海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:プレミアリーグ > マンU

    1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/11/05(木) 18:43:56.72 _USER9
    11/5(木) 16:51
    スポーツ報知

    「お粗末」「草サッカー」マンチェスターUに酷評集中 
    ゴールを決めたバシャクシェヒルのデンバ・バ(ロイター)
    欧州CLグループ戦第3節 イスタンブール・バシャクシェヒル2-1マンチェスター・U

    衝撃のシーンは前半13分に起こった。その直前、先制点を狙ってイスタンブール・バシャクシェヒル陣営に攻め込んでいたのはマンチェスターUの方だった。しかしワン・ビッサカが右サイドから放ったクロスをブロックされ、大きくクリアされると、その先にいたのがデンバ・バ。全くノーマークだった。

    元チェルシーの35歳FWがハーフラインでロングボールを胸トラップして足元に収めると、そのまま誰にも阻まれることなく独走。GKがボールとの距離を詰めようと飛び出してきたが、その動きを見たデンバ・バはPAラインのやや手前から落ち着いて右足を振り抜き、無人のゴールの右隅に悠々と先制点を決めた。

    この後、前半40分にバシャクシェヒルのビスカが2点目を奪うと、その3分後の同43分にマンチェスターUはマルシャルのヘディングで1点を返して追いすがるが、後半は両軍ともにノーゴールで終了。2-1のスコアのままホーム・チームが逃げ切った。

    初戦でパリSGをアウェイで2-1撃破して、第2戦はホームでライプツィヒを5-0で完全粉砕。そこでグループ最弱と見られ、アウェイ戦とはいえ、ここまで2連敗のバシャクシェヒル相手に楽勝が期待されていた第3戦。しかし結果はボーンヘッドと言うしかないずさんな守備で先制点を奪われて、そのままずるずる惨めな敗戦を喫した。

    試合後、試合を生中継していたBTスポーツの解説者として陣取っていたのマンチェスターU有力OBが最大の敗因として焦点を当てたのもこの先制点だった。

    「まるでU-10(10歳以下のチーム)の恥ずべき守り。あの(デンバ・バ)のゴールはコミカル(お粗末)でお笑い種と言うしかない」

    そう語ったのは元イングランド代表MFのポール・スコールズ氏。また元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏は「ハックニー・マーシズ(東ロンドンの草サッカーのメッカ)でも見られないようなプレー。守備はどこに行った?完全にクレイジーだ」と続いて、古巣の守備を嘆いた。

    さらにはスールシャール監督本人も「このレベルであのようなゴールは見られるものではない。あんなに簡単に点を取られるのは許されない。あのようなゴールを許せば勝利は遠ざかる」と語り、デンバ・バの先制点には全くお手上げのコメント。指揮官として言い訳もできず、白旗を上げる以外に手がなかった。(森 昌利)
    no title
    https://news.yahoo.co.jp/articles/46849a256dbd7a20b28fa594a052fba9093ebfaf

    続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/06(火) 14:06:55.89 _USER9
    11月のインターナショナルブレイクで“政権交代”が起きる可能性

    イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドが、新監督候補としてマウリシオ・ポチェッティーノ氏に打診しているという。英紙「デイリー・スター」が報じている。

    ユナイテッドは2試合を終えて1勝1敗で、現地時間4日にプレミアリーグ第4節トッテナム戦を迎えた。ホームでの一戦は前半2分にポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスのPKで先制する幸先の良い展開となったが、2分後に追い付かれると、フランス代表FWアンソニー・マルシアルの退場もあって前半のうちに4失点を喫してしまう。

    後半にも2点を失い、最終的なスコアはまさかの1-6。ホームでの歴史的な惨敗は、大きな反響を呼んでいる。そんななか、「デイリー・スター」紙は「マンチェスター・ユナイテッドはマウリシオ・ポチェッティーノに就任を打診し、スールシャール政権が危機に陥る」と見出しを打ち、監督交代の可能性に言及。次のように報じている。

    「エド・ウッドワードCEOは、ここからのインターナショナルブレイクでノルウェー人監督を解任する準備はできていない。しかし、プレミアリーグ再開の際にはパフォーマンスの劇的な改善を望んでいる。スールシャールにそれが実現できなければ、11月のインターナショナルブレイクで政権交代が起きるだろう。ウッドワードは今もポチェッティーノの熱心な“信者”だ。

    ポチェッティーノはトッテナムを離れて以降、自身にとって正しいクラブからのオファーを待ち、いくつかのオファーを断ってきた。ユナイテッドという堕ちた巨人を再びイングランドの最も成功したクラブに押し上げるというチャレンジは、ポチェッティーノの要求にフィットするだろう」

    まだシーズン序盤とはいえ、チームの現状からスールシャール監督の立場が危うくなっていることを伝えている。ポチェッティーノ氏は、トッテナム時代以来となるプレミアリーグでの指揮となるのだろうか。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/fdbdc4119707f7497df76d30675506b42c28c68c
    no title

    続きを読む

    1: shake it off ★ 2020/10/05(月) 14:10:50.60 _USER9
    マンチェスター・ユナイテッドは、トッテナム戦でクラブワーストに並ぶ複数の記録を打ち立ててしまった。

    4日に行われたプレミアリーグ第4節で、マンチェスター・Uはホームでトッテナムと対戦。開始2分にブルーノ・フェルナンデスがPKを沈めて先制したが、その後は悪夢のような試合展開に。ソン・フンミンやハリー・ケインのゴールで前半だけで4失点を喫すると、後半にもさらに2ゴールを許して1-6で敗れた。

    同クラブにとってプレミアリーグの1試合で6失点を喫したのは、1996年のサウサンプトン戦、2011年のマンチェスター・シティ戦以来クラブ史上3回目。また、開幕からの3試合すべてで2ゴール以上を許したのは、1972年以降では初めてのこととなる。

    また、マンチェスター・Uが最後に前半だけで4失点を記録したのはノッティンガム・フォレストに0-4で敗れた1990年と、ディヴィジョン1時代であり、プレミアリーグ創設以降では初めてとなる。

    さらに本拠地オールド・トラッフォードの一戦で、最初の45分で4ゴールを奪われたのは1957年のトッテナム戦を最後になく、63年ぶりに不名誉な記録に並んでしまった。

    2011年に行われたホームでのマンチェスターダービーで1-6の敗戦を喫したマンチェスター・Uは、これまでにもチェルシーやニューカッスルに0-5と大敗した過去がある。そのいずれの試合も10月に行われており、今回のトッテナム戦の大敗も同様に10月に起きてしまった。一方で選手個人に目をやれば、アントニー・マルシャルは前半のうちにCKの競り合いの中でエリック・ラメラの顔面を叩いて一発退場に。

    僅か28分でピッチから去ることになったフランス代表FWの退場劇は、少なくともプレミアリーグ創設以降、同クラブにとって最速のものになるようだ。
    2020-10-05_16h47_57
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c0c96bc598200eaef61000f37aeba455171b4c0f

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/09/30(水) 06:34:06.77 _USER9
    元ブラジル代表DFラファエル、ユナイテッドを率いたファン・ハール元監督に言及

    元ブラジル代表DFラファエル・ダ・シルバ(イスタンブール・バシャクシェヒル)が、マンチェスター・ユナイテッド時代に指導を受けたルイ・ファン・ハール氏について、「これまで一緒に仕事をしたなかで、一番酷い人間だった」と痛烈に批判している。米メディア「The Athletic」に語った。

    オランダ代表を指揮していたファン・ハール氏は、2014年ブラジル・ワールドカップ終了後に代表監督から退任。名将アレックス・ファーガソンの後任としてデイビッド・モイーズ監督による新体制が失敗に終わったユナイテッドの再建を託された。しかし、1年目はリーグ4位、2年目の2015-16シーズンは5位に終わり、FAカップを制したものの、その2日後に解任となった。

    イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードやクラブレジェンドである元イングランド代表FWウェイン・ルーニーらから、ユナイテッド指揮官として称賛されることもある一方、ラファエルからは全く正反対の言葉が飛び出ている。

    ラファエルは「ファン・ハールのような人間のことは、悪く言う時がある。ファン・ハールのことは嫌いだ。彼が監督だと分かった時、多くの友人が私に連絡してきた。信じられなかったけど、(プレースタイルが好きじゃないから)ファン・ハールはブラジル人が嫌いだと言ってきたんだ。『最初にやることは、君を追い出すことだよ』と友人たちから言われた」と述べ、こう続けている。

    「実際には、それは彼が二番目にしたことだったよ。まず初日、彼は私に話しかけなかった。そして、2日目に『君は帰っていい』と言われたんだ。まだ練習もしていなかったのに、彼は私にそう言ったんだ。耳を疑ったよ。私は『分かった』と言ったけど、それでも自分のポジションを得るために戦おうとした。彼の下で1年間プレーした。本当に、本当にきつかった。これまで一緒に仕事をしたなかで、彼が一番酷い人間だった」

    9/29(火) 22:30配信 フットボールゾーン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/55becce82531a570034e99a034a96be4731d8f43

    no title

    続きを読む

    2020-09-20_11h28_25

    1: 風吹けば名無し 2020/09/20(日) 10:29:58.77
    クリスタルパレスにボコボコにされた模様

    2: 風吹けば名無し 2020/09/20(日) 10:30:21.58
    アッレグリ招集しないからこうなるんや

    6: 風吹けば名無し 2020/09/20(日) 10:33:38.43
    アーセナルの時代がきたんや

    続きを読む

    footballfan_st083

    1: 風吹けば名無し 2020/09/06(日) 20:37:39.32
    マルシアル

    ラッシュフォードーブルーノーグリーンウッド

    ポグバーファンデベーク

    ウィリアムズーマグワイアーリンデロフーワンビサカ

    デヘア

    確かに隙はない

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/09/04(金) 17:05:56.94 _USER9
    今夏にインテル入りしたチリ代表FWアレクシス・サンチェスが、マンチェスター・ユナイテッド時代を振り返った。

    2018年1月にアーセナルからマンチェスター・U入りしたサンチェスだが、同クラブで好パフォーマンスを継続することはできず、昨年の夏にはインテルへ期限付き移籍した。すると、インテルでは負傷離脱の時期もあったものの、徐々に本来のフォームを取り戻し、リーグ戦22試合4ゴール9アシストの成績でシーズンを終えた。

    フリーでインテル入りしたサンチェスは、4日に自身の『インスタグラム』で動画を投稿。「マンチェスター・ユナイテッドでの時間は終わった。ありがとうとだけ言っておきたい。それを明確にして終わろう」と感謝を示しつつも、マンチェスター・U入りした初日からフィーリングが合わなかったと動画の中で話した。

    「最初のトレーニングセッションで多くのことに気が付いた。家に帰って、『契約解除してアーセナルに戻ることはできないかな』って相談したよ。何か僕と合わなかった。でもその時には既にサインしてしまっていたんだ」

    「何か月か経っても僕は同じことを感じ続けていた。当時、チームは団結していなかった。ジャーナリストが知らないこともあるのに喋るから心が痛んだ。元選手たちも喋り始めて、クラブ内で何が起こっているのか訳がわからなくなった。彼らは僕を傷つけた」

    「選手というのは中の環境にも影響されるものだ。ファミリーである必要がある。それができていなかった。それはピッチ上でのパフォーマンスにも反映されたよ。誰かが批判されなければならない時、彼らは僕を批判した」

    「僕は自己批判し、より良いプレーをすべきだった。でもいつも批判された。数分間での出場でも批判されていたんだ」

    9/4(金) 14:03 GOAL
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c53cf2a1500f213c45b725587df5fe4516000467
    no title

    続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/08/21(金) 19:23:10.41 _USER9
    マンチェスター・ユナイテッドで主将を務めるイングランド代表DFハリー・マグワイアが、ギリシャで逮捕されたようだ。英メディア『デイリー・メール』が現地時間21日に報じた。

    ギリシャでオフを過ごしているマグワイアは20日、ミコノス島のバーの外で喧嘩騒動を起こしたという。そして、駆けつけた地元警官に暴行を加えたようだ。地元警察によると、英国人観光客と口論になり、喧嘩になったという。

    全文はソース元で
    https://www.footballchannel.jp/2020/08/21/post385637/
    no title

    続きを読む

    depression-4782718_640

    1: 風吹けば名無し 2020/08/11(火) 09:21:19.47
    サンチョがドルトムントと契約延長した模様

    2: 風吹けば名無し 2020/08/11(火) 09:21:41.68
    2023年まで延長

    6: 風吹けば名無し 2020/08/11(火) 09:25:40.45
    焼き肉に巻くやつ?

    続きを読む

    2020-07-30_01h08_42
    1: 風吹けば名無し 2020/07/29(水) 09:17:55.40
    サンキューブルーノ

    2: 風吹けば名無し 2020/07/29(水) 09:18:28.92
    グッバイミラン

    3: 風吹けば名無し 2020/07/29(水) 09:18:30.56
    リンガード「せやろか?」

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ