海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 海外サッカー選手

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/23(木) 19:57:19.61 ID:CAP_USER9.net
    偉大な先人たちの声は迷えるルーニーに届くのか?

    マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドで、現在はアイルランド代表でアシスタントコーチを務めているロイ・キーンは、去就が注目されているイングランド代表FWのウェイン・ルーニーがまだヨーロッパのトップレベルで活躍できるとし、アジアに向かうべきではないと訴えた。
     
    ルーニーは現地1月21日のストーク戦で通算250得点のクラブレコードを更新したものの、プレミアリーグでは昨年12月17日のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦を最後に先発出場がなく、指揮官のジョゼ・モウリーニョからの信頼を勝ち得ていない。
     
    2004年夏から12年半に渡ってマンチェスター・Uの主力に君臨したものの、ここにきてキャリアの岐路に立たされている背番号10には、中国の移籍の噂が絶えない。
     
    『BBC』や『デイリー・メール』など複数のイギリスメディアは、ルーニーの代理人であるポール・ストレトフォードはすでに中国入りしていると伝え、現地時間2月28日でクローズする中国の移籍期限までに、広州恒大や北京国安、天津権健といったクラブへの加入が実現するかが注目されているところだ。
     
    だが、英紙『デイリー・メール』は、このルーニーの移籍騒動に異論を唱えるキーンのコメントを紹介している。
     
    マンチェスター・Uでルーニーと1年半に渡ってともに戦った往年の闘将は、イギリスメディア『ITV』の番組で、「中国に行くべきなんかじゃない。彼はまだイングランド、ドイツ、スペイン、イタリアのトップレベルでプレーできる」と、後輩に中国行きを再考すべきと呼びかけたのだ。
     
    さらにキーンは、「中国に行くのは狂気の沙汰だ。彼はまだ31歳だ。欧州のトップレベルで十分にやれる。それに金には困っていないだろう?」と目先の富を優先し、キャリアを無駄にすべきではないと指摘した。
     
    また、元アーセナルのDFで、現在は『ITV』や『BBC』などで解説を務めているリー・ディクソンも、「彼の気持ちは死んでいないし、問題は肉体的に下り坂かどうかということだ。(プレミアリーグとは)違うリーグが良いのかもしれないが、中国リーグではないよ」と、ルーニーの中国行きに反対した。
     
    偉大な先人たちの意見は、ルーニーの耳に届いているだろうか。期限まで残り1週間を切っていることもあり、『BBC』は今月中の中国移籍の可能性は低いとも報じているが……。
    22750_ext_04_0
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170223-00022750-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/23(木) 11:55:44.74 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・Uに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニーの代理人が、移籍交渉のために中国に渡ったようだ。22日、イギリスメディア『BBC』やイギリス紙『デイリーミラー』など複数のメディアが報じている。

    今月18日、ルーニーの中国移籍報道が浮上。昨年にも同様の噂がされており、今回は広州恒大や北京国安が移籍候補先に挙げられている。直近の公式戦3試合ではメンバー外となっており、退団の噂が加速してきている。

    今回の報道によると、ルーニーの代理人を務めるポール・ストレットフォード氏が中国入りした模様。同氏は同選手に興味を持つ複数のクラブと交渉していると見られ、今冬の中国市場閉幕を迎える28日までに移籍を実現させようと試みているようだ。また、中国の多くのクラブが週給60万ポンド(約8500万円)を準備しているという。

    今冬もチェルシーからブラジル代表MFオスカル、ボカ・ジュニオルスからアルゼンチン人FWカルロス・テベスらを“爆買い”し、市場を賑わせてきた中国クラブ。ルーニー獲得が実現すれば、間違いなく今冬最大の注目を浴びることとなるだろう。
    2017-02-23_14h24_50
    SOCCER KING 2/23(木) 11:10配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00554793-soccerk-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/22(水) 17:49:35.94 ID:CAP_USER9.net
    韓国の芸能界から、ちょっぴりかわいそうなニュースが届いた。

    「コスミック・ガールズ」は韓国出身者と中国出身者の計13人で構成される女性アイドルグループ。日本では「宇宙少女」という名で知られている。

    メンバーは4つのグループに分かれており、ソン・ユンソさんは"Joy"の一員だ。

    そんなユンソさんはかつて他のメンバーと一緒にファンとの交流会に出席したそう。そこで、こんな質問があったという。韓国『allkpop』が伝えている。

    「ねぇ、ユンソ。ズラタンって知ってる?」

    ズラタンとは、もちろんズラタン・イブラヒモヴィッチのこと。

    実はこのユンソさん、インターネット上でイブラヒモヴィッチに似ていると話題になったことがあるという。


    画像
    cc5b0432-438f-4aca-b84c-8f069ca37597
    df6b6e73-fdf0-455b-8f4f-bbb35976447d

    日本人からするとあまり似ているようには見えないが、確かにそうした声があったそうだ。

    そしてこのほどユンソさんは再びファンとの交流イベントに出席し、心無いファンから同様の質問を受けたとのこと。ユンソさんはそう呼ばれることを気にしており、その場で涙を流し、会場を後にしたそうだ。その後、このファンはユンソさんに謝罪したという。

    ズラタン・イブラヒモヴィッチは整った顔立ちをしているが、さすがに女性に向かってする質問ではなかったようだ。

    http://qoly.jp/2017/02/22/cosmic-girls-unseo-kwm-1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/21(火) 12:00:47.93 ID:CAP_USER9.net
    怒りの矛先は同僚へ

    リオネル・メッシも人間だ。ときには誰かを非難し、嫌気も指すだろう。19日に開催されたリーガエスパニョーラ第23節のレガネス戦でチームの全得点を挙げた“温和な10番”は、大きな不満を蓄積させているという。

    “パルク・デ・プランスの悲劇”から完璧に立ち直るには、“カンプノウの奇跡”でその傷を上書きする必要があるだろう。しかし、それを体現するには、当然ながら十分なクオリティーが備わっていなければならない。スペイン『Don Balon』が報じたところによれば、メッシはバルセロナによる“貧相な補強”に憤っており、そのツケを自らのスーパープレイで払っている現状に憂いているという。なかでも、アンドレ・ゴメスとルーカス・ディーニュ、そしてジェレミー・マテューの3人はバルサでプレイするだけの基準に達しておらず、メッシは今季終了後に彼らを放出するよう望んでいると同メディアが伝えた。

    先日は恩師ペップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティが獲得を狙っていると報じられたメッシ。このまま不満を蓄積させる状況が続けば、よもやの電撃退団も現実味を増すことになるかもしれない。

    2017年02月20日(月) 12時30分配信
    https://www.theworldmagazine.jp/20170220/01world/spain/113085

    写真

    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/02/20(月) 07:25:22.94 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリーのC・ロナウドが、対戦相手としてサンティアゴ・ベルナベウに戻ってきた元同僚に対して、「増毛した?」と問いかけたシーンが話題になっている。

    レアル・マドリーvsエスパニョールの一戦で、エスパニョールの正GKとして、サンティアゴ・ベルナベウに帰還したディエゴ・ロペス。同選手が元同僚と旧交を温めているシーンについて現地紙『マルカ』が取り上げている。

    D・ロペスはピッチに登場する前に、R・マドリーの元同僚と交流。クリスティアーノ・ロナウドはD・ロペスを見かけるとともに、頭上に視線を送ったあとに包容。「髪の毛が増えたね、3600本植えたんじゃないの?」とD・ロペスの薄毛をイジっている。

    その様子は『マルカ』の映像にしっかり収められており、アルバロ・モラタがC・ロナウドに対して「今の撮られていたよ」と告げると、C・ロナウドが照れながら顔を覆うワンシーンがあった。

    1981年生まれ、現在35歳のD・ロペスはR・マドリーの下部組織育ち。しかし、同世代にイケル・カシージャスがいたためにマドリードを去り、ビジャレアルやセビージャなどで評価を高めた。13-14シーズンには古巣に復帰し、イケル・カシージャスを押しのけて正GKとして活躍。その後、ミランに移籍した後、2016年からエスパニョールに在籍している。

    この試合は2-0でレアル・マドリーが勝利し、D・ロペスは古巣相手に結果で恩返しすることはできなかった。しかし、年下の元同僚から薄毛をイジられるほど、D・ロペスはR・マドリー時代にチームメートと良好な関係を築いていたようだ。

    http://m.goal.com/s/jp/news/73/スペイン/2017/02/19/32837102/

    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/18(土) 13:38:51.07 ID:CAP_USER9.net
    【AFP=時事】イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)に加入後、初のハットトリックを達成したズラタン・イブラヒモビッチ(Zlatan Ibrahimovic)が、自分は人気映画の登場人物インディ・ジョーンズ(Indiana Jones)に匹敵すると語った。

    米俳優ハリソン・フォード(Harrison Ford)が映画シリーズ「インディ・ジョーンズ」の中で演じた架空の考古学者インディ・ジョーンズは、冒険を繰り広げて最後は戦利品を手にするが、さまざまなクラブで活躍したキャリアの中で、イブラヒモビッチもまた多くのトロフィーを獲得してきた。

    イブラヒモビッチは、16日に3-0でサンテティエンヌ(AS Saint-Etienne)に勝利したヨーロッパリーグ(UEFA Europa League 2016-17)決勝トーナメント1回戦第1戦で、チームの全ゴールをたたき出した。これでイブラヒモビッチは、昨夏オールド・トラフォード(Old Trafford)にやってきてから公式戦での通算得点数を23としている。

    ユナイテッドはヨーロッパリーグに加え、来週末に行われるサウサンプトン(Southampton FC)とのイングランド・フットボールリーグカップ(England Football League Cup 2016-17)決勝でも、優勝候補に挙がっている。

    ユナイテッド加入後、すでにFAコミュニティーシールド(FA Community Shield 2016)のタイトルを獲得しているイブラヒモビッチは16日の試合後、「どのトロフィーも自分にとってはとてつもないもの。どこであっても勝ち取ったものはそうだし、ここで何かを勝ち取れれば最高に幸せになるだろう」と語った。

    オランダ、イタリア、スペイン、フランスの各国リーグ戦を制覇しているイブラヒモビッチは、「いく所々で勝っている。おれはインディー・ジョーンズのようなものさ」と続けた。

    また自身のハットトリックについては、「良い気分だ。チームメートにはかなり助けてもらった。今日はオープンな試合で、良い結果を手にできたことが大きかった。第2戦にこの流れをつなげることができる。3-0の勝利で3点を決めたからうれしいね。まだ多くの試合が残っているから、今のプレー状態を継続できるようにしていきたい」と喜びを語った。
    【翻訳編集】 AFPBB News
    2017-02-18_16h43_00
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-00000018-jij_afp-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/02/17(金) 07:57:29.26 ID:CAP_USER9.net
    夏に大金が動く?

    夏が来るたびに、ネイマールの周辺は騒がしくなる。バルセロナでプレイするブラジル代表FWが、今夏の退団を視野に入れているようだ。

    2013年にサントスからカタルーニャへと渡ったネイマールの電撃移籍を確信しているのは、他でもないレアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長だという。

    仲介者から情報を仕入れたという同会長は、ネイマールの電撃退団が今夏に実現することになると友人へ漏らしたようだ。

    スペイン『Don Balon』が報じている。曰く、ネイマールは金銭面よりも野心によって退団を決意するとのことだが、レアル・マドリードは約240億円を要する同選手の獲得レースには参戦せず、パリ・サンジェルマンやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドがライバルの弱体化を成功させることに期待しているという。

    これまでにも幾度か報じられてきたネイマールの移籍話だが、現在の彼はカンプノウでの美しいフットボールを心から謳歌しているようにも見える。

    果たしてメガクラブによるネイマール強奪計画は奏功するのだろうか。今後の展開に注目だ。
    GettyImages-632432208-min
    https://www.theworldmagazine.jp/20170216/01world/spain/112258
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/16(木) 19:42:04.85 ID:CAP_USER9.net
    イングランド代表で活躍し、プレミアリーグではリヴァプールやマンチェスター・ユナイテッドでプレーしたマイケル・オーウェンは、2004年にチェルシーにやってきた元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバの活躍によって、プレミアリーグでの新しいストライカー像が生まれたと『FourFourTwo』の中で話している。

    ドログバはマルセイユからチェルシーにやってくると、当時チームの指揮を執っていたモウリーニョ監督が好んで採用した4-3-3のシステムのワントップの位置で起用され、鮮烈な活躍を見せた。

    オーウェンは、このドログバのワントップとしての活躍が、それまでのイングランドで主流であった4-4-2のシステムを各クラブが放棄するきっかけになったとみているようだ。

    「私がユースチームでプレーしていた頃は、2人のストライカーが同時に起用されることが当たり前だった。背の高いフォワードと背の低いフォワードだ」

    「でも、ドログバがチェルシーにやってきたことで、人々のストライカーに対する考え方は変わったと思う。監督は足元も器用な大型のストライカーを獲得すれば、ワントップが実現することに気付かされたんだ」

    ドログバは2度にわたってチェルシーに在籍し、数多くのタイトル獲得に貢献した。2004年からの7年間ではチャンピオンズリーグや、4度のプレミアリーグ。そして2014-2015シーズンに1シーズン限りで復帰した際にはプレミアリーグとリーグカップの2冠をクラブにもたらした。

    スピードと得点感覚に優れるが、上背はなかったオーウェンとしては、もう少しドログバの登場が遅れて4-4-2のフォーメーションの下でプレーする機会が多ければ、もっと活躍できたのではとの思いもあるのかもしれない。
    2017-02-16_20h58_16
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00010004-goal-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/02/16(木) 06:51:18.43 ID:CAP_USER9.net
    甘いマスクと正確な右足のロングフィードで一時代を築いたデビッド・ベッカム(41)がスキャンダルにまみれている。ピッチの右サイドを主戦場とした元イングランド代表キャプテンは、引退後、ユニセフの親善大使を務めるなど、チャリティー活動に力を入れてきた。ただ、これが善意によるものではなく、「ナイト」の爵位欲しさだった疑惑が持ち上がっているのだ。

    ■日本でいえば「人間国宝」

    ベッカム側は、疑惑の根拠となったメールについて「ハッキングされ、不正に加工された」と強調。私利私欲に基づいた慈善活動はしていないと反論しているが、そもそも「ナイト」には、どんな特権があるのか。英国事情に詳しいジャーナリストの林信吾氏は、「文化、芸能、スポーツなどの分野で際立った業績を残した人に与えられるもので、日本でいえば『人間国宝』が一番近いでしょうか。正式に貴族に列せられるものではなく、準貴族と訳されたりします。上院(貴族院)の議席を与えられるわけではありませんし、世襲もできない。これといった特権はありません」と言う。

    唯一、あるとすれば、新聞記事などで表記される場合、名前の頭に「Sir(サー)」がつくこと。免許証やパスポートはもちろん、オフィシャルな招待状の名前も「Sir」から始まるようになる。ポール・マッカートニーもミック・ジャガーもエルトン・ジョンも、みんな正式には「サー」が付くのだ。これが人によっては気持ちいいことらしい。

    「たったそれだけなのですが、爵位に執着する英国人は決して少なくありません。かつては、保守党に多大な献金をしたのに叙勲されなかったことを怒りまじりに話し、ひんしゅくを買った人もいました。ただ、ベッカムぐらい活躍した選手であれば、いずれはもらえたと思いますが……」

    イングランドのクラブに初めて欧州タイトルをもたらした往年の名選手ボビー・チャールトンも、「Sir」を授けられたのは60歳近くになってからだった。あと20年、待てなかったか。

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/199593

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/15(水) 21:49:12.86 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナは14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグでパリ・サンジェルマンに0-4と敗戦した。FWネイマールは、逆転での突破が困難であることを認めている。

    14日に再開したCLは衝撃的な幕開けとなった。バルセロナが敵地パルケ・デ・プリンシペスでパリSGに大敗。3月8日に控えるセカンドレグを前に、奇跡の逆転劇が必要な状況に追い込まれた。

    ネイマールはミックスゾーンで母国メディアに対して口を開いた。スペイン『アス』がそのコメントを伝えている。

    「消化するのが難しい、異常な試合だった。パリSGは何度もチャンスをつくり、あれだけのゴールを奪った。素晴らしい試合をした彼らの手柄だよ。僕たちは次の試合に気持ちを切り替えなくては。この状況を変えるためにね」

    「すごく難しい状況だ。ほぼ不可能だろう。だけど、あきらめることはできない」セカンドレグに向けてどういった準備をするかと問われたネイマールは、答えに窮した。

    「こういう状況で試合の準備をするのは難しいよ。相手に4点のアドバンテージがあるからね。キャリアで似たような経験をしたことはないと思う。だから質問には答えられない。

    僕に言えるのは、僕たちが全力で次の試合に臨むということだけだ」

    GOAL 2/15(水) 18:31配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000025-goal-socc

    写真

    BarcaTV【UEFAチャンピオンズリーグ第1戦】パリSG vs バルセロナ
    SPORTSチャンネル
    2月17日(金)20:00 ? 23:00
    https://abema.tv/channels/world-sports/slots/8ZnpZWa4Q6Lwiw
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ