海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 奥川雅也

    1: 久太郎 ★ 2020/11/09(月) 21:01:43.07 _USER9
    レッドブル・ザルツブルクFW奥川雅也は、日本代表デビューが見送りになるようだ。

    9日からオーストリアでの合宿をスタートさせ、13日にはパナマ代表、18日にメキシコ代表との国際親善試合を予定している森保ジャパン。5日に発表の招集メンバーに含まれていた堂安律は、アルミニア・ビーレフェルトが再入国後の制限を理由に派遣を拒否。そして日本サッカー協会(JFA)は8日、ザルツブルクから奥川を追加招集することを発表していた。

    だが、9日に新型コロナウイルス感染の検査を実施したザルツブルクでは、6名の陽性反応が判明。公式ウェブサイトでその選手たちの名前は明かされなかったが、全員無症状であり、すでに自宅隔離に入ったことが報告された上で、そのほかのメンバーは自宅と練習施設及び試合会場間の移動のみに制限されることが伝えられた。

    クラブはさらに「ひとまずすべての代表派遣を取り消しました」とも発表。具体的に各代表選手に関する措置は伝えなかったものの、今回の追加招集でフル代表デビューの可能性もあった奥川もその対象となっているようだ。
    2020-11-10_10h18_14
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6435c9b6dd4841d0a962e1c2498352c8dbad76bf

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/09/23(水) 07:10:06.79 _USER9
    【マッカビ・テルアビブ 1-2 ザルツブルク CL予選プレーオフ1stレグ】

    チャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフ1stレグ、マッカビ・テルアビブ対ザルツブルクの試合が現地時間22日に行われた。ザルツブルクが2-1の勝利をおさめている。

    【決勝トーナメント表】UEFAチャンピオンズリーグ
    no title

    ザルツブルクに所属する奥川雅也は先発出場を果たした。9分、マッカビ・テルアビブのダン・ビトンに先制点を決められてしまう。それでも49分、ソボスライ・ドミニクがPKを決めてザルツブルクが同点に追いついた。

    さらに57分、セク・コイタからパスを受けた奥川がゴールを決めて逆転に成功。ザルツブルクが2-1の逆転勝利で先勝している。プレーオフ2ndレグは、現地時間9月30日にザルツブルクのホームで行われる予定だ。

    【得点者】
    9分 1-0 ビトン(マッカビ・テルアビブ)
    49分 1-1 ドミニク(ザルツブルク)
    57分 1-2 奥川(ザルツブルク)

    9/23(水) 6:54 フットボールチャンネル
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cd8bbfdb3e29ecf3b80471364cb469002b43c778
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/10/29(火) 20:16:21.82
    新契約は2023年まで
    日本代表FW南野拓実も所属するレッドブル・ザルツブルクは29日、MF奥川雅也(23)との契約を延長したことを発表した。新契約は2023年5月31日までとなる。

    2015年夏に京都サンガF.C.からザルツブルクに渡った奥川は、ファームチームにあたるリーファリングでの2年間のプレーを経て、2017-18シーズンはマッターズブルク、昨シーズンはドイツ2部のホルシュタイン・キールにレンタルで移籍。今夏にはジェッシ・マーシュ監督が就任した所属元に戻ると、トップチームの一員としてこれまで公式戦11試合に出場し、4ゴール4アシストを記録している。

    そんな奥川だが、ここに来て2020年に満了となっていた契約を3年間の延長で合意。クラブの公式ウェブサイトで「レッドブル・ザルツブルクとの契約を延長し、とても喜んでいます。かなり前からここにおり、現在のレベルに至るために遠回りしなければいけませんでした。しかし今は自分のプレーが評価され、2023年までの契約を結ぶことができて幸せです」と語っている。

    また、クリストフ・フロイントSD(スポーツディレクター)も現在23歳の同選手との契約延長についてコメント。「レンタルで送り出されていた2シーズンはマサヤに明らかな好影響をもたらした。その間、彼は特に戦術面やフィジカル面において素晴らしい成長を見せ、今夏以来は我々の下でとても大事な役目を務めてくれている。マサヤはきっと、今後数年間に渡って我々に多くの喜びを与えてくれるだろう」と話した。
    2019-10-30_01h14_34
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00010027-goal-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/09/15(日) 11:32:47.84
    オーストリア・ブンデスリーガ第7節が14日に行われ、南野拓実と奥川雅也が所属するザルツブルクが、ホームでハルトベルクと対戦した。

    この試合、奥川は先発出場を果たし、南野は66分から途中出場を果たした。試合は23分、ザルツブルクが先制に成功する。すると36分、奥川が味方選手からの左クロスを落ち着いて合わせてゴール。奥川は今季3点目を記録した。

    ザルツブルクはその後失点して2-1のリードで前半を折り返す。50分と52分に得点を挙げたザルツブルクは77分に失点。しかし、ザルツブルクは試合終盤の86分から立て続けに3ゴールを挙げて、7-2でハルトベルクに勝利を収め、リーグ戦7連勝を飾った。
    2019-09-15_12h02_32
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190915-00979689-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/04/27(土) 22:29:07.89
    4/27(土) 22:24配信
    奥川雅也、2試合連続弾!2得点の活躍もチームは逆転負けでPO進出絶望

    【ザント・ハウゼン 3-2 ホルシュタイン・キール ブンデスリーガ2部第31節】

    ドイツ・ブンデスリーガ2部第31節、ザント・ハウゼン対ホルシュタイン・キールが現地時間の27日に行われた。FW奥川雅也が所属するアウェイのキールが2-3で敗れた。

    奥川は2トップの一角で6試合連続のスタメン出場を果たし、2試合連続のゴールとなる先制点を含む2ゴールを決めた。

    試合はいきなりキールが動かす。6分、ペナルティエリア右に抜け出したイ・ジェソンがボールを受けると、中央に走りこんできた奥川へ横パス。奥川がダイレクトで合わせ、ゴールに突き刺した。

    だが、17分にザント・ハウゼンのフォルスタに決められ、1-1の同点とされてしまった。さらに22分にも追加点を奪われ、奥川の先制後すぐに逆転を許してしまった。だが、また奥川が見せる。44分、ペナルティエリア左でボールを受けた奥川は左足でダイレクトシュート。これが、ゴー右に決まり、同点となる2得点目を奪った。

    だが、後半開始早々の48分にギースラソンのパスからアレクサンドルがゴールを決め、キールは再び勝ち越しを許してしまう。その後、同点ゴールを奪うことができず。キールは2-3で敗戦した。

    敗れたキールは勝ち点46の7位に転落。キールは残り3試合でプレーオフに進む3位パダーボルンとは勝ち点差5となっている。

    【得点者】
    6分 0-1 奥川雅也(ホルシュタイン・キール)
    17分 1-1 フォルスタ(ザント・ハウゼン)
    22分 2-1 ウーテン(ザント・ハウゼン)
    44分 2-2 奥川雅也(ホルシュタイン・キール)
    48分 3-2 アレクサンドル(ザント・ハウゼン)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190427-00319329-footballc-socc
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/03/16(土) 11:03:46.95
    ブンデスリーガ2部のホルシュタイン・キールに所属するMF奥川雅也が今季2点目を決めた。

    15日に行われた第26節エルツゲビルゲ・アウエ戦で先発出場した奥川は、3-1で迎えた後半31分に左サイドを突破したMFマティアス・ホンザクの折り返しを右足で押し込み、勝利を決定づけた。その後、1点を追加したキールが5-1で勝利。3試合ぶりの白星を飾った。

    今季ザルツブルクから期限付き移籍で加入した奥川は、ここまで11試合に出場。2月23日のボーフム戦で移籍後初ゴールを決めていた。
    2019-03-16_13h32_53
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-38887421-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: pathos ★ 2019/02/23(土) 22:19:46.47
    ボーフム相手に初ゴール

    ホルシュタイン・キールに所属するMF奥川雅也は23日のブンデスリーガ2部第23節ボーフム戦でドイツでの初ゴールをマークした。

    昨夏にレッドブル・ザルツブルクからのレンタルで加わっている奥川。今月10日の第23節マクデブルク戦(1-1)で太ももに肉離れを負い、当面の離脱を強いられると伝えられていた奥川。数日前から全体練習に復帰すると、ボーフム戦では左ウィングで2試合ぶりにスタメン復帰を果たした。

    そして、この試合の41分、奥川は味方のシュートのこぼれ球を押し込んでチーム3点目をマーク。これまでドイツの地では数々のチャンスに絡むもゴールやアシストを記録がなかった同選手だが、公式戦11試合目でついに初ゴールに成功した。

    なお、キールは前半を3-0で折り返している。
    2019-02-23_23h02_49
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-00010041-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ