海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:W杯 > W杯ロシア

    1:れいおφ ★:2017/10/19(木) 22:01:48.41 ID:CAP_USER9.net
    2017-10-19_23h07_56
    2018年W杯ロシア大会(2018 World Cup)の開催地となる同国カリーニングラード(Kaliningrad)の市長が18日、試合が行われる日は街を離れ、海外から訪れたサッカーファンを「殴ったりしないように」と市民に忠告した。

    カリーニングラードのアレクサンダー・ヤロシュク(Alexander Yaroshuk)市長は、出演した地元ラジオ局の番組の中で「(訪れた人を)温かくもてなし、親切にしよう。そして誰のことも殴ったりしないようにしよう」「もし英語が話せるなら、会話でもしてみたらいい」と市民に語りかけた。

    今大会の開催都市としては最西端に位置するカリーニングラードは、ポーランドとリトアニアに挟まれたロシアの飛び地で、大会期間中に4試合が開催されるスタジアムは3万5000人の観客を収容する。

    W杯開幕に備えて街の清掃ボランティアを募ったヤロシュク市長だが、その一方で大会期間中は街を出るよう市民に促している。大会中は約15万人のサポーターが詰めかけるため、交通手段はシャトルバスを除き実質的に利用不可能になるという同市長は「4試合のうち1試合は、少なくとも欧州の強豪国だ」とすると、「10万~15万人が訪れることを想像してほしい。彼らがこの街中を歩き回るんだ」と警告した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00000030-jij_afp-socc
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/14(土) 00:20:02.79 ID:CAP_USER9.net
    2018FIFAワールドカップ ロシア アジア予選プレーオフ第2戦で、オーストラリア代表はシリア代表に延長戦の末、2-1で勝利した。この一戦でオーストラリアの主将・FWティム・ケーヒルが2ゴールを記録したが、翌日になってそのゴールパフォーマンスに批判が集まることになった。

    この一戦では6分にシリアに先制点を奪われていたオーストラリアだが、13分にケーヒルが同点弾をマークすると、延長戦の後半には勝ち越し点を決めて勝利に大きく貢献した。

    だが同選手はそれぞれのゴール後、コーナーフラッグに向かってシャドーボクシングするおなじみのパフォーマンスを披露することはなく、両腕をT字に広げながら“飛行機パフォーマンス”を披露。

    また2点目を決めた際にも、チームメイトたちと喜び合ってから観衆に向けて両手でもT字の形をつくった。

    そしてその翌日、このパフォーマンスの真相が明らかに。ケーヒルと最近スポンサー契約を結んだオーストラリアの旅行会社、トリッパディール(TripADeal)がインスタグラムで

    「私たちの新たなブランドアンバサダー、ティム・ケーヒルが昨日の夜決勝点を決めたあとにトリッパディールのTの形をつくったのを見ましたか?おめでとう、ティム!」と記すと、

    ケーヒルは返信で飛行機の絵文字などを投稿。これは後に消去されたが、ゴールパフォーマンスはスポンサーのための宣伝だったことが判明した。

    これを受け、オーストラリアメディアはケーヒルの行為を痛烈に批判。『news.com.au』は「ティム・ケーヒルはオーストラリアサッカーの象徴的な瞬間を台無しにした」と題した記事で、

    「ユニフォームを汚す行動を選択したのは恥」「スポーツコンテストにしかないチームとの純粋な喜びがハイジャックされた」などと記載した。

    『ニュー・デイリー』では、「これほど重要なゴールの後に、スポンサード・セレブレーションをするなんてサッカーにおける最悪な出来事。T字はティムのTだったと思っていたのに!」とファンの怒りの反応も紹介されている。

    なお、このような行為に関しては前例がある。EURO2012でデンマーク代表FWニクラス・ベントナーがゴールを決めた際、ブックメーカーのマークが記された下着を見せたため、

    UEFA(欧州サッカー連盟)より10万ユーロの罰金と1試合の出場停止処分を言い渡された。『news.com.au』は、今回のケーヒルの商業目的のゴールパフォーマンスに関しても、FIFA(国際サッカー連盟)が調査を開始したと伝えている。

    10/13(金) 19:30配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171013-00010008-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:pathos ★ :2017/10/13(金) 20:51:58.89 ID:CAP_USER9.net
    コロンビア代表FWラダメル・ファルカオは、ペルー代表MFレナト・タピアに対して、重要な一戦におけるドロー決着を持ち掛けていたようだ。

    コロンビアはロシア・ワールドカップ南米予選最終戦でペルーと対戦。1-1と引き分け、4位に入り本大会出場権を獲得した。

    コロンビア代表のエースであるファルカオは、タイスコアで試合を終えることを望んでいた。タピアが『Panamericana Television 』で次のように話している。

    「僕たちは試合に集中していた。残り5分になると、コロンビアの選手たちが近づいてきた。彼らは他会場の試合結果を知っているようだった。彼らは望むように試合をコントロールしていた」

    「僕はファルカオと会話を交わした。彼は『これで、コロンビアもペルーも出場権獲得圏内だ。祝おうぜ』と言ってきたんだ」

    コロンビアに引き分けたペルーは、最終順位を5位として、ニュージーランドとのプレーオフに回っている。
    2017-10-13_22h05_46
    GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00000026-goal-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★:2017/10/12(木) 20:29:00.37 ID:CAP_USER9.net
    10/12(木) 15:45配信

    サッカー韓国代表が、国際サッカー連盟(FIFA)ランキングで中国代表に逆転を許すこととなった。

    12日(日本時間)、FIFAホームページによると韓国の10月の予想ランキングポイントは588点。9月のランキングポイント659点より71点もダウンした。

    9月に51位を記録した韓国は、順位が低いロシア(64位)、モロッコ(56位)に相次いで敗れ、予想より多くのポイントを失うこととなった。韓国はヨーロッパ遠征2連戦でロシアに2-4、2軍が出場したモロッコに1-3で敗戦を喫した。

    韓国はアジア予選を共に通過したイラン(784点)、日本(711点)はもちろん、北中米予選でワールドカップ予選を決めたパナマ(670点、以上10月の予想ランキングポイント)より低い。

    さらに、ロシアワールドカップ本戦進出は叶わなかった中国(626点)に、FIFAランキングで抜かれることになってしまった。
    2017-10-12_22h41_59
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00000048-wow-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2017/10/11(水) 21:51:39.53 ID:CAP_USER9.net
    10/11(水) 21:47配信
    あわや殺人事件…ナイフ所持の乱入者がスペイン代表MFに近づいていた

    レアル・マドリーのスペイン代表MFイスコに命の危険があったようだ。スペイン『アス』が報じている。

    9日、スペインはロシアW杯欧州予選グループGの最終予選でイスラエルと敵地で対戦し、1-0で勝利。事件は試合終了後のピッチで起きた。同紙によると、6人のイスラエル人男性がピッチに乱入し、別行動をとった1人がイスコに接近。その男性はナイフを所持していたという。

    幸い、容疑者がイスコに近づく前に地元警察に取り押さえられ、イスコに怪我はなかった。警察官のミッキー・ローゼンフェルド氏は、「警備上の問題はなかった。昨夜の出来事は一般的な警備の範疇にとどまるものです」と選手たちがいかなる危険にも晒されなかったことを強調している。
    2017-10-12_10h13_30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-01645044-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:れいおφ ★:2017/10/11(水) 17:51:55.63 ID:CAP_USER9.net
    現地時間10日、ロシアW杯北中米カリブ海予選の試合が各地で行われ、パナマがコスタリカを2-1で下しW杯初出場を決めた。しかし、その一方でパナマの疑惑のゴール判定が物議を醸している。

    疑惑の対象となっているのが53分のパナマのガブリエル・トーレスのゴール。

    コーナーキックのこぼれ球がゴールライン付近にこぼれたところを同選手は頭で押し込もうとしたが、カメラでは明らかにこれがゴールラインを割っていない。

    最終的にコスタリカの選手がクリアすることでプレーは切れたが、審判はこれをゴールという判定に。そこで勢いに乗ったパナマはさらに試合終了間際の88分、ロマン・トーレスのゴールで逆転し、見事3位でW杯への出場権を掴んでいる。

    しかし、どの角度のカメラから見ても明らかにガブリエル・トーレスのゴールは入っているように見えなく、誤審の可能性はかなり高い。

    もしパナマがこのゴールを決めていなければ、4位で大陸間プレーオフ行きとなったホンジュラスや最終節でW杯出場を逃したアメリカの順位にも影響を与えていたことを考えると、今回の疑惑の判定は歴史に残る大誤審となるかもしれない。
    20171011panama_getty1_-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171011-00235511-footballc-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★:2017/10/11(水) 16:47:12.79 ID:CAP_USER9.net
    10/11(水) 12:22配信
    ゲキサカ
    news_228172_1
    強豪国の敗退はW杯予選の過酷さを物語っている(Getty Images)

    ロシアW杯予選は各地で波乱を呼んでいる。

    10日に終了した欧州予選では、何と言っても前回大会3位のオランダ代表が出場権を逃したことが大きなトピックスだ。スウェーデン代表相手の最終戦で“7ゴール以上の勝利”を目指したが、奇跡は起こせなかった。

    その他ではFWガレス・ベイルやMFアーロン・ラムジーらを擁することで、60年ぶりのW杯出場に大きな期待が集まったウェールズ代表。前回大会出場のボスニア・ヘルツェゴビナ代表。アンドリー・シェフチェンコ監督が率いるウクライナ代表がプレーオフに出場することもなく、予選で姿を消した。

    9組中8組の2位が11月に行われるプレーオフに進むことになるが、唯一、グループFで2位になったスロバキア代表がプレーオフ進出を逃した。8日の最終節で勝利し2位に浮上していたスロバキアだったが、最終日にプレーオフラインを争っていたギリシャ代表が勝利したことで、各組2位の最下位になってしまった。

    大混戦で最終節を迎えた南米予選では、3位のチリ代表が一気に6位に転落し、W杯出場権を逃した。15年と16年の南米選手権を連覇、今夏開催されたコンフェデレーションズ杯で準優勝するなど、近年結果を残していたチリがまさかの予選敗退となった。南米予選では前回大会出場のエクアドル代表や、過去8回の出場を誇るパラグアイ代表も出場権を逃している。

    北中米カリブ海予選では自力でW杯出場を決める可能性があったアメリカ代表が、すでに敗退が決まっている最下位のトリニダード・トバゴ代表に敗れる波乱。パナマ代表、ホンジュラス代表に逆転を許し、一気に出場圏外まで転落した。1990年大会以降続いていた連続出場が7で途切れた。

    アフリカ予選の最終節は11月だが、「不屈のライオン」カメルーン代表、アルジェリア代表、ガーナ代表ら強豪国の敗退が決定済み。最終節でモロッコ代表との直接対決で出場権を争うコートジボワール代表次第では、前回大会出場の5か国のうち4か国が出場権を逃す可能性がある。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-01645026-gekisaka-socc
    続きを読む

    2017-10-11_11h15_03

    1:動物園φ ★:2017/10/11(水) 10:56:30.79 ID:CAP_USER9.net
    ホンジュラス 3-2 メキシコ

    パナマ 2-1 コスタリカ

    トリニダード・トバゴ 2-1 アメリカ

    21(+9) メキシコ
    16(+6) コスタリカ
    13(-1) パナマ
    -----------------
    13(-6) ホンジュラス
    -----------------
    12(+4) アメリカ
    6(-12) トリニダードトバゴ

    http://www.livescore.com/worldcup/concacaf-qualification-final-stage/
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/11(水) 08:34:11.94 ID:CAP_USER9.net
    バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は10日の国際親善試合ハイチ戦で3-3ドローに終わり、指揮官は代表チームのパフォーマンスを非難した。同日、隣国の韓国代表も国際親善試合でモロッコに1-3と敗れ、シン・テヨン監督は「惨敗を認める。あまりの低パフォーマンスに驚いた」と失望を露わにしたという。韓国紙「スポーツソウル」が報じた。


    韓国は7日の国際親善試合ロシア戦(モスクワ)で二つのオウンゴールを含め2-4と敗戦。来年6月のワールドカップ(W杯)開催国のロシアに粉砕され、多くの課題を残したなかで批判も巻き起こっていた。スイスに場所を移し、10日にモロッコと対戦したが、開始11分で2失点し、後半早々にも3点目を奪われるなど守備面の不安を露呈。その後、エースFWソン・フンミン(トットナム)がPKを決めて一矢報いたが、1-3で敗れた。

    アジア最終予選で苦戦を強いられ、辛うじて9大会連続のW杯出場権を獲得した韓国。シン・テヨン監督はモロッコ戦後、「惨敗を認める。選手たちの体が重く、パフォーマンスも良くなかった。あまりの低パフォーマンスに驚いた」と語ったという。

    ロシア戦に続き、モロッコ戦でも3バックをテストした韓国だったが、海外遠征2戦7失点の衝撃は大きかった。スポーツソウル紙では「苦肉の策とはいえ、結果はあまりにも凄惨。あまりにも手抜きした。2試合でなんと7失点」と酷評し、さらに「自動ドアのように開いた粗末な守備」と課題も指摘している。

    ヒディンク監督論浮上、フランスで接触も…

    アジア最終予選後から韓国では「フース・ヒディンク氏を監督にせよ」との意見が燻っている。韓国メディアによれば、大韓サッカー協会のイ・ヨンス副会長とチョン・ハンジン国際チーム長が、6日にフランスでヒディンク氏と接触。しかし、公式的な役割をこなすのは難しいとの回答を受け、ヒディンク氏は「非公式で韓国代表をサポートする」との意思を明らかにしたという。

    海外遠征の結果を受けて、代表チームへの逆風はさらに強まりそうな気配が漂う。シン・テヨン監督も「このままではなぜワールドカップに行ったのかとなる」と危機感を強めている。韓国は今年に入ってからW杯アジア最終予選を含めて計8試合を行い、シリアに1-0と勝利したものの、1勝3分4敗と満足のいく結果を残せておらず、ロシアW杯に向けて暗雲が漂っている。
    2017-10-11_10h55_22
    10/11(水) 7:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171011-00010006-soccermzw-socc
    続きを読む

    2017-10-11_10h45_37

    1:動物園φ ★:2017/10/11(水) 10:27:46.52 ID:CAP_USER9.net
    ブラジル 3-0 チリ

    エクアドル 1-3 アルゼンチン

    パラグアイ 0-1 ベネズエラ

    ペルー 1-1 コロンビア

    ウルグアイ 4-2 ボリビア

    41(+30) ブラジル
    31(+12) ウルグアイ
    28(+3) アルゼンチン
    27(+2) コロンビア
    ---------------------
    26(+1) ペルー
    -------------------
    26(-1) チリ
    24(-6) パラグアイ
    20(-3) エクアドル
    14(-22) ボリビア
    12(-16) ベネズエラ

    http://www.livescore.com/worldcup/conmebol-qualification/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ