海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 香川真司

    1:Egg ★:2018/08/17(金) 05:52:20.68 ID:CAP_USER9.net
    ボルシア・ドルトムントMF香川真司の獲得を目ざすベジタクシュが、新たな手段に打って出た。
     
    昨シーズンいっぱいでブラジル代表MFタリスカが退団し、トップ下の新レギュラー確保が今夏補強の至上命題だった。早くからイスタンブールの強豪は香川とベルギー代表MFナセル・シャドリの二兎を追ってきたが、先週末に新シーズンが開幕したにも関わらず、いまだどちらの交渉も難航している。

    とくに厳しいのはシャドリが所属するWBAの反応で、ほぼ門前払いに近い状態だという。

    そこで夏の移籍期限が刻々と近づくなか、ベジクタシュは香川へのオファーを強化。ドルトムントに対して2度目のオファーを提示したと、トルコ紙『Aksam』が伝えている。
     
    「もはやシャドリに関するWBAとの話し合いは暗礁に乗り上げた。ここに来てベジクタシュのスポーツディレクター、ウムト・ギュネルは背番号10(トップ下)候補のトッププライオリティーであり続けているカガワひとりに絞ったようだ。

    指揮官のセノール・ギュネスもお気に入りの日本人フットボーラーを獲得すべく、2度目の正式オファー提出に踏み切ったのである。


    1回目はレンタル料150万ユーロ(約1億9500万円)の提示で決裂したが、今回は250万ユーロ(約3億2500万円)を用意した。それでも難色を示されたなら、ギュネルはさらに増額する可能性も示唆している。彼らはついに最後の賭けに出たのだ」
     
    250万ユーロでも、1年間のレンタル料としてはなかなかの高額だろう。さすがに完全移籍での獲得は諦めたようだが、ほぼ毎日のようにトルコ・メディアがこの情報を報じているのだから、ベジクタシュの本気度が窺い知れる。
     
    はたして急転直下の展開は起こり得るのか。まずはドルトムントのシーズン開幕戦となるDFBカップ1回戦、8月20日のグロイターフュルト戦で、香川が新指揮官ルシアン・ファーブルによってどう起用されるのかに注目が集まる。

    8/17(金) 5:22配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180817-00045797-sdigestw-socc

    難色を示されればさらに増額の可能性も

    写真

    続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/08/13(月) 12:56:43.63 ID:CAP_USER9.net
    ベジクタシュは、未だドルトムントMF香川真司の獲得を諦めていないようだ。トルコ『GUNES』が伝えた。

    ロシア・ワールドカップ終了後から、加熱している香川の去就。新たな10番を探すベジクタシュは、日本代表MFの獲得に熱心であると伝えられており、正式なオファーはすでに送っていると報じられている。

    『GUNES』によると、ベジクタシュは香川と同僚のマリオ・ゲッツェについて、ドルトムントにレンタル移籍でのオファーをしたという。しかし、ドルトムントの反応は芳しくなかったようだ。さらに、両選手の代理人も移籍に否定的な反応を示したという。

    しかし同メディアによると、ドルトムントは完全移籍での売却であれば考慮するようだ。香川に対しては600万ユーロ(約8億)、ゲッツェには700万ユーロ(約9億円)を求めるとベジクタシュに連絡したという。

    プレシーズンマッチでは、キャプテンマークを巻く機会もあった香川。29歳の日本代表MFは、新シーズンはどこでプレーすることになるのだろうか。
    2018-08-13_14h51_00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000006-goal-socc
    続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/08/11(土) 12:13:05.57 ID:CAP_USER9.net
    香川に関心を寄せるとされるベジクタシュ、ファンは同僚ゲッツェにも大量メッセージ

    ドルトムントの日本代表MF香川真司はトルコ1部のベジクタシュからの関心が頻繁に取り沙汰され、去就が注目されている。しかし、ここに来てベジクタシュファンの関心は同じドルトムントでも、別の選手に向いているようだ。

    その選手とは香川とも親交の深いドイツ代表MFマリオ・ゲッツェだ。ゲッツェのインスタグラムの投稿に対し、ベジクタシュファンと思われるユーザーから「Come to Besiktas(ベジクタシュへ来て)」というメッセージが殺到しているのだ。

    投稿によっては写真一枚に8000件以上のコメントが付き、まるでスパムのごとく「Come to Besiktas」の文字で埋め尽くされている状況だ。トルコのサポーターによる熱烈なラブコールが送られている。

    アンデルソン・タリスカが中国へ移籍し、10番タイプの選手を探しているというベジクタシュ。トルコメディアでは香川獲得の噂が過熱しており、すでにオファーを送っているとも報じられていた。今週中にも交渉が進展するとの見方もあったが、香川はドルトムントでテストマッチに出場し、アシストするなど活躍を見せている。

    クラブが探し求める新たなプレーメーカーの獲得は実現するのだろうか。
    2018-08-11_17h12_09
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180811-00127573-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/08/08(水) 11:30:09.75 ID:CAP_USER9.net
    日本代表MF香川真司所属のボルシア・ドルトムントは日本時間7日深夜にカルロ・アンチェロッティ監督率いるナポリと親善試合を行い、1-3で敗れた。

    ドルトムントはこの一戦でアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチやMFマリオ・ゲッツェなどが先発メンバーに名を連ねている。一方ナポリは今夏に加入したイタリア代表FWシモーネ・ベルディを起用したほか、中盤の底のポジションではMFアマドゥ・ディアワラが先発起用されている。

    試合は開始早々から動きを見せる。6分、ナポリは敵陣右サイドでドルトムントのビルドアップの局面からボール奪取に成功すると、右斜め45度の位置でパスを受けたポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクが豪快に右脚を振り抜くと、これがゴール左隅を突き刺した。

    先制に成功したナポリはこの後もチャンスを作ると28分、右サイドのCKからニアサイドでセルビア代表DFニコラ・マクシモビッチが頭で合わせネットを揺らした。

    一方ドルトムントはナポリのミスから決定機を迎える場面があったものの、前半は得点を奪うことができず、ナポリが2点リードで後半へ折り返す。

    65分、ドルトムントは右サイドでパスを受けたプリシッチがそのままドリブルでペナルティエリア内に侵入しシュートを放つと、これがナポリ守備陣に当たる。ただこのこぼれ球にゴール前で反応したFWマクシミリアン・フィリップが押し込み1点差に詰め寄る。

    しかしナポリは後半アディショナルタイムの90+1分、再びドルトムントのビルドアップにおけるミスでボールを奪うと、最後は左サイドからのクロスにFWホセ・カジェホンが左脚で合わせ鮮やかにゴールネットを揺らした。

    試合はこのまま3-1で終了。ドルトムントにとってはミスから2失点を喫しただけにリーグ戦開幕までの立て直しが求められる。なおこの一戦で日本代表MF香川真司の出場はなかった。
    DkBRVnoX4AIUrdf
    https://football-tribe.com/japan/2018/08/08/64770/
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/08/07(火) 13:09:48.67 ID:CAP_USER9.net
    8/7(火) 9:30配信
    ベジクタシュ、香川獲得に「背番号10」を準備 アジア市場開拓で複数年契約を提示か

    オルマン会長は司令塔の補強に本腰 ドルトムントで起用法が不透明な香川の決断は…

    トルコの強豪ベジクタシュが、ドルトムントの日本代表MF香川真司の獲得に「背番号10」を準備していることが分かった。

    「ベジクタシュの新たな背番号10はシンジ・カガワになろうとしている」と見出しを打って取り上げたのは、トルコ紙「STAR」だった。

    フィクレット・オルマン会長は司令塔の補強に動いており、日本代表の10番獲得を切望。アジア市場開拓の切り札としても期待し、2020年までの複数年契約を準備しているという。

    ロシア・ワールドカップでは西野ジャパンのプレーメーカーとして絶大な存在感を放った香川だが、ルシアン・ファブレ新監督を迎えたドルトムントでの起用法は不透明。記事では、「カガワが先発11人から外れることがこの移籍のアドバテージのようだ」と分析している。

    香川が最も輝くトップ下と10番を準備しているトルコの強豪のラブコールは、“小さな魔法使い”の心を揺さぶるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180807-00126777-soccermzw-socc

    続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/08/06(月) 20:30:59.83 ID:CAP_USER9.net
    ドイツ1部ドルトムントの日本代表MF香川真司(29)が今夏のイングランド移籍を断念へ――。ロシアW杯では日本の10番としてベスト16進出の原動力となり、欧州各クラブからの評価もうなぎ上り。移籍先として熱望していたイングランド・プレミアリーグのトットナムから獲得への関心が寄せられたものの、意外にも低評価で今夏はドイツに残留することが濃厚となった。

    W杯では日本を決勝トーナメント進出へと導く活躍を見せ、世界から高く評価された香川は、今夏にドイツから他国リーグへの新たな挑戦を視野に入れていた。しかし欧州事情に詳しいJクラブ強化担当者は「香川は今回はひとまず(ドルトムントに)残るのではないか」との見解を示した。

    香川は新天地としてマンチェスター・ユナイテッドで2014年夏までプレーしたイングランド・プレミアリーグ復帰を第一希望としていた。だが、水面下で中堅クラブからのオファーはあったものの、条件の一つとする今季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)や欧州リーグ(EL)の出場権を持つ強豪クラブからオファーは届かなかった。

    それでも、イングランド・プレミアリーグの移籍期限となる9日を前に動きがあった。関係者によると、昨季リーグ3位でCL出場権を持つ強豪トットナムが香川に関心を示しているという。トットナムは今夏の補強が進んでおらず、新入団がゼロという異常事態。かつてエスパニョール(スペイン)でMF中村俊輔、サウサンプトン(イングランド)でDF吉田麻也を指導したマウリシオ・ポッチェティーノ監督(46)は新戦力を要望し、香川に白羽の矢が立った。

    しかし、トットナムにとっては、あくまで補強を実施する場合に一つの選択肢という考えで香川に対する評価は決して高いものではなかった。「(移籍金でも)ドルトムント側と条件などの面から折り合うことはないのではないか」と香川の関係者が話すように、電撃移籍が実現する可能性は低いというのが実情だ。

    すでに香川の獲得に乗り出しているトルコ1部ベシクタシュをはじめ、イングランド以外のクラブからは依然として高い関心があり、移籍は流動的な部分もある。ただ、すでに各クラブもチーム編成は固まりつつあり、焦って移籍するよりも冬の市場で新天地を模索したほうが賢明という判断もあるという。

    特にドルトムントがCL出場権を持つことも香川を残留へと傾けている模様だ。“本命”のイングランド復帰に向け、まずは現チームで活躍し、アピールを続ける。
    2018-08-06_21h01_19
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00000041-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/01(水) 07:36:45.08 ID:CAP_USER9.net
    ベジクタシュは、日本代表MF香川真司獲得へ向け、ドルトムントに数日位以内にオファーを送るようだ。トルコ『GUNES』が伝えた

    昨シーズン、一度レギュラーの座を掴んだが、足首のケガの影響で後半戦をほぼ棒に振ってしまった香川。ロシア・ワールドカップでは好パフォーマンスを披露したものの、ドイツメディアは放出候補になっていると伝えているなど、去就に注目が集まっている。

    ベジクタシュが獲得に熱心だと伝えられていたが、『GUNES』によると、トルコの強豪は2日以内に獲得オファーを送るという。ドルトムントに対し、500万ユーロ(約7億円)の買い取りオプションが付帯する300万ユーロ(約4億円)でのレンタル移籍を提案するようだ。

    報道によれば、シェノル・ギュネシュ監督はトップ下として香川を獲得リストの最上位に置いているという。選手本人には、年俸250万ユーロ(約3億円)をオファーするようだ。

    トルコのシュペル・リガでは、王者ガラタサライに長友佑都が完全移籍を果たした。新シーズンでは、日本代表の盟友がトルコの地でしのぎを削る事になるのだろうか。

    8/1(水) 7:16配信
    2018-08-01_08h13_33
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00000030-goal-socc
    続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/07/30(月) 18:29:06.92 ID:CAP_USER9.net
    ドイツ紙『ビルト』が新シーズンを前にブンデスリーガ各チームの状況を分析。ドルトムントにフォーカスが当たっている。

    ドルトムントは今夏、アンドリー・ヤルモレンコやアンドレ・シュールレが退団した一方で、アブドゥ・ディアロやトーマス・ディレイニー、マルヴィン・ヒッツといったブンデスリーガで実績のある選手を獲得。日本代表MF香川真司の去就も含めて戦力的に大きな入れ替えがある。

    そんな中、『ビルト』は各ポジションの選手層について数値付け。6を最高として「ワールドクラス」、5を「強固」、4を「良い」、3を「平均的」、2を「弱い」、1を「弱点」として6段階評価。ドルトムントはGKが3、DFが3、MFが5、FWが3、監督が5、マネージメントが5という“採点”になった。

    また、想定される今季のスタメンも紹介。マキシミリアン・フィリップが最前線に据えられ、トップ下にはマルコ・ロイス、そして3列目には若手のジェイドン・サンチョが入った一方で香川の名前はなかった。新加入のディレイニー、ディアロといった選手たちも予想スタメンに含められている。

    香川には今夏、ベジクタシュなどが獲得に興味を示していると伝えられ、ドルトムントを離れる可能性も少なくない。そういった報道も予想スタメンに入らなかった要因の一つかもしれない。

    以下、『ビルト』が予想した今季のスタメン。

    GK
    ビュルキ

    DF
    ゲレイロ、ディアロ、アカンジ、ピシュチェク

    MF
    サンチョ、ゲッツェ、ディレイニー、プリシッチ、ロイス

    FW
    フィリップ
    2018-07-31_00h05_26
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00000018-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ