海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 伊藤達哉

    1:pathos ★ :2018/05/13(日) 00:33:32.72 ID:CAP_USER9.net
    ◆ドイツ・ブンデスリーガ最終節 ハンブルガーSV―ボルシアMG(12日・ハンブルク)

    日本代表DF酒井高徳(27)が主将を務めるハンブルガーSVが、クラブ史上初めてブンデスリーガ2部に降格した。

    入れ替え戦枠を争うヴォルフスブルクが勝利。ハンブルガーSV―ボルシアMG戦は発煙筒が投げ込まれて終了間際に試合が中断したが、この一戦の終了を待つことなく降格が決まった。

    ブンデスリーガは63年に創設。ハンブルガーSVはリーグ54年の歴史で唯一、降格したことがないクラブとして知られていた。前節まで勝ち点28で自動降格圏の17位。入れ替え戦へ進む16位ヴォルフスブルクとは勝ち点2差。ヴォルフスブルクが1FCケルンに敗れ、ハンブルガーSVが勝つことだけが、得失点差との関係から残留へ望みをつなぐことができる唯一の条件だった。

    酒井は右サイドバックで、伊藤達哉(20)が左MFで日本勢はダブル先発。ドリブラーの伊藤がトップチームに定着した3月中旬以降、チームは3勝1分け3敗と持ち直し、地元メディアからは“救世主”とも言われていた。伊藤はチーム2点目のゴールをアシストし活躍したが、逆転残留とはならなかった。
    2018-05-13_00h57_23
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180512-00000326-sph-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/04/29(日) 00:34:56.75 ID:CAP_USER9.net
    【ヴォルフスブルク 1-3 HSV ブンデスリーガ第32節】
     
    現地時間28日にブンデスリーガ第32節の試合が行われ、17位ハンブルガーSVは14位ヴォルフスブルクのホームに乗り込んで対戦。

    HSVに所属する伊藤達哉とキャプテンを務める酒井高徳は共に先発出場を果たした。試合開始して43分、ドリブルで仕掛けた伊藤がペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得。PKキッカーを務めたボビー・ウッドがゴールを決めてHSVに先制点が入る。続く44分にも伊藤がチャンスを作り出したが追加点はならず。

    それでも前半アディショナルタイム、伊藤のクロスにルイス・ホルトビーが頭で合わせてHSVに2点目が入った。しかし78分、フリーキックからヨシップ・ブレカロに直接ゴールを決められ1点を返されてしまう。

    ただ、後半アディショナルタイムにルカ・ヴァルトシュミットが追加点を決めて、HSVは3-1の勝利をおさめた。この結果、ヴォルフスブルクとの勝ち点差は2に。HSVは逆転残留に向けて望みを繋いでいる。

    【得点者】
    43分 0-1 ウッド(HSV)
    45分+1分 0-2 ホルトビー(HSV)
    78分 1-2 ブレカロ(ヴォルフスブルク)
    90分+3分 1-3 シュミット(HSV)
    hsv2_getty-560x373
    https://www.footballchannel.jp/2018/04/29/post267251/
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/08(日) 06:57:55.79 ID:CAP_USER9.net
    2位のチーム相手に酒井も攻守で奮闘!
     
    4月7日(現地時間)、ブンデスリーガ第29節が行なわれ、ハンブルクは3-2でシャルケを下した。15試合未勝利と低調なハンブルクが、2位のシャルケをホームに迎えた一戦、酒井高徳は右SB、伊藤達哉は左サイドのアタッカーとしてスタメン入りを果たした。
     
    最下位チームにとっては厳しい試合になると思われたが、立ち上がりから気合十分のプレーで、ハンブルクは積極的に相手ゴールを目指す。伊藤もボールを得ると臆することなくドリブル勝負を仕掛けていった。しかし、彼らが欲しかった先制ゴールは、9分、アウェーチームにもたらされる。FKでカリジューリがゴール前に入れたボールに、ナウドが合わせて(手に当たったようにも見えたが……)ゴールネットを揺らしたのである。
     
    攻勢に立っていながらの失点は精神的に堪えるものだが、ハンブルクは気持ちを切らすことなく、守備では相手にプレッシャーをかけ続け、攻撃ではボールポゼッションでシャルケを大きく上回りながら、再三相手ゴールに迫っていく。そして17分、D・サントスのロングスローに対し、ゴール前でシャルケDF陣が動きを止めたところで、ひとり素早く反応したコスティッチが頭で合わせてゴール。ホームチームが試合を振り出しに戻した。
     
    勢いに乗ったハンブルクのなかで、存在感を示したのが伊藤だ。突破力を活かして左サイドを縦横に突き進み、ホルトビーやコスティッチの決定的なシュートを引き出す。守備では、前線でボールを持つ選手に対して巧みにプレッシャーをかけてボールを奪い、その後のチャンスに結び付けた。
     
    ハンブルクは、他にもヴァルトシュミットがペナルティーエリア内でフリーでシュートを撃つなどの好機を得たが、これを活かすことができずに前半を終えた。一方、シャルケはシュート1本だけで、守備でも集中力の欠けたプレーが目立つなど、順位に見合うプレーは見られなかった。
     
    後半もハンブルクは立ち上がりから攻勢。そして、伊藤のプレーはさらに効果を増し、50分には彼の左からのクロスから、酒井がわずかに左に逸れる惜しいシュートを放つ。
     
    そして52分、伊藤が左サイドを突破し、エリアに入るところでスライディングに来たゴレツカをかわしてグラウンダーのクロス。これにホルトビーがヒールで合わせ、一度はブロックされるも、はね返りをすかさず頭で詰めて勝ち越しに成功した。
     
    アシストを記録した伊藤は、54分にもカットインからシュートを試み(ナウドがブロック)、60分にはダイレクトパスでハントの決定機を演出。ここでのハントのシュートはGKフェーマンに防がれ、こぼれ球をヴァルトシュミットがフリーで詰めたが、ボールはクロスバーを越えてしまう。
     
    ハンブルクはチャンスを量産し、守備陣も相変わらず気合の籠ったプレーを見せるが、63分、一瞬の隙を突かれて追い付かれる。スローインを受けたシャルケのマッケニーのスルーパスでゴレツカに抜け出され、シュートはGKポラースベックが防ぐも、こぼれ球をブルクシュタラーに詰められたのだ。
     
    良いプレーを見せても点が取れない、点を取っても守り切れない……そんなこれまでの試合の再現になるかと思われたが、シャルケの縦に鋭い攻撃を何とかしのいだハンブルクは、やや試合が膠着した84分、ハントが左サイドで右に流れながら、強烈なロングシュートをゴール右隅に突き刺した。
     
    土壇場での勝ち越しにホームの観衆が大いに沸くなか、4分のアディショナルタイムも、守備陣の粘り、ポラースベックのスーパーセーブにより、無失点で乗り切ったハンブルク。難敵相手に貴重な勝点3を手にし、マインツと引き分けたケルンを勝点で逆転して17位に浮上した。
     
    まだまだ険しい道のりが続くハンブルクだが、この試合でのプレーが持続されるようだと、残留争いは最後まで混沌の様相を呈することになるだろう。酒井、伊藤はともにフル出場し、攻守で奮闘して勝利に大きな貢献を果たした。とりわけシャルケに脅威を与え続けた伊藤のプレーはインパクト大であり、残り5試合におけるハンブルクのキーマンにもなるかもしれない。

    4/8(日) 4:11配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180408-00038440-sdigestw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/16(土) 05:31:42.21 ID:CAP_USER9.net
    ハンブルガーSV(ドイツ)は現地時間14日(以下現地時間)、FW伊藤達哉(20)とプロ契約を結び、2018年6月30日までとしていた契約を3年延長し、2021年までとしたことを発表した。

    ハンブルガーのイェンス・トッドSDはクラブ公式HP上で「達哉は今季、素晴らしい成長を遂げており、彼がブンデスリーガで披露しているクオリティは非常に印象的だ。その伸びやかで溌剌としたプレースタイルのおかげで、チームに意外性が生まれている」とコメント。

    同クラブのアカデミーからまた1人、才能ある選手がブンデスリーガの舞台で活躍し、同クラブで新たなキャリアを歩むことになり、喜んでいると語った。柏の下部組織出身の伊藤は、2015年にハンブルガーのユースアカデミーに入団。ひざのケガもあり、思うようにいかなかった時期もあったが、

    昨季、同クラブU-21チームの一員として地域リーグでプレーした。今季はトップチームに昇格し、9月24日のレヴァークーゼン戦でブンデスリーガ初出場を果たし、それ以来トップチームで8試合に出場、うち5試合で先発出場している。

    12/15(金) 11:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00000010-ism-socc

    写真

    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2017/11/20(月) 02:21:42.29 ID:CAP_USER9.net
    【シャルケ 2-0 ハンブルガーSV ブンデスリーガ第12節】

    現地時間19日に行われたブンデスリーガ第12節でハンブルガーSVはアウェイでシャルケと対戦し、0-2で敗れた。酒井高徳は中盤で先発出場し、69分までプレー。MF伊藤達哉は先発したが、悔しい結果に終わった。

    伊藤のベンチスタートも予想されていたハンブルガーSVだが、ふたを開ければ期待の日本人ウインガーはスターティングメンバーに名を連ねていた。だが、この選択は良い方向に転ばなかった。

    好調シャルケは16分、コノプリャンカがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得すると、ディ・サントが決めて先制した。

    その後、ハンブルガーSVは35分に早くも最初の交代。ピッチから下がるのは、精細を欠いていた伊藤だった。負傷などを抱えた様子はなく、非情な決断をしたギズドル監督は肩を抱いてなにやら声をかけていた。

    伊藤を下げたあとも難しい展開が続くハンブルガーSV。酒井に代えてウッドを投入したあとにはシャルケに2点目を奪われてしまい追い詰められる。結局、最後までハンブルガーSVにゴールは生まれず、連勝とはならなかった。

    勝利を収めたシャルケは、次節がボルシア・ドルトムントとのダービーマッチ。リーグ戦6試合負けなしという良い状態で、ライバルとの大一番に臨むことになった。

    【得点者】
    17分 1-0 ディ・サント(シャルケ)
    77分 2-0 ブルグシュタラー(シャルケ)
    20171120_ito_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171120-00241932-footballc-socc
    11/20(月) 1:52配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2017/ger/ger-11045971.html
    試合スコア
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2017/11/18(土) 07:38:01.14 ID:CAP_USER9.net
    20年東京五輪代表の森保監督がハンブルガーSVのFW伊藤を直接チェックすることが決まった。

    欧州を視察行脚中の指揮官の予定が公表され、18日にマインツ―ケルン戦、19日にシャルケ―ハンブルガーSV戦を観戦。

    注目の伊藤はJリーグを経由せずドイツデビューを果たした20歳の異色ドリブラー。17日付のビルト紙によると、指揮官は15日に同クラブの練習を訪問。同行したトッド・スポーツ・ディレクターは「我々の練習の強度に驚いていた」と語った。

    森保ジャパンは12月のM―150杯(タイ)を経て、来年1月にU―23アジア選手権(中国)に臨む。
    2017-11-18_09h53_16
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00000020-spnannex-socc
    11/18(土) 6:00配信
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2017/11/17(金) 17:43:17.42 ID:CAP_USER9.net
    20年東京五輪世代の主役候補、ドイツ1部ハンブルガーSVのMF伊藤達哉(20)に欧州6カ国の計10クラブが興味を示していることが16日、分かった。

    各国関係者の話を総合すると、日本からJリーグを経由せず本場欧州に引き抜かれた異色ドリブラーに対し、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティー、イタリアのインテルミラノ、トリノ、ドイツのライプチヒ、シャルケ、フランクフルト、ウォルフスブルク、オランダのPSV、ポルトガルのベンフィカ、オーストリアのザルツブルクが熱視線を送っているという。

    伊藤は9月24日のレーバークーゼン戦で初出場。20歳にして通算30人目の日本人ブンデスリーガーになった。6試合連続の出場となった直近4日のシュツットガルト戦も先発し、3-1の勝利に貢献。左右のウイングを主戦場に、キレのある突破でカウンターの味方ターゲットになっている。

    伊藤は18歳になった15年6月に、ハンブルガーSVと来年6月までの3年契約を結んだ。クラブは契約延長を希望して交渉を進めているが、予想以上の活躍で市場価値が上がっているといい、他クラブも人気沸騰前の獲得を視野に入れている。

    9日には代表期間明けの敵地シャルケ戦があり、出場が濃厚。スカウトが大挙する可能性も出てきた。9日の5部相手の練習試合で“トップチーム初ゴール”を記録するなど好調を維持。クラブが「旋風」と形容する東京世代・伊藤の周囲が騒がしくなってきた。
    2017-11-17_18h15_11
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00054956-nksports-socc
    11/17(金) 9:20配信
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/11/05(日) 04:43:36.86 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】
    ハンブルガーSV 3-1 VfBシュツットガルト

    【得点者】
    1-0 前半20分 アーロン・フント(ハンブルガーSV)
    1-1 後半10分 ダニエル・ギンチェク(VfBシュツットガルト)
    2-1 後半20分 フィリップ・コスティク(ハンブルガーSV)
    3-1 後半24分 フィーテ・アープ(ハンブルガーSV)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11045965

    ブンデスリーガは29日、第10節3日目を行い、DF酒井高徳とFW伊藤達哉の所属するハンブルガーSVはホームでFW浅野拓磨の所属するシュツットガルトと対戦し、3-1で勝利した。酒井はボランチでフル出場。3試合ぶりの先発出場となった伊藤は右サイドハーフで後半23分までプレー。浅野は右サイドハーフで先発し、3試合連続フル出場を果たした。

    シュツットガルトは前半3分、DFベンジャマン・パバールの絶妙なスルーパスで背後に抜け出したギンチェクがDFを外し、GKとの1対1から右足シュート。立ち上がりはボールを保持していたが、前半13分のアクシデントで流れを失う。MFジェニス・ブルニッチが2枚目の警告で退場となり、残り時間を10人で戦うことになった。

    数的優位に立ったハンブルガーSVが試合を動かす。前半20分、酒井のパスで縦に仕掛けようとした伊藤が倒され、PA手前の位置でFKを獲得。キッカーはMFアーロン・ハント。左足で低い軌道のシュートを放つと、バウンドしたボールをGKロン・ロバート・ツィーラーがこぼして左ポストに当たり、それがGKツィーラーの足に当たってゴールマウスに吸い込まれた。

    伊藤が獲得したFKで先制に成功したハンブルガーSVはボールポゼッションを高め、何度も決定機をつくる。前半アディショナルタイムには酒井が鋭いターンでDFをかわし、ドリブル突破からミドルシュートを放ったが、GKがファインセーブ。1人少ないシュツットガルトは前半シュート1本と守勢に回った。

    0-1で折り返した後半はシュツットガルトは浅野がカウンターからチャンスを演出。すると後半7分、劣勢のチームにビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が“味方”した。PA左で倒されたMFチャドラック・アコロがFKを獲得。自らキッカーを務め、ファーサイドにクロス。PA内右のDFデニス・ディークマイアーがクリアを試みたプレーでボールが手に当たり、主審が映像を確認した結果、ハンドの判定が下された。

    PKを獲得したシュツットガルトはFWダニエル・ギンチェクが右足でGKの逆を突き、ゴール左下隅に突き刺した。1-1に追いつかれたハンブルガーだったが、後半20分、数的優位を生かして勝ち越しに成功する。伊藤が鋭いカットインから縦パスを入れ、ハントが流し、右サイド深い位置からディークマイアーがクロス。飛び込んだMFフィリプ・コスティッチがヘッドで押し込み、2-1にスコアを動かした。

    2点目の起点になった伊藤は足をつったか、直後にピッチに座り込み、後半23分にピッチを退いた。勢いは止まらず、後半25分には17歳FWヤン・フィーテ・アープがDFをかわし、強烈な右足シュートを突き刺し、ダメ押しゴール。U-17W杯で大会5得点をマークしたドイツの“新星”が2試合連発で勝利を決定付けた。

    3-1で勝利したハンブルガーは8月25日の第2節ケルン戦(3-1)以来、9試合ぶりの白星で今季3勝目。バイエルン、ブレーメンに続く史上3クラブ目でホーム通算500勝を達成した。シュツットガルトはまたも連勝を逃し、開幕からアウェー6連敗となった。

    11/5(日) 1:41配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171105-01645897-gekisaka-socc

    写真

    続きを読む

    1:数の子 ★:2017/10/17(火) 08:47:54.86 ID:CAP_USER9.net
    ハンブルガーSV(HSV)に所属するFW伊藤達哉が2試合続けて50分過ぎに交代してしまう事に対してコメントしている。独メディア『シュポルト・ドット・デーエー』が報じている。

    HSVの下部組織でプレーしていた伊藤は、ブンデスリーガ第6節の対レバークーゼン戦に交代出場してトップチームデビューした。第7節ブレーメン戦と今節マインツ戦の2試合連続でスタメン出場するも2試合とも50分過ぎにベンチへと下がっている。

    先日、チームメイトで日本代表DF酒井高徳が「彼はまだ若い。それでも50分で下がってしまうようではチームの力にはなれない。2試合続けて50分で交代させられるのは、ブンデスリーガのレベルにないということ」と語ったと独メディア『シュポルト1』は伝えていた。

    この件に関して伊藤は「私はハーフタイムの時点で少し疲れを感じていた。でも後20分はプレー出来ると思っていました」と語り「レギオナルリーガ(ドイツ4部リーグ)では全くこんな事は起こらなかった」とレベルの違いを痛感しているようだ。

    体力的にまだ問題のある伊藤ではあるがHSVのマルクス・ギスドル監督は期待をしている。同監督は「イトウは長い間怪我をしていた。ブンデスリーガはとてもタフなリーグだ。私は彼が55分間プレー出来ることを嬉しく思っている。彼をピッチ上で見る事は私の楽しみでもある」と語っている。
    20171017_ito_getty-560x373
    10/17(火) 8:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171017-00236268-footballc-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2017/10/16(月) 23:43:16.37 ID:CAP_USER9.net
    前節のブンデスリーガ先発デビューに続き、再びハンブルガーSV(HSV)のなかで数少ない好印象を残した伊藤達哉。しかし、そのフレッシュなパフォーマンスをみせた日本人FWに対して、主将を務めるDF酒井高徳は檄を飛ばしている。ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えた。

    特に酒井が気にかけているのはフィジカルコンディションであり、「まだブンデスリーガのレベルにはないですね」とコメント。さらに「毎試合で50~55分で交代してしまうようではチームの助けにはなりません」と言葉を続けた。

    だがその一方で、マルクス・ギズドル監督は伊藤のコンディション面について「擁護する」との考えを示しており、「彼は長期間に渡って離脱していたということがある。それにブンデス1部での負担は大きいものがあるんだ。彼が55分プレーできることを、むしろうれしく思っているよ。彼をピッチで見るのは楽しいね」と述べている。

    ただし、指揮官が伊藤を先発起用しなくてはならない理由は他にもある。HSVでは特にオフェンスで開幕から主力選手の負傷離脱が続いており、ようやく前々節でドイツ人MFアーロン・ハントが、先日の代表戦期間ではセルビア代表MFフィリップ・コスティッチが復帰を果たしたばかりだ。

    この試合で伊藤とポジションをシェアしたコスティッチの方は、まだフィジカルが万全ではないことからも、次戦のバイエルン戦では再び伊藤とジョブ・シェアリングをすることになるだろう。

    「本来ならば、伊藤を最後の30分間で起用することが理想的なのだろう。だが、我々が置かれている現状ではそうもいかんのだよ」と説明したギズドル監督は、「今の所は、まだポジションを分けていかなくてはならない状況なんだ」と語った。
    2017-10-17_07h31_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00656351-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ