海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:プレミアリーグ > マンU


    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/04/28(金) 07:41:49.88 ID:CAP_USER9
    プレミアリーグ第26節延期分が27日に行われ、マンチェスター・Cとマンチェスター・Uが対戦した。

    4位マンチェスター・Cが5位マンチェスター・Uをホームに迎えての“マンチェスター・ダービー”。両者の勝ち点差はわずかに「1」と、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を争う上で負けられない一戦となる。

    前半はマンチェスター・Cがボールを保持して主導権を握ったが、先制点を奪うことはできず、スコアレスで折り返した。

    後半に入ってもマンチェスター・Cのペースは変わらず、終始押し込む展開となったが、なかなか決定機を作り出すことができない。84分にはマンチェスター・Uのマルアン・フェライニが退場となり、マンチェスター・Cが数的優位に立つ。

    マンチェスター・Cは86分にラヒーム・スターリング下げて、ケガ明けのガブリエウ・ジェズスを投入。すると後半アディショナルタイム1分、セルヒオ・アグエロのクロスにG・ジェズスが頭で合わせ、ゴールネットを揺らす。しかし、惜しくもオフサイドの判定でノーゴールとなった。

    その後は6分間のアディショナルタイムでもゴールが生まれず、試合は0-0で終了。互いに譲らず、勝ち点1を分け合うこととなった。

    次節、マンチェスター・Cは30日にアウェイでミドルスブラと、マンチェスター・Uは同日にホームでスウォンジーと対戦する。

    【スコア】
    マンチェスター・C 0-0 マンチェスター・U
    2017-04-28_08h26_34
    SOCCER KING 4/28(金) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00581126-soccerk-socc

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/17(月) 10:28:44.70 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】
    マンチェスター・U 2-0 チェルシー

    【得点者】
    1-0 7分 マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)
    2-0 49分 アンデル・エレーラ(マンチェスター・U)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10927905

    ■守備面で相手を上回ったマンUが意地の白星!

    流れを引き寄せる先制ゴールを決めたラッシュフォード。この日はドリブルで仕掛けるシーンを幾度となくみられた。 (C) Getty Images拡大写真

    現地時間4月16日、オールド・トラフォードでプレミアリーグ33節のマンチェスター・U対チェルシーが開催された。
     
    ホームのマンチェスター・Uは、イブラヒモビッチとムヒタリアンという攻撃の軸となる2人がベンチスタート。布陣も3-5-2にして臨んだ。最前線にはラッシュフォードとリンガードが並び、そしてゴールマウスには、臀部に問題を抱えて休養していた守護神のデ・ヘアが復帰を果たした。
     
    一方、首位を快走するチェルシーは、守護神のクルトワが足首の負傷により欠場。それによってベゴビッチが今シーズンリーグ戦初出場を飾った。また、試合前の練習でM・アロンソが怪我を負ったためにアスピリクエタを右WBに配置。3バックの一角にはズマが入った。
     
    試合は開始早々にマンチェスター・Uがカウンターから先制に成功する。7分、自陣でマティッチからハンド気味にボールをカットしたアンデルが前線にスルーパスを供給。これに反応したラッシュフォードが相手GKとの1対1を制して、冷静にネットを揺らした。
     
    立ち上がりに失点を喫してしまったチェルシーは、自陣に人数を割くマンチェスター・Uの堅牢を打開するのに手こずると、逆にカウンターから16分にヤング、23分にラッシュフォードと決定機を作られてしまう。
     
    アザールがアンデルのマンマークに苦しみ、攻撃にテンポが生まれなかったため、アウェーチームは悪い流れを脱せない時間帯が続いた。
     
    マンチェスター・Uも守備では上々のパフォーマンスを披露したが、攻撃ではほとんど良い場面はなし。試合は双方に得点も決定機も数多く生まれないなかで、ハーフタイムを迎えた。
     
    互いの総シュート数が5本と手堅い展開となった試合は、前半と同様にマンチェスター・Uが後半開始早々に得点を奪う。
     
    49分、左サイドからペナルティーエリア内にヤングが侵入。これはチェルシーDF陣に止められるも、ルーズとなったボールをアンデルが直接シュート。この強烈な一撃がズマに当たってゴールへと吸い込まれたのだ。
     
    2点のビハインドを背負ったチェルシーの指揮官コンテは、54分にモーゼスに代えてセスクを投入し、同時に布陣を4-2-3-1に変更する。60分にはそのセスクからのロブパスに反応したペドロが惜しいシュートを放つなどペースを掴みかける。
     
    その相手の変化を見たモウリーニョは、60分にリンガードに代えてキャリックをピッチに送り出し、布陣を4-1-4-1に変更。その直後の61分にはキャリックの楔のパスを受けたラッシュフォードがサイドネットをかすめるシュートを見舞った。
     
    両指揮官の駆け引きによって魅力の増した試合は、残り時間が15分を切ったところで追い上げるチェルシーが攻勢を強め、ボールを支配する。マンチェスター・Uは攻撃をラッシュフォードのスピードに託す他なく、守勢に回されてしまう。
     
    前掛かりになるチェルシーだったが、局面で相手DFとのデュエルにことごとく敗れ、自慢の3トップも最後まで鳴りを潜め、万事休す。試合は守備面で上回ったマンチェスター・Uが2-0で勝利した。
     
    かつての指揮官モウリーニョの采配と相手の執拗な守りに屈したコンテのチェルシー。これで2位トッテナムの勝点差が4に縮まってしまった。
     
    一方、チェルシーから2012年の10月以来となる白星を飾ったマンチェスター・U。モウリーニョにとっても古巣に公式戦2連敗を屈していただけに、意地の1勝を飾ったと言えるだろう。
     
    SOCCER DIGEST Web 4/17(月) 2:17配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170417-00024678-sdigestw-soc

    マンU、エレーラの1得点1アシストで首位撃破! チェルシーは2位トッテナムと4差に
    2017-04-17_11h17_13
    SOCCER KING 4/17(月)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00576909-soccerk-socc

    順位表
    http://www.jsports.co.jp/football/premier/ranking/?utm_content=buffer40e0b&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer
    続きを読む

    1:@Egg ★@\(^o^)/(★):2017/04/13(木) 14:51:45.64 ID:CAP_USER9.net
    昨夏、ユヴェントスから1億500万ユーロ(約126億円)といわれる“史上最高額”の移籍金で、古巣であるマンチェスター・Uに復帰したフランス代表MFポール・ポグバのパフォーマンスに対し、ファンから不満が噴出している。

    その不満の声に対して、ポグバ自身がコメントを残した。イギリス紙『デイリーメール』が12日に伝えている。

    「みんなは僕のパフォーマンスを見て、ゴールを決めていないと判断している。たぶん僕がきっちりとゴールを決めていたら、みんなそのことについて言及しないんだろう」と批判を受け止めながらも

    「移籍金については忘れたほうがいい。それは過去のことだし、移籍は移籍。ピッチでプレーすることとは別の話だ」と強調。常に移籍金の金額ばかりが注目され、パフォーマンスと比較されることについての不満を露わにした。

    「みんな僕がゴールを決めなければならないと思っている。だけど僕の仕事はMFとしてアシストをすることだ。たとえ僕がアシストをしても、誰もそれについては語ってくれないけどね。

    それでもチームを勝たせることができれば、僕はしっかりとその役目を果たすつもりだよ。僕たちは勝利のために努力し続け、トップ4に入るために頑張っている」。

    ポグバはプレミアリーグ第32節を終え、27試合に出場して4ゴール、3アシストを記録。マンチェスター・Uは13日、UEFAヨーロッパリーグ準々決勝ファーストレグでアンデルレヒトとアウェイで対戦する。

    サッカーキング
    https://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20170413/575562.html?cx_top=topix

    写真


    ポグバ「ゴール数や移籍金じゃない」 マンチェスター・ユナイテッド日本語公式
    http://www.manutd.jp/ja-JP/NewsAndFeatures/FootballNews/2017/Apr/POGBA-DONT-JUDGE-ME-ON-FEE-OR-GOALS.aspx

    プロフィール
    http://www.manutd.jp/ja-JP/PlayerAndStaff/FirstTeamLandingPage/Paul-Pogba.aspx
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/11(火) 16:01:03.84 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・Uは、サンダーランドへレンタル移籍中のベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイを完全売却するのではないかと、11日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

    今シーズンはサンダーランドへ1年間のレンタル移籍をしているヤヌザイだが、所属元のマンチェスター・Uとの契約は残り1年となっている。

    サンダーランドで活躍して今夏にマンチェスター・Uに復帰したいところだったが、ここまではリーグ戦で21試合に出場、0得点3アシストとあまり結果を残せていない。この様子を受けて、マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督は今夏の売却を考え始めたようだ。

    ヤヌザイには、フランスやイタリア、ドイツから関心が持たれているが、マンチェスター・Uのファーストチームでプレーするほどのレベルには達していないと判断されているようだ。

    同選手は2月に22歳となったばかりだが、これまでプレミアリーグでは71試合に出場、5ゴール7アシストを記録。ベルギー代表には2014年7月にデビュー、これまで6試合に出場している。

    SOCCER KING 4/11(火) 11:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-00574653-soccerk-socc

    写真
    続きを読む

    1:ホイミン ★@\(^o^)/:2017/04/07(金) 22:05:28.59 ID:CAP_USER9.net
    現在マンチェスター・ユナイテッドが興味を示しているアトレティコ・マドリードFWアントワーヌ・グリーズマンは、ここ数シーズンでワールドクラスのFWへと成長した。マンUだけでなく他の強豪クラブが興味を示すのも当然で、以前からグリーズマンはビッグクラブに向かうのではないかと言われてきた。

    しかし、アトレティコよりも実力で上回るチームがどれほど存在するだろうか。英『Daily Mail』によると、元フランス代表のユーリ・ジョルカエフ氏はアトレティコが少しばかり過小評価されているとコメント。アトレティコからマンUへの移籍は必ずしもステップアップになるとは考えていないようだ。

    「人々はアトレティコが他のビッグクラブより劣ると思っている。しかし、アトレティコはここ3シーズンで2度もチャンピオンズリーグの決勝に到達しているし、彼らはリーガ・エスパニョーラにコパ・デル・レイも獲った。彼らは多くのトロフィーを獲得したし、同様に何度もファイナルに達した。チャンピオンズリーグが欠けているだけだろう」

    確かにアトレティコはやや過小評価されているところがあり、真のビッグクラブとカウントされていないようにも思える。し かしグリーズマンに興味を示すマンUと比べても、近年は明らかにアトレティコの方が良い成績を残している。資金面などではビッグクラブと戦えないところはあるだろうが、実力で見るならマンUへの移籍は決してステップアップとは言えないはずだ。
    GettyImages-664608414-compressor-2
    https://www.theworldmagazine.jp/20170407/01world/spain/123640
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/04/06(木) 12:48:18.40 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョは、前任者であるルイ・ファン・ハールが1年目に残した成績を下回っているようだ。

    マンチェスター・Uは4日、プレミアリーグ第29節でエヴァートンと対戦し1-1で引き分けた。試合終了間際にズラタン・イブラヒモビッチがPKを決めてなんとか勝ち点1を手に入れている。

    2016-17シーズン、マンチェスター・Uは14勝12分け3敗の成績を残している。勝ち点は54となっており、2014-15シーズンにクラブを4位に導いたファン・ハールよりも、29試合を終えた時点で比べると2ポイント少ない。

    マンチェスター・Uは現時点で6位とこのままではチャンピオンズリーグ出場権を獲得できない。4位のマンチェスター・シティとは勝ち点差が4となっており厳しい戦いが続く。シーズン残り9試合でモウリーニョはどこまで順位を上昇させられるだろうか。
    2017-04-06_16h31_59
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000006-goal-socc
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/04/04(火) 17:21:25.36 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・Uに所属するスペイン代表MFフアン・マタがイギリスでの食生活について語り、同国の伝統料理の1つであるフィッシュ・アンド・チップスが未だに苦手であることを明かした。イギリス紙『デイリー・メール』が3日付で伝えている。

    2011年夏にバレンシアからチェルシーに移籍し、2014年1月にマンチェスター・Uに加入したマタは、イングランドでの生活は今年で6年目となる。スペイン北部のオビエドで育った同選手にとって、初の国外移籍はプレー面だけでなく、日常生活においても大きな不安を伴っていたようだ。

    スポーツソーシャルメディア『キッカ』のインタビューで「あまりにみんなが悪く言うものだから、イングランドの食べ物については来る前から全く期待していなかった。でもいろいろトライしてみた結果、僕の口にはとても合った。いい意味で期待を裏切られたよ」と予想に反して自身がイングランドの食文化に溶け込めたことを明かしたマタ。しかしその一方で、「フィッシュ・アンド・チップスだけは好きじゃない。有名な料理だけど、脂っこすぎる」と全てが好きなわけでなく、“例外”があることも正直に語っている。

    休日には街中のパブに出かけ家庭料理を楽しむのが好きだといい、イングランドの食文化には何の文句も付けられないというマタ。長年に渡って外国で成功を収めるためには、その国で過ごす日常への適応が最も重要なのかもしれない。
    2017-04-04_18h08_33
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00571791-soccerk-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/03/26(日) 20:20:06.44 ID:CAP_USER9.net
    モナコのFWキリアン・ムバッペが、18歳95日でフランス代表デビューを飾った。

    フランス代表は現地時間25日、ワールドカップ欧州予選でルクセンブルクと対戦し、3-1の勝利を収めている。この試合の78分にビッグクラブが注目するムバッペが途中出場でA代表デビューを果たした。

    ムバッペはリーグアンのモナコでゴールを量産中の若手で、元同国代表のティエリ・アンリ氏と比較されることがしばしばだ。今回初めてA代表に招集されると、早速出場の機会を与えられている。

    驚異的なスピードで一流選手への階段を上っているムバッペ。18歳と95日でのデビューは、フランス代表にとって1955年以降最年少とのこと。『opta』によると、1955年にマリャン・ウィスニウスキ氏が18歳と61日で代表デビューを飾っている。

    ムバッペにはレアル・マドリー、パリ・サンジェルマン、チェルシー、アーセナルといったビッグクラブが関心を示している模様だが、英『サンデー・エクスプレス』はマンチェスター・ユナイテッドが争奪戦をリードしていると伝えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170326-00010018-footballc-socc
    フットボールチャンネル 3/26(日) 16:00配信




    【アンリ2世】若き才能、キリアン・ムバッペ、プレー集
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/21(火) 16:19:08.40 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドの元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガー(32)が、米MLSシカゴ・ファイヤーへの移籍が完了したと、21日付の米シカゴ・トリビューン電子版が報じた。

    15年夏にバイエルン・ミュンヘンから加入したシュバインシュタイガーは今季、モウリーニョ監督の下、リーグ戦では出場機会を得られず。FA杯2試合、リーグ杯1試合、欧州リーグ1試合の計4試合の出場にとどまっている。

    ベンチ入りですらできない現状が続いている同選手は移籍について「自分のキャリアを一貫して、常にポジティブなインパクトを得られる機会や、偉大なことを達成に向けて、手助けできる機会を探してきた。今回のシカゴ・ファイヤーへの移籍も同様です。

    ロドリゲスGMや、パウノビッチ監督との話し合いで、私はクラブのビジョンや哲学を確信している。私は彼らのプロジェクトを助けたいと思っています」と話したという。契約は1年契約。来週にビザの申請とメディカルチェックを行うと報じた。

    また、ロドリゲスGMはシュバインシュタイガーの獲得について「ありとあらゆるすべてのレベルで勝利してきた選手を獲得した。それに我々の価値観と一致している選手をね」と歓迎した。
    2017-03-21_19h29_43
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-01795610-nksports-socc
    続きを読む

    1:イセモル ★@\(^o^)/:2017/03/17(金) 14:49:28.94 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、もっと早くクラブの監督に就任していれば、アンヘル・ディ・マリアやハビエル・エルナンデスを放出しなかったと『BBC』で語っている。

    2014年に高額な移籍金でオールド・トラッフォードにやって来たディ・マリアは、一時は活躍を見せていたものの、ルイ・ファン・ハール前監督の信頼を得られず、加入からわずか1年でパリ・サンジェルマンへと去っていった。しかしモウリーニョ監督は、1年足らずでアルゼンチン代表MFを売却した判断は浅はかだったと語った。

    「最初にここに来た時、哀れなクラブだと思った。マンチェスター・ユナイテッドは私なら売却しなかった選手たちを売ってしまっていたんだ。それに私なら獲得しない選手を買っていた。私ならディ・マリア、チチャリートとダニー・ウェルベックを売却しなかった」

    さらに“スペシャル・ワン”は、ユナイテッドがチャンピオンズリーグに出場するしないにかかわらず、トップ選手を魅了できるだけのビッグクラブだと話した。

    2017-03-17_15h22_36
    以下略で送りしております。
    全文は下記引用元よりご覧ください|ω・)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000036-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ