海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 本田圭佑

    1: ばーど ★ 2019/08/16(金) 19:15:03.34
    オーストラリアAリーグの強豪メルボルン・ビクトリーを退団し、所属先が未定の本田圭佑(33)がプロデュースしているサッカースクールが、活動ぶりを評価され、国際的なサッカー組織による表彰対象となった。

    「International Football Development Association(IDFA)」が主催する「Football Heroes Awards」のサッカー界への教育の貢献部門にノミネートされた。

    本田のサッカースクールを運営するSOLTILO株式会社が16日に発表した。

    最終投票は8月31日で、9月12日にモスクワで表彰セレモニーが開催されるという。

    同表彰には、レフェリーやサポーターなど計11の部門があり、日本からは本田のサッカースクールと、サポーター部門でW杯ロシア大会1次リーグの日本-セネガル戦の両代表サポーターがノミネートされている。

    本田のスクール「SOLTILO」は12年に大阪で設立された。現在、国内に約90校を展開。世界中で活動しており、オフには本田が、これまで11カ国約1500名の子どもたちに、直接サッカーを指導。

    アフリカでもチャリティーツアーをルワンダで開始し、現在も継続して開催中で、これまで約1000人の子どもたちとサッカーをし、普及に努めている。

    8/16(金) 19:01
    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-08160913-nksports-socc
    no title

    続きを読む

    1555553996-8d2f43bfd82807533999f4e81cb01f92

    1: 風吹けば名無し 2019/08/12(月) 16:27:39.65

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/09(金) 21:56:10.72
    1部昇格のブレシアとヴェローナが新天地候補と現地報道 本田の経験値に期待か
     
    昨季限りでオーストラリア1部メルボルン・ビクトリーを退団した元日本代表MF本田圭佑は新天地が決まっておらず、その去就に注目が集まっている。

    かつてイタリアの名門ACミランに在籍していたなか、再びイタリア上陸の可能性が浮上しているようだ。現地ニュースサイト「seriebnews.com」が報じた。

    本田は1年間過ごしたメルボルン・Vを退団後、古巣オランダ1部VVVフェンロのトレーニングに参加するなど、新天地への移籍に向けて調整。いまだ新たな所属クラブは決まっておらず、33歳アタッカーの決断に注目が集まっている。

    そのなかでイタリア移籍の可能性を伝えたのが現地ニュースサイト「seriebnews.com」だ。「ホンダのイタリア帰還が現実味を帯びる。ミランで公式戦92試合11ゴールをマークした」と紹介。本田は2013年12月、CSKAモスクワからイタリアのミランへ移籍し、4シーズンにわたってミランの10番を背負った。

    その後、メキシコ、オーストラリアと渡り歩いているなか、記事では「ケイスケ・ホンダがセリエAに戻るかもしれない。才能溢れる日本人選手は、ブレシアやヴェローナなど新たに昇格したクラブで人気選手となるだろう」と指摘した。

    「本田は現在フリーで、イタリアの2クラブは、33歳の日本のタレントが経験を注入してくれると考えている」

    今季、1部昇格組のブレシアやヴェローナにおいて、本田が加入すればキーマンになり得ると記している。5月の段階でブレシアの地元紙が本田への関心を伝えていたとされ、「数日中に日本人を納得させるオファーが届く可能性がある」と続けた。

    果たして本田のイタリア再上陸は実現するのか。日本人アタッカーの決断に注目が集まる。

    8/9(金) 21:20配信
    2019-08-09_23h34_20
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190809-00209640-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/08(木) 19:06:18.14
    本田のツイートには賛否両論の声が多く寄せられた
    no title


    近々、社会問題についてツイッターで持論を展開し、ネット上を賑わせている本田圭佑が、今度は学校教育の内容について、切り込んだ投稿をした。
     
    本田は今年1月に、学生の不登校問題に対して、「別に行かんでいいよ。人生は1回、時間を無駄にするな」と、学校へ行くのがつらい子供たちへエールを送るツイートをアップ。昨年7月には、名古屋時代のチームメイトの安英学(アン・ヨンハ)に招かれ、朝鮮学校へサプライズ訪問をするなど、教育への関心を寄せるような行動が見られていた。
     
    そんな本田は8月8日にも、学校教育に対しての自身の考えをツイート。
     
    「なぜ学校では学問を最初に教えようとするのか?本当にそれが生きていく為に必要なことなのか?例えば、何か起こったときに火を自分でおこしたこともない僕はちゃんとした教育を受けたことになるのか? こんなにも自然災害が身近であるのに」
     
    地震や台風などによる豪雨が頻繁に起こる“災害大国”としての日本の現状に触れ、学校でまず最初に教えることは、学問ではないのではないかと切り込んだのだ。
     
    このツイートには、2時間足らずで300件の返信が寄せられ、“いいね”の数も1万を超えた。コメントには、「学校の先生、本田さんがよかったなぁ」「日本を変えてください!」など好意的な意見がある反面、「それは親が教えることでは?」「なんでも学校に求めるのは無理がある」など多くの批判的な言葉も寄せられた。
     
    プロサッカー選手でありながら、実業家としての顔も持ち、様々なことに挑戦する姿勢を見せ続けている本田。メルボルン・ヴィクトリーとの契約が満了となり、現在は新たな所属先を模索している。
     
    8/8(木) 18:48配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190808-00062562-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/06(火) 23:55:21.89
    夏のタイムリミットが近づいている。プレミアリーグの夏の移籍市場は、開幕前日にあたる現地8日17時で閉幕。

    その他の欧州5大リーグも、移籍最終期限まで1カ月を切った。さらに、Jリーグの追加登録期間(第2登録期間)は今月16日までとなっている。

    しかし、昨季限りでクラブとの契約が満了したまま、新天地が決まらない選手は少なくない。そこで今回は、去就が注目されるフリーの有名選手たちを紹介する。

    ■フランク・リベリー(36歳/フランス/FW)
    昨季限りでバイエルンを退団。その際、「あと2シーズンはプレーできるはず」と語るなど現役続行に意欲を見せていたが、新天地は決まっていない。
    リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が獲得を検討していると報じられたこともあったが、ここにきて中東行きの可能性が浮上している。

    ■マリオ・バロテッリ(28歳/イタリア/FW)
    イタリアサッカー界きっての“悪童”は、今年1月にマルセイユへ電撃移籍。デビュー戦でゴールを挙げるなど幸先良いスタートを切ったが、シーズン終了とともに契約満了となり、現在はフリー。
    今月12日で29歳になるが、“契約”という誕生日プレゼントが舞い込むことはあるだろうか。

    ■ダニエル・スタリッジ(29歳/イングランド/FW)
    欧州王者に輝いたリヴァプールを退団すると、7月中旬には賭博規則違反により罰金と実質2週間の活動禁止処分を言い渡された。
    同時期には愛犬の“誘拐騒動”が大きな注目を集めるなど話題には事欠かないが、肝心の移籍先は決まっていない。

    ■マルティン・シュクルテル(34歳/スロバキア/DF)
    2007年から2016年までリヴァプールに在籍した、スロバキア代表センターバック。昨季までフェネルバフチェでDFリーダーとして活躍していたが、契約満了に伴い現在は無所属となっている。
    現在は、リヴァプール時代の元同僚であるスティーヴン・ジェラード氏が監督を務めるレンジャーズが獲得に名乗りを上げているという。

    ■ダニー・ウェルベック(28歳/イングランド/FW)
    契約満了のため、昨季限りでアーセナルを退団。イタリアのラツィオやウェストハムなどが関心を示しているとされるが、選手側が高額な給与を要求しているとして、新天地探しは難航している模様だ。
    プレミアリーグで再びその雄姿を見られるだろうか。

    ■フェルナンド・ジョレンテ(34歳/スペイン/FW)
    昨季は、スーパーサブとしてトッテナムのCL準優勝に貢献した。しかし、契約満了に伴い退団。トッテナムと再契約を結ぶという噂が浮上するなか、ラツィオやボカ・ジュニオルスが強い関心を示しているとのこと。
    セリエA復帰となれば、ユヴェントスに在籍した2015年以来のことになる。

    ■ファビオ・コエントラン(31歳/ポルトガル/DF)
    昨年夏、レアル・マドリードとの契約を解消して、故郷のリオ・アヴェに復帰。リーグ戦20試合に出場したものの契約延長に至らず、現在は無所属となっている。
    数週間前にはギリシャ移籍の話が舞い込んだが、自らの意思で契約を拒否したという。自身が納得できる移籍先を探す日々がしばらく続きそうだ。

    ■本田圭佑(33歳/日本/MF)
    昨季限りでAリーグ(オーストラリアリーグ)のメルボルン・ビクトリーを退団したあと、7月には古巣のVVVフェンロの練習に参加。
    欧州復帰へ向けてコンディション調整を行ったが、これまでに具体的な移籍話は出ていない。それでも常にチャレンジャーであり続ける彼のこと、我々をあっと言わせるビッグニュースを提供してくれるはずだ。

    ■小林祐希(27歳/日本/MF)
    3年間在籍したヘーレンフェーンを退団し、オランダ生活にひと区切りをつけた。その後は帰国して、日本から吉報を待っている状況だ。
    目標はスペインかイタリアでのプレーとされるが、MLS(メジャーリーグサッカー)移籍の噂も浮上。次なる挑戦から目が離せない。

    ■アリ・アル・ハブシ(37歳/オマーン/GK)
    アジア最高のGKとして、プレミアリーグでのプレー経験を持つアル・ハブシ。ここ2年はサウジアラビア1部のアル・ヒラルに所属していたが、7月中旬にクラブを退団した。
    再びイングランドでの挑戦にトライすることを検討中という報道もあるなか、どのような決断を下すのか注目が集まる。

    8/6(火) 19:45配信
    2019-08-07_08h39_50
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190806-00965053-soccerk-socc&p=1

    続きを読む

    make_3

    1: 豆次郎 ★ 2019/08/04(日) 21:48:20.11

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/01(木) 18:17:52.10
    no title

    東京五輪出場を目指す元日本代表エースMF本田圭佑(33)が窮地に追い込まれた。昨季限りでオーストラリア1部メルボルン・ビクトリーを退団し、欧州主要リーグの強豪クラブ入団を切望。現状ではマイナーリーグの上位クラブから複数のオファーがあるものの、移籍先は決まっていない。シーズン開幕まで期限は刻一刻と迫っており、東京五輪への道筋は見えないままだ。

    今夏にフリーの身で移籍先を探している本田だが、状況は進展しないまま8月を迎えた。「東欧のクラブを中心にいくつか話はあるようだが、簡単に妥協はしたくないんだろう。ただ、強豪リーグだと2部くらいが現実的だし、どこかで妥協も必要になるのではないか」と欧州事情に詳しい代理人は語った。

    欧州チャンピオンズリーグ(CL)の予選から参加するクロアチア1部ディナモ・ザグレブ、セルビア1部の名門レッドスター・ベオグラードなどが獲得に興味を示しているが、本田サイドはあくまで欧州5大リーグ(ドイツ、イングランド、フランス、イタリア、スペイン)を中心に探しているという。

    目標とする東京五輪に出場するには、24歳以上のオーバーエージ枠(OA)に選出されなければならない。すでに森保ジャパンではFW大迫勇也(29=ブレーメン)、MF柴崎岳(27=デポルティボ)ら欧州組を中心にリストアップが進行中。本田が逆転でOA選出されるには欧州トップレベルでの活躍が不可欠だ。

    そうした事情は本田も理解しており、6月には「(昨季は)コンスタントにプレーする目標をクリアできた。それを今度は本当にレベルの高いところでやれるのか確認したい。とにかく強いリーグに」と切望。「時間はかかるかもしれないけど、諦めずに良いところを見つけたい」と話していたように、辛抱強く移籍先を探しているのが現状だ。

    また「(スコットランド1部)セルティックあたりともコンタクトはあるようだが、ちょっと難しいんじゃないか」(前出の代理人)。元日本代表エースでイタリア1部ACミランで10番を背負うなど、知名度はあるだけに興味を示すクラブはあっても、直近の2季はメキシコ、オーストラリアと“都落ち”して目立った成績も残せていない。33歳を迎えた年齢もネックで、本田が納得するレベルで交渉に発展するクラブは見つからないようだ。

    欧州の移籍市場の締め切りは8月末だが、フリーの身ならばその後も入団は可能。とはいえチームの体制は徐々に固まっていくだけに、加入が遅れれば遅れるほどレギュラーとしてプレーするのは難しくなる。欧州各国のシーズン開幕は迫っており、新天地で活躍し東京五輪を目指すためにはいよいよ厳しい状況に追い込まれてきた。

    8/1(木) 17:19 東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-00000038-tospoweb-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ