海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 海外サッカー選手

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/16(土) 08:41:05.75
    【ユベントス 3-0 フロジノーネ セリエA第24節】

    現地時間15日に行われたセリエA第24節でユベントスはホームでフロジノーネと対戦し、3-0の勝利を収めた。

    チャンピオンズリーグのアトレティコ・マドリー戦を控えるユベントスは、降格圏に低迷するフロジノーネを立ち上がりから圧倒した。

    6分、クリスティアーノ・ロナウドの横パスを受けたディバラが強烈な左足のミドルシュートを決めて早くもリードを奪うと、17分にはCKから最後はボヌッチが押し込んで2点差とする。

    後半に入っても主導権は譲らない。63分にはマンジュキッチの折り返しにC・ロナウドがダイレクトで合わせて3-0勝負を決定づける。

    ユベントスはこの得点の直後にC・ロナウドを下げると、キエッリーニやケディラも交代させてチャンピオンズリーグに向けて準備。それでもフロジノーネに追い上げられることはなく、3-0のまま勝利を収めた。

    ユベントスは2位ナポリとの勝ち点差を暫定で14としている。

    【得点者】
    6分 1-0 ディバラ(ユベントス)
    17分 2-0 ボヌッチ(ユベントス)
    63分 3-0 C・ロナウド(ユベントス)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190216-00309655-footballc-socc
    2/16(土) 6:25配信

    no title


    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2019/ita/ita-11163485.html
    試合スコア

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/standings/
    順位表

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/ranking/
    得点ランキング


    https://www.youtube.com/watch?v=WHDRgAdL0Bo


    Cristiano Ronaldo GOAL Juventus vs Frosinone 3-0

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/16(土) 06:29:42.24
    Jリーグ名鑑用の質問ラッシュにも懇切丁寧な回答

    毎年サッカーダイジェストがこの時期に作成・発行している「Jリーグ選手名鑑」。今年もJ1・J2・J3の全55クラブの情報を網羅し、1500名近いJリーガーたちのプロフィール&データを一挙掲載している。

    そんななか、読者に楽しんでいただこうと毎回変化を加えているのが、選手たちの趣味・趣向に迫るアンケート欄だ。チーム始動後の慌ただしいタイミングながら、今年もクラブと選手のみなさんに最大限の協力をいただき、18の質問に答えてもらっている。

    この選手名鑑に初めて登場してくれたのが、昨年夏にヴィッセル神戸に入団した元スペイン代表MF、アンドレス・イニエスタである。加入後のホームゲームはすべて満員札止めという超人気ぶりで、プライベートでもディズニーランドやUSJ、京都観光などを家族で訪れては全世界に2800万強のフォロワーを持つインスタグラム上で紹介。いまやピッチ内外で、日本の観光大使とでも言うべき役割も演じてくれている。

    普段からファンへの対応が懇切丁寧かつ紳士的で知られるスーパーレジェンドは、アンケートの対応もまさに神懸かり。意外な回答も飛び出しているので、質問内容とともに全公開させてもらおう。

    名手イニエスタの回答は以下の通りだ。

    【ニックネーム】 アンドリュー
    【既婚or未婚】 既婚
    【兄弟構成】 2人(自分・妹)
    【サッカーを始めた年齢】 7歳
    【好きな女性タレント・女優・歌手】 キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
    【好きな漫画or本】 風の影
    【好きな食べ物】 寿司
    【趣味・マイブーム】 ドラマを観る
    【スパイクのメーカー】 アシックス
    【愛車】 ──(回答なし)
    【モチベーションの上げ方】 ──(回答なし)
    【背番号へのこだわり】 好きなふたつの数字(6、8)
    【仲の良い選手】 ビジャ
    【チームメイトのこれだけは言っておきたいこと】 苗字は覚えておいて
    【対戦してもっとも衝撃を受けた選手】 ダビド・シルバ/とにかくうまい
    【自分が女性なら付き合いたい選手】 前川薫也
    【今季の目標】 すべてのタイトルを獲る
    【ファン・サポーターへの一言】 今シーズンも応援よろしくお願いします

    呼びかけるなら「アンドレス!」より「アンドリュー!」

    キャサリン・ゼタ=ジョーンズは英国出身ながら、どこかラテンの匂いが漂う女優。現在34のイニエスタがお気に入りなのだとすれば、映画『マスク・オブ・ゾロ』(1998年)や『シカゴ』(2002年)あたりの印象が強いか。好きな小説に選んだ『風の影』はスペインを代表する作家カルロス・ルイス・サフォンによる長編だ。バルセロナを舞台に主人公の少年が織り成す冒険活劇で、イニエスタも若き日に手に取って、目まぐるしく変わるストーリー展開に引き込まれたのかもしれない。

    仲の良い選手は、やはり同胞のビジャ。キャンプでも私生活でも常に“つる”んでおり、今回の移籍を誰よりも喜んだに違いない。それでも「彼氏にしたい選手」には僚友GKの前川薫也を選んだ。元日本代表の父を持つサラブレッドで、イニエスタのSNSにもたびたび登場する25歳。この回答はノリかボケか?? 弟分のように可愛がってもらっているようだ。

    ファンにとってやはり気になるには、『ダビド・シルバ』の回答だろう。イニエスタよりひとつ年下で、現在マンチェスター・シティに所属する名MFとはラ・リーガで幾度となく対戦し、スペイン代表では長くともにプレーした。シャビ、セスク・ファブレガス、イニエスタ、シルバが並び立った時代は中盤のクワトロ・フゴーネス(4人の創造主)とも称されたほど。フットボール史にその名を刻む技巧派のイニエスタが、「とにかくうまい」と言うのだから、これ以上の褒め言葉はない。

    さて、いよいよ2019年シーズンのJ1リーグも開幕間近。神戸は2月22日のセレッソ大阪戦がオープニングゲームとなる。もしスタジアムや練習場でイニエスタに呼び掛けるなら、「アンドレス!」ではなく「アンドリュー!」と叫ぶのがツウなのかもしれない──。

    2/16(土) 5:18配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190216-00054210-sdigestw-socc&p=1

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/15(金) 22:10:56.92
    「“クリスタニーニョ(小さなクリスチアーノ)”は素晴らしいストライカー」

    スーパースターの遺伝子はしっかりと受け継がれているようだ。現地時間2月14日、イタリア紙『Tutto Sport』が伝えたのは、ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウドの息子、クリスチアーノ・ロナウド・ジュニアくんの凄まじい成長っぷりだ。

    昨夏に父親がレアル・マドリーからユーベに電撃移籍を決めると同時に、同クラブのU-9に相当する「プルチーニ2010」に加わったジュニアくん。その得点感覚は親譲りで、同紙によれば、ここまで23試合で58ゴール・17アシストを記録しているという。まさに“ハンパない”戦績を残しているジュニアくんに対しては、ユベンティーノたちも熱視線を送っているようで、同クラブのファンサイト『Juvedipendenza』は、「ユーベは彼を注意深く見守り、将来を見据えて確保する動きをするべきだ」と訴えている。
     
    「その動き、走り方、そしてボールの蹴り方など、ジュニアは父親とそっくりだ。この世代において戦術的なことを話すのは無意味だ。彼は自由にプレーし、58ゴールという数字で才能の偉大さを証明している。この“クリスタニーニョ(小さなクリスチアーノ)”は素晴らしいストライカーで、クラブにもやがて正式に引き入れる日が来るだろう。今後重要なのは、ジュニアが戦術などに囚われることなくプレーを楽しむことだ」

    いまだ9歳のジュニアくんだが、昨年8月にライブストリーミングサービス「DAZN」のインタビューでC・ロナウドは、「息子はとても競争を好んでいる。僕の子どものころのようだ。負けるのが嫌いなんだ。彼は僕のようになるだろうね」と太鼓判を押していた。はたして、ジュニアくんは、この先、父にも負けない偉大なフットボーラーになれるのか。今後の成長を見守りたいところだ。

    2/15(金) 18:16配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190215-00054179-sdigestw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/02/15(金) 02:41:50.43
    2/15(金) 1:12配信
    ベイル、最大12試合出場停止か…アトレティコ戦ゴールパフォが問題に

    レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、最大で12試合の出場停止処分を科される可能性があるようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』やスペイン紙『アス』など複数メディアが報じている。

    レアル・マドリードは9日、リーガ・エスパニョーラ第23節でアトレティコ・マドリードとのダービーマッチを3-1で制した。アウェイでの一戦、ベイルはチーム3点目を記録。レアル・マドリード加入後、公式戦通算100得点目となる節目の一撃で勝利を決定付けた。

    しかし、得点後のパフォーマンスが問題視されているという。ベイルは右腕を頭の近くでL字型に曲げて拳を突き上げながら、左腕を折り曲げるジェスチャーを見せた。「ブラ・ドヌール」ともいわれるポーズは挑発的、侮蔑的な意味合いを示すとされており、リーガ側がスペインサッカー連盟の競技委員会に報告。今後、同選手が処分対象となるかどうかが決定されるという。

    報道によると、ベイルは4試合から12試合の出場停止処分を科される可能性がある。ただ、同選手のジェスチャーが観客の敵意を引き起こしたものであると判断されなければ、出場停止は1試合から3試合、あるいは1カ月間となるという。

    仮に12試合の出場停止処分となれば、リーグ戦復帰は今シーズンの最終盤となってしまう。ベイルへの処分がどのような形で下されるか、今後の動きに注目だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00907188-soccerk-socc
    no title

    続きを読む

    47699_ext_04_0

    1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/12(火) 15:19:24.004
    大好きな選手だったんだけど

    2: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/12(火) 15:20:29.484
    進化の秘宝使ってるよ

    3: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/12(火) 15:21:28.784
    >>2
    それはデスピサロ

    4: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/12(火) 15:21:29.885
    道化師

    5: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/12(火) 15:21:47.007
    >>4
    それはピエロ

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/02/12(火) 20:49:21.58
    トレードマークのひげを剃った写真に、弁護士のイサ氏もユニークなツッコミを披露
     
    リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーは、トレードマークだった顔のひげを綺麗さっぱり剃り落とし、話題を呼んでいる。その反響は拡大し、サラーの関係者も反応。ツイッターで「誰かひげが早く伸びるようになる薬知らない?」とイジり倒している。

    リバプールは現地時間9日のプレミアリーグ第26節ボーンマス戦で3-0と快勝した。ダメ押しの3点目を挙げたサラーは一夜明けた10日朝、自身のインスタグラムに顔写真をアップ。自撮りと思われるその画像には、口ひげもあごひげもなくなり、つるりとした顔のサラーが写っていた。

    “トレードマーク”がなくなったサラーを見て、チームメートのイングランド代表MFアレックス・チェンバレンは「なぜ?」と反応。ハートマークの絵文字を投稿したファンも複数いた一方で、多くは“新しいサラー”にショックを受けた様子で、「ひげのないサラーは甲羅のない亀と同じだ」「ノービアード、ノーサラー」「失われた10年」などとジョークを交えてメッセージが多数寄せられていた。

    英地元紙「リバプール・エコー」も、「モハメド・サラーのエージェントが、リバプールのストライカーのニュールックに陽気な反応」との見出しで特集。サラーの弁護士を務めるエジプト人のラミー・アッバース・イサ氏が自身のツイッターで、「誰かひげが早く伸びるようになる薬を知らない? 本当に早く効くやつで頼むよ。できれば即効で」とイジるようなメッセージを綴っていることを紹介している。

    サラーが投稿した“ひげなし写真”は公開から約2日で280万超の「いいね!」がつくほど大反響。今後、トレードマークは復活するのか、その行方にも注目が集まる。
    2019-02-12_21h05_42
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190212-00169973-soccermzw-socc

    参考画像

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/12(火) 18:58:07.58
    アンドレス・イニエスタは、雑誌『Esquire』のインタビューに答え、アジアでの新たなステージにおけるフットボールとプライベートの両方に加え、日本に9ヶ月前に降り立ってからと5月26日にヴィッセル神戸の選手として発表されてからサプライズに感じていることについて語っている。

    「スポーツレベルとプライベートレベルでの日本への順応は、簡単にはいっていない。なぜなら、日本の文化は、大きく我々のものとは異なるから。しかし今は、妻も子供もうまく順応できたと感じ、楽しんでいる」と日本に来てから半年間の経験についてイニエスタは告白している。

    ■勝負

    イニエスタは、神戸という街や特にヴィッセル神戸への順応に多くの時間がかかった理由を分析しており、「日本人は、我々よりもより落ち着いていて、論理的にそれがスタジアムでもピッチ上でも反映されている。そして、ファンは、応援し、不平は言うが、彼らがスペインの人々のように取り乱したり、怒りを示すことはない。日本人の敗北に耐えるという姿勢は、ヨーロッパでのそれとは大きく異なっている」と口にしている。

    また、「我々が負けた。それで?この考え方を理解し、消化するのに時間がかかった。なぜなら、彼らには競争心があるが、負けに対して我々とは違った結論を持っているんだ」とイニエスタは説明している。そして、「ヴィッセル神戸での自分のキャリアは、バルサでの自分のキャリアに比べるととても落ち着いたものになっている」とも付け加えている。

    さらに、言語の問題については、「自分の日本語はまだまだだけど、少しずつ話している。なぜなら、週に数回日本語クラスを受講しているからね。ただ、深い内容の会話のときは、いつも通訳を介している」と明かしている。また、好物の食べ物については、「ラーメンと寿司をたくさん食べているよ」と口にしているのに加え、畳では寝ていないということも公にしている。そして最後に、「これらの変化に素早く順応しているのは、子供達だよ」と語っている。

    2/12(火) 12:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00010005-sportes-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/02/11(月) 16:10:59.61
    マンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロは10日、プレミアリーグ第26節チェルシー戦(○6-0)で、自身のリーグキャリア通算11回目のハットトリックを達成した。かつてニューカッスルなどで活躍したアラン・シアラー氏に並んで歴代リーグタイの記録となった。

    アグエロはチェルシー戦の前半15分、ペナルティーアーク手前から強烈な右足シュートを叩き込んでチームの2点目をマーク。さらに同19分、相手のバックパスを見逃さずに追加点を沈めた。後半11分にはPKから3点目を決め、強敵チェルシー相手の6-0勝利に大きく貢献した。

    なお、敗れたチェルシーは28年前の1991年4月、ノッティンガム・フォレストに0-7で敗れて以来の大敗となった。

    プレミアリーグのハットトリック数ランキングは以下のとおり

    1.セルヒオ・アグエロ、アラン・シアラー(11)
    3.ロビー・ファウラー(9)
    4.マイケル・オーウェン、ハリー・ケイン、ティエリ・アンリ(8)
    7.ウェイン・ルーニー(7)
    8.ルイス・スアレス(6)
    2019-02-11_16h40_51
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-27446040-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/02/11(月) 04:14:03.17
    【サッスオーロ 0-3 ユベントス セリエA第23節】

    現地時間10日に行われたセリエA第23節でユベントスはサッスオーロと敵地で対戦し、3-0の勝利を収めた。

    23分にケディラのゴールで先制したユベントスは、1-0で折り返す。52分にはクリスティアーノ・ロナウドが抜け出してゴールネットを揺らすシーンがあったが、オフサイドで認められず、1点差が続いた。

    55分には堅守ユベントスが大ピンチ。相手のロングフィードをGKシュチェスニーがペナルティエリアを飛び出して対応したがミスキックとなり、ボールはサッスオーロのものに。フリーのベラルディががら空きのゴールに決めるだけという状況となった。だが、ベラルディが枠を外し、ユベントスはリードを維持する。

    すると70分、役者が勝負を決定づける。左からのCKにC・ロナウドが打点の高いヘディングで合わせて2-0。終盤には途中出場のエムレ・ジャンが決めて3-0として勝ち点3を手にした。

    前日の試合では2位ナポリが勝利を逃しており、ユベントスのリードは勝ち点11差に広がっている。

    【得点者】
    23分 0-1 ケディラ(ユベントス)
    70分 0-2 C・ロナウド(ユベントス)
    86分 0-3 ジャン(ユベントス)

    【了】

    https://www.footballchannel.jp/2019/02/11/post309042/
    no title

    続きを読む

    que-13158813303

    1: 風吹けば名無し 2019/02/08(金) 12:15:29.42
    なんやこいつ…

    4: 風吹けば名無し 2019/02/08(金) 12:16:06.94
    こう見ると化け物やな

    13: 風吹けば名無し 2019/02/08(金) 12:20:27.66
    キャリアハイ
    54試合61ゴール22アシスト(14-15)

    16: 風吹けば名無し 2019/02/08(金) 12:21:55.50
    ここ5年で4回はバロンドールでメッシよりロナウドのが上やからな
    世界一の選手よ

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ