海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: サッカー関連

    1:ストラト ★:2017/12/06(水) 19:50:34.04 ID:CAP_USER9.net
    元衆院議員の上西小百合氏(34)が、J1浦和レッズとそのサポーターを批判した発言で炎上した騒動を振り返り、発言の真意を説明した。

    上西氏は今年7月、J1浦和レッズとドルトムントとの親善試合について「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」などとツイッターで批判。さらにレッズサポーターに対しても「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」などと批判し、猛抗議を受けた。

    上西氏はその発言について6日、ツイッターで「私が前にレッズについて言った時本当はこれが言いたかった」と書き出し、「“感動をありがとう”とか“日本人で良かった”とか。口に出す事で依存する日本人のメンタルの弱さに腹がたった」と明かし、再び「もう一度言う。“ただ応援してるだけで何かやった気になってんじゃねえよ”」とツイートした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00070921-nksports-ent

    8月8日の巨人対阪神戦を観戦した上西元議員

    続きを読む

    1:動物園φ ★ :2017/12/06(水) 19:45:27.20 ID:CAP_USER9.net


    国際サッカー連盟(FIFA)は韓国との試合中に東洋人侮辱ジェスチャーを見せたコロンビア代表MFエドウィン・カルドナ(ボカ)の件を注視している。

    コロンビアメディア「RCN」や「フットトゥバルレッド」をはじめとするいくつかのメディアは去る5日(韓国時間)の報道でFIFA規律委員会がカルドナの行動と関連して調査に着手したと発表した。

    カルドナは先月、韓国とコロンビアのA代表評価試合に出場して人種差別的な行為をした。当時後半18分の衝突過程でキ・ソンヨンをはじめとする韓国選手に指で目を引き裂く行為をした。よく東洋人を侮辱するときに見られる行動である。

    カルドナの行為はインターネットを介して一気に広がっていった。 国内はもちろん全世界のメディアがカルドナのジェスチャーを扱って批判した。大韓サッカー協会もコロンビアサッカー協会に遺憾を表し、適切な措置を要請した。

    事態が大きくなるとカルドナは一歩遅れてコロンビアサッカー協会を通じて「誰も侮辱する目的はなかった。私の行動で気分が悪くなったら謝る。コロンビアをもてなした韓国ファンたちに大きな感謝を感じている。後悔している」と頭を下げ、コロンビアサッカー協会もサッカー協会に謝罪公文書を送った。中略

    RCNラジオは「人種差別の場合、Aマッチ5試合出場停止の処分を受ける。この場合、カルドナは2018ロシアワールドカップ出場を逃すだろう」と見通した。

    http://news.nate.com/view/20171206n32303?mid=n1007
    続きを読む

    GettyImages-652161040

    1:風吹けば名無し:2017/12/06(水) 15:32:15.82 ID:k4nrT4d5d.net
    言うほどか?所詮ドイツで無双してるだけな上試合数以上の得点あげてない時点でイブラ以下ちゃうんけ?
    3:風吹けば名無し:2017/12/06(水) 15:33:14.46 ID:o/0qSIDV0.net
    スアレスやぞ
    5:風吹けば名無し:2017/12/06(水) 15:33:16.07 ID:4RHtOZeg0.net
    レヴァは連携が優れてるイメージ
    イブラは単独で点とるイメージ
    続きを読む

    1:動物園φ ★:2017/12/06(水) 15:19:45.59 ID:CAP_USER9.net
    12/6(水) 15:17配信

    AFP=時事
    豪代表ケーヒル、W杯見据えメルボルン退団 移籍先はアジアか

    2018年サッカーW杯ロシア大会、大陸間プレーオフ第2戦、オーストラリア対ホンジュラス。W杯出場権の獲得を喜ぶオーストラリアのティム・ケーヒル(左、2017年11月15日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

    【AFP=時事】サッカーオーストラリア代表の歴代最多得点者でもあるベテランのティム・ケーヒル(Tim Cahill)が、所属する豪Aリーグのメルボルン・シティ(Melbourne City)を退団した。来夏に行われるW杯ロシア大会(2018 World Cup)のメンバー入りを目指し、出場機会の増加を強く求めていることが理由だという。

    6日に38歳の誕生日を迎えたケーヒルは、オーストラリア代表史上最多の通算50ゴールを挙げており、今回のアジア予選でも重要な役割を果たしたが、2016年にAリーグに参戦して以降は先発出場の機会が限られ、11月には「プレー時間を増やさないと」と話していた。

    そのケーヒルは6日、「オーストラリアの国内リーグでプレーすることは、自分にとって常にキャリアの大きな目標だった。そして、ここでの経験は最初から最後まで充実したものだった。W杯予選は壮大な冒険だったし、国を代表してロシアで戦うことはこの上ない栄誉。これから数か月はそちらに集中したい」とコメントした。

    イングランド・プレミアリーグのエバートン(Everton)などで活躍してきたケーヒルは、メルボルン・シティ加入前は中国スーパーリーグ(1部)でプレーしており、アジアのクラブへの移籍が可能性の一つとして浮上している。【翻訳編集】 AFPBB News
    2017-12-06_17h20_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000027-jij_afp-socc
    続きを読む

    news_214623_1

    1:風吹けば名無し:2017/12/06(水) 04:53:48.99 ID:yhSog9jmd.net
    ん?
    2:風吹けば名無し:2017/12/06(水) 04:54:45.49 ID:yiIGpgnba.net
    ドイツ
    4:風吹けば名無し:2017/12/06(水) 04:55:05.12 ID:A7no6WrFr.net
    ドイツは黄金時代過ぎた感ある
    続きを読む

    1:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2017/12/05(火) 10:51:40.730 ID:JhDwpkfjd.net
    リオネル・メッシ
    セルヒオ・アグエロ
    マウロ・イカルディ
    ディ・マリア
    パウロ・ディバラ

    超絶一流選手しかいなくてワロタ…

    続きを読む

    team

    1:風吹けば名無し:2017/12/05(火) 06:34:46.43 ID:0qLWyx290.net
    どっち?
    2:風吹けば名無し:2017/12/05(火) 06:36:05.13 ID:F+n9GQds0.net
    寄せ集めの代表よりビッククラブの方が強いに決まってる
    3:風吹けば名無し:2017/12/05(火) 06:36:10.16 ID:DW4SW7xwp.net
    バルサ
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/04(月) 23:16:27.49 ID:CAP_USER9.net
    サッカー選手に正義と悪が存在するわけではないが、ピッチ上での振る舞いや言動からサッカーファンに嫌われてしまう選手もいる。

    そこで英『FourFourTwo』は、「サッカー界の嫌われ者TOP50」なるランキングを作成。選手だけでなく、監督やクラブのディレクター職を務める者までサッカーに関わる全ての人が対象となっている。

    選手で選ばれた者を見てみると、41位にはバルセロナMFセルヒオ・ブスケッツが入っている。ブスケッツはワールドクラスのアンカーだが、時に審判の目を欺こうとする行為が見られる。同メディアも2009-10シーズンのチャンピオンズリーグ準決勝インテル戦でMFチアゴ・モッタに顔面を叩かれたとうずくまり、顔を手で覆う仕草を見せたシーンを例に挙げている。あの時はブスケッツが手の隙間から成り行きを見ていたことが話題を呼び、演技だと批判的な意見が出てしまった。

    その他にはアトレティコ・マドリード、チェルシーで何度も乱闘騒ぎを起こしてきたFWジエゴ・コスタが18位、噛み付き事件などトラブルメイカーのバルセロナFWルイス・スアレスが16位、ピッチ上で暴れるのは当たり前で過激な発言もあるジョーイ・バートンが14位、過去には薬物問題などもあった元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏が13位、アントン・ファーディナンドへの人種差別発言などが問題となったジョン・テリーが10位、リヴァプール時代のチームメイトであるスティーブン・ジェラードらを何度となく口撃し、試合中に相手選手へ唾を吐くこともあったエル・ハジ・ディウフが8位に入っている


    そして驚きなのは、現役選手で最高位となったのはレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドで6位だった。ロナウドはリオネル・メッシと比較されることも多く、ファンが多いだけアンチも多いということなのだろうか。どこか悪役になってしまっているところがあるようだ。同メディアはロナウドの自己中心的とも思える部分や、ユニフォームを脱いで筋肉を見せつけるナルシスト的なところが批判の対象になっていると分析。しっかりと結果も出しているのだが、自己主張が激しすぎると感じているファンもいるようだ。

    すでに引退した選手を含めると、最高位は3位の元西ドイツ代表GKハラルト・シューマッハだ。シューマッハといえば1982スペインワールドカップ準決勝のフランス戦で相手のスルーパスを処理しようと果敢に飛び出し、そのままフランス代表パトリック・バチストンに意図的とも思える肘打ちを喰らわせてしまったシーンが有名だ。あの接触でバチストンは歯も折れ、病院へ直行することとなった。しかしシューマッハには特別な処分がなく、このあまりに印象の強すぎるシーンを同メディアは問題視している。

    そのシューマッハより上をいく2位には、マンチェスター・ユナイテッド指揮官ジョゼ・モウリーニョが入っている。モウリーニョはこれまで対戦相手を挑発するような発言をするなど、何かと敵を作ってしまいやすい人物だった。特にレアル・マドリードを指揮していた際にはライバルのバルセロナと何度も乱闘騒ぎとなり、あの際もモウリーニョのレアルは暴力的だと批判的な意見が出ていた。発言を含めエンターテイメント性に溢れる指揮官だが、悪役と見られているところがあるのは間違いない。

    そして1位にはサッカー界に衝撃を与えた汚職事件を起こしたFIFAの元会長ゼップ・ブラッター氏が選ばれた。4位にも同じく元FIFA会長のミシェル・プラティニ氏が選ばれており、お金の汚い部分が見えすぎたことでサッカー界へのイメージも悪くなってしまったところがある。上位に選ばれるのは仕方がないだろう。

    2017年12月4日 17時30分 theWORLD
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13981606/

    写真

    続きを読む

    GettyImages-669890734-800x533

    1:風吹けば名無し:2017/12/03(日) 08:15:19.13 ID:yQ5qam9R0.net
    レヴァンドフスキなんだよなぁ
    2:風吹けば名無し:2017/12/03(日) 08:17:05.03 ID:CxmOf+Vya.net
    攻撃陣補強しがちだけど間違いなくGKかCB補強した方がいいよね
    5:風吹けば名無し:2017/12/03(日) 08:18:12.40 ID:yQ5qam9R0.net
    >>2
    レヴァンドフスキだけで攻撃させて10人で守るんや
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ