海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:W杯 > W杯ロシア

    1:動物園φ ★:2017/10/11(水) 16:47:12.79 ID:CAP_USER9.net
    10/11(水) 12:22配信
    ゲキサカ
    news_228172_1
    強豪国の敗退はW杯予選の過酷さを物語っている(Getty Images)

    ロシアW杯予選は各地で波乱を呼んでいる。

    10日に終了した欧州予選では、何と言っても前回大会3位のオランダ代表が出場権を逃したことが大きなトピックスだ。スウェーデン代表相手の最終戦で“7ゴール以上の勝利”を目指したが、奇跡は起こせなかった。

    その他ではFWガレス・ベイルやMFアーロン・ラムジーらを擁することで、60年ぶりのW杯出場に大きな期待が集まったウェールズ代表。前回大会出場のボスニア・ヘルツェゴビナ代表。アンドリー・シェフチェンコ監督が率いるウクライナ代表がプレーオフに出場することもなく、予選で姿を消した。

    9組中8組の2位が11月に行われるプレーオフに進むことになるが、唯一、グループFで2位になったスロバキア代表がプレーオフ進出を逃した。8日の最終節で勝利し2位に浮上していたスロバキアだったが、最終日にプレーオフラインを争っていたギリシャ代表が勝利したことで、各組2位の最下位になってしまった。

    大混戦で最終節を迎えた南米予選では、3位のチリ代表が一気に6位に転落し、W杯出場権を逃した。15年と16年の南米選手権を連覇、今夏開催されたコンフェデレーションズ杯で準優勝するなど、近年結果を残していたチリがまさかの予選敗退となった。南米予選では前回大会出場のエクアドル代表や、過去8回の出場を誇るパラグアイ代表も出場権を逃している。

    北中米カリブ海予選では自力でW杯出場を決める可能性があったアメリカ代表が、すでに敗退が決まっている最下位のトリニダード・トバゴ代表に敗れる波乱。パナマ代表、ホンジュラス代表に逆転を許し、一気に出場圏外まで転落した。1990年大会以降続いていた連続出場が7で途切れた。

    アフリカ予選の最終節は11月だが、「不屈のライオン」カメルーン代表、アルジェリア代表、ガーナ代表ら強豪国の敗退が決定済み。最終節でモロッコ代表との直接対決で出場権を争うコートジボワール代表次第では、前回大会出場の5か国のうち4か国が出場権を逃す可能性がある。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-01645026-gekisaka-socc
    続きを読む

    2017-10-11_11h15_03

    1:動物園φ ★:2017/10/11(水) 10:56:30.79 ID:CAP_USER9.net
    ホンジュラス 3-2 メキシコ

    パナマ 2-1 コスタリカ

    トリニダード・トバゴ 2-1 アメリカ

    21(+9) メキシコ
    16(+6) コスタリカ
    13(-1) パナマ
    -----------------
    13(-6) ホンジュラス
    -----------------
    12(+4) アメリカ
    6(-12) トリニダードトバゴ

    http://www.livescore.com/worldcup/concacaf-qualification-final-stage/
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/11(水) 08:34:11.94 ID:CAP_USER9.net
    バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は10日の国際親善試合ハイチ戦で3-3ドローに終わり、指揮官は代表チームのパフォーマンスを非難した。同日、隣国の韓国代表も国際親善試合でモロッコに1-3と敗れ、シン・テヨン監督は「惨敗を認める。あまりの低パフォーマンスに驚いた」と失望を露わにしたという。韓国紙「スポーツソウル」が報じた。


    韓国は7日の国際親善試合ロシア戦(モスクワ)で二つのオウンゴールを含め2-4と敗戦。来年6月のワールドカップ(W杯)開催国のロシアに粉砕され、多くの課題を残したなかで批判も巻き起こっていた。スイスに場所を移し、10日にモロッコと対戦したが、開始11分で2失点し、後半早々にも3点目を奪われるなど守備面の不安を露呈。その後、エースFWソン・フンミン(トットナム)がPKを決めて一矢報いたが、1-3で敗れた。

    アジア最終予選で苦戦を強いられ、辛うじて9大会連続のW杯出場権を獲得した韓国。シン・テヨン監督はモロッコ戦後、「惨敗を認める。選手たちの体が重く、パフォーマンスも良くなかった。あまりの低パフォーマンスに驚いた」と語ったという。

    ロシア戦に続き、モロッコ戦でも3バックをテストした韓国だったが、海外遠征2戦7失点の衝撃は大きかった。スポーツソウル紙では「苦肉の策とはいえ、結果はあまりにも凄惨。あまりにも手抜きした。2試合でなんと7失点」と酷評し、さらに「自動ドアのように開いた粗末な守備」と課題も指摘している。

    ヒディンク監督論浮上、フランスで接触も…

    アジア最終予選後から韓国では「フース・ヒディンク氏を監督にせよ」との意見が燻っている。韓国メディアによれば、大韓サッカー協会のイ・ヨンス副会長とチョン・ハンジン国際チーム長が、6日にフランスでヒディンク氏と接触。しかし、公式的な役割をこなすのは難しいとの回答を受け、ヒディンク氏は「非公式で韓国代表をサポートする」との意思を明らかにしたという。

    海外遠征の結果を受けて、代表チームへの逆風はさらに強まりそうな気配が漂う。シン・テヨン監督も「このままではなぜワールドカップに行ったのかとなる」と危機感を強めている。韓国は今年に入ってからW杯アジア最終予選を含めて計8試合を行い、シリアに1-0と勝利したものの、1勝3分4敗と満足のいく結果を残せておらず、ロシアW杯に向けて暗雲が漂っている。
    2017-10-11_10h55_22
    10/11(水) 7:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171011-00010006-soccermzw-socc
    続きを読む

    2017-10-11_10h45_37

    1:動物園φ ★:2017/10/11(水) 10:27:46.52 ID:CAP_USER9.net
    ブラジル 3-0 チリ

    エクアドル 1-3 アルゼンチン

    パラグアイ 0-1 ベネズエラ

    ペルー 1-1 コロンビア

    ウルグアイ 4-2 ボリビア

    41(+30) ブラジル
    31(+12) ウルグアイ
    28(+3) アルゼンチン
    27(+2) コロンビア
    ---------------------
    26(+1) ペルー
    -------------------
    26(-1) チリ
    24(-6) パラグアイ
    20(-3) エクアドル
    14(-22) ボリビア
    12(-16) ベネズエラ

    http://www.livescore.com/worldcup/conmebol-qualification/
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/11(水) 06:09:45.52 ID:CAP_USER9.net
    2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選第10節が10日に行われ、グループAでオランダ代表とスウェーデン代表が対戦した。

    4大会ぶりのW杯予選敗退の危機に瀕しているA組3位のオランダ。最終節は2位のスウェーデンとの直接対決となった。勝ち点差は3で勝利すれば並ぶが、得失点差が12点離れているため、7点差以上の勝利が必要と絶望的な状況だ。

    立ち上がりから攻勢に出たオランダは15分、相手DFヴィクトル・リンデロフのハンドでPKを獲得。16分、キッカーのアリエン・ロッベンがゴール中央に蹴り込んで先制点を挙げた。

    追加点を狙うオランダは31分、エリア前からのFKでライアン・バベルが右足で直接狙うが、シュートはわずかに枠の右に外れる。37分には左サイドからのグラウンダークロスに、ファーでフリーのケニー・テイテイが右足で合わせるが、シュートは枠を捉えられなかった。

    それでも40分、オランダが追加点を奪う。バベルが左サイドからグランダーのクロスを入れると、エリア手前中央のロッベンがダイレクトで左足を振り抜き、ゴール右隅に突き刺した。

    まだ5点以上が必要なオランダは後半からフィンチェント・ヤンセンを下げてバス・ドストを投入。71分にはジョルジニオ・ワイナルドゥムとテイテイに代えて、デイヴィ・クラーセンとダリル・ヤンマートを送り出す。

    交代枠を使い切ったオランダだが、後半はゴールが遠く、このままタイムアップ。2-0で直接対決を制したものの、7点差勝利のハードルは高く、4大会ぶりのW杯予選敗退を喫した。敗れたスウェーデンだが得失点差により2位の座を守り、プレーオフ進出を決めた。

    【スコア】
    オランダ 2-0 スウェーデン

    【得点者】
    1-0 16分 アリエン・ロッベン(PK)(オランダ)
    2-0 40分 アリエン・ロッベン(オランダ)

    写真



    10/11(水) 5:36配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00654215-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/10(火) 21:51:40.58 ID:CAP_USER9.net
    ロシア・ワールドカップ(W杯)予選で敗退の危機に瀕しているアルゼンチン代表の状況をさらに厳しくするため、ブラジル国内では自国の代表チームに対して「負けろ」という声も上がっているという。10日付のスペイン紙『マルカ』などが伝えた。

    南米予選は残り1試合となり、現地時間の10日に最終節が行われる。首位のブラジルは早々と予選突破を決めており、ホームにチリを迎える最終節も消化試合となる。

    一方、ブラジルの宿敵アルゼンチンは今予選で大苦戦。1試合を残して6位に位置しており、最終節のアウェイでのエクアドル戦に負ければ予選敗退となる。勝ったとしても、他の結果次第では5位で大陸間プレーオフに回らなければならない可能性がある。

    現在3位に位置するチリもアルゼンチンと突破を争っているチームのひとつ。そのチリに勝ち点を与えることでアルゼンチンの突破をより厳しくさせたいという考えから、ブラジルのファンからはブラジル代表の敗戦を望む声が強まっているようだ。

    先週末の試合が終了し、最終節を迎える状況が確定して以来、ブラジルでは多くのSNSユーザーが敗戦を望むようなコメントを投稿。対戦国のチリからも賛同のメッセージが集まっている。
    20171010_brazil_getty
    10/10(火) 20:39配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171010-00235256-footballc-socc

    【順位表】
    ※上位4チームが本大会出場権獲得
    5位チームは大陸間プレーオフ進出。プレーオフは南米5位とオセアニア代表によるホーム&アウェー戦。勝者が本大会出場権を獲得

    1.☆ブラジル(38)+27
    2.ウルグアイ(28)+10
    3.チリ(26)+2
    4.コロンビア(26)+2
    5.ペルー(25)+1
    6.アルゼンチン(25)+1
    7.パラグアイ(24)-5
    8.エクアドル(20)-1
    9.ボリビア(14)-20
    10.ベネズエラ(9)-17

    第18節
    (10月10日)
    ブラジル 32:30 チリ
    エクアドル 32:30 アルゼンチン
    パラグアイ 32:30 ベネズエラ
    ペルー 32:30 コロンビア
    ウルグアイ 32:30 ボリビア

    https://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?172154-172154-fl
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/10(火) 20:36:55.57 ID:CAP_USER9.net
    [10.10 W杯アジアPO第2戦 オーストラリア2-1シリア]

    ロシアW杯アジアプレーオフの第2戦が10日、オーストラリアのシドニーで行われ、オーストラリア代表がシリア代表を延長戦の末に2-1で下した。2戦合計3-2としたオーストラリアが、北中米カリブ海予選の4位と戦う大陸間プレーオフに進出した。

    5日に中立地マレーシアで行ったシリアのホーム扱いの第1戦は1-1でドロー。オーストラリアが前半40分に先制したが、シリアが終了間際にPKを獲得し、ドローに持ち込んでいた。

    迎えた第2戦。最初に試合を動かしたのはシリアだった。前半6分、中盤でボールを奪ってカウンターを仕掛けると、スルーパスを受けたFWオマル・アッ・ソーマが左足でゴールネットを揺らし、アウェーゴールを取り返した。

    しかしオーストラリアも前半13分に反撃。FWマシュー・レッキーが右サイドからクロスを上げると、FWティム・ケーヒルが頭で試合を振り出しに戻す。2戦合計でも全くのタイになった。

    試合はここからこう着。決定機の数ではオーストラリアに分があったが、シリア守備陣も集中力を切らさない。試合は1-1で終了。2戦合計2-2の全くのタイとなったため、15分ハーフの延長戦に突入した。

    しかしシリアは後半終了間際のプレーでMFマハムード・アル・マワスが2枚目のイエローカードを受けて退場。数的不利で延長戦を戦うことになった。

    そして延長後半4分、ついにスコアが動く。一方的に攻め込んでいたオーストラリアは浮き球パスに反応したMFロビー・クルーズが左からクロスを上げると、ケーヒルが頭で合わせる。シュートはGKの手を弾いてゴールに収まった。

    試合はこのまま2-1で終了。初のW杯出場を目指したシリアだが、夢はお預け。オーストラリアが4大会連続のW杯出場に望みをつないだ。
    news_slider_228129_1
    10/10(火) 20:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-01644992-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/10(火) 12:14:33.50 ID:CAP_USER9.net
    人口約33万5000人。アイスランドの躍進が止まらない。

    アイスランド代表は、ロシア・ワールドカップ欧州予選グループIで首位となり、同国史上初の本大会出場を決めた。同大会史上、最も人口の少ない出場国となる。

    アイスランドは9節を終えた段階で2位クロアチアと1ポイント差の首位に立ち、勝利すれば自力での予選突破を決められる状況となっていた。そして迎えた9日の最終節・ホームでのコソボ戦で、2-0で勝利。見事W杯初出場を決めた。

    人口約33万5000人の小国は、EURO2016に続き国際大会最高峰の舞台に立つことになる。これまでW杯では、2006年に出場したトリニダード・トバゴが人口130万人で最少国となっていたが、アイスランドはこの記録を塗り替えている。

    近年目覚ましい成長を続けるアイスランドで、選手として登録されているのは男女合わせておよそ2万人。世界で最も少ない国の一つである。

    しかし同国は、国民500人に1人というUEFAコーチングライセンス取得率を誇っている。サッカー大国であるイングランドは、約1万人に1人の割合。指導者育成に力を入れ、その優秀なコーチたちが育成年代から指導にあたっているのが近年の躍進につながっているということができるだろう。

    13回目の挑戦にして、初めてを予選突破を決めてみせたアイスランド。同じく初出場となったEURO2016では、強豪イングランドを破る快進撃をみせ、ベスト8に進出した。W杯でも躍動することはできるだろうか。新宿区とほぼ同じ人口のW杯“最少国”が、ロシアの地でサポーターとの“バイキング・クラップ”を響かせる。

    10/10(火) 11:32配信 goal
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00000003-goal-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/10(火) 07:45:38.38 ID:CAP_USER9.net
    ロシア・ワールドカップ欧州予選最終節が9日に各地で行われた。

    大混戦のグループDは最終節を勝利で飾ったセルビアがロシア行きを決めた。ホームで1点を守りきり、勝利している。2位ウェールズと3位アイルランドの直接対決は、アウェーのアイルランドに軍配。ウェールズは60年ぶりのワールドカップ出場の夢が潰え、アイルランドがプレーオフ行きを決めた。

    すでに順位が確定しているグループGでは、スペインとイタリアが苦しみながらも順当に勝利。スペインはアシエル・イジャラメンディにスーパーゴールが生まれ、イスラエルを下した。

    グループIでは、ユーロ2016の躍進がまぐれではないことを証明したアイスランドが初のワールドカップ出場を決めた。最終節もホームでコソボを2-0と下し、クロアチアを抑えて首位で突破を決めている。そのクロアチアは最終節で3位ウクライナと直接対決。直前に監督を交代し、大一番を迎えたが、アンドレイ・クラマリッチの2ゴールで2-0と勝利した。その結果、プレーオフ進出を決めている。

    その他の試合結果は以下の通り。

    ■グループD
    セルビア 1-0 ジョージア
    ウェールズ 0-1 アイルランド
    モルドバ 0-1 オーストリア

    グループD]
    1.☆セルビア(21)+10
    2.★アイルランド(19)+6
    3.ウェールズ(17)+7
    4.オーストリア(15)+2
    5.ジョージア(5)-6
    6.モルドバ(2)-19

    ■グループG
    イスラエル 0-1 スペイン
    アルバニア 0-1 イタリア
    マケドニア 4-0 リトアニア

    [グループG]
    1.☆スペイン(28)+33
    2.★イタリア(23)+13
    3.アルバニア(13)-3
    4.イスラエル(12)-5
    5.マケドニア(11)0
    6.リヒテンシュタイン(0)-38

    ■グループI
    ウクライナ0-2 クロアチア
    フィンランド 2-2 トルコ
    アイスランド 2-0 コソボ

    [グループI]
    1.☆アイスランド(22)+9
    2.★クロアチア(20)+11
    3.ウクライナ(17)+4
    4.トルコ(15)+1
    5.フィンランド(9)-4
    6.コソボ(1)-21

    https://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?181920-181920-fl
    2017-10-10_09h11_20
    10/10(火) 6:11配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00000043-goal-socc

    W杯欧州予選
    http://www.hochi.co.jp/soccer/data/2018/qualifiers/uefa/?from=pcsoc
    http://www.uefa.com/european-qualifiers/index.html#/
    http://www.livescore.com/worldcup/live/


    【W杯予選】セルビア、アイスランドが本大会へ! ウェールズはホームでの敗北で60年越しの夢破れる…
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171010-00030917-sdigestw-socc

    クロアチアが2位死守でプレーオフ進出…クラマリッチ2発で直接対決制す
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-10653559-soccerk-socc
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171010-00235125-footballc-socc

    ウェールズ、60年ぶりのW杯ならず…アイルランドが直接対決制しプレーオフへ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00653558-soccerk-socc

    セルビアが2大会ぶり2度目のW杯出場決定!…ジョージアに完封勝利
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00653573-soccerk-socc

    W杯出場国で史上最少。人口33万人の「小国」が欧州予選を突破
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171010-00235117-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/09(月) 18:31:56.63 ID:CAP_USER9.net
    2018 FIFA ワールドカップロシア アフリカ最終予選で敗退したガーナ代表が、7日に行われたウガンダ代表戦の再試合を求めて国際サッカー連盟(FIFA)に異議申し立てをした。ガーナサッカー協会(GFA)が公式HP上で発表している。

    アフリカ予選のグループEで3位につけているガーナは、7日にアウェイでウガンダと対戦した。勝たなければ予選敗退となるガーナは試合終盤にネットを揺らしたが、オフサイドによって取り消され、0-0の引き分けに終わっていた。

    GFAは後半にPKを取ってもらえなかったこと等、疑惑の判定が多々あったと主張し、審判団のレフェリングに対して、意見書を提出したことを明かした。

    また同協会は、「主審のバーネット氏と副審は、ガーナのゴールを認めなかった。映像で確認すればわかる通り、完璧なゴールだった。よってGFAは、ジャッジの公平を守るためFIFAに再試合の検討を依頼した」とコメントしている。

    10/9(月) 15:25配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00653216-soccerk-socc

    写真


    [グループE]
    1.☆エジプト(12)+4
    2.ウガンダ(8)+1
    3.ガーナ(6)+2
    4.コンゴ共和国(1)-7

    ゲキサカ
    https://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?181922-181922-fl
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ