海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 海外サッカー日本人選手

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/08/15(水) 03:57:03.26 ID:CAP_USER9.net
    本田圭佑が新天地でボランチ転向直訴、五輪OA視野
    8/15(水) 3:50配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00299809-nksports-socc

    【メルボルン(オーストラリア)14日=八反誠】オーストラリアの強豪メルボルン・ビクトリー入りするワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表MF本田圭佑(32)が、新天地でボランチ転向を申し出た。カンボジアからタイを経由しメルボルン国際空港に到着。メディカルチェック後の会食でマスカット監督に直訴した。年齢制限外、オーバーエージ(OA)枠での出場を狙う20年東京五輪を見すえた仰天のポジション転向案。本田は今日15日に正式契約を結び、入団会見に臨む。

    自ら望んで実質的なカンボジア代表監督になったように、本田はやっぱり仕切ることが大好きだ。メルボルンではボランチに転向し、中盤でチームを仕切りたいようだ。サングラスにスーツ、ネクタイも締め、メルボルン入り。南半球は真冬で気温は14度。報道陣の問いかけには、何も答えなかったが、言うべきことはしっかり言っていた。

    クラブ関係者によると、この日夜の初めての会食でマスカット監督にボランチ転向を直訴。いかにチームに有益かを説き、説得にかかる見込みだ。イメージは中盤の底の司令塔。元イタリア代表で、同じACミランに在籍したピルロや、日本代表でともにプレーし、そのセンスに心酔するG大阪の遠藤。「レジスタ(演出家)」などと呼ばれた名手への変身プランを温めていた。

    海外に出て、とにかく点を取ることで成り上がってきた。しかし、ミランを退団し、思いを改めた。「(今まで)すごく自己中心的な考えでやってきたけど、年を重ねるごとに違うって気付くわけですよ」とも語っている。実際にロシアでのW杯では控えを受け入れ、周囲を生かす働きもした。気が利くプレーで、味方を生かし、長いパスも蹴ることができる。体も強い。スピードに難があるだけに、実は最適ポジションかもしれない。

    以前から「ボランチ本田」待望論はあった。実際、8年前にはCSKAモスクワのスルツキ監督(当時)が起用を模索した。ただ、あの時はトップ下にこだわり、頑として受け入れずメンバー外となったこともあった。この驚きのチェンジは、東京五輪を見すえたもの。OA枠での出場で金メダル獲得をぶち上げた自国開催の大舞台。一番求められるのは経験を生かしたゲームコントロール。ならば、ボランチ。チーム事情もあり、受け入れられるかは微妙なところだが、本田にとっては秘策でも何でもなく、当然の策のようだ。

    サインする本田圭佑
    20180815-00299809-nksports-000-view

    ◆本田のポジション変遷 石川・星稜高ではトップ下。名古屋では左ウイングバックなど中盤左サイドが主戦場で、攻撃的な左サイドバックとしても起用された。VVVフェンロではトップ下に君臨し得点を量産。CSKAモスクワでも主にトップ下だったが、数試合ボランチでもプレー。ACミランではほぼ3トップの右、右FWに固定された。パチューカではFWや中盤の攻撃的な位置を複数、高いレベルでこなす。日本代表ではトップ下と右FWが指定席。
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/15(水) 06:03:20.75 ID:CAP_USER9.net
    現地時間14日にチャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦2ndレグの試合が行われ、オーストリア1部のザルツブルクはマケドニア1部のシュケンディヤのホームに乗り込んで対戦。

    ザルツブルクのホームで行われた1stレグは3-0の完封勝利。2ndレグは敵地に乗り込んでの対戦となった。ザルツブルクに所属する南野拓実は67分、ラインホルト・ヤーボとの交代で途中出場を果たす。すると後半アディショナルタイムに南野がゴールを決めた。結局、ザルツブルクは1-0の勝利。2戦合計4-0でプレーオフ進出を果たしている。

    8/15(水) 5:47配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180815-00285448-footballc-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/15(水) 07:06:12.79 ID:CAP_USER9.net
    “本田劇場”が新たなサプライズを準備中だ。オーストラリア1部(Aリーグ)メルボルン・ビクトリーへの入団が決まった日本代表MF本田圭佑(32)は、選手としてだけでなく、同国サッカー界のさらなる発展を目指すプロジェクトに乗り出した。すでにAリーグ全体を統括できる要職への就任を希望しており、カンボジア代表の「実質的な監督」に続く、仰天プランとなりそうだ。

    本田は12日にカンボジア代表の「実質的な監督」となるGM就任を発表し、世間をあっと驚かせた。15日には、すでに契約締結を発表したメルボルンVの入団会見が予定されているが、新天地でもサプライズが待ち受けていそうだ。

    本田に近い関係者によると「将来的にリーグ全体の発展につながる枠組みや制度などの話も積極的にしているようで、ゆくゆくはそういったことが決められるポジションに就く可能性もあるのではないか」という。プレーだけでなく、ピッチ外でもオーストラリアのサッカー界を盛り上げていこうというのだ。

    サラリーキャップ制を導入するAリーグでマーキープレーヤー(年俸制限のない選手)となる本田にメルボルンVは年俸290万豪ドル(約2億4000万円)という破格の条件を用意。交渉段階から年俸の一部を支払うオーストラリアサッカー連盟(FFA)が関わるなど同国サッカー界からの期待は“国賓級”と言えるほど大きい。

    Aリーグは平均観客数が1万人程度で市場は大きくなく、近年は世界レベルのスター選手も不在で頭打ちの状態。そんな停滞した状況を打破すべくオーストラリア側は国を挙げて本田の“獲得”に乗り出し、交渉ではリーグ全体への貢献も求めたという。本田側も積極的にリーグの発展に尽力することを約束した。

    まだ正式決定には至っていないものの、本田は連盟やAリーグの統括アドバイザー的な役割を担う“GM”とも言える要職に就いて新制度づくりなどに取り組む構えで交渉中という。すでに具体的な施策の一つとして日本選手が継続的にAリーグに参戦できるように“日本人枠”を設けるプランを打ち出している。

    日本側は若手が欧州へ渡る前の足慣らしとして海外でのプレーを経験でき、オーストラリア側も日本の有望株を受け入れることでレベルアップを図れるというもの。商業面での波及効果など大きなメリットも期待できるとし、本田は両国サッカー界のさらなる連携強化を主張しているという。

    すでにサッカースクールの経営、クラブ買収をはじめ、投資ファンドの設立、教育やIT、マーケティング、ファッション、コンサルタントなど、サッカー以外の分野にも本格進出し、その野望は果てしなく広がっているようだ。

    8/14(火) 16:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000021-tospoweb-socc

    写真

    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/08/14(火) 19:39:39.66 ID:CAP_USER9.net
    マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹が、2018-19シーズンのリーグ1開幕節のベストイレブンに選出された。

    10日、マルセイユは開幕戦でトゥールズをホームに迎え、FWディミトリ・パイェの2ゴールなどで4-0で快勝。白星スタートを切った。右サイドバックで先発した酒井は、フル出場で勝利に貢献。英サッカーデータサイト『フースコア』が今節のベストイレブンに選出した。

    ▼GK
    エドゥアール・メンディ(ランス)

    ▼DF
    酒井 宏樹(マルセイユ)
    パブロ・マルティネス(ストラスブール)
    アンソニー・ブリアソン(ニーム)
    ジョルダン・アマビ(マルセイユ)

    ▼MF
    ニコラ・ペペ(リール)
    ディミトリ・パイェ(マルセイユ)
    メンフィス・デパイ(リヨン)
    ロニー・ロペス(モナコ)

    ▼FW
    ロイス・ディオニー(サンテティエンヌ)
    バレール・ジェルマン(マルセイユ)
    2018-08-14_20h35_38
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-01670348-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/08/14(火) 12:12:41.63 ID:CAP_USER9.net
    川淵氏「コペルニクス的転回」本田の兼任監督に期待
    2018年8月14日11時56分 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201808140000382.html

    日本サッカー協会(JFA)相談役で、元キャプテンの川淵三郎氏(81)が14日、ツイッターを更新し、サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表MF本田圭佑(32=メルボルン・ビクトリー)が、カンボジア代表の実質的な監督に就任したことについて、18世紀のドイツの哲学者イマヌエル・カントが口にしたとされる明言でたたえた。

    「(コペルニクス的転回、例え常識に反するとも180度考え方を変えてみろ)を実践しているのが本田選手。現役選手として発想が跳んでいる。将来が楽しみ!!」(原文のまま)

    川淵氏がツイートした「コペルニクス的転回」とは、カントが1781年に出版した「純粋理性批判」の中で、認識は対象に依存するとしたこれまでの考え方に対し、対象の認識は主観によって構成されるという考え方の大きな逆転、転回を論じ、そのことを、15世紀のポーランドの天文学者ニコラウス・コペルニクスによる、天動説から地動説への転回に例えたものだ。

    川淵氏は、指導者ライセンスを持たない現役選手の本田が、ゼネラルマネジャー(GM)に就任する形で、カンボジアA代表の強化の全権を担うという、世界的にも極めて異例の“兼任監督”という飛び抜けた発想を、世界史に残る天文学者と哲学者に例えてたたえた。


    川淵三郎氏

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/14(火) 07:57:57.52 ID:CAP_USER9.net
    アンデルレヒトに所属するMF森岡亮太の獲得に2クラブが興味を示しているようだ。

    昨シーズン、ベルギー国内屈指の強豪アンデルレヒトに加入した森岡。10番を着用する同選手は加入後16試合に出場し、6ゴール4アシストを記録した。しかし、今季は開幕から3試合で出番が与えられないなど、事実上の戦力外と見なされている。

    ハイン・ヴァンハーゼブルック監督の信頼を勝ち取れず、今夏の退団が濃厚とされる森岡に対して、以前からアントワープが獲得に興味を示すとされてきた。さらに、ここに来てズルテ・ワレヘムも27歳のプレーメイカーの獲得に関心を持っているようだとベルギー『Het Nieuwsblad』が伝えた。

    また、同メディアによると、アンデルレヒトは森岡をローンで放出する可能性があると以前から報じられ、ズルテ・ワレヘムもローンでの獲得を検討しているようだ。その一方で、森岡自身は完全移籍での退団を望んでいるとされている。

    8月末までにアンデルレヒトで十分にチャンスをつかめない状況が続けば、森岡はいずれかのクラブに新天地を求めることになりそうだ。

    8/14(火) 7:29配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000028-goal-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/13(月) 21:16:45.13 ID:CAP_USER9.net
    「1カ月半休みがあって、それだけ休んだのは初めてだったので、何をしたらいいか分からなかったです。家でゆっくりしたり、思い出に残ってることといえば、リスボンを観光したのは楽しかったですね

    海外挑戦1年目となる昨シーズン、ポルトガルのプリメイラ・リーガのポルティモネンセに所属し10得点12アシストの好成績を残しリーグ戦を終えた。オフの思い出を中島翔哉が語った。

    何をしたらいいか分からなかった1カ月半のオフに、世界中が熱狂したロシアワールドカップが開催された。

    5月31日、西野朗監督(当時)によりロシアワールドカップ(W杯)に挑む23人の日本代表メンバーが発表された。

    そのメンバーの中には、ポルトガルのポルティモネンセで大ブレイクを遂げ、3月の日本代表のヨーロッパ遠征で唯一の収穫とも言われたFW中島翔哉の名前がなかった。

    このニュースは、日本だけでなく、ヨーロッパ各地でも大きく報道された。

    「ハリルホジッチ監督が更迭されて、監督が代わり正直メンバー入りは厳しいと思ってました。実際にそうなりましたが、ワールドカップだけがサッカーの全てではないと思ってるので、落ち込むことはなく、常にサッカーを楽しむ事を1番に考えています」

    ■中島翔哉がみたロシアワールドカップ

    大会前は「年功序列ジャパン」と揶揄されたメンバーだが、戦前の予想を大きく覆し、決勝トーナメントへ進んだ。ロシアワールドカップ3位となったベルギー代表に激闘の末敗退し、悲願のベスト8まで、あと一歩と迫った日本代表のサッカーを中島翔哉はどのように感じたのか。

    「ベスト16という結果は日本にとってはいい結果だと思いますし、これを次の大会に活かしていかなければいけないなと思います。メンバーも変わると思うので、そこで若い選手がもっと選ばれていくような国というかチームになっていければと思っています。

    ベスト8以上の国っていうのはサッカーが文化になっている国ばかりだと思うのでその違いもあると思いますし、ヨーロッパ、南米のチームの方がよりシンプルにサッカーを考えていると思うので、その差は大きいと思います」

    ロシアワールドカップでベスト8以上で印象に残った選手としてフランス代表のムバッペ、グリーズマンとともに、ベルギー代表のアザールといった攻撃的な選手を挙げ、日本人にはなかなか真似の出来ないプレーが印象に残っていると言う。

    つづく

    8/12(日) 6:00配信 東洋経済
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180812-00233181-toyo-soci

    写真

    続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/08/13(月) 12:56:43.63 ID:CAP_USER9.net
    ベジクタシュは、未だドルトムントMF香川真司の獲得を諦めていないようだ。トルコ『GUNES』が伝えた。

    ロシア・ワールドカップ終了後から、加熱している香川の去就。新たな10番を探すベジクタシュは、日本代表MFの獲得に熱心であると伝えられており、正式なオファーはすでに送っていると報じられている。

    『GUNES』によると、ベジクタシュは香川と同僚のマリオ・ゲッツェについて、ドルトムントにレンタル移籍でのオファーをしたという。しかし、ドルトムントの反応は芳しくなかったようだ。さらに、両選手の代理人も移籍に否定的な反応を示したという。

    しかし同メディアによると、ドルトムントは完全移籍での売却であれば考慮するようだ。香川に対しては600万ユーロ(約8億)、ゲッツェには700万ユーロ(約9億円)を求めるとベジクタシュに連絡したという。

    プレシーズンマッチでは、キャプテンマークを巻く機会もあった香川。29歳の日本代表MFは、新シーズンはどこでプレーすることになるのだろうか。
    2018-08-13_14h51_00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000006-goal-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/08/13(月) 06:10:19.39 ID:CAP_USER9.net
    オーストラリア1部メルボルンVに加入したMF本田圭佑(32)が12日、事実上のカンボジア代表監督に就任した。

    首都プノンペンで行われた会見に出席し、同国代表スタッフに入閣することを電撃発表。現役選手が一国のA代表の編成、指揮の全権を担う極めて異例の契約は、無報酬という。選手、ビジネスマンに加え、指導者としてのキャリアを歩み始める本田の“監督デビュー”は、9月10日に同国内で行われるマレーシア戦となる。

    本田が、驚きの挑戦に踏み切った。プノンペンでの会見で、事実上のカンボジア代表監督就任をサプライズ発表。「世界どこを見ても初めての契約だと思います。そういった普通ではないやり方を受け入れたことに感謝している」とした本田は「私にとって初めての監督業。可能な限りカンボジアのサッカーに関わっていきたい」と抱負を語った。

    カンボジアの命運を任された。肩書は「Head of delegation」。直訳すれば「団長」だが、A代表の編成や指揮の全権を託された実質的な指揮官となる。国際Aマッチデーにはベンチ入りする。指導者ライセンスを持たない本田に代わり、アルゼンチン最高位のライセンスを保有する本田専属アシスタントのフェリックス氏(30)が登録上の監督となる。契約は2年で本田自身は無報酬だが「好きでやっているので、ここに来るための移動費をみていただくだけで、そのほかには受け取らない」と志の高さをアピールした。

    カンボジアとは深い縁がある。15年11月、W杯ロシア大会のアジア2次予選で同国と対戦。現地でサッカー熱を感じる一方で、貧困問題を考えるきっかけにもなった。「子供たちに夢を持つ大切さを伝えたい」と語る本田は16年、自身のサッカー教室をプノンペンに開校。同国1部アンコールFCの経営にも参画した。今回は、今までにない形で世界のサッカーに携わる方法を模索していた本田が同国協会に提案。同国協会がアジア連盟などにルール上の確認を取った上で快諾した形となった。

    本田は22年W杯カタール大会を目指さないことを明言しているが、20年東京五輪にオーバーエージ枠で出場を目指すことを表明したばかり。米国の人気俳優ウィル・スミス(49)とベンチャーファンド(投資基金)を設立するなどビジネスパーソンとしても活躍。まさに“三足のわらじ”で、エネルギッシュに飽くなき夢を追求していく。

    ▽カンボジア 1953年に王国としてフランスから独立。首都プノンペン。国土面積は18・1万平方キロで日本の約2分の1、人口は1576万人で日本の約8分の1。世界銀行統計の17年GDP(国内総生産)は世界105位の222億ドル(約2兆4642億円=日本の約200分の1)。
    アジア最貧国の一つとされる。

    ≪登録上の監督はライセンス持つフェリックス氏≫登録上の監督となるフェリックス氏は、17年7月から本田の専属アシスタントを任されている。JFL佐川印刷でプレー経験のあるアルゼンチン人で、スペイン語と英語が堪能。メキシコ1部パチューカでプレーした本田の通訳も担い、個人練習のパートナーもこなした。本田のメルボルンV合流後も専属アシスタントを継続するという。
    2018-08-13_08h22_54
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000005-spnannex-socc
    8/13(月) 6:00配信
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/12(日) 19:37:32.67 ID:CAP_USER9.net
    ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都がツイッター(@YutoNagatomo5)を更新し、“本田監督”に反応した。

    12日、FW本田圭佑がプノンペンで開催されたカンボジアサッカー連盟の記者会見に出席。同代表のコーチングスタッフに入閣することを発表した。本田の肩書きは『Head of delegation』。チーム構成や指揮に対する全権を任せられる予定で、実質的な“監督”のポジションも担うという。

    今後は、先日加入が発表されたメルボルン・ビクトリーでプレーしながら、国際Aマッチデーにカンボジア代表の実質的な監督を務める。本田は「私にとってはじめての監督業になります。こういったかたちの契約は世界どこをみてもはじめての契約だと思います。可能な限りカンボジアのサッカーに関わっていきたい」と意気込みを語った。

    これに反応した長友は「圭佑、自分が日本代表の選手としてカンボジア代表と対戦する時はどうする?もちろん日本代表の味方だよな?笑 わざとシュート外したりしないよな?笑」と、冗談まじりにツイート。すると、本田(@kskgroup2017)は「もちろん笑」と返答した。

    なお、本田は代表引退を表明しているが、「2年後の東京五輪を目指して現役を続けようと思った。東京五輪にオーバーエイジとして出場する」と目標を掲げている。

    8/12(日) 19:23配信 ゲキサカ
    2018-08-13_00h20_09
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-01665540-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ