海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 南野拓実

    1: 豆次郎 ★ 2019/02/15(金) 18:23:40.29
    2/15(金) 18:11配信
    南野拓実、名門ボルシアMGの獲得リストに名前が! ドイツの老舗サッカー専門誌が報じる

    ヨーロッパリーグ(EL)の決勝トーナメントに参加しているレッドブル・ザルツブルクの南野拓実に、移籍の噂が浮上している。

    約1か月にわたるアジアカップを終えてチームに合流した南野は、現地2月14日に行なわれたクラブ・ブルージュとの第1レグに85分から出場。1-2とリードされた状況で投入され、精力的にボールを追いかけるプレーを見せたが、追加点は奪えず。敵地でのドロー、そして勝利に貢献することはできなかった。

    ホームでの第2レグは2月21日に予定されており、ザルツブルクはベスト16進出を賭けて戦う。アジアカップ後の調整のため第1レグでは先発起用が見送られたものの、ザルツブルクの地元紙『Salzburger Nachrichten』は、「ELで日本人初のハットトリックを記録したストライカーはチームに必ず必要とされるだろう」と、スタメン起用の可能性を示唆している。

    そんななか、ドイツの老舗サッカー専門誌『kicker』が、「ブンデスリーガのボルシアMGの来夏の獲得リストに南野拓実の名前がある」と報じた。

    ブンデスリーガで現在3位と好調を維持しているボルシアMG。前線で点取り屋として活躍しているトルガン・アザール(今季9ゴール)は、この冬は残留したものの、バイエルン・ミュンヘン、トッテナムなどが興味を示しているとされ、移籍の噂が絶えない。また、ドイツ代表のDFマティアス・ギンターには、アーセナルとトッテナムが熱視線を送っていると言われている。

    蛇足だが、チーム内トップの10ゴールを挙げているアラサンヌ・プレアには今冬、中国超級リーグの大連一方から5000万ユーロ(約65億円)という仰天オファーが届いたが、これを断ったとクラブSDが明かすなど、来夏の移籍市場を賑わせるであろう選手を多く擁している。

    つまり、来夏には多くの主力が離脱する可能性が高いボルシアMGの前線の補強策として、南野がリストアップされたということのようだ。

    森保ジャパンでは不動の主力として扱われている南野だが、ザルツブルクでは絶対的なレギュラーにはなりきれていない。同クラブとの契約は2021年6月末となっているが、はたして、来夏のブンデス挑戦は実現するのだろうか。
    20190215-00054177-sdigestw-000-4-view
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190215-00054177-sdigestw-socc


    続きを読む

    296fdea21f3aac9a46d135d791e49af9_1547774133_1

    1: 名無し募集中。。。 2019/02/09(土) 17:43:21.57 0
    日本の期待の若手なのだが

    2: 名無し募集中。。。 2019/02/09(土) 17:46:03.48 0
    堂安はできそう

    7: 名無し募集中。。。 2019/02/09(土) 17:53:06.00 0
    アジアで無双できない選手はヨーロッパでもいらんやろ

    9: 名無し募集中。。。 2019/02/09(土) 17:56:25.26 0
    南野はポジション的にビッグクラブでは難しい

    続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2018/12/25(火) 20:42:38.35 _USER9
    ◆南野拓実、2018年のELでブレイクした若手11人に選出! 「前線で多様な役割をこなし、目を引いた」

    1月5日開幕のアジアカップに挑む日本代表のメンバーに選出された南野拓実が、2018年のヨーロッパリーグ(EL)で「ブレイクした若手11人」に選出された。

    UEFAのヨーロッパリーグ公式サイトは、EL出場チームから「24歳以下で、かつ2018年にELデビューもしくはこれまで限られた出場機会だったが今年になって活躍が目立った選手」から11人をピックアップ。南野は3-4-3の左FWで選ばれた。

    オーストリア・ブンデスリーガのレッドブル・ザルツブルクは、今季ヨーロッパリーグのグループBを首位通過し、決勝トーナメント進出を決めている。南野はグループステージの全6試合に出場。11月7日(現地時間)のローゼンボリ戦では6分、19分、45分とゴールを重ね、ELでは日本人初となるハットトリックを達成した。

    UEFA公式は南野について「11月のローゼンボリ戦でハットトリックを達成。しかしゴール以外にも前線で縦横無尽に動いて多様な役割をこなし、プレーに関与するたび、つねに目を引いた」と評している。

    このほか、3トップの中央には、長谷部誠所属のフランクフルトから20歳のルカ・ヨビッチ(セルビア代表)、右FWにはレンヌ所属の20歳、イスマイラ・サール(セネガル代表)が選出され、乾貴士が所属するベティスからも、MFジオバニ・ロ・チェルソ(アルゼンチン代表)、DFジュニオル・フィルポ(スペインU-21代表)の2名が選ばれた。

    若手の有望株たちと肩を並べ、ELでブレイクした11人に名を連ねた南野。年明けに控えるアジアカップでの活躍にも期待がかかる。

    また、ELの決勝トーナメントは、第1戦が来年2月14日、第2戦が2月22日に行なわれ、ザルツブルクはベルギーの名門、クラブ・ブルージュと対戦する。
     
    ちなみに、UEFAヨーロッパリーグ公式が選出した「2018年ブレイクスルーした11人」はこちら。掲載順は公式発表に準ずる。

    GK
    ドミニク・リバコビッチ(クロアチア代表/ディナモ・ザグレブ)
    DF
    パペ・アブー・シセ(セネガル代表/オリンピアコス)
    ジョセフ・アイド(ガーナ/ヘンク)
    ジュニオル・フィルポ(スペインU-21代表/ベティス)
    MF
    ミヤト・ガチノビッチ(セルビア代表/フランクフルト)
    ジオバニ・ロ・チェルソ(アルゼンチン代表/ベティス)
    カイ・ハベルツ(ドイツ代表/レバークーゼン)
    パブロ・フォルナルス(スペイン代表/ビジャレアル)
    FW
    イスマイラ・サール(セネガル代表/レンヌ)
    ルカ・ヨビッチ(セルビア代表/フランクフルト)
    南野拓実(日本代表/レッドブル・ザルツブルク)

    SOCCER DIGEST Web - Yahoo!ニュース 2018/12/25(火) 16:50
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181225-00051856-sdigestw-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/02(日) 23:35:15.98 _USER9
    ザルツブルクの日本代表FW南野拓実が、公式戦3試合ぶりとなるゴールを挙げた。

    ザルツブルクは2日、オーストリア・ブンデスリーガ第16節でSCラインドルフ・アルタッハと対戦。南野は左ウィングで先発した。

    すると前半の18分、アンドレ・ラマーリョのハイボールを受けた南野が強烈な一撃でネットを揺らし、試合を動かした。前半の45分を終えてザルツブルクが1点をリードしている。

    南野は今季公式戦11ゴール目。リーグ戦では4点、欧州カップ戦では5点、国内カップ戦では2点と、好調をキープしている。
    2018-12-03_01h11_24
    12/2(日) 23:12配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00010015-goal-socc

    続きを読む

    1:ゴアマガラ ★ :2018/11/23(金) 18:03:22.73 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表MF南野拓実(23=ザルツブルク)が22日、所属クラブに戻るため羽田空港から離日した。

    他の欧州組はキルギス戦から一夜明けた21日に出発したが、南野はクラブから許可を得て国内に一日長く滞在してリフレッシュにあてた。出発時には「今日はこのまま行きます。すみません」とだけ言い残し取材には応じなかったものの、オーストリアに戻って再びアピールを続ける覚悟だ。

    所属では強豪が集う欧州リーグ(EL)で、8日のローゼンボリ(ノルウェー)戦でハットトリックを決めるなど絶好調だ。

    10月4日のセルティック(スコットランド)戦でもゴールを決めており、欧州の舞台でも存在感を高めている。そんな中で気になる情報が浮上してきた。

    欧州事情に詳しいマネジメント事務所関係者は「大幅なチームの立て直しを図ろうとしているバイエルンが、日本人選手をリストアップしているという話もある」と明かす。

    ドイツ1部で6連覇中の名門バイエルン・ミュンヘンだが、今季はここまで調子が上がらず欧州チャンピオンズリーグ出場圏外の5位と低迷。

    主力選手の高齢化やスピードのある選手が少ないことが不振の原因に挙げられており、今冬や来夏の移籍市場で大胆な血の入れ替えが検討されている。

    すでに関心が寄せられるMF香川真司(29=ドルトムント)のほか、日本代表で台頭中の若手も注視されており、南野も獲得候補に入ったとみられる。

    今後の活躍次第で、一気にビッグクラブへのステップアップも現実味を帯びてきそうだ。
    2018-11-23_18h22_15
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181123-00000036-tospoweb-socc
    続きを読む

    minamino-800x533

    1:Egg ★:2018/11/14(水) 19:45:40.57 ID:CAP_USER9.net
    いま、絶好調の「サムライ・ストライカー」を、ドイツの強豪クラブが徹底マークしているようだ。

    現地時間11月13日、イタリアのサッカー専門メディア『Calcio Mercato』は、オーストリア・ブンデスリーガのザルツブルクに所属する日本代表FW南野拓実に、ドイツ・ブンデスリーガのRBライプツィヒとドルトムントが「興味を示し、獲得に名乗りを上げる」と報じた。

    2015年1月にセレッソ大阪からザルツブルクに完全移籍で加入して以来、オーストリア屈指の名門で研鑽を積んできた南野は、その声価を確実に高めている。

    昨シーズンに公式戦で11ゴール・10アシストを記録した23歳の点取り屋は、今シーズンも好調そのもので、開幕からの公式戦21試合で10ゴールという結果を出し、さらに日本代表としても“森保ジャパン”発足後から3試合連続となる計4ゴールを挙げて存在感を放っている。

     そんな南野を、欧州の有力クラブが見逃すはずがない。日夜、世界各国の移籍情報を発信している『Calcio Mercato』は、「ライプツィヒとドルトムントが日本人獲得に名乗り」と紹介している。

    ライプツィヒは、オーストリアの清涼飲料水会社『レッドブル』の所有クラブで、ザルツブルクとは姉妹クラブにあたるチームだ。両クラブ間での選手獲得の取引は、過去にもいくつか例があるだけに、南野が移籍する場合にも、その交渉は比較的スムーズに進む可能性がある。

    一方のドルトムントは現在、ブンデスリーガで絶対王者のバイエルンを抑え、首位をひた走っている。仮に加入への動きが加速すれば、南野にとって重要なステップアップとなり、そしてセレッソ大阪の先達でもある香川真司との共闘が実現するかもしれない。

    怒涛の勢いでゴールラッシュを叩き込んでいる南野は、来年1月に幕が開ける冬の移籍市場で、ドイツの強豪チームに新天地を求めるのだろうか。その去就動向に注目したい

    2018年11月14日 18時23分 サッカーダイジェスト
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15595496/
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/12(月) 05:48:10.45 ID:CAP_USER9.net
    ザルツブルクに所属する日本代表FW南野拓実が、11日に行われたオーストリア・ブンデスリーガ第14節のアウストリア・ウィーン戦で、今シーズン公式戦10ゴール目を決めた。

    67分に途中出場した南野は、86分に放ったシュートがザヴェル・シュラーガーの先制点につながり、後半アディショナルタイム4分には自ら追加点をマーク。全2点に絡む活躍で、2-0の勝利に貢献した。

    南野は8日に行われたヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第4節のローゼンボリ戦でハットトリックを達成しており、公式戦2試合連続ゴールとなった。

    これで今シーズンのリーグ戦では3点目、公式戦では10点目に伸ばし、4シーズン連続となる公式戦2桁得点を達成した。

    11/12(月) 3:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00861878-soccerk-socc

    写真
    20181112-00861878-soccerk-000-view
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/11/09(金) 17:40:53.44 ID:CAP_USER9.net
    3得点の南野らザルツブルクの猛攻に相手FW脱帽 「まるでフットボールのレッスン」

    2-5大敗にローゼンボリFWベントナーも嘆き節 「8-0になってもおかしくなかった」UEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第4節、ローゼンボリ(ノルウェー)対レッドブル・ザルツブルク(オーストリア)は日本代表FW南野拓実のハットトリックなどで、アウェーのザルツブルクが5-2で勝利した。敗れたローゼンボリのデンマーク代表FWニクラス・ベントナーは「まるでフットボールのレッスンだ」と、完敗にフラストレーションを溜めている。ノルウェー紙「ヴェルデンス・ガング」が報じた。

    試合は前半からザルツブルクの猛攻が炸裂する一方的な展開となった。開始6分に先制ゴールを決めた南野が、前半45分間でハットトリックを達成。ノルウェー代表FWフレドリク・グルブランセンのゴールと合わせて4-0で試合を折り返した。

    後半はローゼンボリも2得点したが、ザルツブルクも南野が相手のオウンゴールを誘発して追加点をゲット。最終的に5-2で、敵地に乗り込んだザルツブルクが大勝した。

    この試合にフル出場したローゼンボリのデンマーク代表FWベントナーは、ここまで一方的に敗れた試合は、過去を振り返ってもなかったと語っている。

    「あのような前半は、これまでのキャリアで経験したことがなかった。8-0になってもおかしくなかったね。まるでフットボールのレッスンだった。とてもフラストレーションの溜まる展開だった。チームメイトも皆、同じ気持ちだったと思うよ」

    アーセナルやユベントスといったビッグクラブを渡り歩いたストライカーは、惨憺たる試合結果に落胆の表情を浮かべた。南野らの活躍が光ったザルツブルク相手の敗戦は大きな衝撃となったようだ。

    ノルウェーの国内リーグでは首位に立つローゼンボリだが、ELではグループステージ4戦4敗で最下位。欧州カップ戦で大きな壁に直面している。
    2018-11-09_18h07_20
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181109-00146694-soccermzw-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ