海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2020年09月

    1: ゴアマガラ ★ 2020/09/25(金) 10:32:37.90 _USER9
    リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、カラバオ・カップ3回戦のリンカーン戦で2ゴール1アシストを記録した日本代表FW南野拓実を称賛した。リヴァプールの公式サイト上で伝えられている。

    ユルゲン・クロップ監督は「今夜のタキ(南野)のプレーが大好きだ。非常に優れていたし、本当に多くの場面に関与していた。

    彼の資質がどこにあるのか、私たち誰もが理解していると思うね。彼は最終的ににプレーするところはどこであっても、中央へ行く。

    左ウイングや右ウイングでプレーする場合でも、本当の強さを持っているから彼はハーフスペースやセンターでプレーする。本当によいパフォーマンスだった。

    相手は7回キックオフする必要があったけれど、毎回最初に相手へプレッシャーをかけたのはタキだった。彼はそういったプレッシャーやゲーゲンプレス場面でリズムを生み出してくれたから、私は本当によくやってくれたと思っている」と称賛している。

    与えられたチャンスでしっかり結果を残した南野。2年目のシーズンを飛躍の1年にすることができるのだろうか。
    2020-09-25_14h50_23
    http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20200925/1123021.html?cx_top=topix

    続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/09/25(金) 13:40:25.09 _USER9
    【9月25日 AFP】イタリア・セリエAのACミラン(AC Milan)は24日、FWズラタン・イブラヒモビッチ(Zlatan Ibrahimovic)が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したと発表した。しかし当の本人は「新型コロナウイルスは俺とやる気らしい。あらぬ考えだ」と反応している。

    来週に39歳になるイブラヒモビッチは、ツイッター(Twitter)に「新型コロナウイルスの検査できのうは陰性だったが、きょう陽性反応が出た。症状などは一切ない。新型コロナウイルスは俺とやる気らしい。あらぬ考えだ」と投稿した。

    イブラヒモビッチは現在自主隔離しており、同日に予定されていたノルウェー1部ボードー/グリムト(FK Bodo/Glimt)とのヨーロッパリーグ(UEFA Europa League 2020-21)予選3回戦を欠場した。エースを欠くミランはこの一戦に3-2で勝利している。

    今回の陽性反応は、年を重ねているものの絶好調のイブラヒモビッチにとって打撃となる。

    21日に行われたボローニャ(Bologna FC)とのセリエA開幕戦で2ゴールを挙げたイブラヒモビッチは、アイルランド1部シャムロック・ローバーズ(Shamrock Rovers)とのヨーロッパリーグの試合でも得点を決めていた。

    セリエAのクロトーネ(FC Crotone)戦、スペツィア(Spezia)戦を欠場する見通しのイブラヒモビッチは、代表ウイークが明けた10月17日に行われるインテル(Inter Milan)とのミラノダービーで復帰を果たす可能性が高い。(c)AFP

    https://www.afpbb.com/articles/-/3306337
    no title

    続きを読む

    goal-20121_640
    1: 風吹けば名無し 2020/09/25(金) 09:57:55.44
    アタランタ

    2: 風吹けば名無し 2020/09/25(金) 09:58:17.08
    リーズ

    3: 風吹けば名無し 2020/09/25(金) 09:58:48.62
    スパーズ

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/09/25(金) 06:22:25.29 _USER9
    EU圏外選手の登録は9月25日まで
    no title
    スペイン2部のサラゴサに所属する香川真司は、退団が決定的となったようだ。

    スペイン・メディア『ElDesmarque』のサラゴサ版は、「サラゴサはライを選んだ。カガワとの契約を解除する」と見出しを打ち、最新の動向を伝えた。

    2部では2人しか登録できない「EU圏外」の選手は、今月25日までに申請する必要があるが、記事よれば、クラブはブラジル人FWライ・ナシメントとセルタから新加入のウルグアイ人FWガブリエル・フェルナンデスにその枠を割り当てることを決めたようだ。

    そのため、「2021年6月まで残っているカガワとの契約を、60万ユーロ(約7500万円)を支払って解除する」と伝えている。香川が退団すれば、サラリーキャップ制のためまだ登録できなかったフェルナンデスをスカッドに入れられる、と伝えている。

    昨夏に大きな期待を受けてサラゴサに加入した香川だが、コンディションの問題やシステム変更、ライバルの途中加入などが重なり、満足のいく結果を残せなかった。チームもプレーオフで敗れて1部昇格が叶わず、年俸の高い日本代表MFの放出が取り沙汰されていた。

    本人はリーガでのプレーを望んでいるようだが、スペインの移籍市場の締め切りは10月5日。同じく2部のログロニェスやラージョ・バジェカーノ、柴崎岳が所属するレガネスなどが興味を持っているとされるなか、31歳はどんな決断を下すのだろうか。

    9/25(金) 5:10配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/208442f9ca6c0ca71e77d346b142e2bedf1c8b44

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/09/25(金) 06:33:52.00 _USER9
    随所で存在感を示したサムライ戦士

    現地時間9月24日に開催されたカラバオカップ3回戦で、南野拓実の所属するリバプールは、敵地に乗り込んでリンカーン(イングランド3部)と対戦した。

    【動画】南野拓実の豪快ミドル炸裂! 今季2ゴール目のハイライトはこちら
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=79657

    3日前にチェルシー戦(プレミアリーグ第2節)を戦っていたリバプールは大幅にスタメンを変更。ジョーンズやN・ウィリアムス、R・ウィリアムスら下部組織上がりの若手に加え、オリギやシャキリ、さらにグルイッチなど控え組を多用した。なお、注目の南野は、4-3-3の3トップの中央でスタメン出場した。

    試合はプレミア王者がキックオフ直後から一方的に推し進めるなかで、あっさりと均衡を破る。8分、敵エリア手前で得たFKのチャンスで、シャキリが縦に落ちる鋭いシュートをゴール右上隅へ決めたのだ。

    その後もリバプールがワンサイドゲームを展開するなかで、あの男にも見せ場がやってくる。18分、相手DFがはじいてこぼれたルーズボールを敵エリア手前で受けた南野が右足一閃。ゴール右上へと豪快なミドルシュートをねじ込んだのである。

    クラブの公式ツイッターに「なんてシュートだ」「今シーズンのタキは違う」といったファンのコメントが殺到した南野の8月30日のアーセナル戦(コミュニティーシールド)以来となる今シーズンの公式戦2ゴール目で勢いに乗ったリバプールは、
    32分と36分に若手有望株のジョーンズが連続ゴールを決めてリンカーンを圧倒。危なげない試合運びで4-0としてハーフタイムを迎えた。

     迎えた後半、リバプールは早々に試合の趨勢を定める一発を決める。46分、相手GKが弾いたこぼれ球をエリア内でフリーとなっていた南野が押し込んだのだ。

    移籍後初となる2得点を決め、チームにさらなる勢いを呼び込んだサムライ戦士は、得点シーン以外にも的確なポストプレーで攻撃の起点となるなど、存在感を示し続けた。その後、60分に速攻から失点を喫したものの、65分にグルイッチのゴールで再び突き放したレッズは、66分にCKから2点目をもぎ取られたが、89分に南野のラストパスに反応したオリギがダメ押して7-2で大勝。大味な展開となった試合をモノにした。

    格下が相手だったとはいえ、久々の公式戦でフル出場を果たし、多彩なフィニッシュワークを見せつけ、目に見える結果も残した南野。それだけに現地時間9月28日に開催されるプレミアリーグ第3節のアーセナル戦での起用法に注目だ。

    9/25(金) 5:34配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4b2f9b22720d6a21de15887ae28068c5ef551b2b
    no title

    続きを読む

    2020-09-24_22h44_56
    1: 風吹けば名無し 2020/09/24(木) 19:17:25.49
    ええんか

    2: 風吹けば名無し 2020/09/24(木) 19:17:48.27
    急にボールが来たので

    3: 風吹けば名無し 2020/09/24(木) 19:18:05.42
    >>2
    これ

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/09/24(木) 20:09:59.09 _USER9
    ブレーメンのU-21オーストリア代表DFマルコ・フリードルが、日本代表FW大迫勇也に対するファンの批判に言及。地元紙『ヴェーザークリーア』が伝えた。

    大迫は今シーズンの公式戦2試合に先発出場するも、それぞれ前半のみで交代。1-4で落とした開幕節のヘルタ・ベルリン戦ではミスする度にブーイングされると、交代時にはそれを歓迎する拍手が沸き起こるなど、特に大迫に批判が集中している。

    そんな扱いを同僚のフリードルも疑問に思っている様子。「今回ユウヤがブーイングされたが、彼がスケープゴートになるはずはない。僕たちみんながチームとして責任を持たなければいけないことだ」と強調すると、「ユウヤは高いクオリティを持ち、僕たちのサッカーにとって大事だ」と続けた。

    一方、大迫自身の精神状態は心配していないという。「もちろんドレッシングルームでは彼と話している。ただ、ユウヤはこの状況をどうやって乗り越えればいいのか、プロ選手であるだけに自分でも分かっているよ」と指摘している。

    なおブレーメンは現地時間26日に行われるブンデスリーガ第2節ではアウェーでシャルケと対戦。フリードルは黒星スタート同士の対決に向けて、「みんな、何が懸かっているのか知っている。序盤から下位に低迷したくない」と気を引き締めていた。

    9/24(木) 18:33配信 サッカーダイジェスト
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b0125ef736886700708807d4866ee4e7fff0bfcf
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/09/24(木) 12:00:36.51 _USER9
    カズは23日に行われたJ1第18節の川崎フロンターレ戦に先発で出場し、56分に交代するまでプレー。自身13年ぶりのJ1出場であり、中山雅史が2012年に達成した45歳2ヶ月1日という最年長出場記録を8年以上も更新することになった。

    これまでにも最年長出場や最年長ゴールの記録を更新するたびに各国メディアの関心を引きつけてきたカズ。今回ももちろん例外ではなく、すでに多くのメディアがその記録について報じている。

    仏紙『レキップ』やスペイン『コペ』、オランダ『AD』など各国メディアがカズの記録をこれまでの他の記録や経歴などとともに紹介。『AFP通信』は「“キング・カズ”として知られる日本人フットボーラーはその王冠にふさわしいことを証明した」とも述べている。

    伊紙『レプッブリカ』などイタリアメディアでは、セリエAで初めてプレーした日本人選手であったことも毎回伝えられる。今回は、同じくイタリアでのプレー経験がある42歳の中村俊輔と一緒に出場したことにも触れられている。

    国際サッカー連盟(FIFA)も公式ツイッターアカウントでカズの新記録を祝福した。王冠の絵文字と「キング・カズ万歳!」の言葉とともに、「53歳210日のカズヨシ・ミウラはJリーグでプレーした史上最年長の選手になった」と伝えている。
    2020-09-24_19h40_44
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ce75300fe343a5563b0428bbd2afd11e04136105

    続きを読む

    4567cdc4fbf9505aefa92a43c91201d1-4
    1: 風吹けば名無し 2020/09/24(木) 14:13:03.42
    ネイマール→差別で今季前半終了
    アザール→デブ
    グリーズマン→チームが泥船

    2: 風吹けば名無し 2020/09/24(木) 14:13:34.09
    スター不在の時代

    3: 風吹けば名無し 2020/09/24(木) 14:13:55.91
    レヴァンドフスキってどうなん

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★ 2020/09/24(木) 14:48:01.83 _USER9
    日本代表MF南野拓実(25)の所属するイングランド・プレミアリーグのリバプールが、イングランド2部ワトフォードからセネガル代表FWイスマイラ・サル(22)を獲得することで基本合意に達したと、22日付の専門誌フランスフットボール(電子版)が報じた。移籍金は3500万ユーロ(約43億円)から4000万ユーロ(約49億円)という。

    プレミアリーグで連覇を狙うリバプールは、ポルトガル代表FWディオゴ・ジョタ(23)の獲得を19日に発表したばかり。サルの加入が正式決定すれば、南野にとって強力なライバルがさらに増えることになる。

    リバプールは2月29日に昨季プレミアリーグ第29節でワトフォードに0―3で敗れており、ユルゲン・クロップ監督(53)はこの試合で2得点1アシストと全得点に絡む活躍をみせたサルのプレーを高く評価していたという。

    セネガル出身のサルは、2016年にフランス1部メスと契約してプロデビュー。2017年に同レンヌに移籍し、2019年には移籍金3000万ポンド(約41億円)でワトフォードに加入した。右FWを主戦場としながら3トップならどこでもこなす快足ストライカーで、昨季プレミアリーグ28試合で5ゴール6アシストをマーク。セネガル代表として2018年W杯ロシア大会に出場しており、1次リーグの日本戦(2―2)でフル出場した。
    2020-09-24_16h56_44
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4bfe7fe6f1f0c908d13eac53c3128e6aea63b4ce

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ