海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 海外サッカー選手

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/03/30(木) 06:09:23.38 ID:CAP_USER9.net
    世界中のフットボール・ファンをその技巧で魅了してきた元ブラジル代表のロナウジーニョ。そんな稀代のクラッキが今度は自身の歌声でファンを虜にしようと、3月21日に歌手デビューを飾った。

    2015年にフルミネンセ(ブラジル)を退団して以来、無所属となっているロナウジーニョは、正式な現役引退は表明していないものの、いまやセミリタイア状態。ただ、頻繁にチャリティーイベントに参加するなど、その存在感はいまだ健在だ。

    ロナウジーニョは無類の音楽好きとして知られ、これまでもラップやレゲエなど複数のアーティストのミュージックビデオに出演。昨年9月には「音楽と関連した新プロジェクトを考えている。音楽はずっと好きだから、他の仕事よりも多くの時間を割いている」と本格転身をほのめかしていた。

    そんなロナウジーニョは、自身37回目の誕生日となる今年3月21日に自らのYouTubeアカウントを更新し、『Sozinho』をリリースしたのだ。

    「孤独」を意味するタイトルがつけられたこのシングルは、ロナウジーニョ名義では初となる一曲で、本人は「ありがとう!友よ」とファンへの感謝を口にしている。

    ゆったりとしたソフトサンバ調のリズムで、自身のキャリアを歌ったロナウジーニョ。曲中では,、「初めて孤独。その孤独を越えて、強さと信頼を持ち続ける」と意味深な言葉を残している。

    いずれにしても、歌手として本格的な活動をスタートさせたロナウジーニョが、フットボーラーとしてピッチに戻ってくる日はもうないのかもしれない。少し寂しい気もするが、アーティスト活動への興味は尽きない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12864785/
    2017年3月29日 19時10分 サッカーダイジェストWeb

    続きを読む

    2017-03-23-robben_u2i85j9rwh4f1r8osvdu3sv0o

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/29(水) 21:38:20.81 ID:CAP_USER9.net
    「オレに新監督を選ばせろ」――。オランダ代表主将のFWアリエン・ロッベン(33=バイエルン・ミュンヘン)がオランダ協会に対し、同代表の新監督選出に関わりたいという異例の要求を突きつけた。

    オランダは18年W杯ロシア大会の欧州予選A組で、25日にブルガリアに0―2で敗れて4位に転落。26日にダニー・ブリント監督(55)が解任された。後任は未定となっている。

    コーチのフレッド・グリム氏(51)が暫定で指揮を執った28日の親善試合イタリア戦(●1―2)の後、ロッベンは地元NOSテレビで「自分とスナイデル(ガラタサライMF)は代表で14年プレーしている。様々な監督の下で経験を積み、このチームのニーズが分かっているし、このグループに合う監督について良いアイデアがある。オランダ協会に監督選びのプロセスに関わりたいと伝えた」と語った。

    監督に選ばれるべき選手が、逆に監督選びに関与するのは本来ありえないこと。新指揮官から招集されない可能性があるが「(代表を)やめる気はない。オレとウェズレイ(スナイデル)は協会と選手のつなぎ役だからこそ監督選びに関わりたいんだ」と主張した。

    地元メディアでは、後任候補に、元オランダ代表監督で昨季までマンチェスター・ユナイテッドを率いたルイス・ファンハール氏(65)が上がっている。ロッベンは「オレの候補リストにファンハールは入っているが、具体的な名前を言うのは時期尚早だ」と本気で新監督候補をリストアップする構え。異例の要求がオランダ協会に認められるか、実際に誰が次のオランダ代表を率いるのか注目を集めそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000149-spnannex-socc
    続きを読む

    1:大翔 ★@\(^o^)/:2017/03/29(水) 12:20:44.96 ID:CAP_USER9.net
    2017-03-29_13h17_09
    SOCCER KING 3/29(水) 9:38配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00568830-soccerk-socc

    2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選第14節が28日に行われ、ボリビア代表とアルゼンチン代表が対戦した。

    アルゼンチンは前節、リオネル・メッシがPKを決めてチリ代表に1-0で勝利。2連勝で出場権獲得圏内の3位に浮上した。だが、メッシが同試合で副審に暴言を吐いたとして、28日にFIFA(国際サッカー連盟)から4試合の出場停止処分を言い渡された。試合当日に絶対的エースの欠場が決まったアルゼンチンは、9位に沈むボリビアとのアウェイ戦に臨んだが、開催地のラパスは標高3500メートル超えの難所。エース不在で高地での厳しい戦いを強いられることとなった。

    試合は31分にボリビアの先制で動く。右サイドのパブロ・エスコバルからのロングボールにフアン・カルロス・アルセが反応。ペナルティエリア内中央でゴールを背にしながら頭で合わせると、シュートは枠の右隅に決まった。さらに52分には左サイドを抜け出したホルヘ・フローレスがエリア内左の深い位置まで進入しクロス。ファーサイドでフリーのマルセロ・マルティンス・モレノがワントラップから右足シュートを突き刺し、追加点を奪った。

    苦戦するアルゼンチンは55分にアンヘル・コレアを下げて、セルヒオ・アグエロを送り出し、反撃に力を入れる。69分にはエンソ・ペレスに代えてマルコス・アクーニャを投入。すると直後の70分、アクーニャがエリア手前左から強烈な右足シュートを放つが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。

    アルゼンチンは攻勢に出たものの、反撃が実らないままタイムアップ。メッシ不在と高地での戦いが影響し、0-2で下位のボリビアに痛恨の敗戦を喫した。

    【スコア】
    ボリビア代表 2-0 アルゼンチン代表

    【得点者】
    1-0 31分 フアン・カルロス・アルセ(ボリビア)
    2-0 52分 マルセロ・マルティンス・モレノ(ボリビア)
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/29(水) 00:09:12.06 ID:CAP_USER9.net
    FIFA(国際サッカー連盟)は28日、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシに対し、FIFA公式戦4試合の出場停止処分と罰金を科したと発表した。

    メッシは23日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選第13節のチリ代表にフル出場したが、試合後、副審に対して侮辱的な言動をしたことが映像で判明したと報じられていた。

    FIFAはメッシが副審に侮辱的な発言があったことを認め、公式戦4試合の出場停止と、1万スイスフラン(約112万円)の罰金処分を科したと発表。出場停止は28日に開催されるW杯南米予選第14節でのボリビア代表とのアウェイゲームから適用されるため、処分発表日の試合に出場できないこととなった。

    W杯予選で現在3位のアルゼンチンは、予選残り5試合となっているが、試合直前での処分発表となったボリビア戦、8月31日のウルグアイ戦(アウェー)、9月5日のベネズエラ戦(ホーム)、10月5日のペルー戦(ホーム)に出場できないこととなる。
    2017-03-29_00h53_03
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00568628-soccerk-socc
    続きを読む

    ダウンロード

    1:シャチ ★@\(^o^)/:2017/03/28(火) 10:31:52.61 ID:CAP_USER9.net
    スポニチアネックス 3/28(火) 10:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00000080-spnannex-socc
    ◇W杯欧州予選F組 イングランド2―0リトアニア(2017年3月26日)

    F組首位のイングランドは26日、ホームでリトアニアに2―0と快勝。無敗(4勝1分け)をキープし、勝ち点を13に伸ばした。3年4カ月ぶりに復帰したFWジャーメイン・デフォー(34=サンダーランド)が前半22分に先制点を挙げ、13年3月のサンマリノ戦以来4年ぶりの得点をマーク。今回選出外となった主将のFWウェイン・ルーニー(31=マンチェスターU)は自身の“代役”が活躍したことで、立場がより厳しくなった。

    “ルーニー不要論”を加速させる活躍だった。今回のメンバーで最年長の34歳FWデフォーが復活弾。前半22分、左サイドを突破したMFスターリングからの折り返しを右足で押し込んだ。「代表に復帰できたのは特別」と感激の表情。試合前に一緒に入場した、小児がんと闘う5歳のブラッドくんに4年ぶりの代表ゴールをささげた。

    1トップで先発したデフォーに代わり後半15分から出場したバーディーが同21分に追加点。MFララナの好パスを中央で受けて今予選初得点を決めた。エース不在の攻撃陣が機能し快勝。ルーニーに代わってゲーム主将はGKハートが務め、背番号10は20歳のMFアリがつけてトップ下で躍動した。デーリー・テレグラフ紙は「イングランドはルーニーがいなくても前進できることを示した。クラブでの状態が上がらなければ復帰させる理由はない」と切り捨てた。

    イングランド代表でルーニーの実績は圧倒的だ。03年に当時史上最年少の17歳111日で初出場。同年の史上最年少の17歳317日での初ゴールを皮切りに14年連続で53得点を積み重ねた。15年には伝説のボビー・チャールトン氏(49得点)を抜いて最多記録を樹立。一方で近年、クラブでの成績は急降下。昨季はケガや中盤でプレーした影響もあってリーグ8得点に終わり、2桁得点が11季で途切れた。今季は大型補強や自身の不調で出番が減り、リーグ18試合2得点にとどまっていた。

    昨年12月に暫定監督から正式に昇格したサウスゲート監督は実績よりもクラブでの調子を重視し、今回ルーニーを選ばなかった。英紙サンによると負傷以外でのメンバー落ちはデビュー以来初めてで、指揮官は「他の選手はクラブで結果を残している。代表入りは競争だ」と特別扱いしない考えを明確にした。

    FWの中心は昨季プレミアリーグ得点王の23歳ケインで不在のチャンスにデフォー、バーディーが猛アピール。2列目もアリ、ララナがともに活躍した。サウスゲート監督は25日の会見で「もちろん構想に入っている。代表を引退する理由はない」と浮上してきたルーニー引退論を否定したがクラブで復調し結果を残さなければ、本当に代表引退に追い込まれかねない情勢だ。
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/27(月) 23:06:29.03 ID:CAP_USER9.net
    「フランスは僕がプレーしたことのないところだし、悪くないね」

    ただのリップサービスなのか、それとも――。
    チェルシーに所属するスペイン代表FWのジエゴ・コスタが、フランス・メディアでリーグ・アン移籍の可能性に扉を開けた。
     
    イングランドでの生活への適応問題もあり、昨夏に古巣アトレティコ・マドリーへの復帰に動いたとされるD・コスタは、今冬のマーケットでも中国リーグへの移籍が騒がれた。今シーズンのプレミアリーグで17ゴールを挙げているチェルシーのチーム得点王だが、去就に関する噂は絶えない。
     
    そのD・コスタは現地時間3月28日のフランス戦(国際親善試合)を前に、同国の『テレフット』のインタビューに応じた。この中で酒井宏樹が所属するマルセイユについて、「彼らに素晴らしいプロジェクトがあり、成長中なのは本当だね」と称賛。同クラブは昨年10月にアメリカン人実業家のフランク・マッコートが新オーナーに就任し、今冬にはフランス代表MFでOBのディミトリ・パイエを2500万ポンド(約35億円)で獲得するなど、名門復活に向けて意気込んでいる。
     
    さらに、D・コスタは「僕はチェルシーでとても満足している。でも、サッカーではどんなことも起こりうるんだ。もしも変えなければいけないのなら、フランスは僕がプレーしたことのないところだし、悪くないね」と、リーグ・アンでのプレーに前向きな姿勢を見せた。
     
    「パリ・サンジェルマンがヨーロッパでリスペクトされているチームなのは、みんなが知っていることだ。モナコにも素晴らしいプロジェクトがあり、見事な選手たちがいる」
     
    今シーズンはアントニオ・コンテ新監督の下で再生し、自身2度目となるプレミアリーグ制覇に向かっているD・コスタ。スペインとイングランドでゴールを量産してきたストライカーが、今夏にフランスの「3強」に新たな活躍の場を求めるのか注目される。
     
    なお、スペイン代表は26日、D・コスタが足首の負傷で同日の練習を切り上げたと発表。検査の結果で問題は見つからなかったとのことで、チームに残って代表のメディカルスタッフによる治療を受けるが、フランス戦への出場が危ぶまれている。
    2017-03-28_08h35_24
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170327-00023913-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:大翔 ★@\(^o^)/:2017/03/27(月) 12:14:25.97 ID:CAP_USER9.net
    2017-03-27_13h05_37
    theWORLD(ザ・ワールド) 3/27(月) 11:20
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00010005-theworld-soce

    バルセロナでプレイするFWネイマールは、いずれチームメイトのリオネル・メッシとレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドから世界最高の選手の座を奪うと言われている。今のところはメッシの方がまだ上といった印象だが、かつてミランなどで活躍したDFアレッサンドロ・コスタクルタ氏はすでに超えたのではとの見方を示している。

    伊『Calciomercato』によると、同氏は「ネイマールにはバロンドールを獲得する資質がある。実際、私は現時点でネイマールはメッシとロナウドよりも良いと思っている。彼は現時点で2017年最高の選手だよ。彼のプレイをメッシやロナウドと比較すると、私は現時点でネイマールの方が良いと思う」とコメントしており、2017年に入って最初の3ヶ月ではネイマールの方が上との考えだ。

    ネイマールは今季前半戦こそ得点が少ないと批判も受けたが、後半戦ではPSGとのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグの終盤に異次元のパフォーマンスを見せてチームを奇跡の勝利に導くなど、決定的な働きを見せている。一時はメッシよりネイマールの欠場の方が痛いとさえ言われ、ブラジルの至宝の評価は確実に上がっている。

    問題はこれを最後まで継続できるかどうかだが、2017年は世界最高の座が入れ替わる年になるかもしれない。コスタクルタ氏は現時点でネイマールの方がリードしていると考えているようだが、今年中にもネイマールはメッシとロナウドを世界最高の座から引きずり下ろすか。
    続きを読む

    1:カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@\(^o^)/:2017/03/26(日) 15:24:35.37 ID:CAP_USER9.net
    チェルシー、ネイマール獲得でバルサと合意へ 移籍金215億円と伊紙

    theWORLD(ザ・ワールド) 3/26(日) 14:20配信

    破格の移籍金が成立か

    イングランドプレミアリーグのチェルシーは今夏、大物を招き入れることになるかもしれない。同クラブのロシア人オーナー、ロマン・アブラモビッチがバルセロナとブラジル代表FWネイマールの獲得で口頭合意に達したという。

    世紀のビッグディールの合意を報じたのは伊紙『Tuttosport』だ。同紙は、石油王のアブラモビッチ氏がバルサとネイマールの移籍に関する“口約束”を取り付けたとし、電撃移籍成立の可能性を伝えている。曰く、チェルシーは25歳のブラジル人ドリブラー獲得に1億8000万ユーロ(約215億円)を支払う覚悟があり、仮に実現すれば現在のサッカー界における移籍金記録を当然ながら更新することになる。

    しかしながらこの衝撃的な契約成立に“待った”をかけているのが、絶好調のチェルシーを指揮するアントニオ・コンテだという。同監督は新たな選手を加入させる前に、まずはチームから放出する選手を決めたい方針を示しており、これが“ネイマール獲得”を妨害している状況だと同紙は伝えている。

    バルセロナではリオネル・メッシに勝るとも劣らない活躍ぶりでチームの攻撃を牽引する存在にまで急成長を果たしたネイマール。先日はプレミアリーグでのプレイを望むコメントも残しており、今後の動向には多くの注目が集まることだろう。
    2017-03-26_15h38_43
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00010010-theworld-socc
    続きを読む

    1:イセモル ★@\(^o^)/:2017/03/22(水) 18:52:31.83 ID:CAP_USER9.net
    23726_ext_04_0
    ローマに所属するベルギー代表MFのラジャ・ナインゴランは、自身が愛煙家であることを強調し、「それを恥じるつもりはない」と豪語した。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

    3月の代表国際ウィークで、ワールドカップ欧州予選でギリシャ(25日)、国際親善試合のロシア(29日)の2試合を戦うベルギー代表のメンバーに招集されたナインゴランは、以前から喫煙に及んでいたことが問題視されていた。

    現ベルギー代表指揮官のロベルト・マルティネスからは、「チームの一員になるのであれば、彼は受け入れるべき規則を守る必要がある」と指導され、昨年10月と11月は招集外となっていた。

    そんななかで再び招集されたナインゴランだが、「俺はタバコを吸っているけど、恥ずかしいとは思わない。それはみんな知っているし、隠したこともない」と、堂々とメディアの前で宣言したのだ。

    さらに「手本を示すべきだということは分かっている。自分の子供たちもいるしな。だけど、自分はサッカーの仕事を上手くやれていると思っている。これが重要なことだ」と、プレーに影響はないことを強調した。

    >>2 へ続きます( ´ー`)y-~~
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/22(水) 10:47:49.45 ID:CAP_USER9.net
    19日に行われたリーガ・エスパニョーラ第28節バレンシア戦でバルセロナFWリオネル・メッシは2得点を奪い、チームを4-2の勝利へと導いた。

    まずは1-1で迎えた前半45分にPKをきっちり沈めて自身1点目を記録すると、バレンシアに追い付かれて迎えた後半7分にDFハビエル・マスチェラーノのパスをPA内で受けると、ワンフェイントでシュートコースを生み出して右足のシュートを突き刺した。

    クラブ公式ウェブサイトによると、この日の2ゴールでメッシの今季公式戦得点数は41(40試合)となり、09-10シーズンに47ゴールを記録してから8年連続での40ゴール越えを達成した。内訳はスペインスーパー杯で1、コパ・デル・レイで4、CLで11、リーガで25となっている。

    なお、メッシが最も得点を記録したのは11-12シーズンの73ゴール。今季のバルセロナはCLで準々決勝、コパ・デル・レイで決勝まで駒を進めており、リーガは10節残されている。メッシはゴール数をどこまで伸ばせるだろうか。
    news_slider_211980_1
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-01638023-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ