海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 海外サッカー選手

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/11(火) 06:58:33.07 _USER9
    来夏のバイエルン・ミュンヘンからの退団を表明した元オランダ代表FWのアリエン・ロッベンだが、将来については「すべてがオープン」とまだ決断を下していないようだ。ドイツ誌『キッカー』 とのインタビューに応じた同選手は、現役引退の可能性も示唆している。

    2009年夏にバイエルンに加入したロッベンはドイツで公式戦305試合に出場して143ゴールを記録。ブンデスリーガでは198試合で98ゴールを挙げ、3桁の大台に迫っている。元フランス代表MFのフランク・リベリらとともにバイエルンで一時代を築き、2012-2013シーズンはクラブの3冠獲得に大きく貢献した同選手は、退団後も現役生活を続けるのかとの質問に対して、このように答えた。

    「まだ100%決めたわけではない。完全にやめるかもしれないよ。僕は今、どのようなチャンスがあるのかを見たい。そういう状況にいる。バイエルンを離れることは誰もが知っている。本当に100%の確信で、『これは魅力的だし、やってみたい』という気持ちにさせるオファーが届けばプレーを続ける。
    理想的なオファーがなかったら、引退も考えられる」

    以前、中国からの誘いを断ったと明かしていたロッベン。「お金のためにアジアに向かう可能性は?」と問われると、「子供3人の家族がいるし、みんなに幸せに過ごしてほしい。それは中国や砂漠の国(中近東)に限らず、どこでも同じ。どんな決断においても家族のことを重視したい」と強調。そうなると、母国オランダへの復帰がより現実的なのだろうか。

    「バイエルンを離れるといったニュースは、オランダで大きく取り上げられたからね。でも帰国に関して約束はできないと以前から話している。約束すれば、それを守らなければいけないので、故郷のクラブであるフローニンゲンとは連絡し合っている関係と話すだけにとどめてきた。いかなる形であろうと、今後も(フローニンゲンとの関係は)続くだろう。だが、今は来年のことについて、まったく何も言えないよ。すべてがオープンなんだ」

    オランダ紙『フォルクスクラント』は先日、フローニンゲンやPSVなど古巣のほか、恩師ジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・シティやアメリカのMLS、そして日本のJリーグをロッベンの新天地候補に挙げていた。だが、来年1月に35歳の誕生日を迎えるウィングが決断を下すのはまだ先となるようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00010000-goal-socc
    12/11(火) 6:31配信

    no title

    no title


    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/321579
    成績

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/11(火) 06:22:22.15 _USER9
    ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューの中で、バルセロナに所属するライバルFWリオネル・メッシについて言及した。

    レアル・マドリーを退団し、今シーズンからユヴェントスに加入したC・ロナウドはすでに新天地に馴染み、公式戦で11ゴール7アシストを記録するなど活躍を見せる。ポルトガル人のスーパースターは、セリエAでの新たな冒険に満足している。

    「ここにいられて非常に幸せだ。(トリノは)とても素敵な街だし、サポーターも非常に親切だ。ユヴェントスは驚くほどの組織を持ち、最高のクラブだよ。選手たちは謙虚だし、非常にトレーニングに打ち込んでいる。今のところ、本当に好印象を抱いているよ。マドリードでも選手たちは謙虚だったが、
    ここの選手たちはさらに謙虚に見える。ここはマドリードとはかなり違った印象で、より家族的な感じだね」

    C・ロナウドは9年間にわたってスペインで戦い、バルセロナのメッシとは様々なタイトルを懸けて競い合ってきた。イタリアでは長年のライバルとの対決がないことから、「寂しさを感じるか」と問われると否定した。

    「いや、むしろ彼の方が寂しがっているかもね。僕はイギリス、スペイン、イタリア、ポルトガル、それに代表でもプレーしてきた。一方で彼はずっとスペインだからね。もしかしたら、彼の方が僕を必要としているかもね…僕にとって人生は挑戦さ。それに僕は皆を幸せにすることが好きなんだ」

    「彼がいつかイタリアへ来てくれたら僕も嬉しいよ。僕と同じように挑戦を受けて欲しい。だがもしあそこ(バルセロナ)で幸せならば、リスペクトするつもりだ。彼は最高の選手だし、素晴らしい青年だ。だが僕はここで何も不自由していないし、これが僕の新たな人生なんだ。幸せだよ」

    12/11(火) 6:11配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000040-goal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2018/12/10(月) 20:47:36.01 _USER9
    イブラのLAギャラクシー残留が決定的に…ミランのレオナルドSDが破談明かす

    元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチのアメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)ロサンゼルス・ギャラクシー残留が決定的になったようだ。9日、イタリアメディア『スカイスポーツ・イタリア』が報じている。

    イブラヒモヴィッチはかねてより、ミランがロサンゼルス・ギャラクシーとクラブ間交渉を進め、今冬のレンタルでの加入が報じられていた。

    しかし今回メディアインタビューに応じたミランのスポーツディレクターを務めるレオナルド氏が同選手の獲得交渉に言及。破断していたことを明かした。

    「彼はミランに戻ってこないだろう。彼はクラブとの契約を更新したと我々に明かした。我々は彼をミランに復帰させることを考えていたし、彼もそう考えていただろう。しかし彼はMLSでプレーし続けることを選んだ。これは非常に素晴らしい物語だったし、実現する可能性は十分あったけど、実現不可能なものになりそうだね」
    2018-12-10_21h54_12
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00874974-soccerk-socc

    続きを読む

    Cy4eZ7NVIAAyvif

    1: 風吹けば名無し 2018/12/05(水) 00:04:16.44
    一流どころはみんな名言があるんだよなあ

    ロベルト・バッジョ「PKを決めても誰も覚えていないが、外したら誰もが忘れない。」

    レコバ「今日の試合が雨上がりのピッチならば、僕の左足で虹を描いてみせるよ」

    ブッフォン「フットボールは実に単純だ。シュートを全て止めればチームが負けることはない。」

    クライフ「ボールを回せ、ボールは疲れない」

    ベッケンバウアー「強いものが勝つのではない、勝ったものが強いのだ」

    プラティニ「サッカーに人種はない。」

    ジョージ・ベスト「マラドーナ、グッド!ペレ、ベター!ジョージ、ベスト」

    ロナウド「戦術はロナウド」

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/07(金) 21:52:53.92 _USER9
    ●「怪物」の7勝1分け2敗という結果に。

    ユベントスは12月7日、セリエA第15節でインテルをホームに迎える。クリスチアーノ・ロナウドにとっては、初のイタリア・ダービーだ。

    インテルといえば、かつて「怪物」の異名で知られた元ブラジル代表のロナウドが在籍したクラブ。時代の異なる選手の比較は不可能だが、もしロナウドとC・ロナウドの対決が実現していたらどうなっていたのか、好奇心をくすぐられる人は少なくないだろう。
     
    そこで、イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は7日、識者10名を対象に実施した「ロナウドとC・ロナウドはどちらが上?」というアンケートの結果を紹介した。

    アンケートに答えたのは、ジャンカルロ・アントニョーニ、フィリッポ・ガッリ、ディノ・ゾフ、アルベルト・ジラルディーノ、ルッジェーロ・リッツィテッリ、ジュゼッペ・ジャンニーニ、マルコ・ボッリエッロ、フランチェスコ・グラツィアーニ、アントニオ・ディ・ナターレ、マノーロ・ガッビアディーニの10名だ。

    結果は、「怪物」の圧勝だった。ガッリ、ジラルディーノ、リッツィテッリ、ジャンニーニ、ボッリエッロ、ディ・ナターレ、ガッビアディーニの7名が「怪物ロナウド」と回答。C・ロナウドを選んだのは、ゾフとグラツィアーニの2名だけだった。アントニョーニは「ドロー」としている。

    なかでも、リッツィテッリとボッリエッロは、「インテル時代のロナウドが純粋に才能で上回る」とコメント。ジラルディーノは「クリスチアーノもロナウドには並び得ない」とし、ディ・ナターレは「ロナウドこそ最強だった」と述べている。

    一方でゾフは、C・ロナウドの継続性を高く評価。グラツィアーニは「現代のサッカー選手のプロトタイプ」と称賛した。怪物ロナウドを選んだリッツィテッリやボッリエッロも、「完璧なマシン」「見事な精神力」と、C・ロナウドに賛辞を寄せている。

    なお、『Corriere dello Sport』紙によると、ユベントスは現在、セリエA通算4998ゴールで、大台まであと2点に迫っているという。イタリア・ダービーでドッピエッタ(2ゴール)を記録すれば、C・ロナウドはまた新たな歴史をつくることになる。

    12/7(金) 20:25配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181207-00051212-sdigestw-socc

    写真
    no title
    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/07(金) 08:40:54.50 _USER9
    ブラジル・サッカー界の“王様”ペレが、現代表のエースであるネイマールへ、ついに苦言を呈した。

    現地時間12月5日、ブラジル紙『Folha de Sao Paulo』の取材でペレが語ったのは、セレソンの後輩にあたるネイマールの振る舞いについてだ。

    ネイマールは、その卓越したテクニックと類まれな得点感覚を武器に次世代のスーパースターとしてのキャリアを歩む一方で、近年はあまりに過剰なシミュレーションが批判を受けている。

    とくに、今夏にロシアで行なわれたワールドカップでは、ファウルを受けた後の過剰にピッチ上を転がり回るシーンがフォーカスされ、一部では「ネイマール・チャレンジ」と揶揄されもした。

    先月28日のチャンピオンズ・リーグ(CL)リバプール戦でも、悪目立ちしたオーバーリアクションが、「本当に反スポーツ的な行為だ」と敵将のユルゲン・クロップの逆鱗に触れるなど、その振る舞いは依然として大きな批判を受け続けている。

    そんなネイマールについて、ペレはこれまで「技術的にもすでに世界最高の選手だ」と擁護する発言を続けてきたが、それもついに限界を迎えたのかもしれない。78歳の偉大なるレジェンドは、「もうこれ以上、今の彼を守るのは難しい」と本音を漏らした。

    「今の彼を、素晴らしいプレー以外の面でこれ以上守ることは難しい。ブラジルがこないだのワールドカップで優勝できなかった責任を、彼だけが背負わされたのは不運だった。だが、私は彼と2度も欧州で会い、『フットボールの神様が君に才能を与えた。今、君がやっていることはそれを台無しにしている』と、彼には話した」

    こう苦言を呈したペレだが、ネイマールを完全に見限ったわけではない。パリ・サンジェルマンの同僚でもあるキリアン・エムバペと比較しながら、次のようにも話している。

    「多くの人は、私とエムバペを比べている。似たようなところがあるだろう? 彼は19歳で、ワールドカップを制したからね。ヨーロッパでは今や、みんながネイマールよりもエムバペについて話している。ただ、私の考えでは、彼よりもネイマールのほうが、より完成した選手だ」

    果たしてネイマールは、“王様”からの助言を素直に聞き入れて、より偉大な選手となるべく、批判され続ける今の姿勢を改めるのか? 今後はプレースタイルが変化するか否かにも注目したい。
    2018-12-07_09h56_55
    12/7(金) 6:31 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181207-00010003-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/06(木) 22:26:56.30 _USER9
    ブラジル紙のインタビューで発言 「ペレと比較すると言うなら…」
     
    サッカー界の王様、元ブラジル代表FWペレ氏は世界最高の選手と言われるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)よりも、ディエゴ・マラドーナ氏が優れた選手だと考えている。ブラジル紙「Folha de S.Paulo」のインタビューで語った。

    メッシと言えば、バロンドール史上最多タイの5度受賞を誇る正真正銘のスーパースターで、現代サッカー界におけるベストプレーヤーの一人として知られている。その実力を疑う者はいないが、歴史上最も優れた選手かどうかについては人によって意見が分かれるところでもある。

    ペレ氏は自身も歴代最高の選手と評価を受けるレジェンドだが、メッシの評価に関してはかなり厳しい意見を述べている。

    「ある選手はヘディングも上手く、左足でも右足でもシュートを打てる。もう一方は片足しか使えず、スキルもたった一つだけ。ヘディングも上手くない。どうやって比較すればいいんだ? ペレと比較すると言うなら、左足でも右足でもシュートを打てて、ヘディングでも点を取れる選手じゃないとね」

    ペレ氏は自身が左右両足を自在に使え、ヘディングでも点を取れる選手だとしたうえで、メッシは利き足である左足に頼りきりで、得点パターンも限られていると指摘している。

    “王様”ペレ、メッシに辛口評価連発 「片足しか使えない」「マラドーナのほうが上」元アルゼンチン代表MFマラドーナ【写真:Getty Images】

    「私からすれば、マラドーナが世界最高の選手の一人」

    さらにペレ氏は、メッシよりも5人抜きや神の手ゴールといった数々の伝説を残してきたマラドーナ氏のほうが優れた選手だったと語っている。

    「私からすれば、マラドーナが世界最高の選手の一人。もし『彼(マラドーナ)がメッシよりも優れているか?』と聞かれれば、私はイエスと答えるよ」さらにペレ氏はマラドーナ氏だけでなく、「(フランツ・)ベッケンバウアーや(ヨハン・)クライフも(メッシより)良い選手だ」とし、メッシ以上に「ベスト」の称号が似合う選手は多いとの見解を示していた。

    12/6(木) 19:10配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181206-00152489-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/06(木) 12:44:25.00 _USER9
    パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが、将来的なプレミアリーグ移籍を示唆した。

    昨年の夏、史上最高額の2億2200万ユーロ(現在のレートで約284億円)でバルセロナからPSGに移籍したネイマール。フランスの地でも輝きを放つ26歳に対しては、レアル・マドリーを筆頭に、マンチェスター・シティやマンチェスター・ユナイテッドなどへの移籍のうわさも伝えられてきた。

    そのネイマールが、『YouTube』で様々な質問に応じる企画の際、マンチェスター・CのDFバンジャマン・メンディから「いつかプレミアリーグでプレーするのか?」と尋ねられると、以下のように話して将来的な移籍願望があることを示唆した。

    「プレミアリーグは大きなコンペティションだ。世界でも最も大きなものの一つだね。僕たちは明日のことなんてわからないものだけど、あらゆる偉大な選手は、少なくともいつかはプレミアリーグでプレーしなければならないと思っている」

    今シーズンも、PSGで公式戦18試合15得点7アシストとインパクトを残しているネイマール。プレミアリーグで、その躍動する姿を見ることができる日は来るのだろうか。
    2018-12-06_13h56_56
    12/6(木) 12:11配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00010004-goal-socc

    続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/12/05(水) 20:44:22.78 _USER9
    ブラジル代表選手で、フランスのパリ・サンジェルマンに所属するネイマール選手が、12月4日に開催されたサッカー界における一大アワードであるバロンドールの授与式を欠席し、ゲームに興じていたことが話題を呼んでいる(FoxSports)。バロンドールは、フランスのサッカー誌France Footballが主催する歴史あるアワード。その年でもっとも活躍したサッカー選手を称える賞である。最終候補者30名がリストアップされており、フランス代表でアトレティコ・マドリード所属のアントワーヌ・グリエーズマン選手など、名だたる選手が授賞式に姿を現していたが、同じく候補者としてあがっていたネイマール選手は『Call of Duty: Black Ops 4(CoD:BO4)』のプレイに勤しんでいた。

    ネイマール選手は、バロンドールが開催された12月4日、PC版『CoD:BO4』のBlackoutモードをノリノリでプレイしていた。ともにプレイしていたのは、パリ・サンジェルマンに所属しておりブラジル代表でもチームメイトであるチアゴ・シウバ選手やマルキーニョス選手、そしてプロゲーマーであるHayashii氏など錚々たる面々。楽しげに友人たちとゲームに没頭する姿をカメラで映しながらゲームプレイ映像をTwitchなどで配信していたのだ(ストリームの視聴はこちらから)。

    ネイマール選手はもともとゲーマーとして知られており、『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』のカスタムサーバーをリクエストしたり、今回のワールドカップにおいては『Counter-Strike: Global Offensive』のゴールセレブレーションを披露したりと、しばしばゲームに没頭していることを公表していた。実は氏が『CoD:BO4』をゲーム配信するにあたっては、発売元のActivisionが協力しており、事前より告知がなされていた。つまり、ある種の公式配信であったというわけだ。プロモーションの一環ということもあり、その事情を知っているユーザーにとっては驚きはないかもしれないが、バロンドールの授賞式よりもゲームのプレイを優先し、それを配信していたとなれば、当然話題にものぼるだろう。うまく宣伝として機能させたActivisionとしては、してやったりであるかもしれない。

    ネイマール選手は、最終的にバロンドール投票においては13位という順位になった。ネイマール選手はバルセロナから移籍し、依然として輝きを見せているものの、クラブにおいてはケガによる離脱期間があり、リーグ戦の試合出場は20試合に留まった。そのほかロシア・ワールドカップにおいては、ブラジル代表が準々決勝敗退という結果に留まったことが響いたかもしれない。一方、すでに大々的に報じられているように、今年のバロンドールはクリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシ選手を差し置き、クロアチア代表選手でありレアル・マドリードに所属するルカ・モドリッチ選手が輝いている。同選手は、クラブではレアル・マドリードでチャンピオンズリーグ史上初の3連覇の立役者となった。クロアチア代表においては、チームの主将としてロシア・ワールドカップの決勝進出に導いた。クラブ・代表ともに存在感を見せたことで評価された形だ。

    サッカー選手が、サッカーそっちのけでゲームに興じるという現象は今年に入って多く見られており(関連記事)、イングランド代表選手でトッテナム・ホットスパーに所属するデレアリ選手は、『フォートナイト』に没頭し、アワードやチャンピオンリーグなどの重要な試合の観戦そっちのけで同作のゲームプレイを配信していた。サッカー選手といえど、ピッチの外に出ればひとりの若者。プライベートな時間は、自分の趣味を楽しみたいのだろう。ちなみにデレアリ選手も最近は、『フォートナイト』ではなく『CoD:BO4』のBlackoutモードを楽しむ様子を配信している。『レッド・デッド・リデンプション2』と並び今年を代表するヒット作となった『CoD:BO4』は、サッカー界のゲーマー達をも魅了しているようだ。

    no title


    AUTOMATON
    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20181205-80898/

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/04(火) 15:46:12.57 _USER9
    フランス・フットボール誌が選定する18年「バロンドール(最優秀選手賞)」が3日発表され、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ(33=レアル・マドリード)が初受賞した。

    本命の1人と目されていたポルトガル代表FWクリスティアノ・ロナウド(33=ユベントス)は2位。ロナウドと並んで最多5度の受賞を誇るアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(31=バルセロナ)は5位に終わった。

    この結果に激怒したのが、ロナウドの姉エルマさん。自身のインスタグラムに「不幸にも我々が生きるこの世界はマフィアと金の力で腐敗している。神の力は偉大で、時間はかかるがこれらの腐敗を正すだろう」と記した。

    バロンドールの結果が金とマフィアの力によって左右されるとは思わないが、もう1人の姉で歌手のカティアさんも自身のインスタグラムにロナウドが過去にバロンドールを受賞した時の写真をアップ。「サッカーを分かっている人にとっての世界最優秀選手」というキャプションをつけた。

    この姉2人のコメントには賛否両論集まっている。姉たちを支持する人はSNSに「あなたに同意する。本当にあり得ないことが起きてしまった」と書き込み、一方で「クリスティアノは好きだが、エルマのコメントは完全に間違っている」と批判の声も多い。

    まあどちらが正しいかというのはさておき、損得抜きで弟の肩を持つ優しい家族がいるロナウドは幸せものだということでいいのではないだろうか。

    12/4(火) 15:26配信

    2018-12-04_18h32_25
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00410527-nksports-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ