海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 海外サッカー選手

    1:Egg ★:2017/12/15(金) 21:10:04.93 ID:CAP_USER9.net
    米メジャーリーグサッカー(MLS)にマイアミを拠点とするクラブで参入を目指す元イングランド代表のデビッド・ベッカム(David Beckham)氏が、ソフトバンク(SoftBank)グループの孫正義(Masayoshi Son)社長らをはじめとする新たなパートナーを獲得した。

    MLSは14日、ベッカム氏の投資家グループに孫氏とともに、米通信王手マステック(MasTec)のホルヘ・マス(Jorge Mas)会長とホセ・マス(Jose Mas)最高経営責任者(CEO)が加わることを承認した。

    スタジアム用地確保を目指してきたベッカム氏の投資家グループには、同氏のパートナーでスプリント(Sprint)社のCEOを務めるマルセロ・クロアー(Marcelo Claure)氏や、英国人エンターテインメント・プロデューサーのサイモン・フラー(Simon Fuller)氏が名を連ねている。

    同グループは今年、スタジアム建設予定地の譲渡が承認されたことでMLS参入の実現に近づいている。

    12/15(金) 11:08配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00000015-jij_afp-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/15(金) 06:53:29.00 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのFWズラタン・イブラヒモビッチは、バルセロナ時代の指揮官であるジョゼップ・グアルディオラ監督を“最も幼稚なコーチ”と罵っている。

    2009-2010シーズンを前にインテルでの成功を引っさげてバルセロナに移籍したイブラヒモビッチ。初めて降り立ったスペインの地で、1シーズン目から出場した29試合のうち先発出場は23試合で、

    16ゴールを挙げるなど数字ではインパクトを残したが、リオネル・メッシやティエリ・アンリを重宝するグアルディオラ監督とはそりが合わず、わずか1シーズンでイタリアへと渡っていった。

    10日に行われたマンチェスターダービーでグアルディオラ監督と再会したイブラヒモビッチは、試合後『スカイスポーツ・イタリア』のインタビューで 「最初の半年でゴールを量産し、2つのスーパーカップ(スーペルコパ・デ・エスパーニャ、UEFAスーパーカップ)を制した。最初の6カ月は完璧だった」とバルセロナ時代を回顧。

    しかし、メッシ中心のチーム作りが始まった途端、イブラヒモビッチのチーム内での序列は下がっていった。そのことを振り返った同選手は「でも半年が過ぎたら、システムと戦術を変更した。それは私にとって良くないもので、クラブはグアルディオラと直接話すように言ってきた」

    「グアルディオラに向かってメッシのために他の選手を犠牲にしていると言ってやった。そうしたら、ベンチに追いやられた。その後も状況は変わらなかったし、彼は問題が発生すればこのように解決すると思った。それ以降、彼は話しかけてこないし、私を見ようともしない。部屋に入れば、彼はその場から離れる。彼と話し合おうと思っても、すぐにどこかへと逃亡する。フットボール以前に大きな問題があった」とグアルディオラ監督との関係に問題があったと話した。

    さらに、イブラヒモビッチは「私との間のトラブルを解決しなかった彼の問題だ。彼は最初から私のことを勝手に決めつけていた。全く知らない人物をそのように判断できないはずだ。それに(マリオ)マンジュキッチや(サミュエル)エトーも同じ立場に置かれたと思う。彼は出会ってきた中で最悪なコーチではないが、間違いなく最も幼稚なコーチだ」とスペイン人指揮官を辛辣に批判している。

    12/13(水) 12:41配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000011-goal-socc

    写真
    続きを読む

    1:みつを ★:2017/12/13(水) 17:57:06.82 ID:CAP_USER9.net
    https://www.cnn.co.jp/m/showbiz/35111892.html


    2017.12.13 Wed posted at 16:58 JST
    (CNN) インド東部コルカタでこのほど、サッカー元アルゼンチン代表の往年の名選手、ディエゴ・マラドーナ氏の銅像がお披露目された。これを受けてマラドーナ氏本人も喜びを語ったが、ソーシャルメディア上では、銅像にかたどられた同氏の顔を英歌手スーザン・ボイルさんらのものと比較する冗談が飛び交っている。

    今回の銅像は若い頃のマラドーナ氏を表現したもので、ワールドカップ(W杯)のトロフィーを高々と掲げている。その髪型のせいで、外見はどちらかというと英国のバンド、ビートルズのメンバーに近いように見える。

    マラドーナ氏は1986年W杯のイングランド戦で「神の手」と呼ばれるハンドのゴールを決めたことで知られる。同氏はこの大会で驚異的な個人プレーを連発し、ほぼ1人でアルゼンチンを快進撃へと導いた。


    マラドーナ氏は銅像の公開後、「私はサッカーの神でなく、単なる1人の選手だ」としつつも、「この場所に私の像が建てられたのは素晴らしいことだ」と述べた。

    しかしソーシャルメディア上では銅像の顔をめぐり、スーザン・ボイルさんや、現在はイングランド・プレミアリーグのクリスタルパレスで指揮を執るロイ・ホジソン監督の若い頃と比較する冗談が飛び交っている。

    サッカー選手の銅像をめぐっては、ポルトガルの芸術家が今年、スペイン1部リーグのレアル・マドリードに所属するクリスティアノ・ロナルド選手の胸像をデザイン。ソーシャルメディアの一部ではこの胸像について、ホラー映画に登場する何かのようだなどと指摘する声が上がっていた。ロナルド選手については二つ目の銅像も公開され、こちらは実際に同選手に似ている。
     diego-maradona-statue-restricted-story-top

    続きを読む

    cd151a02

    1:風吹けば名無し:2017/12/13(水) 07:14:56.47 ID:bGJ8DV8x0.net
    こいつ練習しないでバロンドール取ったんか?
    2:風吹けば名無し:2017/12/13(水) 07:15:39.21 ID:bGJ8DV8x0.net
    歯茎むき出しのくせに生意気やぞ…

    6:風吹けば名無し:2017/12/13(水) 07:16:28.53 ID:/AsrGA5s0.net
    クリロナとかメッシがうまいのかもしれないけど
    見て楽しいのはこいつやろ
    続きを読む

    1:みつを ★:2017/12/12(火) 01:17:31.33 ID:CAP_USER9.net
    http://www.afpbb.com/articles/-/3154969?cx_position=21

    2017年12月11日 15:29 発信地:リオデジャネイロ/ブラジル
    【12月11日 AFP】フランス・リーグ1、パリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)のネイマール(Neymar da Silva Santos Junior)が、ブラジルに緊急帰国した。同選手の マネジメント会社N&Nが10日、明らかにした。

    N&Nは帰国の理由や、ネイマールがすでにブラジルに到着したかについては明かさず、AFPに対して「個人的な事情でブラジルに帰った」としている。

    仏メディアのRCMスポール(RMC Sport)によると、ネイマールは9日夜、「家族の悪い知らせ」を受けて急きょブラジルに向かったと伝えている。

    世界最高額の移籍金でスペイン1部リーグのFCバルセロナ(FC Barcelona)からPSGに加入したネイマールは、SNSの投稿が多いことで知られているが、現在は8日を最後に更新が止まっている。

    PSGが3-1で勝利した9日のリール(Lille OSC)戦を出場停止で欠場していたネイマールは、13日に予定されているストラスブール(Strasbourg)とのリーグ杯、レンヌ(Stade Rennes FC)と対戦する18日のリーグ戦を欠場することが濃厚とみられている。(c)AFP

    17-18フランス・リーグ1第15節、トロワ戦でプレーするパリ・サンジェルマンのネイマール(2017年11月29日撮影)。(c)AFP/CHRISTOPHE SIMON

    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/10(日) 22:36:47.66 ID:CAP_USER9.net
    アイスランド代表ヨハネソンがW杯メンバー23人用にユニフォームの準備を提案か
     
    アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)は、史上最高とも評される超越した実力で、現役選手からも敬愛されている。

    試合後には対戦相手からユニフォーム交換をせがまれるシーンが毎試合のように見受けられるが、
    来年6月のロシア・ワールドカップ(W杯)では早くも大量の“依頼”が届いているようだ。アルゼンチン紙「オレ」が報じている。

    「選手全員がメッシのユニフォームを欲しがるだろうね。僕はそのうちの一人なんだ」

    記事によれば、スペイン2部のレアル・オビエドでプレーするアイスランド代表DFディエゴ・ヨハネソンはこのように話しているという。

    ロシアW杯グループリーグD組でアルゼンチンと同組になったアイスランドは、来年6月16日にモスクワで激突する。

    アイスランド代表メンバー23人が目指すのは、勝ち点3だけでなく、アルゼンチン栄光の背番号10のユニフォームも含まれているようだ。

    「彼は最初にお願いする選手にプレゼントするかもしれない。我々はそれで喧嘩するつもりはない。
    だから、僕としてはチーム全員用にユニフォーム23枚を準備してもらえるように彼に提案することにするよ。我々は世界最高の選手である彼と対戦できることに幸せに思っているんだ」

    昨年6月の欧州選手権では準々決勝でホスト国フランスに敗れたアイスランドだが、W杯初出場を果たすなど小国の躍進は世界で話題となった。全員が熱心なメッシサポーターというアイスランドは、無事にメッシのユニフォームを手にすることはできるだろうか。

    12/10(日) 22:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171210-00010034-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/10(日) 18:36:13.19 ID:CAP_USER9.net
    木曜日、クリスティアーノ・ロナウドは5度目のバロンドールを獲得した。バルサびいきの人間がリオネル・メッシのほうが相応しいと思うのは当然だが、そもそも今回はクリスティアーノではなかったという意見も多く存在している。

    クリスティアーノ・ロナウド「私は歴史上でナンバーワンの選手だ」そんな意見を持つひとりが、かつてFCバルセロナなどで活躍した元スペイン代表のフリオ・サリナスだ(1997-98には当時の横浜マリノスでもプレー)。

    サリナスが特に不満に感じているのは、このポルトガル人選手が発言した「私は歴史上でナンバーワンの選手だ」というコメントである。このコメントに対して、サリナスは次のようにツイートした。「もし君が本当に優れた選手なら、自分のことをナンバーワンなんて言わないと思う。

    より偉大な選手であるリオネル・メッシと同時代に生まれたのことには同情するよ。でも正直に言って、君よりも優れた選手はたくさんいるし、君は歴史上の偉大な選手たちと肩を並べるような存在でもない。

    本当に5度のバロンドールに値するほどの選手なのか、自分に問いかけてみるべきだ」サリナスがこのツイートを投稿する前にも、多くの人々が今回のバロンドールについて議論を重ねており、

    またクリスティアーノの「私が歴史上でナンバーワンの選手だ」発言も批判を集めている状況だ。

    12/10(日) 17:16配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00010007-mdjp-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/09(土) 20:11:48.90 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリーのクリスティアーノ・ロナウドは、自身のことを歴代最高のフットボーラーと考えているようだ。

    7日、フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が主催するバロンドールを2年連続で受賞したロナウド。同賞を5度獲得するのはリオネル・メッシに続き史上2人目の快挙となる。

    バロンドールの歴代最多獲得回数に並んだロナウドは『フランス・フットボール』のインタビューで「良い時でも、悪い時でも、僕が歴史の中で最高の選手だ」と主張。

    続けて「みんなに好みがあるとは思うが、僕より優れた選手を見たことはないし、いつもそのように考えている。同じだけのプレーができる選手はいないし、匹敵するだけのプレーヤーもいない。僕は両足を起用に使え、スピードやパワーもある。ヘディングも上手く、ゴールもアシストも量産できる。もちろんネイマールやメッシのプレーを好きな人もいるとは思うが、僕以上に完成された選手はいない」

    「それに、僕よりも個人トロフィーを獲得した人間はいないはずだ。もちろん、バロンドールのことだけを話しているわけではない。ジムでの努力だけが実を結んだのではなく、多くのことの集大成だ。フロイド・メイウェザーやレブロン・ジェームスのようなレジェンドでもまぐれでそのレベルにたどり着いたわけではない。多くの要素が重なり合って、トップレベルまでたどり着いた」と世界最高と自負する所以を語った。

    また、4年連続でメッシに世界最高の称号を奪われた当時のことを「メッシよりも先にバロンドールを取ったのに、その後彼が4年連続で受賞した。あの時は悲しかったし、怒りを感じていた。モチベーションを失って、式に参加することも嫌だった」と振り返ったロナウドは「でも、人生では始まりがあれば終わりもある。僕は忍耐強くその時を待ち、そして、さらに4度のバロンドールを獲得した」と言及。

    さらに「チャンピオンズリーグで優勝できれば、5度目のバロンドール受賞に大きく近づくと分かっていた。そして僕たちは優勝して、僕も得点王に輝いた。さらにファイナルでは2点を奪ったから、これが最大の決め手になったと思う」と今回の受賞理由を話している。

    2018年のバロンドールについて問われたロナウドは「来年に6度目のバロンドールを取れるかはわからない。マドリーの一員として戦うべき大会も多数あって、ポルトガル代表としてもワールドカップを戦う。

    ワールドカップの成績が来年のバロンドールを左右すると思う。仮にチャンピオンズリーグで優勝して得点王になっても、ワールドカップで平凡な成績なら、他の人の手に渡るかもしれない。リーグ優勝だけなら不十分で、大きな代償を払うことになるだろう」とコメントを残した。

    12/9(土) 7:12配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00000029-goal-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/08(金) 06:18:21.11 ID:CAP_USER9.net
    フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は7日、2017年のバロンドールを発表。レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが2年連続で選出された。

    クリスティアーノ・ロナウドは今年度のFIFA最優秀選手賞も獲得しており、バルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシらのライバルをおさえて二冠を達成。FIFAバロンドール時代も含め、通算5度目のバロンドール獲得となったクリスティアーノ・ロナウドは受賞回数でメッシに並び、歴代最多タイとなった。

    クリスティアーノ・ロナウドがエースとして君臨するレアル・マドリードは2016年末にFIFAクラブワールドカップを獲得すると、2016-17シーズンはリーガ・エスパニョーラを制覇。チャンピオンズリーグでは連覇を達成した。今シーズンに入ってからも夏に行われたスーペルコパとUEFAスーパーカップを制し、レアル・マドリードに2017年、多くのトロフィーをもたらしている。また、国の戦いにおいてもポルトガル代表の主将として2018年のロシア・ワールドカップ出場権を予選首位通過で獲得した。

    “世界一”の選手に贈られるバロンドールは1956年に創設された。2010年から、FIFA(国際サッカー連盟)とのパートナーシップにより、名称を“FIFAバロンドール”(年間最優秀選手賞)と改めたが、契約満了に伴い、昨年からルールを改正。候補者は30名(旧制度では23名)で、最終候補者の発表は廃止され、受賞者、最終順位は年末に発表。投票はジャーナリストのみによって行われ、授賞式は2018年はじめに実施される予定。

    以下、最終候補者30選手の順位。(同順位あり。カッコ内は現在の所属クラブ)

    第01位 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
    第02位 リオネル・メッシ(バルセロナ)
    第03位 ネイマール(パリ・サンジェルマン)
    第04位 ジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス)
    第05位 ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)
    第06位 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
    第07位 キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)
    第08位 エンゴロ・カンテ(チェルシー)
    第09位 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
    第10位 ハリー・ケイン(トッテナム)
    第11位 エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)
    第12位 イスコ(レアル・マドリード)
    第13位 ルイス・スアレス(バルセロナ)
    第14位 ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C)
    第15位 パウロ・ディバラ(ユヴェントス)
    第16位 マルセロ(レアル・マドリード)
    第17位 トニ・クロース(レアル・マドリード)
    第18位 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)
    第19位 エデン・アザール(チェルシー)
    第20位 ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U)
    第21位 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
    第21位 レオナルド・ボヌッチ(ミラン)
    第23位 サディオ・マネ(リヴァプール)
    第24位 ラダメル・ファルカオ(モナコ)
    第25位 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
    第26位 ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリード)
    第27位 マッツ・フンメルス(バイエルン)
    第28位 エディン・ジェコ(ローマ)
    第29位 フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)
    第29位 ドリース・メルテンス(ナポリ)

    12/8(金) 4:03配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00681097-soccerk-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/07(木) 23:11:20.89 ID:CAP_USER9.net
    ベッカムがスポーツブランドのパーティーに出席 モデルで女優の水原希子さんらと同席

    元イングランド代表のMFデビッド・ベッカムは、2012-13シーズン後に現役引退して以降、様々なイベントに顔を出しているが、4日に中国の上海で「アディダスオリジナルス」のパーティーに参加。モデルで女優の水原希子さんらと同席し、「デビッド・ベッカムがモデルをやり、ランチパーティーを楽しんだ」と英紙「ザ・サン」が伝えている。

    【写真】有名日本人モデルが「良い香りがした」と感激! サッカー界の“貴公子”ベッカムとの2ショット公開で大反響

    現役時代に“貴公子”とも称された甘いマスクを持つベッカムだが、現役時代の実力も折り紙つきだった。マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)やレアル・マドリー(スペイン)、ミラン(イタリア)をはじめ、ロサンゼルス・ギャラクシー(アメリカ)、パリ・サンジェルマン(フランス)などでもプレー。イングランド代表としても115試合・17得点という偉大な経歴を誇る。

    そんなサッカー界のレジェンドであるベッカムは、アメリカのモデルであるエイドリアン・ホーさん、中国出身の人気モデルとして知られるアンジェラベイビーさん、水原さんらとともにスポーツブランドのパーティーに出席。記事では「ベッカムが特別ゲストとして出席。42歳のサッカー界のレジェンドは、有名な髪型に戻し、泡立ったグラスで他のゲストたちと祝った」と伝えられている。

    このパーティーには日本人のモデルで女優の水原さんも登場し、サッカー界のスターであるベッカムらと楽しんだという。水原さんは自身の公式ツイッターやインスタグラムでベッカムとの2ショット写真をアップ。「昨晩、上海にて、@adidasoriginals のパーティに招待して頂きました ベッカムさん、とても紳士で良い香りがしました」(原文ママ)と綴っている。

    SNSの返信欄にはファンから日本語のメッセージに加え、英語でも「ベッカム、かっこいい」「ベッカムと…オーマイガー!」「お似合い」などの声が並んだ。サッカー界が誇る貴公子の存在感は、引退してもなお色褪せないようだ。

    12/7(木) 18:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171207-00010014-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ