海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2018年09月

    1:Egg ★:2018/09/29(土) 21:01:29.17 ID:CAP_USER9.net
    川崎フロンターレは29日のJ1リーグ第28節で、リーグ最下位に沈むV・ファーレン長崎を2-1で破った。FW知念慶とFW小林悠の2トップ揃い踏みで勝ち点を56に伸ばし、得失点差でサンフレッチェ広島を上回って約6カ月ぶりの首位に立った。

    【動画】15試合ぶりのスタメン起用に応える一撃! 川崎FW知念慶の貴重な先制弾

    前節の湘南戦でスコアレスドローに終わった川崎は、2年目の知念を15試合ぶりにスタメン起用して小林と2トップを形成。前半14分にMF中村憲剛のミドルシュートを合図に一気に攻撃のギアを上げる。前半32分、ペナルティーエリア右からのDFエウシーニョの折り返しに小林が合わせたスライディングシュートは右ポストに嫌われたが、直後のCKで小林が逸らしたボールをゴール前でフリーの知念が押し込んで先制点を奪った。

    さらに、前半41分には中村のスルーパスに左サイドを抜け出したMF登里享平がマイナスの折り返しを供給。これに反応したMF家長昭博の左足ミドルは相手GKにセーブされたが、ゴール前の小林が抜け目なく押し込んで追加点を挙げた。

    追加点を狙った後半は長崎に攻め込まれる時間も多くなり、後半アディショナルタイムにFWファンマにゴールを許したが、2-1と2試合ぶりの勝利を飾った。

    川崎は第14節終了時点で広島に最大勝ち点13差をつけられていたが、ライバルがリーグ戦3試合連続白星なしの間に一気に追いつき、得失点差で上回って3月18日の第4節以来となる首位に立った。昨季に続くJ1連覇に向けて、一歩前進したと言っていいだろう。

    9/29(土) 20:54配信 フットボールZONE
    2018-09-29_21h28_40
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180929-00138269-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/09/29(土) 19:48:49.01 ID:CAP_USER9.net
    ポルティモネンセの日本代表MF中島翔哉は、現地時間10月1日に敵地でリーグ第6節アベス戦を迎える。2試合連続ゴールが期待されるなか、前節ギマラエス戦(3-2)で決めた華麗な“シャペウ弾”がポルトガルメディアの「第5節ベストゴール」に選出された。

    森保一監督が就任した新生日本代表で10番を背負った中島は、ギマラエス戦の立ち上がりから躍動した。前半5分、背後からのロングボールに反応すると、右足でピタリと正確なトラップを披露。巧みに足下に収めてキープし、相手DFに囲まれながらも左足でシュートを放ち、ネットを揺らした。

    1-1で迎えた後半24分には、左サイドからパウリーニョへパスを通し、勝ち越しゴールをお膳立てした中島。2-2に追いつかれて迎えた同41分には相手DFのクリアミスを拾って独走し、GKとの1対1の場面でシャペウ(ポルトガルで帽子の意。浮き球で相手の頭上を抜くプレー)を見せ、勝ち越しゴールを決めた。ポルトガル紙「レコルド」は、「ナカジマのゴールはまるでメッシ」と動画付きで取り上げ、「メッシのようなシャペウを含め、2度ネットを揺らした」と、その活躍を伝えていた。

    ポルトガルメディア「zerozero.pt」は「日本人がシャペウを発射」と見出しを打ち、「“我々のプスカシュ賞”投票でショウヤ・ナカジマが頂点に立った」と第5節ベストゴールに選出したことを伝えている。

    「ナンバー10の輝きは、ポルティモネンセが今季初の勝ち点3獲得に決定的な役割を果たした。ファンタスティックゴール」

    ポルトガル1年目は10得点12アシストをマークして鮮烈なインパクトを残した中島。そのテクニックは海外でも十分に通用することを証明している。

    Football ZONE web編集部

    ゴール動画

    2018-09-29_20h45_41
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180929-00138244-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/09/29(土) 19:00:06.68 ID:CAP_USER9.net
    FC東京 0-2 清水
    [得点者]
    65'北川 航也(清水)
    81'ドウグラス(清水)PK

    スタジアム:味の素スタジアム
    入場者数:33,789人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/092912/livetxt/#live

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/
    23:久太郎 ★:2018/09/29(土) 19:06:42.25 ID:CAP_USER9.net
    >>1
    北川2戦連発!清水混戦残留争いで大きな一勝!FC東京は急降下…8戦未勝利でACL圏外に

    [9.29 J1第28節 FC東京0-2清水 味スタ]

    清水エスパルスが敵地でFC東京に2-0で勝利した。清水は2戦ぶりの勝利で勝ち点37とした。対するFC東京は8戦未勝利(3分5敗)。3位だったFC東京だが、ACL出場圏外となる、暫定で5位まで後退した。

    FC東京は前節、首位の広島と引き分け、勝ち点差を詰めることが出来なかった。3位ながら7戦勝ちなし中であり、復調のきっかけを早くつかみたいところ。先発には前節出場停止だったDF室屋成が復帰した。

    清水は勝ち点34の10位。ただ大混戦の残留争いにあって、降格圏まで勝ち点4差と予断を許さない状況。早めに抜け出すためにも、勝ち点3が欲しい一戦だ。連敗を避けるべく臨む一戦に、DFファン・ソッコが3試合ぶりに先発起用された。

    FC東京がボールを持ちながら試合を進めた。しかし雨粒の小さい冷たい雨が降る中で行われた一戦。思うように決定機を生み出せない。前半22分には左サイドからDF太田宏介が上げたクロスに、MF東慶悟が打点の高いヘッドで合わせるが、シュートはわずかに右に外れた。

    前半なかなかチャンスを作れなかった清水は後半2分、FW北川航也のシュートが相手DFに当たってこぼれたボールをMF金子翔太が拾うと、パスを受けたDF立田悠悟がクロス。FWドウグラスがヘディングで飛び込むが、GK林彰洋にライン上で止められた。

    しかし後半20分、ついに試合が動く。清水はカウンターからMF白崎凌兵が左サイドを走り込むドウグラスにスルーパス。ドウグラスはエリア手前から素早く左足でゴールを狙う。これは林に止められたが、跳ね返りに詰めていた北川がヘディングで押し込み、先制点を決めた。北川は2戦連発となる今季9点目。

    FC東京は後半15分からFWリンスを下げてMF米本拓司を投入。システム変更していたが、裏目に出た形だ。同26分からはMF田邉草民に代えてFW永井謙佑を投入。2トップに戻して同点弾を目指す。しかし同33分、永井が右サイドで追いつき、マイナスに戻したボールをMF高萩洋次郎が強烈シュートで狙うが、GK六反勇治のビッグセーブに阻まれる。

    すると後半35分、清水に決定的な2点目が入る。エリア内に入ったドウグラスがDFチャン・ヒョンスと交錯。西村雄一主審はPKスポットを指す。このPKをドウグラスがゴール上部に蹴り込み、3試合ぶりの得点を決めた。

    清水は2戦ぶりの勝利。ここ6戦は勝ちと負けが交互となる、“オセロゲーム”のような勝敗が続いている。対するFC東京は8月10日にG大阪に敗れてからの未勝利が8戦に伸びてしまった。
    2018-09-29_20h36_53
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-02201225-gekisaka-socc
    続きを読む

    ダウンロード
    1:久太郎 ★:2018/09/29(土) 18:06:30.85 ID:CAP_USER9.net
    G大阪 1-0 広島
    [得点者]
    84'ファン ウィジョ(G大阪)
    スタジアム:パナソニック スタジアム 吹田
    入場者数:34,660人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/092910/live/#live


    神戸 0-5 鹿島
    [得点者]
    30'レオ シルバ(鹿島)
    40'西 大伍  (鹿島)
    56'鈴木 優磨 (鹿島)
    75'セルジーニョ(鹿島)
    90+1'金森 健志(鹿島)
    スタジアム:ノエビアスタジアム神戸
    入場者数:23,774人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/092911/live/#live



    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/09/29(土) 15:56:42.24 ID:CAP_USER9.net
    横浜FM 5-2 仙台
    [得点者]
    21'山中 亮輔    (横浜FM)
    23'オウンゴール   (仙台)
    37'仲川輝人     (横浜FM)
    51'仲川輝人     (横浜FM)
    77'ウーゴ ヴィエイラ(横浜FM)
    86'ウーゴ ヴィエイラ(横浜FM)
    90+1'ジャーメイン 良(仙台)PK
    スタジアム:ニッパツ三ツ沢球技場
    入場者数:8,688人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/092909/live/#live

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/
    4:久太郎 ★:2018/09/29(土) 15:58:42.60 ID:CAP_USER9.net
    >>1
    仙台相手に2戦合計13点!! またも大量点の横浜FM、残留争いを一歩リード
    [9.29 J1第28節 横浜FM5-2仙台 ニッパツ]

    J1リーグは29日、第28節を各地で行い、横浜F・マリノスとベガルタ仙台が対戦した。前回対戦では横浜FMが8-2という大差で勝利した因縁のカード。今回も5-2の大量点で白星をおさめ、J1残留に向けて大きな勝ち点3を獲得した。

    ホームの横浜FMは前節の磐田戦(○2-1)から2人を変更。出場停止のDFデュシャン、負傷中のFW伊藤翔がメンバーを外れ、DF畠中槙之輔とFWウーゴ・ヴィエイラが入った。対する仙台は前節長崎戦(●0-1)と同じ11人で臨んだ。

    立ち上がりから相手を押し込んだ横浜FMが前半21分、スコアを動かした。右からのクロスを仙台MF奥埜博亮がクリアを誤り、セカンドボールを拾ったMF天野純がバックパス。これに反応したDF山中亮輔がダイレクトで左足を振り抜き、豪快なミドルシュートを叩き込んだ。

    ところが前半23分、仙台は左サイドのカウンターからFW阿部拓馬が持ち上がり、奥埜のトラップは山中にクリアされたが、PA左で拾ったFW野津田岳人が鋭いクロスを供給。これがDFチアゴ・マルチンスの足に当たってゴールに吸い込まれ、オウンゴールで同点となった。

    それでも横浜FMは序盤から再三良い突破を見せていたFW仲川輝人が得意のドリブルで魅せた。ハーフライン右寄りでボールを受けると、阿部とMF富田晋伍のプレスをかわして前へ進むと、DF大岩一貴の股を抜いてゴール前に突破。最後はGKシュミット・ダニエルとの1対1を制し、勝ち越しに成功した。

    1点リードでハーフタイムを迎えた横浜FMは後半6分、天野とのワンツーで左サイドを突破した山中がクロスを送り、ファーサイドの仲川がヘディングシュート。右ポスト脇に吸い込まれて5月19日の第15節長崎戦(○5-2)以来となる1試合2得点が決まり、リードは2点に広がった。

    さらに攻勢を続ける横浜FMは後半17分、山中のスローインからMF遠藤渓太が縦に突破し、フリーの仲川にパス。ハットトリックのチャンスかと思われたが、トラップが流れてしまった。仙台は直後、FWジャーメイン良とMF中野嘉大を一気に投入し、劣勢の打開を試みた。

    その後も横浜FMの優勢は続き、後半27分には遠藤のカットインシュートがシュミットを強襲。さらに同32分、シュミットのキックをブロックしたH・ヴィエイラが無人のゴールに流し込み、試合を決定づける4点目を奪った。同35分にはMF久保建英が4試合ぶりにピッチへ送り出された。

    仙台は後半35分、DF蜂須賀孝治に代わってDF永戸勝也を投入すると、横浜FMも同37分にFWイッペイ・シノヅカを入れて交代カードを使い切る。横浜FMは同42分、H・ヴィエイラがこの日2点目となるダメ押しゴールを奪った。

    仙台は後半45分、ジャーメインがT・マルチンスにPA内で倒されてPKを得ると、自ら決めて1点を返す。ジャーメインは前回対戦の横浜FM戦に続いてのゴールとなったが、反撃はここまで。得失点差を+3とした横浜FMが勝ち点を35とし、残留争いから一歩抜け出す形となった。
    2018-09-29_16h22_16
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-02197081-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/09/29(土) 14:58:54.54 ID:CAP_USER9.net
    札幌 2-1 鳥栖
    [得点者]
    58'三好 康児(札幌)
    89'小野 裕二(鳥栖)
    90+5'都倉 賢(札幌)PK

    スタジアム:札幌ドーム
    入場者数:16,195人

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/
    96:久太郎 ★:2018/09/29(土) 15:07:13.58 ID:CAP_USER9.net
    >>1
    札幌が後半ATの都倉PK弾で暫定3位!!鳥栖はトーレス起点に一時追いつくも及ばず

    [9.29 J1第28節 札幌2-1鳥栖 札幌ド]

    暫定7位の北海道コンサドーレ札幌がホームで15位サガン鳥栖に2-1で勝利した。後半13分にMF三好康児が先制点を決め、後半44分に鳥栖のFW小野裕二に同点ゴールを許したが、同アディショナルタイム6分にFW都倉賢がPKで決勝点を奪取。3試合ぶりの白星で連敗を2で止め、暫定3位に浮上した。

    26日の天皇杯4回戦・磐田戦(2-4)から中2日の札幌は開始から攻勢に出る。前半25分にはMF駒井善成のスルーパスに反応した三好がPA内中央でDFジョアン・オマリに倒され、PKを獲得。同26分にキッカーを務めたFWジェイは左足で思い切りゴール右にシュートを放つも、コースを読んだGK権田修一に右手で弾かれ、右ポストを叩いた。

    ピンチをしのいだ鳥栖は前半32分にPA手前左でFKのチャンス。キッカーのFW金崎夢生が右足で直接ゴール左を狙うが、GKク・ソンユンの好セーブに遭う。さらに同34分、PA手前中央のFKからDF安在和樹が左足でゴール左下の絶妙なコースにシュート。しかし、ここもGKク・ソンユンが鋭い反応を見せる。両守護神のファインセーブの応酬により、前半は0-0で終了した。

    札幌がスコアを動かしたのは後半13分。下がりめの位置でMF荒野拓馬のくさびを引き出したジェイが前方にパスを送ると、トラップと同時にターンした三好がPA内中央でジョアン・オマリにマークされながらも優しいタッチでシュートモーションに入り、左足を振り抜く。それまでビッグセーブを連発していたGK権田の牙城を破り、ゴール左に突き刺さった。

    川崎Fから今季期限付き移籍した三好は、7月11日の天皇杯3回戦・福岡戦(4-0)で新天地初ゴールを挙げていたが、リーグ戦ではこれが初得点。また、チームとしては3試合ぶりのゴールとなった。

    1点を追いかける鳥栖は後半29分に安在を下げ、FW田川亨介を投入する。前への圧力を強めると、後半44分に左サイドのFWフェルナンド・トーレスが右足でクロス。ファーのDF藤田優人が頭で折り返したボールはGKク・ソンユンに右手で触られるも、ファーの小野がヘッドで押し込み、土壇場で1-1と同点に追いつく。

    しかし、終了間際にドラマが待っていた。後半アディショナルタイム4分に途中出場の都倉がPA内左でDF高橋祐治に倒されてPKを獲得。自らキッカーを務めた都倉は同アディショナルタイム6分、左足でゴール左に沈め、勝ち越し点を奪う。都倉のチームトップとなる今季12得点目が決勝ゴールとなり、札幌が2-1で勝利。鳥栖は5試合ぶりの黒星で2戦勝ちなし(1分1敗)となった。
    2018-09-29_15h37_21
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-02195958-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/09/29(土) 14:27:10.35 ID:CAP_USER9.net
    ヴィッセル神戸は29日、J1第28節で本拠地ノエビアスタジアム神戸に鹿島アントラーズを迎える。

    16時のキックオフに先駆けて両チームの先発メンバーが発表され、MFアンドレス・イニエスタが2試合連続で登録メンバーから外れた。

    イニエスタは23日に敵地で行われた第27節・浦和戦(0-4)もベンチ外。この試合前にDF高橋峻希が部外者に出場予定メンバー情報を漏洩していたと報道され、物議を醸していた。

    なお、イニエスタの2試合連続ベンチ外は、スペインに一時帰国していた第19節・C大阪戦、第20節・FC東京戦以来となる。



    以下、両チームの出場メンバー
    [ヴィッセル神戸]
    先発
    GK 18 キム・スンギュ
    DF 25 大崎玲央
    DF 3 渡部博文
    DF 30 ティーラトン
    DF 24 三原雅俊
    MF 34 藤谷壮
    MF 7 三田啓貴
    MF 14 藤田直之
    MF 16 古橋亨梧
    FW 10 ルーカス・ポドルスキ
    FW 17 ウェリントン
    控え
    GK 1 前川黛也
    DF 2 那須大亮
    DF 22 橋本和
    MF 21 田中順也
    MF 23 松下佳貴
    FW 33 大槻周平
    FW 50 長沢駿
    監督
    林健太郎

    [鹿島アントラーズ]
    先発
    GK 1 クォン・スンテ
    DF 22 西大伍
    DF 39 犬飼智也
    DF 28 町田浩樹
    DF 32 安西幸輝
    MF 6 永木亮太
    MF 4 レオ・シルバ
    MF 13 中村充孝
    MF 30 安部裕葵
    FW 8 土居聖真
    FW 9 鈴木優磨
    控え
    GK 21 曽ヶ端準
    DF 16 山本脩斗
    DF 2 内田篤人
    MF 20 三竿健斗
    MF 40 小笠原満男
    FW 14 金森健志
    FW 18 セルジーニョ
    監督
    大岩剛

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-02195077-gekisaka-socc
    9/29(土) 14:23配信
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/29(土) 12:54:49.28 ID:CAP_USER9.net
    現時点で中止となった2試合の代替日は未定

    台風の影響で30日のJ1リーグ2試合が中止! 浦和対柏の状況次第で全試合中止も...
    9/29(土) 12:50配信
    0

    現時点で中止となった2試合の代替日は未定

    Jリーグは9月29日、30日に28節の9試合が行なわれる予定となっていたが、このうち30日の開催予定となっていたC大阪対名古屋(@ヤンマー長居)、磐田対湘南(@ヤマハ)が台風24号の影響で中止になると発表された。

    現在、日本列島には台風24号が接近中。30日に関西地方と東海地方を直撃する恐れが出てきており、安全面を考慮して前日の時点で中止が決定した。

    現時点で代替日は未定。決まり次第発表するとしている。

    また、同日に埼玉スタジアム2002で開催される浦和対柏(14:00KO)の一戦は現時点で開催する見込み。ただ、主催する浦和はホームページ上で17時と明日の朝8時を目途に情報を更新するとしている。

    この日はJ2でも7試合が予定されており、台風の進路次第では30日のJリーグが全試合中止になる可能性もありそうだ。

    9/29(土) 12:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180929-00047924-sdigestw-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/29(土) 06:46:11.96 ID:CAP_USER9.net
    現地時間28日、ブンデスリーガ第6節ヘルタ・ベルリンvsバイエルンが行われ、バイエルンが今シーズンのリーグ戦初黒星を喫した。

    22分、ジェローム・ボアテングがサロモン・カルーをペナルティエリア内で倒したとして、ヘルタ・ベルリンのPKが与えられる。このチャンスにヴェダド・イビシェヴィッチがきっちり決め、ホームのヘルタが先制。

    ヘルタは44分、ヴァレンティーノ・ラザロが右サイドを深くえぐり、マイナスのクロスを放つ。そこにオンドレイ・ドゥダがダイレクトで合わせ、ヘルタが追加点を記録する。

    2点ビハインドとなったバイエルンはこの後も猛攻を仕掛けるが1点が遠く、2-0でヘルタ・ベルリンが勝利を収めた。バイエルンは開幕4連勝を飾った後、第5節で引き分け、第6節で今季リーグ戦初黒星を喫する形に。

    ちなみにボールポゼッションは30-70%、シュート本数は6-24という内容だった。

    9/29(土) 6:23配信
    2018-09-29_11h51_48
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000023-goal-socc
    続きを読む

    1:アルテミス@ ★:2018/09/29(土) 10:55:01.08 ID:CAP_USER9.net
    チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールは、自身のゴールパフォーマンスについて言及した。イギリス誌『FourFourTwo』が29日に報じている。

    26日、チェルシーはカラバオ・カップでリヴァプールと対戦。この試合で決勝弾を決めたアザールは、ひざから滑り込むゴールパフォーマンスを見せた。しかし、アザールはこのゴールパフォーマンス時の痛さを「ひざが燃えるようだ」と表現。同選手はこの場面を、映像で見ながら次のように振り返った。

    「このスライディングしているパフォーマンスを見てくれ。まるでひざが燃えているみたいなんだ! これはやめなければならないね。もうこれ以上このゴールパフォーマンスはやらないよ」

    ひざからのスライディングを封印宣言したアザール。今後のゴールパフォーマンスに注目していきたい。
    2018-09-29_11h42_54
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00839813-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ