海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 中島翔哉

    1:数の子 ★:2018/04/09(月) 13:58:37.34 ID:CAP_USER9.net
    今夏の移籍市場の“人気銘柄”としてポルティモネンセでブレイクする日本代表FW中島翔哉の去就に注目度が高まっている。独『シュポルト・ビルト』は「ナカジマポーカー」と見出しを打ち、今夏去就に注目が集まる選手の目玉として中島を紹介した。

    中島にはポルトガル国内のポルト、ベンフィカ、スポルティング・リスボンが関心を示すほか、長友佑都所属のガラタサライ(トルコ)、香川真司所属のドルトムント(ドイツ)など、欧州トップクラブが熱視線を注いでいる。

    同メディアはドルトムントのほか、シュツットガルト、フランクフルト、ボルフスブルクのブンデスリーガ4クラブも中島の獲得に興味を示していると報道。「ドルトムントに加えて、ボルフスブルク、シュツットガルト、フランクフルトのスカウトがブンデスリーガから彼を見守っている」と伝えた。

    中島とポルティモネンセの契約は2020年まで。契約解除金は2000万ユーロ(約26億円)とされる。ポルトガル紙『レコード』は獲得に本腰を入れているのがドルトムントだと報道。現時点ではガラタサライとベンフィカ、リスボンが争奪戦の競合だと伝えている。
    2018-04-09_15h32_52
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-01652471-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/08(日) 12:17:59.47 ID:CAP_USER9.net
    ポルティモネンセ(ポルトガル)でブレイク中の中島翔哉には、国内のポルト、ベンフィカ、スポルティングなどが興味を示していると報じられていた。だが、ここにきて国外クラブへのステップアップも現実味を帯びているようだ。

    イギリスメディア『FourFourTwo』は、ドルトムント(ドイツ)が中島獲得に向けて動いているという内容の記事を公開。その見出しは「ドルトムントは中島獲得に切り替えた」というものだった。

    「今季、すでにここまで9ゴール8アシストを記録している日本人は、3月に待望のフル代表デビューを果たした。ロシア・ワールドカップのメンバー入りも期待されるこのMFは、来季別のクラブに所属している可能性がある」

    記事では「この若者は2020年までポルトガルのクラブと契約を結んでいる。2000万ユーロ(約26億円)の契約解除条項があるため、合意を取り付けるのはハードルが高いが」と前置きした上で、

    「一部メディアによるとドルトムントとガラタサライ(トルコ)が彼に視線を送っている。また、ベンフィカもこのアタッカーの才能に目をつけた」と紹介している。

    ドルトムントはペーター・シュテーガー監督が今季限りで契約満了となる見通しで、来季の体制はまだ不透明な状況にある。だが、これまで香川真司、丸岡満などがプレーしてきたドルトムントだけに、来季に向けた補強として気鋭の日本人選手に本腰を入れてもおかしくはない状況だ。

    これまでポルトガル国内だけでなく、ドイツやトルコのメディアが中島の動向について報じてきた。イギリスのサッカーメディアも中島の動向について伝えるほど、移籍市場の人気銘柄として日に日に注目度が高まっているようだ

    4/8(日) 11:40配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00000004-goal-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/07(土) 11:54:08.77 ID:CAP_USER9.net
    ベンフィカがポルティモネンセの中島翔哉の獲得に乗り出していることが分かった。ポルトガル紙『レコード』が報じている。

    現在、ポルトガルを舞台に活躍を続ける中島は、今季28試合に出場して9ゴール、8アシストを記録。これを受け、国内外問わずさまざまなクラブが同選手への興味を示している。

    そして6日、同紙は今季終了後にアルゼンチン代表FWエドゥアルド・サルビオの退団が決定的なベンフィカが、中島の獲得を熱望していると伝えた。実際に今冬の移籍市場で同クラブは350万ユーロ(約4億6000万円)のオファーを提示するなど、23歳の日本代表ウインガーを高く評価している。

    同紙によると、中島の獲得レースにおいてベンフィカの最大のライバルはボルシア・ドルトムントとガラタサライ。その他にも、スポルティング・リスボンもすでに獲得に乗り出している。

    さらに、ワールドカップのメンバーに選ばれる可能性が高い同選手がロシアで印象的な活躍を残せば、移籍金は高騰し、ビッグクラブも争奪戦に参戦する可能性があるようだ。

    ベンフィカが中島翔哉に熱視線…サルビオの代役として獲得を狙うと地元紙が報じる


    4/7(土) 11:44配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00000010-goal-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/02(月) 13:11:49.65 ID:CAP_USER9.net
    ポルトガル『スル・インフォルマソン』は、ポルティモネンセに所属する日本代表FW中島翔哉が夏にレアル・マドリーへ移籍するという記事を掲載したが、これはエイプリルフールの嘘だった。

    「中島は2000万ユーロ(約26億円)で(ジネディーヌ・)ジダンのチームへ行く。この地域のクラブにとって史上最大の取引になる」と地元メディアは4月1日付で伝えた。

    「無名の存在からセレブへ」「洗練されたテクニックと優れたシュートを持つ中島はリーグ戦で9ゴールを記録し、ポルティモネンセのスター選手となった」「シーズンはまだ終わっていないが、マドリーは今のうちから中島を確保したいと望んだ」とも記されていた。

    その後、1日夜にはこの記事が「エイプリルフールだった」との種明かしが追記された。「少なくとも現時点ではレアル・マドリーへ移籍することはない」とされている。

    ジョークではあるが、こういう形でエイプリルフールの題材とされること自体は、今季の中島の活躍が高く評価されている証拠だと言えそうだ。レアル・マドリーではないとしても、欧州各国の強豪クラブが獲得に関心を示しているとも噂されている。

    4/2(月) 12:52配信
    20180402_nakajima_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180402-00263627-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/01(日) 21:45:54.42 ID:CAP_USER9.net
    サッカーの日本代表FW中島翔哉が所属するポルトガル1部、ポルティモネンセのホジネイ・サンパイオ会長が31日、当地で取材に応じ、新たに日本人選手を獲得する可能性があることを認めた。

    ポルティモネンセは31日のモレイレンセ戦で、0―3から4点を奪って4―3で大逆転勝ち。中島はそのうち3点に絡む活躍を見せ、チームの攻撃をリードした。

    中島は3月のベルギー遠征で日本代表に初招集。デビュー戦となった同月23日のマリ戦(1△1)では同点ゴールを挙げた。ベルギー遠征の2試合を現地で視察した同会長は「(中島は)最高のプレーを見せてくれたし、攻撃の際に可能性を感じるほとんど唯一の選手だった。彼が出ていない時の日本代表の攻撃は面白くない。もう少し中島を出して欲しかった」と手放しでたたえた。

    クラブでも代表でも結果を残している中島には、様々なクラブから獲得オファーが届いているという。サンパイオ会長によると、スペインの強豪Aマドリードに加え、香川真司が所属するドルトムント、ヴォルフスブルク(ともにドイツ)からもオファーがあった。さらにポルトガル1部で現在1位のベンフィカ、同2位のポルト、同3位のスポルティングも獲得を検討。ウクライナの名門・シャフタール・ドネツクに加え、ロシアのクラブからもオファーがあるという。

    中島を放出する可能性について問われた同会長は「クラブにとって重要な選手だ。それは我々だけでは決められない。彼自身が決めることでもあり、家族の意向など多くの要素が絡んでくる。急いではいない」と語った。

    ただし、中島が移籍した場合の『保険』は準備しているという。「もちろん(移籍する)可能性はあるし、すでに注目している日本人選手がいる。来季、獲得する可能性もある。日本には頻繁に行ってスカウティングしている」と語った。日本へスカウトを派遣している事実を明かした点を考えると、意中の選手はJリーグでプレーする選手なのだろうか。いずれにしても、今後もポルティモネンセの動向から目が離せなくなりそうだ。

    4/1(日) 21:05配信 スポーツ報知
    2018-04-01_22h07_29
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-00000214-sph-socc
    続きを読む

    2018-04-01_19h28_32

    1:数の子 ★:2018/04/01(日) 19:05:10.70 ID:CAP_USER9.net
    サッカーのポルトガル1部リーグ、ポルティモネンセのサンパイオ会長が3月31日、FW中島翔哉にアトレチコ・マドリード(スペイン)や香川真司が所属するドルトムント(ドイツ)など複数のクラブから獲得の申し入れがあったことを明らかにした。

    ウォルフスブルク(ドイツ)、ベンフィカ、ポルト、スポルティング(いずれもポルトガル)やロシア、ウクライナのクラブからオファーがあるという。

    中島は昨年8月にJ1のFC東京からポルティモネンセに期限付き移籍。日本代表にデビューした3月23日のマリ戦でゴールを挙げた。(共同)
    https://www.sankei.com/sports/news/180401/spo1804010018-n1.html
    続きを読む

    1:動物園φ ★:2018/04/01(日) 02:08:28.83 ID:CAP_USER9.net
    2018.04.01 記事

    モレイレンセ戦で先発、後半19分にこぼれ球を拾ってゴールにつながるパスを供給

    ポルトガル1部ポルティモネンセに所属するMF中島翔哉が現地時間3月31日のリーグ第28節モレイレンセ戦に先発出場。ポスト直撃のクロスで2点目の起点となるなど、存在感を示し、チームも試合終了間際に逆転して4-3で勝利した。

    本拠地モレイレンセ戦に先発した中島だったが、チームは劣勢を強いられた。前半38分にPKを献上して先制を許すと、その2分後にはフランス人MFビレル・ウアシェリアにゴールを許し、2点のビハインドを背負った。

    しかし、ポルティモネンセも後半に反撃する。後半11分、途中出場のFWウェリントン・カルバリョのパスからFWホルヘ・ピレスがゴール。さらに同19分には、モレイレンセがGKとDFが交錯してボールがこぼれたところを、中島がペナルティーエリア内左でいち早く拾って中央へ折り返し。左足で放ったボールは左ポストを直撃し、ファーサイドにいたDFルーベン・フェルナンデスが押し込んで2-3と1点差に迫った。

    その後、後半45分にピレスがPKを決めて同点に追いつくと、アディショナルタイム4分には再びピレスがゴールを挙げてハットトリックを達成。後半に4得点を奪う怒涛のゴールラッシュで4-3と劇的な逆転勝利を飾った。日本代表の欧州遠征でデビュー&ゴールを決めた中島は“ポスト直撃クロス”でゴールに絡み、存在感を示した。

    (Football ZONE web編集部)
    cd508d5b0582f9ecb096764ad7f0c577
    https://www.football-zone.net/archives/96762
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/29(木) 13:31:27.39 ID:CAP_USER9.net
    今遠征で最も評価を高めたのが、中島翔哉だろう

    マリ戦、ウクライナ戦の2試合は1分1敗。
     
    勝敗は大事だが、ロシア・ワールドカップの最終選考ということを考えれば、選手の見極めこそが今回のベルギー遠征の最大の目的。結果が出ない状況に選手は心理的なダメージを受けているだろうが、ワールドカップの試合こそが大事ゆえ、現状を認識できたことをポジティブに捉えていけばいい。
     
    では、本来の目的であるロシアで戦える選手として評価を上げたのは誰だろうか。
     
    DF陣では槙野智章。ウクライナ戦でセットプレーからゴールを決めたように、その得点力の高さは魅力的。ワールドカップでは大きな武器になる。守備面も自分の間合いで守れるようになって余裕が出てきており、最終ラインもしっかり統率できていた。吉田麻也が復帰すれば、センターバックの守備は計算が立つだろう。
     
    植田直通も悪くなかった。ヘディングの強さは相変わらずであるし、ビルドアップでも長短織り交ぜたパスで貢献していた。Jリーグでたまに見せる軽い守備も今回は露見しなかった。戦えるという部分で極めて海外試合向きなので、ロシア・ワールドカップでも十分使える選手だと思う。
     
    そして、最も評価を高めたのが、中島翔哉だろう。
     
    ポルトガルでの活躍から勢いそのままにプレーし、結果を出したが、中島は単なるラッキーボーイではない。今回の活躍は、尋常ではない練習量と高い向上心という裏付けがあっての結果だ。
     
    中島は「練習の虫」である。
     
    カターレ富山時代は午前中にチーム練習を終えた後、午後はひとりやスタッフに手伝ってもらって長い時で7時間、普通でも5、6時間練習をしていた。フィジカルトレーニングを始め、シュート練習、ドリブルしている時のスピードと持久力向上、ターンや初速の早さを身に付ける練習をだいたい1種目30分から1時間程度こなす。選手にとって「休息も大事だけど」という話をすると中島は「夜休めるからいいし、そもそも身体が強いので練習で壊れることはないです」と涼しい顔をしていた。

    つづく

    29日(木) 11:30配信 サッカーダイジェスト
    2018-03-29_14h22_15
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180329-00037911-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/18(日) 23:32:49.93 ID:CAP_USER9.net
    ポルトガル1部ポルティモネンセで活躍し、日本代表に初招集されたばかりのFW中島翔哉(23)が、同代表DF長友佑都(31)の同僚になる可能性が浮上した。

    トルコ紙アクシャム(電子版)は18日、長友が所属するトルコ1部の強豪ガラタサライが中島の獲得に向けて調査と開始したと報道。1月に期限付移籍で加入した長友の活躍によってクラブの日本人選手に対する評価が高まっており、ポルティモネンセで今季リーグ戦9得点7アシストをマークしている中島に興味を示しているという。

    同紙は「中島にはヨーロッパ全体から注目が集まっている」とし、名門マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)、MF香川真司(29)が所属するドルトムント(ドイツ)のほか、アトレチコ・マドリード、アラベス(スペイン)、ナポリ(イタリア)、シュツットガルト(ドイツ)、ポルト、ベンフィカ(ポルトガル)、サンテチエンヌ、ボルドー(フランス)なども中島の動向を追っていると伝えた。移籍金は1000万ユーロ程度(約13億円)まで上昇しているという。

    3/18(日) 22:07配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180318-00000180-spnannex-socc

    写真


    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/03/17(土) 17:01:13.10 ID:CAP_USER9.net
    ポルトガルで評価を高めている日本代表MF中島翔哉には移籍のうわさが浮上しているが、その動向についてポルトガル国外からも注目を集めているようだ。

    オランダ『voetbalzone』は「この日本人選手はポルトガルで最高レベルの評価を得ている」という見出しで、中島翔哉について次のように伝えた。

    「この23歳の日本人選手は、ポルトガルリーグでここまで9ゴール5アシストと素晴らしいシーズンを送っている。すでにポルトガルリーグで最高レベルの評価も得ている」

    記事では中島とマッチアップしたベンフィカのラファ・シウバが、スピードと技術のある中島への対応に苦労したことを紹介し「中島の貢献もあり、ポルティモネンセはポルトガルリーグで中位(9位)に付けている」と、その活躍ぶりについて強調している。

    「中島はリーグのフェイレンセ戦とトンデーラ戦では2ゴールを記録している。アウェイのフェイレンセ戦ではエマヌエル・ハックマンのクロスを胸トラップで受け、華麗なループを決めており、美しくゴールを奪う術も心得ている」

    中島に関心を寄せるチームについては、「ベンフィカ、ポルト、マンチェスター・ユナイテッド、ナポリ、サンテティエンヌ、ボルドー、シュトゥットガルト、ドルトムント、ガラタサライ、アラベス、アトレティコ・マドリーが興味を示している」と紹介。ポルトガル国外のビッグクラブも獲得を検討する選手であると報じた。

    記事では最後に「中島を獲得したいクラブは、高額な契約解除金を支払う必要があるだろう。彼には2000万ユーロ(約26億円)の移籍金が発生する見通し」と伝え、契約条項に盛り込まれている高額の契約解除金が移籍のネックになる可能性が高いと分析している。

    GOAL
    2018-03-17_17h24_44
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180317-00000002-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ