海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: サッカー関連

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/21(火) 10:36:32.49 ID:CAP_USER9.net
    サッカー界に新星が現れたと思ったらフランス人選手だった。最近はそんなケースが非常に目立つ。先日のチャンピオンズリーグPSG対バルセロナの一戦でも、PSGに所属する21歳のDFプレスネル・キンペンベが大活躍。チアゴ・シウバが退団しても戦っていけるのではとの予感さえあった。

    キンペンベ以外にもフランスには有望な若手選手が多く揃っており、数年後には誰を代表に招集すればいいのか分からない恐ろしいチームが出来上がっているかもしれない。そこで英『Squawka』は、3年後のEURO2020のフランス代表チームを予想。昨年フランスで開催されたEURO2016は惜しくも準優勝だったが、この面子なら再び優勝を狙えるかもしれない。

    ■GK:アルバン・ラフォント(トゥールーズ)

    イタリアではミランのジャンルイジ・ドンナルンマが16歳でデビューを果たして話題を呼んだが、ラフォントも16歳と310日でリーグ・アンデビューを飾った選手だ。今季もトゥールーズでリーグ戦全てに出場しており、順調にステップアップしている。

    ■サイドバック:ジブリル・シディベ(モナコ)、ライビン・クルザワ(PSG)

    シディベとクルザワは現在24歳で、どちらもフランスを代表する強豪クラブでプレイしている。ともに攻撃能力も高く、27歳になる3年後はキャリアの中でも最も良い時期に入っていることが予想される。EURO2016ではバカリ・サニャ、パトリス・エヴラといったベテランがサイドバックを務めていたが、今後は一気に若返ることになりそうだ。

    ■センターバック:ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリード)、サミュエル・ウンティティ(バルセロナ)

    ここは説明不要なポジションだ。前述したキンペンベ、アスレティック・ビルバオのアイメリック・ラポルテ、チェルシーのクルト・ズマとタレントが溢れ返っている。アーセナルのローラン・コシェルニーは現在31歳とベテランの領域に入っているが、若手を統率する立場としてメンバーに加えることもできる。センターバックは最も競争が激しいポジションの1つになるはずだ。

    ■アンカー:エンゴロ・カンテ(チェルシー)

    年齢を重ねるごとにクロード・マケレレのようになってきているカンテは、今後のフランス代表を支える存在となるだろう。彼ほどのボール奪取能力があればどんなスタイルにも適応できるはずで、カンテがいるだけで中盤の守備力は世界トップレベルのものになったと言っていい。

    ■セントラルMF:ポール・ポグバ、アドリアン・ラビオ(PSG)

    ワールドクラスの選手になったポグバ、ボール奪取から攻撃参加までこなせる21歳のラビオのコンビは非常に興味深い。インサイドハーフの選手としては珍しいが、ポグバは191cm、ラビオは188cmと2人ともサイズがある。そのためリーチが長く、ボール奪取からボールキープまであらゆる仕事をこなすことができる。ラビオは先日のバルセロナ戦でも好パフォーマンスを披露していただけに、このまま成長してもらいたいところだ。

    ■ウイング:ウスマン・デンベレ(ドルトムント)、トーマス・レマー(モナコ)

    サイドの2人もフレッシュだ。ドルトムントで圧巻のドリブルを披露しているデンベレは19歳、モナコでリーグ戦7得点を記録しているレマーも21歳と若い。今季のモナコは攻撃陣が爆発しているが、レマーもそれを支えている選手だ。同じくモナコではティエリ・アンリ2世とも言われる18歳のキリアム・ムバッペもブレイクしており、ウイングも熾烈なポジション争いがありそうだ。

    ■センターフォワード:アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)

    EURO2016で得点王に輝いたグリーズマンは、フランスにとって絶対的なストライカーだ。やや決勝戦に弱いところは気にかかるが、どの相手からも得点を奪える能力を持っている。デンベレやポグバが作ったチャンスをグリーズマンが決める姿も容易に想像できる。フランス優勝のカギを握る存在と言えそうだ。

    この他にもマンチェスター・ユナイテッドのFWアントニー・マルシャル(21歳)、ニースで6得点を記録しているMFウィラン・シプリアン(22歳)、バイエルンFWキングスレイ・コマン(20歳)、セルティックFWムサ・デンベレ(20歳)などタレントは多い。

    何より今回同メディアが選出したスタメンにはEURO2016に呼ばれていない選手も多い。準優勝したチームをガラリと変えるだけのタレント力がフランスにはあり、2チームくらいは作れる余裕がある。もちろん2018年のワールドカップもフランスは優勝候補になるはずだが、今の若手選手が23、24歳になる2020年こそ完成体となるはずだ。
    2017-02-21_11h38_25
    TheWORLD(ザ・ワールド) 2/19(日) 22:50配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00010030-theworld-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/19(日) 18:51:21.01 ID:CAP_USER9.net
    a10091d5-b8e6-49f9-9843-c60104e85c33
    南米を代表する名門クラブとして知られるリーベル・プレート。

    2015年にコパ・リベルタドーレスを制して南米の頂点に立ち、年末のクラブ・ワールドカップで来日。大挙押しかけたサポーターが大阪の道頓堀や駅の構内を占拠し、大騒ぎしたことは日本中で大きな話題となった。

    そんな彼らがこのほど、テニスの錦織圭にユニフォームをプレゼントしたようだ。




    「5番」の背番号に「Nishikori」のネーム入り!

    錦織は現在、男子テニスのアルゼンチン・オープンに参加しているが、大会前に受けた『ESPN』のインタビューで「ボカとリーベル、どちらが好き?」と聞かれ、「リーベル」と回答。そのことがきっかけとなったようだ。

    ちなみに錦織はリーベルを選んだ理由を「コーチがファンなんだ」と答えている。

    錦織のコーチといえば台湾系アメリカ人のマイケル・チャン氏が有名だが、チャン氏と組む以前から錦織の指導に携わっているのがアルゼンチン人のダンテ・ボッティーニ氏(写真右)。その彼の影響を受けてリーベルを応援している(と答えるように言われている)ということらしい。

    この発言は現地ですぐに報道され、リーベルの“宿敵”ボカのファンの耳にも届くことに。フォロワーが60万人を超えるサポーターグループのTwitterアカウントはがっかりしていた。



    錦織は18日に行われた準決勝で、地元のカルロス・ベルロクを撃破。決勝で世界ランク66位のアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)と対戦し、クレーコート(土)での初優勝を目指す。

    http://qoly.jp/2017/02/19/kei-nishikori-and-river-plate-hys-1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/18(土) 08:06:06.28 ID:CAP_USER9.net
    元日本代表監督のジーコ氏は、サッカー界で急速に存在感を強めている中国においては、本当の意味でサッカーを発展させるための取り組みが行われていないと批判的見解を述べた。

    伊メディア『モンドウディネーゼ.it』が17日に伝えている。

    ジーコ氏はJリーグ草創期に日本の鹿島アントラーズで現役時代の最後の時期を過ごし、サッカー先進国であるブラジルからの“伝道師“として日本サッカーの発展に大きな役割を果たした。

    その後は日本代表監督も務めたあと、トルコやウズベキスタン、ロシア、ギリシャ、イラク、カタール、インドと世界各地で多くのチームを率いてきた。

    現在の中国では、かつて日本でジーコ氏らがプレーしたように、欧州や南米から多くの大物外国人選手たちが集まっている。だが、サッカーの発展に向けた取り組みにおいて、両国には大きな違いがあるとジーコ氏は感じているようだ。

    「異なっているのは、日本ではサッカーを成長させるための仕事が行われているということだ。20年前には、日本の選手が頭角を現すとは誰も考えていなかった。今はそうではない」とジーコ氏は、現役時代の古巣であるイタリアのウディネーゼの本拠地で17日に行われた会見で話している。

    「成長しつつある動きに活力を与えるためには、ジーコやその他多くのスター選手がいるだけではダメだ。

    その国の選手たちを成長させることが必要だ。中国ではそれができていないと思う。中国のサッカーが成長しているようには見えない。欧州リーグのスター選手を呼ぶことだけを考えている」と中国の現状を手厳しく評した。

    昨季までインドのFCゴアで監督を務めていたジーコ氏は、インドについても「時間がかかる」とコメント。アジアのサッカーはいまだ遅れを取っていると指摘しつつ、一方でアフリカには今後の台頭の予感が感じられると述べている。
    20170217_zico_getty
    フットボールチャンネル 2/18(土) 7:40配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170218-00010001-footballc-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/17(金) 22:42:32.64 ID:CAP_USER9.net
    元ポルトガル代表MFで、現役時代はバルセロナやレアル・マドリーでプレーしていたルイス・フィーゴ氏は、中国サッカーについて独特の表現を用いながら、苦言を呈している。

    欧州で活躍するスター選手たちを圧倒的な資金力で呼び寄せ、発展を続ける中国スーパーリーグ(CSL)。急速な成長でアジアだけでなく、欧州の舞台にも追いつかん勢いだが、フィーゴ氏は冷静に分析しつつ、お金を使うだけでは十分ではないとしている。

    「中国政府が強力に後押ししていると思うが、私の意見としては、中国は家を屋根から作っていると思う。文化が違うんだよ。私も中国にアカデミーを持っているし、自分が何を言っているかよく分かっている」

    「草の根の基盤や課外活動の文化がなく、大会もなければチームや代表チームを手助けする強い機構を作ることは難しい。短期的なことばかり考えて、選手を買うのに

    何百万という単位の金を使うだけでは十分ではないんだ」

    一方で、「だが決定する力を持っているのは私ではない。私はただ意見を伝えるだけだ」と個人の意見に過ぎないと最後に付け加えた、

    しかし、フィーゴ氏の言うことはもっともで、中国バブルはいつか弾ける可能性があり、その時に競争力を落とさないため、中国サッカー協会はお金をかける場所を今一度熟慮したほうがいいのかもしれない。
    2017-02-18_08h09_56
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00010005-goal-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/16(木) 18:29:23.76 ID:CAP_USER9.net
    「世界で最も足の速いサッカー選手10名は誰か?」という特集記事を、スペイン紙『マルカ』が15日付で掲載している。

    同紙によると、この調査はパチューカ(メキシコ)が各選手のデータをまとめたもの。多くのサッカーファンが思い浮かべる選手たちはランクインしているだろうか。

    まず10位に入ったのは、イングランド代表MFウェイン・ルーニー(マンチェスター・U)だ。時速31.2キロを計測している。9位には、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)がランクイン。バルセロナのエースは時速32.5キロを計測した。続く8位には、イングランド代表FWセオ・ウォルコット(アーセナル)が入った。この快足ウインガーは、時速32.7キロを記録している。7位にランクインしたのは、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)だ。昨年、FIFA最優秀選手とバロンドール(世界年間最優秀選手)をダブル受賞した同選手は、時速33.6キロをマークした。そして6位には、エヴァートンのイングランド人MFアーロン・レノン(エヴァートン)が時速33.8キロでランクインしている。

    5位に入ったのは、ガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)だ。レアル・マドリードなどビッグクラブへの移籍も噂される韋駄天ストライカーは、時速34.6キロを記録している。4位には、エクアドル代表MFアントニオ・バレンシア(マンチェスター・U)がランクイン。ここ数年は右サイドバックとして評価を高めている同選手は、時速35.1キロを計測した。3位に入ったのは、メキシコ代表MFユルゲン・ダム(ティグレス/メキシコ)。現在24歳の同選手は、時速35.2キロを計測している。続く2位にも、南米からランクイン。コロンビア代表FWオーランド・べリオ(フラメンゴ/ブラジル)が時速36キロをマークした。

    そして、栄えある第1位に輝いたのが、ウェールズ代表FWギャレス・ベイル(レアル・マドリード)だ。高速ドリブルが武器の同選手は、なんと時速36.9キロを計測。2位以下に大差をつけている。同選手は右足首の負傷から間もなく復帰すると伝えられており、そのスピードを再びピッチで見られる日が近づいている。

    ここに名を連ねた10選手以外にも、世界には数多くの快足選手が存在する。そんな選手たちの圧倒的なスピード感に、注目だ。
    2017-02-16_19h36_27
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00552591-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/11(土) 12:02:42.71 ID:CAP_USER9.net
    サッカー元日本代表で、「沖縄SV(エスファウ)」代表の高原直泰氏が10日、県庁で今季の新体制を発表し、4月から県1部に昇格すると発表した。昨季県3部を制し、飛び級で1部に上がる。

    JFL入りするために、今後は九州リーグや全国リーグ参戦を目指す。将来的にJリーグ参入を狙う高原代表は「全国リーグを勝ち抜き、18年にJFLに入ることが今季最大の目標」と意気込みを語った。

    高原代表が選手兼任監督を務め、昨年2月に本格始動した沖縄SVは、県3部リーグ北を9試合全勝で優勝した。123得点、失点はわずか1と圧倒的な内容だった。

    ほかに全国社会人選手権県大会で優勝。九州大会代表戦を制し、10月の全国社会人選手権に出場するなど、1年目から実績を残した。会見に同席した県協会の屋富祖繁幸副会長は「強いチームはどんどん上に行ってほしいとの思いで、県リーグ委員会と県協会で協議し、飛び級での1部参入を決めた」と説明した。本年度は9選手が新たに加わり、25選手でスタートする。

    高原代表は「17人だった昨年は、紅白戦など実戦練習が満足にできず、試合勘が足りなかった。今年はチームとしてボリュームアップした。まずは天皇杯の本戦出場を勝ち取りたい。チャレンジしていく」と決意を込めた。会見では、新たにヨネックスとオフィシャルユニホームサプライヤー契約を結んだことや、シーエー・アドバンスとパートナーシップ契約を継続することなども報告された。

    沖縄タイムス 2/11(土) 11:35配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00083739-okinawat-socc

    写真
    続きを読む


    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/10(金) 14:32:04.26 ID:CAP_USER9.net
    ■各サービスが提供している主なコンテンツと利用料金の一覧



    DAZN、スポナビライブ、スカパー!…日本ではサッカーを視聴するためのサービスが林立している。

    料金改定や視聴環境の整備が進み、それぞれがより利用しやすいものになってきてはいるが、いったいどのサービスと契約すれば見たいリーグや大会を視聴できるのかは、分かりづらい状況のままだ。

    する。

    ■スポナビライブが料金改定を発表。DAZNはドコモと提携
     
    昨年から今年にかけて、日本におけるサッカー視聴環境は大きな変化に直面している。これまで当たり前だったテレビ視聴から、スマートフォンやタブレットでの視聴がメインになっていくかもしれない。

    しかし、これまで主に「スカパー!」が取得していた各国リーグの放映権は、複数の事業者にばらけてしまった。それにより視聴者の混乱を招いているのは事実だろう。

    では、仮にJリーグだけでなく、プレミアリーグやセリエA、ブンデスリーガ、リーガ・エスパニョーラ、チャンピオンズリーグといった欧州サッカーも網羅したい場合、どんな組み合わせが最適なのだろうか。

    まず、8日に今後日本国内で熾烈な競争を繰り広げていくであろう2つのサービスに大きな動きがあった。今季からJリーグの放映権を独占的に取得した「DAZN(ダ・ゾーン)」が通信大手NTTドコモとの協業を発表。新サービス「DAZN for docomo」の提供を開始する。

    今月15日からサービス開始となる「DAZN for docomo」は通常ならば月額1750円(税抜)で利用できる「DAZN」を、ドコモ契約者には月額980円(税抜)で提供する。もちろんJリーグやブンデスリーガといったサッカー以外のスポーツも定額で見放題となる。

    一方、イングランド・プレミアリーグやリーガエスパニョーラの日本国内向け放映権を持つソフトバンクは、「スポナビライブ」の利用料金を来月16日より改定すると発表した。

    現在は通常料金が月額3000円(税抜)で、ソフトバンクの加入者は月額500円(税抜)で利用できたが、来月16日からは通常料金が月額1480円(税抜)に値下げされ、ソフトバンクやY!モバイル、Yahoo!プレミアムの加入者は月額980円(税抜)となる。

    また「スポナビライブ」は料金改定にともないフルHD対応などの機能拡充も行われる。これまで対応していなかったAmazon Fire TVなどでも順次視聴可能となるため、テレビで利用できる可能性も広がっていく。

    なお、すでに月額500円(税抜)で「スポナビライブ」を契約しているソフトバンクユーザーはそのままの価格で利用できる。ただしフルHDで見ることはできないため、より高画質で楽しむには月額980円(税抜)のプランに変更する必要がある。

    >>2以降につづく

    フットボールチャンネル 2/10(金) 12:19配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170210-00010014-footballc-socc&p=1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/08(水) 12:31:44.11 ID:CAP_USER9.net
    Kリーグ・チャレンジ(韓国2部)の釜山アイパークは8日、昨季限りで名古屋グランパスを退団したDF安田理大を獲得したことを発表した。

    現在29歳の安田は、ガンバ大阪ユース出身で、2006年から2010年までG大阪のトップチームでプレーした後、2011年にオランダのフィテッセに移籍。2013年9月からジュビロ磐田に加入して日本に復帰すると、2014年はサガン鳥栖、2015年は神戸でプレーした。

    昨季からは名古屋でプレーし、明治安田生命J1リーグで22試合に出場。チームはクラブ初のJ2降格となり、安田は退団が決定していた。また、各年代の日本代表にも選出され、フル代表では国際Aマッチ7試合に出場し1得点を記録している。

    加入に際し安田は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

    「韓国の舞台は初の挑戦になります。韓国サッカーはフィジカル的な要素を多く求められると聞きますが、そこには自信があります。僕は釜山という良いチームに来ることができて嬉しいし、すぐにチームに順応して覚えてもらいたい。今シーズンの歴史をともに分かち合いたいです」

    釜山は昨シーズンのKリーグ・チャレンジで年間5位。2年ぶりのKリーグ・クラシック(韓国1部)への昇格を目指す
    2017-02-08_13h22_18
    SOCCER KING 2/8(水) 12:06配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170208-00550409-soccerk-socc
    続きを読む

    20160121181852

    1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/02/08(水) 06:49:31.591 ID:7xoiWWll0.net
    桜木花道が未経験からスポーツをやった場合

    バスケ・・・圧倒的身体能力で高さを制しリバウンド王に
    アメフト・・圧倒的身体能力でラインのエースに
    野球・・・・圧倒的身体能力で剛速球を投げて経験者を驚愕させる
    バレー・・・圧倒的身体能力で高いアタックを決める
    相撲・・・・圧倒的身体能力で国宝と互角に
    ボクシング・・圧倒的身体能力で世界へ挑戦

    サッカー・・・圧倒的身体能力があっても足元の技術がないので
           何の役にも立たずゲームから消える
           せいぜいゴール前の潰れ役という脇役ポジション

    未経験の主人公が成り上がれないから
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/06(月) 21:41:55.83 ID:CAP_USER9.net
    e6261954-8a19-4aa5-aaa4-69e7ed1cf007

    解説者への転身後、落ち着いたトーンと的確な分析で高い評価を得る戸田和幸氏。

    解説者としてのキャリアはそこまで長くないが、すでに『スカパー!』や『NHK』で数多くのビッグマッチを任されており、昨シーズンはJリーグチャンピオンシップの決勝も担当した。

    そんな戸田氏は現在ヨーロッパにいるようだ。1月31日に投稿された自身のブログで、その理由が明かされていた。

    戸田氏は昨年、S級ライセンスの取得にチャレンジ。見事12月半ばに合格の通知を受けた取ったのだそうだ。

    同ライセンスは日本サッカー協会が公認する最高位の指導者資格であり、Jリーグの監督を務めるために必要な免許である。同ライセンスの取得には海外研修が必須となるが、今年に入ってそのためにヨーロッパを訪れていたようだ。

    また、戸田氏は「勉強」という目的でイングランドやオランダ、イタリアを訪問。自身がかつて在籍したトッテナムの練習も見学し、そのあまりの凄さに言葉を失ったという(詳しくはブログから)。

    長期滞在であるため、解説業の仕事もいくつかキャンセルしたという戸田氏。それでも、『スカパー!』の番組でレスターFW岡崎慎司と対談している。



    S級ライセンスの習得について、戸田氏は「資格を取得するためだけではなく5年後・10年後の 『その時』の為になるように自分なりに突っ込んで受講してきました」と綴っている。

    解説者としてだけでなく指導者としても期待されているだけに、今後が注目だ!

    戸田和幸オフィシャルブログ 「KAZUYUKI TODA」
    http://ameblo.jp/todakazuyuki/

    http://qoly.jp/2017/02/06/kazuyuki-toda-blog-20170206-kwm-1
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ