海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: サッカー関連

    1:ranran roo ★@\(^o^)/(★ 99de-ziuX):2017/06/20(火) 17:26:11.99 ID:CAP_USER9.net
    6/20(火) 8:10配信

    Football ZONE web
    「私は決して選手たちを許さない」 ストイコビッチ監督が中国で勃発した50人大乱闘に怒り爆発
    2017-06-20_17h59_12
    ストイコビッチ監督が乱闘騒動に対し怒りを露わに【写真:Getty Images】

    上海上港vs広州富力で大乱闘が勃発

    広州富力のドラガン・ストイコビッチ監督は、18日に行われた中国スーパーリーグの上海上港戦で勃発した大乱闘に対し、怒りを爆発させている。英メディア「メトロ」が報じている。

    事件が起きたのは前半アディショナルタイムだった。タッチライン際でボールを拾った上海上港MFオスカルが突然、相手選手に向かって全力でボールをぶち当てると、その跳ね返りを今度は反対方向にいた別の選手に渾身の力で蹴り当てるという暴挙に出た。

    これに激怒した広州富力の選手たちは、オスカルを突き飛ばすと、両チームの選手が入り乱れる騒動へと発展。同記事では、「元チェルシーのスターが中国で50人を巻き込む大乱闘を引き起こした」とレポートしている。

    また、かつて名古屋で選手と監督として活躍し、現在は広州富力の指揮官を務めているドラガン・ストイコビッチ監督のコメントも紹介。ピッチで暴れた自身の選手たちに怒りのメッセージを伝えている。

    「私は決してスポーツマンシップに欠けた振る舞いをした、我々の選手たちを許さない。我々は対戦相手、観客、レフェリーを尊敬すべきだからだ」
    オスカルに「正義は勝つ」

    一方でストイコビッチ監督は「正義は勝つ。皆、何が起きたのか目にしたはずだし、私自身も何が起きたのかはっきり確認している」と、一切お咎めのなかったオスカルに対し、今後の処分が検討されることを期待するようなコメントも残している。

    中国で起きた大乱闘は世界各国でも報道され始めているが、事が大きくなっていけば、騒動のきっかけとなったオスカルにも処分が下る方向に傾いていくかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170620-00010001-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/20(火) 12:35:43.71 ID:CAP_USER9.net
    米国人歌手マドンナの養子であるデヴィッド・バンダ君がプリメイラ・リーガ、ベンフィカの下部組織に入団したと、イギリス紙『デイリー・メール』が伝えている。

    デヴィッド君はマラウィ生まれの11歳で、2006年にマドンナの養子となった。

    マドンナは仕事の関係でポルトガルを訪れた際、ポルトガルサッカーの大ファンであるデヴィッド君のために、ベンフィカの下部組織での練習参加を掛け合った。

    その後デヴィッド君がベンフィカで1週間ほど練習に参加すると、その驚くべき才能が認められ、下部組織への入団を許された。

    マドンナは子供への必要なサポートを惜しまず、ポルトガルでは既に家も購入し、新学期が始まる9月には自身も移住を考えているようだ。

    マドンナが購入した物件は首都リスボンに隣接するシントラにあり、練習場からもそれほど遠くない。3300平方メートルもの豪邸で、購入価格は650万ユーロ(約8億円)と伝えられている。

    最近、マドンナがツイッター上で、ベンフィカのユニフォームを着用した写真を投稿していたが、単なる偶然ではなく、れっきとした理由があったようだ。

    なおデヴィッド君のポジションは左ウィングでアタッカーを務めており、レアル・マドリーに所属するポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウドに憧れている。

    GOAL 6/20(火) 12:08配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00000010-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/20(火) 00:00:53.37 ID:CAP_USER9.net
    近年、日本では欧州各国クラブのスクールが行われ、ジュニア世代から各国の育成メソッドを経験する機会が増えた。U-20日本代表のFW久保建英(FC東京U-18)はバルセロナの下部組織に所属した経験があり、レアル・マドリードの下部組織に所属する中井卓大くんのような存在もいる。

    そのなかでアーセン・ベンゲル監督がトップチームを率い、今シーズンのFAカップ制覇を果たしたプレミア屈指の強豪アーセナルも、昨年より「アーセナル夏休みサッカーキャンプ」を開催している。

    アーセナルと言えばドイツ代表MFメスト・エジルらを筆頭に華麗なパスサッカーを仕掛けるイメージが強いが、その育成組織の担当者が日本人選手を教えることで感じた、「世界レベル」に達するためのポイントとは――。

    男子は9歳から17歳、女子は9歳から15歳までの生徒が参加できる本スクールでは、現地からサッカーのスキル向上と同時にロンドンがホームタウンというクラブであることを生かして、コーチとは別に現地から来日する英語講師が授業を行うといったユニークな取り組みも行なっている。

    スクール参加者からも「自分の英語の力を上げることができた」、「練習のメニューが毎回違って、頭を使わなければいけない」と話している。有意義かつ楽しみながらのトレーニングの中で、アーセナルから派遣されたコーチ陣はしっかりと日本人選手の特徴、そして伸ばすべき能力をアドバイスしてくれた。

    「基礎の反復練習を嫌い、全体的にパワー不足」

    今回質問に答えてくれたのは、実際に指導するマニング氏、タイラー氏だ。まずは日本人選手の特徴と課題について、二人はこう指摘していた。

    「アーセナルキャンプの参加対象年齢の9歳~17歳の年代、特に若年層は総じて技術力は非常に高いです。また、規律、勤勉という意味では感心するほど高く評価できます。ただ課題としては、基礎の反復練習を嫌う傾向があります。これは非常に重要なことで、もっと認識してほしいとも感じます。技術力は高いのですが、全体的にパワー不足で、ロングパスやシュート力がそれに当たります。一定年代からは筋力トレーニングに励んでほしいと思います」

    また日本では「決められたことをチームで取り組む」練習を重視する一方で、イングランドでは「基礎練習から楽しみながら個の強さを伸ばす、ゴールを決める喜び」を強く意識させるメニューを意識づけているともいう。また世界に伍するためには、メンタル面の意識改革も一つのポイントとなるという。

    「日本人選手は若年層からも“ミスを恐れる傾向がある”と思います。プレーを見ていると、ミスをするより安全なパスを送る傾向にある。だからこそミスを恐れず、指導者側はミスを責めない前を向く指導が必要になります」

    「トラップやパスの正確性に欠けている」

    また技術力が高いと称したものの「基礎練習不足の影響か、トラップやパスの正確性に欠けている」とファーストタッチの置きどころなど、“魅せるプレー”ではなく“個の力で勝つためのプレー”を磨く意図を持つべきだとも指摘。激しい球際の局面が連続するプレミアならではのアプローチと言える。

    アーセナルのコーチ陣が認めた勤勉性などに加えて、個人でも闘える強さを身につける――。組織と個のレベルアップは分離したものではなく、並行していくものだ。それだけにプレミア強豪クラブのアドバイスは、育成年代の選手にとって頭の片隅に置いて損はないはずだ。

    フットボールマガジンZONE 6/19(月) 21:16配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170619-00010019-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/20(火) 01:59:35.03 ID:CAP_USER9.net
    ■ドイツ 3‐2 オーストラリア[Fisht StadiumSochi]
    http://www.fifa.com/confederationscup/matches/round=274633/match=300334890/index.html#nosticky

    05分 [ド]シュティンドゥル
    41分 [オ]ロギッチ
    44分 [ド]ドラックスラー(PK)
    48分 [ド]ゴレツカ
    56分 [オ]ユリッチ

    <オーストラリア>
    ライアン、デゲネク、ミリガン、ライト、ベヒッチ、セインズベリー■、ムーイ、ルオンゴ(46分クルーズ)、ロギッチ(71分トロイージ)、レッキー、ユリッチ(86分ケイヒル)

    <ドイツ>
    レノ、ムスタフィ、ヘクター、リュディガー、キミヒ、ドラックスラー、ゴレツカ■、シュティンドゥル(78分エムレ・ジャン)、ブラント(63分ジューレ)、ルディ、ヴァグナー(58分ヴェルナー)


    FIFA コンフェデレーションズカップ ロシア 2017のグループB第1節が19日に行われ、オーストラリア代表とドイツ代表が対戦した。

    アジアカップ 2015を制したオーストラリアと、2014 FIFAワールドカップで世界王者に輝いたドイツが激突。オーストラリアは、横浜F・マリノスのDFミロシュ・デゲネクや、マシュー・レッキー、マッシモ・ルオンゴらが先発出場し、ティム・ケーヒルはベンチスタートとなった。若手主体のドイツは、キャプテンのユリアン・ドラクスラー、シュコドラン・ムスタフィらに加え、初選出のサンドロ・ヴァーグナーとラース・シュティンドルもスタメン入りした。

    試合は開始5分、ドイツが先制に成功した。ユリアン・ブラントがペナルティエリア内右に進入し、マイナスの折り返しを送ると、中央でフリーのシュティンドルが右足ダイレクトシュートをゴール右隅に決めた。

    その後も攻勢を続けるドイツは23分、ヴァーグナーが浮き球パスでエリア内左に抜け出し、左足シュートを放つが、わずかに枠の右に外れた。劣勢のオーストラリアはセットプレーからチャンスを迎える。37分、左サイドからのFKで、トレント・セインズベリーがゴール前に抜け出してフリーでヘディングシュートを放つが、枠を捉えられなかった。

    すると直後の40分、オーストラリアが試合を振り出しに戻す。敵陣中央でパスを受けたトム・ロギッチがドリブルで持ち上がり、エリア手前から左足ミドルシュート。これはムスタフィにブロックされるが、自らこぼれ球を左足ダイレクトで振り抜き、ゴール右に沈めた。

    だが、直後の43分にドイツは、レオン・ゴレツカがエリア内でルオンゴに倒されてPKを獲得。キッカーのドラクスラーが落ち着いてGKと逆のゴール右に流し込み、再びリードを奪った。

    後半に入って48分、ドイツがリードを広げる。右サイドのジョシュア・キミッヒが前線へ浮き球スルーパス。エリア内右に走り込んだゴレツカが右足シュートでゴールネットを揺らした。

    オーストラリアは56分、ロギッチがエリア手前右からミドルシュートを放つと、ゴール前のトミ・ユリッチに当たりコースが変わるが、GKベルント・レノにセーブされる。だが、こぼれ球をユリッチが左足で押し込んでゴール。ユリッチのハンドが疑われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判定により、得点が認められた。

    ドイツは75分、途中出場のティモ・ヴェルナーがエリア内で相手DFをかわし、右足シュートを放つが、これは左ポスト直撃。あと1点が遠いオーストラリアは87分にユリッチを下げてケーヒルを投入する。だが、スコアはこのまま動かず、ドイツが3-2でオーストラリアを破り、白星スタートを切った。

    なお、大会は21日にグループA第2節の2試合が行われ、ロシアとポルトガル、メキシコとニュージーランドがそれぞれ対戦する。

    サッカーキング6/20(火) 1:52配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00602505-soccerk-socc

    PHOTO


    ゲキサカ コンフェデレーションズ杯特集ページ
    http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?216000-216000-fl

    TV
    http://www1.nhk.or.jp/sports2/soccer
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/19(月) 18:12:00.88 ID:CAP_USER9.net
    ロナウドのシュートのこぼれ球からゴールが生まれるも、ペペのオフサイド判定に
     
    欧州王者としてコンフェデレーションズカップに参戦しているポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督は、18日の初戦メキシコ戦で2-2ドロー後、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による先制点の取り消しに怒りを爆発させ、「機能不全だ」と一刀両断している。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

    ロシアのカザンで行われた初戦の前半21分に歓喜の瞬間が訪れた。ロナウドが放った強烈なミドルシュートはクロスバーを叩いたが、こぼれ球からゴールが生まれた。ぺぺら選手は輪になって喜びを爆発させたが、主審はビデオ確認を要求。

    40秒後にゴールはペペのオフサイドとして取り消され、ロナウドは怒りのジェスチャーを炸裂させた。後半41分のセドリックの勝ち越し点の際にもビデオ判定が行われ、認められた経緯もあった。

    試合後にはサントス監督が本格導入されたVARについて怒りをぶちまけた。

    「ルールというものが存在する。フットボールの利益になれば最高だ。しかし、全くもって上手く機能していない。クリスティアーノのシュートがポストを叩いたその前のプレーだった。かなり混乱していた」

    VARによるプレーの確認はジャッジの正確さを高める一方、試合の運行が滞る点や臨場感を低下させる副作用もある。ポルトガル代表の指揮官は、現状での運行具合を機能不全と指摘。そして、審判団はポルトガルのゴールの度にVARで確認を行なったことにも不快感を示している。

    「いつも我々のゴールの後だ!」先制点が幻となり、後半アディショナルタイムに同点弾を許す不運な展開に、サントス監督は小柄な体を怒りで震わせていた。

    サッカーマガジンZONE 6/19(月) 16:34配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170619-00010013-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/19(月) 01:33:28.59 ID:CAP_USER9.net
    15日に一部週刊誌でプロバスケットボール選手・田臥勇太(36)との熱愛が報じられたテレビ朝日の竹内由恵アナウンサー(31)が18日、同局系スポーツ番組『やべっちF.C.』(毎週日曜 深0:05)に出演。MCのナインティナイン・矢部浩之(45)から熱愛をネタにイジられたものの、本人から詳細が語られることはなかった。

    この日は、矢部が冒頭でいきなり「きょうは盛りだくさんのバスケットの情報をお送りしたいと思います」とふっかけ、竹内アナが「サッカーの番組です!」と笑いながらツッコむやり取りでスタート。

    エンディング直前の「ハーイ!やべっち」でも、独ドルトムント・シュメルツァー選手からコメントをもらったことを受け矢部が「僕も幸せなんですけど、もっと幸せな(人が)」と隣を指さし、「やめてください!」と竹内アナが赤面するやりとりをみせたが、最後まで本人は熱愛について語らなかった。

    2人をめぐっては、竹内アナが田臥選手のマンションに入る様子を15日発売の『週刊新潮』が写真とともに報道。同誌の取材に対し、両者とも交際の事実を認めていた。

    6/19(月) 0:39配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000372-oric-ent

    写真
    2017-06-19_07h26_29

    やべっちFC
    http://www.tv-asahi.co.jp/yfc/
    続きを読む

    1:黄金伝説 ★@\(^o^)/:2017/06/18(日) 11:43:59.85 ID:CAP_USER9.net
    スローインなどで試合が止まった際は時計を止め、きっちり60分間で終わらせる案も

    サッカーのルール決定を行う国際サッカー評議会(IFAB)は、ルール改正案として「1試合60分」とすることなど、大きな変更を打ち出しているという。英公共放送「BBC」などが一斉に報じた。

    近年、ゴールラインテクノロジーの導入を筆頭に、ビデオアシスタントレフェリー(VAR)の導入やPK戦の順番に公平性をもたらすABBAルールなど、サッカーの試合に関わるルールや制度には変化が起きている。

    IFABはさらなる改革として、いくつかの変更点について協議されているという。そのなかで、最も注目されるのは試合時間の変更だ。前後半45分ハーフの計90分間という現在の形から、30分ハーフの60分間へ短縮するというもの。

    トップレベルの試合におけるアクチュアルプレイングタイムは60分前後と言われている。スローンなどで試合が止まった際にはバスケットボールなどと同様に時計を止め、アディショナルタイムなどを取らずにきっちり60分間で終わらせるという案が浮上している。スタジアムの時計も主審が管理しているものと連動させ、時間の浪費を防ぐ対応を取るという。
    FKやCKで自分へのパスも可能に!?

    その他には、以下のような新ルールが検討されているという。

    ・フリーキックやコーナーキック、ゴールキックで自分へのパスをすることができる

    ・ゴールキックでボールが静止していない状態で再開することができる

    ・ハンドの反則についてより明確な、一貫した基準を設ける

    ・手を使って得点した、または得点を阻止した場合、レッドカードが与えられる

    ・ゴールキーパーが味方のバックパス、またはスローインを手で扱った場合は、相手にペナルティーキックが与えられる

    ・選手が決定的な得点機会を手で、またはゴールライン付近で阻止した場合、主審は得点を認めることができる

    ・ペナルティーキックが得点、またはミス/セーブされたいずれの場合も、選手たちが続けてプレーすることはできない
    2017-06-18_11h59_41
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170618-00010005-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:o(^・-・^)o ★@\(^o^)/:2017/06/16(金) 10:45:15.67 ID:CAP_USER9.net
    2018年ロシアW杯出場に向けて厳しい最終予選を戦っているサッカー日本代表。6月13日にはアウェーのイラク戦が行われ、日本中が固唾を呑んで熱い戦いを見守った。だが、ハーフタイム中に流れたあるCMにサポーターからあきれ声が上がっている。

    「CMは女優の“のん”が出演している格安SIM会社のものです。彼女は以前からこの会社のCMに出ていますが、今回はサッカー中継のハーフタイム用に1分のロングバージョンを作り、一夜限りで放送されました。久々にのんの姿を地上波で見られるということで、放送前から話題になっていたんです」(テレビ誌ライター)

    それがなぜ、サポーターのブーイングを受けることになってしまったのだろうか。

    「CMはのんがアカペラでキリンジの『エイリアンズ』を歌う内容なんですが、のんの歌が聴くに堪えないほど下手くそなんです。見ていると何かこう不安な気持ちにされられる下手さですね(笑)。声はとてもキュートなんですが。曲を作った元キリンジの堀込泰行がついて相当レッスンしたそうですが、その成果がこれでは‥‥。演技はバツグンでも、歌はダメなようですね」(芸能ライター)

    テレビ中継では下手くそな歌が60秒も続いたため、放送事故が起きたのかと驚いた人も多い。SNSでは「のんのかわいさが台無し」「たとえ仕事がなくて困っていても歌だけはやめとけ」といった厳しい意見が並ぶ。また試合展開がなかなか追加点が取れずストレスがたまるものだったことも、のんへのブーイングに繋がったのかもしれない。いずれにせよ、注目を集めたということでCMとしては大成功だったのかもしれない。
    20170616_asajo_non
    http://asajo.jp/excerpt/31352
    続きを読む

    2017-06-13_08h08_28

    1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/06/13(火) 06:36:55.15 ID:k+WhgONd0.net
    「◯◯だと思うし~◯◯だし~」
    2:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/06/13(火) 06:37:24.99 ID:hbTqEb/0p.net
    孤立している。あえてね
    3:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/06/13(火) 06:37:53.46 ID:YQekzkgz0.net
    続きを読む

    731f6062

    1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/06/12(月) 08:08:33.931 ID:UJpLe88LK.net
    体育教師「…」クルッスタスタ

    クラスメイト「…」スッ

    ぼく「」

    なぜなのか
    2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/06/12(月) 08:09:22.620 ID:aIM4idVR0.net
    【審議中】
             
        ∧,,∧  ∧,,∧
     ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
    ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
    | U (  ´・) (・`  ) と ノ
     u-u (l    ) (   ノu-u
         `u-u'. `u-u'


    【結果発表】
    パッ
     [よくわからん]
      ∥∧∧
      ∩・ω・`)
       (    )
       `u-u´
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ