海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:プレミアリーグ > マンU

    20170219-00553768-soccerk-000-1-view

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/20(月) 13:30:32.06 ID:CAP_USER9.net
    2017年2月19日、参考消息網によると、マンチェスター・ユナイテッドのFWウェイン・ルーニーが、中国の移籍市場が閉まる2月28日までに、中国スーパーリーグのクラブに移籍する可能性があると報じられている。

    英紙デイリー・テレグラフ(電子版)は18日、「ルーニーを追いかけるいくつかの中国クラブは、移籍市場が閉まる前に、ユナイテッドと契約を結ぶチャンスがあると考えている」と伝えている。

    同紙によると、ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、ルーニーがオールド・トラッフォードに留まることを示唆している。だが昨年12月中旬からリーグ戦で一度もスタメン出場していないルーニーは、10日以内に中国クラブからの最低でも3200万ポンド(約45億円)のオファーに応じる可能性もあるという。

    移籍先の候補として名前が挙がっているのは、昨夏に獲得を試みて失敗している北京国安と、リーグ6連覇中の広州恒大だ。(翻訳・編集/柳川)

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12697185/
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/13(月) 17:08:46.42 ID:CAP_USER9.net
    空前絶後の“華麗で美しいゴール”とは言えないかもしれない。しかしこの日、バスティアン・シュバインシュタイガーが決めたゴールは、ここ数試合のマンチェスター・ユナイテッドの試合の中で、間違いなく最も暖かく歓迎されたゴールだった。

    FAカップの4回戦、ユナイテッドはウィガンと戦い、4?0で勝利した。そのうちの1点が、シュバイニーのゴールだった。

    この日、シュバインシュタイガーが先発でピッチに立ったのは、昨年1月以来386日ぶり。ジョゼ・モウリーニョ監督の構想から外れ、ケガにも苦しみやっとの思いで手に入れたチャンスであった。そして、彼はそれを確実にモノにしたのだ。

    この“復活劇”までの道のりは長かった。32歳のシュバインシュタイガーにとって2016?17年シーズンのスタートは歯がゆいものだったに違いない。監督によってトップチームからは外された。ファンの間でも「ユナイテッドにシュバインシュタイガーは不要だ」とでもいうような雰囲気が流れていた。彼自身もそれを認めていたのかもしれない。シュバインシュタイガーは「これがヨーロッパでサッカーをする最後かもしれない」と述べていた。

    しかしだからと言って彼は一切の文句を言わなかった。トップチームの練習から降ろされることは一流選手にとっては屈辱であろう。しかしシュバインシュタイガーはユースチームに交じりながら練習に熱心に取り組んだ。さらに一人での練習を余儀なくされても、心の奥にはメラメラと野心をみなぎらせ、黙々とモウリーニョ監督が再び自分を使う日を信じて待っていたのだ。

    その成果が実ったのが、この日のウィガン戦である。ここでシュバインシュタイガーの奮闘がついに示されたのだ。

    この日のユナイテッドは辛抱強くゲームを組み立てていた。まず44分に右サイドから敵陣深くに攻めこんだシュバインシュタイガーのクロスをマルアン・フェライニが頭で合わせて先制した。その後、クリス・スモーリングが2点目を、ヘンリク・ムヒタリアンが3点目を決めて試合を決定づけていた。

    そして81分。ついにその瞬間はやってきた。ウェイン・ルーニーの右からのコーナーキックをアンデル・エレーラがヘッドでつなぐと、それを見事にシュバインシュタイガーがゴールに突き刺したのだ。結果は4?0でユナイテッドの勝利。シュバインシュタイガーはたった1試合で、1ゴールと1アシストという見事な実績を残したのである。

    もちろん、今回結果を残したからといって「シュバイニーが定期的に起用されるようになる」と判断はできないし、楽観視することもできない。モウリーニョはシビアな監督であり、特に大舞台でシュバイニーが起用される可能性は今なお低いと言わざるをえないだろう。

    もっとも、シュバインシュタイガーにとって歓迎すべき状況もある。例えば試合日程がタイトに組まれていることだ。明らかに選手層の厚さが重要になり、出場機会が増える可能性は大いにありえる。プレミアリーグや決勝に進出したEFLカップに加え、FAカップ、そしてヨーロッパリーグでも勝ち残っているのだから。

    彼はかつてドイツをワールドカップ優勝に導き、たくさんの人々に惜しまれながらミュンヘンからユナイテッドにやってきたスターである。そんなスターにとって、ユースチームとの練習を強いられたことや、すっかり忘れ去られたような扱いであったことはどれほど辛かったであろうか。

    ただ、シュバインシュタイガーはきっと自らが復活する日を一番信じていたのかもしれない。少なくとも、この試合で我々は彼がまだスターであり続けていることを目の当たりにした。シュバインシュタイガーの復活劇は、まだ幕を開けたばかりだ。

    文=クリス・ヴォークス/Kris Voakes
    2017-02-13_22h27_53
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00000017-goal-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/09(木) 17:47:39.76 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・Uに所属するアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンがジョゼ・モウリーニョ監督からレギュラーポジションを託された背景には、突出したパスセンスに加え、7カ国語を操るコミュニケーション能力が存在していたようだ。8日付のイギリス紙『サン』が伝えている。

    5日に行われたプレミアリーグ第24節レスター戦で、今シーズンの公式戦5ゴール目を決めたムヒタリアン。今ではモウリーニョ監督からも絶大な信頼を置かれているが、ドルトムントから加入したばかりのシーズン序盤は決して順風満帆ではなかった。

    9月にホームで行われたマンチェスター・Cとのダービーマッチで初の先発出場を果たすも、プレーに精彩を欠いてハーフタイムに屈辱の交代を命じられた同選手。悪夢のような先発デビューの後は、2カ月ほどベンチ入りさえできない日々が続いたが、12月26日に行われた第18節サンダーランド戦でアクロバティックなゴールを決めてサポーターの心をつかんだ。

    そんなムヒタリアンは、前所属のドルトムント時代から類まれなるパスセンスの持ち主であることは知られていたが、人並外れた語学力も持ち合わせていたようだ。母国語のアルメニア語に加えて、ロシア語、英語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語が堪能。さらにイタリア語も少し話せるという。通訳を介さずにコミュニケーションを取れることが、ピッチの内外で大きくプラスに作用したことは想像に難くない。

    クラブ、そしてマンチェスターという街そのものの偉大な歴史に魅かれてイングランドへとやってきたムヒタリアン。「マンチェスター・Uは唯一無二のクラブ」と話し、「その偉大なクラブの歴史の一部となる為、常に準備をし、トップフォームを維持するよう努めること」を、心がけているという。

    同選手は毎朝8時に練習場に到着し、従業員への挨拶も欠かさないという。ハイレベルな語学力とプロフェッショナルな姿勢を武器に、マンチェスター・Uをトップ4に導けるだろうか。
    2017-02-09_18h54_11
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-00550712-soccerk-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/06(月) 18:00:19.74 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・Uは来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できなければ、およそ8500万ポンド(約119億円)の収入を失うことになるようだ。5日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

    マンチェスター・Uは、ユニフォームサプライヤーであるアディダス社と2015-16シーズンからの10年間で総額7億5000万ポンド(約1053億円)を受け取る契約を結んでいる。今シーズンはその2年目に当たるが、もし2シーズン続けてCL出場権を逃した場合には、年間契約料のおよそ30パーセントに当たる2250万ポンド(約3160万円)が減額されるという。その上、CLに出場できなければ、テレビ放映権料の分配金と賞金も失うことになり、トータルで8500万ポンド(約119億円)近くの収入減になるようだ。

    昨シーズンのプレミアリーグで5位に終わったマンチェスター・Uは、今シーズンに向けて元チェルシー指揮官のジョゼ・モウリーニョ氏を新監督として招へい。さらに、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチや、フランス代表MFポール・ポグバといったスター選手を次々に獲得し、大型補強を敢行した。しかし、今シーズンもプレミアリーグ第24節を終えた時点で、CL出場権が与えられる4位と勝ち点2差の6位に甘んじている。

    まだ多くの試合が残されているとはいえ、CL出場権の喪失はクラブ経営にとっても大きな痛手となる。果たして、“赤い悪魔”はここから巻き返すことができるだろうか。
    2017-02-06_19h09_23
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00549877-soccerk-socc
    続きを読む


    GettyImages-629393106
    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/02(木) 18:36:59.05 ID:CAP_USER9.net
    サッカーのスペイン1部、アトレチコ・マドリード、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが来季、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)への移籍することが決まったという。2日のスペイン紙マルカなどが伝えた。

    グリーズマンは同国代表のチームメイト、MFポグバと同じく1770万ユーロ(約21億5000万円)の年棒を受け取ることになるという。クラブ間交渉はこれからだが、グリーズマンとアトレチコは2021年までの契約を結んでおり、移籍金は1億ユーロ(約121億6000万円)になるとみられている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170202-00000097-dal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/27(金) 09:40:09.29 ID:CAP_USER9.net
    ■世界屈指の司令塔として評価を得ていた名手もプレミアの水に馴染めず…
     
    マンチェスター・ユナイテッドは20日、伝統のエースナンバー「7」を継承したオランダ代表FWメンフィス・デパイをリヨンへ放出した。大きな期待を背負ったものの、失格の烙印を押されてわずか1年半でクラブを去っている。

    ユナイテッドという世界屈指のビッグクラブには、多くの成功者がいる一方で、それと同じ、あるいはそれ以上に多くの選手が挫折を味わってきた。英紙「デイリー・メール」は“赤い悪魔”で失敗に終わった歴代の選手をトップ10のランキング形式で紹介している。

    10位は2009年の冬にCSKAモスクワから獲得したセルビア代表MFゾラン・トシッチ。左利きのサイドアタッカーということでライアン・ギグスの後継者と見られていたが、わずか5試合しかチャンスを得られなかった。1年後にはケルンへ期限付き移籍し、さらに半年後に古巣CSKAへ帰還している。

    9位はラツィオでセリエA優勝経験のある名手MFフアン・セバスティアン・ベロン。ユナイテッドには2001年に加入。当時から世界屈指の司令塔としての評価を得ていたが、プレミアリーグの水には馴染めず。03年にロマン・アブラモビッチ会長の下で大型補強を進めるチェルシーへ移籍した。

    ■名波と共闘したGKは4試合で11失点
     
    8位は昨年末にイングランド代表からコートジボワール代表へ国籍変更して話題となったMFウィルフレッド・ザハ。13年に勇退したサー・アレックス・ファーガソン元監督の体制下で最後の補強としてユナイテッド入り。しかし、真価を発揮できずに現在は古巣クリスタル・パレスへ戻ってプレーしている。

    7位は元ブラジル代表MFクレベルソン。02年の日韓ワールドカップ優勝メンバーで、03年にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現レアル・マドリード)と同時期に加入。しかし、全くインパクトは残せなかった。

    6位は元イタリア人GKマッシモ・タイービ。名門ACミランでもプレー経験があり、1998-99シーズンにはヴェネツィアで名波浩(現ジュビロ磐田監督)ともわずかに共闘。その後、ユナイテッドに移籍した。しかし、出場はたったの4試合だけでクリーンシートは一度もなく、11失点を許した。

    5位はアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア。2014年、欧州王者レアルから当時のイングランド史上最高額となる5970万ポンド(約85億円)で加入。マンチェスターにある自宅に強盗に入られるなど環境への適応に苦しみ、ピッチ上でも力を発揮できなかった。1年後にパリ・サンジェルマンへ渡った。

    >>2以降につづく
    united-738x490
    Football ZONE web 1/26(木) 20:22配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170126-00010018-soccermzw-socc&p=2
    続きを読む

    C3BNZTKUoAAgVH5
    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/26(木) 20:29:08.49 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、26日に行われるイングランド、EFLカップ準決勝ハル・シティ対マンチェスター・U戦を前に記者会見で新ヘアスタイルを披露し、自身の髪の毛の再生力をアピールした。

    坊主頭で登場して周囲を驚かせたモウリーニョは、自身のヘアスタイルが選ばれた者にしかできない特別な髪型であると持論を主張した。

    「この髪型にできるのは特権なんだ。私にはそれができる。1カ月も経てばまた新しい髪が生えてくるからね。ここにいる何人かはできないだろう(笑)」

    坊主頭を自慢したモウリーニョは記者会見を終えると、薄毛の記者とハイタッチをして退席したと伝えられている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170126-00000129-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/19(木) 14:11:23.71 ID:CAP_USER9.net
    監査法人デロイト・スポーツビジネスグループは、2016年のクラブ収益ランキングを発表した。

    昨年まで11年間にわたってトップを維持していたのはレアル・マドリーだったが、ついに王座から陥落。サッカー界の史上最高額を更新する収益6億8900万ユーロ(約839億円)を記録したマンチェスター・ユナイテッドが12年ぶりに収益世界一のクラブに返り咲いた。

    バルセロナは2位で変わらず。マドリーは宿敵にも僅差で抜かれて3位に後退している。

    パリ・サンジェルマンは4位から6位へと2つ順位を下げ、バイエルン・ミュンヘンとマンチェスター・シティがそれぞれ1ランクアップ。7位から12位までの順位には昨年から変動がなかった。

    20位までのランキング中、プレミアリーグ勢が最多の8クラブを占め、昨季王者のレスター・シティも圏外から20位へ浮上。

    いわゆる欧州5大リーグ以外ではロシアのゼニト・サンクトペテルブルクが唯一17位に入っている。

    トップ20のクラブと2016年の収益は以下の通り。

    1位.マンチェスター・ユナイテッド/6億8900万ユーロ(約839億円)
    2位.バルセロナ/6億2020万ユーロ(約755億円)
    3位.レアル・マドリー/6億2010万ユーロ(約755億円)
    4位.バイエルン/5億9200万ユーロ(約721億円)
    5位.マンチェスター・シティ/5億2490万ユーロ(約639億円)
    6位.パリ・サンジェルマン/5億2090万ユーロ(約634億円)
    7位.アーセナル/4億6850万ユーロ(約571億円)
    8位.チェルシー/4億4740万ユーロ(約545億円)
    9位.リバプール/4億0380万ユーロ(約492億円)
    10位.ユベントス/3億4110万ユーロ(約415億円)
    11位.ドルトムント/2億8390万ユーロ(約346億円)
    12位.トッテナム/2億7970万ユーロ(約341億円)
    13位.アトレティコ・マドリー/2億2860万ユーロ(約278億円)
    14位.シャルケ/2億1970万ユーロ(約268億円)
    15位.ローマ/2億1820万ユーロ(約266億円)
    16位.ミラン/2億1470万ユーロ(約261億円)
    17位.ゼニト/1億9650万ユーロ(約239億円)
    18位.ウェストハム/1億9230万ユーロ(約234億円)
    19位.インテル/1億7920万ユーロ(約218億円)
    20位.レスター/1億7210万ユーロ(約210億円)
    20170119_united_getty
    フットボールチャンネル 1/19(木) 12:15配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170119-00010016-footballc-socc

    デロイト・スポーツビジネスグループ
    https://www2.deloitte.com/uk/en/pages/sports-business-group/articles/deloitte-football-money-league.html
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/18(水) 17:02:24.65 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスターU(イングランド)とアトレティコ・マドリー(スペイン)が、FWアントワーヌ・グリーズマン(25)の移籍について、移籍金やサラリー、新天地での背番号などの条件面で口頭合意に至ったようだ。英『インデペンデント』紙が現地時間18日に伝えている。

    『インデペンデント』によると、マンUは今夏のグリーズマン獲得を目指し、代理人らと数カ月にわたり交渉中。25歳のフランス代表FWは移籍に非常に前向きで、代表のチームメイトであるMFポール・ポグバの存在もそれを後押ししているという。すでに週給や背番号など基本的な条件については合意に至ったとのこと。同紙は、グリーズマン獲得のため、マンUは1億ユーロ(約121億円)の契約解除金を支払う必要があるだろうと報じている。

    ただし、アトレティコがFIFA(国際サッカー連盟)から補強禁止処分を受けていることが、この移籍話を複雑化させている。アトレティコはこの処分についてCAS(スポーツ仲裁裁判所)に提訴しており、その結果次第で夏に新戦力を加えられるかが決まる。

    仮に補強禁止処分が覆らなければ、グリーズマンの売却に難色を示すと考えられる。一方で、補強が可能となった場合、グリーズマンの代役としてチェルシー(イングランド)FWジエゴ・コスタの復帰に向けて動くとみられている。
    2017-01-18_19h13_06
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170118-00000016-ism-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/17(火) 20:25:26.13 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表のMFポール・ポグバがレアル・マドリーやバルセロナへの移籍の可能性があったことを、フランスメディア『SFR』のインタビューで明かした。

    ポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウドが所属するレアル・マドリーや、アルゼンチンの天才、FWリオネル・メッシやブラジル代表のFWネイマールが所属するバルセロナへの移籍の可能性があったものの、ポグバはユナイテッドへの愛を貫き、加入を決断した。

    「バルセロナやレアル・マドリーとも契約することはできたが、僕はハートでユナイテッドへ来ることを選んだんだ」

    今冬の移籍市場では、中国スーパーリーグのクラブによる爆買いが相次ぎ、トップ選手が「お金」のために移籍を決断している。ポグバはその路線とは一線を画す。

    「このユニフォームでタイトルを勝ち取りたい。僕がここへ来たのはお金のためではなく、ここでサッカーをしたいからなんだ」

    2012年から4年間、セリエAのユヴェントスでプレーしている間も、ユナイテッドのことを忘れなかった。

    「ここへまた戻ってくるって自分自身に言い聞かせていた。僕が大好きなチームだし、ユナイテッドのおかげで、今の自分のキャリアがある。ここに来たのは自分自身の目標があるからだ。僕にとって大きな挑戦となる」

    ポグバは大好きなユナイテッドで、タイトルを獲得し、世界一を目指すことを誓った。
    2017-01-17_22h44_28
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000008-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ