海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: W杯

    2017-03-23_23h09_11

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/23(木) 22:53:25.60 ID:CAP_USER9.net
    イラク 1-1 オーストラリア

    0-1 40' レッキー
    1-1 76' ヤシン

    http://www.livescore.com/soccer/world-cup/afc-qualification-3-round-group-b/iraq-vs-australia/1-2223834/

    タイ 0-3 サウジアラビア

    26' アル・サハラウィ
    84' タナブーン・ケサラット(OG)
    90' サルマン・アル・ムアシャル

    http://www.livescore.com/soccer/world-cup/afc-qualification-3-round-group-b/thailand-vs-saudi-arabia/1-2223836/

    順位表
    http://www.livescore.com/worldcup/afc-qualification-3-round-group-b/
    続きを読む

    2017-03-23_22h35_26

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/23(木) 22:29:14.10 ID:CAP_USER9.net
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/23(木) 14:20:11.82 ID:CAP_USER9.net
    日本の放射能汚染食品に関する報道で世間を騒がせた中国中央テレビ(CCTV)が、またしても物議を醸している。今回問題となっているのは、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会のアジア最終予選の韓国戦を前にしたサッカー解説員の発言だ。

    中国代表は23日、韓国代表とホームでの一戦に臨むが、CCTVの著名なサッカー解説員・劉嘉遠(リウ・ジアーユエン)氏は、このほど放送された番組の中で「サポーターは韓国チームのホテルに行って、爆竹を鳴らしましょう。今夜は年越しです(※中国では新年を祝うために爆竹を鳴らすことから)。彼らを寝かさないように。爆竹がなければドラや鍋を持って行ってたたきましょう」と発言した。

    劉氏はさらに、「時間で分けてください。同じ時間にみんなで行ってはだめです。午前1時に一度行き、彼らを寝かせてから午前3時にもう一度、午前5時にさらにもう一度。朝には広場ダンス(※高齢者が広場で音楽とともに踊る)をしましょう」と、具体的な指示まで出している。

    もちろん、本人は冗談のつもりで発言したのだが、各方面から集中砲火を浴びている。中国メディア・網易体育は「中韓関係が微妙な時期ではあるが、サッカーではスタジアム以外でこうした行為をしてはいけない。スタジアムで勝敗を決するべきだ」と苦言を呈し、ネットユーザーからも「恥さらし!」「このレベルでテレビに出られるとは」「CCTVの素養ってこんなもんか」といった批判を受けている。

    また、「公然と犯罪を扇動する。もはや違法行為だ」との指摘や、「ある者は日本のホテルで水を出しっぱなしにし(※福原愛と親交のある郭斌氏)、ある者はホテルで爆竹を鳴らせと呼びかける…。これが中国の有名人の民度だ」といった厳しい声も出ている。

    グループAの中国は、5試合を終えて0勝2分3敗の勝ち点2で最下位。韓国は3勝1分1敗の同10で、イラン(同11)に次ぐ2位となっている。(翻訳・編集/北田)
    2017-03-23_15h01_34
    2017年3月23日 13時20分 Record China
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12836019/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/23(木) 12:12:48.98 ID:CAP_USER9.net
    サッカーW杯の参加国が2026年大会から48か国に増えることについて、国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長に対し、アフリカ側が出場10枠を求めていることが明らかになった。

    インファンティーノ会長は現在、数日間の日程でアフリカ大陸の各国協会会長と会談し、出場枠拡大と新しいサッカー発展プロジェクトについて説明を行っており、南アフリカサッカー協会のダニー・ジョーダン会長は22日、国内のラジオで「どの協会も拡大を支持しているし、アフリカは10枠を希望する」と語った。

    現行の32か国から48か国に拡大する案は、1月にFIFAの評議会で承認され、2026年大会から実施されることが決まった。48か国が3チームずつ16組に分かれてグループリーグを戦い、1位と2位のチームが決勝トーナメントに進む形となる。

    1998年のフランス大会から、アフリカは出場枠5を維持しているが、目立った成績は残せておらず、ベスト8が過去最高となっており、大陸から2か国が決勝トーナメントに進めたのも、2014年ブラジル大会が初めてだった。

    南アフリカとは別の協会の会長は、匿名を条件にインファンティーノ会長との会談について明かし、「有意義な会合だった。FIFAの会長と直接、われわれの組織運営にかかわることについて話し合えたのは良かった」とコメントしていた。

    インファンティーノ会長本人は、滞在していた南アフリカ・ヨハネスブルクで報道陣に口を開かず、ジンバブエサッカー協会のフィリップ・チヤングワ会長の誕生パーティーが行われるハラレへ飛んだ。

    24日にはウガンダを訪問し、同国連盟のヨウェリ・ムセベニ会長と会う予定となっている
    2017-02-23_13h01_06
    AFP=時事 2/23(木) 11:43配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000015-jij_afp-socc
    続きを読む

    o0652036612771874798
    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/16(木) 23:20:29.35 ID:CAP_USER9.net
    国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長は16日、現行の32から48に出場枠が拡大される2026年ワールドカップ(W杯)について、複数国での共催を奨励する意向を示した。22年W杯の開催国カタールの滞在中に語ったとロイター通信などが報じた。

    同会長は「2、3、または4カ国の共催で、一つの国で3~5のスタジアム」と具体的な数字を挙げ、「移動の負担を軽減するために近隣国で開くのが理想的だ」と語った。

    FIFAは1月の理事会でW杯の出場枠を16チーム増やすことを決めたが、競技場の建設、警備など開催国への負担増大が懸念されていた。同会長は今回の構想について、「FIFAとして長期的な視点での持続可能性を考える必要がある」と説明している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00000117-asahi-spo
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/12(日) 12:32:07.16 ID:CAP_USER9.net
    国際サッカー連盟(FIFA)は1月の理事会で、ワールドカップ(W杯)に出場するチーム数を2026年大会から48に増やすことを決めた。理由として収益の増加、普及の促進などを挙げている。

    現行の32チームによる開催は22年カタール大会が最後の見通し。FIFAの理事も務める日本サッカー協会の田嶋幸三会長と、年間2000試合以上をテレビとスタジアムで観戦する女優で歌手の小柳ルミ子さんに聞いた

    「質を守り価値を上げる」日本サッカー協会会長 田嶋幸三氏

    --出場枠を増やす意義は

    「世界のサッカーを発展させるという観点から4案が検討された。サッカーの質を守り、市場価値を上げるといったいくつかの項目を挙げて分析した結果、バランスが取れていた案が今回決定された。大会期間が今までと同じ(32日間)で、決勝までの試合数も同じ(7試合)。収益面でも最も大きな効果が見込まれる。アジアのマーケットがW杯を支えている側面があり、FIFAのスポンサーで最高位にあたる『FIFAパートナー』6社のうち2社がアジアの企業。アジアの枠を増やすことは、FIFAの市場価値を上げることにつながる。もっとも各大陸に振り分ける出場枠はこれから。予選も、北中米と南米が一緒になってやるとか、アジアとオセアニアが一緒になってやるといった話も出ている」

    --日本もW杯出場が楽になる

    「確かに今回のW杯予選にしても日本は出場権を獲得できるかまだ分からない状況だ。アジア各国のレベルは上がっており、これから先もW杯出場は簡単ではない。出場枠にかかわらず、W杯に出られるチーム作りを目指し、常に出場を続けるのが日本の役割」

    --アジア全体にも好影響をもたらすと思うか

    「例えば、中国やインドなどはサッカーに興味を持つ人がたくさんおり、そこでW杯が浸透すれば世界中のサッカーファミリーが増える。日本のサッカーも、W杯に出たことによって発展した。そういう恩恵は、他の国にも与えていくべきだと思う」

    --3チームでの1次リーグでは、試合の順番で有利不利がある。公平性を欠くという批判をどう受け止める

    「FIFAランキングによってシード分けするはずで、上位が有利な組み分けになるのは仕方がない。それは大した問題にはならないと思うし、1次リーグの2試合を、どういう順番で戦うのが有利なのかは分からない。他の方式にすれば、大会期間が延びたり、試合会場がもっと多く必要になるが、それは望まれてはいない」

    --今回の出場枠変更が、50年までに日本が目指しているW杯招致のハードルとならないか

    「FIFAでは複数国の共催を認めており、出場枠の増加に関係なくライバルは増えるだろう。中国や中東諸国も狙っている。今回決まった形式だと、試合会場は12カ所でいい。日本で開催できるのは、埼玉スタジアムなどサッカー専用スタジアムで6カ所ある。30年までに、吹田スタジアム規模のホームスタジアムを持つJクラブが10チームくらいになれば、Jリーグは進化していくと思うし、日本単独で12会場は用意できる。今後、W杯を招致するなら、日本にサッカー文化がさらに根付いていなければならないとも思う」

    つづく
    2017-02-12_15h16_06
    産経新聞2017.2.12 12:00
    http://www.sankei.com/smp/premium/news/170212/prm1702120012-s1.html
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/09(木) 23:47:11.40 ID:CAP_USER9.net
    欧州サッカー連盟(UEFA)は、出場枠を32か国から48か国に拡大する2026年W杯で、欧州に16か国の出場枠を求めている。また、欧州の出場国がグループリーグで別の組に割り振られることも要求した。英『BBC』が伝えている。

    2026年大会は3か国ずつ16組に分かれてグループリーグを戦い、32か国が決勝トーナメントに進出する。ドイツが優勝した2014年のブラジルW杯に出場した欧州のチームは13か国。UEFAのアレクサンデル・セフェリン会長はこの要求が「現実的」だと述べている。

    セフェリン会長は「最低16か国の出場枠を求めるのは現実的だ。また、欧州国同士が別のグループに割り振られることも要求する」と主張。同会長はスイスのニヨンにあるUEFA実行委員会で講演し、委員会の全メンバーは提案に同意したようだ。一方、国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長は「サッカーはヨーロッパと南米だけでなく、よりグローバルなものだ」と釘を刺している。
    2017-02-10_08h31_25
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-01636719-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/17(火) 12:28:41.99 ID:CAP_USER9.net
    日本サッカー協会の岡田武史副会長(60)が16日、26年からW杯の出場国が48チームになることについて言及した。

    日本代表監督として2度の本大会を経験しており「へたをしたら8-0、9-0の試合が出てきて、大会のブランドが落ちる可能性もある。

    出場できる国が増えても、出るだけではダメな大会になるかも。ただ、やるからには成功させるようにやるしかない。議論だけでは答えはでない」と語った。

    デイリースポーツ 1/17(火) 6:04配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000011-dal-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/11(水) 22:50:51.85 ID:CAP_USER9.net
    スペイン紙『マルカ』は、W杯の拡大に不満を抱えるスペインプロリーグ機構(LFP)が国際サッカー連盟(FIFA)を提訴すると報じた。

    FIFAは10日、スイスで開かれた理事会において2026年からW杯の出場国数を「48」に増やすことを正式に決定した。

    ジャンニ・インファンティーノFIFA会長が就任当初から掲げていた公約の一つであるW杯の規模拡大には、欧州各国のリーグやクラブが反対の意思を表明していた。

    特にスペインではLFPのハビエル・テバス会長がインファンティーノ氏を名指しで非難するなど強硬な姿勢を崩していない。

    そこでLFPは、FIFAの決定を不当としてベルギーの首都ブリュッセルとスイス・ニヨンの管轄法廷に異議申し立てを行うという。インファンティーノFIFA会長は、すでにこの意思を9日に行われたFIFAザ・ベスト賞の表彰式でテバス会長の使者を通じて把握している。

    スペインの動きに欧州各国も同調すると予想されている。

    出場するのが48ヶ国に増えて大会全体の試合数が80試合になっても、FIFAは現在と変わらない32日間でW杯を開催しようとしているため、選手たちにかかる負担も重くなる。

    それらのデメリットは選手を送り出すクラブ側として当然受け入れられるものではないため、欧州各国リーグはFIFAに徹底抗戦する構えだ。
    20170110_tebas2_getty-560x373
    フットボールチャンネル 1/10(火) 23:17配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170110-00010031-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/10(火) 23:56:57.11 ID:CAP_USER9.net
    世界中のサッカーファンから反発 「予選から熱狂がなくなった」

    国際サッカー連盟(FIFA)は10日の理事会にて、2026年大会よりワールドカップを48カ国に拡大することを全会一致で可決したと、FIFAメディアの公式ツイッターで発表したが、その返信欄は世界中のサッカーファンから非難の嵐となっている。

    「この愚か者ども。お前たちはワールドカップの息の根を止めた」

    「1次リーグは6-0とか7-0の試合ばかりになるのか? 冗談きついぜ」

    「予選からは熱狂がなくなったね」

    他にも親指を下に向ける絵文字や、不快感を示していることがハッキリと伝わる画像などで返信欄は埋め尽くされ、大きな反発で受け止められている。

    発表では3カ国が16のグループに分かれる組み分けになっているが、そのシステムへの批判も多く、各チームの1次リーグが2試合になることや最終戦に試合がないチームが不利という意見が見られた。また、6カ国を8グループに分ける案なども求められている。

    FIFAの決断は、世界的には行為を持って受け止められているとは到底言えない状況にある模様だ。
    2017-01-11_07h37_46
    Football ZONE web 1/10(火) 22:40配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170110-00010029-soccermzw-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ