海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 本田圭佑

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/08/15(水) 03:57:03.26 ID:CAP_USER9.net
    本田圭佑が新天地でボランチ転向直訴、五輪OA視野
    8/15(水) 3:50配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00299809-nksports-socc

    【メルボルン(オーストラリア)14日=八反誠】オーストラリアの強豪メルボルン・ビクトリー入りするワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表MF本田圭佑(32)が、新天地でボランチ転向を申し出た。カンボジアからタイを経由しメルボルン国際空港に到着。メディカルチェック後の会食でマスカット監督に直訴した。年齢制限外、オーバーエージ(OA)枠での出場を狙う20年東京五輪を見すえた仰天のポジション転向案。本田は今日15日に正式契約を結び、入団会見に臨む。

    自ら望んで実質的なカンボジア代表監督になったように、本田はやっぱり仕切ることが大好きだ。メルボルンではボランチに転向し、中盤でチームを仕切りたいようだ。サングラスにスーツ、ネクタイも締め、メルボルン入り。南半球は真冬で気温は14度。報道陣の問いかけには、何も答えなかったが、言うべきことはしっかり言っていた。

    クラブ関係者によると、この日夜の初めての会食でマスカット監督にボランチ転向を直訴。いかにチームに有益かを説き、説得にかかる見込みだ。イメージは中盤の底の司令塔。元イタリア代表で、同じACミランに在籍したピルロや、日本代表でともにプレーし、そのセンスに心酔するG大阪の遠藤。「レジスタ(演出家)」などと呼ばれた名手への変身プランを温めていた。

    海外に出て、とにかく点を取ることで成り上がってきた。しかし、ミランを退団し、思いを改めた。「(今まで)すごく自己中心的な考えでやってきたけど、年を重ねるごとに違うって気付くわけですよ」とも語っている。実際にロシアでのW杯では控えを受け入れ、周囲を生かす働きもした。気が利くプレーで、味方を生かし、長いパスも蹴ることができる。体も強い。スピードに難があるだけに、実は最適ポジションかもしれない。

    以前から「ボランチ本田」待望論はあった。実際、8年前にはCSKAモスクワのスルツキ監督(当時)が起用を模索した。ただ、あの時はトップ下にこだわり、頑として受け入れずメンバー外となったこともあった。この驚きのチェンジは、東京五輪を見すえたもの。OA枠での出場で金メダル獲得をぶち上げた自国開催の大舞台。一番求められるのは経験を生かしたゲームコントロール。ならば、ボランチ。チーム事情もあり、受け入れられるかは微妙なところだが、本田にとっては秘策でも何でもなく、当然の策のようだ。

    サインする本田圭佑
    20180815-00299809-nksports-000-view

    ◆本田のポジション変遷 石川・星稜高ではトップ下。名古屋では左ウイングバックなど中盤左サイドが主戦場で、攻撃的な左サイドバックとしても起用された。VVVフェンロではトップ下に君臨し得点を量産。CSKAモスクワでも主にトップ下だったが、数試合ボランチでもプレー。ACミランではほぼ3トップの右、右FWに固定された。パチューカではFWや中盤の攻撃的な位置を複数、高いレベルでこなす。日本代表ではトップ下と右FWが指定席。
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/15(水) 07:06:12.79 ID:CAP_USER9.net
    “本田劇場”が新たなサプライズを準備中だ。オーストラリア1部(Aリーグ)メルボルン・ビクトリーへの入団が決まった日本代表MF本田圭佑(32)は、選手としてだけでなく、同国サッカー界のさらなる発展を目指すプロジェクトに乗り出した。すでにAリーグ全体を統括できる要職への就任を希望しており、カンボジア代表の「実質的な監督」に続く、仰天プランとなりそうだ。

    本田は12日にカンボジア代表の「実質的な監督」となるGM就任を発表し、世間をあっと驚かせた。15日には、すでに契約締結を発表したメルボルンVの入団会見が予定されているが、新天地でもサプライズが待ち受けていそうだ。

    本田に近い関係者によると「将来的にリーグ全体の発展につながる枠組みや制度などの話も積極的にしているようで、ゆくゆくはそういったことが決められるポジションに就く可能性もあるのではないか」という。プレーだけでなく、ピッチ外でもオーストラリアのサッカー界を盛り上げていこうというのだ。

    サラリーキャップ制を導入するAリーグでマーキープレーヤー(年俸制限のない選手)となる本田にメルボルンVは年俸290万豪ドル(約2億4000万円)という破格の条件を用意。交渉段階から年俸の一部を支払うオーストラリアサッカー連盟(FFA)が関わるなど同国サッカー界からの期待は“国賓級”と言えるほど大きい。

    Aリーグは平均観客数が1万人程度で市場は大きくなく、近年は世界レベルのスター選手も不在で頭打ちの状態。そんな停滞した状況を打破すべくオーストラリア側は国を挙げて本田の“獲得”に乗り出し、交渉ではリーグ全体への貢献も求めたという。本田側も積極的にリーグの発展に尽力することを約束した。

    まだ正式決定には至っていないものの、本田は連盟やAリーグの統括アドバイザー的な役割を担う“GM”とも言える要職に就いて新制度づくりなどに取り組む構えで交渉中という。すでに具体的な施策の一つとして日本選手が継続的にAリーグに参戦できるように“日本人枠”を設けるプランを打ち出している。

    日本側は若手が欧州へ渡る前の足慣らしとして海外でのプレーを経験でき、オーストラリア側も日本の有望株を受け入れることでレベルアップを図れるというもの。商業面での波及効果など大きなメリットも期待できるとし、本田は両国サッカー界のさらなる連携強化を主張しているという。

    すでにサッカースクールの経営、クラブ買収をはじめ、投資ファンドの設立、教育やIT、マーケティング、ファッション、コンサルタントなど、サッカー以外の分野にも本格進出し、その野望は果てしなく広がっているようだ。

    8/14(火) 16:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000021-tospoweb-socc

    写真

    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/08/14(火) 12:12:41.63 ID:CAP_USER9.net
    川淵氏「コペルニクス的転回」本田の兼任監督に期待
    2018年8月14日11時56分 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201808140000382.html

    日本サッカー協会(JFA)相談役で、元キャプテンの川淵三郎氏(81)が14日、ツイッターを更新し、サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表MF本田圭佑(32=メルボルン・ビクトリー)が、カンボジア代表の実質的な監督に就任したことについて、18世紀のドイツの哲学者イマヌエル・カントが口にしたとされる明言でたたえた。

    「(コペルニクス的転回、例え常識に反するとも180度考え方を変えてみろ)を実践しているのが本田選手。現役選手として発想が跳んでいる。将来が楽しみ!!」(原文のまま)

    川淵氏がツイートした「コペルニクス的転回」とは、カントが1781年に出版した「純粋理性批判」の中で、認識は対象に依存するとしたこれまでの考え方に対し、対象の認識は主観によって構成されるという考え方の大きな逆転、転回を論じ、そのことを、15世紀のポーランドの天文学者ニコラウス・コペルニクスによる、天動説から地動説への転回に例えたものだ。

    川淵氏は、指導者ライセンスを持たない現役選手の本田が、ゼネラルマネジャー(GM)に就任する形で、カンボジアA代表の強化の全権を担うという、世界的にも極めて異例の“兼任監督”という飛び抜けた発想を、世界史に残る天文学者と哲学者に例えてたたえた。


    川淵三郎氏

    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/08/13(月) 06:10:19.39 ID:CAP_USER9.net
    オーストラリア1部メルボルンVに加入したMF本田圭佑(32)が12日、事実上のカンボジア代表監督に就任した。

    首都プノンペンで行われた会見に出席し、同国代表スタッフに入閣することを電撃発表。現役選手が一国のA代表の編成、指揮の全権を担う極めて異例の契約は、無報酬という。選手、ビジネスマンに加え、指導者としてのキャリアを歩み始める本田の“監督デビュー”は、9月10日に同国内で行われるマレーシア戦となる。

    本田が、驚きの挑戦に踏み切った。プノンペンでの会見で、事実上のカンボジア代表監督就任をサプライズ発表。「世界どこを見ても初めての契約だと思います。そういった普通ではないやり方を受け入れたことに感謝している」とした本田は「私にとって初めての監督業。可能な限りカンボジアのサッカーに関わっていきたい」と抱負を語った。

    カンボジアの命運を任された。肩書は「Head of delegation」。直訳すれば「団長」だが、A代表の編成や指揮の全権を託された実質的な指揮官となる。国際Aマッチデーにはベンチ入りする。指導者ライセンスを持たない本田に代わり、アルゼンチン最高位のライセンスを保有する本田専属アシスタントのフェリックス氏(30)が登録上の監督となる。契約は2年で本田自身は無報酬だが「好きでやっているので、ここに来るための移動費をみていただくだけで、そのほかには受け取らない」と志の高さをアピールした。

    カンボジアとは深い縁がある。15年11月、W杯ロシア大会のアジア2次予選で同国と対戦。現地でサッカー熱を感じる一方で、貧困問題を考えるきっかけにもなった。「子供たちに夢を持つ大切さを伝えたい」と語る本田は16年、自身のサッカー教室をプノンペンに開校。同国1部アンコールFCの経営にも参画した。今回は、今までにない形で世界のサッカーに携わる方法を模索していた本田が同国協会に提案。同国協会がアジア連盟などにルール上の確認を取った上で快諾した形となった。

    本田は22年W杯カタール大会を目指さないことを明言しているが、20年東京五輪にオーバーエージ枠で出場を目指すことを表明したばかり。米国の人気俳優ウィル・スミス(49)とベンチャーファンド(投資基金)を設立するなどビジネスパーソンとしても活躍。まさに“三足のわらじ”で、エネルギッシュに飽くなき夢を追求していく。

    ▽カンボジア 1953年に王国としてフランスから独立。首都プノンペン。国土面積は18・1万平方キロで日本の約2分の1、人口は1576万人で日本の約8分の1。世界銀行統計の17年GDP(国内総生産)は世界105位の222億ドル(約2兆4642億円=日本の約200分の1)。
    アジア最貧国の一つとされる。

    ≪登録上の監督はライセンス持つフェリックス氏≫登録上の監督となるフェリックス氏は、17年7月から本田の専属アシスタントを任されている。JFL佐川印刷でプレー経験のあるアルゼンチン人で、スペイン語と英語が堪能。メキシコ1部パチューカでプレーした本田の通訳も担い、個人練習のパートナーもこなした。本田のメルボルンV合流後も専属アシスタントを継続するという。
    2018-08-13_08h22_54
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000005-spnannex-socc
    8/13(月) 6:00配信
    続きを読む

    1:shake it off ★:2018/08/12(日) 15:05:07.29 ID:CAP_USER9.net
    W杯ロシア大会に出場した日本代表MF本田圭佑(32)が12日、プノンペンで開催されたカンボジアサッカー連盟の記者会見に出席、同国のコーチングスタッフに入閣することが発表された。
    肩書きは「Head of delegation」で、チーム構成や指揮に対する全権を任せられる予定。登録上の“監督”はアルゼンチン最高位ライセンス保持者のフェリックス・アウグスティン・ゴンザレス・ダルマス氏(30)が担うが実質的な監督のポジションを務めるという。契約期間は2年。

    今後は新天地として選んだメルボルン・ヴィクトリー(オーストラリア)でプレーしながら、国際Aマッチデーはカンボジア代表のスタッフとしてベンチに入る予定。初戦は9月10日にカンボジアで開催されるマレーシア代表戦。FIFAランキング166位の代表チームを強化していく。

    会見に臨んだ本田のコメントは以下の通り。

    みなさん。こんにちは。会長、副会長、みなさん、このような場を用意していただきありがとうございます。

    先日、メルボルン・ビクトリーFCというチームと新しい契約を結んだばかりで現役サッカー選手は続けます。そんな中でカンボジアサッカー連盟に“現役を続けながらカンボジア代表監督をやることは可能か”と質問したところ“本気で言っているならオファーをする”と言っていただき、この場に至りました。こういった形の契約は世界どこをみても初めての契約だと思います。そういった普通ではないやり方を受け入れたことに感謝しています。

    私にとってはじめての監督業になります。実際にはメルボルンでプレーするので、すべての試合に関われない可能性がありますが、可能な限りでカンボジアのサッカーに関わっていきたい。

    ミッションがふたつあります。ひとつはカンボジアサッカー連盟、各チーム、育成年代のすべてが同じサッカースタイルをつくること。つまり、カンボジアのサッカーのスタイルを確立すること。それがミッションのひとつです。これは日本でもすごく苦労していることです。目指すものがバラバラだと、みんなが違う方向に向かって、強いサッカーチームができあがりません。サッカーというのは今日、明日では強くならないので、しっかり目標を掲げ、そこにみんなが我慢しがら一緒になって進んでいくことを今回のミッションのひとつとして掲げます。

    ふたつめは、サッカーを強くするだけではなく、サッカー以外のカンボジアの素晴らしいところを世界に伝えていくことも私の使命だと思っています。何度もカンボジアに足を運んでいて、カンボジアの素晴らしいところをいくつも目にしてきました。文化、世界遺産、農業、そういったところを世界にアピールをしてくつもりでいます。

    さらに、一番の特徴であるカンボジア人のまじめなところ。日本人と共通する部分でもあると思うが、そこをアピールしていきたい。もう一度繰り返しますが、ひとつはサッカーのスタイルを確立すること。ふたつめは、サッカー以外のカンボジアの魅力を世界にアピールすることです。
    2018-08-12_15h28_29
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00000099-spnannex-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/08/10(金) 16:45:19.14 ID:CAP_USER9.net
    8/10(金) 16:31配信

    メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)に加入した日本代表MF本田圭佑(32)の今後に、厳しい現実が待ち受けている。本田はオーバーエージ(OA)枠での2020年東京五輪出場を新たな目標に設定したが、ロシアW杯では運動量とスピード不足を露呈。このままではOAとして戦力外だという。

    本田はロシアW杯後に引退を示唆したが、考え直してOAでの自国開催五輪出場を目指している。とはいえ、そう思い通りにはいかなそうだ。

    もちろん3大会連続のW杯出場やオランダ、ロシア、イタリア、メキシコでプレーしてきた経験を伝えることで、将来のA代表を担う若手に大きなプラスをもたらすのは間違いない。東京五輪代表とA代表兼任の森保一監督(49)は、本田をはじめDF長友佑都(31=ガラタサライ)やFW武藤嘉紀(26=ニューカッスル)らロシアW杯メンバーのOA立候補に「ありがたいし、心強い」と歓迎している。

    ただ、OAはあくまで「戦力」であるのが大前提だ。あるJクラブ監督は本田について「ロシアW杯の時くらいのプレーなら、あえて呼ぶ必要ないのではないか。走れないし、スピードもなかったからね。他にいい選手はたくさんいる」と手厳しい。W杯では途中出場で得点を挙げる勝負強さも見せたが、前出のJ監督は「五輪(代表メンバー)は18人(W杯メンバーは23人)しか選べない。スーパーサブ前提の選手はいらないと思う」との見解だ。

    さらに1964年東京五輪でカヌー競技に出場した大叔父の本田大三郎氏(83)も「名前は売れているので(東京五輪の)盛り上げ役などで協力できるのでは」と話していた。身内までも20年五輪では現役選手として期待していないのだ。

    やはり本番で34歳となるベテランに、経験値もあって戦力になる選手像を求めるのは酷なのか。本人は「がっつり自分を鍛え上げ現役を続けようと思っている」と新たなチャレンジに燃えているが…。
    2018-08-10_17h52_58
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00000020-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/08/08(水) 11:40:04.40 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表MF本田圭佑(32)が水面下でJクラブ買収へ動いていたことが6日、本紙の取材で明らかになった。オーストリア3部ホルンや米下部オレンジカウンティーSCなどのクラブ経営に参画するなど、実業家としての手腕を発揮しているが、満を持して母国のクラブ経営にも乗り出す。すでにJ2東京Vと接触していたという。また、オーストラリア1部(Aリーグ)メルボルン・ビクトリーはこの日、年俸290万豪ドル(約2億4000万円)の1年契約で本田の加入を正式発表した。

    日本の元エースがオーストラリアで再始動することを決めた。1ゴール1アシストをマークしたロシアW杯後には引退も示唆していた本田だが、オランダ、ロシア、イタリア、メキシコに続き海外5か国目のリーグで現役を続行する。

    メルボルンVがこの日、公開した動画インタビューで「僕の仕事はこのチームを勝たせること。自信はあります。常にベストを尽くすのが僕のスタイルです。勝ちましょう!」などとコメント。今後はメルボルンVの躍進とともに、自国開催となる東京五輪サッカー男子で24歳以上の選手を3人まで登録できるオーバーエージ(OA)枠での参戦を目指していく。

    一方でピッチ外でも新たなビッグプロジェクトをスタートさせた。複数の関係者によると、本田は日本のクラブを傘下に収めるため買収に動き出していたというのだ。その理由について関係者は「世界に日本選手を送り出すというコンセプトで海外クラブを買収したけど、圭佑は自分の足元となる日本に窓口となるようなクラブがないので、Jクラブを買収しようとしている」と説明した。

    本田は自身のマネジメントなどを担当する「ホンダ・エスティーロ」を通じ、世界中でサッカースクールの経営に乗り出すとともに、2015年にオーストリア3部SVホルンの経営権を取得。その後も米下部ユナイテッドリーグのオレンジカウンティーSCと業務提携し、カンボジア2部ソルティーロ・アンコールFCとウガンダ1部相当ブライトスターズFCを買収し、クラブ経営を行っている。

    満を持して自身の母国である日本にも拠点となる5つ目のクラブを持とうとしたわけだが、当初ターゲットとしたのがJ2東京Vだった。かつてカズことFW三浦知良(51=横浜FC)やMFラモス瑠偉を擁し、Jリーグナンバーワンと呼ばれた名門クラブ。

    しかし何度かの身売りを繰り返し、現在も経営難がささやかれていることもあり、本田サイドが買収を持ちかけたというのだ。

    Jリーグ関係者は「クラブを持ち、そこから世界に通じる人材を送り出したいという本田サイドの意向を受けてヴェルディも検討したようだ。でも圭佑には現在の経営陣らと一緒に共同経営する考えはなく、あくまで(株式の)51%(経営権)を持ちたいという提案をしていたそうだ。自分たちが全てを握りたいということでしょう」と明かした。

    この件について東京Vの羽生英之社長(54)は本紙の取材に「もう終わったことだから…」とコメント。詳細については語らなかったが、本田サイドとクラブ買収に関する交渉をしていたことは否定しなかった。

    前出の関係者は「圭佑はビジネスのことしか頭にないし、とにかく日本に拠点となるクラブを欲しがっているのは間違いない」と断言。一度は決裂した東京Vを含め、引き続きJクラブ買収を進めていくつもりだ。本田がJクラブの“オーナー”になる日は遠くない。

    【メルボルン・ビクトリー】2004年創設で、オーストラリアAリーグで3度の優勝を誇る強豪クラブ。同じ都市に本拠を置くメルボルン・シティーとはライバル関係にある。今季のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)では1次リーグF組でJ1川崎に勝利。ホームには5万人以上収容のエティハド競技場などを使用する。中心選手はオーストラリア代表FWジェームズ・トロイージ(30)。
    2018-08-08_14h43_41
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000010-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/08/06(月) 09:16:51.55 ID:CAP_USER9.net
    オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーは6日、元日本代表MF本田圭佑の加入が決まったと発表した。契約期間は2018-19シーズンとされ、「クラブ史上最大の契約」とも公式HPに記されている。

    去就に注目が集まっていた本田については、オーストラリアメディア『SBS』がメルボルン・ビクトリーと1年契約を締結する見通しであると報じていた。
    年俸は290万ドル(約3億2000万円)で、同クラブが130万ドル、残りの160万ドルはオーストラリアサッカー連盟(FFA)と『FOX SPORTS』が支払うことになるという。

    そして本田は2日、インターネットテレビ番組『AbemaTV』に生出演。番組の最後にオーストラリア移籍の可能性を問われると「イエスです! ただ交渉は最後まで分からないので、待っていてもらえると」とコメントしていた。

    本田はパチューカとの契約が満了となり、フリートランスファーとなっていた。2018 FIFAワールドカップ ロシアを終え、現役引退の可能性も含めて去就に注目が集まっていたが、新天地がついに決定。オランダ、ロシア、イタリア、メキシコと海外クラブを渡り歩いてきたが、次のチャレンジはオーストラリアが舞台となることが決まった。
    2018-08-06_09h47_33
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00804670-soccerk-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/08/04(土) 22:48:58.63 ID:CAP_USER9.net
    日本代表DF槙野智章(31)=浦和=が4日に放送されたTBS系「炎の体育会TV」(土曜・午後7時)で、ロシアW杯でともにプレーしたMF本田圭佑(32)の秘話を明かした。

    槙野は「一番のムードメーカーは、僕は本田圭佑選手だったと思う」と振り返り、「一番大きな声で話して、一番笑い声を出しているのが本田選手だと思う」と口にした。

    移動中には槙野が選曲した音楽を機内などで流していたそうで
    「彼が気に入った音楽を流すと『good tuen(グッチューン)』と(座席の)後ろから」と声をかけてきたという。

    また「海外生活が長いので『こういう芸人さんが面白いよ』」と本田に教えているといい
    「最近はまっているのが、ブルゾンちえみさんらしくて。動画を送ってあげたり」していたことを明かしていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15113248/
    2018年8月4日 20時40分 スポーツ報知
    no title



    Austin Mahone - Dirty Work
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ