海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:日本代表 > アジアカップ2019

    1: Egg ★ 2019/01/19(土) 20:45:17.06
    日本が韓国と別の山に入ったことに注目するメディアが多い

    森保ジャパンは1月17日、アジアカップのグループリーグ第3戦でウズベキスタンと対戦し、2-1で勝利した。3戦全勝で決勝トーナメント進出を決めたが、韓国メディアの報道を見ると、日本の試合運びに対する辛口評価が少なくない。
     
    例えば『スポーツ韓国』は、日本がオマーン戦(13日)からスタメンを10人入れ替えたことを紹介し、「日本は体力温存に集中した。試合運びも、無理するよりは最大限、安全に戦おうとしているように見えた」と報道。「前半は何度もチャンスを逃し、むしろウズベキスタンに先制点を奪われた」とし、塩谷の逆転弾についても「相手選手がピッチに倒れている状況で決まったゴールだった」と伝えている。
     
    グループリーグ3試合の戦いを振り返りながら、「“最後まで大変だった”日本、ウズベキスタンに逆転勝利“グループ1位+16強”」と報じたのは『スポーツ朝鮮』だ。記事は、「日本は開幕前まで“優勝候補”に挙げられていた。しかし、最近見せたパフォーマンスはあまり圧倒的ではなかった。オマーン戦では誤審騒動もあった」としながら、「ウズベキスタンとの最終戦もその姿は大きく変わらないように見えた」と、厳しく評価した。

    ただ、試合内容よりも注目を集めているのは、決勝トーナメントの対戦表のほうだろう。韓国が3連勝でC組を1位通過したなか、日本が韓国と別の山に入ったことに注目するメディアが多い印象だ。
     
    「日本F組1位で16強進出…韓日戦は決勝で実現する」(『MKスポーツ』)「ベント・コリア、最上のトーナメント表…イランと日本を避けた」(『オーマイニュース』)「アジアカップ16強の対戦表が完成…韓国、決勝までイラン・日本と当たらない」(『ノーカットニュース』)
     
    『スポーツソウル』は、「日本、武藤と塩谷のゴールでF組1位確定…イランが待つ山のほうを選んだ!!」とヘッドラインを置いた。

    記事は、「日本はGKシュミット・ダニエルをはじめ、今大会初出場者が7人もいた。負傷や警告を最大限減らすことはもちろん、過度に勝利に執着しないというスタンスだった」として、日本が決勝トーナメントを想定してウズベキスタン戦に臨んだと分析。

    そのうえで、「日本はF組2位で通過していた場合、韓国と準決勝で対戦する可能性が高かった。しかし結果的にはF組1位で勝ち上がり、韓国とは別の山に入った。日本が準決勝で対戦するのはイランが有力だ。韓国の立場としては、日本、イランと続けて対戦するシナリオは喜ばしくない。イランと同じく日本が1位通過したことは、韓国にとっては肯定的に受け止めることができる」と綴っている。

    グループリーグの戦いには手厳しい意見が投げられているが…

    振り返ればこの『スポーツソウル』は、「ニューカッスルで韓国代表キ・ソンヨンがベニテス監督の信頼を受けているに対し、武藤は居場所を失っている」などと日本と韓国の選手を比較したこともあった。そんなメディアもアジアカップでは日本を警戒しているわけだ。

    森保ジャパンのグループリーグの戦いには手厳しい意見が投げられているが、「日本を避けられてよかった」というのが韓国メディアの本音なのかもしれない。
    2019-01-19_21h28_57
    1/18(金) 17:18配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190118-00053000-sdigestw-socc


    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/19(土) 10:22:49.07
    1次リーグで3連勝し、堂々と決勝トーナメント(T)進出を決めた日本代表。チーム状態は良好にみえる。だが、決勝Tは、負ければ敗退し、アジア制覇への道は断たれる。好調の陰に隠れたチームの課題をスポーツ報知サッカー担当記者が、あえて“見た”。

    攻撃陣の不安点を挙げるならば、トップ下のMF南野に“当たり”が出なかったことだ。初戦は存在感を出せず、2戦目はポジショニングを修正してシュート4本を放ったが無得点。「(シュートを)浮かせる、GKをギリギリまで見る、股を抜く、そういう余裕が少しなかった。いいときは何も考えずに入っていく」と語っていたが、体のキレは感じさせ、決して状態は悪くない。ただ前線の選手にとって、調子が悪くないのにシュートが入らない状態は、不安だという話を取材経験でもよく聞いた。

    「入るまで打ってやろうと思っただけ」と強気に話している南野を、ここで先発から外す手はないだろう。しかし次の一手も考えておく必要はある。幸い、ウズベキスタン戦ではFW武藤が代表で約3年3か月ぶりにゴール。右でん部痛で2試合欠場中の大迫は、決勝Tに照準を合わせている。大迫が間に合えば武藤の2トップなど、前線のバリエーションは考えられる。南野の当たりを待つか、それとも他の選択肢か…。森保監督には迅速でシビアな判断が求められる。

    ここまでセットプレーからの得点がないのも、気がかりの一つ。右のMF柴崎、左のMF堂安という2人のキッカーには、決勝Tでより重圧がかかる中で精度の高いボールが望まれるところだ。
    2019-01-19_16h35_30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000320-sph-socc
    1/19(土) 7:03配信

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/19(土) 11:02:08.89
    <アジア杯:日本2-1ウズベキスタン>◇1次リーグF組◇17日◇UAE・アルアイン

    日本はオマーン戦から先発10人を入れ替えて臨み、ウズベキスタンは主力6人を温存、エースFWショムドロフは1点決めたらベンチに下がった。互いに決勝トーナメント(T)1回戦を見据えてのこと。両者ベストメンバーの対戦ではないから、本当の力の差はわからなかった。勝ったからと「層が厚くなった」と錯覚してはいけない。

    この試合で90分間プレーした選手は「アピールした」とは言えないな。回復が気になる大迫のポジション以外は、基本的に次の試合には出ないのだから。仮にアピールできたとしても、肉体的に使えない。それにしてもレギュラーのAチームと、この試合のBチームとはっきり分け過ぎている。Bチームはこの日がチームとして初めての試合だった。もう少しうまくミックスできなかったかな。

    結果的にF組1位は次にサウジアラビアと、F組2位はオーストラリアとの対戦になった。相手が1次リーグを3位で突破したチームだったら日本が有利と言えるが、今回はどちらに転んでも厳しい相手だった。この日の収穫は1位突破よりも、主力を休ませることができたことの方だ。

    ここからが本当のアジア杯。出場チーム枠を拡大して小さなハプニングはあったが、優勝に向けたライバルはイラン、韓国、オーストラリアという構図は変わらない。その前にサウジアラビアが立ちはだかり、22年ワールドカップ(W杯)を控えたカタールは力をつけている。

    決勝Tではスコアによってはリスクを負わないとならないし、PK戦も想定しないとならない。準々決勝からはVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)も実施される。森保ジャパンにとっては、これまでにない新たな戦いになる。

    まずはサウジアラビア戦のキックオフは現地午後3時、暑さも難敵になる。(日刊スポーツ評論家)
    2019-01-19_16h05_08
    1/18(金) 14:03配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00450844-nksports-socc

    続きを読む

    WS002531

    1: 風吹けば名無し 2019/01/19(土) 06:36:42.87
    普通にまあまあのレベルでサッカー出来る国多すぎやろ
    全部の国にサッカーのプロリーグあるんかてレベルやん

    2: 風吹けば名無し 2019/01/19(土) 06:37:32.30
    あるぞ

    3: 風吹けば名無し 2019/01/19(土) 06:37:56.12
    いや国内リーグはどこの国でもあるぞ
    シリアやパレスチナですらある

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/19(土) 06:49:15.97
    <アジア杯:日本2-1ウズベキスタン>◇1次リーグF組◇17日◇UAE・アルアイン

    1次リーグを首位通過したが、これは今後にも影響する重要な問題なので、触れておきたい。

    失点の場面。槙野に2つのミスが重なった。まずは位置。相手が縦パスを出す時点で1メートルほど中央に絞っておけば、何ともない場面。対人のマークに強い槙野なら、あの高い位置で相手と1対1になれば難なく防げたはず。しかし外に開いてしまい、背後を取られて、外側から相手と並走する形になった。

    その時、1枚余っていた三浦はシュートコースを切り、中へドリブルさせる道を空けた。三浦はその間にスピードある槙野が戻り、2人で挟めばボールが取れるとイメージしたはずだ。これはあの状況で考えられる一番無難な連係パターン。しかしここで、槙野に2つ目のミスが出た。

    イメージを共有できず、対応を三浦に任せてしまった。一気にスピードを上げて挟めば、相手はシュートさえ打てなかったはずだ。槙野は1対1に強く、運動能力も高くスピードもあるが、ここで大きな教訓を得たはずだ。

    決勝トーナメントの前に「連係」を再認識できたことは大きい。ポジション関係なくベンチに座っていたレギュラー陣を含め全員が、あらためてそのイメージを持ったはずだ。(日刊スポーツ評論家)

    1/18(金) 18:35配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00451057-nksports-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/18(金) 23:03:16.41
    日本代表の森保一監督は18日、ウズベキスタン戦から一夜明けて報道陣の取材に対応。21日に行われるラウンド16のサウジアラビア戦について言及した。

    日本は17日に行われたグループF最終節でウズベキスタンに2-1と逆転勝利。3連勝で首位通過を決めた。決勝トーナメントでは16強でロシアW杯出場国のサウジアラビアと対峙することに。サウジアラビアとはロシアW杯アジア最終予選で同組に入り、1勝1敗と五分の成績だった。

    森保監督はサウジアラビアの印象について「上手くて、強い。まだ、しっかりは見ていないですけど、W杯にも出るような国で、アジアの中でもトップクラスのチーム。相手のことをしっかりと研究し、分析して、試合に臨みたい」と警戒感を表した。

    首位で通過した日本は、この後シャールジャに移動することとなり、準々決勝に勝ち進むとさらにドバイへ移動。準決勝はアル・アインに戻り、そして決勝はアブダビと、かなりの移動を強いられることになる。シャールジャからドバイは比較的近距離であるが、ドバイからアル・アインを経由してアブダビに移動するとなると、かなりの距離を要する。

    「体力的な疲労、メンタル的な疲労がきている」と語る指揮官は「まず次の一戦に向けて最善の準備をするという部分で、心身ともに少しでもリフレッシュしてもらえる、回復してもらえる時間を取りながら、戦術的な部分、フィジカル的な部分を試合に向けて準備していければ」と、まずは体力的な回復を望んだ。

    サウジ戦は第1戦のトルクメニスタン戦と同じ現地時間昼の15時にキックオフされる。「15時の試合は暑いと思うので、そこは選手たちに覚悟を持ってやってもらいたい」とし、暑さの面で厳しい戦いを強いられた第1戦を「経験値としてうまく生かす」ことを求めた。

    「試合で起こりうる、出来る限りのことをやっていく。練習がそのまま試合の形になれば一番いいですけど、相手あっての試合なので。相手の力関係や、そのときのコンディションや、チームとの力関係もある。色々なことが起こりうるなかで、選手たちには試合のなかで対応力をもって、柔軟にやって欲しい」

    それは「勝てるチーム、強いチームになるためには必要。(選手に)要求していることではあります」と続けた。

    ウズベキスタン戦ではオマーン戦から先発を10人変更し、躍動感溢れる攻撃から2ゴールを奪った。サブ組と言われるメンバーのアピールもあって、サウジ戦のスタメンは「もちろん悩みますね」と森保監督。

    「すべてのポジションではないにしても、大抵はギリギリまで悩みますし、決めたと思っても本当にそれでいいのかなとずっと思ってやってきているというのが正直なところです」と、最後までベストなメンバーを模索していく考えを口にしていた。

    日本とサウジアラビアの一戦は日本時間21日の20時にキックオフされる。

    1/18(金) 20:12配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00010023-goal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    Fussball.-Bild-Ball-Tor_image_1200-1024x683

    1: 風吹けば名無し 2019/01/18(金) 19:16:07.06
    北川は何を評価されとるんや?

    2: 風吹けば名無し 2019/01/18(金) 19:16:49.55
    甘いマスクや

    3: 風吹けば名無し 2019/01/18(金) 19:16:59.62
    >>2
    南野でええやん

    7: 風吹けば名無し 2019/01/18(金) 19:17:57.31
    去年2桁得点やっけ?そりゃ結果出してたら呼ばれるやろ

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/18(金) 08:26:46.85
    サッカー・アジア杯1次リーグF組(17日、日本2-1ウズベキスタン、アルアイン)取られたら取り返す。1点を奪われてから、わずか3分後の前半43分。高い打点からのヘディングでFW武藤がネットを揺らす。アルアインの夕焼け空に向かって雄たけびを上げた。

    「久しくゴールから遠ざかっていた。やっと勝利に貢献できた」

    2015年10月のイラン戦以来、実に約3年3カ月ぶりの得点。右サイドを突破したDF室屋のクロスに飛び込んだ。FW浅野の負傷で追加招集された26歳が、世界最高峰とされるイングランド・プレミアリーグでもまれてきた意地を見せた。

    武藤が幼少期に通ったバディSCで、3歳から小6まで指導した鈴木威(たけし)園長(68)は「サッカー以外にスキーがうまかった」。周りの園児が何度も転倒しながら下った雪山を、武藤は先生について難なく滑った。

    「泥臭くゴールを取って勝利に貢献できれば」。運動神経抜群のストライカーが、決勝トーナメントに向けて目をギラつかせた。
    2019-01-18_14h17_18
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000011-sanspo-socc
    1/18(金) 7:00配信

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/18(金) 08:58:04.91
    アジアカップ2019グループステージF組最終節の試合が17日に行われ、日本代表がウズベキスタン代表に2-1の勝利を収めた。ウズベキスタンを率いるエクトル・クーペル監督は、勝負を分けたプレーとして日本のGKシュミット・ダニエルのスーパーセーブを挙げている。

    引き分け以上で首位通過を決められるウズベキスタンは40分、FWエルドル・ショムロドフがドリブルで持ち込んで先制ゴールを記録。だが日本もその3分後に武藤嘉紀のヘディング弾で同点とすると、58分には塩谷司が鮮やかなミドルシュートを突き刺して逆転した。

    終盤にはウズベキスタンが攻勢に立ち、日本のゴールを脅かす。86分にはDFダブロン・ハシモフの強烈なミドルが枠を捉えたが、見事な反応を見せたシュミットが枠外へと弾き出し、同点ゴールを許さなかった。

    クーペル監督は試合後の会見で、「あらゆる面で互角の試合だったと思う」とコメント。「違いがあったとすれば、日本の方が多くのチャンスを作り、それによって(後半に)先にゴールを奪ったということ。そして我々には後半の最後に絶好のチャンスがあったが、そこでは日本のGKが素晴らしいセーブを見せた」とシュミットのプレーを称賛した。

    日本代表ではこれがまだ2試合目の出場となったシュミットだが、チームの首位通過に繋がるビッグプレーを披露。欧州の主要クラブや各国代表チームの監督を歴任した名将もそのプレーに賛辞を惜しまなかった。
    20190117_cuper_getty
    1/18(金) 1:43 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190118-00305427-footballc-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ