海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 海外サッカー選手

    1:Egg ★ :2017/10/04(水) 13:50:12.17 ID:CAP_USER9.net
    バルサの10番はやはり別格か

    かつてインテルなどで活躍した元ウルグアイ代表の魔法使い、アルバロ・レコバ氏が“史上最高のフットボーラー”について自身の見解を述べている。

    カルチョ全盛期を謳歌し、名門インテルで240試合以上に出場したレジェンドがTV番組『Jaque y Mate』に出演。そのファンタスティックな左足でセリエAを熱狂させた男は、同インタビューにおいて、バルセロナで活躍するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシこそがフットボール史上最高のプレイヤーだと断言した。

    「ものすごくハイレベルな争いだが、歴代でNo.1の選手はメッシだ。ディエゴ・マラドーナには申し訳ないが、実際のところ彼のプレイは少ししか見ていない。もちろんマラドーナもペレやその他の選手と同様に間違いなくベストの1人だと思うよ」

    長い年月を経ることでレコバ氏の指摘は正当化されるかもしれない。

    「15~20年の月日が経てば、おそらく人々はメッシを史上最強の選手として見なすことになるはずだ」

    多くの称賛と敬意、そしてあらゆる個人賞を総なめにするメッシ。やはりこの小柄な10番こそ、全てを見下ろすことのできるNo.1プレイヤーと言えるかもしれない。

    10/3(火) 17:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00010008-theworld-socc

    写真

    続きを読む


    2017-10-01_07h39_26

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/10/01(日) 01:53:41.17 ID:CAP_USER9.net
    第8節 9/30(土)24:00 パルク・デ・プランス

    パリ・サンジェルマン 6-2 ボルドー

    1-0 ネイマール(前半5分)
    2-0 エディンソン・カバーニ(前半12分)
    3-0 トマ・ムニエ(前半22分)
    3-1 ユヌセ・サンカレ(前半31分)
    4-1 ネイマール(前半40分)PK
    5-1 ユリアン・ドラクスラー(前半45分)
    6-1 キリアン・ムバッペ(後半13分)
    6-2 マルコム(後半45分)PK

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11044410

    順位表
    http://www.livescore.com/soccer/france/ligue-1/
    続きを読む

    1:数の子 ★@\(^o^)/:2017/09/30(土) 18:47:29.11 ID:CAP_USER9.net
    2017-09-30_21h00_25
    ネイマールが大きな希望を持ってパリに移り住んでから、約2か月が経過した。しかし、幸せな毎日を過ごしているかと言えば決してそうではなく、取り巻きの仲間たちと一緒に過ごす時間が唯一の気晴らしになっている。
     
    欧州サッカー界はここ数年、レアル・マドリーとバルセロナというスペイン勢が覇権を握る状況が続いている。パリSGはそうしたスペイン一強時代に歯止めをかけようとメガプロジェクトを立ち上げ、その最大の目玉として招かれたのがネイマールだった。
     
    しかし、勇躍乗り込んだ新天地で遭遇したのは、予想だにしなかったチームメイトによる激しい拒否反応だった。世間の注目を浴びたPK騒動でエディンソン・カバーニが見せたリアクションは、そのほんの一例に過ぎない。しかもネイマールにとって問題なのは、他のチームメイト、とりわけの重鎮組の多くも多かれ少なかれカバーニと同じ感情を抱いていることだ。


    省略

    そんな中、さっそく行動に出たのがD・アウベスだった。チームメイトをパリ市内のレストランに招待したのだ。しかし出席者の1人によると、そのディナーは和解のきっかけになるどころか、お通夜同然の重く沈んだ空気が拭えないまま終始したという……。


    全文はこちらからご覧ください
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170930-00030571-sdigestw-socc&p=1
    続きを読む

    2017-09-29_23h51_23

    1:プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/09/29(金) 22:31:00.81 ID:CAP_USER9.net
    サッカースペイン1部リーグ、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアノ・ロナウド(32)のスーパーカーコレクションがさらに充実。およそ250万ユーロ(約3億3000万円)する世界最速のスポーツカーとされる、ブガッティ・シロンを手に入れた。

    ロナウドが自身のソーシャルサイトで明らかにした。スペインのマルカ紙によると、シロンは1500馬力で、最高速度は時速420キロ。世界で500台しかされない貴重な車だという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00000083-dal-socc
    続きを読む

    1:Glide Across The Line ★@\(^o^)/ :2017/09/29(金) 21:06:06.09 ID:CAP_USER9.net
    2017-09-29_21h30_02
    9/29(金) 15:47配信
    デイリースポーツ
    松本人志「メッシが分からない」に小柳ルミ子がく然「ウソでしょ…」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00000071-dal-ent

    お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が28日に日本テレビ系で放送された「ダウンタウンDXDX」で、世界的サッカープレーヤーのリオネル・メッシの顔が「分からない」とコメント。ゲストで大のサッカーファンの小柳ルミ子から「うそでしょ?」とぼう然とされる一幕があった。

    番組では、ゲストの小柳が、年間2000試合も見るというサッカーについて熱弁。サッカー好きになったきっかけは2002年の日韓ワールドカップだったことや、その2年後にメッシがデビューしたことで更にサッカー熱が沸騰したことを明かした。

    小柳は「メッシの人となり、生い立ちとか知るうちに…」と言葉にすると松本が「そんなことも知ってるの?」と驚きの表情を浮かべた。小柳は「全部知ってます」と胸を張ったが、松本は「俺、正直、メッシとか言われても分からへんのやけど。メッシの顔が分からない」と正直に明かすと小柳は「うそでしょ?」と驚がくの表情。松本は更に「メッシとすれ違っても全然分からない」と続けると、小柳は「ちょっと!退場!」と驚きを隠せなかった。

    更に小柳は「メッシは私の神なの」「メッシが…」と言いかけたところで松本へ「何、その嫌そうな顔」と無表情の松本に苦言。松本は「メッシのこと知らんから、どうでもいい~って思っちゃう」と正直な気持ちを明かしていた。
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/29(金) 07:50:20.34 ID:CAP_USER9.net
    ついにネイマールがその胸中を明かした。エディンソン・カバーニとPKキッカーの座を争って以降、ようやくその想いをメディアの前で明かしたのだ。
     
    水曜日のチャンピオンズ・リーグ2節、パリ・サンジェルマンは強豪バイエルン・ミュンヘンを相手に3-0の快勝を収めた。カバーニとネイマールは揃ってゴールを決め、抱擁を交わす場面もあった。
     
    ネイマールがブラジル最大のTVネットワーク『GLOBO』の取材に応じたのは、その試合後だ。およそ10日間に渡って両選手の確執を大々的に煽り、様々なサイドストーリーを提供してきたメディアに対して、怒りをぶちまけた。
     
    「あれこれやり過ぎだし、でまかせの話ばかりだ。もうでっち上げはやめにしてくれないか。なんの根拠もなく、よくあれだけ話を作れるよ。俺たちのロッカールームを脅かすものでしかないし、いわれのない批判も終わりにしてほしい」
     
    バイエルン戦の前日会見で、パリSGのウナイ・エメリ監督は、あらためてPKキッカーはすでに決定済みだと発言した。どちらになったかは明言していないが、この点についてはネイマールも、「確かに決まっている。でもそれはロッカールームの外に持ち出すべき話じゃない」と語るにとどまった。
     
    同じタイミングでミックスゾーンに現われたカバーニも、「ひとにはそれぞれいろんな意見があり、価値観がある。でも、我々はファミリーだ。チームの勝利のためには、なにをおいても団結しなければならない」と、火消しに努めた。
     
    今週末のリーグ戦(ボルドー戦)が終われば、両選手ともナショナルチームでの活動に向かう。フランスの全国紙『Le Parisien』は「どちらも頭を冷やすにはいいタイミングだし、PSGにとっても渡りに舟だろう。火種は残るかもしれないが、もう表面化することはないはずだ」と記している。

    サッカーダイジェスト9/29(金) 4:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170929-00030517-sdigestw-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/28(木) 06:13:05.20 ID:CAP_USER9.net
    ベイルとの不仲説に「まだそんなことを言ってるのかい?」。
     
    試合後のミッスクゾーンは、一瞬にしてビッグスターの独壇場となった。
     
    火曜日のチャンピオンズ・リーグ1節、ボルシア・ドルトムントとレアル・マドリーの一戦はアウェーの後者が3-1で快勝。主役を張ったのは2得点を奪ったクリスチアーノ・ロナウドだ。
     
    普段はほとんどミッスクゾーンで報道陣に対応しないロナウドだが、よほど腹に据えかねていたのだろう。さまざまな疑問に対して時に怒りを露にし、時に皮肉を交えて反論し相次ぐ批判や契約延長問題、さらにはガレス・ベイルとの不仲説に至るまで──。
     
    まずは、今夏に大騒動に発展したマドリー退団発言についてだ。およそ18億円の脱税疑惑をかけられ、8月に裁判所へ出廷。その際、法廷で「もうスペインを離れてイングランドに戻りたい」と吐露したとされ、世界規模で波紋を広げ確かにカメラ映像にも収められていたが……。本人は「まったく、僕の口から直接聞いたわけじゃないだろ!」とまくし立て、こう続けた。
     
    「人びとはクリスチアーノを話題にする。世界中でだ。どこかにクリスチアーノの名前があれば、ワールドニュースになる。偉大な人間になれば、大衆は彼をいつも話題にするんだ。じゃあ僕は、なんでもかんでも答えなければいけないのか? 僕はメディアのために生きてるんじゃない、フットボールのために生きてるんだ」
     
    リーガ・エスパニョーラにおけるマドリーは開幕6試合を戦い、3勝2分け1敗と物足りないスタートを切っロナウドは出場停止が明けた5節ベティス戦、6節アラベス戦で合計18本のシュートを放つも無得点。さっそく槍玉に上がった。
     
    「毎試合、毎試合、自分がどれだけのものなのかを証明しなきゃいけないみたいだな。人びとの意見は僕を驚かせるよ。何度も言うが、どこもかしこもそんな話ばかりだ。プロフェッショナルだから批判されるのは宿命だし、心の準備はできている。でも、最近は日を追うごとに酷くなっていく。

    なんにせよ今日(ドルトムント戦)は、マドリーでの400試合出場を果たせてハッピーだよ。何点取って来たかはよく分からないけど(411得点)、いまの僕が僕であるのは、日々の鍛錬とチームメイトのおかげだ」
     
    最後に、ベイルとの不仲説についても口を割った。
     
    「まだそんなことを言ってるのかい? 僕たちはともにたくさんのゴールを決め、たくさんのトロフィーを獲得してきた。フットボールではよくこんなデマが出回る。そのたびに、『そんなのは間違っている』と言わなきゃならないのかい?」

    9/28(木) 6:04配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170928-00030461-sdigestw-socc

    写真

    続きを読む

    1:プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/09/27(水) 10:31:58.31 ID:CAP_USER9.net
    27日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節で、バイエルンはパリ・サンジェルマンをホームに迎え撃つ。優勝候補同士の大一番を迎えるが、オランダ代表FWアリエン・ロッベンは、チームに対する信頼と勝利への自信をもって試合に臨むようだ。26日付のドイツ紙『ビルト』が伝えている。

    今大会で優勝候補の一角と目されているバイエルン。しかしブンデスリーガでは、9日の第3節ホッフェンハイム戦で今シーズン初黒星を喫すると、22日に行われた第6節ヴォルフスブルク戦では2点リードを守り切れずに引き分けに終わった。

    まだシーズン序盤とはいえ、思うように勝ち点を伸ばせていないことから、今夏の移籍市場で大型補強を敢行したパリ・サンジェルマンを相手に苦戦するとの予想も少なくない。しかしロッベンは、「どうして苦戦すると思う?自分たちが良いプレーを見せられると確信している」とコメント。パリ・サンジェルマン撃破へ強気の姿勢を見せた。

    さらにロッベンは、パリ・サンジェルマンの大型補強について尋ねられると、「彼らが自分たちより少しだけお金を多く使ったのは事実だ。だけど、それは自分たちにとって重要なことではないよ。お金はゴールを決めたりはしない。大事なのは、チームのクオリティー。良いチームがゴールを決めるんだ」と語り、チームへの揺るぎない自信を示した。

    優勝候補の常連であるバイエルンが意地を見せるのか、それともパリ・サンジェルマンが敵地でサプライズを起こすのか。今大会の優勝の行方を占う大一番が迫っている。
    2017-09-27_16h37_16
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00648176-soccerk-socc
    続きを読む

    1:プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/09/27(水) 10:32:54.99 ID:CAP_USER9.net
    PSGの指揮官、ウナイ・エメリはPSGのロッカールーム内で生じたカバーニとネイマール間のトラブルへの対応がフランスメディアから疑問視され始めている。当初、選手の大量補強にブレーキをかけていたエメリは現在、PSGのロッカールームが直面する地獄のような状況を前にコントロールを失っているように思われる。

    エメリはこの問題に関してはっきりした答えを出しておらず、それはチームの秩序を乱す問題に発展した。そして、このスペイン人監督は未だにこの一件を解決し切れていないようだ。両者の気持ちを落ち着かせ、状況を修正しようとした彼の試みは失敗に終わった模様でネイマール、カバーニのどちらも譲歩していない。

    この高い緊張感の中、エメリはスポーツ・ディレクターや幹部達の具体的なサポートもなく、2つの強烈なエゴに挟まれている。『El Pais』紙の報道によると、この一触即発の状況でエメリは選手間の関係性を改善する事を目的にアクティビティーを企画しようとしているという。またアクティビティー以外にも選手達との個人面談やチームでのミーティングを計画している。

    しかし、先日行われたチアゴ・シウバの誕生日パーティーにPSGのチームメイト達が集まる中、カバーニが出席せず物議を醸すなど先行きは怪しいものとなっている。

    現在、最も重要なのはこのチーム内のごたごたが結果に反映されるのを防ぐ事である。現時点で、PSGは既にモンペリエを相手に最初のつまずきを見せている。
    2017-09-27_12h59_27
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00010005-sportes-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/26(火) 23:02:05.76 ID:CAP_USER9.net
    レアル・ソシエダの元ベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイは、マンチェスター・ユナイテッドで華々しいデビューを飾り、将来を嘱望されるタレントの一人だった。

    しかし、その順調なキャリアに歯止めがかかる一つのきっかけは、2014年にユナイテッドの監督に就任したルイス・ファン・ハール監督の存在だった。英紙「デイリー・メール」のインタビューで、当時の苦悩を振り返っている。

    ヤヌザイは2013-14シーズンに、デイビッド・モイーズ元監督の下でトップデビューを飾った。左利きのドリブラーは瞬く間に頭角を現し、14年5月にはコソボやイングランドなど複数の選択肢があったなかでベルギー代表を選択し、そのままブラジル・ワールドカップ(W杯)にも出場した。

    順調にキャリアを歩むなかで、恩師モイーズ氏が解任され、翌シーズンにファン・ハール政権が誕生したことは人生の大きな転機となる。自由を与えられていた頃とは異なり、規律正しいオランダ人指揮官の下ではそれまで以上に守備のタスクを要求されるなど、適応に苦しんだ。

    「以前と同じような自由が全くなかった。ウインガーには自信が必要だった。監督からは『行け、人を捕まえろ』と言われ、彼はゆっくりとしたパスゲームをするばかりだった」

    「何人かはサッカーを楽しめていなかった」

    ファン・ハール監督の守備的で、ポゼッションを重視する戦術に戸惑いを隠せなかったというヤヌザイ。「難しかった。何人かの選手はサッカーを楽しめていなかった。監督とは難しい内容のミーティングを何度もしたよ」と振り返り、サッカーを楽しめる状況ではなかったと語っている。

    「フラストレーションが溜まっていたし、みんな僕が1年目のアドナンとは違うことを分かっていた。僕は時々、ただ突っ立っているだけだった。一生懸命トレーニングしても、その後にはメンバーから外れた。若い奴には受け入れるのは難しかった」

    ユナイテッドで出番を失ったヤヌザイは、2015-16シーズン途中に日本代表MF香川真司の所属するドルトムントへ期限付き移籍。さらに翌シーズンにはモイーズ監督が率いるサンダーランドへ武者修行に出た。そして今夏には、ついに完全移籍という形でソシエダへ移籍し、下部組織から育った“赤い悪魔”に別れを告げた。

    22歳にして、すでにサッカー選手としての酸いも甘いも噛み分けてきたヤヌザイ。超逸材として期待を集め、W杯にも出場した男は再び欧州最高峰の舞台に返り咲くことができるのだろうか。

    9/26(火) 20:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170926-00010017-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ