海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:プレミアリーグ > マンU

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/08/14(月) 03:30:02.83 ID:CAP_USER9.net
    【マンチェスター・ユナイテッド 4-0 ウェスト・ハム プレミアリーグ第1節】

    現地時間13日に行われたプレミアリーグ第1節でマンチェスター・ユナイテッドはホームにウェスト・ハムを迎え、4-0の勝利を収めた。

    モウリーニョ体制2年目となるユナイテッドは、この夏に元ユナイテッドのハビエル・エルナンデスが加入したウェスト・ハムと対戦した。

    試合の主導権を握ったホームチームは、32分に新戦力の活躍でゴールを奪う。
    マティッチのボール奪取からラッシュフォードがボールを運んでスルーパスを送ると、ルカクが左足で決めて先制した。

    後半に入っても勢いは止まらず、52分に追加点。左サイドからのFKにルカクが頭で合わせて2-0とする。

    ユナイテッドは終盤にもうひと頑張り。87分、途中出場のマルシアルがムヒタリアンのスルーパスを受けて3点差になると、さらに2分後にはポグバが続いて4-0とした。

    新戦力が見事に活躍したユナイテッド。期待の持てる初戦となった。

    【得点者】
    33分 1-0 ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)
    52分 2-0 ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)
    87分 3-0 マルシアル(マンチェスター・ユナイテッド)
    90分 4-0 ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170814-00226177-footballc-socc
    8/14(月) 2:01配信



    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2017/gbr/gbr-11042821.html
    試合スコア
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/07/12(水) 17:11:02.42 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・Uのベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイが、レアル・ソシエダへの移籍に迫っているようだ。イギリスメディア『BBC』が12日付で伝えている。

    同メディアによると、すでにマンチェスター・Uはヤヌザイの売却に同意しているという。移籍金は980万ポンド(約14億4000万円)になる見込み。

    ヤヌザイは2013-14シーズンにプレミアリーグで27試合4得点を記録してブレイクしたものの、その後の成績は下降気味。2016-17シーズンはサンダーランドにレンタル移籍で放出された。同クラブでは25試合に出場したもののゴールを挙げられず。チームも2部降格となっていた。

    若手有望株として期待を受けてきたヤヌザイだが、新天地で輝きを取り戻すことができるだろうか。
    2017-07-12_18h17_47
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170712-00611788-soccerk-socc
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/07/12(水) 10:46:21.94 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスターU(イングランド)は現地時間11日、新キャプテンにMFマイケル・キャリック(35)が就任したことを発表した。クラブ公式HPが伝えている。

    キャリックは、エヴァートン(イングランド)へと復帰したFWウェイン・ルーニーの後を継いで、アームバンドを巻くことになる。

    主将就任に際し、キャリックはクラブ公式チャンネル『MUTV』で、「このような偉大なクラブのキャプテンになり、最高の気分だし、非常に誇らしく思う。僕は25歳でここにきて、12年目になる。これほど長く在籍し、多くのことを達成できるなんて、夢にも思わなかった」と、喜びを表わした。

    これまで、クラブではギャリー・ネヴィル氏、ネマニャ・ヴィディッチ氏、ルーニー、イングランド代表ではデイヴィッド・ベッカム氏、ジョン・テリー、スティーヴン・ジェラード氏といったキャプテンたちとプレーしてきたキャリック。自身のキャプテンシーについて問われると、「僕は僕自身であり、それを変えることはできない。その役割を与えられたからといって、叫んだり、人に指図するように突然変化するのは、間違いだと思う」と返答した。

    また、「僕はそのようなタイプではない。必要なときは話をするが、気軽に構えて、落ち着いているだろう。模範となって導きたい」と、自身のキャプテン像を語っている。

    ウェストハムユース出身のキャリックは、同クラブのトップチームとトッテナム(以上イングランド)でのプレーを経て、2006年に移籍金1860万ポンド(約39億8000万円:当時)でマンUに加入。これまで同チームで5度のプレミアリーグ優勝や、1度のチャンピオンズリーグ制覇などに貢献してきた。ベテランとなった今も中盤の要として活躍し、昨季はリーグ戦23試合を含む公式戦38試合に出場した。
    2017-07-12_15h16_00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170712-00000010-ism-socc
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/07/10(月) 19:39:52.26 ID:CAP_USER9.net
    エヴァートンからマンチェスター・Uに移籍金7500万ポンド(約110億1000万円)で移籍することで合意に達しているベルギー代表FWロメル・ルカクだが、ビッグマッチでの活躍は期待できないかもしれない。イギリス紙『サン』がデータを挙げて検証している。

    マンチェスター・Uは9日、13年間に渡って同チームに所属したイングランド代表FWウェイン・ルーニーがキャリアをスタートさせたエヴァートンへ移籍することを発表した。当然のことながらルカクにはルーニー以上の活躍が期待されている。

    しかし『サン』紙が掲載したデータによれば、2014-15シーズンの開幕から現在までの過去3シーズンにおいて、プレミアリーグの上位6チーム(昨シーズン終了時段階)を相手にルカクは全選手中で最多の35試合に出場しながら、わずか5ゴールしか記録できていない。

    同条件においてルーニーは、ゴール数こそルカクと同じだが、出場試合数は20試合となっており、どちらがビッグゲームで効率良く得点を決めてきたのかは一目瞭然だ。

    なお、過去3シーズンでトップ6を相手に最も多くのゴールを決めているのはマンチェスター・Cのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロで19ゴール(27試合)。以下、レスターのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディーの15ゴール(33試合)、トッテナムの同代表FWハリーケイン14ゴール(26試合)となっている。

    昨シーズンはプレミアリーグ37試合に出場し、ケインに次ぐ25ゴールを記録しているルカクだが、2月のボーンマス戦での4得点など、“格下”相手の固め取りが少なくなかった。しかしマンチェスター・Uで主力を務めるには、アグエロやケインのようにビッグゲームでも結果を残さなければならない。

    才能は疑う余地もない24歳のストライカーは、新天地でもサポーターを納得させる活躍ができるだろうか。

    (記事/Footmedia)
    SOCCER KING
    2017-07-10_20h55_28
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170710-00610999-soccerk-socc
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:39:06.18 ID:CAP_USER9.net
    インテルに所属するクロアチア代表MFイヴァン・ペリシッチは、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍で決意を固めているようだ。イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』が10日、伝えている。

    ルチアーノ・スパレッティ指揮下のインテルはすでに夏季合宿を開始しており、10日からは日本代表のDF長友佑都ら各国代表組も合流予定となっている。クロアチア代表のペリシッチもその対象だが、本人の心はインテル退団へと傾いているようだ。

    ペリシッチは現在、インテルと年俸300万ユーロ(約4億円)で2020年までの契約を結んでいる。しかしマンチェスター・Uの指揮官、ジョゼ・モウリーニョがペリシッチの獲得を熱望しており、インテルの条件をはるかに超える破格の待遇を約束されており、個人間で合意に至っているとみられる。スパレッティは来シーズン、ペリシッチをチーム構想の中心に据えたい意向で引き留めを要請しており、インテルのピエロ・アウジリオSD(スポーツディレクター)は条件を改善した上での契約更新をペリシッチの代理人ファリ・ラマダニ氏に持ち掛けた。年俸を100万ユーロ(約1億3000万円)上乗せし、契約を2021年まで延長するとの内容だが大きな進展は見られなかった。すでにペリシッチの心はマンチェスターにあると言っていいのかもしれない。
    2017-07-10_20h35_57
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170710-00000017-goal-socc
    続きを読む

    1:ranran roo ★@\(^o^)/(★ 998b-9umI):2017/07/09(日) 10:25:30.07 ID:CAP_USER9.net
    7/9(日) 10:17配信
    AFP=時事

    イングランド・プレミアリーグのハル・シティ戦でボールに走り込むエバートンのロメルー・ルカク(2017年3月18日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News

    【AFP=時事】イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)への移籍が発表されたロメルー・ルカク(Romelu Lukaku)が8日、滞在先の米ビバリーヒルズ(Beverly Hills)にあるマンションでホームパーティーを開いて騒音トラブルを起こし、ユナイテッドで受け取る巨額の給与の中から罰金を支払うことが明らかになった。

    ビバリーヒルズ警察は、2日に騒音で繰り返し苦情を受けたルカクが滞在先で逮捕されたと発表している。

    警察は声明で、ルカクはその場で身柄を釈放されたが、度を超えた騒音により出頭命令が出されたと発表している。警察には同じマンションの住人から5件の苦情が出されていたという。

    ベルギー代表FWのルカクは、10月2日に米ロサンゼルス(Los Angeles)の裁判所に出頭すると発表されたが、本人が出頭する義務はないという。

    24歳のルカクは、ユナイテッドでチームメートになるポール・ポグバ(Paul Pogba)とロサンゼルスで休暇を過ごしている。【翻訳編集】 AFPBB News
    2017-07-09_11h34_13
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170709-00000009-jij_afp-socc
    続きを読む

    2017-07-07-lukaku_v8f39ju3jwi61a1vzpx43pk65

    1:ranran roo ★@\(^o^)/(★ 998b-9umI):2017/07/08(土) 17:26:56.83 ID:CAP_USER9.net
    7/8(土) 17:05配信
    スポニチアネックス

    イングランド・プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドが、新エース候補を獲得した。

    クラブは8日、エバートンからベルギー代表FWロメル・ルカク(24)を獲得することでクラブ間合意に達したと発表。ルカク本人との契約条件に合意し、メディカルチェックをパスすれば正式契約となる。

    クラブ間合意した移籍金については公表していないが、英メディアによると7500万ポンド(約110億円)でクラブ史上2位。同1位は昨年にユベントスから加入したフランス代表MFポール・ポグバ(24)で、サッカー史上最高額1億500万ユーロ(当時約119億円)だった。

    ルカクは、身長1メートル90、体重94キロの屈強なフィジカルを誇るセンターフォワード。昨季リーグ2位の25ゴールを挙げるなど、4季連続で2桁得点をマークしている。英BBC放送(電子版)など現地メディアでは、ルカクと入れ替わるような形で、マンチェスターUで主将を務める元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(31)が古巣のエバートンに移籍金なしで復帰する見通しと伝えられている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-00000127-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/06(木) 20:02:22.31 ID:CAP_USER9.net
    古巣チェルシーへの復帰が濃厚と言われていたなか、赤い悪魔が横やりを入れて急転直下

    マンチェスター・ユナイテッドがエバートンのベルギー代表FWロメル・ルカクの獲得で合意に達したと英公共放送「BBC」が報じた。移籍金はおよそ7500万ポンド(約110億円)と伝えられている。

    ルカクはチェルシーのアントニオ・コンテ監督にとって悲願のターゲットとされ、古巣チェルシーへの復帰が濃厚とも言われていた。しかし、そこへ横やりを入れた“赤い悪魔”はチェルシーをかわし、急転直下の電撃合意に達したという。

    今夏の移籍は確実と言われていたなか、フットボール史上最高額の1億ユーロ(約146億円)というエバートンの要求額に注目が集まっていた。しかし、実際に合意した金額は7500万ポンドとされている。

    スペインメディアではレアル・マドリードのスペイン代表FWアルバロ・モラタの獲得も秒読みとされているが、どうやらルカクの一本釣りということになりそうだ。ユナイテッドはMFポール・ポグバ、FWズラタン・イブラヒモビッチを獲得した昨夏に続き、今季も超大型補強を成立させようとしている。

    フットボールゾーン7/6(木) 19:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170706-00010016-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/24(土) 10:48:33.92 ID:CAP_USER9.net
    週給4200万円の英雄FW、マンU側は一部負担などには応じず
     
    マンチェスター・ユナテッドのイングランド代表FWウェイン・ルーニーは今季限りで退団する可能性が浮上しているが、年俸と移籍金の折り合いがつかず、来季ユナイテッドで「ベンチの置物」となる危機に直面している。英地元紙「デイリー・ミラー」が報じている。

    ユナイテッドのキャプテンだったルーニーは今季新加入FWズラタン・イブラヒモビッチら同僚とのポジション争いに敗れ、今季先発出場は15試合、わずか5ゴールに終わった。今夏退団の可能性がイングランドメディアで報じられる一方で、引き取り手が見つからない苦境に立たされている。

    記事では「ウェイン・ルーニーはマンチェスター・ユナイテッドが格安の移籍金での放出に消極的なため、来季オールド・トラッフォードで“ベンチの置物”となる危機に直面している。ルーニーは移籍先を見つけることに苦労しており、彼のユナイテッドでの週給30万ポンド(約4200万円)に近いオファーも受け取っていない」と報じられている。

    ユナイテッドはルーニーの移籍先を探すために、高額な年俸の一部負担にも難色を示しているという。移籍金の割引なし、高額年俸要求に加え、ユナイテッドの年俸補填なしの3点セットが、新天地候補の「クラブ側を躊躇させている」と記事では分析されている。

    中国クラブの“ルーニー熱”も冷めたか

    ルーニーの古巣エバートンは移籍先候補に浮上していたが、前述した3点セットがネックとなり交渉は暗礁に。ルーニーの代わりにアヤックスからオランダ代表MFデイヴィ・クラーセンを獲得し、スウォンジー・シティのアイスランド代表MFギルフィ・シグルズソンをターゲットにしている。

    そして、“爆買い”の噂が囁かれていた中国クラブも、中国政府が外国籍選手の補強に100%の税金をかけることを発表したため、ルーニー熱が冷めているという。イングランド代表でもギャレス・サウスゲイト監督から招集されていない31歳の英雄ストライカーは今、危機的状況に直面している。

    6/24(土) 10:41配信 サッカーマガジンZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170624-00010004-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Marine look ★@\(^o^)/:2017/06/21(水) 11:44:25.72 ID:CAP_USER9.net
    【AFP=時事】(更新)サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)のジョゼ・モウリーニョ(Jose Mourinho)監督(54)が20日、スペイン検察当局に脱税の罪で起訴された。スペイン1部リーグのレアル・マドリード(Real Madrid)の監督を務めていた際に、330万ユーロ(約4億1000万円)の納税を怠ったとされる。

    モウリーニョ監督がレアル・マドリードを指揮していたのは2010~13年。検察当局が出した声明には、同監督が「2件の所得税法違反」の罪に問われていると記されている。

    当局によると、昨年マンチェスター・ユナイテッドを引き継いだモウリーニョ監督は、2011年に160万ユーロ(約2億円)、2012年に170万ユーロ(約2億1000万円)の所得申告漏れがあったという。

    レアル・マドリードではスター選手のクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)も、租税回避地を通して1470万ユーロ(約18億2000万円)を脱税した罪に問われており、20日には来月31日に出廷を命じられたことが明らかになった。

    ロナウドとモウリーニョ監督はいずれも、サッカー界の著名エージェント、ホルヘ・メンデス(Jorge Mendes)氏を代理人に立てている。メンデス氏も今月27日、スペインの首都マドリード(Madrid)近郊のポスエロデアラルコン(Pozuelo de Alarcon)の裁判所へ出廷するよう命令を受けている。

    サッカーに関する内部告発サイト「フットボール・リークス(Football Leaks)」では、メンデス氏が顧客らに支払われる肖像権収入からの納税を回避するため用いていたとされる手法が公開されている。

    メディアコンソーシアムの「ヨーロピアン・インベスティゲーティブ・コラボレーションズ(EIC)」は、ペーパーカンパニーやオフショア口座を悪用した所得申告漏れが1億8500万ユーロ(約230億円)に上ると指摘している。【翻訳編集】 AFPBB News
    2017-06-21_12h59_13
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00000000-jij_afp-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ