海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 本田圭佑

    1: 豆次郎 ★ 2019/11/09(土) 22:02:41.78
    KeisukeHonda(本田圭佑)
    @kskgroup2017

    You can take a picture like this anytime. But please don't take a picture about my family. I want them to have normal life. #please

    午後8:58 · 2019年11月9日·Twitter for iPhone

    (訳)
    このような写真はいつでも撮ることができます。しかし、私の家族について写真を撮らないでください。私は彼らに普通の生活をしてほしい。

    https://twitter.com/kskgroup2017/status/1193135772611883008?s=21
    no title

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★ 2019/11/09(土) 20:45:49.30
    オランダ1部・エールディビジ第13節のフィテッセ対フローニンゲンが現地時間8日に行われ、アウェイのフローニンゲンが2-1で勝利を収めた。この試合をスタンドから観戦していた本田圭佑の姿にも現地メディアから注目が集まっている。

    本田は先月末にフィテッセの練習参加を発表したのに続いて、今月6日には正式契約を発表。新たなクラブがなかなか決まらず、SNSを通して必死の求職活動も行っていたが、恩師レオニド・スルツキ監督の率いるチームでプレーを再開することが決まった。

    まだ労働許可取得の手続き中だという本田は8日の試合には出場できず、ホームスタジアムの観客席から試合を見守っていた。マスクとメガネを装着し、帽子にフードまで被る“完全防備”姿は人目を避けるためだったのかもしれないが、現地メディアの目を逃れることはできなかった。

    オランダ『スポルトニュース.nl』は本田について、「奇妙な変装でスタンドに座っていた」と伝えた。ファンからもその姿を面白がる反応が多かったとして、SNS上でのコメントを紹介している。

    『フートバル・フリッツェン』は、フィテッセがホームで敗戦に終わったこともあり、「本田圭佑は彼の新チームを恥じて隠れていた」と記述。「フィテッセが良くないプレーをするたびに変装の重ね着を増やしていた。別のクラブと契約したほうが良かったのかも」と揶揄している。

    https://www.footballchannel.jp/2019/11/09/post346875/
    no title


    続きを読む

    1: 伝説の田中c ★ 2019/11/08(金) 20:20:19.17
    現地時間11月5日にオランダ・エールディビジのフィテッセと、今季終了の2020年6月末までの正式契約を結んだ本田圭佑。11月7日に自身のSNSを更新し、現在の心境を綴った。

    「周りの人や環境に感謝しつつ、人としての自分のショボさに苛立ってる。そしてこの状態を維持できるように意識していけたらなと。。。#精進します」

    今年6月にオーストラリアのメルボルン・ビクトリーを退団後、本田はフリーの立場が続いていた。カンボジア代表の実質的な指揮官を務める一方で、先月には名門マンチェスター・ユナイテッドや古巣ミランにツイッターで逆オファー、声が掛からないことに疑問を投げかけた投稿も話題となっていた。

    そんな本田の移籍発表後の投稿だったが、「ショボい」という言葉に反応したファン・サポーターからは、「全然、そんな事ないですよ」「本田圭佑さんは謙虚ですね。でも、誰よりも熱い男です」「ジョボくないです。変わらずに居て下さい」といったフォローの言葉とともに、数々のコメントが寄せられた。
     
    「真っ直ぐな、言葉ですねぇ」
    「今のケイスケホンダをショボいと思うケイスケホンダに改めて惚れ直しました」
    「本田さんのなかでショボいって思える部分があるということは、それはまだ強くできるってことなのかなと。東京五輪OA出場へ向けて新たなスタート、楽しんでください」
    「フィテッセでのプレー楽しみにしてます」
    「謙虚ですね。期待しています!」
    「意識が高くて本当に素敵です」
    「常にチャレンジする姿勢に敬服します」
    「引退にならなくてホッとしました。まだまだ飛翔して、勇気と元気を与え続けてください」
    「本田さんが自分に苛立つなんて…自分との差に言葉が出ねえw」
    「見返す為に最低限必要な舞台にやっと立てる権利を得ただけ。言うだけやったら誰でも出来る‼全世界に見せたれ、関西人の底力‼」
    「感謝ができる人は素晴らしいと思います。尊敬します。私も周りの方に感謝しながら日々過ごせるよう精進します」

    本田は早ければ代表ウィーク明けの11月24日から出場できるという。約4か月間のフリー期間を経て、動き出した日本のカリスマから目が離せない。
    2019-11-08_23h51_02
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191107-00066381-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/11/08(金) 21:26:37.29
    11/8(金) 21:22配信
    オランダ1部フィテッセ加入を6日に発表した元サッカー日本代表MF本田圭佑(33)が7日、インターネットテレビ局「Abema TV」のニュース番組「Abema Prime」(月~金曜、後9・00)にオランダからの生中継で緊急出演。移籍先決定後、日本のメディアとしては初となる単独取材に答え、「33歳ということを表す数字として選びました」と新背番号として「33」を選んだことを明かした。

    フィテッセを移籍先に選んだ理由を聞かれると「練習参加だけするつもりだった」としながらもCSKAモスクワ(ロシア)時代の指揮官だったスルツキ氏が監督だったことからトントン拍子に話がまとまったといい、移籍先の希望だったスペインなどからは「僕の実力を見誤ってなかなかオファーをくれなかった」とも。

    Jリーグ復帰の選択肢はなかったのかと聞かれると「ない…ですよね、残念ながら」とキッパリ。その理由については「日本でプレーしなくても、今、僕のプレー見れるじゃないですか」と話した。
    2019-11-08_22h08_34
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000211-spnannex-socc

    続きを読む

    1: 伝説の田中c ★ 2019/11/07(木) 23:30:28.37
    11月6日、本田圭佑のフィテッセ加入が正式に決定した。

    メルボルン・ヴィクトリーを退団して以降、フリーとなっていた本田は、次の舞台がなかなか決まらずに注目されていた。名門マンチェスター・ユナイテッドや古巣ミランにツイッターで逆オファーしたことや、声が掛からないことに疑問を投げかけた投稿も話題となった。

    かつてセリエAでプレーした本田とあり、これらのツイートやフィテッセのトレーニング参加が決まったことは、イタリアのメディアでも紹介されていた。ただ、今回の正式契約を伝える記事は、大手紙の電子版では見当たらない。

    「ホンダがやった! 元ミラン選手が契約を見つける」と報じたのは『EUROSPORT』だ。「彼はあらゆる手を使って試したが、契約を見つけられていなかった。それがターニングポイントを迎えた」と伝えた。

    「ケイスケ・ホンダが待ち望んでいた日が訪れた。ようやく、日本人選手は契約を見つけた。2020年6月までフィテッセとサイン」
     
    また、ミラン専門サイト『Il Milanista』は「今シーズン途中にユナイテッドやミランに売り込んでいたが、良い返事をもらえていなかった。だが今、ホンダは新たな契約にサインした」と報じている。

    そのほか、『itasportpress』は「ホンダにとって新たな冒険」、移籍専門記者アルフレード・ペドゥッラーのサイトは、「ようやく自分に賭けてくれるチームを見つけた」と伝えた。

    約10年ぶりにオランダを舞台に戦うことが決まり、早ければ24日から出場できるという本田。来年の五輪出場を目指す中で、イタリア・メディアが大きく取り上げるような活躍を見せられるか。
    2019-11-08_08h55_50
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191107-00066373-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/11/06(水) 23:24:24.27
    オーストラリア、Aリーグの強豪メルボルン・ビクトリーを退団後、所属先のなかった本田圭佑(33)6日、ツイッターで「プレイするクラブ決めました!」とツイートした。

    その後、本田が10月31日から練習参加していたオランダ1部のフィテッセが加入を正式に発表した。契約は今季終了まで。

    来年の東京五輪に24歳以上のオーバーエージ(OA)枠で出場し、金メダルを獲得するという大目標へ向け、現在リーグ5位のフィテッセが新天地に決まった。

    11/6(水) 23:03配信 日刊スポーツ 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-11061135-nksports-soc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/11/04(月) 14:44:39.72
    オランダ1部のフィテッセを率いるレオニド・スルツキ監督は、同クラブの練習に参加する元日本代表MF本田圭佑との正式契約を熱望しているようだ。オランダ『FOXスポーツ』『NOS』などが同監督のコメントを伝えている。

    新たな所属クラブが決まらず、SNSを通しての“就職活動”を行っていた本田は、フィテッセのトレーニング参加が決まったことを先日ツイッターで報告。CSKAモスクワに在籍していた際の恩師であるスルツキ監督から救いの手が差し伸べられる形となった。

    フィテッセは現地時間3日に行われたエールディビジ第12節の試合でエメンと対戦し、1-2の敗戦に終わった。その試合後に本田についてコメントしたスルツキ監督の言葉をオランダメディアが伝えた。

    「彼は33歳だが、非常にプロ意識が強い。私は彼のクオリティーを疑ってはいない」とスルツキ監督。正式に加入すれば「双方にとって良いステップ」になるとして、「我々は彼の決断を待っている」「ボールは彼に委ねられている」と述べ、正式契約は本田側の決断次第だとしている。

    本田は2008年1月にオランダのVVVフェンロに加入して国外挑戦をスタートさせ、2010年1月にCSKAへ移籍するまでプレーしていた。約10年ぶりに再びオランダのピッチに立つことになるのだろうか。

    11/4(月) 13:28配信 フットボールチャンネル
    20190401_honda9_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191104-00345981-footballc-socc

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★ 2019/11/04(月) 12:08:41.34
    元日本代表MF本田圭佑が自身の『YouTube』チャンネル「Keisuke Honda Official YouTube Channel」で、2020年に開催される東京五輪出場に向けて抱負を語った。

    今年6月にオーストラリアのメルボルン・ヴィクトリーを退団して以降フリーの状態が続いている本田。かねてから東京五輪にオーバーエイジ枠での参戦を望む意向を示してきた同選手は現在、新天地を探している状況だ。

    本田は英語で、「ご存じでしょうが、僕は2020年の東京五輪でプレーすることを望んでいます」と改めて東京五輪出場希望を口に。続けて、「だから、強力なリーグでプレーする必要があります。来年の五輪に向けて良い準備をするために。それが僕のビジョンです。今はオファーを待っている状況です」と、レベルの高いリーグでプレーすることを望んでいることを明かした。

    さらに本田は「シーズンはとても長いです。選手たちのコンディションは時期によって浮き沈みがあることを経験上、知っています。五輪のメンバーがどのように選出されてきたかも知っています」と、メンバー選考について語った。

    そして本田は練習中に日本語で、「見返したろと思って。マジで。全員、何回オレに見返されたら気が済むんかわかってないんじゃないかな」と吠えた場面も公開。カンボジア代表の実質的指揮官も務める中で、プレーヤーとしても存在感を示していくことを見据えた。

    なお本田は現在、CSKAモスクワ時代の恩師であるレオニード・スルツキ監督が指揮するフィテッセの練習に参加中。VVVフェンロ時代以来、10年ぶりのオランダリーグ復帰となるのかなど、去就の行方が注目されているが、「正しい決断をする必要があります。今急いで決めたら後悔することになる」とも語っており、慎重に新天地を決める意向を示した。
    2019-11-04_12h34_26
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00010013-goal-socc
    https://www.youtube.com/watch?v=_2GPyucnNj4


    続きを読む

    no title

    1: ニーニーφ ★ 2019/11/02(土) 00:35:30.21
    オランダ1部フィテッセが、10月31日から練習参加している元日本代表MF本田圭佑(33)の獲得を望んでいることが明らかになった。同国大手紙「デ・テレグラーフ」が1日に報じた。

    同メディアは、本田のCSKAモスクワ時代の恩師でもあるレオニド・スルツキー監督(48)が獲得を熱望していると報道。1日の練習後に「1、2日以内に(本田)圭佑から決定的な答えが出ることを望んでいる。彼は右サイドをはじめ複数のポジションでプレーできるので、うまく起用することができる」と話した。

    フィテッセは現在リーグ4位と好位置につけているが、攻撃陣に負傷者が続出している。そのため補強候補として、6月にオーストラリアのメルボルンVを退団して以降、無所属の状態が続いている本田に白羽の矢を立てたもようだ。

    カンボジア代表の実質的な監督を務めていることに対しても、代表期間中にはリーグ戦がないことから問題にしていない。フィテッセ入りが現実味を帯びてきた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191102-00000000-sph-socc

    続きを読む


    news_288968_1

    1: ゴアマガラ ★ 2019/11/01(金) 08:36:33.36
    サッカー元日本代表の本田圭佑が31日、オランダ1部リーグのフィテッセの練習に参加した。6対6のゲームで積極的にボールに触れ「長い間プレーしていないので時間は必要だが、気持ちとしてはやれる」と、現地メディアに英語で話した。

    昨季限りでメルボルンVを退団。オーバーエージ枠での東京五輪出場を目指し、欧州でのプレーを希望している。改めて「東京は特別なところ。出たいと思っている」と思いを口にし、フィテッセとの契約については「まだ分からない。僕が決めることではないので」と説明した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191101-00000069-spnannex-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ