海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: サッカー関連

    21192_ext_04_0

    1:風吹けば名無し:2017/12/22(金) 21:52:07.46 ID:SnrsjwUfM.net
    やっぱりネスタか?
    2:風吹けば名無し:2017/12/22(金) 21:52:35.99 ID:kAdqotWs0.net
    ベッケンバウアーやろ
    3:風吹けば名無し:2017/12/22(金) 21:52:40.07 ID:9IK6Z5VDa.net
    リヴァプールを愛した男アッガーやぞ
    続きを読む

    自分たちのサッカー

    1:風吹けば名無し:2017/12/21(木) 07:10:21.20 ID:e5SWkJbh0.net
    新しい監督が来るたびに新しいスタイルを模索して何の統一性もないチーム
    2:風吹けば名無し:2017/12/21(木) 07:10:47.59 ID:dPfAeyBA0.net
    自分たちのサッカーって結局何?
    3:風吹けば名無し:2017/12/21(木) 07:10:50.21 ID:S+/+zK1cd.net
    協会がね
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/20(水) 18:49:28.45 ID:CAP_USER9.net
    米メジャーリーグ(MLB)へ統計学に基づいた野球を本格的に持ち込んだ最初の人物として知られ、映画や書籍の『マネーボール』の主人公でもある米大リーグ(MLB)、オークランド・アスレチックスの元ゼネラルマネジャー(GM)ビリー・ビーン氏が、他数人の投資家とともに、サッカーイングランド・チャンピオンシップ(2部)のバーンズリーを買収した。19日にクラブが発表した。

    ビーン氏は、中国の李氏を中心とした投資家からなるグループの一員として、長年バーンズリーのオーナーを務めたパトリック・クライン氏から経営を引き継いだ。クライン氏は9月、末期がんを公表していた。

    バーンズリーは声明で「当クラブはイングリッシュ・フットボールリーグ(EFL)の承認を得て、過半数株主の変更を行いました。今後はこの新株主たちが、バーンズリーFCの理事会を構成します」と発表した。1997-98シーズンに一度だけプレミアリーグ(1部)を戦ったことのあるバーンズリーだが、現在は2部で24チーム中20位に低迷している。

    ビーン氏はアスレチックスのGMを務めた当時、統計学的なデータを分析する手法、通称「セイバーメトリクス」を使って日の目を見ずにいた選手を発掘する手法で名声を高め、その物語はブラッド・ピット主演の2011年の映画『マネーボール』でも語られている。

    今回のグループには、ビーン氏と李建氏の他に、ポール・コンウェイ氏とグレース・ハン氏という、メディア関連企業パシフィック・メディア・グループの共同創業者2人も加わっている。

    李建氏は、投資会社ニューシティ・キャピタルの創業者にして会長。2016年にはフランス・リーグ1のニースの株式80パーセントを取得し、コンウェイ氏とともにクラブの理事を務めている。バーンズリーでも、この李建氏とコンウェイ氏が共同会長に就任する。

    コンウェイ氏は「ニースへ投資した時と同様、バーンズリーFCのユースとトップチーム、商業活動、ファンの体験をいっそう強化していければと考えています。バーンズリーにはイングランド有数の熱心なファンがいますし、近々そのサポーターの皆さんとお会いできるのを楽しみにしています」と話した。

    中国系企業に買収されるチャンピオンシップリーグのクラブは、アストン・ビラ、バーミンガム・シティ、リーグ首位のウォルバーハンプトン・ワンダラーズという、ミッドランズの3クラブに続いてバーンズリーが4クラブ目。

    1部に当たるプレミアリーグでは、サウサンプトンやこちらも中部のウェストブロムウィッチ・アルビオン(WBA)を中国企業が所有し、またチャイナ・メディア・キャピタル(CMC)らのグループがマンチェスター・シティの株式13パーセントを保有している。

    12/20(水) 17:09配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171220-00000034-jij_afp-socc

    写真
    続きを読む

    1:北村ゆきひろ ★ :2017/12/20(水) 22:24:23.74 ID:CAP_USER9.net
    サッカー界で普及した「バニシングスプレー」の特許を保有する男性が、国際サッカー連盟(FIFA)にアイディアを盗用されたとして賠償金の支払いを求めている。米紙『ニューヨーク・タイムズ』が15日付で伝えた。

    バニシングスプレーはサッカーの試合において、主審がフリーキックのポイントや壁の位置などを示すために使用。ピッチ上に泡を噴霧してラインを描くことができ、
    ラインはその後自然に消滅する。2014年ワールドカップ(W杯)での使用などを通して世界的に普及し、Jリーグなどでも使用されている。

    だが、このスプレーを開発したというハイネ・アレマーニュ氏は、自身のアイディアがFIFAによって不正に使用されていると主張。「FIFAは私のアイディアを盗んだ。
    フェアプレーに反することだ」と訴えている。2014年W杯の数ヶ月前には、FIFAが50万ドル(約5600万円)でアレマーニュ氏の特許を買い取る交渉を行っていたが、合意に至らなかったという。

    リオデジャネイロ裁判所は先週、アレマーニュ氏の特許が44ヶ国で有効であることを認め、FIFAに対してスプレーの使用を停止しなければ1試合あたり1万5000ドル(約170万円)の罰金が発生する旨を通告したとのことだ。スプレーの開発に15年を要したというアレマーニュ氏は、リオ裁判所を通してFIFAに1億ドル(約113億円)の賠償金を要求している。
    20171220_spray_getty
    https://www.footballchannel.jp/2017/12/20/post247872/
    続きを読む

    1:風吹けば名無し:2017/12/19(火) 05:30:36.28 ID:XdJGUECU0.net
    47対0の衝撃…サッカーで残酷な大勝劇 スペインで「なぜ?」の社会問題と化し波紋
    2017-12-19_08h15_24
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171218-00010017-soccermzw-socc


    スペインのユースチーム公式戦、ラス・パルマスBがラス・コロラドスBに完勝

    スペインリーグのユースチーム公式戦で47対0という衝撃的なワンサイドゲームが展開され、スペイン国内で対戦相手に対する敬意と無慈悲さから批判を集めている。スペイン地元紙「マルカ」が報じた。

    容赦なきワンサイドゲームはグラン・カナリア島で行われた。10歳から11歳年代のアレビンというカテゴリーで、ラス・パルマスBは16日にラス・コロラドスBと対戦。昨季リーグ戦11試合全勝だったというラス・パルマスは、グラン・カナリア島のユース世代で無敵の存在。今季もこれまで12得点147失点というグループ最下位のロス・コラドロスB相手にゴールショーを展開した。
    2:風吹けば名無し:2017/12/19(火) 05:31:01.41 ID:XdJGUECU0.net
    24-0という大量リードにもかかわらず一向に手を緩めず、100秒間に1得点のペースでゴールを積み上げていった。ラス・パルマスの子供たちによる一方的な勝利はソーシャルメディアで波紋を広げており、記事では「47対0という勝利は、グラン・カナリアのクラブユース世代での支配力が、カナリア諸島のグラスルーツのフットボールにどれだけダメージを与えているのか疑問を呈している」と問題視している。

    ラス・パルマスの一強状態となっているカナリア諸島の下部組織の勢力図とともに、指導者の姿勢にも大きな批判が集まっている。
    3:風吹けば名無し:2017/12/19(火) 05:31:26.81 ID:XdJGUECU0.net
    「子供たちは何かを得るのか?」で論議

    記事では「人々はユースの指導者たちの態度も問題視している。若き選手たちに情け容赦ない攻撃のプレッシャーを与えるのではなく、もっとパスをつなぐように奨励しなかったのか」と指摘。相手をリスペクトするスポーツマンシップや教育的指導の欠如が問題となっている。

    また「子供たちは相手を辱めることで何かを得るのか? このような敗北を喫した後、成長した時にサッカーという競技を憎むようになってしまうのではないか。論議は進んでいる」と、疑問とともにレポートされている。

    子供による残酷な大勝劇は、社会問題としてスペイン国内で波紋を広げている。
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/18(月) 13:56:48.68 ID:CAP_USER9.net
    UAEにて開催されていたFIFAクラブ・ワールドカップ(W杯)はレアル・マドリーの優勝で16日幕を閉じた。同大会は来年再びUAE開催だが、再来年の開催地はまだ決まっていない。

    クラブW杯は2014年にトヨタが冠スポンサーから撤退。翌年から中国の阿里巴巴集団(アリババグループ、Alibaba E-Auto)がオフィシャルスポンサーとなっていた。そのためUAE開催が終われば中国開催となるとの見方が強かった。

    だが、大会関係者は「まだ分からない。決まっていない」と語る。FIFAの複数のスタッフも「未定だ」と口を揃える。開催まであと2年しかない状況で開催国が決定していない異例の事態となっている。

    問題はホスピタリティだ。クラブW杯は7ヶ国のクラブが出場。選手・スタッフ・ファンなど多くの人が訪れ、また多様な文化に対応しなければならず、細やかな「おもてなし」が必要だ。中国はその点で未知の部分が大きい。これだけの規模の大会だと行政との折衝も必須で、開催都市の選定で難航している可能性もある。

    FIFAはクラブW杯をW杯に次ぐイベントにしたい意向がある。そのためには大会全体の盛り上がりや熱狂が不可欠。UAE開催でもスタジアムが閑散としている試合もあり、それらは真っ先に解決すべき問題だが、英語が通じず融通がききにくい中国で果たしてファンが満足して足を運ぶような興行となるのか疑問視されているのだ。

    その点、日本はトヨタカップ時代から開催実績があり、リスクが少ない。いざとなったら日本で、というのは無難な安全策として常にある状態だ。

    クラブW杯は優勝しても賞金は約5.5億円。一方、欧州サッカー連盟(UEFA)が主催する欧州チャンピオンズリーグ(CL)は出場するだけで20億円以上を各クラブが手にしている。FIFAとしてはUEFAとの綱引きを続けるなかで、差を縮めていきたい。だからこそ、大会の盛り上がりに直結するホスピタリティを重要視している。

    中国側は自国開催を見越してスポンサーとなっている。当然、ここで経験を積んで将来はW杯本大会の招致につなげたい。自国開催は中国からの強い希望だが、FIFAの基準をクリアする準備ができるかどうかが鍵となってくる。

    果たして、2年後のクラブW杯は予想通り中国開催なのか、それとも日本へ戻ってくるのか。いずれにせよファンを軽視する大会だけにはなってほしくない。
    20171217clubworldcup1_getty
    12/18(月) 7:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171218-00247392-footballc-socc
    続きを読む


    1:風吹けば名無し:2017/12/15(金) 00:55:15.05 ID:WSz0bFIaa.net
    オーウェンですね?
    658c8f7f-s
    2:風吹けば名無し:2017/12/15(金) 00:55:30.47 ID:pk6Rwq6k0.net
    ルーニーやろ
    3:風吹けば名無し:2017/12/15(金) 00:55:31.99 ID:Pwve3fXy0.net
    ルーニー
    続きを読む

    1:風吹けば名無し:2017/12/13(水) 22:15:21.55 ID:FVlWj2zV0.net
    ドログバ
    6c0f0714-0500-42fe-aebe-11851475b1d8
    2:風吹けば名無し:2017/12/13(水) 22:15:59.87 ID:Q+uSZaB40.net
    スアレス
    3:風吹けば名無し:2017/12/13(水) 22:16:17.84 ID:FVlWj2zV0.net
    ルカク
    続きを読む


    1:風吹けば名無し:2017/12/13(水) 06:42:47.56 ID:lvKrBWzG0.net
    あなたが思い浮かべたのはアーセナルですね?

    これがメンタリズムです

    10240082
    2:風吹けば名無し:2017/12/13(水) 06:43:38.86 ID:E3/6UIuyr.net
    ミランやけど
    3:風吹けば名無し:2017/12/13(水) 06:44:01.23 ID:jqBb4cum0.net
    >>2
    笑えないんだよなあ
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ