海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー選手 > レヴァンドフスキ

    1:Egg ★ :2017/10/16(月) 19:17:55.36 ID:CAP_USER9.net
    バイエルン・ミュンヘンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、バロンドールの選出方針に疑問を呈した。『ESPN』が報じた。

    先日、バロンドール2017の候補者30名を発表された。レヴァンドフスキもその中に含まれたが、「僕にとっては重要ではないね」と話してこのように続ける。

    「バイエルンでの成功、特にチャンピオンズリーグでの成功が重要だ。チャンピオンズリーグの決勝に進んだり、ブンデスリーガで優勝したら話すかもしれないが、今はバロンドールというのは、僕のフォーカス外だ」

    また、レヴァンドフスキは昨年16位にランクイン。しかし、バロンドールの発表方法に疑問を持ち、「50位や5位、25位の選手を発表する意味がわからない」と話している。

    「最後の3人だけが重要なんだ。昨年は何て言うか…少しショックだったね。(2015-16シーズンは)バイエルンはCLで準決勝に進み、ブンデスリーガでも多くのゴールを挙げた。CLでも2位のスコアラーだった。僕がこの順位だった理由がわからない。少し可笑しかった。おそらく『ファニー』という言葉が正しいだろう」

    なお、今年度はチャンピオンズリーグの連覇に貢献したクリスティアーノ・ロナウドが、バロンドールの最有力候補に挙げられている。
    2017-10-16_20h57_30
    10/14(土) 11:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171014-00000006-goal-socc
    続きを読む

    1:プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/09/13(水) 23:20:46.37 ID:CAP_USER9.net
    補強方針を巡ってクラブ首脳陣を批判したバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキだが、これによりレアル・マドリード移籍の可能性が浮上している。スペイン紙『マルカ』が12日付で報じた。

    先日、レヴァンドフスキはドイツの週刊誌『シュピーゲル』に対して「国際舞台での成功を望むのであれば、バイエルンは考える必要があると思う」と発言し、クラブの補強方針を批判。これに対してバイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)が「このような発言は残念なこと。彼はチームメイトへの批判も言っていたしね」と苦言を呈し、話題となっていた。

    また、同CEOはレヴァンドフスキの「アジアツアーは何の役にも立っていない」との不満についても「彼のお気に入りといわれているレアル・マドリードは、我々よりも長く、アジアに2倍の滞在日数を割いていたのだがね」と言及したが、今回『マルカ』紙はそのレアル・マドリード移籍の可能性について伝えている。

    長らくの間、レアル・マドリードはレヴァンドフスキへの関心を報じられていた。その始まりは2012-13シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝まで遡る。当時ドルトムントに所属していた同選手は、レアル・マドリードとの準決勝で4得点をマーク。この活躍がフロンティーノ・ペレス会長の目に留まり、レアル・マドリードは同選手の獲得を目指したが、先に動き出していたバイエルンが移籍を成立させ、“夢”は叶わなかった。その2年後にもレアル・マドリードは同選手の獲得に動いたが、この時はバイエルンが売却を拒否。移籍は実現を見ることなく、現在に至っている。

    だが、今回の首脳陣批判が引き金となり、レアル・マドリードへの移籍可能性が再燃している模様。「レヴァンドフスキとレアル・マドリードが共にする夢」と題して記事を組んだ同紙は、「レアル・マドリードのサポーターがレヴァンドフスキの白いシャツ姿に興奮するように、ストライカー自身もいつかスペイン王者のためにプレーしたいと思うだろう」と述べ、両者が相思相愛の関係にあると報じた。

    バイエルンでコンスタントに得点を量産してきたレヴァンドフスキだが、果たしてスペインに新天地を求めることとなるのだろうか。
    2017-09-14_07h24_46
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00641855-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Marine look ★@\(^o^)/:2017/08/22(火) 23:10:54.20 ID:CAP_USER9.net
    8/22(火) 13:52配信

    レヴァンドフスキが今夏のアジアツアー実施を批判「何の役にも…」

    18日に行われたブンデスリーガ開幕戦で、バイエルンはレヴァークーゼンを相手に3-1と勝利を収めた。しかし、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは試合内容に不満を持っているようで、今夏に実施したアジアツアーがチームに悪影響を及ぼしていると考えている模様だ。21日付のドイツメディア『SPORT1』が伝えている。

    レヴァークーゼン戦では53分までに3ゴールを奪ったバイエルンだが、65分にレヴァークーゼンに1点を返されたあたりからは選手たちの動きが目に見えて鈍くなり、攻め込まれる場面が何度もあった。

    勝利を振り返ったレヴァンドフスキは、試合終盤に見られたチームの低調なパフォーマンスについて、「プレシーズンではトレーニングのための時間がなかった。アジアへの旅行とたくさんの親善試合があったからね。でも、それらは何の役にも立っていない」と語り、中国やシンガポールで行われた今夏のアジアツアーを調整不足の原因として挙げた。

    アジアツアーについては、バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲ会長が「最高のツアーだった。貴重な経験を得ることができて、全てが素晴らしかった」と発言するなど、クラブ幹部はおおむね好意的に捉えている。

    しかし、今後のブンデスリーガで勝ち点を取りこぼす試合が続くようなことがあれば、今回のレヴァンドフスキのようにオフシーズンのアジアツアーに対する疑問の声が大きくなる可能性もあるだろう。
    2017-08-22_23h25_50
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-00631209-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/21(水) 00:47:11.28 ID:CAP_USER9.net
    バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、同クラブに不満を抱いているようだ。母国紙『Super Express』でのコメントを引用し、イギリス紙『デイリーメール』が20日に報じている。

    レヴァンドフスキは今シーズン、公式戦で43ゴールを記録。チームが5連覇を果たしたブンデスリーガでは30ゴールを挙げたが得点王のタイトルは逃した。残り1試合時点では得点ランキング首位に立っていたが、最終節は無得点。同節で2ゴールを挙げたドルトムントのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンに逆転を許す結末だった。

    報道によると、レヴァンドフスキは今月上旬、『Super Express』に対して「苛立っていたよ。チームメイトの姿勢に失望したんだ」とコメント。

    得点王を逃したこともあってか、批判的な言葉を同僚たちに向けた。そして今週、同選手の代理人を務めるマイク・バルテル氏がドイツ誌『キッカー』に対し、「ロベルトは私に(チーム内で)サポートを得られていないと言ったんだ。彼があんなにも落ち込んでいる様子は見たことがなかったよ。彼は本当に、得点王になるためにサポートしてもらうことを望んでいたんだ」と、コメントしたという。

    クラブとチームメイトへの不満を抱いていることが判明したレヴァンドフスキ。今後は移籍の可能性を報じるメディアが増えそうだ。『デイリーメール』はマンチェスター・Uとレアル・マドリードを移籍先候補に挙げ、バイエルン退団の可能性を伝えている。

    6/20(火) 22:32配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00602878-soccerk-socc

    写真
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/04/02(日) 14:48:00.72 ID:CAP_USER9.net
    バイエルン・ミュンヘンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督は、ロベルト・レヴァンドフスキの驚異的な得点力に今更驚くことはないようだ。

    バイエルンは1日、ブンデスリーガ第26節でアウクスブルクと対戦。レヴァンドフスキのハットトリック&2アシストの活躍もあり、6-0の大勝を収めている。得点ランキングでドルトムントFWピエール=エメリク・オーバメヤンと並びトップに立ったレヴァンドフスキについてアンチェロッティは以下のように語る。

    「我々は素晴らしいプレーをした。(3得点を挙げた)レヴァンドフスキはあれが普通だよ。彼はストライカーですべての試合で得点しているからね」

    また、アウクスブルク戦で久々の実戦復帰を果たしたDFジェローム・ボアテングは、これからもコンディションを向上させ続ける必要があるとしている。

    「90分プレーできて嬉しいし、これからの数週間が楽しみだ。チームの雰囲気は良いし、楽しみだよ」
    2017-04-02_16h27_39
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170402-00000010-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/16(木) 11:51:00.26 ID:CAP_USER9.net
    バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、同クラブ退団を検討しているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が15日に報じている。

    報道によると、レヴァンドフスキはバイエルン側と契約延長に向けた話し合いを続けている一方で、移籍の可能性を模索している。移籍先候補として挙げられているのはリヴァプール。レヴァンドフスキは、ドルトムントで指導を受けたユルゲン・クロップ監督と再びタッグを組むことに興味を示していると報じられた。

    なお今回の報道では、以前からレヴァンドフスキへの関心を持っていると報じられてきたレアル・マドリードへ移籍する可能性も言及されているが、同選手の加入に際してはスター選手が同クラブを退団する必要があるため、実現は難しいとの見通しが記されている。

    レヴァンドフスキはバイエルンでプレーした2年間でブンデスリーガ62試合出場47ゴールを記録している。同選手は他クラブからのオファーを受けなかった場合は契約延長に合意する意向だが、ドイツでの得点量産を経て、新たな挑戦をしたいという希望を持っているようだ。

    レヴァンドフスキは現在、ポーランド代表の一員としてユーロ2016に出場中。16日にはグループステージ第2節でドイツ代表と対戦する。
    2016-06-16_15h16_22
    SOCCER KING 6月16日 11時30分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160616-00456461-soccerk-socc
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/29(金) 03:19:14.43 ID:CAP_USER9.net
    2016-04-29_05h42_40

    今季絶好調のレバンドフスキ その秘訣は同僚も驚く食事の”順番”にあり

    バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキは、今季リーグ27ゴールを挙げる活躍で得点ランクトップに立っている。首位バイエルンを牽引する活躍を見せているが、好調の裏には同僚が驚く食事法があるという。フランス誌「フランス・フットボール」が報じている。

    ゴールマシンには、ここ数カ月実践しているルーティーンがある。食事に関してはデザートから始める。そこからメイン料理に移り、スターターでフィニッシュするという。この食事法の導入で、ストライカーの脂肪燃焼のスピードが高まり、今ではよりエネルギーを感じるようになったという。

    「みんな、まだ理解できないんだよ。自分が食事をスープで終えるのを見ると、首を傾げているんだよ」

    食堂で同席するチームメイトは、レバンドフスキのルーティーンを奇異な目で見つめているという。ドルトムントのFWピエール=エメリク・オーバメヤンが得点王争いで失速するなか、コンスタントにゴールを積み上げるストライカーの食事法は、フットボール界のみならず、ダイエット業界でも流行するかもしれない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160427-00010013-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461845426/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/07(木) 20:44:30.76 ID:CAP_USER*.net
    今夏のビッグイベントであるユーロ2016。
    まだ、欧州のシーズンが途中ということもあり、盛り上がりは徐々にという段階だが、組み合わせはすでに決まっており、心待ちにしているサッカーファンも多いことだろう。

    日本では『WOWOW』が放映権を獲得しており、フランスを舞台に行われる史上最多24カ国による全51試合がすべて生中継されることが決まっている。また、出場国のユニフォームも続々と発表されており、楽しみは増すばかりだ。

    バイエルンのFWロベルト・レヴァンドフスキはポーランド代表としてユーロ2016に参加することが濃厚な選手の1人。グループステージではドイツ、ウクライナ、北アイルランドと対戦する予定であり、チームを決勝トーナメントに導く活躍が期待されている。

    そんなレヴァンドフスキが、UEFA(欧州サッカー連盟)の公式サイト『UEFA.com』の企画でユーロ史上最強のベストイレブンを選出している。

    ほとんどの選手が1990年代半ばから最近の選手を選出しているため、バイエルンのレジェンドであるFWゲルト・ミュラー氏の名前はひときわ目立つ。ミュラー氏は、現役時代に「デア・ボンバー(爆撃機)」の愛称で親しまれた西ドイツを代表するストライカー。

    ワールドカップでの活躍が有名であり、2014年のブラジル大会でミロスラフ・クローゼに更新されるまでドイツ代表の最多得点記録を持っていた。ユーロの参加は1972年の1回のみだが、4得点で得点王になるとともにチームを優勝に導いている。

    一方で、現役選手で選出されたのはポルトに所属するスペイン代表GKイケル・カシージャスとバイエルンの同僚である元ドイツ代表DFフィリップ・ラームの2名のみ。ラームは代表を引退しているため、今夏のユーロに参加する可能性があるのはカシージャスただ1人だろう。

    ポーランド代表の初戦は6月12日に行われる北アイルランド戦。レヴァンドフスキはバイエルンの先輩であるミュラー氏のように輝けるだろうか?

    ■レヴァンドフスキが選ぶユーロ史上最強イレブン(カッコ内は代表歴)
    ▼GK
    イケル・カシージャス(スペイン代表)

    ▼DF
    フィリップ・ラーム(元ドイツ代表)
    パオロ・マルディーニ(元イタリア代表)
    カルレス・プジョル(元スペイン代表)
    リリアン・テュラム(元フランス代表)

    ▼MF
    カレル・ポボルスキ(元チェコ代表)
    ルイス・フィーゴ(元ポルトガル代表)
    パヴェル・ネドヴェド(元チェコ代表)
    ジネディーヌ・ジダン(元フランス代表)

    ▼FW
    ゲルト・ミュラー(元西ドイツ代表)
    ティエリ・アンリ(元フランス代表)
    2016-04-07_21h24_28
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160407-00428625-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1460029470/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 22:07:05.97 ID:???*.net
    代理人はバイエルンからの移籍を示唆

    リバプールのユルゲン・クロップ監督が、ドルトムント時代に育てたバイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ獲得に動く可能性が急浮上している。英地元紙「デイリー・ミラー」が報じている。

    ブレンダン・ロジャース前監督の正式不振による更迭で、アンフィールドの救世主の期待が高まるクロップ監督が、2010-11シーズンからの4年間、手塩にかけて育てた愛弟子と運命の再会を果たす可能性が浮上。

    記事では「レバンドフスキの代理人は、ストライカーの未来がバイエルンにないことを示唆している。そして、クロップは27歳をアンフィールドに勧誘するために一役買う準備を進めている」とレポートしている。

    リバプールは現在、ベルギー代表FWのクリスティアン・ベンテケとディボック・オリギ、イングランド代表FWダニエル・スターリッジ、ダニー・イングスの4人に加え、 ACミランに期限付き移籍中のマリオ・バロテッリと、前線に多くのタレントを擁しているが、「バイエルンが放出の意思を示したら、レバンドフスキ獲得への動きを許可することにためらわない」とも報じられている。

    現在、クラブと代表の試合を合わせて、公式戦5試合連続14得点と圧倒的なペースでゴールを量産するレバンドフスキは、2010年にポーランドリーグのレフ・ポズナンで活躍しているところをクロップ監督に評価された。

    そしてアイスランドの火山噴火により、イングランドの古豪ブラックバーン(現在2部)移籍が頓挫したために、ドルトムント行きが決まったという経緯がある。

    愛弟子の飛躍に目を細めるクロップ
     
    この移籍が、飛躍のきっかけとなった。2014年夏に契約満了に伴い、バイエルン・ミュンヘンへ移籍するまでの4年間で、リーグ戦74得点を決めた。クロップ監督自身もレバンドフスキの獲得には、今でも大きな満足感を感じているという。

    「最大の満足感とはポーランドの小さなクラブから獲得した選手が、今日のような大活躍を見せてくれることだ。契約した際の彼と現在の彼との違いは、信じられないほどだ」と指揮官は語っていた。

    現在、世界最強との呼び声高いストライカーの代理人、チェザリ・クチャルスキー氏は「私にはレバンドフスキの未来への考えはある」と語り、バルセロナとレアル・マドリードへの移籍を示唆。マンチェスター・ユナイテッドについては、「あそこはずっと雨が降っている」と、気候面から否定的な見解を示していた。

    マンチェスターから50キロの位置にあるリバプールの気候もさほど変わらないが、アンフィールドには情熱家の恩師クロップがいる。

    昨季にはバイエルンを率いるペップ・グアルディオラ監督との不仲も噂になったレバンドフスキ。近い将来に、自らを見出してくれた名将とともにリバプール再建の切り札となっているかもしれない。
    2015-10-11_23h12_52
    Soccer Magazine ZONE web 10月11日(日)17時37分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151011-00010010-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1444568825/

     
    続きを読む


    2015-09-23_05h34_26

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/24(木) 12:46:03.31 ID:???*.net
    代理人が明言「フットボールに最高の環境」

    バイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキは、ヴォルフスブルク戦で9分5秒間で5ゴールのブンデスリーガ記録を叩き出した。その脅威の得点力を誇るストライカーの代理人が、将来的にバルセロナ、レアル・マドリードなどのスペイン移籍を検討していることをポーランドテレビ局「TVN24」に語った。

    後半からの途中出場でドイツ屈指の強豪相手に電光石火の5得点を決めると、レバンドフスキは地元メディアから「サッカーの神」などと賞賛されている。

    ストライカーは2014年に日本代表MF香川真司の所属するド ルトムントからバイエルンへと移籍加入した。契約は19年6月まで残しているが、シェズニー・クチャルスキー代理人は「私にはレバンドフスキの将来に関する計画がある。マンチェスター? あそこはいつも雨が降る。バルセロナかマドリード?あそこはいいところだ。スペインはフットボールをするために最高の環境が存在する」と発言している。

    レアル・マドリード、アトレチコ・マドリード、バルセロナといった強豪がひしめくスペインの2大都市を移籍先候補として挙げている。一方、代理人は現在の本拠地ミュンヘンについても「すごく美しい街で生活するには最高の場所」と、フォローしていたが、来年1月以降、スペインのメガクラブがレバンドフスキを標的とするかもしれない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150924-00010007-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443066363/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ