海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 本田圭佑

    1:スタス ★:2018/06/17(日) 12:26:58.21 ID:CAP_USER9.net
    20180621g2nd
    https://www.asagei.com/106348


    本田圭佑 W杯後“電撃引退”で「本田通貨」を発行(2)カンボジアで既に動き始めた

    「『本田通貨』と言うべき仮想通貨の発行ですね。実は昨今の仮想通貨ブーム以前から、本田は本気で構想を持っていて、『俺はいずれ日本円を超える通貨を発行する』と途方もない野望を語っていましたから」(サッカー関係者)

    本田の動きは急加速。より具体的な計画も着々と練られている。

    「リアルマネー超えを目指す本田通貨で最初の目標は、ボールやトレーニングウェアなどサッカー関連の商品の購入に使える通貨を、銀行口座も持てない貧困層のいる発展途上国で作ること。現地では廉価で流通させても、話題を呼べば貨幣価値は上昇しますからね。すでに昨年から、サッカー人脈による紹介でカンボジア政府の要人と掛け合い、実現に向けて動いています」(サッカー関係者)

    なんとも用意周到ではある。とはいえ現実的に、本田に商才はあるのだろうか。

    「冗談抜きで『サッカーより才能あるんじゃないか』という評価も出ていますよ。本田が仮想通貨のほか具体的に考えているのは、AI(人工知能)やドローンといった最新テクノロジーのサッカー界への導入です。そのためにソフトバンクの孫正義会長にも相談している。他には安倍晋三総理や菅義偉官房長官とのパイプもあり、先端ビジネス関係者の間でも『本田がやれば一人勝ちできる』と期待する声が広がっています。将来、サッカー界のみならずスポーツ界全体の“テクノロジー利権”を本田が独占する可能性すらあります」(事情を知るIT関係者)

    聞けば、すでに投資家として国内のクラウドファンディングサービスに出資していて、近く自身のクラウドファンディングサイトの立ち上げも予定しているというから精力的だ。

    一方、サッカーのほうでは求心力が低下し、パスが来ずに孤立するシーンが目立つようになっている。

    「本田は移動中でも孤立するようになりました。バスの後部座席に独りポツンと座ってチームメイトも話しかけてこないんです。若手の“本田離れ”が著しい。ベテランの中村俊輔に代わって本田が新エースとなった、2010年南アW杯を思い出さずにいられません。このまま孤立化が進めば、西野監督が本大会で本田をレギュラーから外す可能性だってあります」(サッカージャーナリスト)

    はからずも、本田が引退を決意する契機となり、野望満々計画が進行していくのか、注視したい。
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/12(火) 06:10:09.58 ID:CAP_USER9.net
    本田圭佑が引退後を描いた「壮大なビジネス構想」、そして「本田通貨」とは?

    サッカー「ロシアW杯」がいざ開幕という時を迎えたというのに、エース・本田圭佑が今大会の“終戦”直後に引退を電撃発表するとの見方が強まっているという。そしてすでに、自身の集大成となる舞台を終えたあとのビジョンまで描いているというのである。しかも、現役時代に増して野心にあふれたプランを用意しているという。

    本田に近いサッカー関係者が明かす。

    「『サッカー選手の次は“世界を変えるビジネス”に取り掛かる』と豪語していますよ。その土台作りとして本田が最も関心を示しているのが『オンラインサロン』なんですよ。ネームバリューのある本田が『ワールドクラスの人材の募集』を打ち出してオンラインサロンを立ち上げる。結果、各界で活躍する有能なビジネスパーソンを入会させて、自分を頂点とする“疑似企業”を作るのが狙いです。本田が興味を持ち始めたのは、今年春先に突如のことでしたが、すでに8月のオープンに向けて側近スタッフにシステム構築を急がせています」

    そして、果てしない構想の根幹には「本田通貨」と言うべき「仮想通貨」の発行を見据えているという。その全貌は、6月12日発売のアサヒ芸能6月21日号にて詳細にレポートされている。

    アサヒ芸能 2018年6月12日 05:59
    https://www.asagei.com/106061

    写真

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/06/09(土) 20:08:38.43 ID:CAP_USER9.net
    6/9(土) 18:24配信
    SOCCER DIGEST Web
    セリエA昇格プレーオフを戦う恩師にエールを贈って

    本田圭佑が伊メディアにセリエA復帰を仄めかす?「インザーギの元に戻るかもしれない」

    敵地ルガーノで行なわれたスイス戦で、日本代表は0-2の完敗を喫した。4-2-3-1システムのトップ下で先発した本田圭佑は頻繁に顔を出してはプレーに絡んだが、ゴールチャンスを導くには至らず。不本意なパフォーマンスに終始した。
     
    試合後のミックスゾーンで本田を待ち受けていたのは、スイスの隣国イタリアの報道陣だ。2016-17シーズンまでACミランのナンバー10を背負った男を呼び止め、現在のミランやかつての“恩師”へのインプレッションを問いかけた。本田はにこやかに応対し、英語で質問に答えた。イタリア紙『Corriere dello Sport』などが伝えている。
     
    「ミランはシーズンを通してすごくチーム力を高めたと聞いてます。(ジェンナーロ・)ガットゥーゾ監督が、たとえ何試合かに負けても選手たちに自信を植え付けた結果でしょうし、僕がずっと大事だと言っていた部分。来シーズンはもっといいプレーができるんじゃないでしょうか」

     
    ミラン在籍時に本田の能力を買い、重用していたのが元イタリア代表FWの“ピッポ”こと、フィリッポ・インザーギ監督だ。現在はセリエB(2部)のヴェネツィアで指揮を執っている。昨シーズン3部で優勝を飾り、今シーズンは5位に躍進。6月11日には昇格プレーオフ準決勝(パレルモ戦)の第2レグを戦う予定で、このトーナメントを制すれば、A昇格が決まるのだ。
     
    「インザーキはちょうど僕がいた頃の監督で、たくさんのことを学ばせてもらった。本当にあのシーズン(2014-15)は楽しかったし、是非ともヴェネツィアにはA昇格を果たしてほしい」
     
    そして本気か冗談か、こう話してイタリア人記者たちの爆笑を誘うのだ。
     
    「僕はフリーの身ですからね。またインザーギの元に戻ってトレーニングをするかもしれない(笑)。ただワールドカップが終わるまでどこが新天地になるかは分からない。終わったらすぐに決めようとは思っています」
     
    2017-18シーズンの本田はメキシコ・パチューカで大いに存在を示し、公式戦32試合に出場して10得点・7アシストと気を吐いた。しかし現行契約は6月末で満了となり、いわゆるボスマン・プレーヤーとなるのが確実。移籍金ゼロで活躍の場を移すと目されている。

    MLSやAリーグ、リーガなど新天地候補にはさまざまな噂が
     
    はたして日本サッカー界が誇るカリスマは、電撃的にセリエA復帰を果たすか。MLS(メジャーリーグサッカー)やオーストラリアのAリーグ、リーガ・エスパニョーラなど、本田の周辺ではさまざまな噂が渦巻いているが、カルチョ行きの可能性も決してゼロではないだろう。
     
    いずれにせよ現在は、課題山積の日本代表での活動に注力する。西野ジャパンは6月12日にパラグアイと最後のテストマッチを消化し、同19日、運命のグループリーグ初戦(コロンビア戦)を迎える。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180609-00041808-sdigestw-socc

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/06/08(金) 19:29:49.85 ID:CAP_USER9.net
    6/8(金) 17:45配信
    本田圭佑応援グッズ「KSK4」シリーズ限定発売
    100セット限定発売される本田応援グッズ

    ロシアW杯に臨む日本代表MF本田圭佑(31)=パチューカ=がプロデュースするサッカースクール「SOLTILO FAMILIA SOCCER SCHOOL」などを運営する「SOLTILO株式会社」が物販事業を新たに展開することになり、第1弾として8日、「SOLTILOオリジナル応援アイテム 6点セット」(9800円、送料別)を発売開始した。

    マフラータオル、タンブラー、ミニフラッグ、トートバッグなど6点全てに、名前と代表での背番号を組み合わせた「KSK4」がデザインされている。同社によると、W杯を戦う本田だけでなく、「『頑張る人を応援する』という気持ちを世界に広げていきたいと考えています」という。第1弾は限定100セットで、8日午後6時から「KSK.STORE」(https://kskstore.net/)で購入可能。第2弾以降も実用性ある商品を考えているという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180608-00000134-sph-socc

    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/06/06(水) 20:52:19.14 ID:CAP_USER9.net
    同紙が選んだ5人は、ネイマール、ロナウド、ドイツ代表MFメスト・エジル(アーセナル)、フランス代表MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)と、実力的にも知名度的にもワールドクラスが勢揃いだ。

    ロシア・ワールドカップ(W杯)では、スーパープレーだけではなく、各国を代表するスター選手のファッションにも注目が集まる。香港紙「サウス・チャイナ・モーニング・ポスト」では、「W杯サッカーで最もスタイリッシュな5人のスター」を選出。ブラジル代表FWネイマール(パリ・サンジェルマン)、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)らに並び、日本代表FW本田圭佑(パチューカ)も名を連ねている。

    同紙が選んだ5人は、ネイマール、ロナウド、ドイツ代表MFメスト・エジル(アーセナル)、フランス代表MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)と、実力的にも知名度的にもワールドクラスが勢揃いだ。

    ネイマールは「メッシが世界最高の選手で、ロナウドが最も自信家だが、ファッション面では彼が無敵だ」とし、ロナウドは「ピッチを離れればデニム、下着、香水に彼の名前を付けて知らしめている」とファッションアイコンとしての一面を紹介。さらに、エジルは、「『ファッションは僕の情熱で、自分自身のファッションで、街に出たいと思っている』と話している」と触れ、ポグバに関しては「試合ごとに変化する髪型は、彼にとっての究極のショーだ」とヘアースタイルに注目した。

    そのなかに“アジア代表”として名を連ねたのは本田だ。記事では、かつて“成田コレクション”と言われ、そのファッションでも注目された中田英寿氏を引き合いに出し、絶賛している。

    「W杯で最もスタイリッシュな5人」を海外紙選出 本田が世界的スターと並ぶアイコンに
    日本代表FW本田圭佑の両手に時計をつけるスタイルにも言及している【写真:Getty Images】
    両手に時計をつけるスタイルにも言及「現代サッカー選手とは一線を画す」
    「ファッション愛好家としての足取りをたどったことで、ナカタはいつも素晴らしいオーダーをしていたが、ホンダは金髪に染めた髪型、そして両腕に時計をつけるスタイルを何年間にも渡って貫いている」

    「しっかりと仕立てられたイタリア製のスーツを好み、スポーティーなサングラス以外にも、ホンダのスタイルは“俺を見てくれ!”と言わんばかりの現代サッカー選手とは一線を画すものだ」

    大会期間中の移動は、オフィシャルスーツのイギリスブランド「dunhill」の3ピースに身を包み、スイスの高級腕時計「HUBLOT」の日本代表モデルを両腕に巻くことになる。ロシアW杯では3大会連続ゴールが懸かる本田だが、ピッチ外での輝きを、ピッチ内にも持ち込みたいところだ。
    2018-06-06_23h37_02
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180606-00108764-soccermzw-socc
    続きを読む

    no title

    1:Egg ★:2018/05/24(木) 06:22:03.93 ID:CAP_USER9.net
    NHKが23日、東京・渋谷の同局で放送総局長定例会見を行い、ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で14日に放送されたサッカー日本代表FW本田圭佑(31)のHPなどでの出演回の予告で「誤解を招く表現」があったことを改めて謝罪した。

    表現のミスが起きた経緯について、広報部は「担当者のほうに確認しましたけれど、担当者間の確認が不十分だったとのことで、訂正しお詫びをさせていただいたということです」とし、予告されていた「ハリルホジッチ元監督解任の舞台裏」について本田が実際に発言したかどうかについては「そのようなことは語っていませんでした」とした。

    木田幸紀放送総局長は「番組の制作責任者はそういうことも含めて目配りをして放送に臨むことが当然の仕事ですので、目配りが足りなかったということだと思う」と陳謝。訂正を本田本人にも謝罪したというが「こちらから説明はさせていただきましたが、本人からクレームのようなものはございませんでした」と明かした。

    同局は4日、番組予告で実際にはインタビューで触れていないのに「ハリルホジッチ監督解任の舞台裏」という文言を使用したとし、ホームページ上に謝罪文を掲載していた。

    2018年5月23日 15時45分 スポニチアネックス
    http://news.livedoor.com/article/detail/14756409/
    続きを読む


    1: 豆次郎 ★ 2018/05/23(水) 12:44:51.04 ID:CAP_USER9
    5/23(水) 12:40配信
    本田圭佑、日大の悪質タックル問題「このニュースにいつまでも過剰に責め続ける人の神経が理解できない」

    サッカー日本代表の本田圭佑(31)が23日、自身のツイッターを更新し、日大アメフト部の悪質タックル問題に見解を示した。

    本田は「監督も悪いし、選手も悪い。傷つけられた選手は生死に繋がるような怪我でなくて何より」と示した。

    その上で「ただ毎日寄ってたかって責め続けるようなことでもないでしょう?」と疑問を投げかけ「あのタックルは罪だし究明もすればいい。ただこのニュースにいつまでも過剰に責め続ける人の神経が理解できないし、その人の方が罪は重い」と指摘していた。
    2018-05-23_13h29_32
    http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20180523-OHT1T50069.html
    続きを読む

    010f0ad2

    1: ひかり ★ 2018/05/20(日) 21:23:29.38 ID:CAP_USER9
    ダウンタウンの松本人志(54)が、「プロフェッショナルとは、ケイスケホンダ」と発言したサッカー日本代表FWの本田圭佑(31)の胸中を
    推し量った。

    松本は20日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」に出演。サッカーに関する話題から、本田が出演した14日放送のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、「プロフェッショナルとは?」という恒例の質問に対し、長い黙考の後で「ケイスケホンダ」と答えた問題のシーンについて話がおよんだ。

    同番組を観ていたという松本は、「ケイスケホンダ」と答えた後で本田が、その回答に自ら説明を加えたことについて、「やっぱり『あれ? 違うな』って思ったんですかね。『うそうそ。タンマ、タンマ』っていうことやったんですかね」と推察。「『ケイスケホンダ』って言うた後に、やっぱり(収録を終えて)マイク取るときもだいぶ悩んだと思うんですよ、本人。だからもうワンテイク撮らせてあげた方が良かったと思う。絶対、本人はもう1回行きたかったと思う。もうワンパターンあったと思うんですよね」とおもんぱかり、笑いを誘った。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180520-00214370-nksports-ent

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/05/19(土) 21:26:40.16 ID:CAP_USER9
    5月17日の深夜に放送されたラジオ番組『木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ系)で、
    おぎやはぎがサッカー選手の本田圭佑を絶賛した。

    番組開始時、矢作は「どーも、おぎやはぎのケン・ヤハギです」と自己紹介し、小木に「何なの?」とツッコまれた。

    15日に放送された『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)に出演した本田が「プロフェッショナルとは?」と聞かれ「ケイスケ・ホンダ」と発言したことにインスパイアを受けたと小木は説明。「本当にプロフェッショナルだと思うからね、本田圭佑って」と矢作は本田を褒めた。

    サッカー通の小木も「すごい努力で頑張ってきたっていうのが見えるもんね。ACミランの時も、監督が『練習での圭佑はすごい。あいつの練習への意欲、仕方に感銘を受けて試合に使ってる』って言うんだよね」と矢作に同調した。

    矢作は「誰よりも努力してきたっていう自負がある。プロフェッショナルとはケイスケ・ホンダでしょ?日本人の偉い人って、ちょっと謙遜するじゃん。(謙遜)しないタイプもいいね」と絶賛した。

    ネット上では本田の「ケイスケ・ホンダ」発言に、「痛々しいやつだな」「まだにそんなこと言ってんのか」などと冷笑する意見が多く寄せられていたが、おぎやはぎは終始本田を褒めちぎった。

    おぎやはぎ同様、その姿勢や態度などを含め、称賛する関係者は多くいる。日本代表でともにプレーした経験がある柏レイソルの細貝萌は、5月16日付の自身のブログで日付こそ明かさなかったが、本田と会食したと報告しつつ「素晴らしい人格者」「オリンピック代表、フル代表と一緒にプレーもしてきました。彼から受ける刺激はとてつもなく大きく、この日も充実した楽しい時間となりました」と本田を絶賛した。

    本田が今シーズン所属したパチューカのディエゴ・アロンソ監督も、地元紙のインタビューで「(本田を)愛しているよ。国際的な選手である彼の最大限の努力は、子どもたちのお手本になっている」とサッカーに真摯に取り組む本田への尊敬の念を口にしている。

    本田は来月に開催するワールドカップの予備登録メンバーに選出されたと報じられた。本登録メンバー発表(5月31日)の前日に行われるガーナ戦にもメンバー入りしている。

    否定的なコメントを寄せた人たちを黙らせる活躍を期待したい。

    2018年05月19日 20時00分
    https://npn.co.jp/article/detail/56234745/

    写真
    56234745
    続きを読む

    DSC_1002-e1526447025162 (1)

    1:豆次郎 ★:2018/05/16(水) 14:04:56.99 ID:CAP_USER9.net
    5/16(水) 13:46配信

    W杯の公式時計メーカー『ウブロ』が「HUBLOT LOVES FOOTBALL Special Exhibition」のイベントが16日、東京都内で行われ、日本代表FW本田圭佑(パチューカ)が第1部に参加した。

    白いスーツに、かつて“トレードマーク”としていた両手に腕時計姿で登場した本田は今季を振り返り、「目標を立てていた数字に到達できなかったが、2桁得点を海外でできたのは一つの目標達成になった。この一年の挑戦はよかった」と話した。

    今月18日には代表候補合宿メンバー約30人が発表される予定。本田は6月のW杯ロシア大会に向け「優勝を信じて相手を美化し過ぎず、可能性を信じること」と話した。

    W杯後の人生に関しては「なにも意思決定していない。それはパチューカで契約したときに決めたこと。日本はない」とJリーグ復帰を完全に否定した。

    14日に放送されたNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』では、「プロフェッショナルとは?」の質問に「ケイスケホンダ」と話し、「『プロフェッショナル』(という単語そのものを)を今後、『ケイスケホンダ』にしてしまえばいい」と独特な“本田節”で反響を呼んだ。今回も“ケイスケホンダ“”=プロフェッショナルの話術を、会場の観客も熱心に聞き入った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000526-sanspo-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ