海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: リーガ・エスパニョーラ

    1:Egg ★ :2017/10/06(金) 19:23:39.30 ID:CAP_USER9.net
    現地時間6日、本拠地カンプ・ノウでクラブ会長とともに記者会見を予定
     
    バルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタがクラブと生涯契約を結ぶことで合意に達したとクラブ公式サイトが発表した。残りのキャリアを全てブラウグラナ(青とえんじの意味でバルサの愛称)に捧げることが決まった。

    33歳となったイニエスタは2018年6月で契約満了を迎えることから去就問題に注目が集まっていた。
    15年からクラブのキャプテンを務める司令塔は生涯契約という異例の契約を結ぶことになった。

    イニエスタは下部組織からバルサでプレー。2002年のトップデビューから、8度のリーグ優勝や4度のUEFAチャンピオンズリーグを経験してきた。積み重ねたタイトルの数は30。FWリオネル・メッシと並ぶクラブ歴代最多タイ記録を保持している。

    また、バルサ通算639試合に出場しており、これはMFシャビ・エルナンデス(アル・サッド)の767試合に次ぐ歴代2位の記録となっている。イニエスタは現地時間6日の午後1時から、本拠地カンプ・ノウでジョゼップ・マリア・バルトメウ会長とともに記者会見を行う予定だと発表された。


    10/6(金) 19:18配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171006-00010018-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/03(火) 12:25:20.75 ID:CAP_USER9.net
    リーガ・エスパニョーラのバルセロナは、カタルーニャ独立を問う州民投票の影響を受け、1日に行われたリーガ・エスパニョーラ第7節ラス・パルマス戦を無観客試合で戦うことになった。

    もし独立となった際はリーガからの脱退、そして他国リーグに所属するとの憶測も流れているが、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督がこの問題について言及したと、バルセロナの地元紙「ムンド・デポルティーボ」が報じている。

    バルサの“移籍先”としては隣国であるフランスのリーグアン、そしてイングランドのプレミアリーグといった報道も流れている。それについてベンゲル監督は、2-0で勝利したブライトン戦後、報道陣に対して「カタルーニャ語を学ぼうとしないとね」と冗談めかしつつ、こう語ったという。

    「もしバルサがプレミアリーグに加入したいとなれば、誰にとっても物事はとても難しいことになるだろう。ただもちろん、我々は彼らが入ってくることになったとは思わないけどね。今回の件は興味深い出来事で、バルサは非常に政治的なクラブとしての側面を持っている。それがスポーツ面にも影響を及ぼしている」

    「スコットランドのクラブを優先すべきだ」

    今回の投票だけでなく、本拠地カンプ・ノウで独立を巡るメッセージを発信するファンが多く、スペイン代表DFジェラール・ピケのような存在がいることも示唆している。

    ただベンゲル監督はその一方で「我々はすでに(プレミアリーグで)20チーム存在している。もし24チームにするならば、リーガのチームよりもスコットランドのクラブを優先すべきだ」とも指摘している。今回持ち上がったバルサの問題は、各国の名将にとっても気になる出来事であることは間違いない。
    2017-10-03_13h01_12
    10/3(火) 12:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171003-00010005-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/09/30(土) 01:44:18.61 ID:CAP_USER9.net
    ジェラール・ピケは再び台風の目の中にいる。ピケがカタルーニャのレファレンダムを支持する事を公表した後、彼の中傷者達はTwitterに、彼が今後スペイン代表でプレーしない事を要求するハッシュタグ「#ピケ代表追放」のハッシュタグを促進させた。

    このハッシュタグは昨日の午後中ずっとスペインのトレンドトピックとなっていた。そのコメントの大半はピケに関して批判的なトーンのものだった。

    スペイン代表は次の代表ウィーク中にまずアルバニア代表(10月6日)と対戦し、その後にロシアW杯予選グループG最終節としてイスラエル代表と対戦する。スペイン代表はエスタディオ ・リコ・ペレスでアルバニアに勝利すれば、ほとんどW杯出場が決まる。

    スペイン代表監督のフレン・ロペテギは29日金曜日、今回の招集リストを発表する。渦中のピケはチームの中心選手であるため、その一員に名を連ねる事が予想される。ピケは既にロシアW杯終了後にラ・ロハを離れる意向を発表している。
    2017-09-30_07h50_15
    SPORT.es
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00010011-sportes-socc
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/09/27(水) 15:58:36.00 ID:CAP_USER9.net
    PSGがキリアン・ムバッペとネイマールを獲得したことで、出番が少なくなった複数の選手が離脱の憂き目にあうと予想されている。
    レアル・マドリードがPSG所属のFWユリアン・ドラクスラーの獲得に興味を示しているとドイツの『Bild』誌が伝えている。

    ドラクスラーもまた冬の移籍市場で離脱する方向で現在移籍先を探しているようだ。
    マドリーはこのタイミングでドラクスラー獲得に動くとみられる。その他にもセリエAをはじめとする各国のクラブが同選手に注目している。

    今夏、ドラクスラーの代理人はバルセロナ市を訪問しており、バルサの幹部との対話があったと噂されている。

    昨年の冬にVfLヴォルフスブルクからPSGに加入したドラクスラーであるが、ネイマールとムバッペの加入により、PSGを離れる決心を固めつつあるようだ。
    2017-09-27_22h35_17
    SPORT.es
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00010007-sportes-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★@\(^o^)/:2017/09/26(火) 20:27:21.41 ID:CAP_USER9.net
    今夏バルセロナを離れ、スポルティング・リスボンへ移籍したフランス人DFジェレミ・マテュー。

    ミッドウィークには、UEFAチャンピオンズリーグで古巣と対戦する。

    それに向けて、『Marca』がロングインタビューを敢行。そのなかで、バルサについてこう述べた。

    ジェレミ・マテュー(スポルティングDF)

    「(バルセロナで多くの友人を作った?)

    友人とは呼べないかもね。仲間たちだ。

    彼らのような選手たちとロッカールームを共有できたのは、自分にとって驚くべきことだったよ。

    クラブについては、友人というよりも同僚として語りたい。友人というのは、とても大きな意味を持つ言葉さ」
    0da88b40-1d39-32f4-c0e5-f33b061584e2
    http://qoly.jp/2017/09/26/jeremy-mathieu-on-barcelona-companions-iks-1
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/09/23(土) 14:18:28.30 ID:CAP_USER9.net
    [マドリード/バルセロナ 21日 ロイター] - スペイン北東部カタルーニャ自治州のプチデモン首相は21日、スペインからの独立を問う住民投票を予定通りに10月1日に決行すると表明した。

    同首相はテレビ放映された演説で、「住民投票が確実に実施されるようわれわれは緊急時の対策を用意している」と表明。「国民党(PP)が主導する政権の傲慢(ごうまん)さや権力乱用に閉口している大多数の住民の支持を得ているため、住民投票を決行する」と述べた。

    憲法裁判所は今月、住民投票は違憲とするラホイ首相の訴えを受けて住民投票実施法を一時停止、投票が違憲かどうかを判断する時間を判事に与えた。

    スペイン警察は20日、カタルーニャ自治州政府の複数の官庁を捜索、同自治州の経済担当閣外相など複数の高官を逮捕した。これに反発した多くの市民はバルセロナで21日、2日連続で抗議活動を行った。

    ラホイ首相は20日、同自治州政府に対する一連の措置について、裁判所の判断に基づくものと説明、州政府に対し住民投票を撤回するよう求めた。

    世論調査によると、カタルーニャでは市民の40%程度が独立を支持し、大半が独立を問う住民投票の実施を求めている。

    プチデモン首相は、住民投票に最低投票率は設定しておらず、賛成票が反対を上回れば48時間以内に独立を宣言すると述べた。

    中央政府の報道官は、カタルーニャでの抗議活動は小規模グループによって組織されたもので、市民の一般的な考え方を反映したものではないと述べた。

    *内容を追加しました。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00000008-reut-eurp

    カタルーニャ独立がサッカーに与える影響 バルセロナの立場、その後の道のりは?

    バルセロナはフランスリーグに参加する可能性も検討している。パリ・サンジェルマンやモナコ、オリンピック・リヨン、オリンピック・マルセイユらが争うリーグ・アンにバルセロナが加われば、スペクタクルなコンペティションとなる可能性はある。

    問題は、バルセロナはモナコとは異なる状況にあることだ。モナコはUEFAに加盟しておらず、独自の国内リーグも代表チームも持っていないため、スムーズにフランスリーグへの参入が認められた。だがカタルーニャには代表チームも独自のリーグも存在する。
    2017-09-23_17h30_41
    https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201709220001-spnavi?p=2
    続きを読む

    1:数の子 ★@\(^o^)/:2017/09/22(金) 17:28:27.72 ID:CAP_USER9.net
    観客が少なすぎることを理由に罰金処分を受けたクラブがスペインにあるようだ。スペイン紙『マルカ』が19日に伝えている。

    同紙によると、処分を受けたのはセルタ。今シーズンから、リーガ・エスパニョーラではスタジアムの最大収容人数の70パーセントを埋め、テレビ放送で映るスタンドに空席が出ないようにする規定が導入されており、セルタはそれを満たすことができなかった。

    同紙によると、問題となったのはセルタのホームで行われた第1節レアル・ソシエダ戦、第3節アラベス戦の2試合。収容人数29000人の本拠地バライードスに、レアル・ソシエダ戦では16961人、アラベス戦では17384人が観戦に訪れていた。テレビの放送でも空席が目立っていたと同紙は伝えている。

    更なる処分を嫌ったセルタは、ホーム3試合目となる第5節ヘタフェ戦でチケットの値下げを発表。価格を10ユーロ(約1300円)から最大で40ユーロ(約5300円)に設定したが効果は薄く、観戦者数15068人にとどまっている。

    客足だけでなく勝ち星も遠いセルタは現在1勝3敗1分けの勝ち点「4」。5試合を終えて17位に甘んじている。
    2017-09-22_18h12_15
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00645790-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/21(木) 23:24:22.94 ID:CAP_USER9.net
    チェルシーは21日、FW・コスタ(28)がアトレティコ・マドリーに移籍することで合意に至ったとクラブ公式サイトで発表した。あとは個人条件での合意と、メディカルチェックをパスすれば移籍は完了するという。

    D・コスタは2014年夏までアトレティコでプレーしており、手続きが完了すれば3シーズンぶりの古巣復帰となる。移籍合意については同日にスペイン『アス』など複数メディアから報じられており、移籍金はボーナスを含めて6000万ユーロ(約80億円)、契約期間は2021年までの4年間と見られている。

    アントニオ・コンテ監督の構想外となり、今夏の移籍が濃厚と思われていたD・コスタだが、移籍市場の最終日までに新天地が見つからず、チェルシーに残留が決まっていた。

    なお、アトレティコは国際サッカー連盟(FIFA)から選手登録禁止処分を科されているため、D・コスタは来年1月まで試合に出場できない。報道によると、プレー可能になるまでディエゴ・シメオネ監督とコーチングスタッフの下でトレーニングを行っていくようだ。

    9/21(木) 23:12配信  ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-01644330-gekisaka-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/20(水) 05:58:13.33 ID:CAP_USER9.net
    スペイン1部リーグが来季、日本で初めて公式戦を開催する可能性が19日、浮上した。リーグの国際化戦略の一環で、日本での開催が実現した場合、インターネット通販大手の楽天とスポンサー契約を結ぶバルセロナの試合が有力。対戦相手には、日本代表MF柴崎岳(25)が所属するヘタフェ、同FW乾貴士(29)が所属するエイバルなどが候補に挙がる。

    スペイン1部リーグは国際化戦略の一環として、米大リーグやNFLをモデルにスペイン国外での初の公式戦開催を検討。開催地は米国、中国が最有力だが、日本も候補に挙がっている。

    同リーグのハビエル・テバス会長(55)肝煎りのプランで、世界的に人気のあるバルセロナとレアル・マドリードの2大クラブがそれぞれ1試合ずつ計2試合を行う計画。直後にウインターブレークを挟み、選手の負担を最小限に抑えられるとの理由で、実施時期は12月が有力だ。

    同時期に行われるクラブW杯にバルセロナ、レアル・マドリードのいずれかが出場する場合は1試合のみとなる予定。

    バルセロナが今季から日本のインターネット通販大手、楽天と4年2億2000万ユーロ(約294億円)の大型スポンサー契約を結んだこともあり、日本開催はバルセロナ戦が有力。対戦相手に、柴崎の所属するヘタフェ、乾の在籍するエイバルが候補に挙がる。

    年間チケット保有者への払い戻しなど、国外での公式戦開催に伴う支出を抑えるため、収容人数が少ないスタジアムを本拠にするクラブのホーム開催分を振り替える方針。ヘタフェ(約1万7000人)、エイバル(約7000人)はいずれも該当する。スポンサーや興行面でメリットがあるとの理由から、日本で初開催される可能性が出てきた。


    スペイン1部リーグ

    1928~29年シーズンから続く、スペイン国内のトップリーグ。2012~13年シーズン以来、欧州リーグランキングの1位を守り続けている。近年は20チームが所属し、ホームアンドアウェー方式の2回戦総当たりで争われている。昨季はRマドリードが、自身の最多優勝記録を更新する33度目の優勝。

    今季は8月18日に開幕し、来年の5月20日に閉幕予定。第4節終了現在で唯一全勝のバルセロナが首位に立っている。現在トップチームに所属する日本選手はエイバルの日本代表FW乾貴士とヘタフェの同MF柴崎岳。
    2017-09-20_07h59_53
    2017.9.20 05:01 サンスポ
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20170920/spa17092005010001-n1.html
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/09/17(日) 22:20:16.26 ID:CAP_USER9.net
    第4節のヘタフェ戦で左ハムストリングを痛めて前半29分に負傷交代

    バルセロナのフランス代表MFウスマン・デンベレは、16日に行われた第4節の敵地ヘタフェ戦(2-1)で左ハムストリングを痛めて前半29分に負傷交代した。試合後、エルネスト・バルベルデ監督は筋肉系のトラブルであることを明かしていたが、最悪の結果を迎えてしまったようだ。バルサは公式サイトで全治3カ月半~4カ月であることを発表している。


    デンベレは今夏、移籍金1億500万ユーロ(約136億円)+ボーナスでドルトムントから加入。パリ・サンジェルマンが期限付き移籍のFWキリアン・ムバッペの1億8000万ユーロ(約236億円)の買い取りオプションを行使するまでは、史上第2位の移籍金という高額で新天地に渡った。

    第3節の本拠地エスパニョール戦でリーグ戦デビューを飾り、続くヘタフェ戦では初の先発出場を飾ったものの、前半29分に左ハムストリングを痛めるアクシデントに見舞われてしまった。指揮官は17日に詳しい検査を行うと話していたが、同日にクラブ公式サイトで発表された検査結果は深刻なものだった。

    「検査の結果、ウスマン・デンベレは左太腿の大腿二頭筋の腱の切断が認められた。来週、フィンランドのサカリ・オラバ医師のもと、手術を受けることになる。完治までの離脱期間は、約3カ月半から4カ月と見られている」

    ネイマールの後釜とまで期待された逸材が、開幕わずか4試合で年内復帰絶望の重傷を負うとは、バルサにとっては痛恨の事態だろう。順調に回復したとすれば、復帰時期は来年1月~2月頃。20歳のアタッカーには、さらに強くなって戻ってくることが望まれる。
    2017-09-17_23h07_13

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170917-00010026-soccermzw-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ