海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: リーガ・エスパニョーラ

    1: Egg ★ 2019/07/16(火) 09:19:48.05
    レアル・マドリーで戦力外扱いとなっているMFガレス・ベイルの獲得に名乗りを挙げる欧州のクラブが、ついに現れたようだ。スペイン『マルカ』によれば、ウェールズ代表MFの古巣トッテナムが獲得に動いているという。

    昨季終了直前にジネディーヌ・ジダン監督から戦力外通告を受けたとされるベイル。しかし、ここまでに報じられたオファーは中国の上海申花のものだけとされ、欧州のクラブが動いている様子はなかった。中国申花はベイルに対して、現年俸を上回る額を用意していたとされるが、移籍金を支払う考えがなかったためにレアル・マドリーから拒否されたとみられる。

    そして16日付の『マルカ』は、1面で「ベイルに出口がある」との見出しを打った。曰く、トッテナムは2007年から2013年まで擁していたベイルを取り戻すべく、レアル・マドリーに移籍金5000~6000万ユーロを支払う意思があると伝えた模様だ。

    ただしトッテナムには、ベイルがレアル・マドリーで受け取る年俸1700万ユーロ+インセンティブを支払う余裕はなく、もし獲得するとしても年俸を現在の半分ほどに引き下げなければならないという。そのためにレアル・マドリーは、トッテナムにベイルを売却する際には5000~6000万ユーロという移籍金額を受け入れるかどうかという問題のほか、ベイルの残り3年分の年俸の半分、約2500万ユーロをベイルに支払わなければならないようだ。

    16日に30歳となったベイルは、トッテナム復帰でロンドンへ戻り、プレミアリーグに再挑戦することに否定的ではない様子。だが、レアル・マドリーと結ぶ2022年までの契約で受け取るはずだった年俸額をあきらめる考えは毛頭ないとされる。

    なお今夏に3億ユーロ分の補強をしたレアル・マドリーは、ファイナンシャルフェアプレーによって差額1億ユーロ分、つまり2億ユーロの売却収入が必要な状況となっており、ベイル、MFハメス・ロドリゲス、FWマリアーノ・ディアスといった選手の売却を予定している。果たしてベイルの売却先は、トッテナムになるのだろうか。

    7/16(火) 8:49配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00010008-goal-socc

    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/07/12(金) 22:39:06.18
    バルセロナは12日、アトレティコ・マドリーからフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンを獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月までの5年間となっている。契約解除金は8億ユーロ(約973億円)に設定された。

    グリーズマンに関しては、2017年の夏にバルセロナが獲得に接近。しかし当時、アトレティコ・マドリーが補強禁止処分を科されていたことを考慮したグリーズマンが“男気の残留”を決断した。

    バルセロナが再びグリーズマン引き入れを目指すと、今年5月にはアトレティコが同選手の2018-19シーズン限りの退団を発表。その後、アトレティコはシーズンの重要な時期(今年2月~3月)に交渉を進展させたグリーズマンとバルセロナ、さらに契約解除金の分割払いを申し込んできた同クラブを非難する声明を発表していた。

    アトレティコの怒りを受けて、バルセロナは一括でグリーズマンの契約解除金を支払うことを決断。1億2000万ユーロ(約146億5000万円)でアトレティコとの契約が解除されたグリーズマンは、バルセロナの一員となった。

    現在28歳のグリーズマンは、ユース時代を過ごしたレアル・ソシエダで2009年にデビュー。2014年から5シーズンにわたって主力としてプレーしたアトレティコでは、公式戦257試合に出場して133得点を記録した。

    また、2014年にデビューしたフランス代表としては、これまでに72試合29得点をマーク。昨年のロシア・ワールドカップでは7試合で4得点を挙げる活躍を披露し、レ・ブルーの20年ぶりとなる優勝に大きく貢献した。
    2019-07-12_22h54_38
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00010031-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/10(水) 09:06:08.42
    バルセロナがセレッソ大阪に所属する17歳のMF西川潤の獲得を狙っているようだ。9日に英メディア『トライバル・フットボール』が報じている。

    FC東京に所属していた18歳の久保建英(レアル・マドリード・カスティージャに移籍)を逃した後、バルセロナは鹿島アントラーズから日本代表MF安部裕葵を獲得していた。同メディアによると、今度は西川をターゲットにしており、18歳の誕生日を迎える来年2月21日まで調査を続けていくという。すぐに行動に移さないのは、国際サッカー連盟(FIFA)の規定により、18歳以上でないと獲得出来ないためのようだ。

    西川は桐光学園高校に通いながらU-16日本代表に選出され、AFCU-16選手権で優勝した経験を持っている。その後、今年5月から6月まで開催されたU-20ワールドカップに飛び級で選出され、国内外から注目を浴びることに。現在は特別指定選手としてJリーグに参加しており、セレッソ大阪入りも内定している。

    7/10(水) 7:37フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190710-00330133-footballc-socc

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/08(月) 09:40:40.91
    鹿島アントラーズの安部裕葵がバルセロナ行きに迫っているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。

    今シーズンから鹿島で背番号10を背負い、先日のコパ・アメリカでは日本代表デビューを飾った安部。日本を背負うことが期待される現在20歳の同選手に対して、スペインの名門バルセロナが強い関心を寄せると先日から報じられている。

    一方で、安部は6日の2-0で勝利したジュビロ磐田戦後にバルセロナ移籍に関して問われ「決まっていない。僕は知らない」と回答し、移籍報道を否定していた。しかし、『ムンド・デポルティボ』によると、バルセロナと鹿島は同選手の移籍成立に向けて大きく前進しているようだ。

    バルセロナは110万ユーロ(約1億3400万円)以上を鹿島に支払う形で安部をクラブに迎え入れ、2年間の契約延長オプションの付帯する3年契約を締結することが予想されている。さらに、日本代表MFは今週にバルセロナに到着する見込みであり、7月20日から27日まで日本を訪れるトップチームに帯同する可能性もあるという。

    また、同メディアによると、アカデミー出身の久保建英を逃したバルセロナは日本でのマーケティングに力を入れているようで、安部のほかにもU-20日本代表としてワールドカップに出場した17歳の西川潤にも興味を持っているようだ。

    7/8(月) 7:17配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-00010007-goal-socc

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/08(月) 06:45:50.88
    移籍金55億円で加入したブラジル人DFゴエスとともにカスティージャの目玉に

    スペインの名門レアル・マドリードへの移籍が決まった日本代表MF久保建英は、7月にトップチームが行うカナダとアメリカのプレシーズン遠征メンバーの30人に入ったとスペインメディアで報じられ、注目度は日に日に増している。2019-20シーズンはレアルBチーム(カスティージャ)からスタートを切ることが発表されているが、スペイン紙「マルカ」は、カスティージャの“注目選手”の1人に日本が誇る18歳のレフティーを挙げている

    今季、FC東京の主力としてリーグ戦13試合で4ゴールをマークした久保は、6月9日の国際親善試合エルサルバドル戦(2-0)で史上2番目の若さとなる18歳5日でA代表デビュー。直後のコパ・アメリカ(南米選手権)でも全3試合に出場したなか、ブラジルの地でレアルへの電撃移籍が決まった。

    7月にトップチームが行うカナダとアメリカのプレシーズン遠征に参加するとされており、ジネディーヌ・ジダン監督にアピールできるかが注目を集めている。

    一方で、「マルカ」紙はレアルBチーム・カスティージャの注目選手の1人に久保をピックアップ。記事では、「ラウールはカスティージャでデビューのための“スーパーチーム”を持つ」と見出しを打ち、新シーズンから指揮を執る元スペイン代表FWのラウール・ゴンサレスが強力な陣容を擁しているとし、ブラジルの名門サントスから移籍金4500万ユーロ(約55億円)で獲得した18歳のブラジル人FWロドリゴ・ゴエスとともに紹介している。

    「久保はカスティージャの選手だが、カナダとアメリカでのプレシーズンをジダンの元で過ごす予定だ」

    久保への注目度は、日本のみならず、スペインでも高まっているようだ。

    7/8(月) 6:30配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190708-00202138-soccermzw-socc

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/06(土) 10:35:53.07
    アトレティコ・マドリードは5日、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンを巡り、バルセロナに向けて声明を発表した。

    アトレティコ・マドリードは5月14日にグリーズマンのクラブ退団を発表。同選手にはバルセロナ加入がかねてより噂されているが、現時点で未だに移籍決定に至っていない。その背景に、アトレティコ・マドリードとバルセロナの関係悪化がある模様だ。

    アトレティコ・マドリードは公式HPを通じて異例ともいえる声明を発表。声明によると、バルセロナはアトレティコ・マドリードの重要な時期にグリーズマンとの交渉を行っていたという。さらに、グリーズマンの契約解除金が減額される7月以降に移籍成立を延長するよう要求してきた模様だ。クラブは次のような声明を発表してバルセロナの振る舞いを批判した。

    「バルセロナとグリーズマンが3月の時点で移籍合意に至っていたことを、彼の退団が決まった後に知らされた。合意に至った時期は、我々がチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグでユヴェントスと対戦する直前だ」

    「さらに、バルセロナの会長はグリーズマンの契約解除金が減額される7月1日以降に移籍を成立させるよう要求してきた。我々の返答としては当然”ノー”だ。これはアトレティコ・マドリードとファンに対して敬意を欠く行動だ。次の日曜日、グリーズマンにはプレーシーズンの練習参加を義務づける」

    「グリーズマンに我々との契約関係を断ち切るよう誘導したバルセロナに対して、強い不快感を表明する。ユヴェントスとの試合だけでなくリーガ・エスパニョーラでも重要な時期であったため、バルセロナはアトレティコ・マドリードとその何百万人ものファンに大きな損失をもたらした」

    今回の声明から、アトレティコ・マドリードとバルセロナの関係が良好でないことが伺える。果たしてグリーズマンのバルセロナ加入は決定するのだろうか。

    7/6(土) 10:11配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190706-00954961-soccerk-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/04(木) 09:32:32.91
    来季からのC大阪加入が内定している桐光学園高3年のU―20日本代表FW西川潤(17)に対し、スペイン1部バルセロナが獲得に乗り出していることが3日、分かった。複数の関係者によると、来年2月に国際移籍が可能な18歳になるのを見据えてリストアップ。欧州制覇5度を誇る名門は、同クラブのU―19やバルセロナBなどで育成するプランも持っているという

    次代を担う逸材が、世界屈指の超名門からマークされていることが分かった。神奈川の桐光学園高3年で、来季からのC大阪加入が内定している西川に対し、アルゼンチン代表FWメッシらを擁するバルセロナが獲得に乗り出していることが判明。複数の関係者によると、国際移籍が可能となる18歳になるのを見据え、準備を進めているという。

    鹿島のMF安部に正式オファーを提示するなど、日本人選手の才能を評価するバルセロナ。安部の動向に左右される可能性もあるが、来年2月21日に18歳の誕生日を迎える西川を育て上げるため、U―19やバルセロナBなどを経て、徐々にステップアップさせる計画も持っているという。すでに来季からのC大阪加入が決まっている中で、期限付き移籍で獲得する考えもあるようだ。

    C大阪の特別指定選手として登録されている17歳は、すでにJ1の舞台を経験済み。以前に将来的な目標を問われ「海外でプレーしたいという気持ちがあります」と話していた。C大阪の森島寛晃社長も、一般論として「選手がいろんなところから注目されるというのは良いこと」と語っている。

    同学年で南米選手権にも出場した日本代表MF久保建英は、スペイン1部Rマドリードに完全移籍で加入することが決定した。西川の今後にも注目が集まる。

    ◆西川 潤(にしかわ・じゅん)2002年(平14)2月21日生まれ、神奈川県出身の17歳。青葉FCから横浜ジュニアユースを経て、兄と同じ桐光学園に進学。過去にU―15日本代表などに選出され、今年はU―20W杯ポーランド大会に出場。1メートル80、70キロ。利き足は左。

    7/4(木) 5:00配信
    2019-07-04_13h38_13
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190704-00000003-spnannex-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/07/04(木) 11:09:05.13
    アトレティコ・マドリードは3日、ベンフィカからポルトガル代表FWジョアン・フェリックスを獲得したことを発表した。

    現在19歳のフェリックスは、2018年にトップチームデビューを果たすと、昨シーズンは公式戦43試合で20得点を記録。リーグ戦の優勝に貢献した他、ヨーロッパリーグ準々決勝ファーストレグでは、フランクフルトを相手にハットトリックを記録するなど活躍し、市場価値が急騰した。

    イギリスメディアの『BBC』によると、推定移籍金は1億2600万ユーロ(約153億円)にのぼり、10代の選手としては2018年にパリ・サンジェルマンへ移籍したキリアン・ムバッペに次ぐ高額移籍だという。

    アトレティコ・マドリードはシーズン終了後にディエゴ・ゴディンやアントワーヌ・グリーズマンら主力が退団を発表した。新シーズンへ向けて戦力の低下が懸念されてきたが、ブラジル代表DFフェリペ、スペイン代表MFマルコス・ジョレンテらを補強。さらに今回のフェリックスを獲得し、着実に補強を進めている。
    2019-07-04_11h33_06
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190704-00954458-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/07/02(火) 22:11:22.01
    7/2(火) 21:00配信
    ベイル、レアル残留へ。代理人がプレシーズン参加を明言

    リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリーに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイルが同クラブに残留し、プレシーズンを戦うチームに帯同することになりそうだ。英メディア『デイリー・メール』などが現地時間の2日に報じた。


    2013年9月からレアルに在籍するベイル。これまでリーグ優勝やUEFAチャンピオンズリーグ制覇など、様々なタイトル獲得に貢献してきた。昨季も公式戦42試合に出場し14得点6アシストを記録している。途中出場からゴールを決めるなど、少ないプレー時間で印象的な活躍を見せることもあるベイルだが、怪我の多さはレアルを悩ませている。

    そんなベイルにはマンチェスター・ユナイテッドやインテル、バイエルンやトッテナムなども興味を示している。インテルはベイル獲得に向け、レアルと交渉を行っていると報じられていた。だがベイルに移籍の意思はなく、同クラブ残留を希望している。

    さらに、ベイルの代理人が米メディア『ESPN』のインタビューで「ベイルはレアルを去ることを考えていない。来週から始まるプレシーズンへ向けて、準備を進めている」と話した。

    プレシーズン参加でレアル残留となるのだろうか。
    a664998375e65370a3547bdca35c59a5-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190702-00329081-footballc-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ