてきているし、手応えも感じているようだ。J初ゴールも近いだろう。“神の子”と呼ばれた世界的ストライカーのスーパープレーを期待せずにはいられない。
     
    7/29(日) 6:00 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180729-00044740-sdigestw-socc

    写真
    2018-07-29_14h33_12
    続きを読む

    GettyImages-952687490-800x533

    1:豆次郎 ★:2018/07/29(日) 09:42:41.68 ID:CAP_USER9.net
    7/29(日) 9:32配信

    ニューカッスルは、マインツから日本代表FW武藤嘉紀(26)を獲得することで合意したと発表した。すでにメディカルチェックを終えており、あとは英国での労働許可証の取得のみ。クラブは来週の後半に正式決定の発表ができる見通しであるという。英メディアによると移籍金は950万ポンド(約14億3000万円)だと報じた。


    武藤は15年からマインツに加入し、3シーズンのリーグ戦通算66試合20得点。ワールドカップ・ロシア大会では1試合の出場にとどまった。リバプールで欧州チャンピオンズリーグ(CL)制覇に導いた名将ベニテス監督の下、8月11日の開幕戦では昨季2位トットナムと対戦。第3節ではチェルシー、第4節マンチェスターC、第5節アーセナルと強豪クラブとの連戦が続く。

    ◆ニューカッスル・ユナイテッドFC 1892年創設。ニューカッスル・アポン・タインの本拠地「セント・ジェームズ・パーク」は、収容約5万2000人。1部リーグ時代(現プレミアリーグ)に優勝4度の古豪。1992-93年シーズンにプレミアリーグが新設して以降、優勝はないもののイングランドの名選手シアラーを擁して95-96年シーズンから2季連続2位など躍進。16-17年シーズンに2部降格も1年でプレミアリーグ復帰。昨季は10位で終えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00283598-nksports-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ