海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 中島翔哉

    1: Egg ★ 2018/12/11(火) 12:59:31.70 _USER9
    ポルトガル・リーグのポルティモネンセに所属する中島翔哉。先日、ポルトガル紙の報道で、今冬の移籍先としてプレミアリーグのウォルバーハンプトンが浮上。ポルティモネンセの会長は地元ラジオの取材で「交渉の80%は進んでいる。残るは金額面の合意のみ」とコメントした。

    【動画】トンデラ戦、中島翔哉のプレーはこちら

    ウォルバーハンプトンの愛称である“ウルブス”はポルトガル人のヌーノ・エヌビリト・サンド氏が率いており、選手の多くがポルトガル出身者、もしくはポルトガルのクラブでプレー経験がある。現在、ポルトガルでプレーする中島にとっては、馴染みやすい環境ではないかと予想されている。

    そんななか、英国の人気サッカーサイト『HITC』のダニー・オーウェン記者は、中島の移籍に関して、ある疑問を呈している。

    「もし噂を信じるとすれば、中島翔哉は来年1月にウォルバーハンプトンへ移籍することになりそうだ。日本代表のウインガーは昨シーズンの開幕以来、ポルティモネンセのトッププレーヤーの座に君臨している。ウルブスは1700万ポンド(約24億6500万円)を提示して交渉中だと、ポルトガル紙『BOLA』が報じ、会長はラジオ番組の取材で『その取引は80%完了している』と明かした。

    ただ、気になっていることがある。ウルブスはディオゴ・ジョッタらを中心とした攻撃的布陣を採用し、ここ数日でチェルシー、ニューカッスルを破り、勢いに乗っている。一方のサウサンプトンは監督を交代した初戦のカーディフ戦に0-1で敗れ、ふたたび苦戦を強いられそうな状況だ。

    はたして、中島を本当に必要としているのはどちらだろうか? おそらく本気で攻撃的MFを探しているサウサンプトンは、引き続き交渉を続けるつもりだろう」

    サウサンプトンがスカウトを送っていたのはトンデラ戦と言われており、タイミング的にはポルトガルでウォルバーハンプトンへの移籍説が報じられる前だった。

    チーム事情を鑑みるに、日本代表DFの吉田麻也が在籍するサウサンプトンが諦めずに交渉を進める可能性は低くないだろう。中島の動向には、イングランド・メディアも注目している
    2018-12-11_14h53_03
    12/11(火) 6:43 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181211-00010005-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2018/12/08(土) 19:07:23.14 _USER9
    【ポルト(ポルトガル)共同】サッカーのポルトガル1部リーグ、ポルティモネンセの日本代表MF中島翔哉が7日、今冬に移籍する可能性について「家族、チーム、代理人とも話すが、最終的に決めるのは僕自身」と検討していることを明らかにした。

    ポルトガルと英国のメディアに、イングランド・プレミアリーグのウルバーハンプトンとのクラブ間交渉が進んでいると報じられた。中島は「ここから次はよりサッカーを楽しんで、より成長できるチームに行くと思う」と話した。
    2018-12-08_21h01_45
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000053-kyodonews-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/08(土) 12:43:14.87 _USER9
    4試合連続で先発フル出場した中島翔哉が、絶妙アシストでチームに先制点をもたらした。

    プリメイラ・リーガ第12節が12月7日に行われ、中島の所属する11位ポルティモネンセはアウェイで首位ポルトと対戦。1-4で敗れた。

    前節チームを勝利に導いた中島。プレミアリーグのウルヴァーハンプトン・ワンダラーズへの移籍が噂されているなか、首位ポルトを相手に序盤から存在感を示した。

    9分、ペナルティエリア左手前でパスを受けた中島は、縦に仕掛けると見せかけて右足でクロス。ファーサイドでフリーとなっていたトルメナにドンピシャで合わせて先制点を演出した。

    16分には中島がドリブルでペナルティエリア内に侵入。切り返したところで相手の足がかかり転倒するも、主審の笛は鳴らず、2試合連続でPK獲得とはならなかった。

    23分、ポルトが同点ゴール。そして1-1で後半を迎えると、ポルトが怒涛の攻撃で57分、59分、65分と立て続けにゴールを奪い逆転に成功した。

    その後、ポルティモネンセは最後まで反撃の糸口をつかめず。中島が先制点をもたらしたものの、ポルティモネンセは首位相手に1-4で敗戦を喫した。

    12/8(土) 8:58配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00874237-soccerk-socc

    写真
    no title

    続きを読む


    2018-12-03_08h30_50

    1: Egg ★ 2018/12/07(金) 18:17:22.70 _USER9
    ポルトガル1部ポルティモネンセの日本代表MF中島翔哉(24)が、イングランド・プレミアリーグのウルバーハンプトンに移籍する可能性が出てきた。複数の地元メディアが交渉の最終段階と報じ、英国行きが濃厚になった。ウルバーハンプトンは今季昇格したばかりの中堅クラブだが、中島にとっては大きなメリットがある。その意外な理由とは――。

    英紙「デーリー・メール」(電子版)やポルトガル紙「アボラ」など複数のメディアが「ウルバーハンプトンが、ナカジマをポルティモネンセから獲得する交渉が最終段階に入った」と報道。移籍金は2000万ユーロ(約25億4000万円)と指摘しており「いつでも支払われる用意がある」と合意間近の状況にあることを強調した。

    ドイツ1部ドルトムントのMF香川真司(29)がリーグ2連覇に貢献する大活躍で、2012年6月にイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドへ加入した際の移籍金が1600万ユーロ(約20億円)。それを上回る金額は中島が高い評価を得ている証拠と言えそうだ。

    とはいえ、中島を巡ってはこれまでフランス1部パリ・サンジェルマンをはじめ、欧州各国の強豪クラブが関心を寄せており、今季7シーズンぶりにプレミアリーグに復帰したウルバーハンプトンは少々肩透かしの感も拭えない。だが、このまま入団が正式決定すれば中島にとっては最適の新天地と言えそうだ。

    欧州サッカー事情に詳しい公認選手代理人はこう指摘する。「ポルトガルのサッカーを志向するスタイルは合うだろうし、いきなりビッグクラブに行くより実力を発揮しやすい環境だろう。それに(ジョルジュ)メンデスとのつながりが強くなれば今後のステップアップを考えてもプラスになるはず」

    ウルバーハンプトンは一時期経営難に陥ったが、16年7月に中国の復星集団の買収をきっかけに再建を果たした。この買収劇を仲介したのが超大物代理人のジョルジュ・メンデス氏(52)で、現在はクラブ経営にも関与している。同氏が契約するポルトガル人のヌーノ監督(44)を招聘し、選手もポルトガル人を中心とした多くの“メンデス物件”を加入させてチーム力を強化。今季は昇格組ながらリーグ12位と健闘を見せている。

    攻撃的でパスワークを重視するチーム戦術は中島にもマッチする。しかも、イタリア1部ユベントスのFWクリスチアーノ・ロナウド(33)やマンチェスターUを率いるジョゼ・モウリーニョ監督(55)と契約するなど、欧州中に幅広い人脈を持つメンデス氏に実力が認められれば、将来のビッグクラブ移籍にアドバンテージとなるのは間違いない。

    まさに相思相愛。中島にとって理想のクラブだが、さらなる飛躍を遂げられるか。

    12/7(金) 16:32配信 東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000032-tospoweb-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/07(金) 06:16:43.73 _USER9
    ポルトガル1部・ポルティモネンセの日本代表MF中島翔哉(24)が、イングランド・プレミアリーグへ移籍する可能性が出てきた。複数の欧州メディアが6日、ウルバーハンプトンへの移籍交渉が最終段階に入ったと報じた。スペイン1部のセビリアなど複数のクラブが興味を示した日本の若き10番について、来年1月から始まる今冬の移籍市場での動向が注目される。

    新天地は世界最高峰のプレミアリーグか。ポルトガル紙「ア・ボラ」や英紙「デーリー・メール」など複数のメディアが、日本代表MF中島の移籍について詳細に報じた。「ウルバーハンプトンはストライカーの中島翔哉をポルティモネンセから獲得する交渉の最終段階に入っている」

    現所属チームとの契約は2020年まで。移籍金は約4000万ユーロ(約52億円)とされていたが、ア・ボラ紙は「移籍金は約2000万ユーロ(約26億円)で(ウルバーハンプトンは)いつでも払う準備がある」と伝え、金銭面での壁もクリアしているようだ。

    代表と同様、所属チームでも10番をつける中島は今季、ここまでリーグ戦10試合に先発し5得点。海外挑戦2年目でチームの中心として申し分ない働きを見せてきた。9月にはリーグの月間MVPに選出されるなど、その実力は誰もが認めている。

    それに目をつけたウルバーハンプトンは今季、7季ぶりにプレミアリーグに昇格し、ここまで15試合で5勝4分け6敗の12位。16年にクラブを買収した中国の投資グループ「復星集団」の豊富な資金力を駆使し、今夏の移籍市場ではベルギー代表MFレアンデル・デンドンケルを獲得するなど積極的な補強を行った。

    しかし、チームはリーグの下位から中位をうろついており、強化が十分とは言いがたい。成長著しい若武者を獲得すれば、後半戦への起爆剤に打って付け。近い将来、ビッグクラブへの移籍を視野に入れる中島にとっても、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーなどと対戦できるのはアピールにもなる。

    MF南野拓実(23)=ザルツブルク、MF堂安律(20)=フローニンゲン=とともに森保ジャパンの若手“御三家”の一角を占め、来年1月のアジア杯(アラブ首長国連邦=UAE)でも活躍が期待される中島の動向に注目が集まる。

    ●ウルバーハンプトン

    1877年創立。本拠地はイングランド・ウルバーハンプトンのモリノー競技場(3万852人収容)。リーグ杯で2度の優勝があるが、チャンピオンシップ(2部相当)が主戦場になっていた。2016年7月に中国資本が買収し、ポルトガル代表経験のある21歳のMFルベン・ネービスら有力選手を次々と獲得。17-18年シーズンにチャンピオンシップで優勝し、今季プレミアリーグ復帰を果たした。リーグ戦今季12位(6日現在)。

    中島 翔哉(なかじま・しょうや)

    1994(平成6)年8月23日生まれ、24歳。東京・八王子市出身。東京Vの下部組織でプレーし、2012年10月にトップチーム昇格。FC東京、富山を渡り歩き、昨年8月にポルトガル1部・ポルティモネンセへ移籍した。16年リオデジャネイロ五輪代表。今年3月23日のマリ戦でA代表デビュー。リーグ戦今季10試合5得点3アシスト。J1通算51試合6得点。代表通算6試合2得点。1メートル67、62キロ。

    2018.12.7 05:03 サンスポ
    https://www.sanspo.com/soccer/news/20181207/sci18120705030001-n1.html

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/06(木) 06:42:52.37 _USER9
    中島翔哉のプレミアリーグ挑戦が迫っているようだ。ポルトガル『A BOLA』が、ウォルバーハンプトンとの交渉が最終段階に入ったと伝えている。

    2シーズン目となったポルティモネンセで、絶対的な存在となっている中島。ここまで10試合に先発し5ゴール4アシストを記録するなど、クラブの10番としてチームをけん引する活躍を見せている。

    ポルトガルの地で輝きを見せる24歳の日本代表FWには、ポルトやベンフィカという国内の強豪だけでなく、セビージャやユヴェントスなど、欧州各国のビッグクラブが関心を示していると何度も言われてきた。現地メディアも移籍市場の注目株に上げるなど、去就に関する様々な憶測が流れている。

    ポルティモネンセの副会長ロブソン・ポンテ氏も、「膨大な量の嫌がらせがある。留めることは難しいだろうが、拒否できないオファーのときだけ放出する」と語っており、移籍の可能性もあると示唆している。

    そんな中島だが、新天地はプレミアリーグになるようだ。『A BOLA』によると、ウォルバーハンプトンとの交渉はすでに最終段階に入っているという。

    同メディアによると、2020年まで契約を結ぶ中島の違約金は4000万ユーロ(約51億円)に設定されているというが、最終的に移籍金2000万ユーロ(約26億円)で決着する見込み。正式発表はいつあってもおかしくない状況のようだ。

    現在吉田麻也、武藤嘉紀、岡崎慎司が活躍するプレミアリーグ。世界最高峰のリーグに、欧州トップレベルでも結果を残す日本代表ウィンガーが挑戦することになるようだ。
    2018-12-06_08h11_21
    12/6(木) 6:30配信 goal
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000032-goal-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2018/12/03(月) 02:25:46.96 _USER9
    [12.2 ポルトガル・リーグ第11節 ポルティモネンセ3-2トンデラ]

    ポルトガル・リーグ第11節が2日に行われ、MF中島翔哉の所属する11位ポルティモネンセはホームで14位トンデラと対戦し、3-2で勝利した。3試合連続で先発フル出場した中島は、2-1の前半アディショナルタイム1分に今季5得点目を記録。結果的にこれが決勝ゴールとなり、3戦ぶりの白星に貢献した。

    ポルティモネンセは前半1分、トンデラのファーストチャンスからFWアントニオ・シャビエルに先制点を献上。それでも左サイドの中島を中心に反撃を仕掛けると、その中島が同12分にPA内左で倒され、PKを獲得する。同13分にキッカーのFWパウリーニョが左足でゴール左に蹴り込み、早い時間帯に同点に追いついた。

    前半29分にはMFエベルトンのスルーパスからFWジャクソン・マルティネスが抜け出し、左足で決めて逆転に成功。さらに同アディショナルタイム1分、中島が相手GKのパスをカットした流れからPA内左でボールをもらい直し、左足を思い切り振り抜く。豪快なシュートでニアを破り、10月7日の第7節スポルティング・リスボン戦(4-2)以来、4試合ぶりとなる今季5ゴール目を挙げた。

    2点リードで前半を折り返したポルティモネンセは後半17分にトンデラのFWトマネにネットを揺らされるが、同40分にトマネが2度目の警告で退場し、数的優位に立つ。試合はそのまま3-2でタイムアップ。最終的に中島の3ゴール目が決勝点となり、3試合ぶりに勝ち点3を獲得した。
    2018-12-03_08h30_50
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-07510777-gekisaka-socc

    続きを読む

    news_255246_1

    1:風吹けば名無し:2018/11/23(金) 18:04:15.55 ID:Mbkc7c/oa.net
    しかもかわヨ
    2:風吹けば名無し:2018/11/23(金) 18:04:32.45 ID:Mbkc7c/oa.net
    ほんまワクワクするで
    3:風吹けば名無し:2018/11/23(金) 18:04:51.15 ID:06zAq4/9d.net
    カターレサポだけど育てとらんが金くれ
    続きを読む

    no title

    1:名無し募集中。。。:2018/11/21(水) 13:19:12.82 ID:O.net
    何が彼を変えたのか
    2:名無し募集中。。。:2018/11/21(水) 13:22:35.36 ID:0.net
    Jリーグの守備スタイルはディレイだからね
    中島みたいにドリブルで相手を抜いてから展開するというタイプは活躍しにくい
    6:名無し募集中。。。:2018/11/21(水) 13:25:31.68 ID:0.net
    FC東京でも目立ってただろ
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/18(日) 06:29:36.72 ID:CAP_USER9.net
    ・大久保嘉人と太田宏介が“黙認”した過去

    そしてそれは、南野だけに限らない。中島とチームメイトになった選手の誰もが、中島は“練習の虫”であることを知っているからだ。去年の夏まで所属したFC東京でも、リオ五輪の予選と本大会を戦った際も、全体練習の終了後、中島は1人ボールリフティングやドリブルの練習をしていた。その様は、サッカー好きの少年がボールと戯れているような無邪気さを漂わせていた。

    そして最後は必ずコーチに手伝ってもらい、左サイドからカットインしてニアへのストレートなシュートと、ファーへの巻いたシュートを繰り返し練習していた。人一倍、努力する。そうした姿勢をチームメイトの誰もが知っているから、チームメイトからも愛される、珍しいキャラクターの持ち主でもある。

    中島がポルトガルのポルティモネンセへ移籍したのは昨年の8月だったが、当時の中島はようやくFC東京で左MFのレギュラーポジションをつかみつつあった。ある日のFC東京での紅白戦で、中島は何度となく左サイドからカットインしてはシュートを放っていた。

    そんな中島に対し、J1最多得点を誇る大久保嘉人(36)=現・磐田=は逆サイドでフリーとなっているため、中島がシュートを放つたびにクロスを要求して試合中に激怒していた。試合後、元日本代表の左SB太田宏介(31)は「今日は10回オーバーラップしたけど、一度もパスがこなかった。全部(自分の動きは)ダミーに使われた」とぼやいていた。しかし紅白戦後はベテラン2人も中島には何も言わなかった。中島が成長するためには、自身の得意とするプレーの確立の重要性を知っていたのかもしれない。

    そんな中島が、ウルグアイ戦では左サイドからカットインしながら南野へラストパスを通して先制点をアシストしたのには少なからず驚いた。と同時に成長も感じたものだ。「トレーニングというか、やっぱり基本は好きなことをやっていると疲れないものじゃないですか。それが一番かなと思います」とはベネズエラ戦前日のコメントだ。

    変りつつあるプレースタイルと、変らないサッカーへの愛情。これから中島がどう進化するのか、気になる選手の「翔タイム」でもある。(取材・文 六川亨)
    2018-11-18_09h03_51
    11/18(日) 6:00配信 新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181118-00551958-shincho-socc&p=2
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ