海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2018年09月

    1:pathos ★ :2018/09/29(土) 07:48:30.96 ID:CAP_USER9.net
    土曜日のレスター戦で岡崎と“初対決”か
    イングランド北部の名門がもがき苦しんでいる。今夏に日本代表FW武藤嘉紀が加入したニューカッスル・ユナイテッドだ。
     
    6節を消化したプレミアリーグで2分け4敗と白星がなく、降格圏の18位に低迷。守備が6試合で8失点とまずまずの数値を示す一方で、目に余るのが度重なる拙攻だ。ここまでわずか4得点では浮上は望めない。対戦相手がチェルシーやトッテナム、マンチェスター・シティなど強豪揃いだった点を差し引いても、内容は褒められたものではない。
     
    そんななか、武藤はいまだリーグ戦での先発起用がゼロ。出場した5試合はすべてスーパーサブ的な起用で、プレータイムは合計でわずか65分間だ。ファンや地元メディアも今夏最高額の移籍金、950万ポンド(約14億2500万円)で獲得した日本人ストライカーの真価を計りきれないでいる。
     
    しかしながら、スペイン人のラファエル・ベニテス監督はあくまで慎重だ。相変わらず特大の期待を口にしつつも、武藤はプレミアリーグに適応できていない注文を付ける。
     
    「今日(木曜日)も彼に言ったんだ。いくつかのシーンを振り返りながら、『簡単に倒れすぎだ。ここ(プレミアリーグ)じゃその程度で倒れてもファウルにはならないんだぞ』とね。プレミアリーグはよりフィジカルが要求される舞台で、彼はディフェンダーとの激しいぶつかり合いに適応しなければならない。とてもクレバーでポジティブな選手だし、練習でも良い動きをしているから、私自身はまるで心配はしていないがね」

     
    日本の報道陣から「いつ先発するのか」と問われると、「またこの質問か」とでも言いたげな表情を浮かべながらこう答えている。
     
    「それは明日かもしれないが、誰にも分からない。時間の問題だとは思う。ある選手は数年かかり、ある選手は数か月、数週間で出れる者もいるだろう。彼はゲームとチームメイトを理解しつつあるし、その適応のスピードはどんどん速くなっているよ」
     
    この数週間で、もはや聞き慣れたフレーズではある。
     
    武藤とニューカッスルの次戦は、土曜日に本拠地で行なわれるレスター・シティ戦。岡崎慎司との日本人FW対決に期待が高まるが、両選手ともベンチスタートが現実的だろうか。
    2018-09-29_11h35_01
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180929-00047919-sdigestw-socc
    続きを読む

    aeafaaed-56a6-5a3e-7f79-5f753fd815d0

    1:風吹けば名無し:2018/09/28(金) 02:40:51.78 ID:IOzlfolX0.net
    ベッカムってすごい選手なのは分かるけど実力もsクラスやったんか?
    2:風吹けば名無し:2018/09/28(金) 02:41:34.93 ID:rx8SMoeya.net
    実績でイニエスタ
    CLとワールドカップとったし
    14:風吹けば名無し:2018/09/28(金) 02:43:13.40 ID:RpcjvdN+0.net
    >>2
    ユーロも取ってる
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/29(土) 05:55:22.44 ID:CAP_USER9.net
    ゲーム事業を展開する「Cygames(サイゲームス)」(東京・渋谷区)がJ1鳥栖とのスポンサー契約を今季で満了し、来季以降は結ばない方針であることが28日、分かった。

    同社は渡辺耕一社長が佐賀・伊万里市出身だった縁もあり、15年7月から鳥栖とスポンサー契約を締結。スポンサーとしては異例となる年間5億円以上の大型契約で毎年更新してきた。この資金を使い、近年は多くの有力選手を獲得。今夏には鹿島から元日本代表FW金崎夢生(29)、元スペイン代表FWフェルナンドトーレス(34)が加入するなどチーム強化に影響を与えてきた。

    契約を更新しなかった背景には、同社の親会社にあたるIT大手「サイバーエージェント」(東京・渋谷区)がJ2町田を買収することがある。Jリーグの規約では1つのオーナーが複数のJクラブの経営に大きな影響を持つことを禁止している。サイゲームスと鳥栖はスポンサー契約で株式も保有していないことから、Jリーグの規約には抵触しないとみられるが、グループを挙げて町田を支援するために撤退を決断したもようだ。

    ただ鳥栖にとっては大打撃だ。年5億円超の有力スポンサーを見つけることは難しく減収は決定的。フェルナンドトーレスや金崎が流出する可能性もある。同社が鳥栖市に6億8600万円を寄付し、本拠地のベアスタを改修することが決まっているが、これが最後の置き土産となりそうだ。

    ◆Cygames サイバーエージェントの100%出資子会社として2011年5月に設立。東京・渋谷を拠点に「神撃のバハムート」や「グランブルーファンタジー」などの人気モバイルゲームを配信。17年7月にはイタリアの名門ユベントスとスポンサー契約を締結。従業員数は1951人(18年3月)

    2018年9月29日5時0分 スポーツ報知
    https://www.hochi.co.jp/soccer/national/20180928-OHT1T50274.html

    写真
    2018-09-29_06h15_52
    続きを読む

    mig

    1:Egg ★:2018/09/29(土) 01:24:09.55 ID:CAP_USER9.net
    南米サッカー連盟は28日、2019年6~7月にブラジルで開催される国別対抗の南米選手権(コパ・アメリカ)の商業権を電通が獲得したと発表した。同大会には日本も招待されている。電通によると、マーケティング、放送、ライセンス、ゲーム化などグローバル商業権の販売を独占する。

    連盟のアスティガラガ事務総長は「電通はスポーツビジネスにおける幅広い経験を持っており、大会を成功に導き、南米サッカーの発展に貢献してくれることを期待する」と述べた。

    コパ・アメリカは世界最古の大陸選手権で、現在は原則として4年ごとに開催。ブラジル大会で46回目を数える。1993年大会から南米大陸以外の数カ国を招待しており、日本は99年大会に参加。2011年も出場を予定していたが、東日本大震災の影響で辞退している。

    9/29(土) 1:00配信 時事
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000001-jij-spo
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/29(土) 01:47:44.32 ID:CAP_USER9.net
    リバプール戦で圧倒的な個人技を見せつけたアザール 同僚MFバークリーが太鼓判

    チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールは現地時間26日のリーグカップ3回戦でリバプール相手に圧倒的な個人技を見せて決勝ゴールを奪った。今季公式戦7試合6ゴールと驚異的な活躍を見せる「背番号10」を同僚選手も「世界一」だと称えている。英紙「テレグラフ」が報じた。

    【動画】超絶タッチで相手を翻弄! 絶好調のベルギー代表MFアザール、圧巻のハットトリック達成

    アザールはリバプールとの一戦で後半11分からピッチに立つと、1-1で迎えた同40分に右サイドをドリブルで切り裂き、強烈なシュートでゴールネットを揺らした。

    開幕からトップフォームを維持し、圧巻の個人技を披露したアザールを“世界一“に推す声も上がっている。同僚のイングランド代表MFロス・バークリーは、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)やアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)と比較したうえで、“自己中心的”ではないアザールこそナンバーワンだと手放しで称賛する。

    「比較すると、ロナウドとメッシのほうがエデンより利己的かもしれない。彼は利己的な選手ではない。二つのアシストでチームが勝利してもハッピーだ。ゴールも増え、日々良くなっている。リバプール戦で彼がやってのけたプレーは、正直言ってトレーニングで毎回やっている。だから驚きはないよ。現時点で彼は世界最高の選手だ。僕はそう信じている」

    メッシやロナウドに並ぶ実力者という評価を得ているアザール。二人の壁に阻まれて、バロンドールなど個人賞の獲得はまだない。この調子を維持し、名実ともに世界最高の称号を手にすることができるだろうか。

    写真
    2018-09-29_03h23_34
    9/28(金) 15:10 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180928-00138049-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/28(金) 19:04:26.29 ID:CAP_USER9.net
    J1神戸のリージョ新監督の“初采配”が濃厚になった。明治安田J1リーグ第28節第1日の29日、本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)に鹿島(勝ち点42)を迎える神戸(同36)。監督登録は間に合わなかったが、コーチとしてベンチ入りする。公式戦5連敗と苦しむチームを、新指揮官は救えるか。

    神戸の三木谷会長が「ポゼッションサッカーの開拓者」と評するリージョ新監督。17日の就任会見では「私たちが進んでいく道はおそらく、ゆっくりと歩きながら進んでいくものになる」と語ったが、チームに猶予はない状況だ。

    林監督が指揮した23日の浦和戦は0-4の大敗。連敗は止まらず、5連敗中は2得点14失点と攻守ともに崩壊し、順位は9位ながらもJ2自動降格圏の17位G大阪が勝ち点6差に忍び寄る。

    鹿島戦に向けては守りの修正に重点を置いてきた。副将のDF渡部も「カウンター、クロスへの対応。守備のベースを見直し、どれだけコンパクトにできるか」と語る。

    守備を固めても勝つには得点が必要だ。2カ月以上ノーゴールが続くFWウェリントンは「自信は常にある。(新体制の)最初の1勝が前に進むきっかけになる」と気合が入る。

    (有島弘記)
    2018-09-28_23h16_48
    9/28(金) 17:49 神戸新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000017-kobenext-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/28(金) 21:05:54.83 ID:CAP_USER9.net
    モウリーニョとポグバの不和をきっかけに起きた内部分裂



    指揮官と司令塔の軋轢によって、マンチェスター・ユナイテッドに暗雲が立ち込めている――。

    今シーズンに5年ぶりのプレミアリーグ制覇を懸けているユナイテッドだが、そのチーム状態が芳しくない。きっかけとなったのが、就任3年目を迎えた指揮官ジョゼ・モウリーニョとチームの“メインキャスト”であるフランス代表MFのポール・ポグバの関係悪化だ。

    以前から“不仲”が噂されてきた両者だが、現地9月26日に、英衛星放送『Sky Sports』が、練習場で何事かを話し合った末に睨み合うという、一触即発の緊張感が漂う様子をカメラに収めたことで、その亀裂がもはや修復不可能なところにまで来ていると憶測を呼んでいる。

    ついには、チームそのものが内部分裂の危機に瀕していることも伝えられた。英紙『Mirror』を始めとする複数の国内メディアが一斉に報道したのだ。

    『Mirror』によれば、一連の騒動により、ユナイテッドには、モウリーニョに対立する派閥が生まれており、ポグバを中心にアントニー・マルシアル、エリック・バイリーなどのフランス語圏の選手、さらに若手注目株のマーカス・ラッシュフォードやルーク・ショーも指揮官に対して反旗を翻しているという。

    一方、モウリーニョを支持するグループも存在するようで、アシュリー・ヤングやネマニャ・マティッチを中心に、チームキャプテンのアントニオ・バレンシアやマルアン・フェライニなどの中堅・ベテラン勢が占めており、同紙は「自己中心的な振る舞いの目立つポグバと距離を置いている」と綴っている。

    ここで気になるのは、チームの頼れる点取り屋で、「ドレッシングルームの中心人物(Mirror紙)」であるロメル・ルカクがどちらについているのか、だ。『Mirror』によれば、一緒にオフを過ごすなどポグバと友人関係にあったベルギー代表FWだが、ここ最近は距離をおいており、モウリーニョ支持派に回っているようだ。

    ライバルのリバプール、チェルシー、マンチェスター・シティらが順調なスタートを切った一方で、ピッチの内外で混沌とした状況が続いているユナイテッド。現状を打破すべく、クラブ首脳はいかなる策を講じるのか? もはや看過できるレベルではないはずだが……。

    9/28(金) 19:27サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180928-00047904-sdigestw-socc
    続きを読む

    2019_ASIAN_CUP_GROUPS

    1:Egg ★:2018/09/28(金) 19:09:55.58 ID:CAP_USER9.net
    アジアサッカー連盟(AFC)は27日、アジアカップ2019の開幕100日前を記念したワークショップを開催し、大会の賞金額をあらためて公表している。優勝チームには500万ドル(約5億6750万円)が支払われる予定だという。

    アラブ首長国連邦(UAE)で行われるアジアカップ2019は来年1月5日に開幕。過去最多の24か国が出場し、6組に分かれたグループリーグと決勝トーナメントで優勝を争う。賞金も過去最高額にのぼる見込みで、総計1480万ドル(約16億8000万円)が投入される。

    AFCの発表によると、優勝賞金は500万ドル。準優勝には300万ドル(約3億4000万円)、ベスト4にはそれぞれ100万ドル(約1億1350万円)が贈られ、全ての参加チームにも20万ドル(約2270万円)が配られる。

    F組の日本代表はグループリーグでトルクメニスタン、オマーン、ウズベキスタンと対戦。各組2位以上と各組3位の上位4チームが決勝トーナメントに進出し、2月1日に行われる決勝戦を目指す。

    2018年9月28日 18時23分ゲキサカ
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15371409/
    続きを読む

    606d7_1494_b343c800_5940fdaa

    1:風吹けば名無し:2018/09/21(金) 01:31:10.67 ID:3tU8OCSi0.net
    めっちゃ上手かったらしいが
    4:風吹けば名無し:2018/09/21(金) 01:32:13.91 ID:mbcAKunu0.net
    ワイにとって地球の中心やったわ
    6:風吹けば名無し:2018/09/21(金) 01:32:42.85 ID:iDl083Dz0.net
    ボールさばきと当たりの強さが尋常じゃなかった
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/28(金) 16:18:53.04 ID:CAP_USER9.net
    日本サッカー協会は28日、日本代表が11月16日の国際親善試合でベネズエラ代表と対戦(大分スポーツ公園総合競技場)すると発表した。ロシアW杯は南米予選最下位で本大会を逃したベネズエラだが、FIFAランクは32位で54位の日本より格上。過去の対戦成績は1勝2分け。これにより日本が国内で行う年内の残り4試合の対戦相手が、すべて決定。森保ジャパンは来年1月のアジア杯(UAE)に向けて強化を進めていく。

    日本は、ロシアW杯終了後に森保一監督(50)が、U―21日本代表と兼任する形で就任した。9月7日のチリ戦は北海道で発生した地震の影響で中止となり、同11日に初陣のコスタリカ戦に挑みMF南野拓実(23)=ザルツブルク=、中島翔哉(24)=ポルティモネンセ=、堂安律(20)=フローニンゲン=ら若手が躍動して3―0で快勝で快勝した。

    森保監督は10月以降は海外組の主力を招集する予定で、10月12日にパナマ、同16日には世界最強2トップのFWスアレス(バルセロナ)、カバニ(パリSG)を擁するウルグアイとの対戦。11月20日にはキルギスと対戦する。

    直近のベネズエラ戦は14年9月9日に横浜で対戦し、FW武藤嘉紀、MF柴崎岳が代表初ゴールを決めて2―2の引き分け。その後、直前の韓国戦で退場処分を受け、本来は出場停止だったはずのベネズエラ代表FWサロモン・ロンドンが日本戦に出場したことで、FIFAは没収試合として3―0で日本の勝利に変更された。

    ▽森保ジャパンの年内の日程

    10月12日 パナマ戦(新潟・デンカビッグスワンスタジアム)

     

    同16日 ウルグアイ戦(埼玉スタジアム)

    11月16日 ベネズエラ戦(大分スポーツ公園総合競技場)

    同20日 キルギス戦(愛知・豊田スタジアム)

    9/28(金) 16:14配信
    2018-09-28_18h02_28
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000080-sph-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ