海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2019年07月

    GettyImages-1065066830-min

    1: シャチ ★ 2019/07/31(水) 21:59:58.39
    7/31(水) 21:57配信 時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00000137-jij-spo
    サッカーの元日本代表監督で、フランス1部リーグ、ナントのバヒド・ハリルホジッチ監督(67)が近日中に辞任することが31日、分かった。クラブ関係者が明らかにした。チームは今季リーグ開幕戦を8月11日に控えている。

    ハリルホジッチ氏は、昨年4月に日本代表監督を解任された後、昨季途中の10月に現役時代の古巣であるナントの監督に就任。降格圏に低迷していたチームを12位まで引き上げたが、クラブ幹部との関係が悪化していた。(AFP時事)。 

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/31(水) 18:51:11.03
    スペイン1部バルセロナに入団した日本代表MF安部裕葵(20)への注目度が意外な形で急上昇だ。同世代のライバルで同1部レアル・マドリードに加入した日本代表MF久保建英(18)が実戦デビューし評価を上げているのとは対照的に、安部はチームの日本遠征で腰を痛めて2試合とも欠場。新天地で不安なスタートとなったが、それでも久保を超えるほどの熱視線が注がれている。いったい、どういうことなのか。

    安部は日本遠征のメンバーに入ったものの、腰を打撲した影響で別メニュー調整が続いており「楽天カップ」初戦(23日)イングランド・プレミアリーグのチェルシー戦、第2戦(27日)のJ1神戸戦もベンチ外。期待された凱旋デビューは実現しなかった。

    世界屈指のビッグクラブ、バルセロナに入団したばかりでいきなりつまずいた一方、同世代のライバルでRマドリードに加入した久保はトップチームの北米遠征に参加し、インターナショナルチャンピオンズカップに出場。26日(日本時間27日)のアトレチコ・マドリード(スペイン)戦では途中出場から強烈ミドルを放つなど存在感を示した。

    安部はスタートから水をあけられた格好だが、意外にも久保以上の注目を集めているという。

    「安部選手はもちろん実力もすごいと思うが、それ以上にアイドルのようなルックスもすばらしい。最近は(元日本代表DF)内田篤人(31=鹿島)のようなイケメン選手がなかなか現れていなかったけど、これから日本代表で活躍すれば一気にすごい人気になる可能性もある」と民放キー局の関係者は語った。

    日本代表では、さわやかなルックスが自慢の内田が“ウッチー”の愛称で女性人気を独占。著書はバカ売れ、テレビCMにも多数出演し、ドラマにも起用されて引っ張りだこだった。その後はFW武藤嘉紀(27=ニューカッスル)が端正な顔立ちでクローズアップされたが、最近は女性ファンが熱視線を注ぐようなイケメン選手が少なかった。

    そこで彗星のように現れたのが安部だ。一部ファンの間では人気アイドルの山下智久(34)に似ていると言われる、ジャニーズ系の正統派イケメン。昨季Jリーグの新人王にあたるベストヤングプレーヤー賞を受賞する活躍で、注目度は急上昇した。「女性に人気のある選手はすごく話題性がある」と同関係者が話すように、テレビ業界は早くも安部に“ロックオン”。すでにサッカーに関連した企画はもちろん、女性視聴者を意識したバラエティーなど複数のテレビ局が番組起用を検討している。

    ピッチでは久保に差をつけられたが、ピッチ外では圧勝ムード。東京五輪エース候補は、大スターに大化けする可能性を秘めている。

    2019年7月30日 16時30分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16853462/

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/31(水) 19:41:00.35
    元マンチェスター・ユナイテッド指揮官のジョゼ・モウリーニョ氏は、早期の現場復帰を望んでいるようだ。

    2016年からマンチェスター・Uで指揮を執るモウリーニョ氏だが、昨年12月に選手との確執や成績不振を理由に解任される。以降、解説者としてメディアには登場するものの、指揮官としての仕事はなく、無所属の状態が続く。そんな中、以前に7月までに仕事を再開したいと話していた同氏はイギリス『スカイスポーツ』に対して心境を吐露した。

    「これだけ考える時間があるのは初めてで、7月末から8月上旬にかけてセトゥバルにいることもここ20年以上はなかった。私の今の気持ちを考えたり、分析したりしているけれど、間違いなく“ゼ(モウリーニョ氏の幼少期のニックネーム)”は情熱にあふれている」

    「友人が“楽しめばいい。7月を、8月を楽しめばいい。君ができなかったことを楽しめばいい”と言っていた。ただ、正直言って、楽しめない。楽しめるほどハッピーではない。フットボールが恋しい。このような環境にいることが少しばかりおろかに見えるが、自由な時間を本当に楽しむことができない」

    欧州での指揮を続けるために、中国行きを拒んだとされるモウリーニョ氏は「“モウリーニスタ(モウリーニョ氏のファン)”のために適切な選択をしたい」と強調し、自身が納得のできる機会が訪れるまで我慢強く待ちたいと語っている。

    「私は忍耐強く、適切な機会を待たなければならない。適切な機会とは指揮官としての私と同じ大きさで、同じレベルであるクラブのことだ。もちろん、すべてに“イエス”と言えるが、今は“ノー”と言って正しいものを待つ必要がある」

    7/31(水) 18:07配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00010022-goal-socc

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/31(水) 18:29:10.99
    予想スタメン
    no title


    レアル・マドリードは現地時間7月30日にアウディカップ準決勝でトットナム(0-1)と対戦し、日本代表MF久保建英は途中出場ながら好プレーを披露して存在感を示した。

    31日の3位決定戦でフェネルバフチェと激突するなか、スペイン紙「AS」は久保の“レアル初先発”を予想しており、ジネディーヌ・ジダン監督にアピールする最大のチャンスが到来しそうだ。

    トットナム戦では序盤からレアルが劣勢に立たされると、前半22分に失点を喫した。ベルギー代表MFエデン・アザールのパスがずれ、タッチラインを割ろうとしたボールにブラジル代表DFマルセロが反応。ところが後方へ戻したボールは相手のイングランド代表FWハリー・ケインに渡り、これを沈められて先制ゴールを決められた。

    1点ビハインドのレアルは後半19分に4人を変更し、同35分から久保らを連続投入。右サイドに入った久保はパスミスも見られたが、後半39分には低弾道のミドルシュートをお見舞いすると、同40分にはエリア内でボレーシュートを放って会場を沸かせる。さらに同42分には、右サイドから鋭いドリブルで切り込み、左足で強烈なシュート放つなど、出場10分間でゴールへの積極性を見せつけた。

    0-1と惜敗したレアルは決勝進出を逃し、翌日の3位決定戦でフェネルバフチェと対戦する。スペイン紙「AS」のスタメン予想では、トットナム戦から10人を入れ替えると見ており、久保は4-2-3-1システムの右サイドハーフに入った。

    トットナム戦から唯一の連続先発とされるのはドイツ代表MFトニ・クロースのみ。久保は2列目でスペイン代表MFイスコ、ブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールと並びそうだ。記事では「ジダンのチームが躍動を取り戻すのに理想的な相手」と記している。

    チームはここまで1分3敗と苦戦、抜擢の日本人MFがプレシーズン初勝利へ導くか
    no title


    レアルはプレシーズンで苦戦が続いており、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)でバイエルン・ミュンヘン(1-3)、アーセナル(2-2)、アトレチコ・マドリード(3-7)と対戦。1分2敗で北米遠征を終え、アウディカップ準決勝でもトットナムに0-1と敗れてプレシーズン3敗目を喫した。

    久保はバイエルン戦で後半頭から出場して“白い巨人”デビューを飾り、アトレチコ戦では後半17分からプレー。ここまで途中投入で3試合に出場しているが、フェネルバフチェでスタメンに抜擢されれば、記念すべきレアル初先発となる。

    いまだ未勝利のチームだが、「26番」を背負う18歳の日本人アタッカーが白い巨人を初勝利へと導けるだろうか。

    7/31(水) 17:50 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190731-00207482-soccermzw-socc

    続きを読む

    2019-07-31_09h09_10
    1: 風吹けば名無し 2019/07/31(水) 17:53:03.66
    なら明日仕事休むが?

    2: 風吹けば名無し 2019/07/31(水) 17:53:25.21
    あるで

    3: 風吹けば名無し 2019/07/31(水) 17:53:31.71
    スタメンらしいで

    4: 風吹けば名無し 2019/07/31(水) 17:53:50.29
    あるとも言えない事はないが
    ない事もあるかもしれない

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/31(水) 16:11:58.58
    フリーマーケットアプリ大手のメルカリは30日、リーグ制覇8度を誇るJ1鹿島の経営権を取得した。鹿島の発行する株式の61・6%について日本製鉄から15億9700万円で譲渡を受ける契約を締結した。

    公正取引委員会の審査を経て、8月30日にも新体制へ移行する。都内で会見したメルカリの小泉文明社長(38)は「当社はテクノロジーが一番の強み。顧客層の拡大、ブランドの向上、ビジネス機会の創出。まだまだ多くのことができる」と説明した。

    メルカリは、すでにJ1神戸の経営でJリーグに参入している楽天とライバル関係にある。同社の事業主体であるフリマアプリの「メルカリ」は楽天の「ラクマ」、さらに現在投資を集中しているモバイルペイメント事業の「メルペイ」も「楽天ペイ」とシ烈な顧客の奪い合いを展開。小泉社長も「ヴィッセル(神戸)さんと事業上で競合するところはあるが、Jリーグを盛り上げるためには重要なパートナーの一社」と語った。

    しかし、メルカリはライバルと正反対の経営方針を掲げる。神戸は元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(35)ら世界的スターを次々と獲得しているが、小泉社長は「大きな補強は考えていない」と大物獲得を否定。また楽天の三木谷浩史会長(54)はチーム強化に積極的に関与するものの、同社長は「強化のほうはジーコTD(テクニカルディレクター=66)や(鈴木)満(強化部長=62)さんなどがつくってきた哲学がある」。

    鹿島伝統の“ジーコイズム”を継承しつつ、現場には口を出さないメルカリ流でJリーグに新風を吹き込む。

    7/31(水) 11:32配信
    2019-07-31_18h08_23
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00000012-tospoweb-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/07/31(水) 14:46:34.86
    清水エスパルスが31日、チームに所属する23歳の日本代表FW北川航也がオーストリア1部のSKラピード・ウィーンへ完全移籍すると発表。

    北川はSKラピード・ウィーンのオフィシャルサイトを通じて「SKラピード・ウィーンのためにプレーする最初の日本人選手であることを非常に誇りに思います。世界的に有名なウィーンの街で素晴らしい歴史を持つクラブ。すでにクラブの素晴らしい印象とファンの素晴らしい雰囲気を感じています」とコメントしている。

    北川は清水の下部組織で育ち、2015年にトップチームへ昇格。今季はリーグ戦20試合に出場し6得点3アシストを記録していた。SKラピード・ウィーンはオーストリアの名門クラブであり、たびたびヨーロッパリーグの本戦にも出場している。
    kita-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190731-00332659-footballc-socc

    続きを読む

    2019-07-29_15h52_37

    1: 久太郎 ★ 2019/07/31(水) 12:44:24.75
    警察が、韓国で行われた親善試合を欠場したサッカー界のスター、クリスチアーノ・ロナウド=写真=の捜査に着手した。

    ソウル地方警察庁は「詐欺容疑で告訴状が受理されたロナウドやユベントスなどに対する捜査をソウル水西警察署に配当した」と30日、明らかにした。法務法人LKBパートナーズのオ・ソクヒョン弁護士がロナウドと所属チームのユベントス、試合を総括した韓国の主催企業「ザ・フェスタ」を詐欺容疑で警察に告発していた。

    水西警察署は「ロナウドとユベントスの告発状は受理された。罪になるということであれば、被告発人に対して出席要求書を送るのが通常の捜査手順だ。事件を検討した上で、召喚するかどうかを決定する」と明らかにした。

    しかし、出席要求書が発行される可能性は低い。告発容疑がある程度立証されなければならないからだ。警察関係者は「『故意にだました』という客観的な状況がなければ詐欺罪ではなく、民事の問題になるので、警察は介入できなくなる」と話している。

    もし、このような状況があったとしても、国内召喚が問題になる。外国人が韓国で犯罪を行った場合、警察は国際刑事警察機構(ICPO、インターポール)に捜査協力を依頼したり、相手国に犯罪人の引き渡しを要求したりすることもある。しかし、警察庁の内部規則では、「懲役1年以上の刑」の犯罪にのみインターポールに捜査協力を要請できるようになっている。ロナウドが暮らすイタリアに犯罪人引き渡し要求をしようとしても、裁判所が逮捕状を発行するほど犯罪の容疑が相当部分で認められなければならない。ロナウドが召喚に応じなくてもインターポールの捜査協力要請や犯罪人引き渡し要求をするのは難しいことだ。

    今回の刑事訴訟とは別に、ロナウドの欠場と関して集団損害賠償訴訟も起こされる。30日現在、試合を主催したザ・フェスタを相手取った損害賠償訴訟団に約2000人が集まっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00080013-chosun-kr

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/31(水) 09:08:54.73
    フリーマーケットアプリ大手のメルカリが鹿島アントラーズの経営権を取得することが30日、決まった。この日、親会社の日本製鉄が保有していた株式72・5%のうち61・6%を、16億円でメルカリに譲渡する契約が結ばれた。日本製鉄、メルカリ、鹿島の3社は都内で会見を開き、鹿島の今後の方針について説明した。

     ◇  ◇  ◇

    今回の発端は、12年10月に新日鉄が住金を吸収合併し、新日鉄住金(現在は日本製鉄)が鹿島の親会社となったことだ。野球やラグビーを応援してきた新日鉄に対し、47年に住金蹴球団設立から72年間も鹿島を運営した住金。スポーツ事業の主導権は新日鉄側が持ち、住金側の意見は反映しづらくなった。鹿島担当の窓口は、役員クラスから部長クラスに下がった。

    鹿島は地道な経営努力もあり、年間の営業収益を70億円超にまで伸ばした。親会社の支援なしでもクラブ経営ができるまでに成長したが、その規模を維持するには親会社の支援は無視できない。将来を見据えた親会社からの投資が見込めなくなり不安も募った。そこで新たにサッカーへの理解がある企業を探した。

    外資系会社の日本法人も含み、複数の会社から打診を受けた。中には100億円単位の資金を投資する代わりに、地元を東京に移転し、ホームスタジアムを新国立に移すことを要求する企業もあった。そこで一昨年4月にスポンサー契約を結んだメルカリが、地元を維持することを第1条件にバックアップすることを提案した。結局、鹿島経営陣は巨額の資金より地元優先の選択をした。

    7/31(水) 7:58 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-07310045-nksports-socc

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/31(水) 09:02:07.32
    18歳MFの働きを絶賛
    2019-07-31_09h09_10

    厳しいプレシーズンが続くレアル・マドリーだが、MF久保建英への期待は高まっているようだ。スペイン『ElDesmarque』が伝えた。

    久保の同年代は“怪物”だらけ?CLを戦った東京五輪世代ベスト11を選出

    来季のリーガ、チャンピオンズリーグ覇権奪還に向けて準備を進めるレアル・マドリーだが、これまでは難しいプレシーズンとなっている。30日に行われたトッテナムとのアウディ・カップでは、主力を軒並み先発起用したものの22分に失点。最後まで得点を奪えず、0-1で敗れた。

    この試合では、久保は80分から出場。出場は10分と短かったものの、確かな爪痕を残したようだ。『ElDesmarque』は「クボは失望させることはなかった」と題し、18歳の日本代表MFのプレーに賛辞を送っている。

    「再び敗北した。だが、この試合はいくつかのポジティブな面を残している。そのうちの1つが、タケフサ・クボだ」

    「この日本人は、レアル・マドリーが彼に賭けた理由を説明するための時間をジネディーヌ・ジダンに与えられているが、それを利用している。バイエルンとの試合ではボールを持つ中でのリーダーであり、18歳にも関わらずそのパーソナリティを見せつけた」

    「そして、火曜日の試合ではまたしてもチーム最大のセンセーションだった。たった10分しかなかったにも関わらず。クボとヴィニシウス(ジュニオール)、ロドリゴだけが良い印象を与えた。このMFはアクティブで、常に飢え、我慢し、相手ゴールに危険を与えようとした。クボは絶えず熱意を見せていた」

    プレシーズンマッチ4試合で1分3敗13失点と厳しい状況が続き、サポーターの不満が高まっているレアル・マドリー。そんな中で、久保は確かな評価を受けているようだ。

    7/31(水) 7:02配信GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00010003-goal-socc

    スペイン全国紙『AS』のトマス・ロンセロ記者は、以下のようにゲームを総括している

    「ロドリゴ(・ゴエス)は素晴らしかっただろう。トッテナム戦では主に左サイドでプレーしたが、躍動感があって印象的だった。クボもまた、限られた出場時間のなかで印象的な出来を披露。わずか10分間ではもったいない。もっと観たいと思わせるプレーを連続させていた。ジズーは彼らにより多くの機会を与えるべきだろう」

    日本代表FW久保建英は、ロドリゴに代わって80分に登場。いきなりパスミスを犯すなど、入りは決してスムーズではなかったが、右サイドで徐々に持ち味を発揮。84分にヴィニシウス・ジュニオールのクロスのこぼれ球を右足ボレーで狙うビッグチャンスを迎えたが、これは惜しくも枠を捉えられなかった。ほかにも強烈なミドルシュート、鋭いカットインからの左足弾を放ち、常にボールを呼び込むなど、積極果敢にスパーズ・ゴールに迫った。

    さらに『AS』紙は、出場全選手に寸評を付けるコーナーでも久保のパフォーマンスを絶賛。「巡ってきた出場機会で3本のシュートを放ってみせた」と記し、「最後の数分間、彼が(マドリーの攻撃に)電流を走らせた」と称えている。

    7/31(水) 5:08サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190731-00010000-sdigestw-socc

    レアル久保、トットナム戦途中出場で強烈存在感 英紙も感銘「名前を覚えておいて」
    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190731-00207347-soccermzw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ