海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:プレミアリーグ > マンU

    G_Watermark_w16h9-6

    1: 風吹けば名無し 2019/04/22(月) 21:23:37.98
    なんかないんかマジで

    2: 風吹けば名無し 2019/04/22(月) 21:23:49.87
    ほんま泣きそう

    3: 風吹けば名無し 2019/04/22(月) 21:24:00.01
    強いユナイテッドを返して

    4: 風吹けば名無し 2019/04/22(月) 21:24:09.02
    あれだけ金使って弱い意味がわからん
    フロント変えるしかないのでは

    続きを読む

    2019-04-22_00h50_34

    6: 風吹けば名無し 2019/04/21(日) 23:11:43.16
    弱い方のマンチェスターさん…w
    4-0は笑えないよ…

    10: 風吹けば名無し 2019/04/21(日) 23:12:39.51
    でもエヴァートン普通にベンチまでいい選手揃ってるよな

    24: 風吹けば名無し 2019/04/21(日) 23:15:02.96
    なんでユナイテッドは金あるのにこんな弱いんや…

    26: 風吹けば名無し 2019/04/21(日) 23:15:11.98
    ワイチェルセナル、笑いが止まらない

    続きを読む

    G_Watermark_w16h9-6

    1: 風吹けば名無し 2019/04/20(土) 19:19:19.73
    CEOが有能

    2: 風吹けば名無し 2019/04/20(土) 19:19:44.76
    中堅クラブ

    3: 風吹けば名無し 2019/04/20(土) 19:19:59.81
    水曜日シティに勝ったらリバポファンから崇められるで

    4: 風吹けば名無し 2019/04/20(土) 19:20:07.59
    ポグバとデヘアありきのチーム

    続きを読む

    2019-04-03_10h27_53

    1: 風吹けば名無し 2019/04/03(水) 05:40:49.73
    スールシャール正式就任により解任ブースト終了

    2: 風吹けば名無し 2019/04/03(水) 05:41:25.21
    ウルブス本物じゃん

    3: 風吹けば名無し 2019/04/03(水) 05:41:28.31
    アーセナルとチェルシーおめでとう

    4: 風吹けば名無し 2019/04/03(水) 05:41:37.28
    cl無理w

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/28(木) 18:51:04.14
    マンチェスター・ユナイテッドは28日、暫定指揮官を務めるオーレ・グンナー・スールシャール監督が正式指揮官に就任することを発表した。契約期間は3年となる。

    クラブOBのスールシャール監督は、昨年12月にジョゼ・モウリーニョ前監督の後任として、モルデからのレンタルでマンチェスター・Uの暫定指揮官に就任。その後、攻撃的なスタイルに移行し、チームを立て直すことに成功した。

    スールシャール体制ではこれまで、公式戦19試合で14勝2分け3敗を記録。チャンピオンズリーグでは、ラウンド16でパリ・サンジェルマンを相手に敵地でのセカンドレグで劇的な逆転突破を決めた。

    正式指揮官就任に際し、スールシャール監督は、「ここに来た1日目から、この特別なクラブをホームと感じることができた。マンチェスター・ユナイテッドの選手としてプレーしたことは誇りで、それからここで指導者としてのキャリアを歩み始めた。ここ数カ月は、本当にファンタスティックな経験だった。全てのコーチ、選手、スタッフに、これまで共にやってきた仕事ぶりに感謝の言葉を述べたい」と語った。

    また、クラブの副会長を務めるエド・ウッドワード氏は、スールシャール監督について「暫定指揮官として率いてきた昨年12月から、オーレは結果と内容面だけでなく、経験をもたらしてくれた。それは選手としても監督としてもだ。若い選手にもチャンスを与えるという信念を持ち、クラブの歴史への深い理解がある。それらは、彼がマンチェスター・ユナイテッドを前進させる人物にふさわしいということを意味している」と語った。

    インターナショナルマッチウィーク前に2連敗を喫しているスールシャール・ユナイテッド。正式就任後初の試合となる30日のプレミアリーグ第32節のワトフォード戦では、3試合ぶりの白星を狙う。

    3/28(木) 18:24配信 GOAL
    2019-03-28_20h47_54
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190328-00010018-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/24(日) 09:08:00.90
    元マンチェスター・ユナイテッドで、現在ウェールズ代表を指揮するライアン・ギグス監督は、現役時代のアーセナル嫌いを告白した。

    1990年代後半から激しいライバル関係にあるマンチェスター・Uとアーセナル。直接対決を迎える度に繰り広げられるアレックス・ファーガソン元監督とアーセン・ヴェンゲル元監督のタッチライン上でのいがみ合いはその関係性の象徴的なものだった。

    マンチェスター・Uがトレブルを達成した1998-99シーズン、FAカップ準決勝のアーセナル戦で伝説的なゴールを決めたギグス監督は、イギリス『デイリー・メール』で当時のアーセナル嫌いを明かすとともに、4選手を特に嫌っていたと認めた。

    「アーセナルが好きではなかった。(パトリック)ヴィエラが嫌いだった。なぜなら彼は汚く、人を殺しても罰を免れていた。髪が長かったから(エマニュエル)プティが嫌いだった。(デニス)ベルカンプも嫌いだった。今の(ロベール)ピレスは良い男だけれど、当時は嫌いだった。彼らを見るのも嫌だったし、彼らのことを知ろうとも思わなかった。ベルカンプ?彼がエリック・カントナに及ぶわけはないと自分自身に言い聞かせていた」

    「もちろん、これは本当の自分の姿ではなかった。でも、激しい敵意を持つ必要があった。モチベーションのためだ。本心では彼らがトッププレーヤーだとわかっていた。それでも、ライバル心は僕たちにとっての全てで、当時はリヴァプールとの関係よりも激しいものだった」

    3/24(日) 7:40配信 goal
    2019-03-24_18h13_28
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190324-00010004-goal-socc

    続きを読む

    20190316-00000009-jij_afp-000-view

    1: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 17:32:03.53
    パワープレーごり押しで勝てるか?

    3: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 17:32:42.03
    クロス入れまくれ

    4: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 17:33:39.10
    ルカク覚醒すればワンチャン

    8: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 17:34:16.22
    バルサはトーナメントだと急にポンコツになるからそうなるように祈れ

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/21(木) 00:18:34.20
    ラッシュフォード、マタ、エレーラとともに絶対的守護神は契約延長となるか
     
    近年のサッカー界では、GKの移籍金や年俸は高騰している。昨年7月には、ブラジル代表GKアリソンがGK史上最高額となる6700万ポンド(約98億円)でASローマからリバプールへ移籍したが、
    マンチェスター・ユナイテッドはスペイン代表GKダビド・デ・ヘアに9000万ポンド(約128億2400万円)の契約を準備しているようだ。英紙「サンデー・タイムズ」が報じた。

    デ・ヘアがアトレチコ・マドリードからユナイテッドへ移籍してきたのは2011年。以降、7年以上にわたって“赤い悪魔”の守護神としてゴールを守ってきた。今季もここまで全26試合に出場し、6度のクリーンシートを記録している。
    そんな絶対的守護神をクラブも高く評価。エド・ウッドワードCEOは、新たな監督を指名するためのプロセスを踏む以前に、デ・ヘアとの契約延長を締結させることを優先事項と考え、交渉を進めていると言われている。

    注目されるのがデ・ヘアに対して支払う予定の金額だ。プレミアリーグでは、ユナイテッドのチリ代表FWアレクシス・サンチェスの週給31万5000ポンド(約4500万円)、
    アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルの週給30万6250ポンド(約4350万円)がトップクラスの給料だとされているが、デ・ヘア側は週給35万ポンド(約5000万円)を要求。この破格の金額に対して、ユナイテッドが首を縦に振る可能性が高いという。

    また、新たに5年契約を模索しており、プレミアリーグでナンバーワンとなる9000万ポンド(約128億2400万円)以上の契約が実現することになるかもしれない。
    「サンデー・タイムズ」紙は、今後数週間のうちにユナイテッドがイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード、スペイン代表MFファン・マタ、スペイン代表MFアンドレ・エレーラとの契約延長を成立させると伝えているが、果たしてデ・ヘアもそれに続くだろうか。

    2/18(月) 13:50配信 フットボールマガジンZONE
    2019-02-21_08h02_17
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190218-00171015-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/02/18(月) 21:01:05.48
    マンチェスター・Uは来夏の補強に向けて既に動き出している模様だ。イギリス紙『デイリー・ミラー』が17日に報じている。

    マンチェスター・Uはベルギー代表FWロメル・ルカクを放出して、ユヴェントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラかインテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの獲得を画策しているようだ。

    ディバラは16日に行われたセリエA第24節・フロジノーネ戦で1ゴールを挙げたものの、今シーズンはリーグ戦でわずか3得点のみ。昨シーズンはリーグ戦で22得点を記録しており、昨シーズンのような活躍を見せられず苦しんでいる。一方、イカルディはキャプテン剥奪を受け、ビッグクラブへの移籍が噂されている。

    マンチェスター・Uはオーレ・グンナー・スールシャール監督に指揮官交代後、スールシャール監督はチームを成績不振から脱却させ、現在は勝ち点「51」でリーグ4位。同監督のもと、イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが躍動し、ルカクはベンチスタートが続いている。

    『デイリー・ミラー』によると、マンチェスター・Uは既に両クラブとの話し合いを開始しているという。来夏に移籍が実現すれば、大型移籍となるだろう。
    2019-02-18_21h31_58
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00908016-soccerk-socc

    続きを読む

    1: pathos ★ 2019/02/05(火) 23:32:27.11
    「モウリーニョ前監督下で、ユナイテッドが抱えていた問題は誰もが分かっていた。監督として、短期間で解決すべきことは比較的シンプルだった。監督経験のある立場から見ると、モウリーニョ前監督下で選手たちは楽しそうに見えなかったし、雰囲気や環境が非常に悪かった。正直に言うと、それは誰の目からでも分かること。つまり、後任監督なら誰でも正しい方向に舵を切り、選手やロッカールームでの雰囲気を改善し、クラブ全体を軌道に乗せるのは簡単なことだったんだ」

    問題点は誰の目から見ても明らかで、後任に選ばれた監督はチーム内の雰囲気を良くすることで成果が得られることが分かっていたと、インス氏は主張した。
    2019-02-06_09h00_01
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190205-00168741-soccermzw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ