海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 海外サッカー選手

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/02(水) 18:08:27.44 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナはブラジル代表FWネイマールに対してパリ・サンジェルマン移籍のため、練習を離脱する許可を出した。公式ツイッターで明かしている。

    『Goal』では、2日にネイマールがバルセロナの練習に復帰して残留へ有利に働くかと伝えていた。しかし、それはネイマールにとってバルセロナでの最後の練習で、チームメイトに別れを告げるための機会を設けるための場となったようだ。

    クラブは公式ツイッターで2日、「ネイマールに対して練習に出席しないことを許可した」と伝え、移籍が完了間近であることを明かした。

    ネイマールはこれからPSG移籍のため、フランスの首都パリへ飛ぶと見られ、2億2000万ユーロ(約286億円)という史上最高額のビッグディールは間もなく成立すると見られる。なお、ネイマールが新天地で受け取ることになる年俸は3000万ユーロ(約39億円)程度となりそうだ。
    2017-08-02_19h27_23
    8/2(水) 17:49配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170802-00000017-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/02(水) 09:35:54.42 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは脱税疑惑があったとして、現地時間31日にスペインの裁判所に出廷した。スペイン紙「マルカ」によると詰めかけた多くのメディアに対して無言を貫いたが、その後リリースを送付。脱税疑惑を全面的に否認した。

    ロナウドは2011年から2014年までの間に、スペインの税務局に対して肖像権による取得を少なく申告し、計1470万ユーロ(約19億円)を脱税したとして6月に訴追されていた。今夏大きく報じられたレアルからの退団騒動もこれが一因と伝えるメディアも多かったが、この日ロナウドは裁判所に出廷。聴聞会で税務申告書に対して、隠している収入はないと改めて証言したという。

    世界的スーパースターの出廷ということもあり、裁判所には計215人のメディアが押し寄せたという。しかしロナウドは、一言も言葉を発することなくその場を去った。その一方で、以下のような声明を発表している。

    メッシは懲役21カ月の判決を受けたが…

    「僕は何も隠していないし、脱税を企ててもいない。スペインの税務当局にはすべての収入を申告しているし、自主的に税金を支払おうとしている。なぜなら僕にも租税義務はあるからだ。自分自身が尋ねるアドバイザーも、それを知っている。なんの問題も起こしたくないから、適切に支払いたいと思っている」

    事件への関与を否定したロナウドだが、同じ案件でバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは懲役21カ月(収監は回避)の有罪判決を受けている。果たしてロナウドに下る裁定は、どのようなものになるのだろうか。
    2017-08-02_11h55_44
    8/1(火) 14:10配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170801-00010007-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/02(水) 09:25:59.25 ID:CAP_USER9.net
    パリ・サンジェルマンへの移籍報道が過熱しているバルセロナのブラジル代表FWネイマール。まだ移籍は決まっていないが、サポーターの中にはすでに「裏切り者」と見ている人もいるようだ。スペイン紙『マルカ』が1日に報じた。

    ネイマールは今夏、史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(約289億円)でパリ・サンジェルマンに移籍する可能性が連日報道されている。移籍はほぼ決定的とも報じられている中、この騒動でネイマールとバルセロナのチームメイトの間に“亀裂”が入りつつあるという情報も浮上している。

    さらにバルセロナの一部ファンもネイマールの移籍騒動にイラ立っているようだ。同紙によると、バルセロナのホームスタジアムであるカンプ・ノウの周辺に、「指名手配:裏切り者」と書かれた張り紙があったという。その“手配書”には、額にドルマークが描かれたネイマールの写真とともに、「金目当てのやつは出て行け、バルセロナはこのユニフォームを愛する選手のためだけにある」と記されている。

    今最も注目を集めるネイマールの移籍騒動。パリSGに移籍しても、バルセロナに残っても後味の悪い騒動となりそうだ。

    サッカーキング2017年8月2日06時06分
    https://news.infoseek.co.jp/article/soccerking_620395

    写真
    2017-08-02_11h48_14
    続きを読む

    1:イコ ★@\(^o^)/:2017/08/01(火) 13:13:53.15 ID:CAP_USER9.net
    ネイマールは沈黙のままFCバルセロナのアメリカツアーを終えているが、本当に話したい人には自分の気持ちをしっかりと伝えているようだ。スポルトはアメリカ滞在していたネイマールがフィリペ・コウチーニョにメッセージを送っていたという情報を得ている。ネイマールはコウチーニョに対してバルサのオファーを断り、パリ・サンジェルマン(PSG)のオファーを受けるように頼んだということである。

    ネイマールはプレシーズンでフランス行き決断し、ネイマールの父親がカタール・スポーツ・インベストメント(QSI)と全てを締結している。全ての契約は出来上がっており、近日中にサインされることになるだろう。

    そして、PSGはネイマール獲得への自信を生かして、コウチーニョ獲得も画策している。92年生まれの2人は14歳の時から各年代のブラジル代表として共に戦ってきており、昨シーズンにはブラジル代表の監督チッチがリバプールのコウチーニョを代表に招集し、再び2人の共演が見られている。

    そして、このコウチーニョ獲得においてもバルサとの熾烈な競争になるだろう。しかし、現状はネイマールの要求ではあるもののバルサがこの競争では一歩リードしており、ここ数ヶ月スポルトが報道しているようにテクニカル・セクレタリオが根気強くこの件について動いている。

    ■チームの競争力
    バルサが静かに状況を見守っているのに対して、ネイマールはPSGでのチームを考えている。そして、自分自身が中心選手になるだけでなく、補強についても考えており、その1人としてコウチーニョを推薦しているということである。

    ■戦術的賭け
    ネイマールを喜ばせるコウチーニョ獲得はバルサのテクニカル・セクレタリオ戦略的賭けであったものの、現在ではネイマールの代役となっている。実際、2人のポジションは同じである。

    バルサはこのオペレーションに関して非常にうまく進めており、選手自身もカンプ・ノウでプレーしたいと考えている。しかし、バルサのオファーはリバプールによって2度退けられているということであり、バルサはコウチーニョ獲得に向けて最終オファーに向けて準備している。

    なお、バルサはコウチーニョ自身がバルサに加入したいことも知っている。なぜなら、もしネイマールとプレーしたいのであれば、チアゴ・シウバ、マルキーニョス、ダニ・アウベス、ルーカス・モウラなどブラジル人を多く保有しているパリにすでにいるはずだろう。
    2017-08-01_17h22_09
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170801-00010009-sportes-socc
    続きを読む

    1:trick ★@\(^o^)/:2017/08/01(火) 06:48:03.18 ID:CAP_USER9.net
    20170724_cassano_getty-1
    お騒がせカッサーノ、やっぱり現役引退否定。「辞めるなんて一度も言ってない」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170731-00224329-footballc-socc

    7/31(月) 21:29配信

    元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが、現役継続の意思を明言した。伊紙『ラ・スタンパ』のインタビューで語っている。


    フリートランスファーだったカッサーノは、今月10日にエラス・ヴェローナと契約した。しかし、8日後に現役引退の話題が出ると撤回を繰り返した末、24日に現役引退を宣言。27日にヴェローナとの契約を解除した。

    だが、一部で報じられていたとおり、カッサーノはまだスパイクを脱ぐつもりがないようだ。同選手は「人生は選択の連続で、考え直すことなんて世界で何億回も起きている。ただ、サッカー選手がそれをすると、いろいろと言われてしまう。それがカッサーノとなれば、クレイジーと言われてしまうんだ」とコメント。「人生で何度も良くないことをしてきた。でも、愚かじゃない。いつだって筋は通してきた」と述べている。

    すぐにヴェローナが自分の環境ではないと悟ったカッサーノ。契約解除にかんするクラブとの話し合いでは、「引退するとは一度も言わなかった。違うことが書かれたけど、それが真実だ」とのこと。「だからヴェローナは、ほかのクラブに加入した場合の違約金を設定してきたんだ」と明かしている。

    「僕を必要とする人は、僕に連絡しなければいけない。僕に代理人はいないよ。リミット? 9月だ。そうでなければ家にいるよ」とカッサーノ。35歳のお騒がせ男に声をかけるクラブは現れるだろうか。
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/08/01(火) 00:22:48.25 ID:CAP_USER9.net
    ■バルセロナ時代の年俸の2倍

    バルサとの契約を延長していたネイマール。取り決められた年俸は1,500万ユーロ(約19億5,000万円)である。しかし、ネイマールの周囲はこの額に不満だった。なぜなら、レオ・メッシやクリスティアーノ・ロナウドといった選手はそれを大きく上回る額で契約を更新している上に、中国スーパーリーグへ移籍した選手をも下回っていたからだ。

    こうしてネイマール側はバルサではこれ以上条件の向上を期待できないと見て、欧州の強豪にオファーを募った。しかしプレミアリーグのクラブらは金額にしり込みし、2億2,200万ユーロ(約288億5,000万円)の支払いに応じることのできるクラブはPSGのみだった。
    ネイマールはPSGと5年契約を締結するが、年俸は税引き後で3,000万ユーロ(約39億円)であり、バルサ時代の年俸の2倍である。

    さらに、PSGの目標とするタイトル(いくつかはフランスリーグの獲得が容易なものである)を獲得したあかつきには、報奨金が加味されて年俸は5,000万ユーロ(約65億円)にまでアップする。またさらに、移籍報奨金の6,000万ユーロ(約78億円)と別途ネイマール父への報奨金が支払われるのだ。この上、様々な企業との宣伝活動契約による収益も大きい。

    こういった事情により、ネイマールはPSG移籍を決意した。この契約により、選手活動が終了するまで、ネイマール巨額の富が支払われ続けるだろう。おそらくカタールで開催されるワールドカップにはネイマールのイメージが多く使用され、フランス国内の様々な企業の広告塔になるだろう。バルサ離脱によりついた悪評は払拭されることだろう。

    移籍への道は決して平たんではなかった。しかし、現在契約文書は多くの顧問弁護士や専門家の検閲を経て完璧に仕上がっている。サッカーの歴史を塗り替える移籍が実現する日も近い。少なくとも、経済的な意味においてはネイマールがPSGのみならず世界のサッカーのリーダー的存在になるだろう。PSGはその強大な資金力で、必ずネイマールを獲得できると確信していたのだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00010009-sportes-socc


    ブラジル代表FWネイマール(25=バルセロナ)の、フランス1部パリサンジェルマン(PSG)移籍がいよいよ秒読み段階に入ってきた。複数の欧州メディアによると、一両日中にも正式に発表される可能性があるという。

    PSG移籍後、クラブが掲げた目標を獲得することで、ネイマールは世界一高額所得の選手になることを約束されている。
    またそれだけではなく、肖像権によりフランスでネイマールは莫大な富を築くだろう。数日前からネイマールとPSGの移籍契約は口頭で結ばれており、今は選手自身の署名を待つばかりだ。このオペレーションに介入する複数の弁護士事務所や税理士の手腕により、PSGは違約金を異なる経路で支払うことができる。

    移籍金は史上最高額だったポグバ(マンチェスターU)の2倍以上となる2億2200万ユーロ(約289億円)。これに5年契約とみられるネイマールへの年俸などを加えると、PSGはブラジル代表FWを獲得するために5億ユーロ(約650億円)以上のお金を投資する見通しになる。

    そんな中、ネイマールの父ネイマール・シニアさんがPSG側に「正式契約をもう少しだけ待って、8月中にしてくれ」とお願いしているという。

    英タイムズ紙(電子版)によると、ネイマールは昨年10月、バルセロナとの契約延長に合意した。その中の条項で、ネイマールが今年の7月いっぱいまでクラブにとどまった場合にのみ、ネイマールパパに契約延長の手数料が支払われることになっているという。

    その手数料の額がハンパない。庶民の我々には到底想像もできない2330万ポンド(約34億8000万円)だ。

    ネイマールパパはPSGとの契約を7月31日から8月1日に、たった1日引き伸ばすだけで、昨年10月にバルサと契約延長した際の手数料約35億円を手にすることができるのだ。そりゃ必死になってPSGに「発表を遅らせてくれ」とお願いするはずだ。

    加えて、ネイマールパパは今回PSGへの移籍が成立すれば、その手数料も手にすることになる。そんなわけで、ネイマールパパ的に、息子のバルサ残留だけはあり得ない。バルサファンには申し訳ないが、メッシ、ネイマール、スアレスのトリオは見納めの可能性が非常に高い。
    2017-08-01_07h37_59
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-01865178-nksports-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/07/31(月) 17:39:47.51 ID:CAP_USER9.net
    元ブラジル代表MFロナウジーニョは、サッカー選手としてキャリアを続けるには年齢的に厳しいと明かした。30日にホンジュラスで行われた親善試合、モタグア対レアル・エスパーニャ戦(0-2)終了後にインタビューに応じている。

    現在37歳のロナウジーニョだが、2015年9月に所属していたブラジル・フルミネンセとの契約を解除して以来、世界各地で開催されている親善試合などでのプレーを続けている。30日はホンジュラスを訪れ、地元2クラブによる親善試合に参加し、45分間ずつ両クラブのイレブンに加わってプレーした。レアル・エスパーニャに加わった後半にはアシストも記録している。ロナウジーニョの活躍に現役復帰を期待するファンも多いが、本人は年齢を考慮するとプロ選手としてプレーすることはもうないと告白している。

    「選手にとって大好きなサッカーを辞めることは難しいと思うが、僕は年を取り過ぎてしまったと思う。世界中にサッカースクールを開きたいと考えている。このプロジェクトを通じて、サッカーの発展に寄与していきたい」

    ロナウジーニョは現在もバルセロナの親善大使としてサッカーの振興に努めているが、今後も活動を拡大していく意向を示した。
    2017-07-31_18h02_47
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000015-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/31(月) 06:57:28.67 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナのブラジル代表FWネイマール(25)が、31日にもパリSGへの移籍を発表する可能性が出てきた。スペイン紙スポルト(電子版)は29日に「ネイマールは既にパリSG移籍に合意し、週明けにも正式に発表される」と報道。移籍金は史上最高となる2億2200万ユーロ(約289億円)となる見通し。

    ネイマールは29日、米マイアミで親善試合Rマドリード戦に先発し後半27分までプレー。決勝点をアシストして3―2の勝利に貢献した。その後、中国で個人の商業活動を終えた後、パリSGの親会社があるカタール・ドーハで契約書にサインする可能性が高いという。
    2017-07-31_08h14_44
    7/31(月) 6:01配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000041-spnannex-socc

    ネイマール離脱後 バルサの計画とは?2-3名の選手確保を約束
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00010000-sportes-socc
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/07/29(土) 22:23:19.21 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナFWネイマールが、チームメートに同クラブを退団する旨を伝えた模様だ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。

    パリ・サンジェルマン(PSG)加入が濃厚と報じられるネイマールだが、27日にバルセロナのチームメートに対して移籍の意思を伝えたとみられる。

    一方、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長らバルセロナの幹部陣は、ネイマール及び同選手の父親ジョルダン氏から、どのようなプランを有しているかを聞かされていないという。バルセロナ幹部陣はネイマールに関する情報をメディアを介して耳にしている状況で、選手本人が移籍の意思を公表することを望んでいるようだ。

    『ムンド・デポルティボ』はまた、PSGが来週にもネイマールとバルセロナの契約解除金2億2200万ユーロを支払い、獲得を決める考えとも報じている。
    2017-07-29_22h40_45
    GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00000021-goal-socc
    続きを読む

    1:イコ ★@\(^o^)/:2017/07/29(土) 17:34:24.41 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナはブラジル代表FWネイマールが移籍した場合に備えて、ベルギー代表MFエデン・アザールを獲得する意思がある。アメリカメディア『ESPN』が29日付けで報じている。

    バルセロナで5年目を迎えようとしているネイマールだが、今夏にパリ・サンジェルマンへの移籍話が浮上。歴代最高金額2億2200万ユーロ(約285億円)もの移籍金が動くと予想されており、同メディアは次の月曜日か火曜日には進展があると予想している。

    スペイン紙『アス』によると、パリ・サンジェルマンは移籍金を下げて数人の選手とネイマールをトレード移籍させる可能性もあるという。トレードの対象になるのはアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア、ブラジル代表MFルーカス・モウラ、フランス代表MFブレーズ・マテュィディと噂されている。

    また、バルセロナがリヴァプールのブラジル代表MFフェリペ・コウチーニョをネイマールの代役として獲得しようとしていることも、今回の移籍騒動に拍車をかけている。しかし、ここに来てバルセロナに新しい代役候補が浮上している。それがアザールだ。さらに、トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリの獲得も狙っているという。

    ネイマールの契約解除金は2億ユーロ(約260億円)と言われており、この金額を元手にバルセロナはプレミアリーグのスター選手を狙っている、と同メディアは締めくくった。
    GettyImages-689818982-1
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00618879-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ