海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 本田圭佑

    2017-09-06_09h11_19

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/09/07(木) 11:49:23.26 ID:CAP_USER9.net
    9/7(木) 11:42配信
    デイリースポーツ

    サッカー日本代表の本田圭佑(パチューカ)が7日、自身のSNSを更新した。

    W杯最終予選の最終戦となった5日のサウジアラビア戦では、右サイドで先発したが、精彩を欠き、前半のみで交代。代表での不要論など厳しい意見が飛び交うが、「サッカーファンの皆さん、メディアの皆さん、『もう代表に必要ない』とか他にも厳しい声をありがとうございます」と、感謝のコメント。

    「年明けてからの半年間が何よりも重要なのは何度も言ってるが、良い感じで舞台は整ってると思ってます」と、来年の巻き返しに自信を滲ませつつ、再び「ありがとう。」で締めくくった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170907-00000048-dal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/07(木) 00:18:33.20 ID:CAP_USER9.net
    ワールドカップ・アジア最終予選のサウジアラビア戦は、両者のモチベーションの違いが結果にも表われる形になったと思う。

    サウジアラビアは、オーストラリアの結果を受けて自分たちは1点を取って逃げ切れば、ワールドカップ出場が決まると分かっている。だから、攻撃にしろ、守備にしろ、局面での球際の争いではサウジアラビアの選手が一歩、二歩勝っていたように感じるよ。そうした小さな積み重ねが明暗を分けたように感じた。

    それでも前半は、高温多湿の環境や凄まじいアウェーの雰囲気のなかで、しっかり能力の高さを見せてくれた選手もいたし、まったく収穫がなかったわけではなかった。

    とくに、原口は豊富な運動量をベースに攻守両面で効果的な働きを見せていた。自分が担当するエリアではきっちり相手を抑え込んでいたし、チャンスと見るやどんどんスペースへ出て行った。欲を言えば、もう少しフィニッシュに絡んでいってほしかったけど、本大会でも期待が持てそうなパフォーマンスを見せてくれたよ。

    中盤でも山口が惜しいミドルを放つなど、積極性があった。あるいはスペインで好調を維持する柴崎やオーストラリア戦で豪快なミドルを放った井手口も、決定的な仕事は少なかったけど、中盤で相手の攻撃の起点を潰したり、スルーパスでチャンスメイクをする場面も見られた。

    ただ、後半に入ると、日本の良さは徐々になくなっていった。勝利が必要なサウジアラビアがどんどん圧力をかけてきて、その勢いをさばけなくなったからだ。現地の暑さも尋常じゃなかったようだから、選手たちは相当厳しかっただろう。

    そういうなかで、60分過ぎに岡崎に代えて杉本を1トップに投入したわけだけど、彼が最前線で効果的に機能したとは言い難かっ

    日本の選手には、かなり疲れが見えて、サポートも遅く、ミスも多くて、杉本にはちょっと酷な状況だったと思う。もちろんチーム内の序列というものがあるのだろうが、できればロシアへの布石として、こういう切羽詰まった“本気の”相手に対して新戦力がどれだけやれるのか、スタートから見てみたかった気がするよ。

    つづく
    no title
    2017年09月06日  サッカーダイジェスト
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=29692
    続きを読む

    2017-09-06-keisuke-honda_1v0tmf16bgexr1x9sneou0yj4a

    1:りこぴん ★@\(^o^)/:2017/09/06(水) 19:53:20.42 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表FW本田圭佑(31)のパフォーマンスに厳しい声が飛び交った。ロシアW杯アジア最終予選のサウジアラビア戦。先発したが精細を欠き、前半終了とともにベンチに退いた。

    7年前、南アフリカW杯を控えながら低迷していた代表の中で、当時絶対的な司令塔だった中村俊輔を追い落とし、救世主となった本田。今度はその本田が「かつての中村俊輔のよう」といった声がインターネット上にあふれており、世代交代の波が押し寄せている。

    ■前園真聖「今の本田のサイドでのプレーは相手にとっては怖くないだろう」

    2017年9月6日未明(日本時間)のサウジ戦はW杯予選の最終戦。2-0で勝利した8月31日のオーストラリア戦では出番がなかった本田だが、右ウィングで先発出場した。

    だが、フィジカルの強さを生かした前線でのボールキープや、高精度のパスといった持ち味は発揮できなかった。MF柴崎岳ら味方との連携でもズレが目立ち、右サイドバックの酒井宏樹とのコンビも機能しなかった。試合中からツイッター上では「1人だけ遅い」「重くて遅いのが目立ってしまった」「スピードについていけてないな...」と厳しい声が目立った。

    前半43分には、最終ラインまで下がったMF山口蛍に対し、内側に絞って引きながら縦パスを受けた本田だが、トラップで凡ミス。自陣内でボールを奪われてショートカウンターになり、あわや失点のシーンにつながった。本田はハーフタイムでFW浅野拓磨と交代した。

    元日本代表の前園真聖氏はツイッターで、「本田が前半で交代。サイドのポジションがDFの裏に飛び出す動き、ドリブルで仕掛ける役割が代表で必要ならば、今の本田のサイドでのプレーは相手にとっては怖くないだろう」と、パフォーマンスの低調ぶりを指摘した。

    本田の現状を見て多くの人が思い出したのは、7年前のことだったようだ。南アフリカW杯直前の2010年、司令塔として君臨していた中村俊輔だったが、相次ぐケガやコンディショニングの影響で精細を欠き、岡田武史監督(当時)は「俊輔外し」の大ナタを振るった。そして代わって定着したのが当時23歳の本田だった。本田はセンターFWとして南アW杯で鮮烈の2ゴールをあげ、明確な「世代交代」を起こした。

    「本田は南アの時の俊輔みたいな立場になってしまったなあ」

    南アW杯開幕時点の中村は31歳で、今の本田も31歳。サウジ戦後、ツイッター上では

    「本田は南アの時の俊輔みたいな立場になってしまったなあ」
    「怪我で劣化の一途をたどった南アフリカ直前の中村俊輔を思い出した。本田好きだったんで悲しい。ここまでかな」
    「決定的に解ったのは本田はハリルのサッカーにはマッチしないと言う事。かつて岡田監督が中村俊輔を外したように。今回は本田が中村俊輔の立場になる番だろう」
    「俊輔のラスト(南ア)W杯の再現になっぞ!世代交代、自らも繰り返すのか」
    本田さんは、かつての中村俊輔のようになるか」

    といった声が続々とあがった。

    一方、本田はケガのため所属するパチューカ(メキシコ)でのデビュー戦が8月下旬までずれ込んでおり、調整の時間は不十分だった。ハリルホジッチ監督も「本田は今トップコンディションではない。ゲーム感を取り戻してほしい」とし、もともと「45分の前提で使った」としている。また、サウジ戦は0-1で敗れたが、失点は本田が退いた後半18分。前線でタメをつくれる本田の能力を依然評価する向きもあり、

    「このタイミング(編注:後半20分あたり)で本田投入したかったなー。ポゼッション出来る時に」
    「本田外して攻撃は活性化したと見るか、逆に失点したと見るかは検討の余地ありだわ」
    「今日は本田入れるなら、やっぱり柴崎のところだったな」

    と、起用方法への言及もあった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-00000010-jct-ent
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/09/03(日) 23:22:25.24 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表FW本田圭佑(パチューカ)が3日、自身のツイッターで、「棄児(きじ)」と呼ばれる捨てられた子供達の問題に切り込んだ。

    報道記事を引用し、「最悪」と懸念した本田。「母親も父親も周りの家族にも全員に責任があるし、何よりも母親は後悔してるはず」と憂えた。

    別の視点から「これ、勇気出して子供を引き取りにいったら母親って捕まるんかな?それやったら根本的な問題が解決しないし、意味ないよね」との考えもつづった。

    今年の5月21日からツイッターを始めた本田は、サッカーと直接関係のない社会問題の話題も積極的につぶやいている。以前の取材には、「ツイートしていることの内容が意外と思われることもあるかもしれないですけど、僕としては自然で、20代前半から考えていたことを今になってつぶやき始めたと思ってもらえれば」と語っている。
    2017-09-04_00h01_21
    https://www.daily.co.jp/soccer/2017/09/03/0010521270.shtml
    続きを読む

    1:プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/08/29(火) 16:36:23.95 ID:CAP_USER9.net
    日本代表FW本田圭佑(パチューカ)が、31日に行われるW杯アジア最終予選・オーストラリア戦(埼玉)から、ミズノ製スパイク『REBULA V1 JAPAN』の新カラー(ピンク×ブラック×ライトグリーン)を着用する。

    今回のカラーは、本田もプロサッカー人生で初めて着用する、“桜”をイメージしたピンクのカラーを採用した。桜は日本を象徴する花で、日本人にとって親しみがあり、新しいシーズンの始まりをイメージさせる。メキシコという新天地で、日本人として強い勇気と覚悟を持って海外で挑戦を続ける本田の姿勢を表現している。

    本田はミズノ社を通じ、「今回もまた新しい色に挑戦です。桜をイメージしたピンクです。シューズの色が変わると気分も変わるので、これからも新しいことへの挑戦を続けていきます」とコメント。新天地での活躍を誓った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170829-01643490-gekisaka-socc
    58:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/08/29(火) 17:24:35.49 ID:cOjwT0S/0.net
    >>1
    画像ぐらい貼っとけ
    本田同様使えねーな

    続きを読む

    1:あちゃこ ★@\(^o^)/:2017/08/28(月) 07:24:20.59 ID:CAP_USER9.net
    メキシコ1部パチューカの日本代表FW本田圭佑(31)が28日、成田空港着の全日空機で帰国した。チャコール・グレーのスーツにノーネクタイ、サングラス姿で到着ゲートに現れ、早朝ながら待ち構えていた20人に丁寧にファンサービス。サインや記念撮影に応じ、子どもを抱きかかえる場面もあった。

    本田は今月10日に全日空とスポンサー契約を締結したばかり。これまでの帰国時とは違う“特別導線”が用意され、ファンサービスを終えた本田は航空会社スタッフ付き添いの下、VIP専用の通用口に消えていった。

    右ふくらはぎを痛めていた本田だが、22日のホーム・ベラクルス戦でデビュー弾を決めるなど復調をアピール。この日から日本代表に合流し、31日に行われるW杯アジア最終予選オーストラリア戦(埼玉ス)へ向けて準備を進める。
    no title
    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170828-00000074-spnannex-socc

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/26(土) 13:24:23.44 ID:CAP_USER9.net
    ■メキシコリーグ第7節

    ティファナ 2-1 パチューカ

    <得点者>
    【テ】テボウ(43分)
    【パ】マルティネス(64分)
    【テ】ムスト(87分)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11048535


    パチューカの日本代表FW本田圭佑は、現地時間25日に行われたメキシコリーグ(リーガMX)第7節の敵地ティファナ戦の後半開始から出場。得点に絡むことはなかったが、右ふくらはぎ肉離れが癒えて2戦連続の出場でプレー時間を伸ばし、日本代表への合流に問題がないプレーぶりを示した。試合は1-2でパチューカが敗れている。

    本田は前節のヴェラクルス戦、後半途中からの出場ながらメキシコデビューと初ゴールを同時に達成。日本だけでなく、メキシコメディアのベストイレブンに選出されるなど、現地でも大きなインパクトを残した。中2日で臨んだ敵地ティファナ戦では初スタメンの期待もかかったが、この日もベンチでキックオフの笛を聞いた。

    試合はパチューカのMFアルフォンソ・グスマンが、前半12分で相手マーカーの足をスパイクで踏みつけたとの判定が下り、一発退場。パチューカは早々と10人での戦いを強いられ、同42分にはティファナのFWレオナルドに先制点を許し、1点ビハインドで前半を折り返した。

    苦境のパチューカは後半開始のタイミングから、1枚目のカードとして本田投入を決断。4-3-1-1システムのトップ下に入った「背番号02」は、積極的にボールを受けに行き、攻撃の起点になろうとの意欲を示した。しかしキープしてもフォローが少なく、ゴールに近づけるシーンはなかなか生まれなかった。攻めあぐねたパチューカだったが後半18分、右サイドのクロスから混戦となり、最後はDFホアキン・マルティネスが左足で蹴り込み1-1の同点に追いついた。

    しかし同41分、セットプレーからティファナに勝ち越し点を許し、パチューカは1-2と再びリードを許す。試合はこのままのスコアで終わり、本田は決定的なプレーに絡むことはできなかった。ただロシア・ワールドカップアジア最終予選のオーストラリア戦、サウジアラビア戦のために日本代表へと合流する本田からしてみれば、45分間のプレー時間はバヒド・ハリルホジッチ監督に向けて大きなアピールとなったはずだ。

    8/26(土) 13:12配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170826-00010006-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    2017-08-23_12h54_47

    1:ラッコ ★@\(^o^)/ :2017/08/23(水) 18:11:53.36 ID:CAP_USER9.net
    プリメーラ・ディビジョン
    欧州でも本田圭佑のメキシコデビュー弾が話題に…各国主要メディアが報道

    メキシコリーグでデビューゴールを飾った本田圭佑について、ヨーロッパメディアもその活躍を伝えている。ミランの元10番のその後の動向ヨーロッパメディアも着目しているようだ。

    メキシコリーグの17-18シーズン、アペルトゥーラ(開幕ステージ)第6節パチューカvsベラクルスは4-1でパチューカが勝利を収めた。

    ベンチスタートだった本田圭佑は58分から途中出場を果たし、73分にはカウンターの場面で抜け出すと、ペナルティーエリア外から強烈なミドルを放ち、ネットを揺らした。

    これまでJリーグからエールディヴィジ、ロシアリーグ、セリエAと渡り歩いてきた本田にとって、新たな地メキシコリーグでの初得点となった。

    この活躍は地元の北米メディアのみならず、ヨーロッパ主要メディアも大きく伝えている。

    イギリス『ユーロスポーツ』は「セリエAのミランから去った31歳の本田はベンチスタートだったものの、ホームデビュー戦でチームの4得点目を記録した。“最初のステップとしては悪くない”、“この気持ちを言葉にすることは難しい。この後も調子を上げていかなくては”とホンダは語っている」という本人の言葉を交えながら、メキシコでの活躍を伝えた。

    フランスの大手メディア『レキップ』は「ホンダは3点リードの状況で投入されると、73分に左足で強烈なシュートを放ち、ゴールを記録。パチューカは最終的に4-1で勝利している」と伝えた。

    また、同メディアは記事の最後に「アンドレ・ピエール・ジニャックが所属するティグレスは木曜にクラブ・アメリカと戦う」と添えており、現フランス代表FWジニャックがメキシコでプレーしていることから、フランス国内ではメキシコリーグへの関心度が高いようだ。

    Goal.com 2017年8月23日17:10 Goal編集部


    本田のゴール動画:

    <試合詳細>
    2017-08-23 に開催される プリメーラ・ディビジョン CFパチューカ 対 CDティブロネス・ロホス・デ・ベラクルス のテキスト速報と結果はこちら│Goal.com
    http://www.goal.com/jp/%E8%A9%A6%E5%90%88/%E3%83%91%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%AB-%E5%AF%BE-%E3%83%99%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%B9/e3sjohlyfrx2stgqs9ryuuvsa
    続きを読む

    2017-08-23_12h54_47

    1:あちゃこ ★@\(^o^)/:2017/08/23(水) 12:33:35.80 ID:CAP_USER9.net
    パチューカの日本代表FW本田圭佑(31)が22日(日本時間23日)にホームで行われたベラクルス戦の後半に途中出場し、1得点を挙げメキシコデビューを飾った。

    3点リードの後半13分から途中出場。同27分にカウンターからドリブルで抜け出すと左足でミドルシュートを放ち、移籍後初ゴールを決めた。

    試合はチームが4―1で快勝した。

    初出場を果たし「ようやくチームに合流し、途中出場できて興奮した。チームも勝てたし、言葉にならない」と喜び。「もう少し調整してコンディションを上げないといけない」と課題も挙げ、次戦を見据えた。

    本田は昨季限りでイタリア1部・ACミランを退団し、パチューカに電撃移籍。7月に右ふくらはぎを痛めて出遅れ、開幕から5試合はベンチ外だった。

    日本代表としては31日にW杯切符を懸けたオーストラリア戦を控えている。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170823-00000090-spnannex-socc
    続きを読む


    パチューカに所属する日本代表MF本田圭佑が、メキシコデビューを飾り、初ゴールを決めた。

    初のベンチ入りを果たした本田は、58分にチリ代表FWアンジェロ・サガルと交代でピッチに立つ。直後にCKから惜しいヘディングシュートを放つなど、ゴールの匂いを漂わせていた。

    そして73分、ついにその時が来た。中盤で味方からパスを受けた本田が独走。遠目の位置から左足で思い切りシュートを放つ。強烈なミドルシュートがゴールに突き刺さり、本田が、チーム4点目となる追加点を挙げた
    2017-08-23_11h00_41

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170823-00631810-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ