海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2018年10月

    1:Egg ★:2018/10/31(水) 00:58:01.31 ID:CAP_USER9.net
    日本人監督だからこその良さ



    サッカー日本代表監督は1998年フランスワールドカップ以降、新チームの立ち上げ時にはサッカー先進国から学べ、とばかりに外国人監督が就いてきた。

    フィリップ・トルシエ、ジーコ、イビチャ・オシム、アルベルト・ザッケローニ、ハビエル・アギーレ、ヴァイッド・ハリルホジッチ。この間、日本人監督はオシムが病に倒れた後の岡田武史、ハリルホジッチの解任に伴って技術委員長だった西野朗が“緊急登板”を日本サッカー協会から託されている。

    今回ようやくの日本人監督誕生である。

    いくらJリーグで3度優勝を果たしているといっても世界を知らない森保一で大丈夫か? それも東京オリンピック代表との掛け持ちで……。

    就任時にはネガティブな声も挙がる中で、森保ジャパンは順調な船出を切っている。初陣となった9月のコスタリカ戦に3-0と快勝発進。先のパナマ戦、ウルグアイ戦にも2連勝した。

    国内の親善試合は相手の移動疲れやモチベーションを差し引かなければならないとはいえ、ほぼベストメンバーをそろえるウルグアイは2000年代に入ってずっと勝利できていない相手だ。どんな状況であれ勝負にこだわる彼らに対し、4-3で打ち合いを制したことは評価に値する。

    森保は「世代間の融合」を掲げて、3戦連発でブレイク中の南野拓実をはじめ、新10番の中島翔哉、東京五輪のエース候補・堂安律ら、若手を引っ張り上げている。

    日本人監督だからこその良さとは何か。

    森保のマネジメント力に焦点を当てると外国人監督の手法とは2つの大きな違いが見えてくる。

    ①「日本代表だよ!全員集合」やりません!



    外国人監督の場合、オシム以外の指揮官は親善試合でもベストメンバー(またはそれに近い)を招集してきた印象がある。所属チームにはチームのやり方があり、代表には代表のやり方があるという考え方。代表の活動期間が少ないため、国際Aマッチデーの招集できるチャンスはすべて呼んでおくとなると結局、「全員集合」となる。

    ベスト16に躍進した2010年以降は海外でプレーする選手が一気に増えた。海外組は長距離移動や時差を伴い、クラブでのプレーやポジション争いに影響する恐れがある。しかし1回の招集チャンスを逃がせば、代表でのプレーが数ヵ月空いてしまうとあって「招集見送り」という選択肢は歴代の指揮官にはなかった。

    一方、森保は違うアプローチだ。ロシアワールドカップでは日本代表のコーチを務めえており、スタート時点で多くの情報を持っていることも大きい。

    9月は欧州のシーズンが始まったばかりで、国内組と海外組若手中心の編成にした。ロシアワールドカップに出場した海外組はゼロ。南野、中島、堂安ら若手アタッカー陣を伸び伸びとプレーさせている。

    10月のパナマ、ウルグアイ戦は満を持してロシアワールドカップ組を多く招集したが、香川真司、乾貴士、武藤嘉紀らは入っていない。

    コスタリカ戦で活躍した若手アタッカーと、ロシア組を融合させるとどうなるか。まずはそれをテストしたかったように感じる。見事にそれは成功した。1トップに入った大迫とのハーモニーは非常に見応えがあった。

    10月の2連戦では23人のメンバー中、GKシュミット・ダニエル以外の22人を起用している。それも最低25分以上はプレー時間を与えている。

    呼ぶ以上は試合で起用する。競争意識を高め、全体のモチベーションも上がる。全員起用は公式戦になると難しいだろうが、親善試合をうまく使いながらチームづくりを進めている。

    森保はサンフレッチェ広島時代やU-21代表では3-4-2-1システムを採用してきた。だがA代表では4-2-3-1(4-4-2)で戦っている。A代表が馴染んでいるものから始めており、「俺のやり方に合わせろ」感はない。選手がどうやれば自分のパフォーマンスを発揮しやすいかを優先させている。

    つづく10/27(土)
    13:00配信 現代ビジネス 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181027-00058128-gendaibiz-bus_all&p=1
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/31(水) 07:48:48.29 ID:CAP_USER9.net
    トルシエ氏が欧州組の増加が要因と指摘 「自ずと姿勢が変わり、選手たちを変えていく」

    日本代表は1998年フランス・ワールドカップ(W杯)を皮切りに、今夏のロシアW杯まで6大会連続出場を果たしたが、2002年日韓大会で日本代表をベスト16に導いたフランス人のフィリップ・トルシエ氏が日本飛躍の要因を語っている。


    1998年フランス大会でグループリーグ敗退に終わった日本は、2002年日韓大会で初めてベスト16入りを果たした。ロシア大会では三度目の16強と結果を残したなか、1998年から2002年まで日本代表を率いたトルシエ氏が韓国メディアのインタビューに応じ、日本の成長について「簡単な話だ」と切り出し、次のように語っている。

    「その変化は“指導”から来たものではなく、欧州クラブにおいて選手がどうあるかだ。日本では昔、欧州でプレーする選手が一人の時代もあった。今では25~30人近くが常時プレーしている。欧州クラブがアジアも意識するようになった」

    欧州組の増加が日本代表の底上げにつながったと指摘するトルシエ氏。さらに具体的なクラブは国名を挙げて、次のように続けている。

    「マンチェスター・ユナイテッドをはじめ、ドイツやフランスでハイレベルな監督や選手と一緒に仕事をする。そうなると自ずと姿勢が変わり、選手たちを変えていく。このプロセスが代表チームに来た時に作用する。そうして代表に選ばれれば、責任感もまた変わるものだ」

    韓国と日本、現在の高い水準があるのは…「90%がヨーロッパ進出によるものだ」

    欧州で研鑽を積んだ選手の意識が変わり、そうした選手が代表チームに影響を及ぼすことで相乗効果が生まれると語る。「なぜ日本が飛躍したか? それは選手たちがヨーロッパに出たからだ」とトルシエ氏は強調した。

    韓国も同様に欧州組の増加によってレベルアップを遂げたと言及しているトルシエ氏は、「今の韓国と日本の高い水準があるのは、90%がヨーロッパ進出によるものだ」と見ている。

    森保一監督率いる日本代表も、MF堂安律(フローニンゲン)やMF中島翔也(ポルティモネンセ)をはじめ、MF南野拓実(ザルツブルク)ら欧州組アタッカー陣が注目を浴びている。その一方、今夏に浦和レッズからベルギーへ渡ったMF遠藤航(シント=トロイデン)らも台頭しており、現在も欧州組が鍵を握る存在となっている。

    10/31(水) 6:40配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181031-00144813-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/10/31(水) 04:39:59.68 ID:CAP_USER9.net
    U-15オーストリア代表の前半35分から途中出場の中井、ボランチ起用でゴールに関与

    フランス遠征中のU-15日本代表は、現地時間30日に「バル・ド・マルヌU-16国際親善トーナメント2018」の初戦でU-15オーストリア代表(40分ハーフ)と対戦し、世代別の日本代表に初選出されたレアル・マドリードの下部組織カデーテA(U-16)所属の15歳MF中井卓大が前半35分から途中出場し、その4分後にいきなりゴールの起点となる活躍を見せた。

    “ピピ”の愛称で知られる中井は、UEFAチャンピオンズリーグで最多13回の優勝を誇る“白い巨人”(レアルの愛称)の下部組織に11歳から加入し、昨年インファンティールA(U-14)からカデーテB(U-15)に昇格。さらに今夏、世界最高峰の逸材がひしめく狭き門を突破し、新シーズンはU-16年代のカデーテAに昇格するなど着実に階段を駆け上がっている。

    今回の遠征で世代別代表に初選出されると、バル・ド・マルヌU-16国際親善トーナメント初戦のU-15オーストリア戦ではベンチスタート。だが前半35分、MF遠山悠希(京都サンガF.C. U-15)の負傷を受けて急きょピッチに立ち、世代別代表デビューを飾った。
    4-4-2システムを採用しているなか、中井はボランチ起用されると、出場からわずか4分後に輝きを放つ。

    中井が右サイドでボールキープしてMF豊田晃大(名古屋グランパスU-15)にパス。その豊田からのパスをFW勝島新之助(京都サンガF.C. U-15)が決め、前半を1-0で折り返した。後半に1点を追加した日本が最終的に2-0で勝利した。

    代表デビューから4分後にゴールの起点になる活躍を見せた中井。将来を嘱望される日本の逸材が早くも存在感を放った
    2018-10-31_08h46_07

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181031-00144833-soccermzw-socc
    10/31(水) 1:05配信
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/31(水) 06:28:53.21 ID:CAP_USER9.net
    日本代表の森保監督が30日、肺気胸の影響で27日に胸腔(きょうくう)鏡手術を受けたDF長友(ガラタサライ)について来年1月のアジア杯(UAE)出場は不可能との報告を受けていることを明かした。

    「ドクターからはアジア杯は駄目だと聞いているが、ハッキリとは…。いつからできるというのは聞いていない」とした。長友は24日の欧州CLシャルケ戦で相手クロスをみぞおちに受け、負傷した。森保監督はこの日、11月20日のキルギス戦(豊田)開催を控え、愛知県庁を表敬訪問。「皆さんに喜んでもらえる試合がしたい」と抱負を語った。

    10/31(水) 6:00配信
    2018-10-31_08h36_43
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181031-00000009-spnannex-socc
    続きを読む

    news_257671_1

    1:Egg ★:2018/10/31(水) 06:19:15.67 ID:CAP_USER9.net
    ポルトガル1部の強豪スポルティングが、ポルティモネンセの日本代表MF中島の獲得に興味を示しているとイタリアの専門メディア・カルチョメルカートが29日に報じた。

    中島を巡っては同国のベンフィカが興味を持っていると複数の現地メディアが報じているが、カルチョメルカートは「ベンフィカだけでなく、スポルティングも中島を狙っている」としている。

    2018年10月31日 05:30 スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/10/31/kiji/20181030s00002000326000c.html
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/31(水) 07:55:22.18 ID:CAP_USER9.net
    DFBポカール2回戦が30日に行われ、FW宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフはアウェイでウルム(4部)に5-1で勝利した。宇佐美は今シーズン初のフル出場で、初アシストも記録した。

    デュッセルドルフは開始直後に失点を喫したが、15分に宇佐美が右サイドからのクロスでマーヴィン・ドゥクシュの同点ゴールをアシスト。すると33分にロウヴェン・ヘニングスが逆転ゴールを挙げ、37分と43分にはドディ・ルケバキオが立て続けに追加点を奪って、前半の内に3点差にひっくり返した。後半も70分にドゥクシュが自身2点目を決めて、大勝で3回戦進出。公式戦では7試合ぶりの白星となった。

    【スコア】
    ウルム 1-5 デュッセルドルフ

    【得点者】
    1-0 1分 アルディアン・モリーナ(ウルム)
    1-1 15分 マーヴィン・ドゥクシュ(デュッセルドルフ)
    1-2 33分 ロウヴェン・ヘニングス(デュッセルドルフ)
    1-3 37分 ドディ・ルケバキオ(デュッセルドルフ)
    1-4 43分 ドディ・ルケバキオ(デュッセルドルフ)
    1-5 70分 マーヴィン・ドゥクシュ(デュッセルドルフ)

    10/31(水) 5:11配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181031-00855908-soccerk-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/30(火) 21:32:12.95 ID:CAP_USER9.net
    およそ20年、盟友として幾度となく修羅場をくぐり抜け、日本サッカーを牽引してきた岡田武史と小野剛。11/6発売の『フットボール批評issue22』では盟友による特別対談を実現。悲願の初出場となったフランスワールドカップと、躍進を遂げた南アフリカワールドカップの舞台裏、そして、ロシアワールドカップから見えた日本サッカーの未来について語り合った。今回は南ア大会でのエピソードを一部先行して公開する。(構成:粕川哲男)


    ●“守備的サッカーへの変更”ではない躍進の理由

    小野  僕が技術委員長だったので、岡田さんにお願いして第二次岡田体制が始まりました。南アフリカW杯に向けたメンバー選考のときも一緒でしたね。浅草の焼鳥屋の2階を借りて、そこから(川口)能活に電話しました。

    岡田  経験があって、みんなをまとめられる選手が欲しかった。だからアイツに電話して「力を貸してくれるか」と聞いたら、「少し考えさせてください」とぬかしよった(笑)。それで30 分くらいして電話がきて、「いま言ったのは23 人のメンバーとしてですか? サポートメンバーじゃないんですか?」と言ってきた。「違うよ ! サポートメンバーにお前を入れてどうすんだ」と。

    小野  どうも時間がかかるなと思ったら、勘違いしていたんですよね(笑)。

    岡田  でも、能活のおかげだよ。選手たちの目が覚めたのは。大会前、俺がアイツに選手同士でミーティングしてくれと頼んだ。選手たちが、新しい戦い方が腑に落ちているのか確かめたかったから。でも、アイツは俺に報告してこない。「どうだった?」と聞いたら「いいミーティングでした」と素っ気ない。あとで聞いたら選手たちが喧々諤々、本音を言い合ったんだって。それを報告したら、俺がまた怒り出すとでも思ったんだろうな。

    小野  アイツなりにかなり気を遣ったんですよ。

    岡田  そのあとも練習試合があって、俺は何も変わっていないと感じたけど、選手たちはあのミーティングがあったから、自分たちで動こうと思ったんだろうな。

    小野  あの大会も素晴らしかったですね。

    岡田  みんな戦術変更して守備的にしたのが良かったと言うけど、やっぱり、選手たちが自分たちで動き始めたのが大きかった。ロシアW杯もそう。日本人というのは、ハッキリ言うと主体性がなくて自立していない国民と言える。自分の人生は自分で決められるのに、すべて人のせい、周りのせい、環境のせいにしている。

    小野  そうですね。

    つづく

    10/30(火) 10:10 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181030-00010000-footballc-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/30(火) 21:14:20.15 ID:CAP_USER9.net
    ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、自身のインスタグラムを更新。休日に京都の嵐山を訪れた際のファミリー写真を投稿した。

    【画像】イニエスタ一家が今度は京都・嵐山へ! 総勢7名のファミリーショットはこちら!



     
    妻のアンナ・オルティスさん、長女バレリアさん、長男のパオロ・アンドレア君、次女のシエナちゃんに加えて、今回はスペインから旅行で来日しているアンナさんのご両親も写真に収まった。嵐山の世界的な観光スポットである「竹林の小径」を仲良く散策している光景だ。そのほかにも京都の仏閣をはじめ、姫路城や奈良にも足を運んだようで、この2週間ほどで関西エリアの有名な観光地を軒並み制圧している。イニエスタ本人は「あなたたちの訪問を受け、ともに素晴らしい時間を過ごせた。最高にハッピーでした!」と感謝を述べた。
     
    投稿欄には世界中からコメントが寄せられており、「本当に素晴らしいファミリー!」「竹林まで行くとはツウですね!」「なんて素敵な場所だろう。京都?」「私も行ってみたい!」などなど。インスタグラムでさまざまな日本の観光地やプレイスポットを紹介してくれているイニエスタ。日本政府はこのワールドクラスの「観光大使」に感謝しなければ!

    10/30(火) 20:28 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181030-00049602-sdigestw-socc

    写真
    続きを読む

    1:れいおφ ★:2018/10/30(火) 19:58:40.13 ID:CAP_USER9.net
    カンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)1部のサンパウロFC(Sao Paulo FC)に所属するMFダニエル・コレア(Daniel Correa)選手(24)が、惨殺遺体で発見されたことが判明した。

    このニュースを受けて同国サッカー界は29日、衝撃に見舞われ、各チームと選手が哀悼の意を表した。

    サンパウロFCは同日の練習前、2015年にチームに加入したコレア選手に1分間の黙とうをささげた。クラブのコメント文によると、期限付き移籍で2部のサンベント(Sao Bento)でプレーしていたコレア選手は、「先週末に遺体で発見された」という。

    ブラジル南部パラナ(Parana)州の地元警察は、コレア選手の遺体が州都クリチバ(Curitiba)郊外の田園地帯で27日に発見されたと発表。事件の捜査は「進展」していることに加え、同選手の家族が事情聴取を受けることになると明かした。

    現地紙フォーリャ・デ・サンパウロ(Folha de Sao Paulo)は警察の話として、コレア選手が刃物で喉を切り裂かれて頭部が落ちる寸前の状態であったほか、局部も切断されていたと伝えた。

    ブラジルは世界で最も治安の悪い国の一つとして知られており、昨年は人口10万人当たりで30.8人に相当する過去最多の6万3880人が殺害された。

    ミナスジェライス(Minas Gerais)州出身のコレア選手は、地元の強豪クルゼイロEC(Cruzeiro EC)のユース選手として期待され、2013年にリオデジャネイロに本拠地を置くボタフォゴFR(Botafogo FR)でプロデビューし、元オランダ代表のクラレンス・セードルフ(Clarence Seedorf)氏らとプレーした。

    ドリブルの技術に定評があることから「ダニエル・メッシ(Daniel Messi)」との異名を持ったコレア選手だったが、2014年に深刻な膝のけがをすると活躍の機会が限られ、当初の期待に応えることはできなくなっていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00000027-jij_afp-socc

    カンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)1部のサンパウロFCでプレーしたダニエル・コレア選手。
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ