海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: サッカー関連

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/27(木) 06:16:58.53 ID:CAP_USER9.net
    これまでの彼女の私生活を見る限り、厳しいアウェーな人生だったというほかあるまい。女優業、歌手業ともに順調ながら、私生活では苦難の連続だった小柳ルミ子。だが、御年65歳を迎えた今月、なんとサッカー解説者としてデビューしたのだ。まさに“カウンターアタック”とでも言うべき、衝撃の転身である。

    小柳がサッカーに興味を持ったのは、15年前に巻き起こった日韓W杯の“ベッカム・フィーバー”がきっかけ。その後、アルゼンチン出身のスーパースター、メッシに惹かれ、のめり込んだという。

    所属事務所のチーフマネージャーによれば、

    「現在は、毎日、欧州リーグやJリーグなどの観戦スケジュールを作り、オフの日は1日10試合、仕事のある日でも、iPadで5、6試合見ています。年間2000試合以上見ていることになり、睡眠時間は1日3時間ほど。我々も身体の心配をしているぐらいです」

    観戦の模様を自身のブログに掲載するうちに評判となり、今ではすっかりサッカー通として知られる存在に。7月15日の「浦和レッズvsドルトムント」戦では、ついにフジテレビの生中継で副音声の解説者デビューを飾ったのである。

    的を射ている

    では、その実力はいかなるものなのか。小柳は、実況冒頭、局アナから解説者として紹介されると、

    「解説って仰らないで。好き勝手なサッカートークですから」

     と、謙遜する。選手が怪我をした場面では、

    「見てると親心からお母さんになっちゃって。選手は全員息子。私の子宮から生まれたって感じ」

     などと脱線トークを交えつつも、前半、ドルトムントの怒濤の攻撃の際には、

    「15分位で点が入らないと浦和に流れていきますよ」

     と予想。実際、その後、浦和が先制点を挙げるといった、分析力も覗かせた。

     彼女の解説を、プロはどのように聞いたのか。

     元日本代表でサッカー解説者の田口光久氏は、

    「ハーフタイムで香川選手にインタビューした際に、彼女が“あなたは人が良すぎる。もっと毒があっていい”と言っていました。この指摘は的を射ていると思いますし、普通の解説者は選手に面と向かって言えません。結果的にファンの拡大につながると思います」

    と言えば、ドイツサッカー協会公認S級コーチの鈴木良平氏も、

    「後半、ドルトムントのFWが決勝弾を決めた時、“あの人はあの角度が得意なのよ”と言っていました。本当はそこで、実況アナが“それはどういうことか”と突っ込んだ質問をすると、彼女の話がさらに引き出せるんですが、それが出来ていませんでした。プロの実況アナが横に付いていたら、もっと彼女の言葉を引き出せていたでしょう」

    当の小柳は何と言うか。

    「下準備をして臨んだことが殆ど言えなかったので、打ち合わせをもっとすべきでした。サッカーは私の人生。仕事へのモチベーションを上げるのに、なくてはならないものです。解説は次の機会をいただけるなら、また、その時考えますわ」

    次回はさらに突っ込んだ解説を聞いてみたいものだ。

    「週刊新潮」2017年7月27日号 掲載

    新潮社
    2017-07-27_08h05_11
    7/27(木) 5:58配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170727-00528094-shincho-ent
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/07/26(水) 18:30:06.13 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表のザッケローニ元監督の通訳を務めた矢野大輔氏(37)が、イタリアの6部に相当するプロモツィオーネ・リーグのラスカリスで監督に就任したことが26日分かった。

    同リーグはイタリア全土のチームが地域別のブロックに分かれて争う。ラスカリスはトリノ市近郊ピアネッツァに本拠を置くクラブで、創立は1954年。

    矢野氏は10代からプロを目指してイタリアでプレー。その後は同国1部(セリエA)のトリノで大黒将志(現J2京都)の通訳を務め、当時トリノ監督だったザッケローニ氏の誘いで日本代表通訳に就いた。(共同)
    2017-07-26_22h52_47
    https://this.kiji.is/262860185000379893?c=92619697908483575
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/26(水) 12:35:54.51 ID:CAP_USER9.net
    1部13クラブ、下部リーグ5クラブで給与未払い、問題の解消期限は8月15日に設定

    チャイナ・マネーを背景にした“爆買い”で話題をさらった中国サッカー界に、給与未払いの問題で激震が走っている。1部リーグ16クラブのうちAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に勝ち残っているチームを含む13クラブに、来季からリーグ戦出場資格をはく奪される可能性が浮上したという。英紙「デイリー・ミラー」が報じている。


    中国1部で13クラブ、下部リーグから5クラブの合計18クラブで給与未払いが発生しているという。記事によれば、中国サッカー協会は8月15日をデッドラインに設定。期限までに給与未払いを解消できなければ、2018年のリーグ戦出場資格を剥奪されると記されている。

    問題があるとされた1部13クラブには、今季のACLで準々決勝に勝ち残っている上海上港と広州恒大も含まれている。また、2年総額約100億円という破格の高額年俸で元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスを獲得した上海申花や、元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パトなどを擁し、元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ氏が監督を務める天津権健も名を連ねた。

    近年の移籍市場で、欧州の相場をはるかに超える移籍金や年俸を提示してトッププレーヤーを買いあさってきた中国サッカー界だが、改めて“チャイナ・リスク”が浮き彫りになっている。

    状況の推移次第では来季のACLにも余波を与え、Jリーグクラブも多少なりとも影響を受ける可能性が高い。中国におけるサッカーバブルは崩壊への道を避けられるのだろうか。
    2017-07-26_14h06_56
    7/26(水) 12:30配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170726-00010007-soccermzw-socc
    続きを読む

    Green-Field-with-Soccer-Ball

    1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/07/25(火) 10:59:22.03 ID:UiW7mZ1N0.net
    わかる
    2:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/07/25(火) 11:00:11.77 ID:vhRblxSZ0.net
    180cm以上あるトップ下のほうが浪漫がある
    4:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/07/25(火) 11:01:47.91 ID:l3p93aWha.net
    サイドバックもできるウインガー好き
    続きを読む

    honduras_ol_map

    1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/07/25(火) 21:23:00.23 ID:btRsD53yd.net
    あと一つは?
    2:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/07/25(火) 21:23:27.64 ID:glrQEUEJ0.net
    クロアチア
    3:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/07/25(火) 21:23:45.46 ID:HsUAqXRRd.net
    清水市
    9:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/07/25(火) 21:24:57.94 ID:iPixUNBi0.net
    >>3
    清水市はもうないぞ・・・
    続きを読む

    2017-07-25_08h07_55

    1:あちゃこ ★@\(^o^)/:2017/07/25(火) 13:42:06.14 ID:CAP_USER9.net
    サッカーに関するツイートで炎上した“浪速のエリカ様”こと上西小百合衆院議員(34)が25日、TBS系情報番組「ビビット」に生出演した。

    上西氏は、J1浦和とドルトムントの一戦(15日)に関するツイートをきっかけに「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」とサポーター批判を展開。すると、浦和サポーターと思われる人物から殺害予告が届き、19日に警視庁麹町署に被害を相談した。22日には、浦和ファンを名乗る人間が大阪にある上西氏の事務所に押しかけたため、上西氏が「くたばれレッズ」と怒りのツイートをし、再び炎上した。

    上西氏は公設秘書の笹原雄一氏と並んで出演。上西氏は「くたばれ」発言について「事務所に押しかけてくるような一部の人へのもので、サポーター全員に言っているわけではない」と説明。笹原氏は「ミュージカル、映画にもなった『くたばれヤンキース』から来た発言。そんなにキツい言葉ではないというのが上西事務所としての共通見解です」と補足した。

    これに対し、MCの国分太一(42)は「その説明がないと(発言の真意は)分からないですよ」と指摘。同じくMCの真矢ミキ(53)が「アイドルとマネジャーのように、発信する前にチェックしたりできないんですか?」に尋ねると、笹原氏は「彼女の持ち味が消えてしまう。(炎上を)フォローするのが私の仕事」と放任する考えを示した。

    納得できない漫画家の倉田真由美氏(46)から「一部の人に向けたというけれど、くたばれ発言で傷ついた人は多い。その人への謝罪はないんですか」と聞かれると、上西氏は「私が言われた言葉からしたら、くたばれなんてそんなにキツい言葉ではない」と答えた。

    さらに上西氏は一連の発言について「個人の自由だし、(サッカーの)専門家ではないし、こんなに注目される理由が分からない」「いい試合、悪い試合というのは自由に言わせてほしい」「当たりさわりのない言葉を使うのは簡単だけど、伝わらない。政治の部分ではもっと過激な言葉を使う」などと持論を展開。政治活動では「伝えるためだったら、何でもします」と言い切った。

    そして、一連の炎上騒動について「私みたいな議員は“お騒がせ”ばかり取り上げられがちですけど、国会質問に何度も立たせていただいております。仕事はきっちりさせていただいている。お騒がせばかりがメディアに取り上げられるのは、私の努力不足なので、もっと前にいかなければと思います」とコメント。「サッカーに対して、これ以上私が発言することはないが、レッズさんとはお話する環境をつくっていただきたい」と浦和側に改めて要求した。

    また、政治家としての今後について「今は高度成長期と違っていろんなところにお金をばらまけるわけではない。それを国民にしっかり伝える。お金を使う優先順位をつけていくことが大事だと思う。国際貢献の名のもとに多額のお金が外国に流れていますが、それでは日本国内で大変な思いをしている人が報われない。国際貢献は、結局返ってくるという人もいますが、あれはお金持ちのための仕組みなんです。それをぶっ壊していかなければいけないと思います。官僚にだまされないで、しっかり自分の意見が言える政治家として、これからも頑張っていきたい」と述べた。

    東スポWEB
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170725-00000005-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2017/07/24(月) 23:53:10.82 ID:CAP_USER9.net
    サッカー・J1浦和レッズなどのサポーターの反発を招いて大炎上した衆院議員の上西小百合氏(34)が、今後のスタジアム突撃などの行為は見送り、騒動の幕引きを図る方針であることが24日、分かった。
    議員事務所によると、今後は積極的に浦和レッズ関連の新たなツイッター投稿も行わない方針だという。

    上西氏の事務所は、上西氏が今後はレッズ関連のツイートを控える方針と説明。浦和サポーターとの直接対話を希望して浦和レッズに協議を申し込むも門前払いを食らい、球団HPで上西氏の騒動を「関われる案件ではございません」と掲載されたことを挙げ、サポーターとの強行接触も見送るとした。「サッカー協会にも迷惑をおかけすることになる」とし、撤退モードに入った。

    ただし、上西氏がサポーターの反発を招いた「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」「くたばれレッズ!」など一連のツイッター投稿に関しては、撤回や謝罪は行わないとした。

    また議員事務所に「殺す」「さらう」などと書かれた、殺害予告ともとれるファクスやメールが届いた件については、警視庁に被害届を出すという。上西氏は、この日は地元・大阪での政務のほか、読売テレビのバラエティー番組の収録にも参加した。
    2017-07-25_08h07_55
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-00000114-dal-ent
    続きを読む


    20170719_ichiro-336x224

    1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/07/24(月) 20:40:00.02 ID:vFRIUXoW0.net
    コウチーニョ?
    2:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/07/24(月) 20:40:27.11 ID:hvSeGeEYa.net
    ベッカムくらいちゃうん
    3:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/07/24(月) 20:40:31.01 ID:DAVU11+00.net
    顔なしで考えればベッカムとか?
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/23(日) 22:52:08.61 ID:CAP_USER9.net
    ドリームチームを独自に作成 世界選抜はブラジル勢4人を筆頭に“南米選抜”に


    現在の世界トップクラスの選手を集めた夢のオールスターゲームが行われた場合、勝つのは一体どちらのチームか――。英紙「テレグラフ」は、「世界選抜vs欧州選抜」というサッカー界のドリームチームを独自に選出している。

    記事では欧州とそれ以外に分けられ、それぞれベストイレブンに控え7人を加えた夢の選抜チームを作成している。

    欧州以外からなる「世界選抜チーム」に選ばれた最高の11人は、以下の通りだ。

    GK
    ケイラー・ナバス(コスタリカ)
    DF
    マルセロ(ブラジル)
    チアゴ・シウバ(ブラジル)
    ダニエウ・アウベス(ブラジル)
    ディエゴ・ゴディン(ウルグアイ)
    MF
    アルトゥーロ・ビダル(チリ)
    ナビ・ケイタ(ギニア)
    アンヘル・ディ・マリア(アルゼンチン)
    FW
    ネイマール(ブラジル)
    リオネル・メッシ(アルゼンチン)
    ルイス・スアレス(ウルグアイ)

    前線はバルセロナの“MSNトリオ”が、そのまま選ばれた。サッカー王国ブラジルから最多4人が名を連ねるなど「南米強し」の印象だが、コスタリカからナバスとギニアからケイタが選出されている。

    控えはGKクラウディオ・ブラーボ(チリ)、DFエリック・バイリー(コートジボワール)、MFヤヤ・トゥーレ(コートジボワール)、MFフィリペ・コウチーニョ(ブラジル)、MFハメス・ロドリゲス(コロンビア)、FWアレクシス・サンチェス(チリ)、FWセルヒオ・アグエロ(アルゼンチン)という豪華過ぎるメンバーがバックアップとなった。

    欧州選抜は各国からバランス良く選出

    一方、「欧州選抜チーム」に名を連ねた11人は以下の通りだ。

    GK
    マヌエル・ノイアー(ドイツ)
    DF
    ダビド・アラバ(オーストリア)
    レオナルド・ボヌッチ(イタリア)
    セルヒオ・ラモス(スペイン)
    ジェローム・ボアテング(ドイツ)
    MF
    エンゴロ・カンテ(フランス)
    ルカ・モドリッチ(クロアチア)
    エデン・アザール(ベルギー)
    FW
    クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)
    ギャレス・ベイル(ウェールズ)
    ロベルト・レバンドフスキ(ポーランド)

    ワールドカップ王者ドイツから2人が選ばれた以外は、各国からバランス良く選出されている。

    そして、控えはGKジャンルイジ・ブッフォン(イタリア)、DFジェラール・ピケ(スペイン)、DFジョルディ・アルバ(スペイン)、MFトニ・クロース(ドイツ)、MFポール・ポグバ(フランス)、FWアントワーヌ・グリーズマン(フランス)、FWハリー・ケイン(イングランド)と、サッカーゲームでしか実現しないようなスーパースター揃い踏みとなった。

    過去にはチャリティーマッチなどで実際に行われたこの夢の対戦だが、再び実現することはあるのだろうか。

    7/23(日) 21:32配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170723-00010015-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/22(土) 16:39:54.55 ID:CAP_USER9.net
    7月15日にフジテレビ系で放送されたサッカー「浦和レッズ対ボルシア・ドルトムント」戦の副音声で解説者デビューを果たした小柳ルミ子。

    年間2000試合を観戦し、サッカー通の芸人・土田晃之に「芸能界で一番詳しいのでは?」と評されるほど、サッカー漬けの日々を送っている彼女だが、今回の解説者デビューは業界内でも大きな話題となっているようだ。

    「来年のロシアW杯に向け、各局で『小柳ルミ子争奪戦』勃発が確実視されているんですよ」と語るのはテレビ関係者だ。小柳について「解説者デビューとなった先日の解説はフジのスポーツ局幹部も大絶賛していました。他局でも『サッカー中継の数字を上乗せできる逸材』と彼女に期待する声が出ています」と、この関係者は明かす。

    もっとも、ネット上では「知識自慢をしているだけ」「自己主張が強くてうるさい」といった手厳しい声も寄せられている彼女の解説だが、むしろ「うるさいぐらいがテレビ中継にピッタリ」(前出・関係者)との認識が各局にあるという。

    「日本がロシアW杯に出場できれば、小柳さんは各局で出ずっぱりになる」と続けるこの関係者はさらに、「彼女の台頭で仕事を奪われるタレントも出るでしょう」と言って、その実名をこう明かす。

    「フジのブラジルW杯関連番組でスペシャルサポーターを務めたハーフのタレントのハリー杉山はヤバいですね。去年春までサッカー番組『マンフト』のMCを務めたこともあり、同局では『ロシア大会でもハリーを起用』との声が出ていましたが、小柳さんの登場で風向きが変わりかねない。もちろん日本代表がW杯に出場できればの話ですが」

    ついにベールを脱いだ「サッカー解説者・小柳ルミ子」。果たしてハリー杉山の運命は──。
    2017-07-22_18h33_34
    アサ芸プラス2017年7月20日09時59分
    https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_85123/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ