海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 海外サッカー選手

    1:カイキニッショク :2017/09/15(金) 22:56:14.15 ID:CAP_USER9.net
    12日の欧州チャンピオンズリーグ1次リーグ・セルティック-パリ・サンジェルマン(PSG)戦で、PSGのブラジル代表FWネイマール(25)が相手選手とのユニホーム交換を断った理由が明らかになった。

    ネイマールは5-0での勝利が決まると、試合中に激しくマッチアップしたセルティックDFアンソニー・ラルストン(18)との握手を無視。さらに同DFからユニホーム交換を求められると、これを拒否した。この映像がネットを中心に世界中に拡散。すると英メディアを中心に「世界で最もお金をもらっている選手が、18歳の若手有望株をむげに扱った」と批判が巻き起こった。

    試合中の激しい接触でイライラしていたとはいえ、握手を無視するのはいただけない。ただ、ユニホーム交換をしなかったのには別の理由があったようだ。

    スコットランドの地元紙ザ・スコッツマンによると、ネイマールはユニホームをスコットランドの伝説的選手ケニー・ダルグリッシュ氏の妻マリーナさんのチャリティーへ寄付することを約束していたのだという。

    セルティックとリバプールでいずれも100ゴール以上をマークしているダルグリッシュ氏は、05年にマリーナさんがチャリティー基金を立ち上げるのを援助。

    今回ネイマールからユニホームを提供されたことについても自身のツイッターに「とても感謝している。ありがとうネイマール。すべてのお金は妻のチャリティーを通じて乳がん患者のために役立てられます」と記している。

    試合中のダイビングや、相手を小ばかにするような態度で、アンチも多いネイマール。ただ、試合の映像を見ているだけでは、なかなか真の人間性を理解することはできないと、あらためて思った出来事だった。
    2017-09-15_23h40_17
    https://www.nikkansports.com/soccer/world/column/chiba/news/201709150000505.html
    続きを読む

    1:プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/09/13(水) 23:20:46.37 ID:CAP_USER9.net
    補強方針を巡ってクラブ首脳陣を批判したバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキだが、これによりレアル・マドリード移籍の可能性が浮上している。スペイン紙『マルカ』が12日付で報じた。

    先日、レヴァンドフスキはドイツの週刊誌『シュピーゲル』に対して「国際舞台での成功を望むのであれば、バイエルンは考える必要があると思う」と発言し、クラブの補強方針を批判。これに対してバイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)が「このような発言は残念なこと。彼はチームメイトへの批判も言っていたしね」と苦言を呈し、話題となっていた。

    また、同CEOはレヴァンドフスキの「アジアツアーは何の役にも立っていない」との不満についても「彼のお気に入りといわれているレアル・マドリードは、我々よりも長く、アジアに2倍の滞在日数を割いていたのだがね」と言及したが、今回『マルカ』紙はそのレアル・マドリード移籍の可能性について伝えている。

    長らくの間、レアル・マドリードはレヴァンドフスキへの関心を報じられていた。その始まりは2012-13シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝まで遡る。当時ドルトムントに所属していた同選手は、レアル・マドリードとの準決勝で4得点をマーク。この活躍がフロンティーノ・ペレス会長の目に留まり、レアル・マドリードは同選手の獲得を目指したが、先に動き出していたバイエルンが移籍を成立させ、“夢”は叶わなかった。その2年後にもレアル・マドリードは同選手の獲得に動いたが、この時はバイエルンが売却を拒否。移籍は実現を見ることなく、現在に至っている。

    だが、今回の首脳陣批判が引き金となり、レアル・マドリードへの移籍可能性が再燃している模様。「レヴァンドフスキとレアル・マドリードが共にする夢」と題して記事を組んだ同紙は、「レアル・マドリードのサポーターがレヴァンドフスキの白いシャツ姿に興奮するように、ストライカー自身もいつかスペイン王者のためにプレーしたいと思うだろう」と述べ、両者が相思相愛の関係にあると報じた。

    バイエルンでコンスタントに得点を量産してきたレヴァンドフスキだが、果たしてスペインに新天地を求めることとなるのだろうか。
    2017-09-14_07h24_46
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00641855-soccerk-socc
    続きを読む

    1:プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/09/09(土) 17:57:02.61 ID:CAP_USER9.net
    元アルゼンチン代表MFエステバン・カンビアッソが、現役を引退した。

    オリンピアコスは8日、クラブ公式ツイッターに動画付きでメッセージを投稿。「エステバン、いろいろとありがとう!」とカンビアッソに感謝の意を示した。

    カンビアッソは現在37歳。レアル・マドリードの下部組織から母国・アルゼンチンでのプレーを経て2002年にレアル・マドリードに復帰すると、2004年にはインテルへ移籍。同クラブでは5度のセリエA優勝や4度のコッパ・イタリア優勝を経験し、2009-10シーズンにはチャンピオンズリーグ制覇も成し遂げた。2014-15シーズンはレスターでプレーし、同クラブのプレミアリーグ残留に大きく貢献。2015年8月よりオリンピアコスに所属していた。

    カンビアッソは2000年から2011年にかけてアルゼンチン代表としても活躍。通算52試合出場5得点を記録している。

    古巣・レスターの地元紙『レスター・マーキュリー』もカンビアッソの現役引退を報道。その中で、カンビアッソが今後は指導者の道に進むことも伝えている。
    2017-09-09_22h03_22
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170909-00640114-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/08(金) 15:18:50.88 ID:CAP_USER9.net
    ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選で2014年ブラジル大会準優勝のアルゼンチンの不振が大きな話題となっている。バルセロナFWリオネル・メッシを擁する強豪は5日の本拠地ベネズエラ戦でよもやの1-1ドロー。残り2試合の段階で大陸間プレーオフに回る5位と低迷しているが、メッシは母国メディアから大バッシングを受けている。

    「最高の選手は普通のプレーもできないのか」と展開したのは地元紙「オレ」だった。前半のメッシは輝きを放った。前半37分、相手マーカー4人に囲まれながらもフィニッシュまで持ち込んだが、MFアンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)が負傷交代でピッチを去るアクシデントに見舞われ、後半にはベネズエラに先制点を決められた。インテルFWマウロ・イカルディが同点弾を決めたが、メッシは期待されたゴールラッシュを見せることはできず、1-1で試合は終了した。

    記事では「レオは前半まずまずなプレーを見せた。期待を持てるような船出だった。数々のタッチで、誰もが拍手を送ると考えていた。今日は彼の日になるはずだった。彼への称賛で終わる夜になるはずだったが、そうはならなかった。フットボールの文脈で、主役はクビになった。アルゼンチンは後半ここ数年の歴史で最悪の状況にまで転落した。最高の名手は普通の選手のようなプレーも見せられなかった」とバッシングしている。

    アルゼンチンメディアは以前にもメッシを酷評し、コパアメリカ・センテナリオ決勝でチリ代表にPK負けを喫した後、メッシが嫌気を差して代表引退を宣言した過去もあったほどだ。

    スペイン紙「AS」も「アルゼンチンプレスがまたしてもメッシを攻撃」と特集している。危機的状況のアルゼンチンで、メッシは祖国メディアからの攻撃に耐えることができるだろうか。

    9/8(金) 7:30配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170908-00010000-soccermzw-socc

    写真



    ▼W杯出場国
    ※出場枠4.5
    (南米5位はオセアニア1位と大陸間プレーオフ)
    【順位表】
    ※上位4チームが本大会出場権獲得
    5位チームは大陸間プレーオフ進出。プレーオフは南米5位とオセアニア代表によるホーム&アウェー戦。勝者が本大会出場権を獲得

    1. ブラジル(37)+27
    2. ウルグアイ(27)+10
    3. コロンビア(26)+3
    4. ペルー(24)+1
    5. アルゼンチン(24)+1
    6. チリ(23)+1
    7. パラグアイ(21)-6
    8. エクアドル(20)0
    9. ボリビア(13)-20
    10.ベネズエラ(8)-17

    https://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?172154-172154-fl
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/09/08(金) 17:12:09.38 ID:CAP_USER9.net
    得点ランクの単独トップに。
    核実験やミサイル発射を繰り返し、厳しい非難に晒されている北朝鮮。この国際社会から完全に孤立している国の出身ながら、イタリアで眩い輝きを放ち、良い意味で注目を集めている選手がいる。ペルージャに所属する18歳の北朝鮮代表FW、ハン・グァンソンだ。
     
    カリアリに所属していた今年4月2日、北朝鮮人選手として初めて欧州5大リーグのピッチに立ったハンは、その7日後にさっそく初ゴールを決めて話題となった。クラブからその才能を高く評価されていたものの、「できるだけ出場機会を与えたい」という方針の下、今シーズンからセリエB(2部)のペルージャへとレンタルされた。
     
    すると、新天地で類稀なゴールセンスを存分に発揮。ヴィルトゥス・エンテッラとの開幕戦でいきなりハットトリックを記録すると、続くペスカーラ戦でも1ゴール。まだ2節が終了した時点とはいえ、得点ランクの単独トップに立っている。
     
    このパフォーマンスに、「北朝鮮の別の一面を見せてくれた」、「デビュー戦で2ゴールを奪った中田英寿を超える活躍」など、現地メディアも絶賛。中には、2000年から2シーズンに渡りペルージャでプレーした元韓国代表のアン・ジョンハンを引き合いに出して、「アン? いや、ハンだ。アンは(2年間で)5ゴールだったが、彼はすでに4ゴールだ」と伝える記事もあった。
     
    もちろん、獲得に興味を示すクラブも日に日に増加。その中には、ユベントスやアーセナルというビッグクラブも含まれている。ハンの代理人を務めるサンドロ・ステンペリーニの元には、問い合わせが殺到しているようだ。
     
    「ハンについて問い合わせてくるクラブはたくさんある。毎日いろいろなスポーツディレクターと話をしているよ。ただ、移籍について考えるのは早急すぎる。シーズンは始まったばかりだ」
     
    抜群のスピードとテクニックに加え、得点嗅覚にも優れたハン。そう遠くない将来に、アジアを代表する選手になるかもしれない。
    2017-09-08_17h57_31 
    文:ワールドサッカーダイジェスト編集部
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170908-00029764-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/ :2017/09/07(木) 14:54:14.09 ID:CAP_USER9.net
    「エジルの守備面での貢献は何も無い。アウェイでの彼は単なるお荷物だ」 ジェラードの発言に同調

    またしても寡黙なアーティストはレジェンドからの叱責を受けることとなった。かつてバイエルン・ミュンヘンやボルシアMGで活躍した英雄シュテファン・エッフェンベルグ氏が、アーセナル司令塔の振る舞いを非難している。

    エマニュエル・プティ氏やイアン・ライト氏に続き、“ドイツの虎”もまたメスト・エジルのメンタリティーがお気に召さないようだ。エッフェンベルグ氏は、スティーブン・ジェラード氏による「エジルの守備面での貢献は何も無い。アウェイでの彼は単なるお荷物だ」との糾弾を援護射撃。「ジェラードの発言を否定することは不可能」だと述べ、『T-online』にてアーセナルMFへの説教をスタートさせた。

    「私はこれまでに何度もエジルの試合を見て、『もっとやれるはずだ』と怒ってきた。昨季のバイエルン・ミュンヘン戦でもそうだったね。彼はドイツにいる多くの人間を失望させたし、そこにはヨアヒム・レーブも含まれるよ。エジルはジェラードの言葉を真摯に受け入れ、理解しなければならない。10月には29歳になる。もう20歳じゃないんだ」

    エジルのメンタル面における課題が叫ばれるのは、もはや恒例行事となりつつある。なぜならその声はレアル・マドリード時代にも多く噴出しており、エッフェンベルグ氏にとっては我慢の限界だろう。

    「一体、何年待てばエジルは精神面での向上を遂げるんだ。皆、彼が改善することを期待してきたが、それは無意味だったね」

    多くの実績を上げてきた英雄が指摘する以上、エジルは何らかの答えを示す必要があるのかもしれない。
    c71d29ee03af14f984aaec491bdfe5ae
    http://www.theworldmagazine.jp
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/07(木) 08:08:01.34 ID:CAP_USER9.net
    ■ロナウドがマークに来たハンガリーのDFフィオラを蹴飛ばす“報復行為”

    ロシア・ワールドカップ(W杯)予選はアジアのみならず、ヨーロッパでも熱戦が繰り広げられているが、9月3日に行われたハンガリー対ポルトガルの一戦で飛び出したクリスティアーノ・ロナウドの“怒りの足蹴り”が物議を醸している。

    問題のシーンは、試合終了間際の後半44分。ロナウドは味方のパスをヒールでダイレクトにリターンし、ワンツーを狙った。しかし、パスをさせまいと猛チャージをかけたハンガリーのDFアティラ・フィオラが、勢い余ってロナウドの左足を蹴ってしまった。すると、ロナウドはフィオラの左足を蹴飛ばす“報復行為”に出て、両者は一触即発の睨み合いとなった。

    ダニー・マッケリー主審はロナウドとフィオラにイエローカードを提示。ただ、前半30分にはハンガリーのFWタマシュ・プリシュキンが競り合った際にポルトガルのDFペペの顔面に肘が入ったプレーを一発退場とされ、数的劣勢を強いられていただけに、ロナウドの行動とマッケリー主審の判定はメディアでもすぐさま議論の的となった。

    米ポータルサイト「ヤフースポーツ」英国版は、公式ツイッターに「クリスティアーノ・ロナウドがハンガリー戦で怒りのキックを放つ」と動画付きで投稿。ロナウドが所属するレアル・マドリードの永遠のライバルであるバルサ贔屓のスペイン紙「スポルト」が、「クリスティアーノ・ロナウドの信じられないプレーが許された」と伝えれば、英サッカーメディア「90min」やアメリカで伝統のある専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」も大々的に取り上げており、“怒りの報復キック”の波紋は世界中に広がっている。

    9/6(水) 12:33配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170906-00010022-soccermzw-socc

    写真


    動画
    続きを読む

    1:プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/09/04(月) 22:28:04.26 ID:CAP_USER9.net
    パリ・サンジェルマン(PSG)のネイマールはパリ郊外にある小さな町であるブージヴァルに自身の家を選び、ホテルでの数週間の滞在を経て移ることになる。

    8月3日にPSGと契約したネイマールは敷地面積5,000平米に5階建の建物に加えインドアプールもある豪邸を自身の家に選んだと報道されている。

    なお、この豪邸にはバルセロナからの荷物が複数台のトラックによって運ばれてきている。そして、近所には同じくPSGに所属する左サイドバックのライヴィン・クルザワが住んでおり、サン=ジェルマン=アン=レーにあるPSGのスポーツ施設カン・デ・ロッジュ近くに位置している。ブージヴァルは人口9,000人ほどであり、パーティー好きというネイマールの評判はあまり懸念する必要がないようである。

    バルサ時代と同じようにネイマールは再び豪邸に住むことになる。
    2017-09-04_23h16_49
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170904-00010014-sportes-socc
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/ :2017/09/03(日) 14:41:02.75 ID:CAP_USER9.net
    シャビ、スペイン代表でデル・ボスケに覚えた失望を明かす「彼は僕を裏切った」

    アル・サッドMFシャビ・エルナンデスが、ビセンテ・デル・ボスケ前スペイン代表監督に失望を覚えていたことを告白した。

    2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)を最後に、スペイン代表からの引退したシャビ。同代表の黄金時代の礎ともされた同選手だが、その黄金時代の終焉ともされたブラジルW杯では、当時の指揮官であったデル・ボスケ監督に対して複雑な思いを抱えたという。

    元バルセロナMFは、スペイン『マルカ』に対して次のようにコメントしている。

    「(スペイン代表が優勝した)EURO2012の時点でも、僕に対する批判はあった。決勝前、僕はプレーの中でもっと重要な役割を担いたいと口にして、デル・ボスケにはもう代表を後にすると伝えた。だけど、あのイタリアとの決勝は、僕のキャリアの中でも最高の一試合となった。そうしてビセンテは、僕に考えを改めて代表に残るよう求めてきたんだ」

    「そしてW杯で、僕たちは初戦を落とした。僕は最悪なプレーを見せた選手に含まれなかったが、次のチリ戦でビセンテは僕をベンチに置いやった。自分が(ベンチスタートとなることを)知ったのは、試合前のミーティングの最後の1秒だった。僕は騙されたように感じたよ。本当に、強烈な失望だった」

    「その次のオーストラリア戦で彼は僕を起用することを望んだが、僕からはプレーできる状態にないと告白した。デル・ボスケは素晴らしい人間で、気の良い人だ。僕は敬ってはいるが、彼は自分を裏切ったんだよ」

    一方で、ともにEURO2008優勝を成し遂げた故ルイス・アラゴネス氏については、次のように語った。

    「彼は僕のキャリアを変えた人だ。当時の僕はバルサで重要な存在だったが、鍵を握るほどではなかった。でも、彼は最初から僕をリーダーと呼んだ。その背中はとても大きくて、もし僕がミスをしたら、彼のミスとなった。あの人こそ、グループをまとめるマエストロだった」

    「彼は僕に対してこう言ったんだ。『(スペイン代表のイレブンは)あなたと、誰であってもいい10人の日本人だ。あなたがいさえすれば、私は落ち着いていられる。あなたは役場の仕事をする立場にはない』とね」
    2017-09-03_15h39_30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170903-00010000-goal-socc
    続きを読む

    1:あちゃこ ★@\(^o^)/:2017/09/02(土) 21:23:03.83 ID:CAP_USER9.net
    飲酒運転で逮捕されたエバートンのウェイン・ルーニー(31)は、逮捕前に10時間にわたって飲酒をしていたと、2日に英紙サンが報じた。

    運転していたのはローラ・シンプソンさんの10年前のフォルクスワーゲンのビートルで、ルーニーはローラさんを自宅まで送っていくと申し出たという。不動産会社員のローラさんは、ルーニーや他の友人らと一緒にプロセッコとウオツカを飲んでいたというが、相当に酔っぱらっていたため、どこで警察に車を止められたのか覚えていないと話した。

    「私たちは車に乗っていて、後ろから止められたの。ウェインは怒っていたし、心配しているようだった。それがどんなことになるのか、私は予想できなかった。すべてのことは一瞬でめまぐるしかった。私が酔っぱらっていたから分からないけど、ルーニーはそれほど酔っぱらっているようには見えなかった」と説明した。

    ルーニーと友人らは、古巣マンチェスター・ユナイテッドでのチームメートだったウェス・ブラウンがインドでプレーするために英国をたつ前に、お別れ会を開いていた。午後4時にイタリアンレストランで食事をしてから、近くのバーへと移った。そこで同選手はテーブルの上でダンスを踊りながら、オアシスの曲を歌っていた。妊娠中のコリーン夫人はマジョルカ島で休暇中だった。

    ルーニーは自宅から20分離れたところで逮捕されたが、1日午後1時半に保釈された。また9月18日に裁判所への出廷を命じられた。
    2017-09-02_22h13_23
    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170902-01881846-nksports-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ