海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2019年09月

    1: Egg ★ 2019/09/30(月) 21:30:05.59
    コンサルティング大手のデロイトトーマツグループが実施する、J全54クラブのビジネスマネジメントを分析した「Jリーグマネジメントカップ」の18年度ランキング発表会が30日、都内で行われ、同社の特任上級顧問を務めるFC今治オーナーの岡田武史氏(63)が登壇した。

    主にマーケティング、経営効率、経営戦略、財務状況の4分野から各クラブをポイントでランキング。J1は川崎フロンターレ、J2(当時)は松本山雅FC、J3はギラヴァンツ北九州がそれぞれ1位となった。

    財務状況ではMFイニエスタら世界のトップ選手を獲得したJ1ヴィッセル神戸が100億円に迫る営業収益を計上するなど、圧倒的な数字を残した。

    神戸はイニエスタの加入後、スタジアムの平均集客率が上昇。ホーム82・1%に対してアウェーは87・8%と、対戦相手にも巨額の利益をもたらしているのが特徴的だ。

    神戸の大胆な補強策に岡田氏は「決して間違いじゃない。僕もイニエスタ見たいもん」と理解を示した上で、「借金(投資)をしてまでやることではない。どこか(のクラブ)でやってもらって、ウチの集客が上がるのが最高。みんな、神戸にお金を渡さなイカンね」と冗談めかして、話して、笑いを誘った。

    現在JFLを戦うFC今治は、25年までに28~30億円規模の経営でJ1を制覇することを目指している。

    今治市の人口は約16万人。集客面を強化するには、遠方からの観客を呼び込むことが必須だ。

    岡田氏はサッカーだけで人を呼び込むのではなく、ショッピングモールなどを併設したスタジアム施設の建設を描いているといい、「半日過ごせる複合型スタジアム、365日人が集う場所を作りたい」と理想を語った。

    9/30(月) 18:33配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190930-09300684-nksports-socc

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/09/30(月) 20:37:07.56
    ラグビー日本代表が9月28日(土)、ラグビーワールドカップ2019プールA第2戦で前回大会に続いて格上の世界ランク2位のアイルランドを破る番狂わせを演じたことについてセルジオ越後が言及した。

    松島幸太朗 世界2位から2トライ宣言!ラグビーW杯日本代表前日練習

    セルジオ越後コメント―

    ―2大会連続の大金星について

    強いチームに勝っている間のフィーバーはまだ強くないということだと思う。今日は座布団飛んだね。日本が負けてニュースになるということがまだまだ宿題じゃないかと思う。競合に勝った・負けたとか、予選突破したとか両方とも似てるところがある。ラグビーも予選だけじゃなくもっともっと上を狙っやってほしい。


    ―ラグビーについて思うこと

    ものすごい激しいスポーツ。その中に民族の違いとか体格とか体の強さとかトレーニングでできるものと出来ないものがあると思う。あと、なんでこんなに外国人が多いんだろうと。彼らはラグビーが広まるために戦っている美しさがある。今、日本は外国人労働者を入れようとしているじゃないですか。

    ラグビーそのものが頑張ることによって、もしかしたら外国人と日本人が一緒にやったらこんな力が出るんだと社会面でもおもしろいんじゃないかと思う。帰化して中身は外国人なのに、こんなに日の丸のために頑張っているというのは、日本の歴史の中で日本の文化を変えてくれる一つの中身になるのではないかと思う。社会面でも期待したい。


    ―アイルランド戦で逆転トライを決めた福岡堅樹選手は日本人で非常に人気のある選手。日本の選手が海外の選手に立ち向かう姿をどう見るか?今後の期待は

    福岡選手は途中出場であれぐらいスピードがある。特にカウンターに役に立つと思う。選手は完全ヒーローにならなくてはいかない。五郎丸はキックもうまいが五郎丸ポーズで有名になった。今、キックをしている選手は五郎丸に劣らない確立で決めている。

    でもそういうキャラになって次の試合も次の試合も彼の名前を覚えさせるという活躍が必要じゃないかなと思う。1試合目に3トライとった選手が今回何もとれなかった。継続性がないと名前を覚えられない。結果を出さなければいけない。サッカーも岡野(雅行)が1点をとってヒーローになったことがある。

    歴史的にはあの時にワールドカップに連れて行った得点だけども、他の選手の方が好感度が上がった。そういうところがスポーツの共通点。次の試合も次の試合も活躍して名前を覚えさせて活躍することでチームもあがっていくんじゃないかなと思う。諦められていたチームが強豪を倒したらやっぱり雰囲気があがりますよね。そこで日本は強いと勘違いしてはいけない。謙虚でやってきたからこのことがあった。

    これから日本と戦う相手を見下ろすことはないでしょうね。次に勝った時にやっぱり強くなったということを見せてほしい。南アフリカ、アイルランドに勝って予選突破しなければ何も変わってないと言われてもおかしくない。ぜひ予選を突破してほしい。

    9/30(月) 12:31配信
    no title
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190930-00010000-tvtokyos-spo

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/30(月) 18:30:28.13
    セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)第8節のデポルティボ対ミランデス戦が現地時間29日に行われ、1-1の引き分けに終わった。デポルティボの日本代表MF柴崎岳は先発で出場し、66分に交代するまでプレーした。

    4試合連続の先発で出場した柴崎だが大きな見せ場は作れず。チームも先制されたあと追いつきはしたが勝ち越し点は奪えず、4試合連続のドローに終わっている。

    柴崎のパフォーマンスに対し、スペインメディアの評価は厳しい。『エル・デスマルケ』ではデポルティボの大半の選手と同じく採点「4」とし、「依然として輝くことができていない」と柴崎を評している。

    地元紙『ラ・ボス・デ・ガリシア』でも同じく採点「4」。「前半には何らかの意図を持ったプレーをしようとしていた唯一の存在であり、ある程度危険な場所までパスを通していた」としながらも、それ以上にボールロストが目立ったと述べている。

    チーム専門メディア『リアソール.org』では「2.4」とチームの中でも低い採点。「創造的なプレーよりボール奪取の方が良かったが、それはチームが必要としていることではない」と日本人MFのプレーについてコメントしている。
    20190919_shibasaki_kawamori
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190930-00340532-footballc-socc
    9/30(月) 13:27配信

    続きを読む

    2019-09-30_15h01_53

    1: 風吹けば名無し 2019/09/30(月) 14:40:42.32
    みんな同じこと思ってたんやなあ

    2: 風吹けば名無し 2019/09/30(月) 14:41:11.56
    展開が激しいからね

    4: 風吹けば名無し 2019/09/30(月) 14:41:49.34
    ワールドカップ終わったら誰も見ないだろ
    サッカーですらそうじゃん

    続きを読む

    news_223224_1

    1: 風吹けば名無し 2019/09/30(月) 09:31:16.89
    過去10年間それぞれのリーグで最も優勝しているクラブ

    スペイン…バルセロナが7回優勝
    イングランド…シティが4回優勝 他国に比べれば比較的競争力があるが近年はシティの1強化が著しい
    ドイツ…バイエルンが8回優勝 7連覇中
    イタリア…ユベントスが8回優勝 8連覇中
    フランス…パリSGが6回優勝
    ポルトガル…ベンフィカが6回優勝 残りの4回は全てポルトが優勝
    オランダ…アヤックスが5回優勝

    2: 風吹けば名無し 2019/09/30(月) 09:31:30.54
    ウクライナ…シャフタールが8回優勝
    オーストリア…ザルツブルクが8回優勝 6連覇中
    デンマーク…コペンハーゲンが6回優勝
    ギリシャ…オリンピアコスが7回優勝
    キプロス…APOELが8回優勝 7連覇中
    クロアチア…ディナモザグレブが9回優勝
    スコットランド…セルティックが8回優勝 8連覇中
    スイス…バーゼルが8回優勝

    3: 風吹けば名無し 2019/09/30(月) 09:31:41.49
    これ以外のリーグもほとんどは
    ・1強チームが2年に1回程度優勝する
    ・2、3チームのみが優勝を独占している
    のいずれかに該当し、Jリーグのように毎年どこが優勝するかわからないと言えるのはトルコが唯一であった
    (10年間で9チームが優勝、複数回優勝はガラタサライのみ)

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/09/30(月) 08:55:45.39
    [9.29 国体少年男子1回戦 熊本県 2-0 福島県 北海浜多目的球技場]

    “福島のアンリ”が高いポテンシャルを示した。この日、福島県は序盤から熊本県にボールを握られる時間が増えてしまい、苦戦。相手の攻撃を受ける時間帯が続いたが、187cmの高さに注目集まるアメリカ系CBチェイス・アンリ(尚志高)はインターセプトから一気に前線へ駆け上がったり、中央突破をするなど目立つプレーを見せていた。

    「最近、インターセプトで読みの練習をしていて、3、4回獲れて嬉しかったです」とアンリ。また、相手アタッカーに抜かれかけても足の長さを活かして突破を止めるなど、能力の高さを活かしてゴールを守っていたが、本人は対応が遅れて止め切れなかったシーンが幾度かあったことを悔しがっていた。

    この日は得意とするヘディングも不発。1点を追う試合終盤は前線に上がったが、攻め急ぐチームの中でボールに絡むことができなかった。そして、アディショナルタイムにカウンターから痛恨の2失点目。自身初の全国大会は悔しい初戦敗退となった。

    神奈川県のFW湘南ジュニアユース出身。神奈川県内の強豪校からの誘いなどがある中、福島の名門・尚志へ進学することを決めた。「パスサッカーが好きで、尚志は回すサッカーなので尚志に行けば技術的に上手くなるかなと。あと(寮生活で)自立したくて」。まだまだ粗さがあり、学ぶべきことが多いことは確か。福島での挑戦を始めているCBは、高校3年間で大きく成長する意気込みだ。

    「アンリ」の名は元フランス代表の名ストライカー、FWティエリ・アンリを連想させる。その名に加え、プレーもスケール感大きなCBは、コーチングの部分やロングフィードなどの課題を改善し、憧れのオランダ代表CBフィルヒル・ファン・ダイクや高校から直接プロ入りを果たせるようなCBになることを目指す。
    no title
    9/30(月) 8:01配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190930-43472196-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/09/30(月) 09:05:21.78
    ポルトはリーグ戦6連勝を飾る

    現地時間9月29日、ポルトガルリーグ第7節が行なわれ、リーグ戦5連勝で3位につけているポルトは、アウェーで現リーグ4位のリオ・アベと対戦した。

    中島翔哉は4-4-2の左サイドハーフで先発。この試合が、中島にとってポルトでのリーグ戦初先発試合となった。

    立ち上がりはお互いに様子を見ながら慎重な試合運びとなったが、11分に中島翔哉が中央に切り込み、左サイドに展開。このプレーでアレックス・テレスがCKを獲得し、12分にムサ・マレガが頭で決め、先制点をあげた。

    31分にも中島とマレガの連携で左サイドから崩すなど、前線とのコンビネーションも少しずつ合っている様子が見られたが、崩しきれず、リオ・アベの最終ラインにはじき返される。

    こうして前半は追加点を奪ずもどかしいポルトに対し、ホームのリオ・アベは4バックから3バックに戦術を変更して1点を狙いに出る。

    そして63分、リオ・アベのメヒディ・タレミがポルトDFの裏を取って飛び出し、GKをかわして同点ゴール。しかし、これはVAR判定によってオフサイドと判定され、無効となっている。

    一進一退の攻防が展開するなか、中島はあまりボールに触れない時間が続く、それでも要所で攻撃にアクセントを生むが、フィニッシュには持ち込めず。中島は76分にゴール前で倒されFKを獲得した直後、DFシャンセル・ムベンバと交代してピッチを退いた。

    非常に拮抗した試合となったが、アウェーチームが前半に奪った虎の子の1点を守り切って、勝利をもぎ取っている。また、リーグ戦6連勝と勝ち星を伸ばした。

    ポルトは、現地時間10月3日にヨーロッパリーグ第2節でフェイエノールトとアウェーで対戦する。

    9/30(月) 6:00 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190930-00064759-sdigestw-socc

    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ