海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 海外サッカー選手

    1:砂漠のマスカレード ★:2017/11/10(金) 06:37:06.88 ID:CAP_USER9.net
    パリ・サンジェルマンFWネイマールが、バルセロナの選手たちに復帰話を持ち掛けたようだ。スペイン『スポルト』が報じた。

    この夏、契約解除金2億2200万ユーロ(約286億円)という大金を置き土産にバルセロナを退団したネイマール。だがバルセロナとネイマールは現在ボーナス2600万ユーロ(約33億円)の支払いをめぐり対立関係にある。

    一方で、ネイマールはFWリオネル・メッシ、ルイス・スアレスらバルセロナ時代の同僚とは良好な関係を保っている。ネイマールは先月29日にバルセロナを訪れた際、元チームメートたちに「僕の復帰を許してくれるかい?」と相談したという。

    この発言の裏には、ネイマールがパリSGで抱える不満があるとされる。ブラジル代表FWは、移籍して初めてバルセロナの偉大さに気付いたとみられている。
    2017-11-10_10h29_33
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00010007-goal-socc
    11/9(木) 22:12配信
    続きを読む

    dd2d6c96

    1:shake it off ★:2017/11/10(金) 02:41:22.58 ID:CAP_USER9.net
    元イングランド代表のスティーブン・ジェラード氏(37)が娘の6歳の誕生日に18カラットのローズゴールドiPadをお祝いに贈ったことで、自分の財産を自慢していると非難されたと、9日の英紙サンが報じた。

    ジェラード氏は1455ポンド(約22万3000円)のiPadの写真をインスタグラムに投稿していた。現在リバプールでU-18チームの監督を務めており、650万人いるフォロワーの前で娘ルーデスちゃんをお祝いする文章も添えた。

    しかし、一部のファンは労働者階級のルーツということを忘れているというコメントなど、非難するものも含まれた。「富を見せびらかすことは嫌みだよ。スティーブンGからはより良いものを期待している」「6歳の子供にゴールドiPad。正気? 裕福さを証明する投稿をする必要があったのか分からないわ。全額を支払って、自分の中にとどめておくことはできなかったの?」

    「僕の娘にそのようなiPadを持つことが普通だと思わせてくれてありがとう、スティーブン・ジェラード。僕の娘も持つべきだよね」などのコメントがあった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00048804-nksports-socc
    続きを読む

    1:shake it off ★:2017/11/10(金) 02:33:32.38 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが代表チームの選考に関与しているという噂を強く否定した。スペイン『アス』が伝えている。

    アルゼンチン『TyC』のインタビューに応じたメッシ。自分自身が選手選考に影響を与えており、それが理由でインテルのFWマウロ・イカルディが代表から外されていたとの報道に対して「僕と仲がいいと代表でプレーできてるなんて、選手へのリスペクトが欠如した意見だよ。僕が選手を選んでいるなんて真っ赤なウソだ」と完全否定した。

    さらに「どの選手を入れてほしいとか外してほしいとかこれまで言ったことはないし、これからもそんなことはしない」と強調している。

    また、同メディアのインタビューで来年のW杯について問われたメッシは、最も戦いたくない相手としてスペインの名前を挙げ、「彼らのことはできれば避けたい。タフな対戦相手だ」と警戒。スペイン以外にも、ブラジル、ドイツ、フランスがロシアW杯の優勝候補と見ているようで、「現時点では、彼らが最も強いチームだろう。プレーもいいし、個人の力も飛び抜けている」と話した。
    2017-11-10_07h34_39
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-01646103-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2017/11/08(水) 08:14:42.75 ID:CAP_USER9.net
    48本ものシュートを放ちながら…。

    レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、リーガ・エスパニョーラで得点を挙げられずにいるクリスチアーノ・ロナウドへの信頼を強調した。

    だが、スペイン紙『As』が現地時間11月6日に伝えた数字は、今シーズンのC・ロナウドの決定力不足を如実に表わしている。

    4試合の出場停止により、11節を消化したリーガで7試合にしか出場していないC・ロナウドだが、それでもシュートの本数は48本を記録。データサイト『Opta』の情報として『As』紙が伝えたところによると、これは欧州5大リーグで8位に入る数字だという。

    ところが彼は、48本ものシュートを放ちながら1ゴールしか挙げていない。決定率は2.08%と惨たんたる数字で、こちらは5大リーグで710位という驚きの順位。シュート本数でトップ50に入った選手のうち1ゴールしか挙げていないのは、C・ロナウドのほかに3人しかいないという。

    また、シュート48本はR・マドリーの中で最多の数字。つまり、C・ロナウドはチームのだれよりも多くシュートを放ちながら、1ゴールしか記録できていないのだ。ちなみにマルコ・アセンシオはシュート30本(決定率13.33%)、イスコはシュート22本(同18.18%)で、ともに4ゴールを挙げている。

    5大リーグの得点ランクを見ると、首位のチーロ・インモービレ(ラツィオ)は49本のシュートで14得点(決定率28.57%)。2位のラダメル・ファルカオ(モナコ)は26本で13得点(同50%)と驚異の決定率を誇る。同じく13得点のエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)も、シュート数は41本(同31.71%)と見事な数字だ。

    12ゴールで4位につけるリオネル・メッシ(バルセロナ)は、5大リーグで最多となる69本のシュートを放ち(同17.39%)。59本でシュート数の2位につけるハリー・ケイン(トッテナム)は8ゴール(同13.56%)、シュート数3位のパウロ・ディバラ(ユベントス)は57本で11ゴール(同19.30%)だった。

    ジダン監督やキャプテンのセルヒオ・ラモスは、「ゴールは決められなくても、違いを作ることでチームの勝利に貢献している」と強調した。だが、これだけ決定力不足を露呈していれば、周囲が騒がしくなるのは当然だ。

    今シーズンが終わったとき、C・ロナウドの決定率はどのように変化しているのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171108-00032203-sdigestw-socc
    11/8(水) 6:30配信





    続きを読む

    1:カイキニッショク :2017/11/07(火) 02:32:43.41 ID:CAP_USER9.net
    元イタリア代表の米MLSニューヨーク・シティーMFアンドレア・ピルロ(38)が6日、自身のSNSで現役引退を正式に発表した。

    インスタグラムで「MLS最後の試合で私の時代が終わった。私はいくつかお礼の言葉を述べたい。素晴らしい都市に私を招いてくれた皆さんに感謝します。サポーターにも感謝します、コーチ、チームメイトにも感謝です。ニューヨークでの冒険だけじゃなく選手としての旅も終わりがきた」とコメントした。

    ピルロはMFとしてユベントスなどで活躍し正確なパスやフリーキックでファンを魅了。セリエAでは2012、13、14年の3年連続で最優秀選手に選ばれた。イタリア代表として116試合に出場し13得点、2006年W杯ドイツ大会の優勝に貢献した。
    2017-11-07_07h26_02
    https://www.nikkansports.com/sports/news/201711070000008.html
    続きを読む

    1:数の子 ★:2017/11/06(月) 16:19:46.37 ID:CAP_USER9.net
    11/6(月) 16:01配信 フットボールチャンネル

    リーガエスパニョーラ第11節の試合が現地時間の5日に行われ、レアル・マドリーはホームでラス・パルマスに3-0の勝利を収めた。この試合で、FWクリスティアーノ・ロナウドが自身のアシストしたゴール後に見せた様子が物議をかもしている。

    序盤から優位に試合を進めたマドリーは、41分にCKからMFカゼミーロのヘディングで先制。56分には相手GKの弾いたボールから、MFマルコ・アセンシオが強烈なダイレクトシュートを突き刺してリードを広げた。

    さらに74分、右サイドのタッチライン際を疾走したC・ロナウドが縦パスを受けて中央へクロス。これにMFイスコが合わせて勝利を決定づける3点目を奪った。

    だが注目されているのは、このゴールが決まったあとのC・ロナウドの様子だ。自身のアシストした得点を喜ぶような素振りは見せず、ゆっくりとピッチを歩く。近寄ってきたチームメートたちとのハイタッチには応じたが、最後まで笑顔を見せることはなかった。

    スペインメディアはC・ロナウドの振る舞いについて、「奇妙なリアクション」「考え込むような様子で、失敗した後のように歩いて戻っていった」などと伝えている。

    1アシストは記録したC・ロナウドだが自身のゴールは生まれず、リーガでは3試合連続の無得点。今季7試合に出場してわずか1得点という結果にフラストレーションを募らせているのだろうか。
    20171106_cristiano_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171106-00239197-footballc-socc
    続きを読む

    061203a99c0abd8158f11ea3aeb616d4

    1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします:2017/11/06(月) 02:40:51.819 ID:M9Q8S+Fd0.net
    後継者ゼロ説
    2:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします:2017/11/06(月) 02:41:17.038 ID:7uTMgmWwa.net
    なんぼでも出てくる
    4:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします:2017/11/06(月) 02:41:42.630 ID:M9Q8S+Fd0.net
    >>2
    今のところ出て来てないが
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2017/11/04(土) 11:48:50.01 ID:CAP_USER9.net
    2017年11月4日 9時49分
    ▽今夏にバルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍したブラジル代表FWネイマール(25)の将来的なレアル・マドリー移籍が基本合意していると、スペイン『Don Balon』が報じた。

    ▽今夏に史上最高額となる2億2200万ユーロでバルセロナからPSG入りを果たしたネイマール。しかし、レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が将来的なネイマールの獲得を望んでいるようで、代理人も務める同選手の父親とコンタクトを取っているようだ。

    ▽ペレス会長とネイマールの父親の関係は非常に良好のようで、最後の会合では同選手の将来的なレアル・マドリー移籍について合意したと伝えられている。ペレス会長は、FWクリスティアーノ・ロナウドの後釜としてネイマールにクラブの顔になってもらいたいと考えているようだ。

    ▽一方のネイマールは2シーズンをPSGで過ごすことを考えており、その後は状況を見て判断していくという。ペレス会長はC・ロナウドが最高のレベルを保ち続けるのは後1、2シーズンを見ており、2019-20シーズンに移籍の動きが出てくるとみられている。
    2017-11-04_12h56_31
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13843941/
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/11/03(金) 22:45:11.33 ID:CAP_USER9.net
    サッカーヨーロッパリーグは2日、グループリーグ第4節が各地で行われ、ビトリア・ギマラエスと敵地で対戦したオリンピック・マルセイユのパトリス・エヴラは、試合前に自チームのサポーターに空手のような蹴りを見舞い、退場処分を受けた。

    試合前にマルセイユの選手は、ポルトガルを訪れた500人のマルセイユサポーターに用意された席のエリアから来た一団と一触即発の状態になり、36歳のエヴラがその中の一人の頭部に蹴りを入れた様子をAFPの記者は確認した。

    一部のファンはスタンドを乗り越えてピッチに乱入しようとし、タッチライン際に設けられた看板付近でエヴラと口論となった。警備員はすぐ騒動に介入し、この日は控えだったエヴラは審判から控室に戻るように命じられた。

    この出来事はすぐにあるフランス人選手の蛮行を思い起こさせた。

    1995年1月、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに所属していたエリック・カントナ氏は、クリスタルパレス戦で退場処分を受け、やじを飛ばした相手チームのサポーターにカンフーキックを見舞い、イングランドサッカー協会(FA)から9か月間の出場停止処分を受けている。

    サッカーのデータを扱うオプタによると、エヴラはヨーロッパリーグの歴史で試合が始まる前に退場処分を受けた第1号だという。

    元ユナイテッドのエヴラは、今季の低調なパフォーマンスに対し厳しい批判を受けており、アストン・ビラから期限付きで加入したジョルダン・アマヴィにポジションを奪われている。

    マルセイユのルディ・ガルシア(Rudi Garcia)監督は「パット(エヴラ)は経験があるのだから、反応してはいけなかった。彼はただ経験が豊富なだけではない。もちろん、侮辱した相手も悪いし、彼らがわれわれのサポーターだということも信じられない。

    冷静さを保つことは学ぶべきだ。私が言えるのはそれだけだ」としたものの、フランス代表戦通算81試合に出場した経験を持つエヴラにやじを飛ばしたサポーターについて非難した。

    「彼はマルセイユのサポーターではない。自分のクラブの選手を侮辱できるはずがない。サポーターはわれわれを応援しなくてはならないのだから」

    AFPBB News / 2017年11月3日 9時2分
    https://news.infoseek.co.jp/article/afpbb_3149184/

    写真
    no title
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/11/02(木) 01:00:16.06 ID:CAP_USER9.net
    「幽霊かUFOがシルトンをどこかに連れ去ったんだ」
     
    神の子ディエゴ・マラドーナが、『FIFA.com』のスペシャルゲストで登場。「思い出深いワールドカップ5大シーンは?」と問われ、面白おかしく振り返った。本人のコメントとともに紹介しよう。
     
    ①1982年スペイン大会
    /グループリーグ・ハンガリー戦でのW杯初ゴール
    「ワールドユース(U-20W杯)ではゴールを決めていたけど、ワールドカップでのそれは比べものにならなかったね。ずっとずっと欲していた。まるでママがベッドまで朝食をもってきてくれて、キスをしてくれたかのような喜びだったよ。すごくピュアなね」
     
    ②1982年スペイン大会
    /2次リーグのブラジル戦で一発退場
    「ブラジルは俺たちをからかっていた。それがどうしても我慢できなくてね。(おなかに飛び蹴りを見舞った)バチスタとは何年かしてから話をしたよ。彼は言った。『間違っているよ、ディエゴ。それもまたフットボールじゃないか』と。でもさ、3点をリードされて、敵のサポーターが『オレ! オレ! オレ!』と叫ぶなかでボール回しをされたら、カチンとも来るさ。少しでも静脈に血が流れているなら。でも、蹴っちゃいけなかったかな、やっぱり。俺はなんてことをしたんだ!」
     
    ③1986年メキシコ大会
    /準々決勝イングランド戦での「5人抜き」
    「あんなゴールは後にも先にもない。難しいゴールはいくつか決めたけど、あれはワールドカップだった。すべての子どもたちの夢だ。最後は(GKのピーター・)シルトンだったね。彼がなにをしていたのか、いまでもよく分からない。幽霊やUFOがやって来て、彼をどこかに連れ去ったのかもしれない。俺のためにあんなに広くゴールを開けててくれたんだからな。何度も何度も(映像を)観たね。『ママ! また観ようぜ!』と誘って、いつも大喜びの彼女とね」


    「これを外したらお前は大バカだ、弱虫だ、最低ヤローだ」

    ④1990年イタリア大会
    /ラウンド・オブ16のブラジル戦での決勝アシスト。40mドリブルからの股抜きスルーパス
    「ブラジル人はアレマンの対応を批判したようだけど、違うな。俺が速すぎたんだ。むしろ責められて然りなのは、あっさりやられたドゥンガだろう。カニ(クラウディオ・カニージャ)がゴールを決めた時は、心底神に感謝したよ。下馬評ではブラジルが有利だったし、実際の試合内容もそうだった。俺たちは少ないチャンスをモノにしたんだ。試合後にカニに言ったよ。『なにをしでかしたか分かってるのか?』って。したら彼は『うん、ゴールを決めたよ!』とはしゃいでた。で、俺が言ったんだ。『こんなにスタジアムを静かにしちゃってなにを言ってるんだ!』とね。あれだけやられれても勝てるのがフットボール。だからこそ、世界でもっとも美しいスポーツなんだ」
     
    ⑤1990年イタリア大会
    /準決勝イタリア戦のPK戦。4番目のキッカーとして成功
    「PK戦になった時、(ルイジ・)デ・アゴスティーニや(ワルター・)ゼンガあたりが俺のところに来て、『こんなのフェアじゃないぞ!』とか『おかしいだろ、こんな試合!』と言ってたな。俺はそうは思わなかったけど。で、PK戦で俺の番になった。準々決勝のユーゴ戦でもPK戦があって、俺は外してたろ? だからセンターサークルからスポットに行くまでの間、自分自身にこんなことを言ってた。

    『これを外したらお前は大バカだ、弱虫だ、最低ヤローだ』とね。ママやパパ、兄弟、アルゼンチンのすべての人びと、俺を愛してくれるすべてのひとをもう裏切ることはできない。うまくゼンガの裏をかけたね。俺のキックのあと、イタリアの敗退が決まったんだ」
     
    残念ながら、マラドーナにとっての「ワールドカップ黒歴史」にはいっさい触れられていない。「5人抜き」と同様にイングランド戦で伝説となった「神の手ゴール」と、1994年アメリカ大会でのドーピング事件のふたつだ。いずれにせよ通算4度出場のワールドカップで、悲喜こもごも、記録にも記憶にも残るプレーを連発した御大。10月30日に57歳となった現在は、UAEのアル・ワスルで監督を務めるかたわら、FIFAのアンバサダーとしても活躍している。

    11/1(水) 11:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171101-00031926-sdigestw-socc

    写真
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ