海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: W杯

    1:Egg ★:2018/04/22(日) 15:54:17.38 ID:CAP_USER9.net
    スウェーデン代表を率いるヤン・アンデルソン監督は元同代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチの2018 FIFA ワールドカップ・ロシアでの招集を否定しているようだ。21日、スウェーデンメディア『TV4』が同監督のコメントを伝えている。

    イブラヒモヴィッチは2016年に行われた欧州選手権フランス大会を最後に代表引退を明言。しかし、スウェーデン代表がW杯プレーオフでイタリア代表に勝利し本大会出場を決めると、同選手は自身のSNSを通じて代表復帰希望を匂わせる発言を度々している。

    これを受け、同選手の代表復帰がささやかれているが、アンデルソン監督はイブラヒモヴィッチのW杯メンバー入りについて次のようにコメントし完全否定している。

    「ズラタンや他の多くの選手はユーロ2016終了後に代表チームから離れると発言しているし、その発言をリスペクトしている。だからここにきてメディアの想像や最近のズラタン本人のコメントを考慮に入れたりはしないよ。私はこれまでに交わしてきた会話の内容やコメントを考慮している。今になって招集することは絶対にないよ」

    同選手は4月にマンチェスター・Uからメジャーリーグサッカーのロサンゼルス・ギャラクシーに移籍。デビュー戦で2ゴールを決めるなど負傷明けとは思えない輝きを取り戻している。

    しかし、同選手はオンライン賭博を行うBetherd社のアンバサダーに就任していることから、国際サッカー連盟の規定に抵触するためW杯に出場できない可能性も指摘されている。果たして、スウェーデンの“王様”はロシアの地に立つのだろうか注目が集まっている。

    4/22(日) 15:48配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00746902-soccerk-socc

    写真


    続きを読む

    1:ちょこぼΨ ★:2018/04/18(水) 15:26:20.26 ID:CAP_USER9.net
    NHKは18日、同局の2018年のサッカーテーマを担当するアーティストが「Suchmos(サチモス)」に決まったと発表した。

    Suchmosは13年に神奈川県で結成された6人組バンド。15年にCDデビューし、2016年に発表した「STAYTUNE」で世間に名を広めた。17年には「THE KIDS」で「第59回輝く!日本レコード大賞」で最優秀アルバム賞を受賞した。

    選考ポイントは世代や性別を超え、幅広く支持されるアーティストであり、サッカーの魅力や感動を独特の表現で伝えることができること。彼らの手掛ける楽曲は6月に開幕するサッカーW杯ロシア大会で使用される。楽曲は現在制作中で、5月に発表予定。ボーカルのYONCEは「世界中の視線を集めるピッチはどんな景色だろう。11人とサポーターが燃え上がるボルテージといかしたアイデアがあれば、感動的なシーンがきっと生まれる。心揺らすチャンスメイクを期待しています」とコメントを寄せた。

    近年の同局のサッカーテーマは10年「タマシイレボリューション」(Superfly)、11~12年「君と羊と青」(RADWINPS)、13年「Aoi」(サカナクション)、14~16年「NIPPON」(椎名林檎)、17年「Weare」(ONE OK ROCK」。
    2018-04-18_18h03_08
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000111-spnannex-ent
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/07(土) 18:55:32.98 ID:CAP_USER9.net
    イタリア代表の次期監督候補に挙げられていたアンチェロッティ氏はプレミアリーグのクラブを指揮することを望んでいるとされ、現時点でロベルト・マンチーニ氏の代表監督就任の可能性が高くなってきたと、7日の伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

    ただし、現在はゼニト(ロシア)の監督であるため、同クラブが契約解除を認めるかどうかによるだろう。マンチーニ氏はロシアリーグ終了後、5月中旬にクラブ側に辞任を申し出る見込み。

    イタリア代表は5月28日にサウジアラビアと、6月にフランス、オランダと親善試合を行う予定で、それまでに新監督を決めたいという。

    4/7(土) 17:17配信
    2018-04-07_23h48_41
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00172651-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/06(金) 21:56:46.47 ID:CAP_USER9.net
    「ロシアW杯グループリーグ突破は最低限の目標」と口を揃えるポーランドのサッカー関係者や記者たちは、対戦国の動向に注目している。3月27日、ポーランド対韓国戦を取材するためポーランドを訪れた日本の報道陣は、現地メディアからポーランド代表への印象を問われることになった。

    一方で日本代表のマリ戦、ウクライナ戦は、自分たちがグループリーグ突破の有力候補だと考えるポーランドメディアの確信を強める結果になったようだ。ポーランド公共放送TVPはウクライナ戦について、「日本の平凡な試合。このアジア人たちはウクライナより酷い」と、日本がW杯出場を逃したウクライナに敗れたことを報じた。

    またポーランド最古にして現在唯一の日刊スポーツ紙「プルゼグラッド・スポートビー」は、6面の約3分の2を日本対ウクライナ戦のリポートに割いたが、「サムライたちのバッドなシリーズ。我々のライバル日本代表は、またも日本のファンをがっかりさせた」と記した。

    ただし、代表チームの選手や監督、スタッフは日本に対する警戒を緩めていない。ロベルト・レバンドフスキは「日本の方が(ウクライナより)少し優れているし、より速くプレーする。もちろんそれは意識しておかなければならない」と、日本をリスペクトするコメントを残ししている。

    日本を想定した韓国との親善試合で、ポーランドは苦しみながらも3-2で勝利した。レバンドフスキの先制ゴールなどで前半に2点をリードしたポーランドは、終盤、立て続けにゴールを許して追いつかれるが、ロスタイムにピオトル・ジエリンスキが決勝点を奪って勝ち切った。

    試合前々日、ポーランド代表のアシスタントコーチであり、データ分析を担当するフーバート・マロヴィスキ氏は「日本と韓国には似ているところがあり、彼らの最大の特長は俊敏さと組織力にある」と指摘したが、韓国はまさに自らの強みを活かしてポーランド攻略を狙った。

    韓国がポーランドに対抗して3バックを採用したことで、試合は重心の低いチーム同士がパスの組み立てで打開を試みる”重たい”試合となった。

    韓国は早いタイミングで相手左WBと左CBの間のスペースにグラウンダーのボールを送り、CFソン・フンミンと左WGイ・ジェスンを走らせることでチャンスを作った。実際、韓国の2点目も、エリア左に走り込んだパク・チュホに右WBトナシュ・ケジオラが対応し切れなかったことから生まれた。

    GKヴォイチェフ・シチェスニーは「ポーランドの右サイドからピンチが多かったのは、相手によるところが大きかった。僕らのミスではないし、あまりそれは重要ではない」と語っていたが、ポーランドのメディアは右サイドの守備を問題視していた。

    つづく

    4/6(金) 17:54配信
    2018-04-07_08h17_12
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180406-00010006-sportiva-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/29(木) 06:47:00.57 ID:CAP_USER9.net
    ドイツ代表は27日に行われた国際親善試合でブラジル代表に0-1で敗れた。トニ・クロースは試合後、「僕たちは評価されるほど良くない」と言い切った。

    前回のワールドカップの準決勝では7-1という結果でブラジルを粉砕したドイツだが、この日は37分にFWガブリエウ・ジェズスにゴールを奪われ、ヨアヒム・レーブ監督の無敗記録は「22」でストップ。そんな中、フル出場を果たし、終盤にはキャプテンマークも巻いたクロースは危機感を覚えたようだ。

    ドイツ『ZDF』で、クロースは敗戦を次のように振り返った。

    「チームとしてはネガティブな要素が明らかに目立ってしまった。僕たちは評価されるほど良くない。簡単にかわされ過ぎた。すべてにおいて明らかに少な過ぎた。何度もテクニカルミスや競り合いに負けてボールを奪われた」

    トーマス・ミュラーやメスト・エジルが欠場となった一方で、リロイ・サネやレオン・ゴレツカらが先発出場するなど、数人にアピールチャンスが与えられた。

    「もちろんたくさんの入れ替わりがあったし、難しくなるところもある。でも、みんなそれぞれベストを尽くすことに責任を感じなければいけないね。今日の試合では何人かの選手たちにチャンスが与えられたが、彼らはそれをものにしなかった。僕はみんなにもっと期待していたよ。改善の余地がたくさん残っている」

    「僕たちはロシア・ワールドカップに臨むチームの中で絶対的な優勝候補ではない。そのような評価は以前もナンセンスだったし、今もナンセンス。だが、これでこう考える人たちも増えたかもしれない」

    3/28(水) 21:41配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00000018-goal-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/30(金) 01:59:00.76 ID:CAP_USER9.net
    6月14日に開幕するサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグで、日本対セネガル、フランス対ペルーなど計4試合の試合会場となるスタジアムが、ちょっと異様な形として注目を集めている。

    【写真】スタジアムの外に飛び出るように設置された仮設スタンド=ロシア・エカテリンブルク、長島一浩撮影

    1957年に建設されたエカテリンブルクのセントラル・スタジアム。観客席不足を補うため、2015年9月から改築工事が始まった。高さ45メートル、6千席の大規模な仮設スタンドが、両ゴール後方のスタジアムの外にはみ出るように設置された。工事は昨年末に終わり、収容人数は3万5千人になった。

    仮設スタンドには階段しかなく、ビル15階建て程度の高さまで、歩いて上るしかない。ピッチは辛うじて見えるが、試合案内の電光掲示板や反対側の仮設スタンドのサポーター席などスタジアム全体は、屋根や柱によって見えにくい座席が多い。ただ、施工主の広報担当者は「街の景色も楽しめ、一番いい座席だ」と話している。(長島一浩)

    3/29(木) 18:38配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00000074-asahi-spo

    写真

    続きを読む


    GettyImages-873947930

    1:Egg ★:2018/03/29(木) 17:47:18.37 ID:CAP_USER9.net
    FIFA(国際サッカー連盟)が4月中旬に承認する世界ランキングで、イタリアが過去最低の21位になることが分かった。29日までにイタリア紙コリエレ・デロ・スポルトが報じた。

    同紙によると、現在14位のイタリアは2015年に記録した17位を下回り、ワーストを更新することが確実だ。

    イタリアは昨年のロシアW杯予選で敗退し、60年ぶりに本大会出場を逃した。3月に行われた親善試合でもアルゼンチンに敗れ、イングランドとは引き分けた。

    1位がドイツ、2位がブラジルとベルギー、4位はポルトガルとなっている。

    3/29(木) 17:33配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00000109-dal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/28(水) 22:22:33.12 ID:CAP_USER9.net
    W杯開催スタジアムで心ない“モンキーチャント”の人種差別行為

    フランス代表のMFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)とFWウスマン・デンベレ(バルセロナ)がワールドカップ(W杯)開催国のロシアで行われた試合で人種差別的チャントを浴びる被害に遭っていたことが分かった。国際サッカー連盟(FIFA)も調査に乗り出している。

    フランスは現地時間27日にサンクトペテルブルクでロシアと対戦。19歳の神童FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)の2得点とポグバの強烈な直接FK弾で3-1と勝利を収めた。23日のコロンビア戦では2-3と逆転負けを喫したが、ロシアとのテストマッチはきっちりと勝利を収めた。

    しかし、“レ・ブルー”は素直に勝利を喜べない事態を迎えている。

    仏紙「レキップ」や地元テレビ「RMCスポーツ」によれば、この試合でポグバとデンベレの両選手がロシアのサポーターから人種差別的な意味を持つ“モンキー・チャント”を受けていたことが発覚したという。W杯開催会場の一つであるクレストフスキー・スタジアムで心ない人種差別行為が選手を襲った。

    米スポーツ専門テレビ局「ESPN」では、FIFAがこの件について徹底調査を行うと伝えている。世界各地から32カ国が集結するサッカー界の祭典で、このような事態が起きないことを願うばかりだ。

    3/28(水) 21:48配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180328-00010032-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/28(水) 22:49:48.62 ID:CAP_USER9.net
    スペイン代表が2018 FIFA ワールドカップ ロシアに出場する32カ国で唯一の記録を達成したようだ。28日付の同国紙『アス』が伝えている。

    スペイン代表は27日、国際親善試合でアルゼンチン代表と対戦した。FWリオネル・メッシ(バルセロナ)が欠場した相手に対してゴールラッシュを披露し、ホームで6-1と圧勝。

    23日に行われたドイツ代表との国際親善試合も含め、今月の2試合を無敗で乗り切った。

    以上の結果、スペイン代表はユーロ2016の決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)でイタリア代表に敗れて以来、18試合連続負けなしとなった。

    一方、27日に行われたブラジル代表との国際親善試合で0-1の敗戦を喫したドイツ代表の連続負けなし記録は「22」でストップ。

    スペイン代表はW杯本大会に出場する32カ国で唯一、2016年夏から敗戦がないチームになったという。

    ユーロ2016敗退後にフレン・ロペテギ監督が就任してから、スペイン代表は国際親善試合を含めて13勝5分けと無敗をキープしている。

    W杯予選では同組だったイタリア代表に1勝1分け。親善試合でも、ベルギー代表、イングランド代表、フランス代表、ドイツ代表、そしてアルゼンチン代表と、いずれも優勝候補に挙がる強豪国相手に引き分け以上の結果を残してきた。

    “無敵艦隊”のニックネームに相応しい成績を残しているスペイン代表。2010年の南アフリカ大会以来、2度目のW杯制覇に向けて視界は良好と言えそうだ。

    3/28(水) 12:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00734551-soccerk-socc

    写真

    続きを読む

    2018-03-28_08h37_15

    1:数の子 ★:2018/03/28(水) 06:30:36.97 ID:CAP_USER9.net
    国際親善試合 スペイン 6-1 アルゼンチン(試合終了)

    スペインはイスコの3得点、ジエゴ・コスタ、チアゴ・アルカンタラ、イアゴ・アスパスの得点で快勝。リオネル・メッシが欠場したアルゼンチンはニコラス・オタメンディの得点のみ。
    http://web.ultra-soccer.jp/match/score?mid=34811&tmid=1
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ