海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー選手 > サラー

    1:Egg ★:2018/06/09(土) 22:46:47.12 ID:CAP_USER9.net
    リヴァプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーがスペイン『マルカ』とのインタビューに応じ、レアル・マドリーDFセルヒオ・ラモスとの間に遺恨を残していることをうかがわせた。

    サラーはチャンピオンズリーグ決勝レアル・マドリー戦の前半に、DFセルヒオ・ラモスと交錯して肩を負傷。涙を流しながらの途中交代となり、ロシア・ワールドカップ出場も危ぶまれることとなった。

    サラーは『マルカ』とのインタビューで、S・ラモスとの交錯が「プレー中に起こる普通の出来事だっのか?」と問われ、「分からない。おそらくそうかな?」と返答。またS・ラモスが「最初に腕をつかんだのは彼で、僕は反対方向に倒れた。実際、彼が負傷したのは逆の腕だった」と話したことには、「それは面白いね…」と一笑に付した。

    S・ラモスは「もし痛み止めを打っていたら、サラーは後半もプレーできたはず」とも話していたが、サラーはその発言について意見を求められると、笑みを浮かべながらこのように返している。

    「自分を泣かせた人間が、その後に笑わせてくれるというのは素晴らしい。おそらく、彼は僕がワールドカップにも出場できると口にしてしまえるんだろう。彼から連絡はあったよ。でも、僕は『良い状態だ』とは一言も口にしていない」

    サラーはまた、ワールドカップ初戦ウルグアイ戦に間に合う可能性があるのかどうかについて、次のように語った。

    「状態は良くなっている。ウルグアイ戦に臨む期待を抱えているよ。でも、それは試合日が近づいて、自分がどのような感触を得ているのかに依存することだ」

    6/9(土) 20:43配信
    2018-06-09_23h53_36
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00000027-goal-socc
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/05/29(火) 09:45:58.13 ID:CAP_USER9.net
    エジプトの弁護士が10億ユーロ(約1271億円)の賠償を求めてセルヒオ・ラモスに対する訴訟を起こしたことが分かった。

    26日に行われたチャンピオンズリーグ決勝のレアル・マドリー対リヴァプールで、モハメド・サラーはラモスの激しいチャージに遭って肩を負傷。そのまま途中交代を余儀なくされ、前半のうちにピッチを去った。なお、エースを失ったリヴァプールは1-3でレアル・マドリーに敗れている。

    試合中には何のお咎めもなかったが、サラーを負傷退場に追い込んだラモスのプレーに対しては非難が殺到。試合後、ユルゲン・クロップ監督は「レスリングのようだった」と語り、また『Change.org』という団体が処分を求める署名の収集を開始した。

    サラー自身は軽傷を強調して、ワールドカップへの出場に意欲を燃やすものの、重傷との見方も強く同選手のロシアでの大会への出場には暗雲が立ち込める。エジプト代表が久しぶりにワールドカップ出場を決めたものの、大会前にエースが負傷したことに憤りを憶えたバッセム・ワフバ弁護士はエジプト『Sada El-Balad』でレアル・マドリーDFを提訴することと発表した。

    「意図してモー・サラーを負傷させたラモスは処分されるべきだ。すでに訴訟を起こし、FIFAに訴え出た。そして、ラモスがサラーとエジプト国民に肉体的、精神的苦痛を与えたとして10億ユーロ以上の賠償を求めるつもりだ」
    2018-05-29_10h07_04
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00000000-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/05/27(日) 12:52:25.84 ID:CAP_USER9.net
    クロップ監督は「深刻な負傷」と話すもX線の検査結果は最悪の事態を免れる
     
    リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーは、現地時間26日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝のレアル・マドリード戦(1-3)で前半25分にDFセルヒオ・ラモスと交錯した後に転倒し、肩を負傷して無念の負傷交代となった。

    ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けた不安材料となったが、エジプトサッカー協会はエースの状態について「楽観視」しているという。

    英公共放送「BBC」によれば、ユルゲン・クロップ監督はサラーについて「本当に深刻な負傷」とし、鎖骨あるいは肩の負傷だと語っていた。

    しかし、エジプトサッカー協会は公式ツイッターでX線検査の結果、「肩の靭帯の捻挫」と発表。6月14日に開幕するロシアW杯への出場も「楽観的」とした。リバプールサポーター、そしてW杯での躍進を期待するエジプト国民を安堵させた。

    今季公式戦44得点を決めた韋駄天FWサラー。CLのタイトル獲得こそ叶わなかったが、この悔しさをW杯で晴らしたいところだ。

    フットボールZONE 2018年5月27日 10時20分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14775045/

    写真


    続きを読む


    2018-05-14_00h35_39

    1:pathos ★ :2018/05/13(日) 23:38:51.74 ID:CAP_USER9.net
    モハメド・サラー(前半26分)
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11043189


    リバプールFW、年間MVPの“3冠”達成。今季の個人賞受賞は驚異の34個目に
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180513-00269224-footballc-socc

    昨夏ローマからリバプールに加入して以来サラーはゴールを量産しており、38試合制のプレミアリーグでは歴代最多記録に並ぶ31ゴールを記録。13日に行われる最終節ブライトン戦でゴールを決めれば新記録達成となる。
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/05/13(日) 20:31:49.29 ID:CAP_USER9.net
    リヴァプールFWモハメド・サラーが、プレミアリーグ年間最優秀選手賞を受賞した。

    今季ローマから加入したサラー。リヴァプール1年目にしてエースに成長し、公式戦43ゴールを記録。プレミアリーグでも31ゴールを挙げ、得点ランキングトップを走っている。

    そんなエジプト代表FWは活躍が認められ、ファン、記者、関係者の選ぶプレミアリーグ年間最優秀選手賞に選ばれた。すでにイングランドサッカー選手協会(PFA)の年間最優秀選手賞、イングランドサッカー記者協会(FWA)の年間最優秀選手賞も受賞しており、プレミアリーグの個人賞3つを独占した。さらに、クラブの年間最優秀選手にも選ばれている。

    チェルシーでは不完全燃焼のまま、イタリアへ活躍の場を移したサラー。25歳FWは、批判する人々を見返したかったと明かしている。

    「この賞は本当に、本当に誇らしいよ。僕が一度目のプレミア挑戦で失敗したことを揶揄する人に対し実力を示すため、イングランドへ戻ってくることはいつだって考えていたんだ」

    イングランド再挑戦1年目で、見事な活躍を収めたサラー。27日にはチャンピオンズリーグ決勝でレアル・マドリーと対戦する。キャリア最高のシーズンで、誰もが羨むビッグイヤーを掲げることは出来るだろうか。
    2018-05-13_20h50_28
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180513-00000027-goal-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/04/26(木) 21:13:50.47 ID:CAP_USER9.net
    プレミアリーグやチャンピオンズリーグ(CL)で目覚ましい活躍を続けるリヴァプールのエジプト代表FWモハメド・サラーに対して、新たな栄誉が与えられるようだ。サウジアラビアの政府系ニュースサイト『Sabq』の報道を引用して、スペイン紙『ラ・バングアルディア』が25日に伝えている。

    報道によると、ムスリム(イスラム教の教徒)で知られるサラーの活躍を称え、イスラム教の聖地メッカの土地の一部が同選手に贈呈される可能性があるという。イスラム圏で絶大な人気を誇るだけでなく、イギリス社会における“イスラム”の象徴的存在として認知されていること、また若者らへの慈善活動を積極的に行っていることがその理由だとされる。

    地元自治体の関係者は、“感謝のしるし”としてサラーに土地の贈呈を行う意向だと説明。ただし、メッカにある世界最大のモスク「マスジド・ハラーム」の敷地とは重ならない土地に限るとしている。なお、土地の贈呈に関しては、サウジアラビア政府の許可が必要であるため、もし実現が不可能となった場合には、サラーの名前を冠したモスクを建設することも1つの案として検討されているようだ。

    現在25歳のサラーは、昨年夏にリヴァプールに加入。今シーズンはここまで公式戦47試合に出場し43ゴール15アシストを記録している。プレミアリーグでは得点ランキングトップを走り、22日には今シーズン最も活躍した選手に贈られるPFA年間最優秀選手賞を受賞。CL決勝進出に王手をかけたチームのエースとして欠かせない存在になっている。

    昨年10月には、エジプト代表を28年ぶりのW杯出場に導くPKを決めて、国民から“神”と称えられたサラー。本人が今回のオファーを辞退する可能性もあるが、聖地に自分の名を残すことになれば、最大の名誉であるに違いない。
    2018-04-26_23h36_03
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00748657-soccerk-socc
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/04/23(月) 12:30:30.07 ID:CAP_USER9.net
    イングランドサッカー選手協会(PFA)は22日、2017-2018シーズンのPFA年間最優秀選手賞を発表し、リヴァプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが初受賞した。

    PFA年間最優秀選手賞はイングランドでプレーしている選手を対象に、PFAに所属している約4000人の投票によって、そのシーズン最も活躍した選手を決定する。昨シーズンはチェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテが受賞していた。

    今シーズンの最終候補にはプレミアリーグ優勝を決めているマンチェスター・Cからベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネや、スペイン代表MFダビド・シルバ、ドイツ代表FWレロイ・サネ、マンチェスター・Uのスペイン代表GKダビド・デヘア、イングランド代表FWハリー・ケインが選出されていた。投票の結果、サラーが、2位のデ・ブライネ、3位のケインを抑えてPFA年間最優秀選手賞を獲得した。

    現在25歳のサラーは、昨年夏にリヴァプールに加入。今シーズンはここまで公式戦46試合に出場し41ゴール13アシストを記録。プレミアリーグでは現在3位、チャンピオンズリーグ(CL)では準決勝に進出しているチームのエースとして活躍している。

    サラーはクラブ公式HPを通じ、以下のように喜びを語った。

    「素晴らしい気分だ。一生懸命やってきてこの賞を勝ち取ることができてとても嬉しいよ。僕の個人的なことはチームが勝つことによって得られる。いつもチームのことを考えている。自分のことについては考えていない。僕にとって一番大切なことはチームで何かを勝ち取るということだ。僕たちは今、CL準決勝まで勝ち進んでいる。タイトルが獲れたらいいね」

    リヴァプールに所属する選手でPFA年間最優秀選手賞を受賞した7人目の選手となったサラー。最後に受賞していたのは、2013?14シーズンのウルグアイ代表FWルイス・スアレス(現バルセロナ)だった。
    GettyImages-949554830
    https://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20180423/747149.html
    続きを読む

    GettyImages-946258752

    1:風吹けば名無し:2018/04/16(月) 21:22:56.13 ID:bq5N6OCE0.net
    これはネクストメッシやろ
    3:風吹けば名無し:2018/04/16(月) 21:24:22.37 ID:pNP99bbIa.net
    ていうかリバプールの3トップやばい
    クラブ史上最強やろ
    37:風吹けば名無し:2018/04/16(月) 21:33:48.75 ID:KcC8bxs+0.net
    >>3
    でも勝てないよねw
    続きを読む

    GettyImages-925356502

    1:風吹けば名無し:2018/04/01(日) 06:03:03.27 ID:pX8Wu3KT0USO.net
    スアレス以上だわ
    まさかエジプトから次のスーパースターが誕生するとは思わなんだ
    2:風吹けば名無し:2018/04/01(日) 06:04:30.11 ID:/uHO/Kf+aUSO.net
    バルサかレアル行くんだろうな
    4:風吹けば名無し:2018/04/01(日) 06:09:08.92 ID:6WcgqHEQ0USO.net
    2年後には赤青か白のユニフォーム着てるぞ
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ