海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2020年10月

    16774

    1: 久太郎 ★ 2020/10/31(土) 20:59:40.56 _USER9
    G大阪 2-1 札幌
    [得点者]
    09'ドウグラス オリヴェイラ(札幌)
    16'井手口 陽介      (G大阪)
    62'パトリック       (G大阪)

    スタジアム:パナソニック スタジアム 吹田
    入場者数:16,183人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/103123/live#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    続きを読む

    16774

    1: 久太郎 ★ 2020/10/31(土) 19:59:30.58 _USER9
    川崎 2-1 FC東京
    [得点者]
    24'家長 昭博      (川崎)PK
    57'ディエゴ オリヴェイラ(FC東京)
    74'中村 憲剛      (川崎)

    スタジアム:等々力陸上競技場
    入場者数:11,061人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/103139/live#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    続きを読む

    16774

    1: 久太郎 ★ 2020/10/31(土) 19:00:27.98 _USER9
    柏 0-0 清水
    [得点者]
    なし

    スタジアム:三協フロンテア柏スタジアム
    入場者数:2,720人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/103119/live#live


    鹿島 0-2 名古屋
    [得点者]
    07'金崎 夢生(名古屋)PK
    90+2'マテウス(名古屋)

    スタジアム:県立カシマサッカースタジアム
    入場者数:8,912人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/103118/live#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    続きを読む

    16774

    1: 久太郎 ★ 2020/10/31(土) 16:58:08.77 _USER9
    仙台 0ー0 広島
    [得点者]
    なし

    スタジアム:ユアテックスタジアム仙台
    入場者数:4,001人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/103117/live#live/


    大分 0-0 浦和
    [得点者]
    なし
    スタジアム:昭和電工ドーム大分
    入場者数:7,397人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/103125/live#live/


    湘南 1-0 横浜FC
    [得点者]
    79'指宿 洋史(湘南)

    スタジアム:Shonan BMW スタジアム平塚
    入場者数:5,328人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/103122/live#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/31(土) 16:06:09.09 _USER9
    フランス代表のレジェンド、ロベール・ピレス氏がパリ・サンジェルマン(PSG)のFWキリアン・ムバッペにレアル・マドリー移籍を薦めている。

    2017年にモナコからPSGに移籍し、今や名実ともにスター選手の仲間入りを果たしたムバッペ。だが、PSGとは加入時にサインした2022年までの契約から更新されておらず、一説では延長を拒否しているという話から来夏あたりの移籍が噂されている。

    移籍先として名前が出ているのはレアル・マドリーだが、ピレス氏はスペイン『アス』の独占インタビューの中で、同胞のヤングスターに移籍を推薦。「ムバッペは来季はマドリーに移籍すると思うか?」という質問に「もちろん」と答えている。

    「私はフランス人でPSGも好きなチームだ。個人的にはリーグ・アンにいて欲しいけど、彼がキャリアアップを図るならマドリーに行くべきだと思う」

    一方、同じくマドリー行きの噂があるレンヌのフランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガについては、あと2年はレンヌで経験を積むべきという見解を示している。

    「彼はまだ17歳だろう。私の意見では少なくとも2年はレンヌに留まり成長すべきだと思う。それからマドリーやバルサ、彼が選んだクラブへ行くといい。(移籍は)まだ早すぎる。もしできるなら、レンヌは彼の残留に務めるべきだ」

    ピレス氏はまた、そんなムバッペを擁して2018年のワールドカップを優勝したレ・ブルーと、自身もチームの一員として1998年大会を制した当時のレ・ブルーとの比較について「間違いなく98年のチームが上」と回答。現代表を牽引するムバッペやFWアントワーヌ・グリーズマン、FWオリヴィエ・ジルーらは「我々のチームでは得点できないだろう」と持論を語っている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7fc05404a31b62f3418637085e7ae1d80bf3cac2
    no title

    続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/31(土) 00:25:07.39 _USER9
    アメリカ女子代表FWミーガン・ラピノーが、フランス紙『レキップ』のインタビューでアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)やポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)らに言及した。

    現在35歳のラピノーは、2019年の女子バロンドールやFIFA最優秀選手賞を受賞するなどピッチ上での活躍が高く評価されるだけでなく、ピッチ外での社会問題に対する姿勢も根強い人気の要因となっている。多様性や人種差別などの諸問題解決に取り組むラピノーは、昨年12月にもフランス誌『フランス・フットボール』に対してメッシやC・ロナウドらスター選手の“アクション不足”を訴えかけていたが、『レキップ』のインタビューで改めて両選手への失望感を露わにした。

    「例えば人種差別と戦うために、彼らの驚異的なレベルの人気を利用することを決断していれば、彼らは多くのことを行うことができたはずです。それはブラック・ライブズ・マター(Black Lives Matter)のシャツを着るとかではなく、もっと本質的な話です」

    また、ラピノーは次世代のスーパースター候補であるフランス代表FWキリアン・エンバペ(パリ・サンジェルマン)にも言及。21歳には世界を変えるだけの影響力や才能が備わっているとして、将来的な社会問題への取り組みを期待した。

    「彼が持つことができるであろう影響力、そしてそれが彼にとってどんなに素晴らしいものになるのか、彼が理解していることを願っています。彼は、彼が普通ではない、非常に快適な暮らしを送れるようになる、特別な才能を持って生まれました。世界を変えることができると、彼が理解することを願っているのです。自分で世界を変えることを決心することもあれば、それ(名声)があなたに襲いかかることもあるでしょう。王になりたいならば、あなたがなれる最高の王になるべきなのです」

    また、ラピノーは自身についてもコメント。F1ドライバーのルイス・ハミルトンやプロテニスの大坂なおみ、NBAのレブロン・ジェームズら各スポーツ界で人種差別に対抗するアクションを行う選手から刺激を受けてることを明かした。

    「彼らは私にインスピレーションを与えます。私たちの間には、目に見えない絆のようなものがあるのです。(声を上げることを)恥ずかしがっていてはいけません」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c6d2af620ad048bb734dcdb7ee30cdb00461e595
    no title

    続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/30(金) 20:25:24.53 _USER9
    ラ・リーガ2部のサラゴサと契約を解除して以降、香川真司はひとりトレーニングに励みながら、新たな所属先が決まるのを待っているが、新シーズンが開幕してかなりの日時が過ぎた今なお、その時はやって来ていない。

    ドルトムント、マンチェスター・ユナイテッドでプレーし、世界レベルで高い評価を受けた31歳の日本代表MFが、いまだ浪人状態であることについて、ポーランドの総合サイト『GAZETA.PL』が「このようなことになるとは、10年前には想像もできなかった」と言及している。

    同国のジャーナリストであるアントニ・パルトゥム氏によるこの記事の中で、10年前、香川について同国のコメンテーターであるロマン・コルトン氏が「ダイヤモンドだ。素晴らしい才能である」と絶賛すると同時に、「“彼”にもそのような才能を持ってほしい。香川は素晴らしいが、彼はそうではない」と語ったことが紹介されている。

    この「彼」とは、ロベルト・レバンドフスキのことだ。今や押しも押されもせぬ世界レベルのストライカーであり、今年、バロンドールの選定がコロナ禍で中止にならなければ、間違いなく受賞したといわれる彼も、10年前はレフ・ポズナンからドルトムントに加入したばかりの22歳で、途中出場に甘んじていた。

    一方の香川は、レバンドフスキと同じ年にドルトムントの一員となり、こちらはいきなり主役として国内外の舞台で活躍。年明けのアジアカップで骨折して後半戦の大部分を棒に振ったものの、ブンデスリーガの年間ベストイレブンにも選出されている。

    パルトゥム氏は「10年前、誰もレバンドフスキが世界最高のストライカーになるとは思っていなかったし、香川が31歳で所属クラブを失い、より良い明日を期待できない状態になるということも、誰もが予測できなかった」と綴る。

    「21世紀になっても、欧州サッカーを“征服”した日本のサッカー選手は多くない。セリエAで200試合近くプレーした中田英寿が開拓者で、現在は19歳の久保建英、21歳の冨安健洋、25歳の南野拓実といった人気者がいるが、本当に素晴らしいキャリアを持ったのは香川だ」
     
    こう断言するパルトゥム氏は、香川が素晴らしいテクニック、ゲームのビジョン、視野の広さ、コンビネーションプレーのセンスの持ち主であり、ドルトムントで数々のタイトル獲得に貢献したこと、2012年にマンチェスター・ユナイテッドに「わずか1600万ユーロ」で売却されたことなど、彼の輝かしいキャリアを紹介している。

    しかし、一方で「赤い悪魔」では本領を発揮できずにドルトムントに復帰し、その後、構想外となってトルコのベジクタシュにレンタル移籍、スペインのサラゴサでは給料削減にも同意したのに契約を解除されたこと、そして現在、数々の噂が上がりながらも実現していないことなど、キャリアのネガティブな部分にも言及した。

    香川の今後については「オランダのクラブを探すべきではないだろうか?」と提案。「同国には、かつて香川がドルトムントで魅惑のデュオを組んだマリオ・ゲッツェ(PSV)が新たなスターとして加入した。プレースタイルが似ていて、同じくキャリアの再建を誓う者同士という共通点がある」と理由を挙げた。

    そして、この記事は「一方のレバンドフスキ――かつてルーカス・バリオスの代役だった男は今、クリスチアーノ・ロナウドやリオネル・メッシと争っている」と締められている……。

    移籍したバイエルンで絶対的な存在となって欧州王者にも輝いた、かつてのチームメイトとの好対照ぶりを強調されることとなった香川。厳しい現実を突きつけられる格好となったが、まだ諦めていない日本の「ダイヤモンド」がここからいかなる“反撃”を見せるかに期待したい。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/fd340918ae7774c10fcb012d06e248a255a070b0
    no title

    続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/30(金) 15:38:48.78 _USER9
    【AFP=時事】イタリア・セリエAのACミラン(AC Milan)に所属するFWズラタン・イブラヒモビッチ(Zlatan Ibrahimovic)が、ソーシャル・ディスタンシング(対人距離の確保)とマスク着用の順守を推奨する伊ロンバルディア(Lombardy)州のキャンペーン映像に登場し、「君はズラタンじゃない」「ウイルスに挑戦」してはいけないと、ファンに語りかけた。

    数週間前に新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したイブラヒモビッチだが、現在は回復してチームに復帰し、セリエAの得点ランキングでトップに立っている。

    29日に公開された映像の中で、イブラヒモビッチは「ウイルスからの挑戦を受けたが、俺は勝利した」とイタリア語で話し、以下のように続けた。

    「だが、君はズラタンじゃない。ウイルスに挑戦してはいけない。頭を使って、ルールを守れ。ソーシャル・ディスタンシングとマスクの着用は常にだ。そうすれば俺たちが勝つ」

    ミラノ(Milan)を見下ろすテラスで撮影されたこの映像は、イブラヒモビッチがマスクを着ける様子で締めくくられている。

    同州のアッティリオ・フォンタナ(Attilio Fontana)知事によれれば、イブラヒモビッチの2得点でミランが2-1でインテル(Inter Milan)を下したミラノダービーの夜、39歳の同選手に協力を仰ぐ考えが浮かんだという。

    欧州の近隣諸国同様、パンデミック(世界的な大流行)による被害が最も深刻な国の一つであるイタリアでは、ここ数週間の新規感染者数が急増している。【翻訳編集】 AFPBB News

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3b820e294f61e507f916c6b2c3b7038074ae403a
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/10/30(金) 04:53:53.22 _USER9
    現地時間10月29日に開催されたヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第2節(J組)で、三好康児が所属するアントワープは、トッテナム・ホットスパーをホームに迎えた。

    公式戦10戦負けなしと絶好調のトッテナムはこの試合でターンオーバーを採用。ケインとソン・フンミンの“強力デュオ”をベンチに置き、ベイルとヴィニシウスの今夏の新戦力コンビを抜擢した。一方のアントワープは、注目された三好を右ウイングバックとして先発起用した。

    立ち上がりから一進一退の攻防が続いたなかで、アントワープの三好が右サイドから切れ込むドリブルで見せ場を作る。8分には果敢な仕掛けでエリア内に侵入し、自らフィニッシュまで持ち込んだが、渾身のショットは相手DFにブロックされた。

    果敢なプレッシングで次第に主導権を握っていったアントワープは、ついには先手を取る。28分に相手DFデイビスから敵陣でボールを奪ったエムボカニがゴール前へラストパスを供給すると、エリア内でフリーとなっていたラファエロフが豪快な一撃を決めた。

    反撃に転じたいトッテナムだったが、普段の鋭さが鳴りを潜めて停滞。期待のベイルもマンツーマンでの守備に苦戦し、思うように決定機に絡めずに精彩を欠いた。
     
    連動性を欠いた拙攻が悪目立ちし、ほぼ何もできずに0-1で前半を折り返したトッテナムは、ハーフタイムにモウリーニョ監督が大胆な策を講じる。ソン・フンミン、ルーカス、ラメラ、ホイビェアを一気に投入。さらに56分には低調だったベイルを下げ、大黒柱のケインも送り込む。

    攻撃的な主力メンバーを矢継ぎ早に送り込んだスパーズ指揮官の意図を汲んだ選手たちは、前半の動きが嘘かのようなアグレッシブな猛攻を展開。65分を過ぎてからは疲労からやや動きが鈍り始めた相手を尻目に攻勢を強めていった。

    ソン・フンミンとケインの最強コンビを最前線に並べ、猛反撃に転じたトッテナムだったが、ファイナルサードでの精彩と創造性を欠き、眼前に立ちはだかる分厚いアントワープの守備ブロックを打ち崩せない。

    その後もアウェーチームは怒涛の攻めを展開したが、最後までホームチームの守備陣は集中力を欠かずに応戦。結局、試合は1-0でアントワープが虎の子の一点を守り抜いて勝利。強敵を相手にした連勝でグループJの単独首位に浮上した。
    2020-10-30_10h17_13
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fc1a2bcfc1bd32841d5746f5e91d79e57d1db882

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/10/30(金) 04:51:20.47 _USER9
    29日のヨーロッパリーグ・グループI第2節、ビジャレアルはカラバフ(アゼルバイジャン)との一戦に3-1で勝利した。MF久保建英は公式戦3試合連続で先発出場を果たし、後半に活躍を見せて75分にピッチから下がっている。

    アゼルバイジャンとアルメニアの紛争により、トルコのイスタンブールで開催されることになったこの試合。ビジャレアルのエメリ監督は4-1-4-1のシステムを使用し、三度スタメンとした久保を中盤の左サイド、チュクウェゼを右に配している。

    カラバフがボールを保持して攻め込む姿勢を示したために、ビジャレアルはスペースを生かして攻撃することが可能だった。が、カラバフの戻りの速さと執拗なマーク、さらに攻撃のアイデアの欠如によって得点を奪うまでには至らない。16分には久保のショートコーナーからマヌ・トリゲロスがクロスを放ち、バッカがそれに頭で合わせたが左ポストに当たった。

    左サイドの久保はボールを持った際には中央に絞ってプレーしたが、依然として窮屈そうな状況は変わらず。得意のドリブルからペナルティーエリア手前でFKを獲得するなど、ときにその良さを見せたものの、チーム全体と同じく低調ぶりが目立っている。

    後半、ビジャレアルは久保を中心に前半よりも鋭い攻撃を見せていく。まず53分、ライン間でボールを受けた久保を起点としてチュクウェゼがシュートを放ったが、これはカラバフGKに弾かれ、久保がこぼれ球に無理な態勢で合わせるも決め切れなかった。また60分には久保が右から内に切れ込んで強烈なミドルを打つも、こちらもカラバフGKにセーブ。さらに63分には左の久保が2人と相対しながらグラウンダーのクロスを送り、反応したチュクウェゼがダイレクトでボールを叩いたものの惜しくも枠外へ飛んだ。

    チュクウェゼと頻繁にポジションを変える久保は、その後もビジャレアルの決定機創出を一手に担うように躍動。69分にはまたも右サイドから内に切れ込み、今度は絶妙なスルーパスをペナルティーエリア内に入り込むインサイドハーフのジャウメ・コスタに送った。が、本職SBの選手が放ったシュートはサイドネットを揺らすのみに終わっている。

    エメリ監督は75分に選手交代に動き、久保、バッカ、J・コスタとの交代でパコ・アルカセル、モイ・ゴメス、ジェレミを投入。輝いていた久保を下げたのは、スペインの実況中継、SNSでも驚きの出来事として扱われた。

    一気に3枚を代えたビジャレアルは、78分にオウスの先制点を許してしまい不穏なムードが流れるも、ここから途中出場の選手たちが活躍。まず失点の1分後、18歳の若い俊英ジェレミが左サイドから自ら切れ込み、強烈な右足のシュートでニアサイドをぶち抜き同点に追いつく。そして84分にはエリア内左のチュクウェゼのボールキープからP・アルカセルが逆転弾を決めた。ビジャレアルはさらに94分、エリア内で空中戦を競り合ったバエナが顔に打撃を受けてPKを奪取。これをP・アルカセルが決め切ってカラバフに引導を渡し、EL2連勝を果たした。

    グループIの順位は首位ビジャレアル(勝ち点6)、2位マッカビ・テルアビブ(勝ち点6)、3位カラバフ(勝ち点0)、4位スイヴァスポル(勝ち点0)となっている。
    2020-10-30_10h08_06
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d33a21a0cb89f96a29fb8c90e0a6c89321b59410

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ