海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2018年09月

    1:Egg ★:2018/09/30(日) 09:38:57.33 ID:CAP_USER9.net
    無人となったゴールへ、ゆっくりとボールが吸い込まれていく。勝負の大勢が決する光景を、森保一監督(50)に率いられる新生日本代表に選出されたことで注目を集めたベガルタ仙台の守護神、シュミット・ダニエルはひざまずいた体勢で見届けるしかなかった。

    「踏ん張らなければいけない状況で、3点差にされるミスを自分が犯したことが痛かった」

    試合後の取材エリア。取り囲むメディアより頭がふたつ近くも抜きん出た、身長197cmのシュミットが悔恨の表情を浮かべた。敵地で横浜F・マリノスと対峙した、9月29日のJ1第28節。2点ビハインドで迎えた後半32分に、まさかのミスが飛び出した。

    自陣に入ったところでこぼれ球に対応したDF大岩一貫が、シュミットへのバックパスを選択する。怒涛のスプリントで重圧をかけ、ボールを下げさせたFWウーゴ・ヴィエイラがそのまま大岩を追い越し、シュミットとの間合いをどんどん詰めていく。

    セオリーは左タッチライン際へ開いた大岩へ返すか、あるいは自陣の中央でフリーだったDF平岡康裕へのパスとなる。しかし、左右両足で遜色なくキックを操るなど、足元の技術に絶対の自信をもつシュミットの選択は違った。

    眼前に迫ってきたヴィエイラの頭越しに浮かせ、前方へフィードさせようとしたボールを標的の顔面に当ててしまった。ペナルティーエリアの外で弾んだこぼれ球の争奪戦でもヴィエイラの後塵を拝した直後に、冒頭で記した無情の光景が待っていた。

    「余裕をもちすぎたというか、ちょっと(ボールを)こねてしまったところを読まれてしまった。普通は読んで来ないので、いい勉強になったと思っています」

    スピードをさらに加速させながら、思考回路をもフル回転させたヴィエイラには9分後にも豪快なミドル弾を決められた。J1リーグ戦では自己ワーストとなる5失点。それでもシュミットは「いつも通り1週間準備して、冷静に次の試合を迎えられれば」と努めて前を向いた。

    つづく

    9/30(日) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00000001-wordleafs-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/30(日) 01:39:57.39 ID:CAP_USER9.net
    [J1リーグ28節]札幌 2-1 鳥栖/9月29日/札幌ド
     
    微妙な判定だった。
     
    1-1で迎えた90+4分、鳥栖のゴール前に侵入しようとする都倉賢を、後方から高橋祐治が倒してしまう。明らかなファウルではあった。問題はその場所。ペナルティエリアの中か外か。主審のジャッジは“PK”だった。
     
    鳥栖の小野裕二は、判定そのものに対してよりも、そこまで攻め込ませてしまったチームとしての戦いをまず反省する。ただ、件のシーンを映像で見返すと、「足がかかっているのは外だった」と無念さを滲ませた。
     
    今さら審判のジャッジを批判するつもりはまったくない。小野は納得できる正しいジャッジを求めているだけだ。それが勝敗に影響するような重要なシーンであれば、なおさらだ。
     
    「試合を左右するところで、海外でもやっていますけど、ビデオ判定は必要なのかなと思います。ああいう時間帯で、あれ(PK)で勝敗が決まってしまうから。そういう(ビデオ判定)対象になると思う」
     
    札幌戦で小野は試合を振り出しに戻す貴重な同点弾を挙げている。ゴールが決まると、すぐにボールを拾ってセンターサークルに戻る姿からは、勝点3への強い欲求が感じられた。
     
    だが、終了間際のPKを決められて1-2の敗戦。試合後の小野の表情は終始、悔しさに満ちていた。「遠くまで応援しに来てくれたサポーターの人たちに申し訳なかった」と語る一方で、「次はホームでしっかりと勝って、良い試合を見せられるように頑張りたい」と前を向いた。

    9/29(土) 20:23 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180929-00047948-sdigestw-socc

    写真



    動画

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/30(日) 06:08:24.50 ID:CAP_USER9.net
    自身の得点機はことごとく逸したが…

    9月29日、セリエA第7節が行なわれ、ユベントスは3-1でナポリを下した。
     
    勝点3差で迎えた首位攻防戦。試合は、ここまで全勝を維持しているユベントスのホームに乗り込んだ2位ナポリが、最初に主導権を握る。
     
    テンポ良くパスを繋ぐアウェーチームは、開始5分でジエリンスキが右ポストを叩くシュートでユベントスDF陣に冷や汗をかかせると、10分、ボヌッチのパスをカットしたアランからスルーパスを受けたカジェホンが、ゴール前でファーサイドに折り返し、これをフリーのメルテンスが押し込んで先制ゴールを挙げた。
     
    リードされたユベントスだったが、流れをC・ロナウドが変える。9分にピャニッチのパスを受け、エリア外からファーストシュートを放った背番号7は、14分にも浮き球をコントロールしながら2本目の惜しいミドル。ここから、ホームチームが攻勢に立った。
     
    ボールポゼッションを上げ、敵陣深くでボールを回せるようになったユベントスは26分、C・ロナウドが左サイドでヒサイをフェイントでかわしてクロス。これをマンジュキッチが跳躍しながら頭で合わせ、試合を振り出しに戻した。
     
    勢いに乗ったユベントスはさらに29分、C・ロナウドが倒されて得たエリア左角のFKを彼自身が蹴り、GKオスピナにゴールライン上でセーブされるも、こぼれ球を拾ってキエッリーニらが好機を得る。その直後にも、CKからジャンが惜しいシュートを放った。
     
    高い位置でナポリにプレッシャーをかけ、相手ゴールに近い位置でボールを奪取するユベントスは分厚い攻撃を次々に仕掛け、カンセロ、ディバラがフィニッシュに持ち込んでいく。
     
    一方、劣勢となったナポリは43分、久々にチャンスを作り、左SBのM・ルイがカットインからシュートを放つが、枠をわずかに外れてこれを活かせなかった。
     
    後半、ファーストチャンスをモノにしたのはユベントスだった。49分、エリア左外でディバラからボールを受けたC・ロナウドがすかさずゴール左隅へシュート。オスピナは何とか触れるも、ボールはポストにはね返ってファーサイドに飛び、これを走り込んだマンジュキッチがダイレクトで詰めて逆転に成功した。
     
    ここからナポリは反撃に転じ、幾度も相手ゴール近くまでボールを運び、ピンチに結びつきそうな場面も作ったが、59分にM・ルイがディバラの足を踏みつけて2度目の警告を受けてしまい、追い風ムードに水を差してしまう。
     
    ユベントスがややペースを落としたことで、その後も数的不利のナポリは敵陣で長くプレーを続けるが、要所は抑えられ続ける。72分、カジェホンがスルーパスを受けてようやく決定機を迎えるも、切り返してのシュートはGKシュチェスニーの好守に遭ってゴールネットを揺らせない。
     
    76分、ユベントスは久々の攻撃で、左サイドのC・ロナウドが中央へ。これを受けたピャニッチのシュートは相手DFに当たるも、これで得たCKをC・ロナウドが頭で軌道を変えて後方に流すと、ボヌッチがスライディングで詰めて3点目のゴールを挙げた。
     
    全ゴールに絡んだC・ロナウドは直後、自身に得点機が訪れるもオスピナに防がれ、83分にもマンジュキッチのスルーパスで完全に抜け出してシュートしたが、ボールが突き刺さったのはサイドネットの外側。アディショナルタイムのベルナルデスキのクロスを受けてのヘッドも、枠を捉えられなかった。
     
     ユベントスは先制されるも、終わってみれば王者の貫禄を見せ、スクデット争いの最大のライバルになるであろう相手に快勝を収めて、開幕から続く連勝を7に伸ばした。

    9/30(日) 3:17 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00047964-sdigestw-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/30(日) 01:15:57.46 ID:CAP_USER9.net
    ◆ドイツ1部・第6節 シュトゥットガルト2―1ブレーメン(29日)

    日本代表FW大迫勇也のブレーメンは29日、敵地でシュトゥットガルトと対戦し、1―2で敗れた。大迫は2トップの右で先発出場。開始直後から積極的なプレーを見せ、前半9分には左クロスに合わせるも相手GKの好セーブに阻まれた。その後もゴールに迫るプレーを見せたが得点はなく、後半35分で途中交代した。

    3連勝を目指すブレーメンは0―1の前半36分、DFベリコビッチがこの日2枚目のイエローカードで退場。数的不利に立たされた。だが、1点を追う後半23分、シュトゥットガルトの選手が味方陣内からのスローインでGKに向けて投げ入れたところ、少し前目に位置していたGKの反応が一瞬遅れた。

    GKは自分の横をすり抜けてゴールに向かっていくボールに、あわてて足を伸ばして触れたが、止められずそのままゴールへ。衝撃のオウンゴールに、スタンドは騒然。シュトゥットガルトの選手は天を仰ぎ、主審も思わず首をかしげて複雑な表情をしていた。

    このゴールで一時同点となったブレーメンだが、7分後に勝ち越し点を奪われ、1―2で今季初黒星を喫した。

    9/30(日) 1:07配信 スポーツ報知
    2018-09-30_08h42_26
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00000041-sph-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/30(日) 01:30:17.43 ID:CAP_USER9.net
    長崎県出身の川口さんが地元の川崎戦に登場 キックインセレモニーでスタンドから声援

    29日にV・ファーレン長崎の本拠地トランスコスモススタジアムで第28節川崎フロンターレ戦が行われ、長崎県出身の女優・川口春奈さんが来場してファンを沸かせた。Jリーグ公式ツイッターが動画を公開し、「ピンクのユニフォーム姿もバッチリお似合い」と伝えている。

    【動画】「バッチリお似合い」と称賛! 女優の川口春奈、“ピンクユニフォーム姿”でJリーグ来場


    ジャパネットホールディングスは2017年4月から長崎の運営に携わり、現在ジャパネットの広告キャラクターを川口さんが務めているなか、29日の川崎戦で地元に凱旋。Jリーグ公式ツイッターも動画を投稿し、「長崎出身の女優 #川口春奈 さんがトランコスモススタジアム長崎へご来場」とピッチに登場した様子を伝えた。

    川口さんは胸部分に「V・VAREN」と記された白とピンクのユニフォームに身を包み、キックインセレモニーを実施。スタンドから拍手が送られると、手を振って声援に応えた。Jリーグ公式も「ピンクのユニフォーム姿もバッチリお似合い」と称賛している。

    試合は前半35分にFW知念慶、同41分にFW小林悠に決められて2点ビハインドを負った長崎。劣勢のなかで後半アディショナルタイムに途中出場のFWファンマが1点を返して意地を見せたが、1-2と惜敗した。

    9/29(土) 22:01配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180929-00138290-soccermzw-socc

    写真
    no title
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/09/30(日) 05:17:58.60 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ第6節が29日に行われ、MF香川真司が所属するドルトムントはアウェイでレヴァークーゼンに4-2で2連勝を飾った。香川は公式戦4試合ぶりにベンチ外だった。

    ドルトムントは、前半の内にミッチェル・ヴァイザー(9分)とヨナタン・ター(39分)の得点でレヴァークーゼンに2点先行を許す。だが、後半に入って65分にヤコブ・ブルーン・ラーセン、69分にマルコ・ロイスが決めて同点に追いつくと、パコ・アルカセルが86分に逆転ゴール、後半アディショナルタイム4分にダメ押しゴールを挙げ、逆転勝利を収めた。ドルトムントは2連勝で4勝2分とし、首位に浮上。レヴァークーゼンは3試合ぶりの黒星で、2勝4敗となった。

    次節、ドルトムントは10月6日にホームでアウクスブルクと、レヴァークーゼンは7日にアウェイでフライブルクと対戦する。

    【スコア】
    レヴァークーゼン 2-4 ドルトムント

    【得点者】
    レヴァークーゼン:ヴァイザー(9分)、ター(39分)
    ドルトムント:ラーセン(65分)、ロイス(69分)、P・アルカセル(86分、90+4分)

    【スターティングメンバー】
    レヴァークーゼン(4-2-3-1)
    フラデツキー;ヴァイザー(70分 イェドヴァイ)、ター、S・ベンダー、ウェンデル;コール、L・ベンダー;フォラント、ハフェルツ、ブラント(79分 パウリーニョ);アラリオ(70分 ベイリー)

    ドルトムント(4-2-3-1)
    ビュルキ;ハキミ、アカンジ、ザガドゥ、ディアロ;ヴィツェル、デラネイ(46分 ダフード);プリシッチ(68分 サンチョ)、ロイス、ラーセン;フィリップ(63分 P・アルカセル)

    SOCCER KING
    2018-09-30_08h26_43
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00840065-soccerk-socc
    9/30(日) 3:23配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2018/ger/ger-11157738.html
    試合スコア
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/09/29(土) 23:42:45.85 ID:CAP_USER9.net
    ジョゼ・モウリーニョのマンチェスター・ユナイテッドの監督解任とジヌディーヌ・ジダンがその後任に就くという噂は止んでいない。

    マンUがモウリーニョを解任するために支払わなければならない金額

    チームの成績不振、ポール・ポグバなど選手達との不仲、カラバオカップ(リーグカップ戦)でダービー・カウンティ(イングランド2部)を相手に敗退など、その理由は1つではない。

    今週土曜日、『The Sun』はジヌディーヌ・ジダンのロンドン訪問と時を同じくして、彼がマンチェスター・ユナイテッドといつでも契約を結べるよう準備するために英語を勉強していると報じた。

    ベルナベウを離れる時、1年間の休暇を取る事を発表したジダンは数ヶ月前からレッド・デビルズの次期指揮官候補と見られている。

    同紙によると、彼はマンチェスター・ユナイテッドでの指揮に備えるために既に複数のオファーに断りを入れているという。

    ユナイテッドは彼の指導法、特にレアル・マドリーのような、まとめるのが非常に困難なチームをコントロールする能力を高く評価している。

    実際、レッドデビルズのロッカールームはモウリーニョとポール ・ポグバ間の対立によって一触即発状態にあり、クラブの幹部達はその状態を不安視している。

    さらにモウリーニョは彼のチェルシー時代の元愛弟子で、監督としては新米のフランク・ランパード率いるダービー相手にカラバオカップ敗退を喫した際、フィル・ジョーンズやエリック・バイリーなどの選手達に対して批判と取れるコメントを残した。

    (文:SPORT)
    2018-09-30_00h20_23
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00010015-sportes-socc
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/09/29(土) 23:34:52.85 ID:CAP_USER9.net
    敵地で力なく1-3で敗戦 開幕7試合で3勝1分3敗で13-14シーズンに並ぶスロースタート
    マンチェスター・ユナイテッドは現地時間29日のプレミアリーグ第7節でウェストハムに1-3で敗戦。この結果、開幕7試合で獲得した勝ち点は10で、デイビッド・モイーズ元監督体制の2013-14シーズンに並ぶクラブのプレミアワーストタイ記録となった。

    【動画】「別々にするべき」「ひどいチーム」とファンから非難殺到 表面化するマンUモウリーニョ監督とポグバの確執

    プレミアでのスロースタートや、ジョゼ・モウリーニョ監督とフランス代表MFポール・ポグバの執などネガティブな話題の多いユナイテッド。敵地でのウェストハム戦もチームはちぐはぐさを露呈した。

    開始5分にブラジル代表MFフェリペ・アンデルソンにゴールを許すと、同43分にはウクライナ代表FWアンドリー・ヤルモレンコのシュートがスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフに当たり、オウンゴールという形で2失点目を喫した。

    イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードのゴールで一時点差を縮めたものの、すぐにオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチに決められて万事休す。今季3度目の3失点であえなく敗れた。

    これでユナイテッドは3勝1分3敗で勝ち点10。英サッカー情報サイト「Squawka」公式ツイッターによれば、開幕7試合時点での成績としては2013-14シーズン以来となるクラブのプレミアワーストスタートだという。1年持たずに解任されたモイーズ元監督時代と並ぶ苦しいスタートとなった。

    Football ZONE web編集部
    2018-09-30_00h13_29
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180929-00138297-soccermzw-socc
    続きを読む

    ダウンロード

    1:Egg ★:2018/09/29(土) 20:58:40.04 ID:CAP_USER9.net
    ◇明治安田生命J1リーグ第28節 FC東京0―2清水(2018年9月29日 味スタ)

    3位FC東京はホームで清水に0―2で敗れ、一気に暫定5位まで転落。来季のACL出場圏からはじき出された。10月1日にクラブ創設20周年記念を迎えるため歴代のOBらも集結した節目の一戦だったが、後半20分にGK林のセーブのこぼれ球をねじ込まれ、同36分にはDF張賢秀(チャンヒョンス)が与えたPKを決められた。8戦勝ちなしの底なし沼にはまり、長谷川監督は「本当に見に来た方に申し訳なかった。もっと気持ちを出して試合をしてほしかった。歯車が最後までかみ合わなかった。こんな試合をしていたらどこにも勝てない」と厳しい口調で語った。

    この試合も相手を崩しきれないまま無得点。厳しい状況を打開するために指揮官は「一人、元気な選手が出てくるかどうか。2点取られても意地で1点取るとか、ゴール前に頭から突っ込むとか。誰かが見せないとチームはシュンとしてしまう。生きのいい選手を探さないといけない。若手だけでなく、ベテランでも気持ちが入っていれば生きがいい選手になる。これをチャンスだと思って、戦える選手が出てきてほしい」とチーム内からの“救世主”出現を求めた。

    9/29(土) 20:46配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000159-spnannex-socc
    続きを読む

    1:アルテミス@ ★:2018/09/29(土) 20:24:20.16 ID:CAP_USER9.net
    元日本代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(66)が、フランス1部ナントの監督に就任する可能性が高くなった。

    複数の地元メディアが報道。主要スポーツ紙レキップによると、6月に就任したばかりのミゲル・カルドソ監督(46)は29日のリヨン戦を最後に成績不振のため解任される見通し。後任としてハリルホジッチ氏が就任することが決定的で、早ければ週明けの10月1日に正式発表されるという。

    ハリルホジッチ氏は現役時代の1981~86にナントでプレーし、2度リーグ得点王に輝くなど活躍。今季開幕7試合で勝ち点5の19位に低迷する古巣を立て直せるか、注目を集めることになりそうだ。
    2018-09-29_21h35_02
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000154-spnannex-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ