海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2018年09月

    1:Egg ★:2018/09/26(水) 11:50:28.15 ID:CAP_USER9.net
    ポルティモネンセの中島翔哉にセビージャも大きな関心を寄せているようだ。スペイン『エスタディオ・デポルティーボ』などが伝えた。

    先日、ポルトガル『レコード』が報じたところによると、シャフタール・ドネツク、フランクフルト、マジョルカが中島の獲得に興味。実際に、ポルティモネンセに拒否されたものの、ウクライナのシャフタールは1000万ユーロ(約13億円)のオファーを提示するなど獲得に乗り出した過去がある。

    しかし、中島の獲得を見据えるのは、スペインの強豪セビージャも同様だ。先日行われたギマランエスとの一戦にスカウトを派遣したことが分かった。この試合で同選手は今シーズン初ゴールを含む2ゴール、1アシストの活躍を見せ、3-2の勝利に貢献した。

    昨シーズン、33試合で10ゴールを記録するなど華々しい活躍を見せた中島の違約金は4000万ユーロ(約53億円)に再設定されており、ポルティモネンセは満額を支払うクラブが現れた場合のみに同選手の移籍を容認するとも考えられている。

    今夏に司令塔のガンソを放出し、ある程度の利益を得たとされるセビージャが中島の獲得に動く可能性は十分にありそうだ

    9/26(水) 11:40配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00000003-goal-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/26(水) 11:25:33.85 ID:CAP_USER9.net
    日本代表のバヒド・ハリルホジッチ元監督が日本協会の田嶋幸三会長と協会に慰謝料1円と新聞やホームページでの謝罪広告を求めた訴訟の弁論準備が25日、東京地裁で非公開で行われた。

    双方の代理人弁護士が出席。原告側から反論書面が提出された。次回は11月20日。

    9/26(水) 7:19配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00342500-nksports-socc

    写真

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/09/26(水) 10:10:17.42 ID:CAP_USER9.net
    9/26(水) 8:19配信
    ネイマール『The Best』で一票も得られず

    現在、ネイマールはプロキャリアにおいて最高の時を過ごしているとは言い難い。ロシアW杯でのネイマールのパフォーマンスは彼のイメージを大きく落とす結果となった。彼のプレーはゴールやドリブルよりも転倒やシュミレーションのシーンで記憶されている。


    彼は選手や監督達の間でもそのイメージを落としているようだ。その証拠にネイマールは今年の『The Best』の最終候補3人を決定するための投票で1票も獲得する事が出来なかった。

    この投票は各国代表チームの監督とキャプテン、ジャーナリストによって行われる。従って投票を行った選手、監督、ジャーナリストの中にはネイマールが今シーズンの世界ベスト3に入ると考えた者は誰もいなかったという事となる。

    とはいえ、それはW杯でのイメージだけが理由ではないだろう。その前にネイマールは2月に足首を負傷し、シーズンの残りを棒に振っていた。PSGのチャンピオンズリーグ敗退が決定したレアル・マドリー戦も欠場し、W杯出場も危ぶまれた程だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00010001-sportes-socc

    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/09/26(水) 10:25:53.52 ID:CAP_USER9.net
    2018-09-26_11h41_41

    [9.25 カラバオ杯3回戦 マンチェスター・U 2-2(PK7-8)ダービー・カウンティ]

    マンチェスター・ユナイテッドは25日、カラバオ杯(リーグ杯)3回戦でダービー・カウンティ(2部相当)と対戦し、2-2で突入したPK戦の末に7-8で敗れた。

    ユナイテッドは22日のウォルバーハンプトン戦(1-1)からMFジェシー・リンガードとFWロメル・ルカクを除く9人を変更。負傷明けのMFアンデル・エレーラとDFフィル・ジョーンズ、FWアントニー・マルシャル、新戦力のDFディオゴ・ダロットらを起用した。

    ジョゼ・モウリーニョ監督とチェルシー時代の教え子、フランク・ランパード監督が率いるダービーとの一戦。前半3分、マルシャルが左サイドを駆け上がり、PA左脇からグラウンダーのパスを送ると、ルカク、リンガードとつないでPA右からMFフアン・マタが左足を振り抜く。これがゴール左に決まり、ユナイテッドが早々に先制した。

    その後もユナイテッドペースで試合は進んだが、追加点を奪えないでいると、後半14分に同点を許してしまう。ゴールほぼ正面でFKを獲得したダービーは、キッカーのMFハリー・ウィルソンが左足を振り抜くと、ブレ球シュートがゴール左に突き刺さり、試合は振り出しに戻った。

    後半22分、ダービーのFWデビッド・ニュージェントが自陣から前線のウィルソンへロングパス。PA外に飛び出したGKセルヒオ・ロメロが手で止めてしまい、一発レッドカードにより退場となった。ユナイテッドは直後にマタを下げ、GKリー・グラントを入れた。

    すると、ダービーは後半40分、MFメイソン・マウントのシュートはGKグラントに止められたが、こぼれ球に詰めたFWジャック・マリオットがヘディングシュートを叩き込み、2-1と逆転に成功する。だが、ユナイテッドはアディショナルタイム5分、右サイドからダロットが上げたクロスをMFマルアン・フェライニがヘディングシュートを決め、土壇場で2-2と追いついた。

    試合はそのままタイムアップを迎え、勝敗の行方はPK戦に委ねられることに。先攻のダービーが8人まで全員が成功したのに対し、後攻ユナイテッドは8番手のジョーンズがゴール右下に蹴り込んだシュートをGKスコット・カーソンに止められ、勝負あり。PK8-7でランパード率いるダービーが勝利した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-02100644-gekisaka-socc

    【マンU 2-2 ダービー リーグ杯3回戦】
    【得点者】
    3分 1-0 マタ(ユナイテッド)
    60分 1-1 ウィルソン(ダービー)
    86分 1-2 マリオット(ダービー)
    90分+5分 2-2 フェライニ(ユナイテッド)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180926-00290726-footballc-socc
    続きを読む

    1:江戸領内小仏蘭西藩 ★:2018/09/26(水) 07:32:22.71 ID:CAP_USER9.net
    9/26(水) 6:55配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-02100014-gekisaka-socc



    「嫌な思い出しかない」本田が2人の世界最高DFを挙げる
    MF本田圭佑が世界最高のDFを名指し(Kaoru WATANABE/JMPA)

    メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑がオーストラリア『シドニー・モーニング・ヘラルド』で世界最高DFの名前を2人挙げている。

    これまで日本代表として通算98試合に出場し、37得点をマークしている本田。今夏のロシア・ワールドカップではグループリーグ初戦のコロンビア戦でアジア人初となる3大会連続アシストを記録すると、第2戦のセネガル戦では日本人初のW杯3大会連続ゴールを達成した。

    日本の誇るべきレフティーが挙げた世界最高のDFは、ブラジル代表のDFチアゴ・シウバ(パリSG)とDFダビド・ルイス(チェルシー)の2人だという。

    「チアゴ・シウバとダビド・ルイスは日本がブラジルと対戦した時に嫌な思い出しか持っていない。いつも僕たちは苦戦している。だから彼らが最高のDFだと思う」

    本田は過去にブラジルと3回対戦している。初対決は2012年10月16日の国際親善試合で、日本は0-4の敗戦。また、2013年6月15日に行われたコンフェデレーションズカップのグループリーグ初戦では0-3、2014年10月14日の国際親善試合も0-4と、全て大差で敗れている。

    チームとして1度もゴールを奪うことはできず、攻撃的なポジションを担ってきた本田は今も苦い記憶として残っているようだ。
    続きを読む

    Fussball.-Bild-Ball-Tor_image_1200-1024x683

    1:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/25(火) 20:31:03.637 ID:jKWXaRWD0.net
    教えて
    4:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/25(火) 20:32:16.871 ID:e5/WowRd0.net
    まず好きなクラブ作らないと楽しめないと思う
    11:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/25(火) 20:38:12.303 ID:jKWXaRWD0.net
    >>4
    アマプラでマンCのドキュメンタリー見てるからマンCかな
    続きを読む

    ダウンロード

    1:Egg ★:2018/09/26(水) 06:24:24.89 ID:CAP_USER9.net
    J1神戸は25日、クラブの公式ホームページでDF高橋峻希(28)が浦和戦(23日)のメンバー発表前に部外者へ出場予定メンバー情報を漏洩していたとの報道を受け、調査を進めることを決定したと発表した。調査結果などについては改めて報告するとしている。

    浦和ユース時代の同級生が浦和戦前に自身のツイッターで高橋からの情報としてMFイニエスタの欠場を発信し、拡散されていた。

    Jリーグの村井チェアマンは理事会後の会見で「現状では神戸に事実確認を依頼したところで待っている状況」とした上で「一般論として規約に抵触しかねない」との認識を示した。

    9/26(水) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00000010-dal-socc
    続きを読む

    ダウンロード

    1:Egg ★:2018/09/26(水) 06:00:36.98 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグが来季から外国人枠を拡大し「5人制」を導入する見通しであることが25日、分かった。複数の関係者が明かした。リーグ全体の競争力や魅力をアップさせることが目的。現状、外国人選手の試合エントリーは3人(AFC加盟選手は1人追加可、Jリーグ提携国籍は除く)までが可能だが、2枠の拡大となる。今季はイニエスタ(神戸)、F・トーレス(鳥栖)の加入で盛り上がるJリーグだが、さらに活性化されそうだ。

    Jリーグはこの日、都内で理事会も開催。リーグ強化の両輪として外国人枠の拡大、地元選手の登録を義務化する「ホームグロウン制度」が議論された。外国人枠5人制の19年からの導入については、10月の同理事会で正式決定される見通しだ。

    2018年09月26日 05:30スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/09/26/kiji/20180925s00002179283000c.html

    来季から外国人枠「3」から「5」に拡大へ Jリーグ理事会でチェアマン意欲
    https://www.sanspo.com/soccer/news/20180926/jle18092605000002-n1.html
    続きを読む

    ダウンロード

    1:ほニーテール ★:2018/09/25(火) 23:59:52.96 ID:CAP_USER9.net
    (前略)

    イングランドなどヨーロッパ各国と比較して、発展途上にある日本のサッカーにとって代表の強化はより重要な意味を持つ。「ヨーロッパでは代表よりクラブ」とよく言われるが、それが代表強化のために多少の障害になったとしても、クラブのレベルアップ(チャンピオンズリーグ出場)が優先されるかもしれない。

    だが、日本では、社会にサッカー文化を定着させるまでの間、当分は代表の強化が重要な意味を持つ。とすれば、やはり若手選手の出場機会を確保するための何らかの制限は維持すべきなのではないか。 「出場機会は少なくなっても、Jリーグのレベルが上がれば日本人選手の能力アップにつながる」という意見もある。

    その一方で、今のJリーグで外国籍選手枠を撤廃したとして、どの程度、リーグ戦のレベルアップが図れるのだろうか?プレミアリーグのクラブなら、世界最高の資金力を誇るから、優秀な選手を自由に獲得することができる。その結果、世界選抜的な補強が可能となり、プレミアリーグは世界最高峰のリーグとなった。

    だが、それほど資金力がないJリーグでは、世界最高レベルの選手と契約するのは難しい。この夏、アンドレス・イニエスタがヴィッセル神戸に加入して、大きな注目を浴びた。だが、それは三木谷浩史という巨万の富を持つオーナーがいたから実現したことであって、Jリーグの各クラブがイニエスタ・クラスの選手を獲得できるわけではない。ブラジル人選手にしても、今の状況で日本のクラブが代表クラスのブラジル人選手と契約することはかなり難しい。


    もし外国人枠がなくなったとして、いちばん手っ取り早い強化方法は無名のブラジル人(アルゼンチン人でもいいが)を数多く加入させることだろう。「シャフタール・ドネツク方式」とでも言おうか。

    シャフタールの場合、ブラジル人の攻撃力を活用することによってチャンピオンズリーグの常連となり、そこで育てた選手(ウィリアンとか、フェルナンジーニョとか……)を西側のビッグクラブに移籍させて経営的にも潤った。

    日本でも、かつてのフッキのようにJリーグ経験者が、ブラジル代表のエースに駆け上った例もあるから、そういう強化法も可能だし、「費用対効果」を考えれば、イニエスタ・クラスを1人獲得するよりも、ずっと効果的だろう(神戸は苦戦中)。

    ブラジル人主体、アルゼンチン人主体のそんなチームも見てみたいきもするが、それでJリーグのレベルが格段に上がるとは思えない。

    1990年代のJリーグではブラジル代表クラスだけでなく、ギド・ブッフバルトやドラガン・ストイコビッチなどワールドクラスが何人もプレーしており、同時に日本人選手のレベルもまだ低かった。だから、外国籍選手の加盟は日本のレベルアップにつながった。

    だが、今のJリーグの現状を考えれば、外国人枠を撤廃することだけで、急にリーグのレベルが格段に上がるとは思えない。つまり、外国籍選手枠撤廃によって生じる「若手の出場機会の減少」というデメリットを埋め合わせるほとの効果は期待できないのではないか。

    Jリーグでは、やはり当分の間は外国籍選手の人数は制限していくべきだろいうと、僕は思う。

    https://www.jsports.co.jp/press/article/N2018092515400902_3.html
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ