海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 塩谷司

    1: Egg ★ 2018/12/23(日) 13:01:50.34 _USER9
    UAE1部アル・アインの元日本代表DF塩谷司は、現地時間22日に行なわれたFIFAクラブワールドカップ(W杯)決勝のレアル・マドリード戦(1-4)でチーム唯一の得点を決めて意地を見せた。

    史上初の大会3連覇を果たした世界王者相手の一撃だけに、海外メディアも「名誉のゴール」「エクセレント」「偉大」と伝えている。


    【動画】「名誉のゴール」「エクセレント」と海外称賛 元日本代表DF塩谷が元鹿島FWカイオのFKから意地のヘディング弾https://www.football-zone.net/archives/156279/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=156279_6


    試合は前半14分、今年のバロンドールを受賞したクロアチア代表MFルカ・モドリッチの鮮やかなミドルシュートに始まり、後半15分にはスペイン人MFマルコス・ジョレンテ、34分にはキャプテンのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの強烈なヘディングシュートとレアルの総合力ばかりが目立った。

    しかし3点ビハインドで迎えた後半41分、塩谷が意地を見せた。右サイドのフリーキックで元鹿島アントラーズのブラジル人FWカイオからのボールを頭でそらすと、ふわりとした軌道を描いてゴール左隅へ。ロシアW杯で最優秀GKに輝いたベルギー代表GKティボー・クルトワの牙城を崩す、追撃のヘディング弾となった。

    その後、アル・アインは後半アディショナルタイムにオウンゴールで4失点目を献上し、1-4で準優勝に終わったが、塩谷は試合後にはレアルのサンティアゴ・ソラーリ監督とも談笑する場面も見受けられるなど、観る者にインパクトを残した。

    スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が「それまで何もさせてもらえなかったクルトワ相手に偉大なヘッド」と伝えれば、アルゼンチン紙「Ole」は「名誉のゴール」と称賛。米ポータルサイト「ヤフースポーツ」も「エクセレントなヘッダー」と報じた。

    サンフレッチェ広島からUAEに渡って1年半、「Tsukasa Shiotani」は世界に広まった。

    2018.12.23フットボールゾーン
    https://www.football-zone.net/archives/156279

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/22(土) 10:03:57.78 _USER9
    UAEで行われているクラブW杯は、開催国アル・アインと欧州王者レアル・マドリード(スペイン)が決勝(23日午前1時30分キックオフ)を戦うことになった。

    注目は「アル・アインのDF塩谷司(30)」である。主軸として優勝に貢献できるか? もさることながら「塩谷的な生き方」にJリーガーは興味津々なのである。

    徳島商―国士舘大から2011年にJ2水戸入り。12年に広島に移籍。森保監督(現日本代表監督)時代、Jリーグ3回優勝に貢献した。15年10月に日本代表デビュー。そして17年春にアル・アインから“驚くべき高額オファー”が届いた。広島での年俸5000万円の実に4倍もの2億円! が提示されたのだ。もっとも塩谷は当初、UAE行きをためらったという。

    「日中は50度超の猛暑で練習も試合も夜に行われるが、それでも30度を超える日が多く、ファンもエアコンの効いた自宅でテレビ観戦が大半。観客2000人ほどの閑散としたスタジアムでのプレーが多く、中東エリア以外からの助っ人は<生活習慣など馴染むのに四苦八苦。モチベーションを保つのが難しい>と愚痴っている。

    リーグ自体も上位3チーム以外はレベルが極端に低く、UAEでプレーする限り、日本代表に呼ばれるのは難しくなる。一度は二の足を踏んだ塩谷だったが、最終的に中東行きを決意したのは、高額年俸に加えて<UAEでプレーするサッカー選手は税金が掛からない>ことが、やはり魅力的だった」(サッカー関係者)

    日本代表としてW杯に出場する夢は途絶えることになるが、アル・アインとの3年契約をまっとうすれば「6億円」の収入が約束される。名を捨てて実を取る。塩谷的生き方も悪くない――。 
    2018-12-22_10h55_23
    12/22(土) 9:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181222-00000014-nkgendai-socc

    続きを読む

    o0480030013963250825

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/30(土) 12:15:34.99 ID:CAP_USER9.net
    ◆アラビアン・ガルフリーグ第3節 アルアイン2―1アルアハリ(29日、アルアイン)

    ホームの大観衆の喜びは背番号33がもたらした。1―1で突入した後半44分。アルアインDF塩谷はドリブルでゴールに向かうと、約20メートルの距離から右足を迷わず振り抜いた。するどいシュートは横っ飛びしたGKも届かず、ゴール左へ吸い込まれた。試合を決める一撃は移籍後初ゴール。右手の人さし指で自らの顔をさし、アピール。駆け寄ってきた元鹿島FWカイオと抱き合い、ピッチに倒れ込みながら、大声援を体で感じた。

    今夏にUAEの強豪アルアインから正式オファーが当時所属していた広島に届いた。「自分の中で、変化を求めたというか、このままではたぶん俺ダメだなって思ってた」。6月にリオデジャネイロ五輪にオーバーエージ枠で出場も、一度は選出されていた日本代表からも遠ざかっていた。自身のサッカー人生に満足していなかった。さらなる進化を求めるため、悩みに悩んで、UAEでの挑戦を決断した。

    9月の国内カップ戦前日の記者会見では、移籍してから日本代表のハリルホジッチ監督と会ったことも明かした。もちろん塩谷はアルアインで結果を残すことで日本代表復帰を狙っている。「またしっかり代表に呼んでもらえるように頑張っていきたい」とサムライブルーの一員となることを視野に入れる。

    この一撃はJ1残留争いで奮闘する古巣・広島へのエールでもある。「本当に頑張って欲しい。お世話になったクラブ。ずっと気にかけていくつもり」と、常に遠くUAEから日本の結果をチェックしている。広島もここに来て、降格圏を脱出。日本からの活躍に刺激を受けて、自らもピッチで結果を残した。

    アルアインは塩谷の劇的決勝弾で、今季ホーム初勝利をマーク。3戦を終えて2勝1分けの2位と、好位置につけている。日本から加入したDFはこの試合のマン・オブ・ザ・マッチも獲得。名刺代わりの一発で、中東でもその名をとどろかせた。

    9/30(土) 12:11配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170930-00000109-sph-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ