海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 海外サッカー選手

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/04(日) 12:21:53.81 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、史上初の5年連続チャンピオンズリーグ(CL)得点王に輝いた。

    C・ロナウドはグループステージ6試合でわずか2ゴールと出遅れたが、準々決勝のバイエルン戦では2試合で計5ゴールと量産。続くアトレティコ・マドリードとの準決勝ファーストレグではCL2試合連続のハットトリックを達成し、10ゴールに伸ばしていた。

    11ゴールのバルセロナFWリオネル・メッシに1点差で臨んだ決勝では、20分に先制点を挙げてトップに並ぶと、64分にも追加点を獲得。2ゴールで4-1の勝利に貢献し、史上初のCL連覇に導いて、自身も単独得点王に輝いた。

    CLでまた新たな記録を打ち立てた。C・ロナウドは12-13シーズンに12ゴール、13-14シーズンに17ゴールを記録し、14-15シーズンは10ゴールでバルセロナのネイマールとメッシと並んで得手王に輝いた。15-16シーズンは16ゴールで単独トップに返り咲いて、メッシが2008年から2012年に記録した4年連続に並び、今シーズンでCL史上初となる5年連続得点王の快挙を達成した。

    C・ロナウドはマンチェスター・U時代の08-09シーズンに初めてCL得点王に輝き、今回で最多6回目。CL通算140試合に出場し、歴代最多の105ゴールをマークしている。

    また、UEFA(欧州サッカー連盟)の公式サイトによると、C・ロナウドは史上初となる3度の決勝でそれぞれゴールを決めており、先制点はレアルのCL通算500点目だった。


    6/4(日) 6:18配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170604-00596233-soccerk-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/31(水) 19:58:31.22 ID:CAP_USER9.net
    アメリカメディア『ESPN』は31日、世界でもっとも有名なアスリート100人を発表。サッカー選手や世界で活躍している日本人がランクインした。

    まず栄えある第1位に選ばれたのは、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。今シーズンレアル・マドリードでリーガ・エスパニョーラ優勝に貢献、チャンピオンズリーグでも前人未到の2連覇の可能性を残している。公式戦45試合出場、40ゴール12アシストをマークし1位の名に恥じぬ活躍を披露していた。

    3位に選ばれたのはバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。今シーズン公式戦50試合に出場、54ゴール19アシストを記録し1位のC・ロナウドの成績を凌ぐパフォーマンスを見せた。リーグ戦3連覇とはならなかったが、C・ロナウドとともに現在のサッカー界を引っ張るスーパースターとして世界中に知られている。

    さらにバルセロナからもう一人トップ10にランクイン。ブラジル代表のFWネイマールが6位に輝いた。昨年のリオ・オリンピックでブラジルの初優勝に導き、今シーズン公式戦45試合に出場、20ゴール27アシストをマーク。C・ロナウドやメッシと比べるとゴール数は少ないものの、アシスト数において上記2人を抜いた。

    また、20位には日本が誇るテニスプレーヤーである錦織圭が選ばれた。錦織は、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルや、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスを押さえランクイン。日本人で唯一の選出となった。

    以下発表されたアスリートのうちトップ10

    1位 クリスティアーノ・ロナウド(サッカー選手)
    2位 レブロン・ジェームズ(バスケットボール選手)
    3位 リオネル・メッシ(サッカー選手)
    4位 ロジャー・フェデラー(テニス選手)
    5位 フィル・ミケルソン(ゴルフ選手)
    6位 ネイマール(サッカー選手)
    7位 ウサイン・ボルト(陸上選手)
    8位 ケビン・デュラント(バスケットボール選手)
    9位 ラファエル・ナダル(テニス選手)
    10位 タイガー・ウッズ(ゴルフ選手)
    2017-05-31_21h15_56
    SOCCER KING 5/31(水) 18:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170531-00594955-soccerk-socc

    結果 ESPN
    http://www.espn.com/espn/feature/story/_/page/worldfame100/espn-world-fame-100-top-ranking-athletes
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/31(水) 06:51:13.40 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールが30日に来日。夕方、成田空港に降り立ったその足で、原宿にある腕時計ブランド『GaGa MILANO』のイベントに登場した。

    同ブランドのイメージキャラクターを務めるネイマール。時差ボケなどや移動疲れもあるであろうにもかかわらず、笑顔を見せるなどして、ネイマールモデルの腕時計を購入したファンたちのサインなどに応じた。

    一方、事前に同店舗にてネイマールがイベントに参加する旨が発表されたこともあり、店舗の外にはネイマールの姿を一目見たいと集まった人たちで黒山の人だかりに。歩道を埋め尽くすほどの人が集まったことで、警察のパトカー複数台が出動する事態になるなど、“フィーバー”ぶりを初日から見せる形となった。

    サッカーキング
    https://www.soccer-king.jp/news/japan/japan_other/20170530/594528.html

    写真


    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/05/30(火) 21:26:13.40 ID:CAP_USER9.net
    スポニチアネックス 5/30(火) 21:24配信

    バルセロナのブラジル代表FWネイマール(25)が30日、契約を結ぶスポンサーのイベント出席などのため、成田着の航空機で来日した。

    ネイマールが到着ロビーに現れると、辺りは騒然。集まったファンでごった返したが、疲れも見せずにサインや握手を求める声に気さくに応じた。その後、都内へ移動し、契約を結ぶイタリアの時計ブランド「GAGA MILANO」の原宿店に来店。ここでも、ネイマールの登場をしったファンが店舗前の道路にあふれ出す騒ぎとなり、警察が出動する事態に。それでも、スタッフに誘導されて何とか店舗に入り、横綱・日馬富士と対面した。

    フォトセッションではカメラマンの要望でがっぷり四つを組むシーンも。日馬富士から「ぜひ、相撲を見に来てください」と誘いを受けると、「行ってみたい」と目を輝かせていた。
    2017-05-30_22h18_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00000155-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/30(火) 19:54:49.37 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナのブラジル代表FWネイマール(25)が30日、千葉・成田空港に緊急来日した。

    今回の来日は、サポート契約を結ぶ寝具メーカー、東京西川のプロモーションのため。ネイマールが午後5時48分に到着口に姿を見せると、ロビーは大挙したファンの“ネイマールコール”に包まれた。

    ネイマールは到着したばかりで、やや疲れた表情を見せつつも、ファンのサインの求めに意欲的に応じた。その後、日本の取材陣の呼び掛けには応じず、空港を後にした。

    取材陣の中には、テレビ東京系「YOUは何しに日本へ?」の撮影クルーも来ていた。ネイマールは翌31日に都内でイベント「東京西川 AiR 夢のすいみん学校」を開催する。

    ネイマールは、27日の国王杯決勝アラベス戦で決勝ゴールを決め、チームを3連覇と史上最多29度目の優勝に導いた。リーグ戦こそ3連覇には失敗したが、30試合に出場し13得点11アシストを記録。4月3日のグラナダ戦では、13年5月のバルセロナ加入から約4年でクラブでの公式戦通算100ゴールを達成した。

    バルセロナは29日(日本時間30日)に、退任したルイス・エンリケ監督の後任に、16-17シーズンにビルバオを率いた、OBのエルネスト・バルベルデ新監督(53)の就任を発表した。【村上幸将】

    日刊スポーツ 5/30(火) 18:34配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-01832205-nksports-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/30(火) 11:38:11.18 ID:CAP_USER9.net
    元フジテレビのフリーアナウンサー、加藤綾子(32)が、海外サッカーを初取材することが29日、分かった。日本時間6月3日深夜に行われる欧州チャンピオンズリーグ決勝「ユベントス×レアル・マドリード」で、レアルのエースFWクリスティアーノ・ロナウド(32)を直撃する。過去に番組で共演歴があり、世界のプレーヤーの心境を聞き出そうと意欲満々。NHK初出演番組も決定し、カトパンの快進撃は止まらない!

    カトパンが得意の話術で、世界のロナウドの“本音”を引き出す!

    フジテレビ系「スポーツLIFE HERO’S」(土曜深夜0・35、日曜後11・15)の日曜メインキャスターを務める加藤は、6月3日深夜に同局で地上波独占生中継される欧州チャンピオンズリーグ決勝(放送は深夜3・35)を取材するため、英ウェールズ・カーディフへ。

    海外でのスポーツ取材は、昨年9月に世界初の4回転ループを練習していたフィギュアスケート男子でソチ冬季五輪金メダリスト、羽生結弦(22)を直撃するためカナダへ飛んで以来、2度目となる。

    今回の一番の“お目当て”は、大会連覇をかけてユベントスとの大一番に挑むレアルのエース、ロナウド。実は2014年7月に同局系「とんねるずのみなさんのおかげでした」の人気企画「新・食わず嫌い王決定戦」で対決して勝利し、キスをプレゼントされ、ポルトガル代表のユニホームをもらった過去を持つ。15年7月にも来日中のロナウドと再会しており、今回が3度目の対面。「クリスティアーノ・ロナウド選手に、ひと言もらってきます!」と意欲満々だ。

    昨年4月末にフジテレビを退社し、今年4月の日本テレビ系「しゃべくり007 春の2時間スペシャル」で初めて他局の番組に出演したカトパン。6月15日放送の日テレ系特番「池上彰が教えたい!『実は…のハナシ。』」(後7・0)で他局の司会に初挑戦。今回、NHKの番組に初出演することも決定するなど快進撃は止まらない。

    今回の海外サッカーデビューを機に、さらにワールドワイドな活躍を見せてくれそうだ。
    2017-05-30_15h13_57
    サンケイスポーツ 5/30(火) 7:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00000026-sanspo-ent
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/29(月) 12:22:11.09 ID:CAP_USER9.net
    ローマのFWフランチェスコ・トッティは、クラブでのラストゲームに出場した後、感動的なスピーチでその心境を語っている。

    28日にスタディオ・オリンピコで行われたセリエA最終節ジェノア戦では、終了間際にディエゴ・ペロッティがゴールを決め、ローマが3-2で勝利を収めた。これでローマはリーグ戦2位を確保し、来シーズンのチャンピオンズリーグにストレートインできる権利を獲得した。54分から途中出場したローマのバンディエラ、トッティは土壇場での勝利に貢献し、ラストゲームに花を添えている。

    試合後、スタディオ・オリンピコでスピーチを行ったローマの10番は「キャリアはおとぎ話のようだと考えている。そしてこれは最も辛い場面、エンディングだ」とラストゲームを終えた心境を語り、以下のように続けている。

    「このユニフォームを脱ぐ時が来た。もしかしたらまだ辞めないと言うかもしれないが、たぶんそれはないだろう。今は何も語れないかもしれないが、これは思った以上に簡単ではなかった。今はとても怖い気分だ。ペナルティーキックを蹴る前の恐怖とは違う。全く先の見えない穴に飛び込むような気分だ。だから今はみんなの支えを必要としている。みんなの愛情があれば、ページをめくって、新しい冒険に飛び込むことができるはずだ」

    「この28年間を短く語ろうと思ってもできることではない。何年もかけてこの脚で自分自身の存在意義を証明してきた。少年時代、何が一番お気に入りのおもちゃだったかわかるかい? もちろんフットボールだ。それは今も変わらない」

    「2001年6月17日から時が経つのが速かったように感じる。あの時は主審が試合終了のホイッスルを鳴らすのを待ちきれなかった。そのことを思い出すだけで、今でも鳥肌が立ってしまう。今、時間が僕の肩を叩き、“成長する時が来た。明日になれば君は大人だ。その服と靴を脱いで、今日からスタートを切ろう。君はもう大人だ。もう芝生の上でも、太陽の光も、相手からゴールを奪う喜びも感じられない。お祝いの時だ”と言っている」

    「ここ数か月、なんでこの物語から目を覚まされなければならないのかと自問してきた。まるで良い夢を見ながら寝ている子供のようだった。そして母が学校に行くように起こしに来た。僕は夢を見ていたい、もう一度夢を見ようと思っていても、できない。これはもう夢ではなく、現実だ。そして僕はもう二度と戻ることはない...」
    2017-05-29_14h41_22
    GOAL 5/29(月) 8:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170529-00000000-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/27(土) 09:18:24.77 ID:CAP_USER9.net
    ニースのFWマリオ・バロテッリが25日、出身地ブレシアで開催されたセレモニーに出席し、バロンドールについて言及した。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

    バロテッリは地元紙『ブレシア・オッジ』が主催するブレシア近郊のサッカー選手を対象とした表彰式へ招待を受けた。表彰式では、バロテッリの弟であるFWエノック・バルウアーが所属するチリヴェルゲのFWフランチェスコ・ガルッピーニが、最優秀選手賞である「ブレシアのバロンドール賞」を受賞した。

    バロテッリは自身のバロンドール受賞について問われると、「オレもバロンドールを受賞できるか? それにはまず、あの2人を消さないとね」とジョークを交えながら話し、ここ数年間、バロンドールを独占しているレアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナのFWリオネル・メッシが大きな壁となっていることを認めた。

    また自身のキャリアを振り返り、まだまだ物足りないと考えているようだ。「これまでの自分のキャリアは大したことない。もっとできるはずだ。これから2週間はオフモードでバカンスに入る。何も考えない。チャンピオンズ(リーグ)の決勝も見るつもりはない。それからだ」と話し、まずはバカンスで息抜きをすることを告げた

    最後に、地元ブレシアへのリップサービスか、「でもいつかオレの街のチームで引退を迎えられたらと思う。だけどオレはまだ若いよ」と話し、将来的に育ての親が住むブレシアでの引退を望んでいることを明かした。
    2017-05-27_11h40_21
    GOAL 5/26(金) 18:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000019-goal-socc
    続きを読む

    1:@Egg ★@\(^o^)/(★):2017/05/27(土) 00:19:46.30 ID:CAP_USER9.net
    「ドリブルを多用しなくなったC・ロナウド。あれが嫌なんだ」
     
    今シーズン、度重なる怪我で公式戦20試合出場と不本意なシーズンを送ったバイエルンのドイツ代表CB、ジェローム・ボアテング。しかし、堅固な守備と正確なロングフィードを武器に最終ラインをコントロールする彼は、今も世界屈指のDFと言って良いだろう。
     
     彼にはこれまで、今夏でバイエルンを退団するのではないか? という噂がついて回っていたが、『スポーツビルト』のインタビューで、自ら「輝かしい名声と伝統を持つバイエルンでプレーし続けることしか考えていない」と移籍を否定している。
     
    「あまり試合に出られなかったので満足していない」と今シーズンを振り返り、今後の巻き返しを誓って「時間をかけて準備をしていく」と語ったボアテングは、また同メディアに対して、これまで対戦してきた強力アタッカーについても言及している。
     
    『スポーツビルト』の「これまで対峙したなかで、最も大変だった選手は?」という質問対し、彼は「メッシとC・ロナウドは最も嫌な相手だね。ただ、アザール、ネイマール、ベンゼマも同じぐらい難しい相手さ」と回答した。
     
    では、「メッシとC・ロナウドでは、どちらが嫌な相手か?」と問われると、「メッシはシンプルに嫌な相手だね。とにかく、止められないんだ。それに比べると、まだC・ロナウドのほうが楽だと思う。彼の場合は、身体能力に頼る部分が大きいからね」と言う。
     
    今シーズンのチャンピオンズ・リーグ準々決勝では、C・ロナウドに2戦合計で5ゴールを決められたボアテングだが、それでも彼にとって世界一の攻撃選手はメッシだということになるのか?
     
    「ただ、C・ロナウドは最近、プレーのスタイルが少し変わってきたね。ドリブルをあまり多用せず、前線でフィニッシュに絡むことが多くなってきた。あれのほうが、DFにとっては嫌なんだよ。彼は信じられないタイミングでシュートを撃ってくるからね」
     
    高度な技術を駆使してドリブルで迫って来る相手と、身体能力と技術を活かしてゴール前で勝負を仕掛けてくる相手……いずれ甲乙つけがたいということだろうか。世界一のDFの見解をもってしても、現在のサッカー界の最大の疑問に明確な答えを出すのは難しいようだ。
     
    なおボアテングは、このふたりに限らず、優れたストライカーには共通する特徴があると語っている。「メッシ、C・ロナウド、スアレス、ネイマール……彼らはみんな、相手DFが怖れを感じると、それを敏感に嗅ぎ取る。結果、あっという間にDFは破られてしまうんだ」

    SOCCER DIGEST Web 5/26(金) 18:52配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170526-00026147-sdigestw-socc

    写真
    続きを読む

    907509_w2

    1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/05/26(金) 00:52:56.32 ID:4pBgvd16r.net
    ワイやで
    ラウールとかめっちゃ好きやったわ
    2:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/05/26(金) 00:53:21.91 ID:KiCW+qI50.net
    イグアインとコンビの頃か
    グティ好きだったな
    4:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/05/26(金) 00:53:52.85 ID:4pBgvd16r.net
    クリロナが9番つけとったw
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ