海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:セリエA > ユベントス

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/17(火) 19:33:52.47 ID:CAP_USER9.net
    6cf485e9-329b-4254-ae24-d3b981873582
    16日、ユヴェントスは"Black and White and More"というイベントを開催。

    そのなかで、新エンブレムを発表した。




    新エンブレムは「J」をイメージしたスタイリッシュかつシンプルなデザインに。


    d4a36c30-f49a-4769-b4e6-c05d7bd7adf9
    これまでのものと比較するとその差は一目瞭然。驚きの変更と言っていい。

    ユヴェントスのジャンニ・アニェッリは「新しいロゴは、ユヴェントスの生き方のシンボルだ」と話しており、新時代の幕開けとして新たなエンブレム作成に踏み切ったようだ。

    なお、新エンブレムは2017-18シーズンから採用される。

    http://qoly.jp/2017/01/17/juventus-new-crest-kwm-1
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/28(水) 19:42:42.25 ID:CAP_USER9.net
    ユヴェントスが、バルセロナに所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタを獲得する希望を持っているようだ。イタリアメディア『Calciomercato.com』の報道を引用し、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が26日に報じている。

    報道によると、イニエスタとバルセロナの現行契約は2018年までとなっている。バルセロナ側が同選手との契約延長を行わない可能性は非常に低いと伝えられているが、ユヴェントスがイニエスタの獲得を“夢見て”いるという。

    同メディアは、ユヴェントスのゼネラルマネージャー(GM)を務めるジュゼッペ・マロッタ氏が、イニエスタの獲得を希望していると報道。現在32歳の同選手について、2011年夏に同じく32歳で加入した元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ(現・ニューヨーク・シティ)の姿と重ね合わせ、クラブに迎え入れたいと考えているようだ。

    バルセロナ一筋のイニエスタが移籍を選択する可能性は極めて低いと見られるが、マロッタGMは“夢”を叶えることができるだろうか。
    GettyImages-630235400
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161228-00532359-soccerk-socc
    続きを読む

    2016-11-28_08h18_28
    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/11/28(月) 01:04:28.45 ID:CAP_USER9.net
    ジェノア 3-1 ユヴェントス

    ジョバンニ・シメオネ(前半3分)
    ジョバンニ・シメオネ(前半13分)
    O.G.(前半29分)
    ミラレム・ピャニッチ(後半37分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10931294

    順位表
    http://www.livescore.com/soccer/italy/serie-a/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/27(水) 06:13:45.65 ID:CAP_USER9.net
    ユベントスは26日、ナポリに所属するアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(28)を獲得したことを発表した。
    移籍金は9000万ユーロ(約103億6000万円)で2年分割での支払いとなる。また契約期間は4年で『フットボール・イタリア』によれば年俸は800万ユーロ(約9億2000万円)と報じられている。

    イグアインに関しては、今月14日にイタリアメディアがユベントス移籍の合意を報道。23日には、メディカルチェックを通過したと報道され、移籍発表は間近に迫っていると伝えられていた。

    ユース時代を過ごしたリーベル・プレートでデビューしたイグアインは、2007年にレアル・マドリー移籍。マドリーで7シーズン過ごした後は、2013年の夏に4000万ユーロと伝えられる移籍金でナポリに加入した。

    ナポリでは、146試合で91得点を記録。2013-14シーズンにコッパ・イタリア制覇に貢献し、昨シーズンはセリエAで36ゴールの新記録を樹立してリーグ得点王に輝いた。

    ユベントスは今夏、MFミラレム・ピャニッチ、DFダニエウ・アウベス、DFメディ・ベナティア、MFマルコ・プヤカを補強しており、イグアインは5人目の新戦力となった。

    超WORLDサッカー!2016.07.27 02:10 Wed
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=246826

    写真 ゴンサロ・イグアイン
    pcimage (1)
    http://web.ultra-soccer.jp/news/pcimage?image_id=8371
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/25(月) 08:42:02.15 ID:CAP_USER9.net
    セリエAで6連覇を目指すユベントスが、ナポリから昨季得点王のアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(28)を獲得することで合意したと24日付のイタリア主要各紙が報じた。

    ガゼッタ・デロ・スポルト紙によると、移籍金は9470万ユーロ(約111億円)でマンチェスターU移籍が決定的と伝えられるフランス代表MFポグバの移籍金1億2500万ユーロ(約146億円)から捻出する見込み。またナポリはエースの穴埋めにACミランからコロンビア代表FWバッカの獲得を狙っているという。
    2016-07-25_08h59_07
    スポニチアネックス 7月25日 6時35分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160725-00000015-spnannex-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/24(日) 15:39:53.24 ID:CAP_USER9.net
    禁断の移籍が迫るゴンサロ・イグアインに対して、ナポリファンの怒りが爆発しているようだ。

    現地時間の23日、イタリアメディアが一斉にゴンサロ・イグアインのユベントス移籍が決定的となったことを報じている。ユベントスがイグアインの契約解除金9473万6000ユーロ(約110億1000万円)を支払い、選手とも年棒750万ユーロ(約8億円)で2020年までの4年契約を結ぶことで合意したようだ。

    セリエA優勝争いを戦うライバルへの移籍というだけでなく宿敵であるユベントスへの移籍ということで、ナポリファンの怒りが爆発している。早速、ファンはイタリア各局テレビ局の前で抗議運動を展開しており、SNS上にはイグアインに対する強烈な批判が溢れた。

    ナポリファンの中には既にイグアインのユニフォームを破り捨てている者や、イグアインの名前が入ったグッズを壁に張り付けている者、またユニフォームを便器に捨てている者も現れている。また、2004年に公開されたイエス・キリストの処刑を描いたアメリカ映画『パッション』の処刑シーンにイグアインの顔を埋め込んだ動画まで登場した。

    今季、悲願のチャンピオンズリーグ(CL)制覇のため、なりふり構わず大型補強を続けているユベントス。しかしながら、一番の目玉補強となるであろうイグアインの移籍にはナポリファンにとって大きな反感を買いそうだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160724-00010008-footballc-socc
    フットボールチャンネル 7月24日(日)12時30分配信



    http://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/ranking/
    セリエA 得点ランキング
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/15(金) 13:09:17.91 ID:CAP_USER9.net
    ユヴェントスがナポリに所属するアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインの獲得に迫っているという。14日、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など複数メディアが報じている。

    セリエAを5連覇中のユヴェントスは、スペイン代表FWアルバロ・モラタが今夏の移籍市場でレアル・マドリードへ復帰したこともあり、前線の補強を目指している。そして、昨シーズンのセリエAで36ゴールを挙げ、66年ぶりにリーグ記録を更新したイグアインの獲得に動き出したようだ。

    同紙によると、ユヴェントスはすでにイグアインと年俸750万ユーロ(約8億8000万円)の4年契約で個人合意に至っており、さらにナポリが求める移籍金9450万ユーロ(約110億円)を支払う用意ができている模様。同選手に対してはアーセナルが6000万ユーロ(約70億円)にフランス代表FWオリヴィエ・ジルーを加えたオファーを検討していたようだが、ユヴェントスが獲得に近づいていると報じられている。

    なお、ナポリはユヴェントスに所属するアルゼンチン代表MFロベルト・ペレイラの獲得を望んでおり、両クラブはすでに交渉を行っている。同紙はこれが偶然ではないとし、ユヴェントスがペレイラ(市場評価額は1800万ユーロ=約21億円)を譲渡することでイグアインの獲得に必要な移籍金を引き下げようと画策していると伝えている。また、イタリア紙『トゥットスポルト』などによると、ペレイラのほか、イタリア代表DFダニエレ・ルガーニ、同MFステファノ・ストゥラーロ、同FWシモーネ・ザザの3人もトレード要員の候補に浮上しているようだ。

    イグアインについて、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は「売却不可能な選手」だと主張しているが、同選手の弟で代理人を務めるニコラス・イグアイン氏が、「我々は率直に言って、契約延長を望んでいない」と契約延長拒否ともとれる発言をしたことで、今夏の退団が有力視されている。
    2016-07-15_14h41_11
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160715-00468462-soccerk-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/06/14(火) 01:44:00.90 ID:CAP_USER9.net
    9e61cec4-9833-474f-ac18-ffbdcf1352eb

    イタリア・セリエAのユヴェントスは「ローマからボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチを獲得した」と公式発表した。

    契約期間は5年間。移籍金は3200万ユーロ(およそ38億円)であると発表されている。

    先日ユヴェントスへの移籍を希望していることを明らかにしたピャニッチ。すでにユヴェントスとの交渉は合意に達していると発表されていた。

    13日、ユヴェントスは朝からピャニッチがメディカルチェックに訪れていることを公式発表。昼にはそれが完了したことを明らかにしていた。

    そして今回ついに正式な契約が結ばれたことが発表され、ピャニッチのユヴェントス移籍は6月末を待たずに決定する形となった。

    http://qoly.jp/2016/06/14/juventus-signed-with-miralem-pjanic
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/05/31(火) 15:19:12.60 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナに所属するアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノが、ユヴェントスと3年契約を締結する見通しとなった。スペイン紙『アス』が30日に報じた。

    同紙によると、マスチェラーノはバルセロナから慰留されているものの、退団を決断。ユヴェントスと3年契約を結ぶ可能性が高いと報じられている。ユヴェントスの幹部とマスチェラーノ、同選手の代理人がアメリカで会談の場を持つと報じられた。

    マスチェラーノは1984年生まれの31歳。2010年夏にリヴァプールからバルセロナに移籍した。今シーズンはリーガ・エスパニョーラ32試合に出場し、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)との二冠獲得に貢献。今シーズン最終戦となった22日のコパ・デル・レイ決勝セビージャ戦では36分にレッドカードを受けて退場となった。同試合がバルセロナでのラストマッチとなる可能性が出てきた。
    2016-05-31_17h36_21
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160531-00449781-soccerk-socc
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/14(木) 20:27:30.48 ID:CAP_USER*.net
     ユヴェントスに所属するフランス代表MFポール・ポグバの獲得に向けて、バルセロナとレアル・マドリードが激しい争奪戦を繰り広げていることがわかった。13日付のスペイン紙『アス』が報じている。

     同紙によると、現時点でポグバ獲得に向けて優位に立っているのはバルセロナ。FIFA(国際サッカー連盟)の年間表彰式に出席した際にポグバ自身が「(リオネル)メッシと一緒にプレーすることが夢」と語っていることから、本人がバルセロナでのプレーを望んでいると報道した。一方で、同選手はバルセロナ移籍の希望を明言したことはないと否定している。

     しかし、レアル・マドリードにポグバと同胞のジネディーヌ・ジダンが監督に就任したことで、状況が一転。ジダン新監督は、ポグバを高く評価していることから、レアル・マドリードが本腰を入れて獲得に乗り出すのではないかと報じられている。

     それでも、レアル・マドリードはやや不利と見られるのは、ポグバの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏の発言から見て取れるという。ライオラ氏は「我々はレアル・マドリードのようなチームに行くことを望んでいない。選手を使い捨てのタオルのように扱うチームだ」と発言しており、レアル・マドリードの選手に対する扱いに対し不快感を抱いていることを明言している。

     また、スペイン紙『マルカ』によると、水面下でバルセロナが獲得に動き、交渉を進めていると伝えている。昨年の夏には、バルセロナのアレイド・ブライダSD(スポーツディレクター)とユヴェントスのジュゼッペ・マロッタGM(ゼネラルマネージャー)がポグバの移籍を巡って会談を行っており、1億ユーロ(約128億円)をベースに交渉が進められているという。
    2016-01-15_05h44_48
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160114-00391321-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1452770850/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ