海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: リーガ・エスパニョーラ

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/09/12(水) 09:12:27.65 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロが脱税を認め、4か月間の懲役刑を受け入れたという。

    英『BBC』によると、スペイン税務当局に対して49万ユーロ(約6340万円)の脱税を認めた模様。75万ユーロ(約9700万円)の罰金と懲役4か月が科された。なお、スペインの法律では、初犯の場合、2年以内の刑罰であれば刑務所に入ることはない。

    スペインでは、これまでFWリオネル・メッシ、FWネイマール、FWクリスティアーノ・ロナウドら多くのサッカー選手が脱税容疑で起訴されている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-01837067-gekisaka-socc
    9/12(水) 8:57配信

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/09(日) 00:04:45.06 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリーMFダニ・セバジョスが、昨季まで同チームを率いたジネディーヌ・ジダン氏への不満を吐露している。

    スペインの将来を担うと期待される現在22歳のセバジョスは、昨夏にベティスから鳴り物入りでレアル・マドリーに加入。だがジダン氏が同選手を起用することは、ほぼなかった。

    スペイン『ラディオ・マルカ』とのインタビューに応じたセバジョスは、そんなジダン氏に対して不満を抱えていたことを明かしている。

    「彼になぜ自分を起用しないのか聞いたことがある。すると、自分よりも評価している選手たちがいると返答されたよ。ただクロースとモドリッチが負傷しているとき、彼は僕ではなくほかの選手を使うためにシステムを変更した。それは心が傷むことだ」

    「U-21EUROで活躍を見せたのに、その直後に日陰で過ごすことを強いられた……。自分は子供の頃、ずっと彼に注目していた。彼はどこでもスター選手だったし、おそらく控え選手の気持ちが理解できないんだろう。彼もここで犯したミスから学ぶことになるはず

    9/8(土) 20:45配信
    2018-09-09_00h33_04
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00000020-goal-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/09/05(水) 11:59:40.60 ID:CAP_USER9.net
    クリスティアーノ・ロナウドの退団はカリム・ベンゼマにとって新鮮な空気をもたらしたようだ。
    現在、彼はチームの攻撃の中心となり、純粋なストライカーの役割を担っている。

    「功績は彼のものだ。彼は偉大な選手だ。私は誰も再変換していない」レアル・マドリーの監督、ジュレン・ロペテギはそのように主張した。ベンゼマはクリスティアーノ・ロナウドが側にいた時にはなかった野心を示している。現在、彼はこれまで一度も託された事のない役割を任された事で自信を持ってプレーしていると思われる。

    ベンゼマはもう誰のためにもプレーしていない。現在、チームメイト達は彼を探し、彼はそれに応えている。クリスティアーノは自身のサッカーをするためにベンゼマを従僕のように利用していたが、その時代は終わった。

    ロペテギはここまでマドリーが戦った4試合全てに彼をフル出場させるほど信頼を寄せている。それはベンゼマを迷うことなく起用し続けたジダンの時代でさえ考えられなかった事である。

    このフランス人ストライカーは4試合で5ゴールをマークしており、74分ごとに1ゴールというかつてないペースでゴールを量産している。ここまで合計11本のシュートを放ったベンゼマはゴールを決めるのに平均2,2本のシュートしか必要としていない。90本のシュートを放った昨シーズンは12ゴールで1ゴール平均7,5本のシュートを必要としていた。マドリー時代全体を見ると、合計1,018本のシュートで197ゴール(1ゴール平均5,1本のシュート)を決めている。

    従って、現時点でベンゼマはクリスティアーノ・ロナウドが彼に背負わせていた重荷から解放され、かつてないほど効果的な選手となっているようだ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-00010003-sportes-socc
    9/5(水) 10:43配信


    続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/09/04(火) 22:49:33.42 ID:CAP_USER9.net
    サッカー元ブラジル代表FWのロナウド(Ronaldo)氏は3日、スペイン1部リーグに所属するレアル・バジャドリード(Real Valladolid)の株式の51パーセントを取得し、同クラブの経営権を手にしたと発表した。

    バジャドリードのカルロス・スアレス(Carlos Suarez)会長は、同市役所で行われた記者会見で「きょうは新たな始まりの日だ。ロナウド氏はこのクラブの株式の51パーセントを取得した」「彼は夢を愛し、その夢を広める人物だ」と述べた。

    一方、現役時代はレアル・マドリード(Real Madrid)とFCバルセロナ(FC Barcelona)に在籍してスペインでプレーし、ブラジル代表としてもW杯(World Cup)で2度の優勝経験を持つロナウド氏は「きょうは私にとって非常に重要な日だ」「私はピッチの内外で多くのことを経験してきた。バジャドリードの1部定着や自分たちの夢を持ち続けることに期待してほしい」と語った。

    バジャドリードは今季から1部リーグに昇格しているが、開幕後3試合の成績は2分1敗で現在は16位につけている。

    ロナウド氏は史上最高の選手の一人として広く認識されており、バジャドリードのファンとしては夢見心地だろう。

    FIFA最優秀選手賞(FIFA World Player of the Year)を1996年と1997年、2002年にそれぞれ受賞したロナウド氏は、2011年に現役を引退。41歳の同氏はファンに対し、クラブの未来を具体化するのに協力してほしいと訴えかけた。

    「すべての人にこのクラブの一員になってほしい。このプロジェクトに参加してくれるファンを求めている」

    「われわれはアイデアや意見、批判、野望を求めており、皆さんに現在と未来のバジャドリードの一部になってほしい」 【翻訳編集】 AFPBB News
    2018-09-04_23h19_27

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00000026-jij_afp-socc.view-000
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/09/04(火) 21:26:19.30 ID:CAP_USER9.net
    9/4(火) 21:21配信 GOAL

    今夏レアル・マドリーに加入したGKティボー・クルトワのコメントに対し、チェルシーファンが激怒している。

    2011年にチェルシーへと移籍し、3年間アトレティコ・マドリーにレンタルされたクルトワ。2014年の復帰後、当時のジョゼ・モウリーニョ監督のもとでGKペトル・チェフから正守護神の座を勝ち取った。2015年、2017年にプレミアリーグ優勝を経験後、今夏自身の希望でもあったレアルへ移籍している。

    26歳のベルギー代表GKは『デイリー・メール』に対し、レアルの印象を以下のように語っている。

    「トレーニングを見れば、レアル・マドリーのレベルが高いとわかると思う」

    「今は、セルヒオ・ラモスのような世界最高のDFとともに毎日経験を積んでいる。レアル・マドリーのレベルはチェルシーよりも高いね」

    「(レアル本拠地)サンチャゴ・ベルナベウは、(チェルシー本拠地)スタンフォード・ブリッジより2倍は大きい。もちろん、まったく違う感覚がある。上を見れば人々の壁が見えるよ。一方、スタンフォード・ブリッジでは、空やスタンドの後ろのホテルが見えてしまうね」

    この発言に、チェルシーファンが激怒。「無礼すぎる」や「クルトワはガキ。チェルシーから出てってくれて嬉しいね」など批判の投稿が相次いでいる。
    2018-09-04_21h58_23
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00010003-goal-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/09/03(月) 05:30:35.33 ID:CAP_USER9.net
    9/3(月) 3:33配信
    バルサ、大量8得点で無傷の開幕3連勝! メッシ&スアレスが2ゴール

    リーガ・エスパニョーラ第3節が行われ、バルセロナとウエスカが対戦した。バルセロナはホームでウエスカを8-2で下し、シーズン開幕から無敗をキープしている。次節、バルセロナはレアル・ソシエダと、ウエスカはラージョ・バジェカーノと対戦する。

    【スコア】
    バルセロナ 8-2 ウエスカ

    【得点者】
    バルセロナ:メッシ(16分)、オウンゴール(24分)、スアレス(39分)、デンベレ(48分)、ラキティッチ(52分)、メッシ(61分)、アルバ(81分)、スアレス(90+3分/PK)
    ウエスカ:エルナンデス(3分)、ガジャル(42分)

    【スターティングメンバー】
    バルセロナ(4-3-3)
    テア・シュテーゲン:S・ロベルト、ピケ、ユムティティ(65分 ラングレ)、アルバ:ラキティッチ(71分 ビダル)、ブスケツ(76分 アルトゥール)、コウチーニョ:メッシ、スアレス、デンベレ

    ウエスカ(4-4-2)
    ウェルネル:プリード、エチェイタ、ミラモン、ルイジーニョ:ムスト、メレロ、ガジャル(65分 セメド)、ゴメス:ロンゴ(58分 ギュルレル)、エルナンデス(72分 アビラ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180903-00824059-soccerk-socc

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/09/02(日) 05:43:23.93 ID:CAP_USER9.net
    9/2(日) 5:42配信
    またもベンゼマ&ベイル揃い踏み!! 好調レアル・マドリーが開幕3連勝

    [9.1 リーガ・エスパニョーラ第3節 R・マドリー4-1レガネス]

    リーガ・エスパニョーラは1日、第3節2日目を各地で行い、レアル・マドリーはホームでレガネスと対戦した。2戦連続でFWガレス・ベイルとFWカリム・ベンゼマがそろい踏みしたR・マドリーが4-1で勝利。開幕3連勝を果たした。

    R・マドリーは前節のジローナ戦(○4-1)から先発3人を変更。今夏チェルシーから加入したGKティボー・クルトワがようやく新天地デビューを迎え、MFルカ・モドリッチとDFラファエル・バランが今季初先発を果たした。

    試合は立ち上がりから動いた。前半17分、R・マドリーはMFトニ・クロースが右サイド裏にフィードを送ると、DFダニエル・カルバハルが頭で折り返す。中央に走り込んだFWガレス・ベイルが右足ボレーで流し込み、先制に成功した。

    新エースのリーグ戦7試合連続ゴールで幸先良くスタートを切ったR・マドリーだが、前半23分、PA内で切り返したMFハビエル・エラーソをMFカゼミーロが倒し、PKを与えてしまう。これをFWギド・カリージョに蹴り込まれ、ファーストシュートで同点に追いつかれた。

    R・マドリーは後半3分、MFマルコ・アセンシオの鋭いクロスにFWカリム・ベンゼマが頭で合わせてゴールイン。一度はプッシングでノーゴールの判定を下したが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入で判定が覆り、R・マドリーが勝ち越しに成功した。

    ベンゼマはさらに後半16分、モドリッチとのワンツーでバイタルエリアを攻め込み、右に重心を移しながらPA外からゴール左隅に叩き込む。同20分にはアセンシオがPKを獲得すると、DFセルヒオ・ラモスが落ち着いて沈め、奇しくも前節と同じ得点者を記録してスコアを4-1とした。

    その後はMFダニ・セバジョス、FWルーカス・バスケスを投入したR・マドリーが主導権を渡すことなくボールを支配。危なげなく試合を締めた。レガネスはこれで開幕3戦未勝利。苦しいシーズン序盤を送っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-01749700-gekisaka-socc

    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/09/01(土) 19:01:22.93 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナに所属する元スペイン代表DFジェラール・ピケが逮捕されたようだ。スペイン紙『マルカ』が報じている。

    ピケは、8月31日の午後3時頃にスペイン国内で車を運転。しかし、警察に車両を止められ、免許証の提示を求められたところ、以前の違反によって免許停止中だったため、有効な免許証を提示できなかったと同紙は報じている。

    また報道によるとピケは今後、裁判所で審議を受け、有罪となった場合、6か月間の懲役に加え、28万8000ユーロ(約3700万円)の罰金もしくは90日間の奉仕活動を科される可能性があるようだ。
    2018-09-01_19h37_30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-00823695-soccerk-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/08/27(月) 07:07:14.19 ID:CAP_USER9.net
    8/27(月) 7:06配信
    ベンゼマ2発にベイル9秒カウンター!! 先制されたR・マドリーが開幕2連勝

    [8.26 リーガ・エスパニョーラ第2節 ジローナ1-4R・マドリー]

    リーガ・エスパニョーラは26日、第2節3日目を各地で行い、レアル・マドリーは敵地でジローナと対戦した。マンツーマン気味の布陣で真っ向勝負をしかけてきた相手に対し、先制点を奪われる苦しい展開となったが、PK2本などで4点を奪取。4-1で勝利し、開幕2連勝を果たした。

    開幕節のヘタフェ戦に2-0で勝利したR・マドリーは4-2-3-1のフォーメーションを採用。先発1人を変更し、MFダニ・セバジョスに代わってMFカゼミーロが入った。対するジローナは中盤が人についていく4-2-3-1。18歳のDFペドロ・ポロらがスタメンに並んだ。

    先にスコアを動かしたのはジローナだった。前半17分、GKヤシン・ブヌのロングキックをFWアントニー・ロサノが落とし、ポロとのワンツーで一気に前へ。PA右寄りからのシュートはDFダニエル・カルバハルにブロックされたが、こぼれ球をMFホルヘ・ガルシアが豪快に蹴り込んだ。

    その後も中盤中央のMFアレックス・グラネルが流動的なポジションを取ったジローナが主導権を握る。ところが前半38分、R・マドリーは左サイドをFWガレス・ベイルが駆け上がり、MFイスコのシュートはGKに阻まれたが、こぼれ球を拾ったMFマルコ・アセンシオがPA内で倒されてPKを獲得する。

    キッカーはDFセルヒオ・ラモス。助走中に落ち着いたフェイントを見せて冷静にど真ん中に蹴り込み、前半のうちに同点に追い付いた。後半6分にも再びアセンシオが敵陣深くで倒され、2本目のPKを獲得。これをFWカリム・ベンゼマが右に流し込み、今季初ゴールが貴重な勝ち越し点となった。

    さらにR・マドリーは後半14分、先発を守り続けているGKケイラー・ナバスの遠投をセンターサークル付近で受け取ったイスコが前を向き、最終ライン裏にスルーパスを配給。ここに猛スピードで走り込んだベイルが相手DFを抜き去って左足で流し込み、起点となったGKからわずか9秒間のカウンターで追加点を陥れた。

    R・マドリーは後半15分、DFマルセロに代わってDFラファエル・バランを入れると、同32分にはイスコに代わってMFルカ・モドリッチを投入。そして同35分、右サイドを突破したベイルのクロスにベンゼマが合わせて4点目を奪い、そのまま試合を締めたR・マドリーが4-1で逆転勝利を果たした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-01720319-gekisaka-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/24(金) 12:36:44.85 ID:CAP_USER9.net
    バロセロナに加入したMFアルトゥーロ・ビダルが早速ライバルのレアル・マドリーバッシングを始めた。英『フォー・フォー・トゥー』が伝えている。

    今月はじめ、バイエルンからバルサに移籍したビダルはバイエルン時代、レアルにCLで2回敗れている。バルサ加入後はまだ公式戦に2回しか出場していない状態だが、ビダルは早くも“レアル叩き”を始めた。

    ブンデスリーガではビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)がすでに用いられていたが、W杯ロシア大会での導入を経て、欧州サッカー連盟(UEFA)も今季からの導入を検討している。ビダルはVARがあれば、レアルのUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)制覇を2回阻止できたと話した。

    「もしVARがあれば、バイエルンが2回CLを優勝しており、マドリーは2回優勝を逃していた」と『ムンド・デポルティボ』に語ったビダル。「僕はすべてに勝ちたい」「一番好きなタイトルはCLだ」とコメントしている。

    8/24(金) 12:15配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-01708164-gekisaka-socc

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ