海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー選手 > カッサーノ

    1:trick ★@\(^o^)/:2017/08/01(火) 06:48:03.18 ID:CAP_USER9.net
    20170724_cassano_getty-1
    お騒がせカッサーノ、やっぱり現役引退否定。「辞めるなんて一度も言ってない」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170731-00224329-footballc-socc

    7/31(月) 21:29配信

    元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが、現役継続の意思を明言した。伊紙『ラ・スタンパ』のインタビューで語っている。


    フリートランスファーだったカッサーノは、今月10日にエラス・ヴェローナと契約した。しかし、8日後に現役引退の話題が出ると撤回を繰り返した末、24日に現役引退を宣言。27日にヴェローナとの契約を解除した。

    だが、一部で報じられていたとおり、カッサーノはまだスパイクを脱ぐつもりがないようだ。同選手は「人生は選択の連続で、考え直すことなんて世界で何億回も起きている。ただ、サッカー選手がそれをすると、いろいろと言われてしまう。それがカッサーノとなれば、クレイジーと言われてしまうんだ」とコメント。「人生で何度も良くないことをしてきた。でも、愚かじゃない。いつだって筋は通してきた」と述べている。

    すぐにヴェローナが自分の環境ではないと悟ったカッサーノ。契約解除にかんするクラブとの話し合いでは、「引退するとは一度も言わなかった。違うことが書かれたけど、それが真実だ」とのこと。「だからヴェローナは、ほかのクラブに加入した場合の違約金を設定してきたんだ」と明かしている。

    「僕を必要とする人は、僕に連絡しなければいけない。僕に代理人はいないよ。リミット? 9月だ。そうでなければ家にいるよ」とカッサーノ。35歳のお騒がせ男に声をかけるクラブは現れるだろうか。
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/07/25(火) 03:44:11.71 ID:CAP_USER9.net
    わずか2週間で契約→引退→撤回→退団→引退…。

    サッカー界きっての“お騒がせ男”、アントニオ・カッサーノがまたもやらかした。なんとヴェロ―ナと契約後の2週間で、二度目の引退宣言をしたのだ。
     
    元イタリア代表FWのファンタジスタは昨シーズン、サンプドリア首脳陣と揉めて構想外に。今年1月に契約解除して無所属となり、16-17シーズンは公式戦で1試合もプレーしなかった。
     
    国内外の様々なクラブからのオファーが報じられる中、7月10日には昇格組のヴェローナと1年契約。サンプドリア時代の盟友ジャンパオロ・パッツィーニとの黄金コンビ復活に期待がかかった。
     
    すると、そのわずか8日後の18日、ホームシックを理由に引退を仄めかす。しかし、同日の会見では、「俺はヴェローナに残る。たしかに今朝はメンタルが弱くなっていた。でも、カミさんがこう言ってくれたんだ。『私も子供たちも、あなたがプレーするのを見ないわけにはいかないのよ』ってな」と、引退をまさかの即日撤回した。
     
    これで一件落着かと思われたが、そう簡単にはいかないのがカッサーノだ。再びモチベーションを失い、退団を直訴したようだ。現地時間24日、ヴェローナのマウリツィオ・セッティ会長がこうコメントした。『ANSA』が伝えている。
     
    「カッサーノはフィジカル的にも技術的にも素晴らしい状態にある。でも、頭が正常じゃないんだ。彼はヴェローナを去る。喋ったと思えば黙り込んだり、精神的に不安定なんだ。チームにいると穏やかになれないようだ。残念だよ」
     
    カッサーノは妻カロリーナ・マルチャリスのツイッターを通じて、「引退はしない。ヴェローナで続けないだけ」とコメント。しかしその直後、同じアカウントで声明文が公開された。
     
    「カロリーナが間違っていた。考えた末に俺は決めた。アントニオ・カッサーノはもうサッカーをしない。セッティ会長、フスティSD、ペッキア監督、選手、ファン、ヴェローナの街に謝罪したい。35歳の俺にとって、優先順位は妻と子供(2人の息子)の傍にいることだ」
     
    その愛する家族はジェノバに住んでいる。1週間前の引退宣言→撤回という流れを考えると、またもや決断を覆す可能性も捨てきれないだろう。同地に本拠を置く古豪ジェノアへ移籍するのではないかと報じる現地メディアもある。
     
    類稀な創造性と技術を併せ持ち、ローマ、レアル・マドリー、ミラン、インテルと数々のビッグクラブを渡り歩いたものの、各所で幾多のトラブルを起こしてきたカッサーノ。はたして、お騒がせ男の行く末やいかに……。
    2017-07-25_07h54_11
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170725-00028090-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/07/19(水) 02:32:34.88 ID:CAP_USER9.net
    セリエAのエラス・ヴェローナに所属する元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノは、一旦は現役引退を決意したものの、再び考え直したとしてプレー続行を宣言した。伊メディア『スカイ・スポーツ』などが伝えている。

    カッサーノは今年1月にサンプドリアを退団してフリーになっていたが、今月10日にヴェローナへの加入が発表された。だが現地時間18日には、加入からわずか8日での退団と現役引退を決意した模様だとイタリア複数メディアが一斉に報じた。

    18日午後に記者会見を開いたカッサーノは、その席でヴェローナ退団と引退を表明するものと予想されていた。だがその席で同選手が告げたのは、引退を考え直したというプレー続行宣言だった。

    「プレーを続けたいと思っている。心が弱くなった瞬間があったが、この賭けに勝ちたいと思っているんだ。今朝には(引退を)決断していたが、それから話し合いをして考え直した」とカッサーノ。一旦は引退を決めたものの、家族やヴェローナ監督、会長らとの相談により考えを変えたとのことだ。
    20170718_antonio_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170718-00222578-footballc-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/05(日) 17:54:16.87 ID:CAP_USER9.net
    サンプドリアとの契約を解除し、現在は未所属の元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが、かつてのレアル・マドリード移籍を後悔しているようだ。スペイン紙『マルカ』が4日付で伝えている。

    カッサーノは2006年1月に、当時所属していたローマからレアル・マドリードへと完全移籍。しかし、同クラブではおよそ1年半の在籍でリーグ戦19試合出場2得点と散々な成績に終わり、2007年8月にサンプドリアへレンタル移籍となった。

    同紙は、レアル・マドリード移籍を振り返るカッサーノのコメントを伝えている。その伝えるところによると、同選手は「自分の中での最大の間違いは、レアル・マドリードでの1年半だ。あらゆることをして自らを破滅させてしまったからね。あれは大きな後悔だよ」と当時を回顧。さらに、同選手は「あの時、僕は何の規則も持たないことが好きだったし、母親がマドリードでの生活に幸せを感じていなかったから、イタリアに帰りたかったんだ」と続け、スペインに馴染めなかったことを認めた。

    また、カッサーノは、ローマ退団時に元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティからチームに留まるよう声を掛けられていたことを明らかにしている。

    「もしトッティがくれたアドバイスのうちの10%でも聞き入れていたら、全然違うキャリアを送っていたかもしれないね。僕とローマは契約更新に向けて動いていた。そして、トッティはこういった。『覚えておけ、多少稼ぎが少なくても、世界のどこかに行くよりもここにいる方が幸せだ』とね。結局僕はマドリードに行ったけれど、1年半で再び退団した」

    「もしトッティのアドバイスに従っていたら、ひょっとしたら10年から15年もローマにいたかもしれない。僕は彼のアドバイスを聞いておくべきだった。だけど、僕はいつも通り自分の頭の直感で移籍したんだ」と同選手は話し、トッティからの助言に耳を傾けなかったことを悔いている。

    イタリア復帰後はサンプドリアやミラン、インテル、パルマといったクラブで結果を出し続けた同選手も、現在は所属先を探している状況。現役引退の可能性も報じられているカッサーノだが、もうひと花を咲かせることができるだろうか。
    2017-02-05_18h35_04
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00549367-soccerk-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/31(火) 17:15:03.09 ID:CAP_USER9.net
    元イタリア代表のFWアントニオ・カッサーノがイタリアのテレビ番組『ティキ・タカ』に出演し、改めて現役続行を希望した。

    カッサーノは昨夏、所属していたサンプドリアのマッシモ・フェレロ会長と不和から、チームの構想から外れ、25日に双方の合意の下、契約を解除していた。現在はフリーとなり、新天地を求めてアピールを続けている。

    「家族は別として、オレにはサッカーしかないから、まだプレーしたいし、楽しみたい。もし面白そうなオファーが届いたら、喜んで受け入れたい」

    また今冬の移籍市場で世間を騒がせた中国クラブからの爆買いオファーがあったことを認めている。

    「中国からオファーがあった。だけどオレにとってのサッカーはヨーロッパなんだ。サッカーの素晴らしい所は、強い相手と向かい合い競う事で、お金ではない。プロジェクトに共感したなどと言って、現実はお金目当てで中国に行くようなタイプとはオレは違う」

    なおカッサーノ本人は、妻であるカロリーナ・マルチャリスさんの出身地ジェノヴァでの生活が気に入っており、移籍先としてはジェノヴァ近郊に拠点を置くセリエBヴィルトゥス・エンテッラへの移籍を希望しているとされる。
    2017-01-31_19h54_38
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-00000020-goal-socc
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/20(水) 19:35:20.59 ID:CAP_USER*.net
    ユーロ出場を願う

    サンプドリアに所属する33歳の元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノは、自身のこれまでのキャリアにおける悪態を反省。また今年開催されるユーロ2016への出場を夢見ていることを明かした。

    同選手は過去に所属した多くのクラブで様々な問題を起こし、その短気な性格によって“問題児”のレッテルを貼られてきた。だが本人いわく現在は改心し、若き日の言動を反省しているようだ。伊『Mediaset』がこれを伝えた。

    「この10年間、みんなは僕が才能を無駄にしていると言った。問題なのは僕が自分自身を堕落させてしまったことだ。僕は怠け者だったし、まったく本気を出していなかった。この2~3年でようやく気付いたんだ。すべては監督ではなく僕に原因があったってね。監督が厳格な戦術家タイプだったときは反逆者になって、逆に優しい監督のときは怠け者だった。僕がベストを尽くさなかったのなら、それは監督の落ち度によるものじゃない。ようやく気付いたけどもう遅すぎるね」

    過去を反省したカッサーノだが、再び代表の舞台で輝くことを完全に諦めてはいないようだ。

    「10億分の1の可能性ほどしかないことは理解してるよ。アントニオ・コンテは自分自身を犠牲にできる
    選手を求めているからね。だから僕はトレーニングでの態度を改めたんだ。ほぼ不可能だとしても僕はユーロ出場を願ってるよ」

    かつてはローマやレアル・マドリードで、ファビオ・カペッロ監督とも衝突を繰り返してきたカッサーノ。今後は改心し、新たなカッサーノが見られることになるかもしれない。
    2016-01-20_20h11_56
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160120-00010025-theworld-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1453286120/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/01/27(火) 12:30:15.01 ID:???*.net
    パルマは26日、元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノとの契約を双方合意の上で解除したことを発表した。

    カッサーノは同日、クラブから契約解除が伝えられた後、イタリア・メディア『メディアセット』のラジオ番組のインタビューに答え、「俺は(給料未払いの)7カ月間、400万ユーロ(約5億3000万円)の報酬を諦め、もうたくさんと言った。

    40歳になって、もう走れなくなったら、アメリカに行く。パルマと共に、セリエBに行くこともあっただろう。もし6月になってチームが見つからなかったら、サッカーをやめることもある」と激白。現役引退の可能性を示唆した。

    さらに「パルマとは契約を解除し、今は気分は晴れ晴れとしている。昨日は一晩中、去就について考えた。7カ月もの間、不快な思いをし、パルマとの関係を断つことを決心した。自分は疲れた。全てを放棄することを決意した。パルマのサポーター、チームメイト、共に仕事をしてきた者たちに対して、怒りはないが、素晴らしいパルマを築いてきた後、パルマに災いをもたらした者に対して怒りはある」

    「400万ユーロを失いつつあるが、問題はお金ではない。何よりも酷いことは、自分よりも給料が低いものが、7カ月もの間、1ユーロも受け取っていなかったことだ。何度も『明日給料を支払う』と言われ、その度に『明日になる』と先送りされてきた。もうたくさん。自分はこれ以上、我慢ならなかった。このような不快を感じることは、もう耐えられない」と説明している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150127-00275562-soccerk-socc
    SOCCER KING 1月27日(火)12時1分配信
    no title
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150127-00275562-soccerk-socc.view-000
    パルマを退団したカッサーノ
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1422329415/

     
    続きを読む

    カッサーノパルマ1
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 12:52:05.40 ID:???0.net
    イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は23日、パルマFWアントニオ・カッサーノがチームメートといさかいを起こしたと報じた。同紙は、パルマがカッサーノを放出する可能性も指摘している。

    『ガゼッタ』によると、カッサーノは21日の練習でチームメートと揉め、ロッカールームでもケンカをしたとのこと。ロベルト・ドナドーニ監督やピエトロ・レオナルディSD(スポーツディレクター)でも、カッサーノを抑えることができなかったと伝えられている。

    同紙は、パルマがカッサーノに罰金を科すと予想するとともに、マーケットの期間が1週間残っていることにも言及。パルマがこれまで何度となく問題行動を起こしてきたカッサーノを放出する可能性もあると報じた。

    これを受け、FWジョナサン・ビアビアニーやDFアレッサンドロ・ルカレッリは、カッサーノがチームメートと揉めたとの報道を否定している。だが、カッサーノは23日に行われた親善試合で招集外となった。クラブはフィジカルの問題としているが、内紛報道と合わせて注目を集めている。

    ドナドーニ監督は親善試合後、カッサーノの件について次のように語った。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。「カッサーノが何かをぶちまけたということはないと思う。だが、その件については来週、レオナルディSDがもっと良い形で話してくれるだろう」

    「ビアビアニーとルカレッリ? 選手たちがそう言ったのなら、そういうことだろう。問題は何もないからだ。こういう話がどこから出てくるのか分からないが、良いことであれ悪いことであれ、我々のことは我々の中だけでとどめなければいけない」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140824-00000011-goal-socc
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1408852325/


    続きを読む


    カッサーノパルマ

    イタリア代表のチェーザレ・プランデッリ監督は、14日と15日に行う代表候補合宿に向けたメンバー42名を11日に発表した。

    6月に開幕するブラジル・ワールドカップに向けて、本大会のメンバー候補となる選手たちのコンディションを確認することが主な目的となる今回の合宿。負傷 離脱中のフィオレンティーナFWジュゼッペ・ロッシやミランFWエル・シャーラウィも招集されたほか、パルマFWアントニオ・カッサーノも EURO2012以来となる招集を受けている。

    ブラジル出身のヴェローナMFロムロ、サッスオーロFWドメニコ・ベラルディは初招集。イタリア国外でプレーする選手は今回の合宿には招集されていない。

    代表候補合宿に招集された42名は↓のリンク先で
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140412-00000000-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ