海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: サッカー関連

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/22(日) 18:56:45.04 ID:CAP_USER9.net
    中国のプロサッカー「中国スーパーリーグ」で今年3月のシーズン開始から、1チームのこれまでの外国人枠を大幅7人から5人に、試合に出場できる外国人枠も5人から3人に減らす方針であることが分かった。英BBCが報じた。

    これは中国スーパーリーグが移籍する外国人選手を爆買いした結果、昨年は英・プレミアリーグの1億4900万ユーロ(約193億1300万円)を超える推定約1億5500万ユーロ(約200億9000万円)に上るなど巨額の移籍金及び高年俸が支払われているためだ。今回の外国人選手枠規制で、「中国のサッカーバブルは終焉する」とBBCは報じている。

    中国スーパーリーグは数年前から、国外の実力選手を獲得。この傾向は年々強まり、圧倒的な強さを誇る広州恒大の年間予算は500億円ともいわれる。このため、他のチームも補強のために、札束を積み上げている、

    江蘇蘇寧がチェルシーのラミレスの獲得に支払ったとされる移籍金は3300万ユーロ(約42億7700万円)。河北華夏はローマのジェルビーニョ獲得に1800万ユーロ(約23億3300万円)。インテルのフレディ・グアリンを獲得した上海申花は1300万ユーロ(約16億8500万円)と大金を投じている。

    このほかにも、山東魯能泰山はブラジル王者コリンチャンスからDFジウ(移籍金約11億円)、元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が監督に就任した北京国安も、コリンチャンスからMFレナト・アウグスト(同約10億円)を獲得している。

    プレミアリーグや各国代表になったスター選手も、中国スーパーリーグの巨額の年俸に魅かれて、中国入りするようになっている。

    しかし、このような各チームの巨額投資に待ったをかけようと規制の強化に動いたのが中国サッカー協会だ。今年初め、規定を改正して、外国人選手枠を縮小することを発表。各チームの外国人選手数を7人から5人にし、1試合に出場できる選手枠も5人から3人に変更した。

    協会は「各チームの中国人選手数を増やすことで、試合に出場できる中国人選手の数が増えることになり、中国人選手が活躍する機会が増える」と規定改正の理由を説明する。しかし、これを額面通り受け取るファンは少ない。

    中国の場合、なにごとも中国共産党が決定することから、ネット上では「中国指導部が現在推進している腐敗撲滅や贅沢禁止令の延長だ。特に、習近平国家主席は中華主義の国粋主義者だけに、外国人によって、中国のサッカーリーグが乗っ取られているのが嫌なのではないか」や、「習近平は日ごろから『中国がサッカーワールドカップで世界一になるのが夢』とか言っているが、中国人選手重視ではいつまで経っても、中国のサッカーの実力は向上しない」などの意見が書き込まれている。
    2017-01-22_19h55_35
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170122-00000011-pseven-spo&p=2
    続きを読む

    000007

    1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/01/20(金) 21:19:00.407 ID:k+oHgaDi0.net
    ペナルティーエリア外からの得点は2点
    2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/01/20(金) 21:19:23.846 ID:U+XQmqYN0.net
    手も使っていい
    3:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/01/20(金) 21:19:36.525 ID:pZ8xFnQH0.net
    ラスト5分は2点
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/20(金) 00:14:30.74 ID:CAP_USER9.net
    アーセナルの名将アーセン・ベンゲル監督(67)が「オフサイド廃止」に反対した。

    国際サッカー連盟(FIFA)技術部門の責任者で、元オランダ代表FWのファンバステン氏が18日に、規則改定の試案を披露。90分の試合後に延長戦を行わず、選手がゴール前25メートルからドリブルしてGKと8秒の間に1対1で対決するペナルティーシュートアウトの導入、オフサイド廃止、前後半制から4クオーター制への変更、10分間の一時退場(シンビン)を命じるオレンジカードの導入、選手の公式戦出場を年間60試合程度に制限することなどの改革案を挙げた。

    ベンゲル監督は19日の会見で「規則改訂そのものが重要ではなく、(サッカーの)改善こそが目標。一時退場など議論に値するものもあるが、オフサイド廃止は興味深いものではない」と語った。オフサイド廃止に反対する理由について「オフサイドは、チームスポーツの大きな特性である一体感を必要とする。また、知性を使えるルールでもある」と説明。「守備側が攻撃側を苦しめれば、攻撃側が新たな解決策を生み出す。それに対し、また守備側が対応する。このようにしてサッカーは進化してきた」。オランダ代表のトータルフットボール、ACミランのゾーンプレスのように、“革命”はピッチ内で生み出されるものであって、ルール改正によって行われるものではないとの見解を示した。
    2017-01-20_08h02_39
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00000138-spnannex-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/19(木) 17:55:08.02 ID:CAP_USER9.net
    「サッカーをよりスペクタクルなものにするために」と改革を提案。

    FIFAの技術開発部門のチーフオフィサーを務めている元オランダ代表FWのマルコ・ファン・バステンが、ドイツメディア『ビルト』のインタビューで、オフサイドやPK戦の廃止を提案した。
     
    2016年10月に現職に就いたファン・バステンは、「サッカーをスペクタクルにするために多くのアイデアを提供したい」と語り、昨年12月に日本で行なわれたクラブワールドカップでも話題となったビデオ判定ルールなどを推奨してきた。
     
    そんな往年の名ストライカーは『ビルト』のインタビューで、「我々は試合をより良いものにするために改善策を探し続ける。サッカーをより正直で、よりダイナミックで、より面白いものにするためにね」とさらなるルール改正の必要性を説き、以下8個のルール変更を提案した。
     
    【1】オフサイドの廃止
     
    ファン・バステンはオフサイドの廃止について次のように語っている。
     
    「オフサイドのないサッカーを観るのは非常に興味深い。今のサッカーはもはや、9人や10人のDFがゴール前を固めるハンドボールのようだ。でも、オフサイドがなければ、DF陣の背後にFWが立てるから得点の可能性がより広がる。今よりも攻撃のチャンスは増えるし、試合の見応えも増すだろう。実際にホッケーではオフサイドはないし、問題はないはずだ」
     
    【2】イエローカードの替わりに一定時間の退場を検討
     
    ラグビーの「シンビン制度」のように、ルール違反を犯した選手を一時的に試合から退場させるというもので、ファン・バステンは「レッドカードを出すほど重大ではない行為に対し、選手を10分間試合から外すオレンジカードを提示するということもあり得るかもしれない」としている。
     
    【3】PK戦の廃止/シュートアウト方式の導入
     
    シュートアウトはかつてアメリカのNASLやMLSなどでも導入されていた方式で、攻撃側はゴールから35メートルの地点からドリブルし、一定時間以内にシュートを打つというもの。
     
    ファン・バステンは「PKは一瞬ですべてが終わるが、シュートアウトなら、多くの可能性がある。ドリブルもシュートもできるし、GKの反応を待つこともできる。より試合でのプレーに近い状況になる」と語っている。
     
    またこの提案は、先日、2026年のワールドカップから出場枠を48に増やすことを決めたFIFAが、グループステージで引き分けの影響力が増す懸念もあり、「大会中のドロー決着をなくすための動きだ」と、『ESPN』など複数メディアは伝えている。
     
    【4】最後の10分間はインプレータイムのみ時計を進める
     
    これは時間稼ぎに対する措置で、ファン・バステンは「観客はゴールと戦いを見たいのだ。しかし、交代での時間稼ぎ、負傷を装う行為などで多くの時間が失われている。そこではボールが常に役割を果たしている状況になければならない」とコメントした。
    2017-01-19_19h06_16
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/16(月) 12:19:03.68 ID:CAP_USER9.net
    ド派手なバブルの日々にいよいよ釘を刺された格好だ。欧州ならびにアジアの複数メディアは15日、中国サッカー協会が自国リーグにおける外国人出場規定を3人に減らすことを決定したと報じている。

    カルロス・テベスやアクセル・ヴィツェル、そしてオスカルなど、次々とワールドクラスの名手を迎え入れ、その隆盛を楽しんでいる中国スーパーリーグだが、“身内”によるルール変更が彼らの足かせとなりそうだ。

    『Asia Today』を含む複数の韓国メディアによると、この1ヶ月間だけで115億円以上の莫大な支出が他国へ流出する現状を恐れた中国サッカー協会は、自国リーグにおける外国人選手の出場枠を従来の5人から3人へ縮小することを決断。

    曰く、同協会はこの突然のルール訂正を3月より開幕する新シーズンから早速適用することになるという。

    これらの変更を受け、『Asia Today』は「今回のルール改正による最も大きな犠牲を被るのは安い年俸でプレイする韓国人選手だ。破格の年俸を受ける欧州からの助っ人外国人との競争に敗れ、彼らは端へと追いやられるだろう。中国でプレイしていた韓国人選手にとって今回の訂正案はまさしく青天の霹靂ともいえる」と綴り、韓国人プレイヤーの行く末を案じている。

    ここ1~2年で凄まじく勢いを強めてきた中国による“選手爆買”だが、その天井がいよいよ見え始めてきたと言えるだろう。

    theWORLD(ザ・ワールド) 1/16(月) 12:14配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00010006-theworld-socc

    写真
    続きを読む

    Cz9JbNoVQAAjCJ6

    1:忍次郎 ★@\(^o^)/:2017/01/15(日) 04:08:36.36 ID:CAP_USER9.net
    アイドルグループNEWSの手越祐也がフットサルの大会でチーム優勝を飾り、さらに個人賞としてMVPを受賞したという。手越が出場したのは、音楽も蹴球も好きな様々なジャンルの業界人で行われるフットサル大会「音蹴杯」。同大会にはミュージシャンの所属するフットサルチームも多く、レミオロメンやナオト・インティライミも出場者に名を連ねる。

    手越は2013年の大会で、スキマスイッチの常田真太郎がとりまとめる「SWERVES」に所属して出場。同年「SWERVES」は決勝トーナメント1回戦で敗退してしまったが、サッカー好きの芸能人たちが大勢いる中で手越がMVPを受賞した。

    2014年からは自身のチーム「TGS」として大会に参加、3年目となる今年、ついに初優勝を飾り、2度目のMVPを獲得! これには「手越ってそんなサッカー上手いの!?」「忙しいはずなのにどんだけ練習してんだ」と驚きの声が続出している。

    実は手越は幼稚園に通っていたころからサッカーを始め、今も毎週のようにトレーニングに励んでいるという根っからのサッカー好き。これは『FIFAクラブワールドカップ ジャパン』(日本テレビ系)の2012年大会からキャスターを務めてきたことや、2014年にブラジルで行われた「FIFAワールドカップ」の日本テレビ系でのメインキャスターを務めたこと、サッカー番組『サッカーアース』(日本テレビ系)のMCを務めていることから世間にも知られているようだ。

    ただ、本人がプレイヤーとしてどれほどサッカーに入れ込んでいるかはあまり知られていない。実は手越は仕事よりもサッカーを優先してしまうほどだそうで、翌月のサッカーやフットサルの試合や練習スケジュールをマネージャーに伝え、それ以外の日に仕事を入れるよう調整してもらっているというから、その本気度は並大抵じゃない。

    さらに取材や番組出演の仕事が入っている日でも、仕事をこなした後でフットサル場へ向かうこともあるという。

    ~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

    infoseekニュース 2017/01/14 21:00
    http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/messy_40290
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/13(金) 18:01:58.77 ID:CAP_USER9.net
    アレシャンドレ・パトらを輩出したブラジルの名門インテルナシオナウは、昨年クラブ史上初となる2部降格が決まってしまった。

    そのインテルで300試合以上に出場してきた元ブラジル代表MFアレックス・メスキーニの退団が決定。このほど会見に臨んだ。



    「(別れは)いつかやって来る。話すのが難しいよ。でも僕らは結果が求められる競争的な世界にいる。悲しい日だ。問題はこういう時(2部降格)に去るということだ」などと語ったアレックス。2度の在籍で8年を過ごしたインテルとの別れに、34歳のベテランMFは感極まり、目には涙も浮かんでいた。

    ただ、ちょっと気になったのは着ていたTシャツ。よく見ると日本語だ…。
    2017-01-13_19h30_54
    https://www.instagram.com/p/BPI9cPvlJ8J/

    これはサッカー選手御用達ブランド、『ディースクエアード』のアイテム。先日もイングランド代表MFデル・アリが同じように東京と書かれたパーカーを着ていたばかり。


    アレックスのTシャツには、ブランド名と創業者であるディーン・ケイティンとダン・ケイティンの名前がカタカナの青文字で、そして東京と神奈川沖浪裏という漢字が赤文字でプリントされている。
    5cbb37b7-0975-4f6b-87f8-fd9f8c4347c4
    神奈川沖浪裏とは、世界的に有名な葛飾北斎の木版画。

    それにしても、感極まるアレックスと日本語Tシャツとの違和感がすごい…。

    なお、契約を打ち切っての退団であり、自分のためではなくクラブやサポーターのことを考えての決断だったそう。現在は「求職中」だというが、漢字・カタカナつながりでJリーグに来たりなんてしないだろうか。

    http://qoly.jp/2017/01/13/alex-meschini-dsquared2-kanji-t-shirt-iks-1
    続きを読む

    1:あちゃこ ★@\(^o^)/:2017/01/13(金) 10:42:16.60 ID:CAP_USER9.net
    社会人サッカーの試合で30歳代の男性選手の足を骨折させたとして、東京地裁(池田幸司裁判官)が昨年12月、相手選手に約247万円の賠償を命じた判決が波紋を呼んでいる。

    男性は、足に着けていた防具が割れ、左すねが折れ曲がる重傷だったが、選手同士が接触するスポーツにけがはつきものともいえる。「危険なプレーなら仕方ない」「選手が萎縮してしまう」。判決に対する現場の賛否は割れている。

    「今も痛みがあり、小学生から続けてきたサッカーができなくなった。あのプレーが認められれば、子供に勧められる競技でなくなってしまう。危険なプレーを減らしたい思いだった」。今月7日、東京都内で取材に応じた男性は、訴訟に踏み切った理由をそう語った。

    判決によると、男性は2012年6月、千葉市で行われた東京都社会人4部リーグの試合に出場。センターライン付近でボールを右ももで受け、左足で蹴ろうとしたところ、走り込んできた相手の左足が男性の左足すね付近にぶつかった。

    審判はファウルをとらなかったが、男性が倒れ込み、試合は一時中断。男性は左すねの手術などで計約1か月間入院し、15年5月、「スパイクの裏側で故意に蹴られた」などとして、相手選手らに計約689万円の
    支払いを求めて提訴した。

    訴訟で相手選手側は「男性の足元から離れたボールに向けて左足を伸ばした。けがは予見できなかった」などと主張した。しかし、判決は「勢いを維持しながら左足の裏側を突き出しており、男性の負傷を十分予見できた」と指摘。「故意」は否定したが、「退場処分が科され得る行為だった」として過失責任を認定した。

    相手選手側は既に控訴。相手選手と代理人弁護士はいずれも「裁判中なので答えられない」としている。

    今回の判決は、現場や専門家の間でも注目されており、賛否両論が出ている。「選手生命を絶つほどのプレーなら仕方がない」(サッカー少年団の20歳代男性コーチ)、

    「サッカーは接触が当たり前。賠償を恐れれば、レベルが下がりかねない」(社会人チーム代表の40歳代男性)。

    判例などでは、賠償責任が生じるか否かは、
    〈1〉プレーがルールや常識の範囲内か
    〈2〉重大なけがの発生を予見し、回避できたか
    〈3〉競技者の「危険の受け入れ度合い」を上回ったか――などがポイントとなる。

    第一東京弁護士会のスポーツ法研究部会の部会長を務める合田雄治郎弁護士は「最近はスポーツを楽しむ権利が重視されてきたことを背景に、ルールの範囲内でも、注意義務違反があれば賠償責任を認める傾向にある。今回は、こうした流れに沿った判断だろう」と指摘。これに対し、スポーツを巡る訴訟に詳しい片岡理恵子弁護士は「賠償責任の認定は特に危険な行為に限定されるべきで、今回がそこまでの行為
    だったのか疑問だ。判決は負傷の程度を意識し過ぎたのではないか」と話している。
    2017-01-13_14h18_46
    http://sp.yomiuri.co.jp/national/20170113-OYT1T50029.html?from=ytop_main7
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/12(木) 22:04:42.10 ID:CAP_USER9.net
    『Times』は、昨年ATPランキングで1位となったアンディ・マレーのインタビューを掲載した。

    リオ五輪のテニス競技で錦織圭を準決勝で破るなどして、2大会連続の金メダル獲得に成功。伝統のウィンブルドンでも優勝を果たし、名実ともに現在世界ナンバーワンのプレイヤーとなったアンディ・マレー。

    その功績を讃えられ、今年は29歳ながら史上最年少で大英帝国勲章を授与されるという快挙も成し遂げた。

    彼はそのインタビューの中で以下のように話し、サッカー界との関係、そして引退後のプランを明かした。

    アンディ・マレー

    (昨年11月、世界1位になった時には、アレックス・ファーガソンやジョゼ・モウリーニョからメッセージが来たそうだね)

    「彼らからは一言貰ったよ。本当にクールだね。僕は本当に多くのサッカーを見ているし、彼ら二人は最も尊敬している人物だ。そして、最も厳しいスポーツの、最も高いレベルにおいて成功した最高の監督だ。本当に素晴らしいよ」

    (引退後は?)

    「いつもテニスには関わっていくだろうとは確信しているよ。テニスに何か恩返しがしたい。間違いなく僕に多くのものをもたらしてくれたからね。

    僕はイギリスのテニスのことをとても気にかけている。それが良くなっていって欲しい。おそらくここで何かをする。別の選手を指導する可能性が高いね。

    また、サッカーで何かしたいと思う。僕はいつも試合を見ているんだ」

    マレーは少年時代にサッカーをやっていたことでも知られ、グラスゴー・レンジャーズからスカウトされたこともあるという。

    なお、彼が愛しているクラブは祖父がプレーしていたハイバーニアンと、本人が住んでいるロンドンのアーセナルである。
    7c4508cb-0100-4962-9daa-4fa156b33649
    http://qoly.jp/2017/01/12/andy-murray-wants-to-work-in-football-after-retirement-kgn-1
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/12(木) 17:29:28.34 ID:CAP_USER9.net
    日本サッカー代表がワールドカップ(W杯)の常連国となったのに対し、中国がW杯に出場したのは2002年が初であり、それ以降は一度も出場することができていない。2018年ロシア大会のアジア最終予選でもグループAの中国は3敗2分の最下位となっている。

    中国では日本サッカーの強さの秘訣を分析する報道が多いなか、中国メディアの網易体育は10日、同じアジアの国同士でありながら、日本と中国でサッカーの実力に大きな差がある理由を考察している。

    全国高校サッカー選手権大会は9日に決勝戦を行い、青森山田高校が初優勝を成し遂げた。記事は「高校生の試合だというのに、選手たちは高い技術を持ち、スタンドには多くの観客が詰めかけていた」と伝え、何の知識もなく試合を観戦すれば「プロサッカーチーム同士の試合だと勘違いしてしまうほど」だったと論じた。

    続けて、青少年のサッカー選手の実力は一国の代表選手たちの実力を左右すると指摘したうえで、日本サッカーが成功を収めることができたのは「全国高校サッカー選手権大会」という基盤があってこそだと主張。同大会には日本全国の約4000校もの高校が参加していると伝え、「サッカー発展に向けて、これほど組織的かつ大規模に行われる基盤があるとは恐ろしさすら感じる」と主張した。

    一方の中国にも16歳以下(U-16)の青少年たちによる大会はあるとしながらも、「日本に比べて青少年サッカーの発展度合いはあまりに立ち遅れている」と主張。中国のU-16の大会は「学校」とは無関係の大会であり、出場する選手たちはスポーツのエリートを育成するスポーツ専門学校の生徒、もしくは、セミプロの選手たちのみであり、「夢さえあれば誰でも参加できる日本の大会とは性質が違う」と指摘した。

    また記事は、日本の場合は日本サッカー協会に登録されている12歳未満の選手は30万人を超え、さらに15歳未満は26万人、18歳未満は17万人を超えることを紹介。一方、中国が2013年にU-17ワールドカップに出場した際の登録選手数はわずか51人だったと紹介し、51人から選手を選ばざるを得ない中国が、選手層が非常に厚く、切磋琢磨が常に行われている日本に敵わないのも当たり前だと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
    2017-01-12_18h57_35
    http://news.searchina.net/id/1626898?page=1
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ