海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 浅野拓磨

    1: Egg ★ 2019/03/04(月) 12:29:00.22
    果たして、ハノーファーはこれからどのようなチーム作りを行っていくのだろうか。ドイツ誌『kicker』日本語版は4日、アーセナルからレンタル移籍で加入しているFW浅野拓磨の去就について報じている。

    同誌は「自動降格圏内に沈む現状においてそれは困難なことではあるが」と前置きしつつ、「すでに方針が固まっている選手もいるようだ」と指摘し、浅野に関する記事を掲載している。

    2016年夏からプレーしていたシュトゥットガルトでは、ブンデスリーガの1部と2部の通算で41試合に出場し、5得点4アシストを記録した浅野。しかし、昨年夏に加入したハノーファーでは負傷もあって11試合出場で無得点、アシストもゼロと苦しい結果が残っている。

    昨シーズンまで浅野がプレーしていたシュトゥットガルトは、アーセナルとのレンタル移籍契約に付随していた買い取りオプションの行使を見送った。そして昨年夏、同選手はハノーファーへとレンタル移籍で加入することとなる。同クラブでは負傷離脱を繰り返して数字としての結果を残せていないものの、ハノーファー側は浅野の買い取りオプション行使する考えを抱いている模様だ。

    ハノーファーのマネージャーを務めるホルスト・ヘルト氏は「タクはとても伸びしろを持った選手だ。確かに決定力という部分では改善していかなくてはならないが、しかしながら彼の卓越したスピードは、我々のオフェンスにおいてスペースを突いていくのに理想的だと言えるよ」と評価している。なお移籍金額は、約300万ユーロ(約3億8000万円)と伝えられている。

    3/4(月) 11:52配信 サッカーキング
    2019-03-04_16h55_54
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-00914011-soccerk-socc

    続きを読む

    1: pathos ★ 2019/02/10(日) 15:50:06.53
    英『デイリー・エクスプレス』が今季アーセナルから期限付き移籍している選手の現在の評価を掲載した。ハノーファーに所属するFW浅野拓磨(24)については、10段階中「4」と評価した。

    2016年7月にサンフレッチェ広島からアーセナルに完全移籍した浅野。イギリスの労働許可証が下りず、ドイツのシュツットガルトに期限付き移籍し、移籍初年度にリーグ戦26試合4得点でチームの2部優勝に大きく貢献した。

    今季からハノーファーに所属している浅野は、ここまでリーグ戦では9試合に出場しているが得点はない。昨年12月には、アジアカップに出場する日本代表のメンバーに招集されていたが、怪我のため離脱していた。

    同紙は浅野に対して「4」をつけ、「2016年に獲得するも労働許可証が下りず、直後からドイツでローンの日々を過ごしている。だが、これまでプレミアリーグで通用することを証明できていない」と厳しい評価をつけた。

    さらに「今シーズンはハノーファーにいて、ここまで11試合1ゴール1アシストを記録。怪我のため、アジアカップ出場を逃したため、労働許可証を取得するチャンスを逃した。彼の価値は下がっているので、アーセナルは彼を売却しても利益を得るのに苦労するだろう」と、将来的にアーセナルでプレーする可能性は低いとみている。

    怪我から復帰を果たし、1日のライプツィヒ戦では昨年12月15日のバイエルン戦以来のスタメン入りとなった浅野。残りのシーズンでこの厳しい評価を跳ね除け、チームに欠かせない選手として活躍してみせる。
    2019-02-10_17h03_13
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-27084234-gekisaka-socc

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/09/01(土) 06:36:09.47 ID:CAP_USER9.net
    9/1(土) 6:27配信
    浅野は2戦連続先発、原口出番なし…ハノーファー、香川ベンチ外のドルトムントとスコアレス

    [8.31 ブンデスリーガ第2節 ハノーファー0-0ドルトムント]

    ブンデスリーガは31日、第2節1日目を行いFW浅野拓磨、MF原口元気の所属するハノーファーはホームでドルトムントと対戦し、0-0で引き分けた。新天地で開幕スタメンをつかんだ浅野は2戦連続の先発。2トップの一角に入り、前半のみで交代した。ベンチスタートの原口は出番なし。MF香川真司はベンチ外だった。

    前半40分にドルトムントが決定機を迎えた。DFウーカシュ・ピシュチェクの縦パスがクリアされると、こぼれ球にMFマルコ・ロイスが反応。右サイドから中に切れ込み、右足シュートを放ったが、これはGKミヒャエル・エッサーが体を張ってファインセーブ。前半42分にもMFマフムード・ダフードの鋭いスルーパスで最終ラインの裏に抜け出したロイスがフリーで決定的な右足シュートを放ったが、惜しくもクロスバーを叩いた。

    スコアレスで折り返した後半開始と同時にハノーファーは浅野を下げ、新戦力のFWボビー・ウッドを投入。チャンスをつくりながらも互いに最後までゴールをこじ開けられず、0-0のまま試合終了。ハノーファーは開幕2試合連続のドロー。ドルトムントは1勝1分となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-01744064-gekisaka-socc

    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/08/21(火) 18:55:04.96 ID:CAP_USER9.net
    8/21(火) 18:21配信 GOAL

    日本代表FW浅野拓磨はハノーファーでブンデスリーガ開幕前から評価を高めているようだ。ドイツ誌『キッカー』が伝えている。

    今夏、アーセナルからのレンタルでハノーファーに加わった浅野だが、プレシーズンでは6ゴール1アシストをマーク。そして19日に行われたDFBポカール1回戦では、3部カールスルーエ相手に前半にはPKを獲得すると、後半に入るとチーム4ゴール目を自ら決めるなどで6-0の勝利に貢献し、初の公式戦でも結果を残している。

    そんな浅野だが、過去2年間はレンタルで送り出されていたシュトゥットガルトでは決定力を示せず、昨シーズン後半戦はトップの公式戦にも出場していなかった。ハノーファー率いるアンドレ・ブライテンライター監督はそれでもその才能を買い、獲得に踏み切ったが、プレシーズンや格下相手には好パフォーマンスを見せたアタッカーはこの先も指揮官の期待に応えられるのかが注目されているところだ。

    しかし『キッカー』は浅野のハノーファーでの展望は明るいと見ている模様。「まるでシンカンセン! 日本人選手タクマ・アサノはハノーファーで高速鉄道の故郷のあの超特急電車のようなスタートを切ることになるかもしれない」と期待感溢れる特集記事で記している。次のように浅野のプレーを分析した。

    「練習やテストマッチで、セカンドトップとして(相手に)つかみづらい動きを見せる身長173cmのアサノは、相手を引きつけ、チームメイトたちが入り込むための突破口を開けるプレーを見せる。加えて日本代表は自らもスペースを見つけ出し、ゴールを脅かす」

    ハノーファーは25日のブンデスリーガ開幕節でブレーメンと対戦。浅野の同僚となった原口元気は負傷離脱のため、大迫勇也が所属するチームとのアウェーマッチには間に合わないかもしれない。そんな中、『キッカー』ではハンブルガーSVから加わったアメリカ代表FWボビー・ウッドの出場停止も影響し、浅野がエースFWのニクラス・フュルクルクとハノーファーの2トップを組むことを予想。新幹線が向かう方向の「信号はすべて『青』だ」とつづられている。
    2018-08-21_19h45_59
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00010003-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/20(月) 00:14:21.48 ID:CAP_USER9.net
    DFBポカール1回戦が19日に各地で行われた。

    浅野拓磨、原口元気の所属するハノーファーは、3部のカールスルーエとアウェーで対戦。原口は肉離れで欠場となったが、浅野はツートップの一角で先発した。ハノーファーは17分、DFケヴィン・ヴィマーのゴールで先制すると、31分にも追加点。前半終了間際にもニクラス・フュルクルクがPKを沈めて3点差に。

    すると後半に入った51分、フュルクルクのアシストから浅野が待望のゴールを決め、チームの4点目をゲット。2回戦突破を決定的とした。その後、浅野は64分までプレーし、途中交代している。

    なお、浅野にとってカールスルーエは渡独後初めてのゴールを奪っており、過去には3得点を奪っていた相性のいい相手。今回も得点を決め、相性の良さを発揮した。

    浅野はプレシーズンから定位置を獲得し、練習試合では得点もマーク。今季最初の公式戦となったカールスルーエ戦でも確かな結果を残し、好スタートを切っている。

    8/19(日) 23:52配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00010011-goal-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/16(木) 09:08:15.84 ID:CAP_USER9.net
    ハノーファーに所属するFW浅野拓磨の評価が急上昇しているようだ。

    現地時間10日、浅野はリーガエスパニョーラの強豪アスレティック・ビルバオ戦で1ゴール1アシストの活躍を見せた。今季シュツットガルトから加入した23歳は練習試合7試合で6ゴールを挙げる活躍を見せている。

    そんな浅野に対しアンドレ・ブライテンライター監督は「タクマは色々な攻撃的ポジションをこなせる選手だ。スピードがあり判断力にも優れている。またメンタルもタフである」と高評価を与えている。

    今季のハノーファーは2トップを採用すると見られている。ニクラス・ヒュルクルクはスタメンの座をほぼ手中にしているなか、もう一つの椅子を浅野とハンブルガーSVからレンタルで加入してきたボビー・ウッドが争う形になっている。

    15日付けの独メディア『ラッテンクロイツ』では浅野の走力、運動量、そしてゴールへの意欲がウッドを上回っているとしている。

    ハノーファーは19日にDFBポカール(ドイツ杯)初戦を戦い、25日にはブンデスリーガ開幕戦で日本代表のFW大迫勇也の所属するブレーメンと対戦する。昨季の浅野はシュトゥットガルトでわずか718分の出場時間に終わりロシアワールドカップも選出されなかった。そんな男が今季どのような活躍を見せてくれるのだろうか。

    8/16(木) 8:20 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180816-00285557-footballc-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/05(日) 07:03:41.56 ID:CAP_USER9.net
    今夏からドイツ1部のハノーファー96に活躍の場を移した日本代表FW、浅野拓磨。同じタイミングで同胞の原口元気も加入し、気の知れた仲間とともに新天地で新たなチャレンジをスタートさせている。
     
    ロシア・ワールドカップの最終登録23名に残れなかった浅野は、バックアップメンバーとして日本代表チームに帯同した。グループリーグ初戦のコロンビア戦後に離脱し、束の間のオフを経て7月9日のハノーファーに合流。いきなり紅白戦で存在を示すと、テストマッチでゴールを量産して結果を叩き出している。アンドレ・ブライテンライター監督をして、「アサノの得点感覚と加速力は素晴らしい。我々にとって大きな武器になると確信している」と言わしめたのだ。
     
    原口が7月下旬にやって来ると、チームはいよいよフルメンバーでの最終調整に入った。浅野は4-4-2システムで2トップの一角を担い、8月1日のオーストリア1部・ヴォルフスブルガーAC戦で1ゴール。ゴール前でのキープから粘って右足を振り抜いた。そして3日後のウディネーゼ戦(1本目)でもスタメンを飾り、32分にカウンターから1ゴールを挙げてみせる。右サイドを突破したサレンセン・バゼーが中央にシュート性のクロスを送り、鋭く反応した浅野がスライディングで相手GKの機先を制した。試合はハノーファーの5-1圧勝に終わっている(原口は2本目でフル出場を果たし、攻守に貢献。こちらも2-1でハノーファーが勝利)。
     
    浅野の活躍ぶりを報じたのがドイツのサッカー専門誌『Kicker』で、「タクマ・アサノがまたしても決めた。調子がよく手が付けられない状態だ」と記し、「(2トップで)ニクラス・フュルクルクの相棒をしっかり務め上げている」と称賛。スタメンの有力候補に挙げている。
     
    昨シーズンのシュツットガルトでは出場機会に恵まれず、ワールドカップでは落選の憂き目に遭った23歳。捲土重来を期す新シーズンに向けて、上々の仕上がりをみせている。

    8/5(日) 6:52配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180805-00045094-sdigestw-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/13(金) 08:02:16.25 ID:CAP_USER9.net
    ロシア・ワールドカップを戦った日本代表にバックアップメンバーとして帯同したFW浅野拓磨が、早くも新天地ハノーファー96で存在感を示した。
     
    2017―18シーズンは同じブンデスリーガ1部のシュツットガルトで出場機会に恵まれず、レンタル期間終了とともに所属元のアーセナルに帰還。すぐさまハノーファーからラブコールを受け、ふたたび期限付きでの移籍が決まった。
     
    ともに今夏加入の原口元気は7月下旬のキャンプ合流だが、浅野はすでに9日からトレーニングに参加している。水曜日には11人対11人の紅白戦に臨み、主力選手で攻撃陣が構成されたチームに加わった。ここでいきなり爆発させたのが、圧巻の走りだ。地元紙『Hannoversche Allgemeine』がその衝撃を伝えている。
     
    「我々ハノーファーは、新型ロケットを手に入れたようだ。タクマ・アサノの俊足は予想を超えるものだった。ケビン・ヴィンマーとヨジップ・エレスをあっという間に置き去りにして、キーパーのミヒャエル・エッサーが辛うじてシュートをブロックしたのだ。まさしく驚異的なスピードである」
     
    そして同紙は、かつて他のメディアが測定したデータを紹介。シュツットガルト時代のとある試合で、浅野は30メートルをわずか3.67秒で走破した。これは現在アーセナルに所属するピーエル=エメリク・オーバメヤンの3.70秒を上回るもの。さらに100メートル走の世界記録(9.58秒)保持者ウサイン・ボルトの最初の30メートルが3.78秒であるため、「世界最速のアスリートか?」などと持てはやされた。同紙は「アサノより速いのは、いまやフランス代表のキリアン・エムバペくらいだろう」と綴っている。

    指揮官アンドレ・ブラテンライターは、スピードだけでなくその適応力にも注目している。
     
    「彼のことはずっと観てきたし、これくらいのことはやれる選手だと思っていた。まあそれにしても足は速いね。実際に目の当たりにして驚いてはいるよ。素晴らしいアスリート能力の持ち主であるとともに、良いパーソナリティーがある。チームに上手く馴染んでいるし、適応力が素晴らしい。エキサイティングなプレーでハノーファーに歓喜をもたらしてくれると信じているよ」
     
    次代の日本代表を背負って立つべきストライカー、浅野拓磨。新天地で上々のスタートを切っている。

    サッカーダイジェスト 7/13(金) 5:12
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180713-00043889-sdigestw-socc

    写真
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/05/23(水) 19:53:58.24 ID:CAP_USER9.net
    5/23(水) 19:31配信
    浅野拓磨、ハノーファーへのレンタルが正式決定…通算4人目の日本人に

    ハノーファーは18日、日本代表FWの浅野拓磨を1年のレンタルでアーセナルから獲得することを発表した。

    2016年夏にサンフレッチェ広島からアーセナルに加入した浅野だが、イングランドでプレーすることはなく、そのままレンタルでシュトゥットガルトへと期限付き移籍。ドイツでの1シーズン目は、レギュラーとして当時2部に所属していたクラブの1部昇格に貢献するも、今年1月にタイフン・コルクト監督が就任してからは出場機会が1試合も与えられなかった。

    しかし、そんな浅野を今度はハノーファーが1年の期限付きで獲得。イギリスの就労ビザが下りないと判断したと見られる所属元アーセナルは、ハノーファーのホルスト・ヘルトSD(スポーツディレクター)からのオファーを受け入れたとのこと。

    ドイツ紙『ビルト』によれば、アーセナルに支払うレンタル料は100万ユーロ(約1億3000万円)で、レンタル契約には300万ユーロ(約3億9000万円)に設定の買い取りオプションが盛り込まれているという。

    昨季は2部に所属していたハノーファーだが、今シーズンは1年ぶりに1部に復帰。アンドレ・ブライテンライター監督の下で、今シーズンを13位で終えた。過去には現マルセイユのDF酒井宏樹や、現セレッソ大阪のMF清武弘嗣、山口蛍が所属し、浅野は同クラブでプレーする4人目の日本人選手となる。
    2018-05-23_21h28_36
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000017-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/05/15(火) 18:13:31.52 ID:CAP_USER9.net
    シュトゥットガルトに所属するFW浅野拓磨は、来シーズンへ向けて一度アーセナルに戻ることとなるようだ。ドイツ『Ligainsider』が報じている。

    浅野は今シーズン、リーグ戦15試合に出場。しかし、ハネス・ヴォルフ前監督解任以降はタイフン・コルクト監督に一度も起用されることはなく、昨年12月19日に行われたDFBポカール3回戦マインツ戦を最後に出場はなく、シーズンを終えた。

    アーセナルからレンタル中の浅野がシュトゥットガルトでキャリアを続ける可能性は低くなり、ミヒャエル・レシュケSD(スポーツディレクター)も「浅野は一度アーセナルへ戻る」と語っている。アーセナルでも、労働ビザが浅野に発給される可能性は低く、来季は再レンタルされる運びとなりそうだ。

    「浅野にとって何がベストか、彼らは時間をかけて方向性を見いだすだろう」とも語られており、いずれにしろ来シーズン以降は新天地で戦うことが濃厚。浅野はどこの地で再スタートを切ることになるだろうか

    5/15(火) 11:42配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000005-goal-socc

    写真
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ