海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 海外サッカー選手

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/30(金) 19:36:50.62 ID:CAP_USER9.net
    アルゼンチンのレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏は、バルセロナFWネイマールが世界の頂点に近づきつつあるとの見解を示している。

    2016年はレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドが通算4度目となるバロンドールを受賞して幕を閉じた。2位に選ばれたバルセロナFWリオネル・メッシとの得票数の差は決して少なかった。

    だがマラドーナ氏は「メッシとクリスティアーノの違いは少ししかない」と語っている。「どちらが(バロンドールのような)個人賞を受賞してもおかしくない」。そう意見を述べ、次のように続けている。

    「そこにもうすぐネイマールが現れるだろう。あの2人に一番近いのは彼だ。彼は今メッシとC・ロナウドとの差を埋めている」

    GOAL 12/30(金) 11:30配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-00010001-goal-socc

    写真
    続きを読む

    1:イコ ★@\(^o^)/:2016/12/30(金) 18:33:19.88 ID:CAP_USER9.net
    イブラヒモビッチがスター3選手に言及。C・ロナウドについては努力で違いを生み出す選手になったと語っている。


    マンチェスター・ユナイテッドでプレーするFWズラタン・イブラヒモビッチが最高の選手と感じているのはブラジルのスター2人だという。『ESPN』が報じた。

    イタリア、フランス、そしてイングランドでも成功を収めようとするイブラヒモビッチ。そんな最高のスター選手の一人であるイブラヒモビッチでさえ、元ブラジル代表FWロナウドには特別な敬意を払っているようだ。

    「ロナウドは怪物で、最高の選手だったと思う。僕にとって彼はまさにフットボールの一例だった。彼がやること全て人々を興奮させた。ドリブルやそのスピードとかね。ロナウドは生まれついての才能を持っているね。練習で身についたものじゃない。作られた選手ではなく、生まれついて彼は特別な選手だったんだ」

    また、2000年代初頭にロナウドとともにフットボール界に彩りを加えたトリックスター、ロナウジーニョについても言及している。

    「僕らはミランで一緒にプレーした。以前のようにベストではなかったが、僕は彼のドリブルや髪を揺らしながら仕掛けていく姿が大好きだった。周りを子供のようにさせていたね」

    一方で、2016年のバロンドールに輝いたクリスティアーノ・ロナウドについては「一緒にプレーしたことはないけど」と前置きしながら「彼はハードトレーニングによって違いを作り出した選手だ。生まれついての才能ではない」とロナウドやロナウジーニョとは異なるとしている。
    123
    http://www.goal.com/jp/news/23582/1/2016/12/30/30982932/1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/30(金) 13:22:17.87 ID:CAP_USER9.net
    現地時間29日、レアル・マドリー(スペイン)のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、中国のクラブから届いた破格のオファーを断っていたようだ。代理人が伊『スカイスポーツ』の独占インタビューで明かし、複数の海外メディアがこれを報じている。

    それによると、C・ロナウドの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏は「中国から、レアルへ移籍金3億ユーロ(約368億円)、選手には年俸1億ユーロ(約122億円)以上のオファーがあった」とコメント。移籍金・サラリーともに破格のオファーがあったと明かした。

    メンデス氏はその上で「しかし、金がすべてではない。レアル・マドリーは彼の人生そのものだ。クリスティアーノはレアルで幸せに過ごしているし、中国に行く可能性はない」「中国マーケットは新たな市場だ。彼らは多くの選手を買うことができる。しかし、繰り返して言うが、クリスティアーノが行くことはない。彼は世界最高かつ史上最高の選手。そのようなオファーが届くのは普通のことだ」と、同選手の中国移籍はあり得ないと断言した。
    2016-12-30_13h57_25
    ISM 12/30(金) 11:15配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-00000013-ism-socc

    C・ロナウドに中国から100億超の年俸という条件でオファーが…代理人が明かす
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-00000004-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/29(木) 11:26:25.05 ID:CAP_USER9.net
    中国スーパーリーグの上海申花は29日、ボカ・ジュニオルスに所属する元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスを獲得したとクラブ公式サイトで発表した。

    現在32歳のテベスは、母国アルゼンチンのボカ・ジュニオルスでプロキャリアをスタート。コリンチャンスを経て2006年に欧州へ渡ると、2007年からはマンチェスター・Uでプレーした。

    その後、マンチェスター・C、ユヴェントスを渡り歩き、通算でプレミアリーグを3度、セリエAを2度制覇している。同選手は2015年6月にボカ・ジュニオルスへ復帰。一時は2016年限りで現役を引退することを示唆していたが、中国へ渡ることとなった。

    なお、クラブから移籍金や年俸に関する発表はなかったが、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などは、テベスが世界最高年俸の週給72万ユーロ(約8900万円)を受け取ることになると伝えていた。

    加入先の上海申花は、今季のリーグ戦で4位。2017年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)にはプレーオフラウンドから登場し、本大会出場となれば鹿島アントラーズと対戦することとなる。

    22日には上海上港がチェルシーからブラジル代表MFオスカルを獲得。テベスの移籍で中国クラブとしては今冬2度目の“爆買い”成功となった。

    SOCCER KING 12/29(木) 11:12配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161229-00532981-soccerk-socc

    写真


    上海申花公式HP
    http://www.shenhuafc.com.cn/

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/28(水) 14:20:07.80 ID:CAP_USER9.net
    ボカ・ジュニオルスに所属する元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスは、結婚を祝っている最中に空き巣被害に遭ったようだ。27日付のアルゼンチン紙『オレ』が報じている。

    今月22日に3人の子どもをもうけたバネッサ・マンシージャさんとウルグアイで挙式を挙げたテベス。しかし、4日間続いた結婚パーティーの最後の日にアルゼンチン・ブエノスアイレス郊外のサン・イシドロにある自宅に泥棒が侵入したとの知らせを受け、テベスは急遽ヘリコプターで自宅に戻らなくてはならなくなったという。

    テベスは、中国スーパーリーグの上海申花からオファーを受けているとされ、提示されている報酬額は2年間で8000万ドル(94億円)だと報じられている。テベスはそのオファーにまだ返答をしてはいないが、その一方で、テベスは昨年の夏に古巣ボカへと復帰してから頻繁にアルゼンチンでの困難な生活条件に不満を漏らしていたとされており、この空き巣被害に関しても、最初は秘密にしておくために被害届を提出しなかったようだ。

    しかし、この被害を受けて、上海申花への移籍を受け入れる方向へさらに後押しされたという見方が強まっているようだ。さらに、先日には上海申花のグスタボ・ポジェ監督が、アルゼンチンラジオ『ラ・レッド』で「後は詳細さえ詰めれば正式発表されるだろう」と、テベスの加入が迫っていることを認めたとも報じられている。

    幸せの絶頂期を台無しにされた今回の悲報。果たしてこの空き巣事件が、中国への移籍をさらに加速させることになるのだろうか。
    20161228_tevez_getty-560x373
    フットボールチャンネル 12/28(水) 8:20配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161228-00010005-footballc-socc
    続きを読む

    1:イコ ★@\(^o^)/:2016/12/27(火) 23:37:24.11 ID:CAP_USER9.net
    2014-15シーズンにアグエロとチームメートだったランパードは、アルゼンチン代表FWの時間へのルーズさを明かしている。

    ニューヨーク・シティMFフランク・ランパードが、マンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロの遅刻癖を明かしている。

    2014年にチェルシーからマンチェスター・Cに移籍したランパードは、1年間アグエロとチームメートとして一緒にプレーした。翌年活躍の舞台をニューヨークに移した元イングランド代表MFだが、当時のチームのエースが遅刻の常習犯だったと“暴露”している。

    「アグエロはいつも時間ぎりぎりに起きていた。全然気を使っていなかったね。5分くらい平気で練習に遅刻していた」

    「監督やコーチは彼に『罰金だぞ』と言っていた。それに対して、彼は『オーケー。問題ないよ。僕は今週末の試合でハットトリックする。それでみんなが幸せさ』と答えていたね」
    aguero-lampard-manchester-city_6kdh5jri5ww61vp4n1zw786s8
    http://www.goal.com/jp/news/74/1/2016/12/27/30896172/1
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/26(月) 18:20:21.92 ID:CAP_USER9.net
    連日話題となっている15歳久保建英の活躍。彼はバルセロナのカンテラにいた頃から、NEXTメッシのひとりとして評価を受けていた。

    そんななか、バルサが興味深い映像を公開していた。リオネル・メッシのカンテラ時代のプレー集だ。



    メッシは16歳で初めてバルサのトップチームの試合に出場すると、17歳で正式なデビューを飾っている。

    メッシと久保には類似点もあるが、単純に比べるのはお門違いだろう。それでも、メッシのような飛躍を遂げるのか、今後も注目は高まりそうだ。
    d5255a27-6579-4a73-8eb1-79d2f7f5a360
    http://qoly.jp/2016/12/26/messi-skills-during-barca-cantera-iks-1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/26(月) 18:03:19.65 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスターC(イングランド)のペップ・グアルディオラ監督は、度々比較され、常に議論の対象となるFWリオネル・メッシとFWクリスティアーノ・ロナウドについて言及。後者を称賛しつつもメッシは「別次元だ」と評している。現地時間25日、スペイン『マルカ』紙(電子版)が伝えた。

    バロンドール(世界年間最優秀選手)受賞5回を誇るメッシと、先日通算4度目となる同賞を受賞したC・ロナウドは、度々“どちらがより良い選手なのか”と世界中のあらゆる選手、監督、記者、ファンの間で議論されている。先日、バルサを率いるルイス・エンリケ監督もクラブの公式チャンネルで「メッシは“メロンドール”のようなものを受賞すべき。他の選手とは比較にならない」とコメントしている。

    かつてバルセロナ(スペイン)を率いた経験を持つグアルディオラ監督は、ボクシングデー(26日)の試合前の会見で“メッシ・ロナウド論争”について問われると「エンリケの意見に賛成だ。レオ(メッシの愛称)はゴールを決め、味方を活かす方法を知っているベストプレーヤーだ」とL・エンリケ監督に同調するとコメント。さらに「他の選手に敬意を持っているし、クリスティアーノはトップの選手だ。しかし、メッシは次元が違う」とかつての教え子を手放しでほめ称えた。

    また、ボクシングデーに行なわれるプレミアリーグ・ハル戦について「楽しみで眠れないよ」とコメント。さらに「多くの試合を見たが、ハルはスペシャルなチームだ。彼らは他のチームよりさらによいプレーをしようとするだろう。(ダビ・)シルバは私に年末のこの時期に試合をすることの意味を警告してきたよ」と、対戦相手を称賛しつつ、プレミアリーグ独特の年末の過密日程についてコメントしている。
    2016-12-26_20h13_47
    ISM 12/26(月) 17:10配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161226-00000015-ism-socc
    続きを読む

    1:イコ ★@\(^o^)/:2016/12/26(月) 17:09:59.15 ID:CAP_USER9.net
    ユヴェントスFWゴンサロ・イグアインが、史上最高のFWとして元ブラジル代表FWのロナウド氏の名を挙げている。

    イタリア『プレミアム・スポルト』とのインタビューに応じたイグアインは、セリエAでプレーした数々の名ストライカーの名を挙げながら、それでもロナウド氏こそがナンバー・ワンであるとの見解を示した。

    「子供の頃もイタリアのフットボールは見ていた。トレゼゲ、バティストゥータ、クレスポ、モンテッラといった偉大なストライカーがこのリーグでプレーしていたね。だけど、僕にとって史上最高のFWはロナウドだ」

    「ルイス・スアレスも高いレベルにあるし、リヴァプール時代からさらに進化した。レヴァンドフスキ、アグエロもとても強靭なストライカーだね。ただ、僕が最も好んでいるのは、笑ってしまうようなゴールを決める選手なんだ」

    イグアインは一方で、FWパウロ・ディバラとバルセロナFWリオネル・メッシの比較を求められ、次のようにコメントしている。

    「ディバラとメッシはとても似ている。ただディバラは23歳とまだ若いし、その未来は彼次第だ。最高の選手となるすべての要素を備えているが、強靭なメンタルも必要だね」

    「凄まじいスピードでこのレベルにまで到達した彼だが、それを長い間維持することは簡単じゃない。これから浮き沈みがあるだろうし、常に安定を図るように気をつけなくてはならない。称賛、批判のどちらにも耳を傾けることなくね」
    ronaldo-da-lima-real-madrid_1hx9aggimb3od1ppxh9ae1y9qk
    http://www.goal.com/jp/news/1867/1/2016/12/26/30849202/1
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/25(日) 23:30:30.20 ID:CAP_USER9.net
    中国の“爆買い”はとどまる所を知らない。英『メトロ』によると、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWウェイン・ルーニーは、天文学的なオファーを受けているようだ。

    今季ユナイテッドの指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督のもとでなかなか継続的に活躍を見せられずにいるルーニー。最近では、アメリカだけでなく、中国への移籍の報道も絶えない。

    同紙によると、クラブ名こそ明かされていないが、中国のあるクラブから週給70万ポンド(約1億円)のオファーを受けているとのこと。今月23日には、チェルシーのMFオスカルが中国スーパーリーグの上海上港にアジア最高額の7050万ユーロ(約86億円)で移籍するなど、中国が莫大な移籍金でビッグネームを次々と獲得している。ルーニーだけでなく、今冬の移籍市場でも歴史を塗り替えるような驚きの移籍が成立するかもしれない。
    2016-12-26_08h02_11
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161225-01634945-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ