海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2020年03月

    1: 久太郎 ★ 2020/03/31(火) 23:22:21.92
    【バンコク時事】タイ・サッカー協会関係者は31日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う財政悪化を受け、同国代表の西野朗監督と給与削減で合意したと述べた。期間は状況が改善するまでで、削減幅は明らかにされていない。協会幹部やタイ人職員は5割減らす。

    西野氏はタイ協会のフェイスブックで公開された映像で、手をたたきながらタイ語で「頑張れ」と語り、治療に当たる医療関係者らを激励した。
    2020-03-31_23h49_02
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020033101052

    続きを読む

    GettyImages-1097320046-e1548246146272
    1: 風吹けば名無し 2020/03/28(土) 00:20:36.87 ID:A9shr3L40
    玄人ぶったニワカ「バルベルデ!!!!」

    ワイ「だからさあw」

    6: 風吹けば名無し 2020/03/28(土) 00:23:30.48
    ネドベド

    9: 風吹けば名無し 2020/03/28(土) 00:23:54.59 ID:A9shr3L40
    >>6
    現代って意味知ってる?

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/03/31(火) 06:39:48.74

    no title



    新型コロナウイルスの影響で世界各国のリーグ戦が中断を余儀なくされているなか、欧州で唯一、国内リーグが開催されている国がある。ベラルーシだ。

    英公共放送『BBC』によると、世界中のファンが“サッカーロス”に陥っているこの状況で、にわかにベラルーシ・プレミアリーグが注目を集めているという。

    同リーグはJリーグと同様に“春秋制”のため、3月19日に新シーズンがスタート。先週末には第2節の全8試合が開催され、3月28日に行なわれたFCミンスク対ディナモ・ミンスクの“ミンスク・ダービー”には約3000人の観衆が集まった。

    3月29日現在、ベラルーシでの新型コロナウイルスの感染者数は94人と、他の欧州各国に比べると少なく、死者も出ていない。そのため政府からの自粛要請などは発令されていないという。

    ベラルーシ・サッカー連盟の広報を務めるアレクサンドル・アレイニク氏は、「スポーツ省が推奨するすべての措置をとっており、ファンと接触するすべてのスタッフには手袋が支給されている」と説明するなど、感染防止のために万全の対策を講じているようだ。

    そんな「欧州で唯一稼働しているプロリーグ」に対して、サッカー中継という人気コンテンツを確保したい世界中の放送局からオファーが届いているという。

    実際、ロシアやイスラエル、インドなどのスポーツネットワークが同リーグとの放映権契約を結び、すでに計10か国で視聴が可能となった。この状況に対して、アレイニク氏は「前代未聞」と、嬉しい悲鳴をあげているようだ。

    SNS上でも、他国のサッカーファンからの投稿は確実に増えてきており、試合の直前になるとその数も倍増するという。

    近年欧州カップ戦でも実績を残し、国内13連覇中の絶対王者BATEボリソフがよもやの連敗スタートを切るなど、リーグ事態も波乱含みのスタートとなっており、優勝争いも白熱した展開になりそうだ。

    このまま無事に試合が継続できれば、他国のリーグ戦が再開する頃には、ぐっと知名度が上がっていることだろう。

    3/31(火) 5:40配信https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200331-00010000-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/03/31(火) 17:10:38.70
    新型コロナウイルスの感染拡大で、人々の心はナーバスになっている。それが、離れて暮らす我が子に関することならなおさらかもしれない。

    【画像】マキシ・ロペス、ワンダ・ナラ、イカルディの不倫発覚前の3ショット!

    イタリア2部のクロトーネに所属するマキシ・ロペスが、前妻のワンダ・ナラをSNSで非難した。現在はパリ・サンジェルマンでプレーするマウロ・イカルディの妻であるワンダが、自分との間にもうけた3人を含む5人の子どもたちとパリからイタリアに連れて帰ったからだ。

    『Gazzetta dello Sport』紙や『Sport Mediaset』によると、ワンダは子どもたちがロンバルディア州のコモ湖にある家にいる写真をSNSに投稿していた。

    M・ロペスは「世界的パンデミックで外出しないように求められているなか、どんな基準で隔離を破って子どもたちを別の国に移し、イタリアの感染中心地に行ったのか知りたい」と怒りを露にしている。

    「何よりも大事なのは子どもたちの健康という時に、何を考えているのか。それを分かっていないことが腹立つ。自分たちは望まなくても、子どもたちのためにやるべきだ。5人の子どもたちの母親なのだから。でも、どうやら君はそれが分かっていないようだ」
     
    これに対し、イカルディはインスタグラムでファンからの質問に「政府指示に従いつつ、全員の安全に気を付けつつ、居住地に戻るのは許されているからだ」と説明している。

    パリとコモ湖のどちらが危険かは、だれにも分からないだろう。イカルディが言うように、違反をしていなければ問題ないとの見方もある。ただ、この状況で移動すること自体を批判する声もある。

    イカルディがチームメイトだったM・ロペスの妻ワンダと不倫をして“略奪婚”をして以降、M・ロペスとイカルディ夫婦はたびたび“舌戦”を繰り返してきた。ただでさえ世界的な危機的状況にあるなかで、子どもたちが心を痛めることがないのを願うばかりだ。
    2020-03-31_18h34_21
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200331-00071307-sdigestw-socc

    続きを読む

    51zf66zn9wL._SY355_

    1: 風吹けば名無し 2020/03/30(月) 13:39:04.81
    ティエリ・アンリですね?
    これがメンタリズムです

    2: 風吹けば名無し 2020/03/30(月) 13:39:25.61
    そらアンリやろ

    3: 風吹けば名無し 2020/03/30(月) 13:39:46.34
    まぁアンリ

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/03/31(火) 16:05:38.19
    ボルシア・メンヘングラードバッハ(ボルシアMG)のサポーターが、無観客での再開に備え、約5万人分のダンボールサポーターの制作をしているようだ。30日に独紙『ビルト』が報じている。

    新型コロナウイルスの影響でブンデスリーガは4月30日まで中断されることが決まった。ただ、ドイツ国内で感染者数が増えていることもあり、スタジアムに観客を入れるのは難しい。当分の間は無観客試合でシーズンが再開されると予想されている状況だ。

    同紙によると、無観客試合に備えてボルシアMGのサポーターがファンに似せた等身大のダンボール人形を約5万人分作っているという。Jリーグの大宮アルディージャのサポーターも2014年5月28日の平日夜に行われたヤマザキナビスコカップの徳島ヴォルティス戦において、スカスカなビジター席を少しでも埋めるために、ユニフォームやTシャツを着せた段ボール人形をスタンドに置いていたことがある。当時は海外メディアにも取り上げられていた。

    今回のボルシアMGのサポーターは少し取り組み方が違う。新型コロナウイルスの影響で経済的打撃を受けている2つの地元の小さな会社に発注し、収益が発生することで、そこで働く従業員の生活を守る狙いもあるようだ。また、収益の一部はクラブと密接に関連する公共福祉プロジェクトに寄付される模様。
    2020-3-31_Borussia_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200331-00369039-footballc-socc

    続きを読む

    burning-3088905_640
    1: 風吹けば名無し 2020/03/31(火) 14:22:55.30
    スティーブン・ジェラードですね?
    これがメンタリズムです

    9: 風吹けば名無し 2020/03/31(火) 14:25:18.99
    >>1
    すげえ

    13: 風吹けば名無し 2020/03/31(火) 14:27:23.94
    >>1
    やるやん

    続きを読む

    1: 1号 ★ 2020/03/31(火) 13:58:18.47
    ブラジル1部ボタフォゴの元日本代表MF本田圭佑が31日、自身のツイッターを更新。タレントの志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎のため亡くなったことを伝えるアメリカ「CNN」の英語版のニュースを引用する形で「そう、志村さんは真のスターでした…。私も小さい頃、彼のテレビ番組を見ていました…。安らかにお眠りください」と書きつづった。

    この本田の投稿は、全て英語で記された。本田の影響力は日本国内にとどまらず、世界各地に約98万人のフォロワーがいる。英文での投稿により、日本で愛された志村さんの偉大さが世界に発信される形となった。

    2020年3月31日 13時46分スポーツ報知
    2020-03-31_14h30_11
    https://hochi.news/articles/20200331-OHT1T50096.html

    続きを読む

    71262_ext_04_0
    1: 風吹けば名無し 2020/03/31(火) 05:09:15.49
    ブガッティ『CHIRON』 215万ポンド(約3億円)
    ブガッティ『VEYRON』 170万ポンド(約2億3000万円)
    マクラーレン『SENNA』 100万ポンド(約1億3500万円)
    メルセデス『G-WAGON BRABUS』 60万ポンド(約8100万円)
    フェラーリ『F12 TDF』 35万ポンド(約4700万円)
    ロールスロイス『CULLINAN』 33万ポンド(約4500万円)
    ランボルギーニ『AVENTADOR』 26万ポンド(約3500万円)
    ベントレー『CONTINENTAL GT』 20万ポンド(約2700万円)
    メルセデス『AMG GLE 63』 12万7000ポンド(約1720万円)
    レンジローバー『SPORT』 10万ポンド(約1350万円)
    シボレー『CAMARO』 3万5000ポンド(約480万円)

    C・ロナウドにはもうひとつ、同じくブガッティが世界で2台だけ生産する『La Voiture Noire』を購入済みとの噂がある。
    こちらも来年納車予定で、価格は史上最高額の950万ポンド(約12億8000万円)……。もはやグウの音も出ない。2台とも購入すれば、総額はおよそ2550万ポンド(約30億6000万円)に達する。

    続きを読む

    1: 樽悶 ★ 2020/03/31(火) 00:34:45.81
    新型コロナウイルスのパンデミックにより、各国のサッカーリーグが一時中断などに追いやられているなか、通常通りにシーズンを実施しているベラルーシリーグに注目が集まっている。写真は2018年EL1次リーグでのベラルーシ1部ボリソフの選手たち。ボリソフで2018年11月撮影(2020年 ロイター/Vasily Fedosenko)
    no title


    新型コロナウイルスにより多くのリーグ戦が中断されている中、ベラルーシ1部リーグが通常通り試合を開催した。27~29日にかけて、FCミンスク-ディナモ・ミンスクのダービーマッチを含む8試合が行われた。

    英BBC放送電子版によると、欧州で唯一開催されているリーグで、ダービーマッチには約3000人の観客が訪れたと伝えた。同国サッカー連盟の広報を担当するアレイニク氏は「スポーツ省が推奨する措置を行っている。ファンと接触するすべての人には手袋が支給されている」と話していたが、上半身裸で応援しているサポーターの写真が掲載されている。

    人口約950万人の同国は、新型コロナウイルスの感染者は100人未満で死者は出ていない。また、ほとんどの欧州諸国は国民に外出禁止や国境閉鎖などの対策をしているが、ベラルーシのルカシェンコ大統領は心配していないという。国民に対して「ウオッカを飲んで、同ウイルスと戦うように」と提案していると、報じている。

    また、3-2でFCミンスクが勝利したダービーマッチを含む同国1部リーグの試合は、ロシアやイスラエル、インドなど10カ国で放送されたという。

    3/30(月) 12:19配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200330-23300268-nksports-socc
    3/30(月) 11:25配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200330-00372427-usoccer-socc
    3/30(月) 13:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200330-00000063-reut-spo

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ