海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2018年10月

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/10/21(日) 16:04:27.23 ID:CAP_USER9.net
    なんとも微笑ましいエピソードを紹介したのは、川崎フロンターレの“生ける伝説”中村憲剛だ。

    雨中の激闘となった10月20日のヴィッセル神戸戦。一時は1-3と2点のビハインドを負った川崎だったが、満員に膨れ上がった等々力の大歓声に後押しされ、圧巻のゴールラッシュを決め込んだ。終わってみれば5-3の大逆転勝利を収め、この日敗れた2位サンフレッチェ広島との勝点差を4に拡げてみせたのだ。
    J1連覇に向け、力強く踏み出した。

    いつもより中盤の低い位置に陣取り、ゲームメイクに徹した中村もイブシ銀の輝きを放って快勝に貢献。試合後に自身のツイッターを更新し、帰宅中の車内で家族と交わしたプライベートトークを公開した。これがなんとも面白い。以下、原文ママだ。

    『帰りの車中

    14番「ちゃんとパパみてたか?」
    息子「うーん、イニエスタみてた」

    車内一同「??????」
    車内爆笑。

    そのあと慌てて
    息子「もちろんパパもみえてたよ!」

    間接視野の中にいたのかな…俺。

    それも正解だ、息子よ。
    イニエスタだもんな。
    俺でもみるよ。うん。
    精進します』

    愛する息子も、やはり初めて観た元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの妙技に釘付けだったようだ。子どもは正直なもの。ついついこぼれた本音が、ファミリーの爆笑を誘ったのである。最後は「精進します」と、父としての決意を明かした。

    いよいよクライマックスに突入した今季のJ1リーグ。残り4節で、優勝争いは早くも川崎と広島の2強に絞られた。ルヴァンカップ決勝のインターバルを経て、次節は11月3日に開催され、川崎は柏レイソルと、広島はジュビロ磐田とそれぞれ戦う。ともに残留争いの渦中にいる対戦相手だけに、難しいゲームとなりそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15475081/
    2018年10月21日 6時43分 サッカーダイジェストWeb

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/21(日) 13:57:21.23 ID:CAP_USER9.net
    21日の長崎対磐田戦でさらなる混戦状態も



    J1リーグは10月20日、各地で30節の7試合を開催。残留争いは依然として混迷を極めた状態となっている。

    唯一19日に行なわれた柏対名古屋は、アウェーの名古屋が前田直輝の今季7得点目が決勝点となり、1対0で勝利。勝点を34に伸ばして、降格圏から抜け出し14位に浮上。一方の柏は同33でプレーオフ出場圏の16位に後退した。

    20日に行なわれた残留争いの当該チームの結果では、17位の鳥栖が敵地で7位の仙台と対戦。鳥栖がジョアン・オマリの決勝ゴールで勝点3を積み上げた。鳥栖は勝点33で残留圏の15位に浮上した。

    残留争いでは、ともに上位に位置する12位のG大阪と10位の横浜の対戦は、勝てば残留へ大きく近づくであろう一戦。緊迫した好ゲームは小野瀬康介の移籍後初得点となるゴールが決勝点となり、G大阪がホームで勝ち切った。G大阪は勝点39で10位に浮上。一方の横浜は同38で11位に後退した。

    また13位の湘南は5位の札幌とホームで対戦し、2-2のドロー決着。勝点1を積み上げた湘南は、同36として13位をキープ。自動降格圏の17位とは勝点3差としている。

    敵地で首位の川崎と対戦した11位の神戸は、激しい点の取り合いの末に3-5で敗戦。イニエスタも川崎の攻撃サッカーの前に後半は沈黙を余儀なくされた。神戸は勝点37で12位に後退した。
     
    これで残留争いは、降格圏の17位・磐田(暫定)の勝点33から2勝差となる勝点6差内に8チームがひしめき合う状態に。今節終了時で残り4節となるが、大混戦が依然継続中だ。

    21日には17位の磐田と最下位・長崎による裏天王山ともいうべき大一番が行なわれるが、勝点33の磐田は勝利もしくは引き分けでも降格圏を脱出。一方で柏が自動降格圏の17位に、鳥栖はプレーオフ圏の16位に後退となる。長崎が勝利すれば、最下位から14位の名古屋の間も勝点3差にまで縮まる。混戦にさらに拍車がかかりそうだ。

    ただし、名古屋は順延試合を2つ、磐田は1つ残しており、この結果も残留争いの行方を大きく左右するだろう。

    10/20(土) 21:06配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181020-00049052-sdigestw-socc

    順位表 
    http://www.soccerdigestweb.com/standings_j1/
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/21(日) 11:02:35.45 ID:CAP_USER9.net
    <明治安田生命J1:川崎F5-3神戸>◇第30節◇20日◇等々力

    のファン・マヌエル・リージョ監督(52)は、首位の川崎フロンターレに一時は2点差をつけながら、後半20分から3連続失点を喫し、日本での采配2戦目で初黒星を喫した

    試合後は「1試合で3点取って、勝てないのは非常に厳しい。殴り合いの試合となったが、リーグの中でやってはいけない相手と、そうなってしまった」と悔しさをあらわにした。

    リージョ監督は会見で「川崎Fは順位的にいいシーズンを過ごしている。どれだけ相手にとって、ゴールから遠いところでボールを持つ状況を作るか、やれることを構築して臨むのがゲームプランだった」と説明した。

    そして「立ち上がりは、チームとしては非常に良く入ることが出来た。前半から70分までは、我々のゴールの遠いところでボールを奪えた。3-1まで盛り返してくれたのも、それを証明するだろう。

    ただ、決していいシーズンを過ごしていない中、勝っている状態で2点目を失ったのが難しくした」と振り返った。

    その上で「自分のゴールより遠いところでプレーする」という自らのコンセプトを実現するためには「それなりに多くのボール、パスを回さなければいけない」と説明。

    「どうやって体力をマネジメントするかの難しさが出た。70分くらいまではボールを支配することで、ゴールを守る方法は達成できた。

    ただ、やはりそれに値するゴールという結果が伴わないと、フラストレーションがたまっている中、プレーしているのでプレーの低下につながる」と敗因を分析した。

    質疑応答で「目指しているサッカーの、どの程度までいっているか」と質問が飛ぶと、リージョ監督は「例えば、1度100に到達しないと、そこからの距離を測るのは難しい、成長しているとは思うが、どの程度までいったかを判断するのは難しい」と語った。

    17年のJ1王者・川崎Fの印象を聞かれると「当然、私たちを上回った対戦相手であることは理解していた。足元もいい選手が多い。

    両サイドバックが高い位置でプレーできるのは、そういう選手がそろっているから。インサイドハーフが中のポジションに入り、2トップと上がったサイドバックが、どのポジションでプレーできるかを考えることが出来ていた。

    中村(憲剛)や大島(僚太)から、サイドを切り崩す選手にいいボールがいくことは把握していた」と相手の能力の高さをたたえた。

    その上で「アンドレス(イニエスタ)も長く走り、三田(啓貴)もマークのズレがあり、古橋(亨梧)を下げるなど変化の必要に強いられた。そういった状況の中で2点目を取られ、試合全体の体力のマネジメントできず、

    どちらかというと殴り合いの試合となったが、リーグの中でやってはいけない相手と、そうなってしまった。エンドラインまでかなり深く切り込めるチーム、走り続けることが出来るチームと、そういう展開になってしまったのは残念」と悔しさをにじませた。

    今後については「唯一出来るのは続けていくこと。精度を高めたい」と語った。【村上幸将】

    10/21(日) 0:30配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00367933-nksports-socc&pos=4

    写真
    2018-10-21_13h51_47
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/21(日) 11:13:08.39 ID:CAP_USER9.net
    森保ジャパンがパナマに3―0で完勝した試合(12日)の後、当コラムで「16日のウルグアイ戦で選手は持ち味を存分に発揮し、スカッとした試合を期待している」と書いた。どの選手も、南米の強豪を相手に見事なプレーを見せてくれた。

    中でもトップ下のMF南野、攻撃的な左サイドMF中島、右サイドMF堂安の3人は、ボールを持つと最初にパスの相手を探すのではなく、まずは「目の前の選手を抜いて守備陣形を崩す」ことを選択。ドリブル突破を果敢に仕掛けていった。

    これが実に有効な手だてとなった。マンマーク気味のウルグアイは、ドリブル突破によって混乱をきたし、機を見るに敏なパスを出されて腰砕けになるDFもいた。

    南野、中島、堂安の良いところはドリブルだろうがパスだろうが、「その先のシュート」を常に意識しているところだ。

    これまでの日本サッカーはパス、パス、パス……に執着するきらいがあり、シュートチャンスを迎えてもパスというシーンが多かった。それが現代表になって「シュートで終わる」場面が明らかに増えた。

    ウルグアイ戦の4得点は、いずれも流れの中から生まれ、素晴らしいゴールシーンだった。「スカッとした」どころか「気持ち良い」という思いに襲われた。

    それはプレーしている選手、ベンチの監督、もちろんスタンドに陣取ったサポーターも感じ入っただろう。しかし――。

    南野、中島、堂安の3人は「日本で行われたテストマッチで結果を残した」に過ぎない。

    所属クラブに戻り、週末のリーグ戦で目覚ましい活躍を見せ、欧州ビッグクラブから熱視線を送られ、そして来年1月にUAEで開催されるアジアカップで森保ジャパンを優勝に導く活躍を見せて、初めて「日本代表の屋台骨を背負って立つ選手」と言えるだろう。

    周囲からチヤホヤされても慢心せず、ひたすらにスキルを磨き、大きく羽ばたいて欲しい。

    (日本サッカー協会顧問)

    10/21(日) 9:26配信 日刊ゲンダイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00000009-nkgendai-socc

    写真
    2018-10-21_11h55_46
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/21(日) 10:43:04.68 ID:CAP_USER9.net
    野球評論家・張本勲氏(78)が21日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演し、16日のサッカーキリンチャレンジカップ2018でFIFAランキング54位の日本が同5位のウルグアイに4―3で勝利した一戦に「若手を起用しているからね、うれしいね。あっぱれあげてください、森保監督によ。よくこういうメンバー作ってくれた」と森保一監督(50)へ「あっぱれ」を送った。

    さらに張本氏は「これ以上に応援したいのは外国人監督じゃないから。やっぱりその国の代表する監督はその国の人がならなきゃ。これからもっと応援したい」と話していた。

    10/21(日) 9:28配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00000023-sph-socc

    写真
    20181021-00000023-sph-000-view

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/21(日) 08:19:14.44 ID:CAP_USER9.net
    前半28分に巧みなヘディング弾で先制 その後、逆転されて黒星スタートも評価は上々

    今季、オーストラリア1部メルボルン・ビクトリーに移籍したMF本田圭佑が、20日のAリーグ開幕戦メルボルン・シティ戦でキャプテンとして先発し、前半28分に新天地デビュー弾を決めた。本拠地でのダービーマッチに1-2で敗れて黒星スタートとなったなか、メルボルン地元紙は「ホンダの時代到来」と大々的に伝えている。

    【関連動画】海外メディアも驚愕! キャプテン本田圭佑、衝撃の“豪州デビュー弾”の瞬間
    https://www.football-zone.net/archives/142850/3?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=142850_6

    今夏のロシア・ワールドカップ後に代表引退を示唆した本田。昨季限りでメキシコ1部パチューカを退団し、オーストラリアのメルボルン・ビクトリーを新天地として選んだ。夏から調整を続け、迎えた開幕戦でいきなり輝きを放った。

    リーグ開幕のシティ戦でスタメンに名を連ねた本田は背番号「4」を背負い、黄色いキャプテンマークを巻いて登場。0-0のまま迎えた前半28分、右サイドから中央にクロスが送られると、走り込んだ本田が相手二人に挟まれながらもヘディングシュートを放ち、巧みに流し込んで先制ゴールを奪った。

    前半40分に同点に追いつかれ、後半25分にはメルボルン・Cの19歳MFライリー・マッグリーに勝ち越し点を許したメルボルン・V。本田もボールに絡んで攻撃を牽引したが、同点弾は生まれず、本拠地で1-2と敗れる結果となった。

    「ただ一試合を終えただけだが、ビクトリーがホンダの時代を迎えるのは明らかだ」

    悔しい黒星スタートとなったが、オーストラリアメディアにも本田のプレーは鮮烈に映ったようだ。地元紙「ヘラルド・サン」は「ホンダの時代到来」と特集。「結果はメルボルン・ビクトリーの望むものではなかった。しかし、ただ一試合を終えただけだが、ビクトリーがホンダの時代を迎えるのは明らかだ」と早くも本田がチームの中心になると断言した。

    また記事内の選手寸評でも、「勇敢なデビュー」と切り出し、「忍耐強くチャンスを待ち、ゲームが進行するにつれて彼はより多く攻撃に絡んだ。ここから進歩していくだけだ」と分析している。

    たかが一試合、されど一試合――。デビュー戦ゴールは、オーストラリアの人々のハートをつかむのに十分なインパクトを与えたようだ。

    10/21(日) 7:10配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181021-00142850-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/21(日) 08:31:03.02 ID:CAP_USER9.net
    【コルトレイク 3-1 シント=トロイデン ベルギー1部第11節】

    現地時間20日に行われたベルギー1部リーグ第11節でシント=トロイデンは敵地でコルトレイクと対戦し、1-3で敗れた。日本人選手では鎌田大地、冨安健洋、遠藤航がフル出場している。

    開始7分、結果を出したのは鎌田だった。ペナルティエリア手前でパスを受けた鎌田はドリブルでコースをつくって左足でシュート。ゴール左隅に決めて先制点を挙げる。鎌田は2試合連発で今季4点目。チームのトップスコアラーとなっている。

    だが、その後チームはペースダウン。ストヤノビッチの2ゴールで前半のうちに逆転されると、後半はなかなか追いつけない。83分に試合を決定づける3点目を決められて勝負ありとなった。

    シント=トロイデンは今季2敗目となっている。

    【得点者】
    7分 0-1 鎌田大地(シント=トロイデン)
    25分 1-1 ストヤノビッチ(コルトレイク)
    45+1分 2-1 ストヤノビッチ(コルトレイク)
    83分 3-1 カヌ(コルトレイク)

    10/21(日) 4:53配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181021-00293952-footballc-socc

    写真
    続きを読む

    1:あずささん ★:2018/10/21(日) 08:37:02.17 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナは20日、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが3週間の負傷離脱を強いられることを発表した。

    メッシは同日に行わたリーガ・エスパニョーラ第9節のセビージャ戦に先発出場し、12分にはゴールを決めていたが、26分に右腕のケガで途中交代を余儀なくされていた。

    クラブ公式Twitterによると、検査の結果、メッシはとう骨(前腕)を骨折しており、約3週間の離脱を強いられるという。これにより、24日に行われるチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節のインテル戦や、28日に行われるリーグ戦第10節のレアル・マドリードとの“クラシコ”などを欠場することが決まった。

    負傷した右腕を抑えて倒れ込むメッシ



    ソース/SOCCER KING
    https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20181021/850796.html?cx_top=topix
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/21(日) 08:14:56.92 ID:CAP_USER9.net
    10月16日のウルグアイ戦で2ゴールを決め、サッカー日本代表の新司令塔に名乗りを挙げた南野拓実には、“負けん気の強さ”を示すエピソードがあった。

    サッカー日本代表は、16日に行われた国際親善試合で、FIFAランク5位の強豪・ウルグアイ代表と対戦。激しい点の取り合いの末、4-3で勝って、森保一監督は初陣から3連勝を飾りました。W杯ロシア大会で8強のウルグアイは、ほぼベストメンバーだっただけに、日本の着実な進化を示す1勝となりました。

    この勝利に大きく貢献したのが、MF・南野拓実(23歳、ザルツブルク)です。前半10分、中島翔哉(ポルティモネンセ)からのパスを受けると、ペナルティーエリア内でシュート。ボールはGKの足に当たってからネットを揺らし、先制ゴール! これで南野は、代表で初ゴールを挙げてから3試合連続のゴールとなりました。Jリーグ発足後では、2015年の岡崎慎司以来3人目の快挙です。

    その後、ウルグアイに2度追い付かれた日本ですが、「半端ないって」の大迫勇也(ブレーメン)と、東京五輪代表世代の20歳・堂安律(フローニンゲン)が相次いでゴールを決め、3-2とリード。

    追加点の欲しい後半21分、堂安が放ったシュートのこぼれ球に素早く反応し、4点目を奪ったのが南野でした。その後も追いすがるウルグアイを、4-3で振り切った日本。南野の2ゴールが大きくものを言ったのです。試合後、南野は、

    「チームの勝利に貢献できて、素直にうれしいです。きょう2ゴールできたことは自分にとって自信になる。アジア杯までのサバイバルのなかで、監督にアピールできたのはよかった」。

    また先制ゴールについて、

    「(中島)翔哉があそこで右足でボールを持ったときは狙っていた。ターンからシュートはイメージ通りスムーズにできた」

    と、2016年リオ五輪でともに戦った中島とのコンビネーションを強調。さらに、

    「(気持ちは)いつも通りでした。相手が強いのはわかっていたけど、だからって気負うことはないし」

    と言ってのけたのです。

    今回大活躍した南野・中島・堂安の若手トリオは、本田圭佑・香川真司・岡崎慎司の「ビッグ3」に代わって、日本代表の未来を担う「新ビッグ3」と呼ばれています。

    とくに南野は、代表戦3戦4発の固め打ちで、一躍トップ下の香川を脅かす存在になりましたが、

    「まだ早いし、次選ばれることに集中したいし。先のことはあんまりしゃべりたくない。また結果を残さないと代表はない」

    と、あくまで謙虚。しかし、負けん気は誰よりも強いのです。

    南野がセレッソ大阪に在籍していた2014年、W杯南アフリカ大会でMVPに輝いたフォルラン(元ウルグアイ代表)とチームメイトでした。パスを出さずに自らシュートを打つと「なぜパスをよこさない?」と詰め寄られることもありましたが、物怖じせず「うるさい!」とにらみ返したと言います。

    「W杯を戦ったメンバーにすごいリスペクトがある。とはいえ、そのメンバーを脅かす存在になって行かないといけない」

    という南野。新司令塔候補の、さらなる進化に期待です。

    10/21(日) 7:02配信 ニッポン放送
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00010021-nshaberu-socc

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ