海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: サッカー関連

    Fussball.-Bild-Ball-Tor_image_1200-1024x683

    1: 風吹けば名無し 2019/06/13(木) 23:27:43.65
    岡崎
    香川 本田 久保
    長谷部 中田
    長友 闘莉王 吉田 酒井
    川島

    2: 風吹けば名無し 2019/06/13(木) 23:27:53.24
    わりと妥当

    5: 風吹けば名無し 2019/06/13(木) 23:28:46.36
    岡崎、長谷部、本田、香川、中田、吉田あたりはキャリア的にも他とレベルが違う

    9: 風吹けば名無し 2019/06/13(木) 23:29:08.43
    >>5
    長友…

    11: 風吹けば名無し 2019/06/13(木) 23:29:29.46
    >>9
    すまんすまん

    続きを読む

    sadness-2667464_640

    1: 風吹けば名無し 2019/06/13(木) 17:23:47.13
    一度もございません

    4: 風吹けば名無し 2019/06/13(木) 17:24:24.35
    それどころか運動音痴で困る

    5: 風吹けば名無し 2019/06/13(木) 17:24:40.05
    イケメンやん

    10: 風吹けば名無し 2019/06/13(木) 17:25:29.52
    >>5
    いやブサイクやで周り黒髪ばっかでワイ茶髪やからそれで判断してる
    あと身長かね

    続きを読む

    1: 名無しさん@1周年 2019/06/13(木) 09:15:18.53
    万引き犯に並走「店に戻った方が」 サッカー選手が説得
    朝日新聞デジタル 2019年6月13日8時48分
    https://www.asahi.com/articles/ASM6D4VHXM6DONFB00F.html

    スーパーで食料品を万引きして逃走した男(42)を追いかけ、チームプレーで逮捕に協力――。サッカーの鈴鹿アンリミテッドFCの選手3人が12日、津署で感謝状を手渡された。

    お手柄だったのは高野次郎さん(25)、月成大輝さん(25)、芦田成利さん(25)の3人。

    事件は5月5日夕方、津市一身田中野のスーパーで起きた。酒や刺し身など10点を万引きした男に気づいた店長が、駐車場内で呼び止めると、男は店に戻るそぶりを見せたが、店長の胸を殴り、倒れた隙を見て逃げた。

    「泥棒!」。近くで店長の叫び声を聞いた高野さんが、まず猛ダッシュで男を追いかける。続いてサンダルで駆けだした月成さんは、走りながら110番通報。いち早く追いついた高野さんは、男から「手出すぞ」と言われたが動じなかった。並走しながら「余計なことしないで早く店に戻った方がいいよ」と、声をかけて説得を試みた。

    月成さんも追いつくと、約500メートル走ったところで男は諦めて立ち止まった。芦田さんも加わり、男を見守りながら来た道を引き返した。まもなく、現場にやって来た警察官が事後強盗の疑いで現行犯逮捕。「人生はやり直せるよ」。3人は男にこう声をかけたという。

    感謝状を受け取った高野さんは、取材に「最初は怖かった。それでも、日頃走り込んでいることもあって、犯人に走り負けなかったと思う」と話した。月成さんも「当時は突然の出来事で驚いたが、感謝状をもらって素直にうれしい。このことがチームの勢いになれば」と喜んでいた。

    ◇ 感謝状を受け取った3人。右から高野さん、月成さん、芦田さん=6月12日午後3時32分、津市丸之内の津署
    no title

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/06/12(水) 15:37:09.48
    何これ・・・・

    U-17日本代表 9-0(前半3-0、後半6-0)U-17アルゼンチン代表

    得点
    43分 若月大和(U-17日本代表)
    44分 若月大和(U-17日本代表)
    45分 若月大和(U-17日本代表)
    54分 唐山翔自(U-17日本代表)
    63分 杉浦力斗(U-17日本代表)
    69分 杉浦力斗(U-17日本代表)
    80分 津久井匠海(U-17日本代表)
    84分 唐山翔自(U-17日本代表)
    87分 唐山翔自(U-17日本代表)

    スターティングメンバー
    GK:佐々木雅士
    DF:中野伸哉、半田陸、鈴木海音、鈴木史哉
    MF:成岡輝瑠、横川旦陽、相良竜之介、三戸舜介
    FW:若月大和、津久井匠海
    5d007163-c3e4-45b1-abd5-6103d3093d95
    https://www.jfa.jp/news/00021598/

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/06/12(水) 09:12:00.22
    アメリカの経済誌『フォーブス』が11日、2019年度版スポーツ選手長者番付を発表し、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが1億2700万ドル(約138億円)で1位に輝いた。ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが1億900万ドル(約118億円)で2位、パリSGのブラジル代表FWネイマールが1億500万ドル(約114億円)で3位に続いている。

    同ランキングは2018年6月から1年間の給与、賞金、スポンサー収入などをもとに算出。英『BBC』によると、サッカー選手がトップ3を独占するのは今回が初めてとなる。

    日本人ではテニスの錦織圭が3730万ドル(約40億円)で35位となり、唯一のトップ100入りを果たした。

    また、サッカー選手では44位にマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ、46位にヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、53位にユナイテッドのチリ代表FWアレクシス・サンチェス、55位にパリSGのフランス代表FWキリアン・ムバッペ、57位にアーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジル、66位に上海上港の元ブラジル代表MFオスカル、75位にアトレティコ・マドリー退団のフランス代表FWアントワーヌ・グリエーズマン、79位にレアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイル、99位にリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーがランクインしている。

    以下、スポーツ選手長者番付トップ10

    1位:リオネル・メッシ(サッカー/バルセロナ)
    1億2700万ドル(約138億円)

    2位:クリスティアーノ・ロナウド(サッカー/ユベントス)
    1億900万ドル(約118億円)

    3位:ネイマール(サッカー/パリSG)
    1億500万ドル(約114億円)

    4位:サウル・アルバレス(ボクシング)
    9400万ドル(約102億円)

    5位:ロジャー・フェデラー(テニス)
    9340万ドル(約101億円)

    6位:ラッセル・ウィルソン(アメリカンフットボール)
    8950万ドル(約97億円)

    7位:アーロン・ロジャース(アメリカンフットボール)
    8930万ドル(約97億円)

    8位:レブロン・ジェームズ(バスケットボール)
    8900万ドル(約97億円)

    9位:ステフィン・カリー(バスケットボール)
    7980万ドル(約87億円)

    10位:ケビン・デュラント(バスケットボール)
    6540万ドル(約71億円)


    6/12(水) 6:30配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-43468125-gekisaka-socc

    no title

    続きを読む

    PK2014070902100126_size0

    1: 名無し募集中。。。 2019/06/11(火) 23:00:54.18 0
    なぜアルゼンチンは国際舞台で優勝できなくなったのか

    2: 名無し募集中。。。 2019/06/11(火) 23:04:47.01 0
    コパからもそんなに遠ざかってるのか
    メッシがんばれやw

    3: 名無し募集中。。。 2019/06/11(火) 23:04:58.51 0
    W杯
    1986 優勝
    1990 準優勝
    1994 ベスト16
    1998 ベスト8
    2002 グループリーグ敗退
    2006 ベスト8
    2010 ベスト8
    2014 準優勝 
    2018 ベスト16

    コパアメリカ
    1993 優勝
    1995 ベスト8
    1997 ベスト8
    1999 ベスト8
    2001 不参加
    2004 準優勝
    2007 準優勝
    2011 ベスト8
    2015 準優勝
    2016 準優勝

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/06/11(火) 23:17:13.62
    日本サッカー協会が、2021年から24チームに拡大されるクラブW杯の開催を検討している。協会の創立100年を記念した大会招致をもくろむ一方で、Jリーグ側は世界大会の開催に難色を示しており、激しい火花を散らしそうだ。

    国際サッカー連盟(FIFA)は3月に行われた評議会で、クラブW杯の改革案を発表。7チームが参加して行われている現行大会は19、20年を次期W杯開催国のカタールで実施し、21年以降は24チームに拡大して4年に1度、6~7月の開催となる。

    欧州や南米のトップクラブが集結し、W杯に次ぐ世界屈指の国際大会として注目される新クラブW杯。日本は記念すべき第1回大会の開催を検討しており、田嶋幸三会長(61)は「まだ機関決定していないから。ここ(の段階)でやりたいなんて言っちゃうと…」と前置きしつつ「21年はうち(協会)が100周年だからいいとは思うし、スタジアム的には十分、吹田にしろ豊田にしろ、あるとは思う。どういう大会になるのか具体的なところが決まったら、ちゃんと理事会で話をする」と日本招致の可能性を示唆している。

    これが実現すれば、世界的人気クラブが数多く来日し、莫大な入場料収入も含めて大きな経済効果が見込めるだろう。だが、招致は一筋縄ではいかない。Jリーグ幹部は渋面で「やるとなれば(Jリーグの)スケジュールを空けなければいけないし、スタジアムの手配だって簡単ではない。過密日程を強いられるケースも出てくるし、クラブの負担だって大きい」とシーズン真っただ中のJリーグに及ぼす影響を指摘。「お金もある中国でやればいいんじゃないか」と日本開催に消極的だった。

    Jリーグの原博実副理事長(60)は本紙の取材に「正式に決まれば、協会だけで決められることではなく、Jリーグときちんと協議しなければならない話になる」との見解を示したが、2年後のビッグイベントを巡り波乱ムードが漂っている

    6/11(火) 16:31配信 東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00000030-tospoweb-socc

    no title

    続きを読む

    Fussball.-Bild-Ball-Tor_image_1200-1024x683

    1: 風吹けば名無し 2019/06/11(火) 23:14:42.24
    冨安建洋→ボローニャ🇮🇹
    酒井宏樹→トッテナム🇬🇧
    堂安律→スパルタク・モスクワ🇷🇺
    久保建英→パリ・サンジェルマン🇫🇷
    遠藤航→シュツットガルト🇩🇪
    鎌田大地→フランクフルト🇩🇪
    香川真司→エヴァートン?🇬🇧

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/06/10(月) 23:43:09.67
    米MLSでGKベガのまさかの珍プレーが話題「悪夢を見た」

    米メジャーリーグサッカー(MLS)での信じられないようなGKのミスが話題を呼んでいる。味方からの何でもないパスをトラップミス。そのままゴールに入ってしまう笑撃の瞬間を、海外メディアが動画付きで公開。サッカーファンからは「プロでどうすればこんなことができるんだ」などと驚きを通り越し、呆然とするような反響の声が集まっている。
    https://the-ans.jp/news/63263/3/?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=63263_6

    勝負にミスはつきものだが、これは……。呆れるばかりのプレーが起きたのは8日(日本時間9日)の同リーグ、サンノゼ・アースクエイクスとFCダラスの一戦だった。

    0-0の前半27分。サンノゼのGKダニエル・ベガがまさかの珍プレーを犯してしまった。自陣の左サイドの味方からコロコロとグラウンダーのパスを送られた。練習のような速度でトラップミスをするほうが難しいようなパスだったのだが、次の瞬間だ。

    次のパスコースを考えていたのか、ボールから目を切り前方へ目をやるベガ。何気ないパスを収めようとしたが、ボールは自分が思っていた場所にはなかった。自身の股の間をすり抜け、かつ自身の右足に当たりコースが変わって、ゴールに吸い込まれてしまったのだ。

    ファンは嘲笑「観る前にMLSだと分かった(笑)」
    アマチュアのような信じられないようなミス。英衛星放送「スカイスポーツ」は公式インスタグラムに「“凡ミス・オブ・ザ・イヤー!” サンノゼ・アースクエイクスのゴールキーパー、ダニエル・ベガは昨日チームがFCダラスと2-2で引き分けた試合で悪夢を見た」と題し、一部始終を動画で公開。目の当たりにしたファンからは怒りを通り越し、嘲笑するようなコメントも相次いでいる。

    「アメリカンフットボール…」
    「MLSのゴールキーパーを端的に表した例」
    「プロでどうすればこんなことができるんだ」
    「起こりえること」
    「観る前にMLSだと分かった(笑)」
    「MLSはハイクオリティ」

    痛恨のプレーで1点を先制されたものの、その後逆転に成功。しかし、後半に追いつかれ試合は2-2のドローに終わった。勝ち点3を逃した格好で、まさに悪夢のようなワンシーンになってしまった。
    2019-06-11_00h31_01
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190610-00063263-theanswer-socc

    動画instagram

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ