海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2019年03月

    Fussball.-Bild-Ball-Tor_image_1200-1024x683

    1: 風吹けば名無し 2019/03/23(土) 21:17:52.51
    それはアレッサンドロ・デルピエロですね?

    これがメンタリズムです

    2: 風吹けば名無し 2019/03/23(土) 21:19:09.69
    マテラッツィ

    3: 風吹けば名無し 2019/03/23(土) 21:19:26.80
    マルディーニなんだよなぁ

    4: 風吹けば名無し 2019/03/23(土) 21:19:33.46
    マリオ・バロテッリ

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/23(土) 21:38:15.53
    サッカー男子日本代表は3月22日、神奈川県の日産スタジアムでコロンビアと親善試合を行い、0対1で敗れた。前半から中島翔哉(24)を中心に攻めたが、コロンビア守備陣を崩しきれず、逆に後半、コロンビアにペナルティキックを与えてしまい、ファルカオに決められた。

    後半途中から香川真司(30)が出場。中島と香川の新旧“10番”が約30分ほどピッチで共闘したが、どちらもゴールを決めることはできなかった。試合後、中島は「0点で終わっているのは悔しいですし、また次は得点を取ってしっかり勝てるように頑張ります」と話した。

    今回の注目は昨年のワールドカップロシア大会を含め長年10番を背負ってきた香川が、森保一監督体制になって以降、初めて選出されたこと。また、森保体制になって10番を背負って大活躍している中島も選ばれ、W杯以降、初めて新旧の10番がそろい踏み。今回は香川が背番号10、中島が背番号8となったが、どちらが日本代表の司令塔なのか、真価が問われた。

    先発した中島は、得点こそ結び付けられなかったが、キレのあるドリブルやパス、そしてミドルシュートで日本の攻撃を引っ張った。一方、香川は後半途中から出場し、中島と一緒にプレーした。久しぶりの代表でのプレーで短い時間ながら積極的なプレーを見せた。

    久しぶりに、代表で10番以外の背番号を背負った中島は、改めて気にしていないと強調した。
     
    「10番について何も言われてなかったですし、自分がつけたいって言ってるわけでもないですし、全然気にしてないです。やっぱりプレーが一番大事だと思います。香川選手がずっと代表で10番をつけていたのを知っているので、(6月に参加する大会)コパ(・アメリカ)でもつけてもらいたいです。そこはそんな気にしてないですし、番号は何番でもいいとはいってます」

    中島は初めて香川と一緒に試合に出たと話し、新旧10番の共闘の可能性について、前向きだ。

    「(香川は)日本人なら誰でも知っている選手なので、能力もすごく高いですし、一緒にやっていてやりやすく、頼もしく感じました」

    一方、久々の代表選だった香川は、冷静に振り返った。

    「(代表メンバーの中で)経験値は一番高いと思っているので、そのへんの自覚を非常に求められていると思うので、(自覚を)強く持ちながら、個人としても(次の試合に)準備していきたい」

    今回のように新旧10番が同時にピッチで並び立つことは今後も可能だろうか。試合を取材したサッカージャーナリストの六川亨さんは、こう見る。

    「やっぱり中島のチームになりましたね。香川が途中から入ってきましたが、攻撃の中心は中島。香川も中島の意図をくみ取りながらプレーしていた。前半は中島がボールを持つと、中島がドリブルで突破するのを信じて、周囲の選手が動き出していました。攻撃のスイッチを入れる役割になっていた。実質の10番は中島ですね。(二人同時起用は)できると思います。ただ、香川は当面生き残れると思いますが、森保監督のファーストチョイスは、香川とポジションを争う南野(拓実)になるとは思います。香川はオプションとしての起用が多くなるかもしれませんね」

    26日には神戸でボリビア戦を行う。二人がどういう起用され方をするのか、再び新旧10番の共演は見られるのか注目だ。(本誌 大塚淳史)

    2019.3.23 14:41週刊朝日
    2019-03-24_00h47_30
    https://dot.asahi.com/wa/2019032300016.html?page=1

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/23(土) 21:54:00.83
    1月にアジアカップを終え、初代表組を加えた日本代表が再始動した。

    3月22日、コロンビア戦では初代表の鈴木武蔵をスタメン起用し、アグレッシブに戦ったが0-1で敗れ、厳しい再スタートになった。もう1試合、神戸でボリビア戦(26日)が行われる予定だ。この2試合を含め、2022年W杯カタール大会に向けてチーム作りは静かに進行しているが、監督の選考についてはカタール以降を見据えて今から考えておくべきではないだろうか。

    16日、FIFAの評議会が行われ、2022年W杯カタール大会から出場枠を48か国にすることが検討されたという。そうした改革の姿勢は、昨年W杯ロシア大会でもVARや警告ポイントの導入などで見て取れた。世界のサッカー界は、スピード感を持って新たな取り組みに挑戦し、進化している。

    世界だけではなく、アジアも猛烈なスピードで成長している。

    アジアカップではタイやベトナムの健闘が見られたが、10年前には圧倒的な差をつけていた東南アジアの国々が急激に力をつけてきている。もはや彼らは、ラクな“勝ち点3”ではなくなっている。

    「4年間」必要だった20年前

    では、日本は成長の速度を維持し、着実に強くなっているのだろうか。

    W杯ロシア大会で決勝トーナメントに進出し、大会3位になったベルギーを苦しめた。ベスト16で初めてゴール(2得点)を決めるなど少しずつだが進歩している。

    しかし、日本代表の強化のやり方自体は20年前とさほど変わらない。

    日本ではチーム作りにじっくりと取り組んでもらうために監督に「4年間」という時間を与えている。しかし、世界やアジアのサッカー界が猛烈なスピードで動いている中、日本は4年契約でのんびり構えていていいのだろうか。93年の「ドーハの悲劇」以降、日本代表監督のチーム作りとその完成度を見てきたが、少なくとも今の時代、4年間という長時間を与えるやり方はそぐわないのではないか。

    20年前は、4年間が必要だった。

    1998年W杯フランス大会に初出場を果たしたものの、日本は世界のサッカー界においては初心者マークのチームだった。カズ、名波浩、中田英寿らがいたものの、まだ世界は日本人選手にとって遠い世界だった。そこで世界を知る外国人監督を招聘し、4年間で戦術を落とし込み、選手を育て、W杯で戦えるチームを作ってもらった。

    だが、今は状況が大きく変化している。

    トルシエ以外、W杯で結果を出せていない現実

    多くの日本人選手が海外でプレーするようになり、本田圭佑、香川真司、長友佑都らビッグクラブでプレーする選手も出た。チャンピオンズリーグなどに出場してプレーし、世界を肌で知るようになり、優秀な監督にも触れ、選手の意識が変わった。また、情報は身近になり、世界がものすごいスピードで動いているのを実感できるようになった。20年前と時代背景や状況がまったく異なっている今、監督だけがさしたるチェックポイントもなく、依然として4年間(ザッケローニは2年契約2年延長オプション)を任されているのだ。

    そもそも日本代表を4年間、任された監督はその時間を持て余し、トルシエ以外、W杯で結果を出すことができていない。

    3/23(土) 17:00配信 文春オンライン 全文掲載
    2019-03-23_23h10_52
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190323-00011157-bunshun-spo&p=1

    続きを読む

    2019-03-23_21h30_14

    1: 風吹けば名無し 2019/03/23(土) 20:48:59.38
    日本に初めて現れた欧州で戦える左利きの純正右ウインガーとかいうサッカー界でも超希少種やん

    もうちょっと成長したら試しにとって使ってみたいとすら思うのに
    ちなシティ

    3: 風吹けば名無し 2019/03/23(土) 20:49:29.61
    もうちょっと成長したら試しに使えばええのに今使うから

    5: 風吹けば名無し 2019/03/23(土) 20:50:29.58
    >>3
    むしろ代表クラスなら十分やろ
    プレッシャー鬼激しい前線が独力でシュートまで持っていくって能力なきゃできへんで

    4: 風吹けば名無し 2019/03/23(土) 20:49:37.04
    うーん連携がね

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/03/23(土) 20:51:52.35
    チーム練習に復帰できるまで状態が回復していたブレーメンFW大迫勇也(28)だったが、痛めていた背中をふたたび悪化させたと、23日付の独紙ビルトが報じた。

    復帰間近だった大迫にフコーフェルト監督は「先週末にまた、問題が出てきてしまった。背中がまた硬直していた。よくないことだ」と、負傷が再発したことを明かした。今週はリハビリコーチと別メニューでの調整を余儀なくされるという。いつ試合に復帰できるかは現時点では不明だと伝えた。

    大迫の状況がなかなか改善されないことにコーフェルト監督もイライラしているようだ。「復帰時期について話しをする気はない。もう8週間も『ひょっとしたら来週には』ということを話している。マインツ戦(30日)までにコンディションが戻る希望はある。だが難しい」と復帰時期の予想が立たないことに不満を募らせている。

    大迫はアジア杯へ参加したこともあり、クラブでは今年に入ってからまだ1試合も出場できていない。

    (中野吉之伴通信員)
    2019-03-23_21h13_16
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190323-03230999-nksports-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/23(土) 19:09:41.66
    [キリンチャレンジカップ]日本 0-1 コロンビア/3月22日/日産スタジアム

    結果ベースで見れば惜敗で、何度か惜しいチャンスを作り、失点もPKによる1失点のみ。それでもコロンビアと日本の間には、個人能力、組織、そしてゲームコントロール面の全てで小さくない差があったと言わざるをえないだろう。とりわけ後半は4トップ気味にしてきたコロンビアに押し込まれ、日本は完全に守勢に回る。大量失点しても不思議はないような雰囲気すらあった。

    試合後にその現実を誰よりも冷静に受け止め、的確に表現していたのが、ゲームキャプテンを務めた柴崎岳だ。

    「客観的に見て、評価すべきところはシュートチャンスが多かったこと。精度を欠いた部分はありましたが、運び方は悪くなかったし、可能性を感じさせるプレーがありました。ただ実際には負けている。得点がないし、失点もしています。それをしっかり究明しないといけない。もしかしたらアジアカップの前や最中からあった課題かもしれないし、新たな課題かもしれません。勝っていたとしても課題はある。メディアのみなさんが記事でどう表現するかによりますけど、非常に危険な状態なのではないかとは思います。得点チャンスにフォーカスにできるほど良い試合ではなかったとは思います」

    柴崎が最も危惧しているのは、楽観的な論調であり、それが選手たちに波及することだという。

    「僕が一番危惧しているのは、選手の結果や試合に対する受け取り方の部分。メディアがこれを良しとするのか、成長していると説くのか。それで日本代表に対する雰囲気というところが、場合によっては少し危険な方向に働くので。今日の試合だけがという意味ではないんです。非常に悪い内容で、結果もそういった形であれば評するのは簡単ですけど、今日のようにそうじゃない時にチーム全体や選手による意識と評価の不一致が起きて、選手個々の意識のズレが生まれる部分がある。僕的にはそれはちょっとどうなのかなと」

    日本代表はもう結果ベースの「善戦」や「好勝負」という言葉に踊らされ、満足している段階ではない――。
    柴崎はそんな思いを抱えていた。

    「最近になってコロンビアみたいなFIFAランキングの上位で強豪国と言われる国に対しても良い試合を演じたり、勝つことが増えてきているので、日本が成長しているととれなくもないけど、好勝負を演じているときは昔もありました。自分たちはその良い勝負を演じているってことに満足するレベルではないと自覚してやっていかないと、また同じことを繰り返すし、成長はできないということ。そう感じています。選手がどう判断するかは分からないですけど、もしこういった相手に対して『これだけやれた』とか思っている部分が少しでもあるのであれば、それは正したい。それだとこれ以上の成長はないと思うので、しっかり締めたい。勝因と敗因をしっかり追求して、なあなあにせずにやりたいなと思います。これからのチームの雰囲気だったりを見ながら、必要があれば話すべきだと思いますし、そこはシビアに日本代表が、やっぱり強くなるために求めていかなきゃいけないと思います」

    今や日本代表に欠かせない司令塔となった柴崎には、チーム全体、ひいては日本サッカー全体を考えるリーダーの自覚も芽生えつつある。その言葉はズッシリと重い。

    取材・文●白鳥大知(ワールドサッカーダイジェスト編集部)
    2019-03-23_19h51_13
    http://news.livedoor.com/article/detail/16205111/
    2019年3月23日 16時40分 サッカーダイジェストWeb

    続きを読む

    no title
    1: 風吹けば名無し 2019/03/23(土) 18:39:52.40
    野球界のクリロナやろ

    109: 風吹けば名無し 2019/03/23(土) 18:50:57.31
    >>1
    ギグスくらいやろ

    3: 風吹けば名無し 2019/03/23(土) 18:40:24.83
    そんなにすごくない

    4: 風吹けば名無し 2019/03/23(土) 18:40:27.20
    せやで

    続きを読む


    29: 久太郎 ★ 2019/03/23(土) 16:06:46.77

    カズ52歳25日で2年ぶり先発も無得点、交代直後イバのPKなどでチーム勝利

    「明治安田生命J2、横浜FC2-0岐阜」(23日、ニッパツ三ツ沢球技場)

    J2横浜FCの元日本代表FW三浦知良(52)が52歳25日で出場し、自身が持つJリーグ最年長出場記録を更新した。しかし、得点はなく、後半9分に退いた。チームは途中出場したFWイバのPKなどで勝利し、今季2勝目。2勝3敗で勝ち点を6にした。

    カズはの先発は17年4月15日の町田戦以来、約2年ぶり。試合はカズのキックオフで開始。半袖ユニホームの背番号11は1トップに位置どった。前半29分にはゴール前のこぼれ球に反応したが、ボールタッチが流れ、相手のスライディングに阻まれた。同40分には右クロスを頭で狙ったが、わずかに合わなかった。カズにゴールは生まれず、前半は0-0で終了した。

    カズに期待されたゴールは生まれず、後半9分にFWイバとの交代でピッチを退く際には大きな拍手に包まれた。この交代の直後に横浜FCはPKを獲得。同12分、イバが蹴り込んで先制に成功した。同40分にはMF松浦が追加点を決めた。
    2019-03-23_16h27_49
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190323-00000110-dal-socc

    続きを読む

    news_267428_1
    1: 風吹けば名無し 2019/03/23(土) 12:30:47.41
    歴代ベストイレブン一番強いやろ

        デルピエロ バッジョ
           プラティニ
      ネドベド ダーヴィッツ ジダン
    ザンブロッタ カンナヴァーロ フェラーラ テュラム
           ブッフォン

    2: 風吹けば名無し 2019/03/23(土) 12:31:39.61
    デルピエロとバッジョは位置逆ちゃうの?

    8: 風吹けば名無し 2019/03/23(土) 12:33:24.28
    >>2
    デルピエロゾーンやぞ

    5: 風吹けば名無し 2019/03/23(土) 12:32:44.71
    レアル・マドリー定期

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/23(土) 14:08:20.14
    キリンチャレンジカップ2019の試合が22日に行われ、日本代表とコロンビア代表が対戦。コロンビア代表が1-0で勝利を収めた。

    この試合でひと際大きな注目を集めたのが、ロシアワールドカップ以来となる代表招集を受けた香川真司だ。ボルシア・ドルトムントで立場を失い、今冬トルコのベシクタシュへ移籍を果たした同選手は後半よりピッチに立つと、持ち前のプレーを随所で発揮し、存在感をアピール。得点やアシストこそなかったが、改めてそのポテンシャルの高さを証明した形となった。

    香川は今回のシリーズで背番号10を身に付けている。この「10番」というのはサッカー界においてエースナンバーとされているのはご存知の通り。元ブラジル代表でサッカーの神様と称されているペレがスウェーデンワールドカップで驚異的な活躍を見せ、当時この10番を付けていたことから同番号が特別なものとして扱われるようになった。以後、元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナや元ブラジル代表のジーコ、元フランス代表のミッシェル・プラティニら数多くの著名選手が、この「10番」を身に付けた。

    確かに、香川はかつて日本代表におけるエース的存在だった。ドルトムンでの活躍、そこから世界屈指のビッグクラブであるマンチェスター・ユナイテッドへの移籍。当時の輝きを、日本人のみならず世界が認めていたのは紛れもない事実だ。

    だが森保ジャパンにおける香川はいわばテスト枠。この2試合と今後のクラブでのパフォーマンスが優れなければ、招集見送りとなる可能性も十分にある。逆に、現在の代表チームにおけるエースが中島翔哉であることは間違いない。

    AFCアジアカップ2019には負傷で出場できなかったものの、コロンビア戦ではやはり別格の存在を放った同選手。キレキレのドリブルから思い切りのよいシュート、そして決定的なラストパス。どれをとっても、レベルは高かった。中島は同試合でチーム2番目に多いシュート3本を放っており、ドリブルを仕掛けた回数は驚異の11回となっている。そしてそのうちの82%を成功させているのだから恐ろしい。

    森保ジャパンにおける攻撃の切り札である中島は、毎シリーズ10番を付けていた。本人は背番号にこだわりは持っていないというが、10番をつけるということは、やはりエースとしての自覚があってのものだろう。

    それが、復帰した香川の手に渡り、中島は背番号8を身に付けることになった。しかし、香川が10番を付けることで一体誰が得するのだろうか。同選手はクラブチームで背番号23を付けているのだから、代表チームでもそうすることはなんらおかしくない。逆に「KAGAWA 23」の背番号入り日本代表ユニホームは魅力的であり、マーケティングの面でも大きなものとなったはず。

    経験値の多さで言えば、中島より香川が上に行くだろう。ただ、森保ジャパンのエースは紛れもなく中島だ。日本のサッカー界は、その事実をいち早く認めるべきだろう。

    3/23(土) 7:45配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190323-00314638-footballc-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ