海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 中島翔哉

    1:数の子 ★:2018/10/14(日) 14:47:42.67 ID:CAP_USER9.net
    ▽セビージャが、ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉(24)への関心を強めているようだ。ポルトガル『レコード』が伝えている。

    ▽伝えられるところによると、現在リーガエスパニョーラで首位に立つセビージャは昨シーズンから中島の視察を継続。同クラブのサッカースタイルにマッチすると見込んでおり、近々具体的なオファーを提示する可能性もあるようだ。

    ▽現在、中島に対してはセビージャのほか、シャフタールら欧州複数クラブが関心。契約解除金は、4000万ユーロ(約53億円)に設定されているとされる。

    ▽中島は、昨夏にFC東京からポルティモネンセにレンタルで加入し、海外挑戦1年目から公式戦32試合10ゴール12アシストの好成績を残した。完全移籍を果たして背番号10を着用してプレーする今シーズンは、ここまで公式戦8試合に出場して、4ゴール3アシストを記録している。
    pcimage (1)
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=331021
    続きを読む

    51d0be88e4deadd4881484f174de2bf4

    1:風吹けば名無し:2018/10/11(木) 23:17:52.50 ID:dGa7qD4pa.net
    フィジカルがあれやけどワイはプレミアで観たい
    2:風吹けば名無し:2018/10/11(木) 23:18:17.01 ID:6lvmGa41p.net
    もう大して若くないから早く移籍しろ
    5:風吹けば名無し:2018/10/11(木) 23:18:52.27 ID:dGa7qD4pa.net
    >>2
    ほんこれ
    違約金けっこう高いのがネックやな
    続きを読む

    51d0be88e4deadd4881484f174de2bf4

    1:風吹けば名無し:2018/10/10(水) 02:56:02.72 ID:FF4n2hgoa.net
    左ウイングが不足してるクラブどこや
    4:風吹けば名無し:2018/10/10(水) 02:56:58.17 ID:FF4n2hgoa.net
    バイエルン、ミラン、アーセナル、まんC、バルサ、レアルの中かな?
    3:風吹けば名無し:2018/10/10(水) 02:56:34.88 ID:PMRHnlpB0.net
    スペインのあそこやろなぁ…
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/10(水) 05:24:12.24 ID:CAP_USER9.net
    ポルトガル1部のポルティモネンセでジェネラルディレクターを務める元浦和レッズのロブソン・ポンテ氏は、同クラブで活躍する日本代表FW中島翔哉のビッグクラブ移籍に向けた見通しを語っている。ポルトガル『ア・ボーラ』がポンテ氏のコメントを伝えた。

    中島は欧州挑戦1年目の昨季、ポルティモネンセで二桁の10ゴールを挙げるなどの活躍。今季も7試合で4ゴールを記録している。現地時間7日に行われたスポルティングCP戦では強豪相手に2ゴール2アシストの大暴れを見せ、現地メディアからも絶賛された。

    ポンテ氏は中島の活躍について、「驚いてはいない。中島のサッカーも人間性も分かっていた」とコメント。「彼を知らなかった者にとっては去年は驚きだったとしても、今はそうではない」と述べている。

    「予測不可能で素晴らしい選手だ。高い技術とスピード、プレービジョンがあり、1対1に強く、シュートも難なく放つ。並外れた選手だ。我々のサムライだよ!」と中島を称えた。

    中島にはポルトガルや欧州各国の有力クラブの多くが関心を示していると噂される。ポンテ氏は「争奪戦は激しい。引き留めるのは難しいだろう」と認めつつ、「手放すとすれば拒否できないようなオファーがあった場合だけだ」と安売りしない姿勢を強調した。

    ポルティモネンセと2020年までの契約を結んでいる中島には、4000万ユーロ(約52億円)の契約解除金が設定されているという。「どのトップクラブに行ってもやれるだろう。ポルティモネンセで見せているものを、別のどのクラブに行っても見せられるはずだ」とポンテ氏は中島の飛躍を確信している。

    10/10(水) 0:01 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181010-00292427-footballc-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/10(水) 06:31:48.70 ID:CAP_USER9.net


    ポルトガル1部のポルティモネンセで活躍する24歳の日本代表MF中島翔哉。市場価値は4000万ユーロ(約52億円)に達していると、9日にポルトガル紙『ディアリオ・デ・ノティシアス』が報じている。

    同紙はタイトルに「小さな皇帝はすでに4000万ユーロの価値がある」とつけ、「スポルティングCP戦で素晴らしいパフォーマンスを見せ、2得点2アシストと活躍した。12日のパナマ戦、16日のウルグアイ戦に臨む日本代表にも招集されている」とし、「中島は6月のワールドカップメンバーで落選したが、今や代表チームでの地位は高まっている」と伝えている。

    かつてはJリーグの東京ヴェルディやFC東京、カターレ富山などでプレーしていた中島。ポルティモネンセに移籍してから存在感を発揮し、今では背番号10を託されるまでになった。今季はリーグ戦7試合出場で4得点3アシストの大活躍。次の移籍市場では、様々なクラブからオファーが届くことになりそうだ

    10/10(水) 5:50配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181010-00292449-footballc-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/10/09(火) 19:56:06.27 ID:CAP_USER9.net
    10/9(火) 14:05配信
    中島翔哉のビッグクラブ移籍は近い?現地記者が見解「レアル移籍だって非現実ではない」

    ポルティモネンセFW中島翔哉は、近い将来ビッグクラブへステップアップを果たすのだろうか。ポルトガル『PUBLICO』でチアゴ・ピメンテル記者が見解を述べている。

    世界一のランジェリーモデルはチェックした?W杯出場32カ国の女神たち/32枚

    昨季ポルティモネンセに加入した中島。欧州でのデビューシーズンでいきなり10ゴール12アシストと確かな結果を残すと、夏の移籍も盛んに騒がれたが、クラブが放出を拒否して残留することとなった。

    背番号10を与えられた今季は、開幕から4試合でノーゴールとチームとともにやや苦しんでいたが、第5節のギマランイス戦で初得点を含む2ゴール1アシストを記録。そして迎えた第7節、“ポルトガル3強”の一角に数えられるスポルティング・リスボン相手に躍動し、2ゴール2アシストと全4得点にからむ大活躍を見せ、チームを4-2の勝利に導いた。

    中島が見せる見事なパフォーマンスに、現地も大いに注目しているようだ。ピメンテル記者は、直近3試合で4ゴール3アシストを記録する24歳FWが、ビッグクラブへステップアップするのは時間の問題だとしている。

    「今年4月、『ショウヤ・ナカジマが2000万ユーロ(約26億円)でレアル・マドリーへ?』という記事が南アルガルヴェの地方紙で報道された。当時は完全なジョークだっただろう。だが、非現実的ではないだろう」

    「昨シーズンのポルトガルデビュー以来、ナカジマはポルティモネンセのジャージを着て自身の持つポテンシャルを証明し続けている。この日本人は、スポルティングを4-2と打ち負かした試合で4ゴールに関与した」

    「ナカジマがビッグクラブへ移籍するということに、もはや疑問はないだろう。むしろ、それがいつで、いかに高いレベルになるのかということが問題だ」

    すでにシャフタール・ドネツクやセビージャ、ポルト、ベンフィカなど、チャンピオンズリーグに出場するクラブから関心を集める中島。ポルトガルで輝きを放つ24歳の日本代表は、どのようなキャリアを送るのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00000009-goal-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/08(月) 18:45:55.33 ID:CAP_USER9.net
    中島が強豪スポルティングCP相手に全ゴールに絡む圧倒的な活躍



    海外サッカー、ボルトガル1部ポルティモネンセの日本代表MF中島翔哉が、現地時間7日のリーグ第7節スポルティングCP戦にフル出場し、2ゴール2アシストと躍動。圧倒的な活躍ぶりを現地メディア「VSPORTS」がハイライト動画を公開。続々と称賛を呼んでいる。


    【動画】「キャプテン翼のようなファンタスティックな活躍」と現地メディア絶賛、中島の圧巻のミドル弾など2G2Aの一部始終



    日本の新10番が圧倒的な輝きを放った。この日は3トップの左で先発。まずは前半30分、中島がワンツーのリターンをMFウィルソン・マナファに通して、先制点をアシストした。そして同44分にはゴール前でパスを受けた中島が右足をダイレクトで振り抜き、追加点を奪った。

    前半だけで2得点に絡んだ中島だが、勢いは止まらない。1点を返された後半37分には、右CKからのこぼれ球を、ペナルティーエリア外から抑えの利いたミドルシュートを叩き込み、この日2点目。終了間際にもアシストをマークし2得点2アシストの大活躍だ。

    強豪相手に全ゴールに絡む圧巻のプレーを見せた中島を、現地メディアも続々と称えている。ポルトガルメディア「Renascenca」は「スポルティングはポルティモネンセに2-4で敗戦。ショウヤ・ナカジマがキャプテン翼のようなファンタスティックな活躍」と世界的人気サッカー漫画の主人公になぞらえて絶賛。

    同じくポルトガルメディア「Diario de Noticias」も「ナカジマの躍動がスポルティングを沈める」「日本人選手が2ゴール2アシストでチームを勝利に」と活躍ぶりに拍手を送っていた。

    キリン杯(12日・パナマ戦、16日・ウルグアイ戦)に臨む森保ジャパンにも招集されている中島。次世代のエース候補が日本代表にもたらしてくれる化学反応にも期待が集まりそうだ

    10/8(月) 14:57配信 THEアンサー
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181008-00039552-theanswer-socc

    「日本人による祝祭」 中島翔哉の大活躍に現地メディア脱帽「今やリーグ最高の選手」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181008-00139910-soccermzw-socc

    「今のクラブはナカジマに小さすぎる」ウルグアイ・メディアが“小さな巨人”中島翔哉の活躍を褒めちぎる
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181008-00048333-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:Glide Across The Line ★:2018/10/08(月) 06:56:08.92 ID:CAP_USER9.net
    10/8(月) 6:08配信

    SOCCER KING
    中島翔哉が2ゴール2アシストの活躍!…強豪スポルティング撃破に貢献
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-00844186-soccerk-socc
    2018-10-08_07h57_06
    ポルティモネンセに所属する中島翔哉(写真は8月13日の第1節ボアヴィスタ戦)[写真]=ムツカワモリ


    ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉が、7日に行われたプリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)第7節のスポルティング戦で2ゴール2アシストの活躍を見せ、勝利に貢献した。

    中島は左ウイングで先発出場。29分にスルーパスでウィルソン・マナファの先制点をアシストすると、44分にはマナファの折返しを右足ダイレクトで叩き、今シーズン3点目を決めた。さらに1点差とされて迎えた82分には、右CKのこぼれ球をエリア手前左で拾い、強烈な右足ミドルシュートで追加点。後半アディショナルタイム3分にも味方のクリアボールをダイレクトで前線へ送り、ジョアン・カルロスのゴールを演出した。

    中島は全ゴールに絡み、4-2での強豪スポルティング撃破に貢献。ポルティモネンセは今シーズン2勝目を収めた。】
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/10/01(月) 21:46:48.49 ID:CAP_USER9.net
    サンパイオ会長がMFバルボサへ頭突きする事件が発生、レンタル解除の可能性も…
    日本代表MF中島翔哉が所属するポルトガル1部ポルティモネンセで驚くような事件が起きた。ホジネイ・サンパイオ会長が、今季新加入のポルトガル人MFラファエウ・バルボサに頭突きを見舞ったというのだ。ポルトガル紙「レコルド」が報じている。

    ポルティモネンセU-23は現地時間9月29日のベンフィカU-23戦で2-2と引き分けた。しかし、ピッチ外では白熱した打ち合いの印象を吹き飛ばすような事件が起きたようだ。

    試合後、ポルティモネンセのサンパイオ会長は22歳のバルボサと口論に発展。頭に血が上った結果、バルボサへ頭突きを喰らわせたという。

    記事によると、この一件で両者には亀裂が生まれ、バルボサは今季ポルトガル1部スポルティングから期限付き移籍で加入したばかりだったが、レンタル打ち切りでスポルティングへ復帰する可能性もあるようだ。バルボサはサンパイオ会長に対し、刑事訴訟を起こす構えで、すでに書類を提出したとも報じられている。

    中島は今季リーグ戦5試合で2ゴール1アシストとまずまずの成績を残しているが、肝心のチームは16位と低迷。一丸とならなければいけない状況下で、トップの会長が選手に頭突きという形で水を差してしまったようだ。
    2018-10-01_23h24_02
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181001-00138594-soccermzw-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ