海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 海外サッカー選手

    ダウンロード

    1:たんぽぽ ★@\(^o^)/ :2017/08/23(水) 10:28:17.95 ID:CAP_USER9.net
    http://www.asahi.com/articles/ASK8R0F07K8QLEJQ03L.html

    サッカーのスペイン1部リーグ、バルセロナは22日、史上最高額とされる2億2200万ユーロ(約286億円)の移籍金でパリ・サンジェルマンに移籍したブラジル代表のネイマールを、契約違反で提訴したと発表した。

    バルセロナは昨年10月、ネイマールとの契約を2021年まで延長した。その際にクラブが払ったボーナスの850万ユーロ(約11億円)を返却し、さらに遅延金としてその10%を支払うように求めている。(共同)
    続きを読む

    1:Marine look ★@\(^o^)/:2017/08/22(火) 23:10:54.20 ID:CAP_USER9.net
    8/22(火) 13:52配信

    レヴァンドフスキが今夏のアジアツアー実施を批判「何の役にも…」

    18日に行われたブンデスリーガ開幕戦で、バイエルンはレヴァークーゼンを相手に3-1と勝利を収めた。しかし、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは試合内容に不満を持っているようで、今夏に実施したアジアツアーがチームに悪影響を及ぼしていると考えている模様だ。21日付のドイツメディア『SPORT1』が伝えている。

    レヴァークーゼン戦では53分までに3ゴールを奪ったバイエルンだが、65分にレヴァークーゼンに1点を返されたあたりからは選手たちの動きが目に見えて鈍くなり、攻め込まれる場面が何度もあった。

    勝利を振り返ったレヴァンドフスキは、試合終盤に見られたチームの低調なパフォーマンスについて、「プレシーズンではトレーニングのための時間がなかった。アジアへの旅行とたくさんの親善試合があったからね。でも、それらは何の役にも立っていない」と語り、中国やシンガポールで行われた今夏のアジアツアーを調整不足の原因として挙げた。

    アジアツアーについては、バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲ会長が「最高のツアーだった。貴重な経験を得ることができて、全てが素晴らしかった」と発言するなど、クラブ幹部はおおむね好意的に捉えている。

    しかし、今後のブンデスリーガで勝ち点を取りこぼす試合が続くようなことがあれば、今回のレヴァンドフスキのようにオフシーズンのアジアツアーに対する疑問の声が大きくなる可能性もあるだろう。
    2017-08-22_23h25_50
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-00631209-soccerk-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/08/21(月) 19:30:54.58 ID:CAP_USER9.net
    昨シーズン、マンチェスター・ユナイテッドでリーグ戦28試合17ゴールの成績を残したズラタン・イブラヒモビッチ。同選手は4月20日に行われたヨーロッパリーグ準々決勝の第2戦、アンデルレヒト戦の試合終盤に右ひざのじん帯を断裂。その負傷により戦列を離れ、契約延長を勝ち取ることができなかった。マンチェスター・Uとの1年契約が満了したことにより、現在はフリーの身となっている。

    だが、『ESPNFC』が伝えたところによると、マンチェスター・Uと再び1年契約を結ぶ見通しにあり、今週中にも再契約を結ぶ可能性が高いという。

    すでにプレミアリーグ開幕節を消化しているが、ジョゼ・モウリーニョ監督は昨シーズン、公式戦で28ゴールを記録したイブラヒモビッチの得点力と、リーダーシップ、カリスマ性にも期待を寄せているようだ。

    イブラヒモビッチは順調に回復しても年内の復帰は難しいと見られているが、回復後はロメル・ルカクのバックアッパーとして、ターンオーバーで起用される可能性が高い模様。現時点でマンチェスター・Uはルカク不在時の“柱”が不在となっているが、イブラヒモビッチが再契約で復帰となれば、タイトル奪還を目指すモウリーニョ監督にとって大きな力添えになることは間違いない。

    同選手にはLAギャラクシーや古巣のミランなども獲得に関心を示していたが、離脱期間の長さが障害となり、ここまで交渉は具体的な段階まで進展していなかった。
    2017-08-22_11h14_03
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00000016-goal-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/08/21(月) 20:34:06.37 ID:CAP_USER9.net
    Footmedia7時間前
    リオネル・メッシ
    BARCELONA, SPAIN - AUGUST 20: Lionel Messi of Barcelona looks on during the La Liga match between Barcelona and Real Betis at Camp Nou on August 20, 2017 in Barcelona, Spain. (Photo by Manuel Queimadelos Alonso/Getty Images)

    20日に行われたリーガ・エスパニョーラ第1節で、バルセロナはベティスに2-0で勝利。ホーム開幕戦となった同試合では、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが放ったシュートが3度にわたってポストに直撃するという珍事が起きた。

    キャプテンマークを巻いてプレーしたメッシは無得点に終わったものの、1人で10本のシュートを記録。このうち、35分、61分、81分に放った3本のシュート(注:35分のシュートは直接FK)がポストを直撃した。スペイン紙『マルカ』によると、21世紀のリーガ・エスパニョーラで1試合にポスト直撃のシュートを3本記録したのは史上6人目という、極めて珍しい出来事だったようだ。

    また同紙によると、メッシの前にシュート3本をポストに当てた選手は、エイバルに所属する日本代表MF乾貴士だという。乾は昨年2月14日に行われたリーガ第24節のレバンテ戦で、ポストに直撃するシュートを3本記録。メッシと並び、珍しい記録でリーガの歴史にその名を刻んでいる。

    なお、メッシは、エイバルと対戦した昨シーズンの最終節に2ゴールを奪い、リーガ・エスパニョーラでの通算得点数を「349」に伸ばしていた。350ゴールに王手をかけて臨んだベティス戦だったが、ツキに見放されて節目の記録達成もお預けとなっている。

    (記事/Footmedia)

    https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20170821/630691.html/amp

    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/08/20(日) 23:13:38.24 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・シティは、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを獲得するため、バルサとの契約に設定された巨額の契約解除金を支払う意志があるのかもしれない。フランス『Yahoo!スポーツ』が20日に伝えた。

    バルサに所属していたFWネイマールがパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍した取引によって、サッカー界の移籍金の史上最高額は大幅に更新された。PSGは2億2200万ユーロ(約285億円)に設定されていた契約解除金の満額を支払っている。

    だがフランスでの報道によれば、シティがさらにそれを上回る金額でメッシを獲得するという噂があるようだ。メッシが最近インスタグラムでシティの公式アカウントをフォローし始めたことや、先日シティのオーナーが「歴史的な補強」を行うつもりだと話していたことなどが根拠となり、ここ数日噂が広がっていると伝えられている。

    スペインなどのメディアでは、メッシとバルサとの契約に設定された契約解除金は3億ユーロ(約385億円)だとされている。PSGがネイマール獲得に支払った金額をさらに100億円上回る驚異の移籍が実現する可能性があるのだろうか。
    20170820_messi_getty
    フットボールチャンネル編集部
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170820-00227011-footballc-socc
    続きを読む

    1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/19(土) 15:03:46.32 ID:CAP_USER.net
    『AFP』は18日、「上海申花のサポーターは、カルロス・テベスに対して激しい批判を行っている」と報じた。

    昨年末にボカ・ジュニオルスから中国の上海申花に移籍したテベス。給与は年4000万ユーロ(およそ50.9億円)であるとも言われ、世界最高額であるとも。

    しかし、彼は中国に移籍したあとうまくプレーできない状況が続いている。ここまでの出場は11試合に留まり、わずか2ゴール。

    怪我で試合を欠場したその日にディズニーランドで目撃されて批判を受けるなどの事件もあり、本領を発揮できていない。

    先日彼は筋肉系の怪我を治療するためにアルゼンチンに帰国しており、復帰は30日の予定となっている。

    しかし、一部では「ボカ・ジュニオルスに復帰するための動きではないか」とも伝えられている状態だ。

    上海申花の一部のファンはSNSで「彼はもう戻ってくる必要はない。荷物を送れ」「恥知らずのテベスが帰国した。もう戻ってこないで欲しい。最高額を支払ったが最悪の選手だ。1994年以来応援してきたが、今季の経営陣は最悪である」と厳しい声を上げているとのこと。

    http://qoly.jp/2017/08/19/chinese-fans-slams-carlos-tevez-kgn-1


    サポーターは怒り心頭「中国サッカー史上最高額の移籍で、史上最低の選手がやってきた」

    中国のサポーターとマスコミは、上海申花のFWカルロス・テベスにアルゼンチンに留まるようにと告げた。

    世界最高の年俸を得るカルロス・テベスだが、現在負傷により母国アルゼンチンで治療中である。回復後は中国スーパーリーグで活動の再開が予定されている。

    33歳のフォワードは、上海申花加入後わずか2得点しか入れられておらず、シーズン中盤で負傷により試合を退いている。

    おまけに上海申花のサポーターからはクラブへの忠誠心の欠如を非難されており、73万ユーロ(約9,300万円)の週給に見合う働きをしていないと言われている。

    “エル・アパチェ”ことテベスは、今シーズン末に中国スーパーリーグを離脱したがっていると報じるメディアもある。

    テベスの中国帰還拒否の噂が広まり、上海申花はAFP通信に対しテベスの中国帰還を保証した。

    しかしサポーターはソーシャルサイトWeibo(中国版のツイッター)で厳しくテベスを批判している。

    「彼は中国に戻らなくてもいい、中国からアルゼンチンへ送り返そう」「恥知らずのテベスがアルゼンチンへ行った。もう帰ってくるな」というのがいくつかのコメントだ。

    「中国サッカー史上最高額の移籍で、史上最低の選手がやってきた。この補強計画は大失敗だ」と別のサポーターはコメントしている。

    (文:SPORT)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00010004-sportes-socc



    カルロス・テベス[写真/AFP]
    no title
    続きを読む

    1:きゅう ★@\(^o^)/:2017/08/17(木) 21:07:05.88 ID:CAP_USER9.net
    年間2000試合サッカー観戦するという歌手・小柳ルミ子(65)が17日放送のTBS系「有吉ジャポン」(木曜・後7時56分)に出演した。

    「バルセロナのメッシは私の神」という小柳のために番組では7月13日の「バルサ来日会見」の取材パスを用意。「前の日から寝られなかった」という小柳は会場に向かう車の中で、すでに「メッシに会えるなんて」と号泣。会見場に着いても号泣し、外国人記者に「大丈夫か」と心配される始末。フォトセッションでは居並ぶ100人以上のカメラマンの前に回り込んで最前列でメッシ、ピケらをスマホで撮影。その後も廊下を移動するメッシとの握手に成功。「ずっと私を見て、ずっと手を握ってくれていた」と興奮のあまり、その場に座り込み、「スタッフの方、ありがとうございます」と涙を流しながら感謝していた。
    2017-08-17_22h01_22
    https://news.infoseek.co.jp/article/20170817hochi140/
    続きを読む

    1:サーバル ★@\(^o^)/:2017/08/16(水) 11:49:42.82 ID:CAP_USER9.net
    【AFP=時事】FCバルセロナ(FC Barcelona)に3-1で勝利したスペイン・スーパーカップ(Spanish Super Cup 2017)第1戦で、審判を押したクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)が5試合の出場停止処分を科されたことについて、レアル・マドリード(Real Madrid)のジネディーヌ・ジダン(Zinedine Zidane)監督が怒りをあらわにした。

    13日に行われた第1戦の終盤、ロナウドは微妙な判定で2枚目のイエローカードを受けて退場を命じられたあと、リカルド・デ・ブルゴス(Ricardo de Burgos Bengoetxea)主審を小突いた。そのため、通常の1試合に加えて4試合の出場停止が科された。

    レアルは16日の第2戦でロナウドを欠くことになり、ジダン監督は「まったく納得がいかない。あのときの経緯をすべて確認した上で、クリスティアーノが5試合出られないと思うと…非常に腹立たしい」とコメントした。

    レアルはロナウドの退場に異議を申して立てており、委員会が第2戦の前に行われる。その結果次第では、出場停止が5試合から4試合に軽減される可能性もある。

    ジダン監督は「(上訴)委員会が開かれるし、よく見極めてもらいたい。クリスティアーノもいら立っている。プレーしたいのにそれができないわけだし、良い気分ではない」と述べた。

    ポルトガル代表としてコンフェデレーションズカップ(Confederations Cup 2017)に出場したため、プレシーズンはほとんどチームに帯同しなかったロナウドは、バルセロナ戦では後半からの途中出場にとどまったが、慌ただしい24分間を過ごした。

    まずは後半35分、見事なシュートで勝ち越し点をもたらし、大きなインパクトを残したが、軽率にもユニホームを脱いでゴールを喜び、イエローカードをもらった。そしてその2分後には、バルセロナのサムエル・ウムティティ(Samuel Umtiti)と競り合って倒れ、シミュレーションで退場を宣告された。

    異議が認められなかった場合、ロナウドはリーグ開幕からの4試合を欠場する。レアルはその間、デポルティボ・ラ・コルーニャ(Deportivo La Coruna)、バレンシア(Valencia CF)、レバンテ(Levante)、レアル・ソシエダ(Real Sociedad)と対戦する。【翻訳編集】 AFPBB News
    2017-08-16_16h10_29
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170816-00000011-jij_afp-socc
    続きを読む

    no title

    1:ranran roo ★@\(^o^)/:2017/08/14(月) 23:31:40.54 ID:CAP_USER9.net
    8/14(月) 23:19配信
    スポニチアネックス

    レアル・マドリード(スペイン)のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)が14日、スペイン協会から5試合の出場停止処分を受けた。

    ロナウドは13日に行われたスペインスーパー杯第1戦バルセロナ戦で、警告2枚を受けて退場。レッドカードが提示された直後に主審を右手で小突いた。スペイン協会の規律委員会は、この行為が4試合の出場停止処分に当たると判断。退場処分による次の1試合と合わせて5試合の出場停止処分となった。

    クラブは既に2度目の警告についてスペイン協会に取り消しを求めており、5試合の出場停止処分についても提訴するとみられる。5試合の処分が確定した場合、ロナウドは16日のスペインスーパー杯第2戦のほか、リーグ開幕4試合に出場できなくなる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00000144-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/14(月) 14:31:22.79 ID:CAP_USER9.net
    この夏、バルセロナ(スペイン)からパリSG(フランス)に移籍したブラジル代表FWネイマールが、現地時間13日のデビュー戦で1ゴール1アシストと活躍した。試合後、ネイマールは喜びを表した。

    史上最高額の2億2200万ユーロ(約286億6000万円)でパリSGがバルサから引き抜いたネイマールは、62分にFWエディンソン・カバーニの得点をアシスト。82分には、逆にカバーニのおぜん立てからデビューゴールを奪取。3対0の快勝に貢献し、マン・オブ・ザ・マッチに選出された。

    ネイマールは「トロフィー(マン・オブ・ザ・マッチ)はとてもうれしい。でも、それより大事なのは勝つことだった」と、自身への称賛を喜びつつ、何よりもチームが結果を出したことに満足している。

    さらに、同選手は「バルサを離れるのは難しいと分かっていたけど、ここで非常に幸せだ。みんな、バルサを去るのは死ぬようなものだと思っているよね。でも、僕はかつてないほどに生き生きしている。とても幸せだ。サッカーも同じだよ」と、新天地で満足していることを強調した。

    ウナイ・エメリ監督のシステムにどのようにフィットするかが注目されたネイマールだが、カバーニとは良いコンビネーションを披露した。ネイマールは「彼はトッププレーヤーだと知っていた」「素晴らしい選手だ。そういう選手がチームにいれば簡単だよ」と、カバーニに賛辞を寄せている。

    また、ネイマールは「信じられないかもしれないけど、バルセロナでの親善試合でも、僕はあのポジションですでにプレーしていた」とポジションに対し馴染みがあることを主張し「監督はとてもやりやすくさせてくれる。僕はとても良い気分だよ」と、チームにも簡単にフィットできたともつけ加えた。(STATS-AP)
    2017-08-14_17h41_12
    8/14(月) 13:12配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00000014-ism-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ