海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 香川真司

    1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/09/19(土) 21:32:15.24 _USER9
    9/19(土) 21:29配信
    スポニチアネックス

    スペイン2部サラゴサの香川真司

    スペインメディアで退団の可能性が報じられているスペイン2部サラゴサのMF香川真司(31)について、2部の数クラブが獲得に興味を示していると18日、地元情報サイトのデスマルケが報じた。

    今季3部(3部B)から昇格してきたログロニェス、昨季2部7位のRバリェカノ、同8位のフエンラブラダなどが、サラゴサに香川の状況を問い合わせているという。1部からのオファーはない模様だ。

    これまで現地メディアでは、サラゴサが財政難とEU圏外選手枠の問題などを理由に、契約があと1年残っている香川の放出を望んでいると報じられてきた。また香川には中東カタールなどから獲得オファーが届いているものの、本人はスペインでのプレー続行を熱望しているとも伝えられてきた。

    香川は18日に自身のSNSを更新。スペイン語で「たくさんの噂はあるが、自分がすべきことに集中する。サラゴサの選手としてすべての練習でいいトレーニングを行うことだ」と記した。
    2020-09-20_11h17_42
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2fbc375dce3cca55d7323014336979860a782048

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/09/16(水) 07:44:18.09 _USER9
    スペインリーグ2部のサラゴサが16日にヒムナスティックとプレシーズンマッチで対戦する。クラブは試合前日の15日に招集メンバー22選手を公式サイトで発表したが、香川真司(31)はメンバー入りしなかった。

    香川の招集外の理由について、サラゴサの地元紙エル・ペリオディコ・デ・アラゴンはグループ練習に合流したばかりで調整不足のためと説明した。一方、別のサラゴサの地元紙エラルドは、香川にサラゴサ退団の可能性があり、その状況が解決されるのを待っているためだと伝えている。

    さらに同紙は、香川退団は、セルタからの期限付き移籍で入団したばかりのウルグアイ人FWガブリエル・フェルナンデスのためにEU圏外枠を空ける上で必要だとも報じている。

    サラゴサは先月、1部昇格プレーオフに参加したため、先週末に開幕したスペイン2部リーグ第1節と第2節は延期され、27日の週末に行われる第3節ラス・パルマス戦で今季の公式戦をスタートする。(高橋智行通信員)

    9/16(水) 0:42 日刊スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2ecf809dcff161e9704fbba4e82975cf58ad2b2a
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/09/04(金) 17:59:53.33 _USER9
    サッカースペイン2部リーグ・サラゴサの元日本代表MF(31)が、年俸ダウンを受け入れてでもチームの1部昇格にチャレンジする意欲を見せているとサラゴサの地元紙エル・ペリオディコ・デ・アラゴンが4日までに報じた。

    同紙によると、40万ユーロ(約5000万円)という高額年俸がネックとなり、サラゴサは香川を構想外にする考えだったという。ただ、香川は年俸ダウンに応じる構えで、サラゴサでのプレー継続を希望している。

    香川は5日にサラゴサに到着し、PCR検査などを経てチームに合流する見通し。チームは8月25日から始動しているが、クラブの許可を得ての措置だという。

    9/4(金) 17:41配信
    2020-09-04_18h57_37
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3f63b1996a7e733e24f42b49fadc07b70744510e

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/09/01(火) 18:09:12.14
    2020-09-01_20h48_39
    「すでに接触」久保建英加入のビジャレアルが、香川真司へオファーか? 指揮官エメリが獲得熱望と現地メディアが報じる!

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1848b0e3111a31bccf94ce1d78a61c366c3d2be6

    続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/08/30(日) 14:10:45.67 _USER9
    レアル・サラゴサに所属するMF香川真司(31)だが、クラブは放出することを望んでいるようだ。スペイン『アス』が報じた。

    ドルトムントから2019年夏にサラゴサへ加入した香川。自身が夢に見たスペインでもプレーが実現することとなった。

    セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)でのプレーとなったが、香川は31試合に出場し4ゴール1アシストを記録。チームも常に上位をキープし、長らく自動昇格圏にいたものの、シーズン最終盤に失速。5位でリーグ戦を終え、プレーオフに回ることとなった。

    昇格プレーオフでは、4位のエルチェと対戦。2戦合計0-1で敗退となり、2020-21シーズンも2部で戦うことが決まっていた。

    香川とサラゴサは2年契約を結んでおり、2021年6月まで契約が残っている状況。しかし、サラゴサは香川の低調なパフォーマンスと45万ユーロ(約5600万円)という高い給与のバランスが悪いため、チームを去ることが最善の選択肢であると決めたようだ。

    香川は第2節のポンフェラディーナ戦で初ゴールを記録すると、第5節のエストレマドゥーラ戦でもゴール。しかし、その後は全くゴールを奪えず、中断明けに2ゴールを奪ったものの、安定しないパフォーマンスが今回の決定に影響したようだ。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7488ac58828c27ad723987e9f6d8c1fc2d717090
    no title

    続きを読む

    1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/08/21(金) 18:45:12.95 _USER9
    8/21(金) 18:06配信
    デイリースポーツ

    サッカースペイン2部リーグ・サラゴサの元日本代表MF香川真司が、新シーズンも同チームに所属する見通しとなった。サラゴサのスポーツディレクター(SD)、ラロ・アランテギ氏が方針を示した。スペインを中心としたサッカー情報を扱うウェブサイト、エル・デスマルケが21日までに報じた。

    同氏は、サラゴサの新監督発表とともに記者会見で来季方針について見解を示した。香川の去就について「彼はとても良い形でシーズンを終えたし、我々はチームにいる選手たちについて何の動きもしていない。シンジもその例外ではない」と発言。現所属選手の全てを戦力として計算しているとした。

    香川は昨年夏にサラゴサへ加入。2年契約でチームの顔として高い期待を集めての入団だっただけに、序盤の好調のあと怪我などで調子を崩したことで「期待外れ」のレッテルを貼られ、今年1月の冬の移籍市場では、チームを去るのではといった憶測を読んでいた。
    no title
    https://news.yahoo.co.jp/articles/04f52451f4995b462aa3846cae6efa80f4cab23f

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/08/18(火) 06:15:11.96 _USER9
    2020-08-18_09h06_07
    スペイン2部サラゴサの元日本代表MF香川真司(31)に同1部カディス移籍が急浮上した。プレーオフ1回戦のエルチェ戦で奮闘及ばず敗れ、チームは1部昇格を逃して今シーズン限りでの退団が濃厚。来季の去就が注目される中で、1部昇格を争ったライバルクラブが〝日本の10番〟をリストアップしているという。

    昨夏に2年契約でサラゴサへ加入した香川は今季4ゴールを挙げたものの、チームが1部昇格を逃したことから退団は濃厚とみられる。来季に向けた去就が注目されるが、スペイン紙「アス」は米メジャーリーグサッカー(MLS)やカタールに移籍する可能性を指摘し、さらに一部ではJリーグ復帰も報じられるなど、様々な選択肢が挙がっている。

    そんな状況下で香川に大注目しているのが15季ぶりに1部昇格を決めたカディスだ。欧州事情に詳しいJクラブ関係者は「香川はスペインでもまだまだ引きはある。2部はもちろんだが、1部でも昇格クラブが動く可能性がある。特にカディスは日本市場の開拓に積極的で日本人選手をどうしてもほしがっている」と指摘した。

    負傷もあってリーグ戦ではいまひとつの出来だった香川も、プレーオフでは存在感を発揮。「マルカ」や「アス」紙などスペインの有力メディアが揃ってチームトップの評価を与えるほどで、健在ぶりをアピールした。スペイン2年目となる来季はさらなる活躍が見込めるため同国内の複数クラブが獲得に動くと見られる中、カディスが本腰を入れているという。

    過去に日本人選手が所属したことがなくなじみは薄いものの、カディスは日本市場の開拓に積極的。今年に入って日本に拠点を設置し、ツイッターやインスタグラムなど日本語の公式SNSを開設した。今後は日本でサッカー教室や選手発掘を実施する方針も決めており、他のクラブに比べて日本人獲得に高い意欲を示している。

    そこで香川を獲得できれば手薄な戦力の補強になると同時に、日本代表を長年けん引してきた10番の人気も得られる。カディスにとっては一石二鳥というわけだ。もちろん、香川にとっても念願だった1部クラブからのオファーとなれば渡りに船。チームは昇格を逃したものの〝個人昇格〟を果たせるかもしれない。

    また、同じ昇格組で盟友である元日本代表FW岡崎慎司(34)が所属するウエスカも香川の獲得に興味を示しており〝Wシンジ〟の共闘にも期待が膨らむ。さらに昨夏に香川獲得を検討していたベティスやセルタもチームの再建のため、再び香川に白羽の矢を立てる可能性があるという。
     
    来季はどこでプレーするのか。条件面やEU圏外3枠の問題もあり、まだ不透明な部分もあるが、香川の動向から目が離せない。

    8/18(火) 5:15 東スポ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/71f3c5d7d0cbc33efbddbae7601a3088741cf775

    続きを読む

    1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/08/17(月) 17:45:41.07 _USER9
    8/17(月) 17:38
    スポーツ報知

    香川真司フル出場のサラゴサ、1部昇格逃す 現地メディアが退団示唆も

    MF香川真司のスペイン2部・サラゴサは16日、1部昇格が懸かるプレーオフ1回戦第2戦でエルチェに0―1で敗れた。2試合合計でも0―1で8季ぶりの昇格はならなかった。

    香川はトップ下でフル出場し、後半5分にゴール前から左足シュートを放つなど攻撃でチームをけん引。それでも勝利につながるゴールは最後まで奪えなかった。昇格を逃したことを受け、現地メディア「フットボール・アリーナ」は、「香川は退団する可能性が高まった」とチームを離れることを示唆している。
    no title


    https://news.yahoo.co.jp/articles/4142bce3737614e2be3b5c74d3415cc6bf4bd103

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/08/14(金) 08:39:11.28 _USER9
    no title


    【エルチェ 0-0 サラゴサ 昇格プレーオフ準決勝1stレグ】
     
    昇格プレーオフ準決勝1stレグ、エルチェ対レアル・サラゴサの試合が現地時間13日に行われ、試合は0-0の引き分けに終わっている。この試合で印象的な活躍を見せたサラゴサの香川真司に対し、スペイン紙は高評価を下した。

    香川は先発出場。6分、香川が右足を振り抜いてシュートを放つがゴール左に外れる。29分には、エルチェのジョナタスにレッドカードが提示されて退場しサラゴサが数的優位に。35分にはペナルティーエリア外から香川が強烈なシュートを放つがエルチェのGKエドガル・バディアに止められる。

    さらに44分、香川が針の穴を通すような絶妙なパスをDF裏に通すが、ブルギのシュートはGKバディアに防がれてしまった。前半終了間際、香川にイエローカードが提示される。そのため、香川は後半にやや影を潜めることになり、試合は0-0の引き分けに終わっている。

    スペイン紙『スポルト・アラゴン』は決定機を外したブルギにチーム最高評価となる「8.5」の評価を与えた。そして、好機を演出した香川には「8.0」の採点を付け、寸評では「非常に良いパフォーマンスを見せた熟練の日本人ミッドフィールダー。チャンスの演出に何度も参加し、最後の数メートルはスパイシーだった。彼のレベルは、このプレーオフにおいて決定的な存在となる可能性がある」とコメントしている。

    一方で、スペイン紙『エル・デスマルケ』は香川にチーム最高評価の「8.0」を付けた。そして、寸評では「彼は最も努力した人だった。遠くからのシュートやアシストも演出していた」と評価している。2ndレグは現地時間16日にサラゴサのホームで行われる予定だ。

    8/14(金) 8:29 フットボールチャンネル
    https://news.yahoo.co.jp/articles/018669c25298b713c42c0f4a137ff2696f832e67

    続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2020/07/09(木) 01:35:07.73
    逆にここへ入ることが凄い

    サッカー界の中には過大評価されているのではと騒がれる選手もいるが、日本代表MF香川真司もそうなのだろうか。

    英『GIVE ME SPORT』などが注目したのは、米『The top tens.com』が紹介した「史上最も過大評価されている選手ランキング」だ。

    全部で50人がリストアップされており、投票によって順位が決まっていく仕組みとなっている。載っている選手は豪華な人物ばかりで、その中に香川の名前まで入っているのだ。

    しかも順位が異様に高い。何と香川はこのランキングでTOP10に入ってしまっている。

    10位:ネイマール

    9位:ポール・ポグバ

    8位:イケル・カシージャス

    7位:エディン・ジェコ

    6位:パウリーニョ

    5位:リオネル・メッシ

    4位:マリオ・バロテッリ

    3位:香川真司

    2位:クリスティアーノ・ロナウド

    1位:ラダメル・ファルカオ


    何とも賛否両論分かれるランキングだが、逆に香川の知名度の凄さに驚かされる。

    理由の中には納得できるものもある。例えば10位のネイマールはピッチ上での振る舞いが子供のようだと指摘されている。そしてあまりにもシミュレーションが多く、俳優のような選手とも批判されている。世界のスーパースターと呼ぶにはふさわしくないということなのだろうか。

    9位のポグバはユヴェントス時代の輝きを失っており、世界最高クラスのMFと呼ぶべきではないとの意見が出ている。

    8位のカシージャスは、テア・シュテーゲンやマヌエル・ノイアーほどのクラスにはないと指摘。近年は足下の技術に優れたGKも増えており、カシージャスはもう歴代最高クラスのGKとは言えないのか。

    4位のバロテッリもピッチ内外でのトラブルが目立ちすぎており、態度が悪くて躾がなっていないと厳しい指摘が。才能はあるかもしれないが、それを活かせないまま時を過ごしてしまった印象だ。

    『GIVE ME SPORT』は香川に関して、マンUに加入する際に少しばかり評価が高すぎたかもしれないとは認めている。ただし、このランキングで3位に入るような選手ではないと能力のことをきっちり評価している。

    バロテッリのランクインは納得できると伝えているが、このトップ10を世界のサッカーファンはどう見るのか。

    2020年07月08日(水) 21時30分
    GettyImages-978578370-min
    https://www.theworldmagazine.jp/20200708/01world/288224

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ