海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:プレミアリーグ > マンU

    1: 風吹けば名無し 2020/03/27(金) 05:42:53.46
    「僕らの練習場が臭ったから…」ロッベンのマンU移籍破談の驚きの理由が発覚!
    2020-03-28_20h14_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200326-00010005-sdigestw-socc

    ファーディナンドが告白 アレックス・ファーガソン政権下の黄金期を支えたファーディナンドは、自身のインスタグラムのライブ機能を使ってファンと交流している最中で、次のように明かした。

    「ロッベンはユナイテッドと契約すべきだった。実はキャリントンの練習場にまでは来ていたんだ」

    これに驚いたファンからさらなるコメントを求められたファーディナンドは、当時の舞台裏を続けた。

    「彼は練習場を歩き回ってからチェルシーへ去っていったよ。臭いが気に入らなかったらしんだ。臭かったのかな……(笑)」

    さらに「信じられなかったよ。もしも、契約できていれば、僕らにとっては素晴らしい結果になっていたと思う」とも明かしたマンUのレジェンドは、ロッベン本人との会話も告白した。


    続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2020/03/25(水) 22:32:08.14
    2020/03/25 22:00

    Text by
    編集部K

    今冬のマーケットで中国から元ナイジェリア代表FWオディオン・イガロを期限付き移籍で獲得したマンチェスター・ユナイテッド。

    「サプライズ移籍」と懐疑的な評価もされたものの、彼はいきなり8試合で4ゴールと活躍を見せている。ELのLASKリンツ戦ではこんなオシャレなリフティングからのゴールも!

    『Daily Mail』によれば、イガロの契約は5月31日までという異例のものになっており、買い取るならばそれまでに1500万ポンド(およそ19.6億円)を支払う約束をする必要があるそう。

    また、『Le10 Sport』の報道によれば、ユナイテッドはイガロに加えてさらにナイジェリア人のFWを加える意思があるとか。

    それはリールに所属している21歳のFWヴィクター・オシメーン。

    今季38試合に出場して18ゴールを決めるなど高い個人能力を見せつけており、多くのクラブから注目を集めているタレントだ。

    レアル・マドリーも彼の獲得を検討していると伝えられているが、ユナイテッドは彼を夏のマーケットにおける最優先補強として考えているとも…。
    0a7b2a2e-3c96-c26e-4f3b-429bfcd2c8e2
    https://qoly.jp/2020/03/25/manchester-united-want-to-sign-with-victor-osimhen-kgn-1

    続きを読む

    footballfan_st083

    1: 風吹けば名無し 2020/03/24(火) 21:26:53.58
    98-99

    2: 風吹けば名無し 2020/03/24(火) 21:28:49.41
    そらそうやろ

    3: 風吹けば名無し 2020/03/24(火) 21:29:16.30
    07-08なんだよなあ

    続きを読む

    news_299413_1

    1: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 12:27:16.60
    お前らアーセナルしか興味ないんか?

    2: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 12:27:55.30
    シティボコったんやぞ

    4: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 12:28:56.11
    スールシャールを褒めたたえろ😡

    続きを読む

    2020-03-09_10h42_11

    1: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 08:59:28.33
    シティをボコった模様

    2: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 08:59:50.24
    ユナイテッドのダブルは10年近くぶりらしいな

    3: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 09:00:31.58
    やっぱシティには格が足りないんよ

    続きを読む

    2020-03-06_23h57_03

    1: 風吹けば名無し 2020/03/04(水) 00:55:55.12
    技術
    フィジカル
    インテリジェンス
    全てピカイチなのになんでや

    2: 風吹けば名無し 2020/03/04(水) 00:56:31.41
    マンUに行ったから

    3: 風吹けば名無し 2020/03/04(水) 00:56:41.16
    チーム選び

    続きを読む

    manutd_1920_image_01

    1: 風吹けば名無し 2020/02/15(土) 11:21:03.95
    シティざまあ

    2: 風吹けば名無し 2020/02/15(土) 11:21:25.19
    ウルブズ「ん?」

    3: 風吹けば名無し 2020/02/15(土) 11:22:01.69
    昔から強い方のマンチェスターはユナイテッドだと決まってんだよなあ

    4: 風吹けば名無し 2020/02/15(土) 11:22:35.64
    でも弱い方のユナイテッドじゃん

    続きを読む

    G_Watermark_w16h9-6

    1: 風吹けば名無し 2020/01/29(水) 20:25:06.74
    ブルーノくるで

    2: 風吹けば名無し 2020/01/29(水) 20:25:56.78
    来るから何?

    3: 風吹けば名無し 2020/01/29(水) 20:26:00.02
    だから何が変わるの?

    続きを読む

    20200123_Paul-Pogba_GettyImages

    1: 風吹けば名無し 2020/01/28(火) 23:43:39.15
    ユーベ行くん?

    2: 風吹けば名無し 2020/01/28(火) 23:44:13.70
    ちなマドリーには来んでええからな、バルベルデおるし

    3: 風吹けば名無し 2020/01/28(火) 23:45:15.56
    >>2
    バルベルデチートすぎる

    5: 風吹けば名無し 2020/01/28(火) 23:45:50.15
    >>3
    1シーズンで成長度えぐいよな

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/01/23(木) 22:49:24.85
    ◇イングランド・プレミアリーグ第24節 マンチェスター・ユナイテッド0―2バーンリー(2020年1月22日 マンチェスター)

    イングランド・プレミアリーグで前節5位のマンチェスター・ユナイテッドが22日、格下の同14位バーンリーに0-2と完敗を喫した。英BBC放送など地元メディアによると、本拠地オールド・トラフォードでバーンリーに敗れたのは1962年9月以来、58年ぶりという歴史的黒星となった。

    マンチェスターUはボール支配率72.4%、シュート数24対5と数字上は圧倒しながら、枠をとらえたシュートは5本だけ。エースのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(22)が腰の怪我で離脱している影響もあり、最後まで決定力を欠いた。

    前節も首位リバプールに0―2と完敗しており、これで2連敗。欧州チャンピオンズリーグ出場圏の4位チェルシーとは勝ち点差は6に広がった。5位はキープしたものの、勝ち点34でトットナムとウルバーハンプトンに並ばれ、英スカイスポーツは「バーンリーがマンチェスターUをさらに苦しい状況に追い込んだ」と伝えた。

    オーレグンナー・スールシャール監督(46)は「選手たちは全力を尽くした。今季も素晴らしい仕事をしてくれているが、今夜は十分でなかったと彼らも認識している。試合が進んでいくうちに選手たちは精神的に疲弊しているように見えた。創造性を見出すことができなかった」と語った。

    中盤の要、フランス代表MFポール・ポグバ(26)は度重なる足首の負傷に苦しみ、今季リーグ戦出場は7試合のみ。加えてラッシュフォードも離脱したにもかかわらず、クラブに1月の移籍期間でここまで選手補強の動きがなく、一部サポーターはオーナーのグレイザーファミリーを非難するチャントを歌って抗議した。クラブOBで解説者のリオ・ファーディナンド氏(41)は「恥ずかしい敗戦。サポーターは試合が終わる前に帰ってしまった。これでは、子どもたちもマンチェスターUのユニホームを着たがらない。首脳陣は方針を練り直す必要がある」とし、不甲斐ない試合が続いている古巣に不満を爆発させた。

    1/23(木) 21:53配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200123-00000246-spnannex-socc

    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ