海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: サッカー関連

    USA


    1:風吹けば名無し:2018/08/04(土) 09:51:15.80 ID:yCCP4vFC0.net
    大体のスポーツでは最強格
    陸上でもクソ強いから走るのがダメってわけじゃねぇのにな
    2:風吹けば名無し:2018/08/04(土) 09:51:49.00 ID:los23Xgua.net
    上位互換のアメフトがあるから
    8:風吹けば名無し:2018/08/04(土) 09:55:31.82 ID:yCCP4vFC0.net
    >>2
    でもアメフトよりサッカーの方が世界的に人気や
    続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/08/03(金) 14:39:16.59 ID:CAP_USER9.net
    今年の夏は暑すぎる。

    日本は7月に入ってから、連日のように35度以上の猛暑を記録。7月23日には、岐阜県多治見市と埼玉県熊谷市で40度を超える気温が観測した。その異常気象は世界各国で見られ、アメリカ・カリフォルニア州のデスバレーでは52度という記録的な気温が伝えられた。

    そんな連日のように続く暑さは、ついにサッカー界にも影響を及ぼした。現地時間7月24日、レバークーゼンに所属するドイツ代表MFのカリム・ベララビが、練習試合中に熱中症で倒れ、意識不明の重体となって救急搬送されたのだ。

    これを報じたドイツ紙『Bild』によれば、ベララビは同日にヴッパータールで行なわれていた地元クラブのヴッパータールSV(ドイツ4部)との練習試合の最中に虚脱感を訴え、ハーフタイムに交代申し出ると、そのままベンチ脇に倒れ込んでしまったため、病院へと担ぎ込まれたという。

    幸いにも、医療スタッフの対応が早かったために命に別状はなく、会話も普通にこなせるまでに回復したというベララビだが、担当医によれば「暑いなかで強い負担を肉体にかけたことが原因であり、彼は循環虚脱を起こしていた。試合会場は明らかに30度を超えていた。しばらく無理はできない」という。

    医師のオピニオンを受け、レバークーゼンのハイコ・ヘルリッヒ監督は、酷暑のなかでのプレーに警鐘を鳴らした。

    「ベララビは再び意識を回復させ、話ができるようになった。良い感じではあるが、しかし我々としては経過を注意深く見守っていくつもりだ。あまりに暑すぎて、彼はかなりの水を飲んでいた。それを見て、我々は交代を決断した。ベンチ脇での彼は、自分が何をしているのかさえ分かっていなかった。正直言って、どうしようもない。だが、あれだけの暑さでプレーさせることの危険性を改めて知った」

    7月25日に渡独した日本代表MFの香川真司が、「日中はサッカーをやれるコンディションではない。危ないな、と感じた。これから異常気象が続くなかで、スポーツ界は考えていかないといけない」と訴えたように、今後は酷暑に対する策をサッカー界全体で練る必要がありそうだ。
    5f17b_1429_1383bac3_78bfeec2
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15076954/
    続きを読む

    img_39d4ccdc94d5eb87f3239ea7947e057f186794

    1:風吹けば名無し:2018/08/01(水) 20:14:58.66 ID:cmzAtY2L0.net
    ほんま嫌い
    3:風吹けば名無し:2018/08/01(水) 20:15:15.91 ID:6Tk8lTC5p.net
    すまんな
    4:風吹けば名無し:2018/08/01(水) 20:15:22.07 ID:8WC2isP70.net
    5:風吹けば名無し:2018/08/01(水) 20:15:22.42 ID:LUjy6Tk00.net
    めつちゃ人気選手やんけ
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/08/02(木) 07:40:19.83 ID:CAP_USER9.net
    8/2(木) 5:23配信
    元日本代表監督アギーレ氏がエジプト代表新監督に就任決定! カタールW杯までの4年契約

    エジプトサッカー協会(EFA)が1日、エジプト代表の新監督に59歳のハビエル・アギーレ氏が就任すると発表した。エジプトサッカー協会のハニー・アボ・ライダー会長が現地時間2日の11時30分に記者会見を開き、アギーレ新監督を紹介するとオフィシャルサイト上で伝えている。

    ロシアワールドカップ終了後、エジプト代表を率いていたエクトル・クーペル前監督が退任。元日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチ氏やベルギー代表のアシスタントコーチを務めるティエリ・アンリ氏など複数の名前が浮上したが、最終的にアギーレ氏がエジプト代表の新監督に決定。メキシコの『ESPN』などによれば、アギーレ氏は4年契約を結び、カタールワールドカップが行われる2022年までエジプト代表を率いることになるという。

    過去にメキシコ代表やリーガエスパニョーラの複数クラブなども率いたアギーレ氏は2014年夏に日本代表監督に就任。だが翌年1月のアジアカップを終えたあと、スペインでの裁判問題により契約を解除された。その後は2015年夏から2017年までUAEのアル・ワハダで監督を務めていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180802-00283837-footballc-socc

    続きを読む

    Fussball.-Bild-Ball-Tor_image_1200-1024x683

    1:風吹けば名無し:2018/08/01(水) 01:10:51.07 ID:XjyzgCH+0.net
    これがあればクリロナとメッシが組むみたいなこともあったわけやろ?

    やれや
    2:風吹けば名無し:2018/08/01(水) 01:11:06.42 ID:gFbvDc9Vd.net
    面白くないよ
    3:風吹けば名無し:2018/08/01(水) 01:11:16.88 ID:XjyzgCH+0.net
    ガチ良さげやね?
    続きを読む

    1:ラッコ ★ :2018/08/01(水) 03:10:03.32 ID:CAP_USER9.net
    2018/7/28(土)24:20~24:50にテレ東系で放送の『FOOT×BRAIN ポストW杯検証!新生日本代表&世界のサッカー事情』より

    今夜のテーマは「ロシアW杯を期に日本代表はどう変わる?世界のサッカー事情」。南米勢の失速、前回王者ドイツのグループリーグ敗退など、大波乱の末終幕したワールドカップだが、サッカー新時代へ突入している。先日、森保一氏が日本代表監督に就任することが発表された。初陣は2018/9/7、南米の強豪のチリ。手腕に期待がかかるが、日本代表が世界の壁を越えるために必要なことは何なのか。

    ■ベスト8の壁を超えるには
    越えられない壁 ベスト8へ、日本代表はどう変わるべきか。今回番組視聴者に、日本がベスト8に進出するために必要なことは?というアンケートを実施。すると2つのポイントが浮かび上がってきた。1つ目はずる賢さ。サッカー王国ブラジルでは、これをマリーシアといい試合中の様々な駆け引きを指す言葉として用いられる。北澤は、ポーランド戦でのボール回しはある意味、これだったようなところもあるので、今までの大会よりは出来ていたのでは、とした。福田は、この言葉が嫌いだといい「ずる」ではなく「賢く」戦うという言葉に変換するべきだと思う、などと語った。今回のワールドカップでの賢さでいうと、日本のオフサイドトラップは話題になったのではという北澤。福田は、オフサイドのルールが改正されてから、リスクが高いからやらなかったが、あれは賢いと同意した。

    視聴者アンケートでの日本がベスト8進出のために必要なことの2つ目は、時間の使い方。特に得点を先取してからの時間の使い方、という意見に都並敏史は、そのとおりだと思うといい、2-0から3-2で逆転されるのは世界的にはありえない、とベルギー戦の結果を指摘。都並は、自分がドーハの時に、高揚していて時間稼ぎの仕方がわかっているのに出来ないのと一緒で、経験が足りないと語った。勝村は、みんなわかっていることなのに、それが試合の時に選手に伝わっていなくて実行できないのはどういうことなのかと質問すると、都並はきっちり規律を守れるオフサイドトラップみたいにやればできるので、今回は時間が足りなかったとした。

    ■強化すべきポジションは?
    戦術面でのレベルアップも重要だが、それらに対応する選手の個の力も必要不可欠。植田直通、遠藤航は海外移籍を決断した。今後、強化すべきポジションは?というアンケートではGKが39%、FWが36%と2つに集中した。(※DF18%、MF7%)福田は、ハリルホジッチも言っていたが、1m90以上のゴールキーパーが必要だと、川島が悪いと言っているのではなく、世界と戦ったときには物足りなさがあるポジションなのかなと、などと話した。しかしMFを強化すべきという意見は7%で、たしかに今大会では、乾貴士、柴崎岳、香川真司など選手層も厚い。都並は、MFがいい数字になるのは分かるが、パワーのあるルカクみたいなFWが出てこない中、原口元気がいたからこそ躍進したといい、
    原口が守備に力を使わず前で戦えているようになるのは中盤がもう少し働けていたりしないと無理なので、中盤の選手の守備面でのハードワークはもっと重要になってくると思う、等と話した。さらにポジション強化のために、井原正巳もFWからDFになってアジアの壁になったので、育成年代ではやくコンバートしないといけないと話した。今大会で選出された槙野智章と昌子源の2人もキャリアのスタートはFWだったが、活躍できずDFにコンバートし、日の丸を背負う選手にまで大成した。

    ■導入された新システム
    今後、世界のサッカー事情はどう変化していくのか。ロシアW杯で導入された新システムの一つがビデオアシスタントレフェリー。誤審を防ぐために導入されたがサッカーの醍醐味をなくしてしまうなどの意見もあった。北澤は、レフェリーも自分自身を疑っていかなければいけないので大変だったのでは、と想像しながらずっとこれが進化していくのはちょっと嫌だな、と話した。福田は、導入資金が掛かるので、取り入れているリーグはドイツとイタリアだけだと語った。さらにテクノロジーの進化は歯止めが効かなくなるという。さらに今大会から導入されたのがリアルタイムデータの活用。タブレット端末の持ち込みが許可された。

    ■サッカーが日本のスポーツ界でNo.1に
    福田は、サッカーが日本のスポーツ界でNo.1になってほしいという。日本が、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平みたいな子がサッカーを目指すような環境を作っていかないと、日本がベスト16で世界に勝っていくのは難しいのかな、と話した。

    TVでた蔵
    https://datazoo.jp/tv/FOOT+%C3%97+BRAIN/1183692
    画像:



    (>>2-5あたりに別ソース)
    続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/07/31(火) 22:40:04.91 ID:CAP_USER9.net
    現在、フリーとなっている指揮官フランチェスコ・グイドリン氏が、30日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、現代サッカーの将来を危惧した。

    ■代表監督への転身に意欲

    グイドリン氏は過去に、パレルモやウディネーゼ、モナコ、スウォンジー・シティなど各国リーグで指揮官を歴任してきた。2016年10月以降は無所属となっているが、代表監督への就任を希望している。

    「ここ数カ月、複数のオファーを受け取ったが、断りを入れた。傲慢なつもりはなく、ただ真剣なプロジェクトを望んでいるんだ。例えば、ポーランドサッカーが好きだったので、ポーランドを指揮してみたかった。(最終的にイェジー・ブジェンチェクが新監督に就任)」

    「私は62歳だが、かつてないほど若返ったように感じていて、新たな挑戦をしてみたい。例えば代表監督などね。私が監督業をやめたがっているとの情報を耳にしたが、真実ではない。むしろやりたいよ」

    ■ロシアW杯を観戦し、危機感

    またグイドリン氏は、ロシア・ワールドカップを観戦し、現代サッカーに危機感を感じている。

    「2018年ロシアW杯を見て、ますます確信した。サッカーはこれからの10年間で、何かを変えなければならない。今のままであれば、退屈で受け身なスポーツになってしまうだろう。どのチームも、ピッチ全体を完璧にカバーできるようになったが、失点しないようにという気持ちが強いのか、退屈で活気のない試合を目にした」

    ■C・ロナウド派?メッシ派?

    また近年、バロンドール争いを続けてきたFWクリスティアーノ・ロナウドおよびFWリオネル・メッシについて、自身の見解を示した。

    「C・ロナウド派かメッシ派?私の場合、変わる。クリスティアーノが1番だと思うことがあっても、その後、メッシを見ると、逆転する。チームについても同じかな。私は(ジョゼップ)グアルディオラのマンチェスター・シティも(ユルゲン)クロップのリヴァプールもどちらとも好きだ。どちらかにつく必要もないよね?」

    ■スターのいない伊代表にも希望

    最後にグイドリン氏は、ロシアW杯出場を逃し、再建中のイタリア代表について語った。

    「私は楽観視している。(ロベルト)マンチーニは素晴らしい指揮官だからね。謙虚に再出発するべきだ。(マッティア)カルダーラ、(ダニエレ)ルガーニ、(ロレンツォ)ペッレグリーニ、(マッテオ)ポリターノなど面白い若手がいる。ただスターがいない。フオリクラッセ(規格外の選手)が出てこないのはなぜだろう。こういう時期なのかな」
    2018-07-31_23h32_16
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00000017-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/31(火) 12:35:11.60 ID:CAP_USER9.net
    ナポリに所属するFWドリース・メルテンスが来日し、京都を訪問した。30日、自身のインスタグラムを更新し、報告している。

    ベルギー代表のメルテンスは、ロシア・ワールドカップに出場し、3位に輝いた。決勝トーナメント1回戦では日本代表とも対戦している。W杯を終え、バカンス中のナポリFWは先日、インドネシアを訪問。大自然に囲まれ、ブランコをする姿を投稿していたが、29日、インドネシア・ロンボク島でマグニチュード(M)6.4の地震が発生したため、安否が心配されていた。『コリエレ・デロ・スポルト』によれば、親しい友人らに対し、「心配するな、僕は元気だ」と報告しているようだが、現在は来日し、京都を訪問していることが明らかになった。

    メルテンスは30日、SNSを更新。京都の観光名所、清水寺の仁王門の石段に腰をかけた姿を写真に収め、投稿している。また旅館にも宿泊。身長169センチと公表されているナポリFWだが、布団の敷かれた和室の敷居の上に立つと、頭上がスレスレになり、「ここでは大きくなった気分だよ」と、驚きを見せた。

    なお今年のシーズンオフには、元イングランド代表デイヴィッド・ベッカム氏や、ローマのFWエディン・ジェコ、ユヴェントスのMFクラウディオ・マルキージオらが来日している。

    7/31(火) 12:09配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00000004-goal-socc

    写真
    続きを読む

    Fussball.-Bild-Ball-Tor_image_1200-1024x683
    1:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/30(月) 16:41:37.868 ID:jTMggifSH.net
    ティエリ・エルナンデス
    2:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/30(月) 16:42:15.976 ID:LJoEbcFs0.net
    ホントーニ=シコルスキー
    3:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/07/30(月) 16:43:32.652 ID:gDSx11kR0.net
    バッチェ・グー
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ