海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2020年10月

    sadness-2667464_640

    1: 風吹けば名無し 2020/10/27(火) 08:56:50.94
    いかんでしょ

    2: 風吹けば名無し 2020/10/27(火) 08:57:03.37
    少ねえなアーセナル

    5: 風吹けば名無し 2020/10/27(火) 08:57:53.16
    ソン・フンミンがすごすぎる

    続きを読む

    question-marks-2215_640

    1: 風吹けば名無し 2020/10/27(火) 13:48:50.36
    あとひとつは?

    2: 風吹けば名無し 2020/10/27(火) 13:49:04.12
    トーゴ

    3: 風吹けば名無し 2020/10/27(火) 13:50:07.37
    ガボン

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/10/27(火) 07:03:11.23 _USER9
    【ミラン 3-3 ローマ セリエA第5節】

    セリエA第5節、ミラン対ローマの試合が現地時間26日に行われた。試合は3-3の引き分けに終わっている。

    正守護神のGKジャンルイジ・ドンナルンマが新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したため今回のローマ戦を欠場し、代わりにGKチプリアン・タタルサヌが先発出場を果たした。2分、ラファエル・レオンの浮き玉に反応したズラタン・イブラヒモビッチがDF裏に抜け出して先制点を決める。


    しかし14分、コーナーキックからローマのエディン・ジェコにヘディングシュートを決められ同点に追いつかれてしまう。それでも47分、レオンがゴール前に折り返したボールにアレクシス・サーレンマーカースが合わせて再びミランが勝ち越し。

    だが71分、ローマのヨルダン・ヴェレトゥに同点ゴールを決められる。79分にイブラヒモビッチが得点するが、84分にローマのマラシュ・クンブラの得点を許し3-3に。ミランはリードしながらも三度追いつかれ、試合は3-3の引き分けに終わった。

    【得点者】
    2分 1-0 イブラヒモビッチ(ミラン)
    14分 1-1 ジェコ(ローマ)
    47分 2-1 サーレンマーカース(ミラン)
    71分 2-2 ヴェレトゥ(ローマ)
    79分 3-2 イブラヒモビッチ(ミラン)
    84分 3-3 クンブラ(ローマ)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ea00f57acfa416252f102a11c07f18b48c7e8237
    10/27(火) 6:42配信


    7no title


    https://www.youtube.com/watch?v=_3BjtFtgqcw



    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/53
    順位表

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20115756
    試合スコア

    続きを読む

    goal-20121_640

    1: 風吹けば名無し 2020/10/27(火) 06:18:24.34
    誰や?

    2: 風吹けば名無し 2020/10/27(火) 06:18:35.95
    日本人やったら中田やろうけど

    3: 風吹けば名無し 2020/10/27(火) 06:19:16.35
    ジーコ

    続きを読む

    question-marks-2215_640

    1: 風吹けば名無し 2020/10/24(土) 03:08:03.42
    どれ

    4: 風吹けば名無し 2020/10/24(土) 03:09:22.03
    まさか釜本リアルタイムで見てた奴おらんよな?

    15: 風吹けば名無し 2020/10/24(土) 03:20:52.00
    >>4
    プラティニのトヨタカップ幻のゴールやマラドーナの5人抜きなら…

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/10/26(月) 12:35:15.65 _USER9
    ブラジル代表のレジェンドである元同国代表のロナウジーニョ氏は、新型コロナウイルス感染の陽性反応が検出されたことを明らかにした。25日に自身のインスタグラムで発表を行っている。

    ロナウジーニョ氏はブラジルのベロオリゾンテで開催されるイベントに参加を予定し、24日に現地に到着していた。だがウイルス感染が確認されたことで参加を中止したとのことだ。

    「新型コロナの検査で陽性になった。今は大丈夫で、症状はない。だがイベントはまた今度にしなければならない。また近いうちに会おう」とロナウジーニョ氏はコメントしている。

    現在40歳のロナウジーニョ氏は現役時代にブラジル代表やバルセロナ、ミラン、パリ・サンジェルマンなどで活躍。今年3月には偽造パスポート所持の疑いによりパラグアイで逮捕され、保釈されたあとも同国のホテルを出ることが認められない状況が続いていたが、8月にようやくブラジルに帰国できることになった。
    2020-10-26_17h33_15
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4fcd0ea54fba6293f738eae564719992465ac498
    10/26(月) 11:48配信

    続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/10/26(月) 15:49:17.72 _USER9
    ガンバ大阪の選手が酒気帯びか  アデミウソンを任意捜査


    サッカーJ1のガンバ大阪は26日、クラブ所属でブラジル出身のアデミウソン選手(26)が、
    道交法違反(酒気帯び運転など)の疑いで大阪府警の任意捜査を受けたと発表した。

    同選手は25日午前、大阪府茨木市内で追い越し車線を走行中に走行車線の車と接触したが、
    それを認識せず練習のため同府吹田市内のクラブハウスへ向かった。

    練習後に警察から任意同行を求められて事情聴取を受け、基準値を超えるアルコールが検出された。

    25日に本人に詳細を確認したガンバ大阪は謹慎処分を科したが、捜査終了後に改めて処分を決める。
    ガンバ大阪は26日午後に記者会見する。
    2020-10-26_17h27_12
    https://this.kiji.is/693340608656606305

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/10/25(日) 23:52:56.17 _USER9
    ジュピラー・プロ・リーグ第10節が行われ、日本代表MF三好康児が所属するロイヤル・アントワープと同FW鈴木武蔵が所属するベールスホットが対戦した。三好は公式戦4試合連続の先発出場を果たし、55分までプレー。鈴木は2試合ぶりのスタメン入りを果たし、フル出場した。

    因縁の“アントワープ・ダービー”で先制したのは、ホームのアントワープ。7分、三好から味方2人を経由して受けたリオル・ラファエロフが、エリアの外から右足を振り抜く。ボールは相手DFに当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。

    さらに15分、アントワープが追加点を獲得。ラファエロフの落としにシメン・ユークレローがダイレクトで合わせ、強烈な一撃をゴール左に突き刺した。

    ベールスホットは25分に点差を縮める。タリク・ティスダリがエリア内でドリブルを仕掛け、三好ら相手数人をかわしてグラウンダーで折り返すと、鈴木が左足ダイレクトで押し込んだ。鈴木は3試合ぶりにネットを揺らし、今夏の移籍後リーグ3点目を記録した。

    ベールスホットは73分、鈴木の2ゴール目で試合を振り出しに戻す。右サイドからティスダリがグラウンダーで折り返すと、鈴木は右足ダイレクトで合わせてネットを揺らした。しかし74分、アントワープはカウンターからディウメルシ・ムボカニが決めて勝ち越す。

    試合はこのまま終了。リーグ戦4連勝となったアントワープは、暫定で首位に立った。アントワープは29日にヨーロッパリーグ・グループステージ第2節でトッテナム(イングランド)と、11月1日にリーグ第11節でアンデルレヒトと対戦する。一方のベールスホットは次節、31日にOHルーヴェンと対戦する。

    【試合結果】
    ロイヤル・アントワープ 3-2 ベールスホット

    【得点者】
    1-0 7分 リオル・ラファエロフ(アントワープ)
    2-0 15分 シメン・ユークレロー(アントワープ)
    2-1 25分 鈴木武蔵(ベールスホット)
    2-2 73分 鈴木武蔵(ベールスホット)
    3-2 74分 ディウメルシ・ムボカニ(アントワープ)
    2020-10-26_10h14_04
    https://news.yahoo.co.jp/articles/aed92b72c0c53b21e6d794f8be4e59f08f2ef604

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/10/26(月) 01:59:37.57 _USER9
    25日のラ・リーガ第7節、ビジャレアルは敵地ラモン・デ・カランサでのカディス戦をスコアレスドローで終えた。MF久保建英は公式戦2試合連続、ラ・リーガではビジャレアル加入後初のスタメン出場を果たし、62分までプレーしている。

    ビジャレアルが今回乗り込んだのは、1990年まではラ・リーガ1部昇格を何度も争っていたカディスのホーム。その後に状況は変わり、ビジャレアルは人口5万人の片田舎のクラブながら欧州で名を馳せる存在となったが、カディスの昇格により今季1部であいまみえることになった。

    ビジャレアルのエメリ監督は、前試合スイヴァススポルで使用した久保をトップ下に置く4-2-3-1ではなく4-3-3のシステムを採用し、日本人MFは右ウィングを務めている。

    堅守速攻とセットプレーを武器にするカディスは、開始から7分にネットを揺らす。アレックス・フェルナンデス(レアル・マドリーDFナチョの弟で、同クラブ下部組織出身)のフリーキックをパウがクリアし損ね、そのこぼれ球をネグレドが押し込んだ。しかしVARの審議の結果、チョコ・ロサーノがオフサイドだったとの判定でゴールは取り消されている。

    以降はビジャレアルがボールを保持してカディス陣地に攻め込む展開が続く。しかし、さすがにレアル・マドリーを1-0で下したカディスだけあって、その組織立った守備は堅牢そのもの。久保は右サイドにとどまるだけでなく、中央にも頻繁に顔を出してドリブル、スルーパスでチャンスメイクに徹したが、その守備網を破ることに苦慮していた。

    スコアレスのまま迎えた後半、ビジャレアルが攻めあぐねる状況は変わらず。久保は前半よりも果敢に打開を図ろうとしたが、カディスのフィジカルの強さも目立つ守備を前に潰される場面も目立った。エメリ監督は62分に交代カードを切り、その久保を下げてチュクウェゼをピッチに立たせている。

    ベンチに座っていた最も爆発力のある選手チュクウェゼを投入したビジャレアルだが、しかし塩漬けのような試合を動かすことはやはりできない。エメリ監督はバッカ、ペーニャ、ジェレミ、フォイスを次々に投入し、3バックにシステムを変更して猛攻を仕掛けたものの、数少ないチャンスはカディスGKレデスマの好守に阻まれ、結局0-0のまま試合を終えている。

    連勝を逃し、ここまでの成績を3勝3分け1敗としたビジャレアルは、1試合消化の少ない首位レアル・マドリーと勝ち点1差で暫定2位につけている。
    2020-10-26_10h07_20
    https://news.yahoo.co.jp/articles/90cbb91aee7a5d3e87ebdd5bf19f77cec07a8c1c

    続きを読む

    1: Glide Across The Line ★ 2020/10/26(月) 07:42:23.71 _USER9
    2020-10-26_09h52_56

    「もの凄いゴラッソだ」柴崎岳がレガネス移籍後初ゴール!華麗なダブルタッチから貴重な先制点を叩き出す

    10/26(月) 4:08
    配信
    SOCCER DIGEST Web
    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6374706

    3試合連続のスタメンで76分までプレー

    「もの凄いゴラッソだ」柴崎岳がレガネス移籍後初ゴール!華麗なダブルタッチから貴重な先制点を叩き出す

    現地時間10月25日に開催されたラ・リーガ2部の第8節で、柴崎岳が所属するレガネスがオビエドとホームで対戦。2-1で勝利し、今シーズン5勝目を挙げた。

    この試合で、0-0の均衡を破る貴重なゴールを奪ったのが、日本代表のオランダ遠征から復帰後、3試合連続でスタメン出場を果たした柴崎だ。

    61分、敵のペナルティーエリア内に顔を出し、マイケル・サントスからパスを受けると、ブロックにきた相手を華麗なダブルタッチでかわし、右足で強烈なシュート。鮮やかに先制点を奪ったみせた。

    殊勲の日本代表MFは、76分に途中交代。チームは87分に追加点を奪い、後半アディショナルタイムに1点を返されたものの、このリードを守りきった。
    以下ソース参照

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ