海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:W杯 > W杯ロシア

    2017-11-15_20h16_13

    1:動物園φ ★:2017/11/15(水) 19:54:34.95 ID:CAP_USER9.net
    オーストラリア 3-1 ホンジュラス

    54' ジェディナク
    72' ジェディナク(PK)
    85' ジェディナク(PK)
    93' エリス

    http://www.livescore.com/soccer/world-cup/inter-qualification-play-off/australia-vs-honduras/1-2645891/

    2試合合計オーストラリア3-1ホンジュラス
    続きを読む



    1:豆次郎 ★:2017/11/14(火) 06:48:15.65 ID:CAP_USER9.net
    11/14(火) 6:43配信
    イタリア60年ぶりW杯予選敗退 プレーオフ敗れる

    <W杯欧州予選プレーオフ:イタリア0-0スウェーデン>◇13日◇ミラノ

    イタリアがあと1歩のところで18年ロシアW杯出場を逃した。イタリアが本戦出場を逃したのは58年スウェーデン大会以来60年ぶり。

    アウェーでの第1戦を0-1で落としていたイタリアは、果敢に攻めたが、ほぼ全員を自陣に引き守備を固めたスウェーデンに対し、ゴールを割ることができす、スコアレスドローで終戦した。

    一方のスウェーデンは、06年ドイツ大会以来3大会ぶりの本戦出場となった。
    2017-11-14_07h09_38
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00052397-nksports-socc
    続きを読む

    1:れいおφ ★:2017/11/13(月) 17:21:35.20 ID:CAP_USER9.net
    現地時間13日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ・セカンドレグのイタリア対スウェーデンが行われる。イタリアは60年ぶりとなる予選敗退の危機を回避できるだろうか。

    欧州予選プレーオフ最大の注目カードは、ファーストレグの結果を受けてより注目を集めている。敵地で0-1と敗れ、イタリアのW杯出場に黄信号がともったからだ。

    内容も非難の対象だ。ジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督率いるイタリアは、予選でスペインに敗れてから精細を欠いている。スウェーデンとのファーストレグは得点の予感もなかったため、メンバー変更の必要性や、フォーメーションを戻せという声が多い。

    本大会行きの可能性はまだ十分に残っているが、指揮官の解任に関する報道も増えている。

    過去17回W杯に出場しているイタリアは、最後に出場を逃したのが1958年。以降、14大会連続で本大会に出ている。W杯優勝経験のある国は、イタリア以外全て出場権を手にしているが、アッズーリはどうなるだろうか。

    クライマックスを迎えているW杯予選。イタリア対スウェーデンのセカンドレグは、日本時間14日4時45分キックオフだ。
    20171113_italia_getty-560x373

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171113-00240564-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/11/11(土) 07:03:14.57 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】
    スウェーデン代表 1-0 イタリア代表

    【得点者】
    1-0 61分 ヤコブ・ヨハンソン(スウェーデン)

    http://www.fifa.com/worldcup/matches/round=276503/match=300417856/index.html

    2018 FIFAワールドカップ ロシア・欧州予選プレーオフのファーストレグが10日に行われ、スウェーデン代表とイタリア代表が対戦した。

    序盤から互いに攻守でアグレッシブなプレーが続く中、28分にマルコ・ヴェッラッティが警告を受ける。ヴェラッティは累積2枚目となり、セカンドレグが出場停止となった。前半はホームのスウェーデンが押し込むも、得点は生まれずスコアレスで折り返す。

    後半に入り61分、ロングスローの流れから途中出場ヤコブ・ヨハンソンのシュートが決まり、ホームのスウェーデンが先制する。追いかけるイタリアはエデル、ロレンツォ・インシーニェと前線の選手を投入するが、最後までゴールネットを揺らすことができず。

    試合は1-0で終了。スウェーデンが3大会ぶりのワールドカップ出場に一歩前進した。セカンドレグは14日にイタリアのホームで開催される。
    2017-11-11_07h26_14
    サッカーキング 11/11(土) 6:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00666995-soccerk-socc

    イタリア、スウェーデンを相手に初戦落とす…アウェーゴール奪えず/ロシアW杯欧州予選プレーオフ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00000038-goal-socc

    イタリアW杯崖っぷち スウェーデンに先勝許す
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00050126-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/27(金) 22:21:08.20 ID:CAP_USER9.net
    国際サッカー連盟(FIFA)は27日、インドのコルカタで理事会を開き、2018年W杯ロシア大会の賞金総額を4億ドル(約440億円)とすることを承認した。

    14年W杯ブラジル大会の賞金総額は3億5800万ドル(約394億円)で、12%アップとなった。

    優勝賞金は前回のブラジル大会から300万ドル増の3800万ドル(約41億8000万円)。出場チームは1次リーグで敗退しても800万ドル(約8億8000万円)が与えられる。
    2017-10-27_23h12_26
    10/27(金) 22:09配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171027-00038638-nksports-socc
    続きを読む

    1:れいおφ ★:2017/10/19(木) 22:01:48.41 ID:CAP_USER9.net
    2017-10-19_23h07_56
    2018年W杯ロシア大会(2018 World Cup)の開催地となる同国カリーニングラード(Kaliningrad)の市長が18日、試合が行われる日は街を離れ、海外から訪れたサッカーファンを「殴ったりしないように」と市民に忠告した。

    カリーニングラードのアレクサンダー・ヤロシュク(Alexander Yaroshuk)市長は、出演した地元ラジオ局の番組の中で「(訪れた人を)温かくもてなし、親切にしよう。そして誰のことも殴ったりしないようにしよう」「もし英語が話せるなら、会話でもしてみたらいい」と市民に語りかけた。

    今大会の開催都市としては最西端に位置するカリーニングラードは、ポーランドとリトアニアに挟まれたロシアの飛び地で、大会期間中に4試合が開催されるスタジアムは3万5000人の観客を収容する。

    W杯開幕に備えて街の清掃ボランティアを募ったヤロシュク市長だが、その一方で大会期間中は街を出るよう市民に促している。大会中は約15万人のサポーターが詰めかけるため、交通手段はシャトルバスを除き実質的に利用不可能になるという同市長は「4試合のうち1試合は、少なくとも欧州の強豪国だ」とすると、「10万~15万人が訪れることを想像してほしい。彼らがこの街中を歩き回るんだ」と警告した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00000030-jij_afp-socc
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/14(土) 00:20:02.79 ID:CAP_USER9.net
    2018FIFAワールドカップ ロシア アジア予選プレーオフ第2戦で、オーストラリア代表はシリア代表に延長戦の末、2-1で勝利した。この一戦でオーストラリアの主将・FWティム・ケーヒルが2ゴールを記録したが、翌日になってそのゴールパフォーマンスに批判が集まることになった。

    この一戦では6分にシリアに先制点を奪われていたオーストラリアだが、13分にケーヒルが同点弾をマークすると、延長戦の後半には勝ち越し点を決めて勝利に大きく貢献した。

    だが同選手はそれぞれのゴール後、コーナーフラッグに向かってシャドーボクシングするおなじみのパフォーマンスを披露することはなく、両腕をT字に広げながら“飛行機パフォーマンス”を披露。

    また2点目を決めた際にも、チームメイトたちと喜び合ってから観衆に向けて両手でもT字の形をつくった。

    そしてその翌日、このパフォーマンスの真相が明らかに。ケーヒルと最近スポンサー契約を結んだオーストラリアの旅行会社、トリッパディール(TripADeal)がインスタグラムで

    「私たちの新たなブランドアンバサダー、ティム・ケーヒルが昨日の夜決勝点を決めたあとにトリッパディールのTの形をつくったのを見ましたか?おめでとう、ティム!」と記すと、

    ケーヒルは返信で飛行機の絵文字などを投稿。これは後に消去されたが、ゴールパフォーマンスはスポンサーのための宣伝だったことが判明した。

    これを受け、オーストラリアメディアはケーヒルの行為を痛烈に批判。『news.com.au』は「ティム・ケーヒルはオーストラリアサッカーの象徴的な瞬間を台無しにした」と題した記事で、

    「ユニフォームを汚す行動を選択したのは恥」「スポーツコンテストにしかないチームとの純粋な喜びがハイジャックされた」などと記載した。

    『ニュー・デイリー』では、「これほど重要なゴールの後に、スポンサード・セレブレーションをするなんてサッカーにおける最悪な出来事。T字はティムのTだったと思っていたのに!」とファンの怒りの反応も紹介されている。

    なお、このような行為に関しては前例がある。EURO2012でデンマーク代表FWニクラス・ベントナーがゴールを決めた際、ブックメーカーのマークが記された下着を見せたため、

    UEFA(欧州サッカー連盟)より10万ユーロの罰金と1試合の出場停止処分を言い渡された。『news.com.au』は、今回のケーヒルの商業目的のゴールパフォーマンスに関しても、FIFA(国際サッカー連盟)が調査を開始したと伝えている。

    10/13(金) 19:30配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171013-00010008-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:pathos ★ :2017/10/13(金) 20:51:58.89 ID:CAP_USER9.net
    コロンビア代表FWラダメル・ファルカオは、ペルー代表MFレナト・タピアに対して、重要な一戦におけるドロー決着を持ち掛けていたようだ。

    コロンビアはロシア・ワールドカップ南米予選最終戦でペルーと対戦。1-1と引き分け、4位に入り本大会出場権を獲得した。

    コロンビア代表のエースであるファルカオは、タイスコアで試合を終えることを望んでいた。タピアが『Panamericana Television 』で次のように話している。

    「僕たちは試合に集中していた。残り5分になると、コロンビアの選手たちが近づいてきた。彼らは他会場の試合結果を知っているようだった。彼らは望むように試合をコントロールしていた」

    「僕はファルカオと会話を交わした。彼は『これで、コロンビアもペルーも出場権獲得圏内だ。祝おうぜ』と言ってきたんだ」

    コロンビアに引き分けたペルーは、最終順位を5位として、ニュージーランドとのプレーオフに回っている。
    2017-10-13_22h05_46
    GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00000026-goal-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★:2017/10/12(木) 20:29:00.37 ID:CAP_USER9.net
    10/12(木) 15:45配信

    サッカー韓国代表が、国際サッカー連盟(FIFA)ランキングで中国代表に逆転を許すこととなった。

    12日(日本時間)、FIFAホームページによると韓国の10月の予想ランキングポイントは588点。9月のランキングポイント659点より71点もダウンした。

    9月に51位を記録した韓国は、順位が低いロシア(64位)、モロッコ(56位)に相次いで敗れ、予想より多くのポイントを失うこととなった。韓国はヨーロッパ遠征2連戦でロシアに2-4、2軍が出場したモロッコに1-3で敗戦を喫した。

    韓国はアジア予選を共に通過したイラン(784点)、日本(711点)はもちろん、北中米予選でワールドカップ予選を決めたパナマ(670点、以上10月の予想ランキングポイント)より低い。

    さらに、ロシアワールドカップ本戦進出は叶わなかった中国(626点)に、FIFAランキングで抜かれることになってしまった。
    2017-10-12_22h41_59
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00000048-wow-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2017/10/11(水) 21:51:39.53 ID:CAP_USER9.net
    10/11(水) 21:47配信
    あわや殺人事件…ナイフ所持の乱入者がスペイン代表MFに近づいていた

    レアル・マドリーのスペイン代表MFイスコに命の危険があったようだ。スペイン『アス』が報じている。

    9日、スペインはロシアW杯欧州予選グループGの最終予選でイスラエルと敵地で対戦し、1-0で勝利。事件は試合終了後のピッチで起きた。同紙によると、6人のイスラエル人男性がピッチに乱入し、別行動をとった1人がイスコに接近。その男性はナイフを所持していたという。

    幸い、容疑者がイスコに近づく前に地元警察に取り押さえられ、イスコに怪我はなかった。警察官のミッキー・ローゼンフェルド氏は、「警備上の問題はなかった。昨夜の出来事は一般的な警備の範疇にとどまるものです」と選手たちがいかなる危険にも晒されなかったことを強調している。
    2017-10-12_10h13_30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-01645044-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ