海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: W杯

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/28(水) 07:45:02.68 ID:CAP_USER9.net
    2022年のワールドカップに立候補した日本が、当時のFIFA(国際サッカー連盟)の会長であるゼップ・ブラッター氏や複数の理事に、高額なギフトを贈っていたことが明らかとなった。

    FIFAは27日、ワールドカップ招致における不正疑惑を追求した調査報告書「ガルシア・レポート」の全文を公開。2014年に作成された同報告書によると、2022年大会に立候補した日本については、2010年に規定を超えるギフトをFIFA理事やその妻などに贈っていたことが調査の対象となっていたようだ。

    公開されたリストによると、10万5000円の価値がある「日本の屋久杉で作られた“ヤクスギ・ボール”」を、ブラッター氏、理事のミシェル・プラティニ氏やフランツ・ベッケンバウアー氏ら計13名に贈り、10万8290円~11万40円の価値がある「デジタルカメラ」を理事9名に贈呈したという。

    また、10万359円の「ペンダント」を3人の理事の妻に、5万4810円~6万2370円の価値がある「ペンダント」を7人の理事の妻にプレゼント。この時点で合計300万円を超えるが、さらに18万9000円の「日本の伝統的な細工職人によるクラッチバック」を“複数名”の理事の妻に贈っている。

    このリストはJFA(日本サッカー協会)が提出したもので、報告書によると、「日本は、証人の提供や書類の提出、追加要請に対応し、調査に対して全面的な協力を行った」という。

    そのため、「FIFA倫理規定の基準や招致に関するルールに沿った行為ではなかったかもしれないが、調査への協力によって問題の大部分が明らかとなったという事実から、本件に関する責任は軽減される」と記されている。

    その一方で、調査部門による事情聴取を受けた理事3名は、日本の招致チームからギフトを受け取った記憶が曖昧だったという。これに対し、報告書では、各理事が「ルールを把握しておらず、ギフトを正当なものと理解していた」可能性、もしくは「ギフトを受け取ったことを隠し、虚偽の証言や調査への協力をしなかった」

    可能性、そして「4年前に受け取ったギフトが印象あるものではなく、純粋に忘れている」可能性を指摘。そして、どんな理由であれ、「今後の招致活動のために、より明確なギフトに関するルールと報告義務を適用する必要がある」と締めくくっている。
    2017-06-28_11h03_20
    サッカーキング 6/28(水) 7:39配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00605836-soccerk-socc
    続きを読む

    1:江戸領内小仏蘭西藩 ★@\(^o^)/:2017/06/27(火) 14:28:42.86 ID:CAP_USER9.net
    2017-06-27_16h08_34
    FIFA元職員の10歳娘にカタールから2億円送金か、独報道
    6/27(火) 10:11配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00000009-jij_afp-socc

    【AFP=時事】2022年サッカーW杯(2022 World Cup)の開催地がカタールに決定するのに先立ち、国際サッカー連盟(FIFA)職員の10歳の娘に200万ドル(約2億2400万円)もの大金が送金されていたことが、独メディアの報道で発覚した。

    独紙ビルド(Bild)は27日付けの記事で、米国人独立調査官のマイケル・ガルシア(Michael Garcia)氏がまとめた、2018年と2022年のW杯招致活動に絡む収賄と汚職疑惑のリポートについて報じるとされている。26日夜に発行された抜粋記事によると、同紙はFIFAが適切な形で公表してこなかった400ページ以上に及ぶ報告書を入手しているという。

    ガルシア氏の報告書では、カタールが2022年大会の開催地に決定した直後に、「ある元理事会メンバーが、カタールサッカー協会(Qatar Football Association、QFA)へのメールで、祝辞と数十万ユーロの送金への謝辞を述べていた」ことに加え、「FIFAメンバーの10歳の娘の預金口座に、送金者不明の200万ドルが振り込まれていた」ことが指摘されていたとみられる。

    2022年のW杯招致活動に絡む収賄と汚職疑惑のリポートについて報じるとされている。26日夜に発行された抜粋記事によると、同紙はFIFAが適切な形で公表してこなかった400ページ以上に及ぶ報告書を入手しているという。
    続きを読む

    453347919_aaa
    1:Reproduction Prohibited ★@\(^o^)/:2017/06/25(日) 19:09:34.28 ID:CAP_USER9.net
    2014年ブラジルW杯 ロシア代表23人全員にドーピング疑惑 FIFA調査と英紙報道
    サッカー2017.6.25 18:48

    英紙デーリー・メール日曜版は25日、サッカーの2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会に出場したロシア代表23人全員がドーピング違反の疑いで国際サッカー連盟(FIFA)の調査を受けていると報じた。FIFAの広報担当も調査の事実を認めたという。

    ロシアで開催中のコンフェデレーションズ・カップにも、W杯ブラジル大会のメンバーだったGKアキンフェーフ選手らが参加した。同紙はさらに11人のプロサッカー選手に違反の疑いがあるとしている。

    世界反ドーピング機関(WADA)はロシアで国ぐるみのドーピングが行われていたと認定。昨年のリオデジャネイロ五輪では陸上のほぼ全選手など、ロシアの100人を超える選手が出場を禁じられ、リオデジャネイロ・パラリンピックからは全面除外された。(共同)

    http://www.sankei.com/smp/sports/news/170625/spo1706250018-s1.html
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/23(金) 09:47:57.33 ID:CAP_USER9.net
    スペインのメディアやファンは、2002年の日韓ワールドカップ(W杯)で受けた判定を今も忘れられないようだ。大きな騒動を生んだ試合から15年の節目を振り返っている。

    22日付のスペイン紙『マルカ』電子版は、「W杯を盗まれてから15年?」というタイトルで当時の動画を紹介。ちょうど15年前の2002年6月22日に行われたW杯準々決勝の韓国戦の様子を、「スペインは審判の残念な判定により敗れた」というキャプションとともに伝えている。

    共催国のひとつである韓国と対戦したスペインは、120分間を0-0のスコアで終えた末に、PK戦で3-5の敗戦を喫する結果に終わった。だがこの試合では、スペインに対する不利なジャッジが大きな問題となった。スペインの得点が不可解なファウルの判定や、シュートの前のクロスの際にボールがゴールラインを割っていたという判定で取り消されるなどの場面もあった。

    昨年6月にスペイン代表が韓国代表との国際親善試合を行った際にも「復讐」と報じられるなど、スペイン側の恨みは今でも根強い。その後、2010年W杯で悲願の初優勝を飾るなど黄金時代も過ごしたスペインだが、当時の悔しさは晴れないようだ。

    写真

    2017年6月23日 7時41分 フットボールチャンネル
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13240540/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/15(木) 15:23:54.14 ID:CAP_USER9.net
    韓国サッカー協会(KFA)は、韓国代表を率いるウリ・シュティーリケ監督を解任すると発表した。『韓国日報』、『ヨンハプ・ニュース』など各韓国メディアが一斉に報じた。

    現役時代はレアル・マドリーなどで活躍したドイツ人指揮官は、2014年9月に韓国代表の監督に就任。2015年1月のアジアカップでは決勝に進出したが、開催国のオーストラリアに敗れて優勝を逃している。

    ロシアW杯アジア最終予選のグループAでは本大会出場圏内の2位につけている韓国だが、3位のウズベキスタンとは勝ち点わずか1差。次戦はW杯出場を決めているイランと対戦し、最終節ではウズベキスタンとアウェイでの直接対決が控えている。

    今予選で苦戦が続いていることで、シュティーリケ監督は強い非難を浴びていた。過去にも国内メディアが解任を強く要求することもあったが、KFAは一貫してシュティーリケ監督を支持してきた。

    しかし、13日にアウェイでカタール代表に敗れたことで、本日15日に緊急会談を開催。その結果、指揮官の解任という決断に至った。

    KFAのイ・ヨンス技術委員長は「シュティーリケ監督が就任して以降、アジアカップやユース、指導者の教育など韓国サッカー発展のために力を尽くしてくれたが、最近の成績不振により双方合意によって契約を打ち切ることを決定した」と述べた。

    6/15(木) 15:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170615-00217031-footballc-socc

    写真



    【順位表】
    1.☆イラン(20)+8
    2.韓国(13)+1
    3.ウズベキスタン(12)0
    4.シリア(9)-1
    5.カタール(7)-5
    6.中国(6)-4

    AFC
    http://www.the-afc.com/fifa-world-cup-asian-qualifier-match-centre

    ◆今後の日程

    第9節
    8月31日(木)
    シリア vs カタール
    中国 vs ウズベキスタン
    韓国 vs イラン

    第10節
    9月5日(火)
    カタール vs 中国
    イラン vs シリア
    ウズベキスタン vs 韓国

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?187170-187170-fl
    続きを読む

    1:江戸領内小仏蘭西藩 ★@\(^o^)/:2017/06/14(水) 15:48:53.87 ID:CAP_USER9.net
    カタール代表選手が首長支持のTシャツ着用、FIFAから懲戒処分か
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-00000019-jij_afp-socc



    6/14(水) 11:55配信

    【AFP=時事】サッカーカタール代表が13日、2018年W杯ロシア大会(2018 World Cup)アジア最終予選の韓国戦を前に行ったウオーミングアップで、自国の首長を支持するTシャツを着用したとして、国際サッカー連盟(FIFA)から懲戒処分を受ける可能性が出てきた。

    カタール代表の選手たちはこの日、ドーハ(Doha)で行われた韓国との重要な一戦を前に、タミム・ビン・ハマド・サーニ(Tamim bin Hamad Al-Thani)首長の似顔絵がプリントされたTシャツを身に着けた。

    さらに、この試合で攻撃的MFとしてプレーしたハサン・アル・ハイドス(Hasan Al-Haydos)は、前半25分に先制点を記録した直後、タッチラインに駆け寄り、観客に向かってTシャツを掲げた。

    問題となっている顔のイラストは、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンなどがカタールとの国交を断絶し、湾岸(Gulf)諸国が外交危機に直面している状況を受け、カタール人が抵抗の象徴として広く用いていたものだった。

    FIFAは、政治的、宗教的あるいは商業的なメッセージを許可なくシャツに載せることを禁止しているが、カタールのホルへ・フォッサーティ(Jorge Fossati)監督は試合後、「首長の写真が描かれたTシャツだからといって、処分を受ける要素は見当たらない。誰かを侮辱するようなことは、何も発信されていない」と選手たちを擁護。さらに「多くの家族が傷ついている。彼らはこうしたことに見合わない」と断交に反対する姿勢をみせた。【翻訳編集】 AFPBB News

    ※画像はこちらでご覧下さい
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-00000019-jij_afp-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/14(水) 13:33:09.36 ID:CAP_USER9.net
    6月13日にワールドカップ(W杯)・アジア最終予選グループAの試合が行われ、韓国代表は最下位のカタール代表と対戦し2-3の敗戦を喫した。

    この試合中、韓国の絶対的エースであるソン・フンミンが右手首を骨折したが、それを嘲笑うかのようなゴールパフォーマンスをカタールのFWアクラム・アフィーフが見せていたと、14日に韓国紙『東亜日報』が報じている。

    ソン・フンミンは空中戦の着地の際に右腕を負傷し、34分にイ・グノとの交代でピッチから去っていた。そして問題のシーンは51分、アクラム・アフィーフがチーム2点目を決めると、左手を服の中に入れ、まるでギプスを巻いているようなゴールパフォーマンスを見せている。

    これに対して同紙は「カタールの選手がギプスセレモニーを行い議論の的に。ソン・フンミンの腕の負傷を嘲笑か」とのタイトルをつけ、「正確には何を意味するのかわからないが、ソン・フンミンが腕を痛めて交代したから、それを嘲笑したものではないか」とコメントし、サッカーファンから非難を受けていると報じた。続けて「診断の結果、右の腕の骨が折れたとの診断を受けた」とも伝えている。

    フットボールチャンネル 2017.06.14
    https://www.footballchannel.jp/2017/06/14/post216831/

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/14(水) 06:04:54.62 ID:CAP_USER9.net
    ◆韓国 2 - 3 カタール
    http://www.the-afc.com/fifa-world-cup-asian-qualifier-match-centre

    25分[カ]ハサン・アルハイドス
    51分[カ]アクラム・アフィフ
    62分[韓]キ・ソンヨン
    70分[韓]ファン・フィチャン
    74分[カ]ハサン・アルハイドス

    ◆シリア 2 - 2中国
    http://www.the-afc.com/fifa-world-cup-asian-qualifier-match-centre

    12分[シ]アル・マワス(PK)
    68分[中]郜林(PK)
    75分[中]呉曦
    90分[シ]アル・サリフ

    【順位表】
    1.☆イラン(20)+8
    2.韓国(13)+1
    3.ウズベキスタン(12)0
    4.シリア(9)-1
    5.カタール(7)-5
    6.中国(6)-4

    http://www.the-afc.com/fifa-world-cup-asian-qualifier-match-centre

    ◆韓国、敵地でカタールに敗れる…残り2試合は上位との戦いでロシア行きに暗雲

    ロシア・ワールドカップアジア最終予選第8戦が13日に行われ、カタールと韓国が対戦した。

    試合はホームのカタールがサポーターからの大きな後押しを受けながら、前半に先制点を挙げる。さらに、51分にも大きな追加点を決める。しかし、ここから韓国が猛反撃。10分足らずで2点を挙げ、試合を振り出しに戻す。それでも、カタールが再び意地を見せ、74分に決勝点。そのまま3-2で韓国を下した。

    敗れた韓国は、3位ウズベキスタンとの勝ち点差を広げられず、1のまま。残り2試合は3位ウズベキスタンとの直接対決を残している上、次戦はロシア行きを決めた首位イランとの一戦になるため、厳しい戦いが予想される。

    一方、勝ち点3を積み上げたカタールは最下位を脱出。勝ち点を7として、プレーオフ出場圏内の3位入りの可能性をわずかながら残した。
    2017-06-14_07h09_38
    GOAL 6/14(水) 5:54配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-00000044-goal-socc

    ◆中国、痛恨ドローでW杯出場ピンチ。AT被弾でシリアと痛み分け

    フットボールチャンネル6/14(水) 0:51配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170614-00216594-footballc-socc

    ◆イランがW杯出場決定…韓国はカタールに痛い黒星/W杯アジア最終予選グループA
    GOAL 6/14(水) 5:57配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-00000045-goal-socc
    続きを読む

    1:@Egg ★@\(^o^)/(★):2017/06/13(火) 06:56:54.46 ID:CAP_USER9.net
    ◆ イラン 2 - 0 ウズベキスタン
    http://www.fifa.com/worldcup/matches/round=275175/match=300356008/index.html#nosticky

    23'(イ)サルダル・アズムン
    88'(イ)メフディ・タレミ


    2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選 A組の試合が12日に行われ、イラン代表のW杯出場が決定した。

    試合前に勝ち点「17」で首位に立っていたイランは、勝ち点「12」の3位ウズベキスタンをホームに迎え、2-0で勝利。これで勝ち点を「20」としたイランは、2試合を残して2位以内が確定し、アジア勢では一番乗りでロシアW杯出場が決定した。

    3月にW杯行きを決めていたブラジルに続き、出場権を掴んだ2カ国目のチームとなった。一方、敗れたウズベキスタンの勝ち点は「12」のまま。次戦は中国と対戦する。

    12日、13日に予定されているA組のそのほかの試合では、4位シリア(勝ち点8)が5位中国(勝ち点5)と、最下位カタール(勝ち点4)が2位韓国(勝ち点13)と対戦。結果次第では中国、カタールの敗退が決定する可能性もある。

    サッカーキング / 2017年6月13日 3時44分
    https://news.infoseek.co.jp/article/soccerking_599526/

    写真

     
    【グループA 順位表】

    1.イラン(20)+8
    2.韓国(13)+2
    3.ウズベキスタン(12)0
    4.シリア(8)-1
    5.中国(5)-4
    6.カタール(4)-5

    6月13日(火)
    シリア 22:45 中国 [マラッカ]
    カタール 28:00 韓国 [ドーハ]

    http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?187170-187170-fl
    続きを読む

    1:ranran roo ★@\(^o^)/:2017/06/12(月) 21:28:22.80 ID:CAP_USER9.net


    韓国の文在寅大統領=12日、ソウル(ロイター)

    【ソウル=桜井紀雄】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は12日、訪韓中の国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長とソウルの大統領府で面談し、2030年のサッカー・ワールドカップ(W杯)について、北朝鮮を含め、韓国と日本、中国の4カ国による共同開催を提案した。聯合ニュースが伝えた。

    文氏は、共同開催が実現すれば、「南北関係や北東アジアの平和醸成の助けになる」と述べ、理解を求めた。インファンティ氏は「文大統領のビジョンを尊重する」と答えたという。

    文氏は、五輪などスポーツ交流を通じた南北関係の改善策を掲げている。

    2030年の4カ国共催誘致案は今年3月、韓国サッカー協会の鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長が最初に提案した。ただ、大統領府側は公式な誘致宣言ではないとしており、実際に日本や中国、北朝鮮が応じるかも不透明だ。

    http://www.sankei.com/world/news/170612/wor1706120029-n1.html
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ