海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: W杯

    43520_ext_04_0

    1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/15(月) 18:24:35.472 ID:aRlJULMqp
    1戦目の半端ない勝利から
    2戦目誇れる同点試合
    本戦では日本という国を世界に見せつけ夢見れた

    日本凄すぎだろ

    2: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/15(月) 18:25:02.960 ID:7bEN3EgF0
    パス回し以外は完璧じゃね?

    8: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/15(月) 18:28:30.063 ID:SMmXRxVw0
    ケイスケさん見れたんで良かったっすよ

    続きを読む

    columnsv2_78765

    1: Egg ★ 2019/04/15(月) 16:59:45.16
    森保ジャパンへの影響はあるのか。国際サッカー連盟(FIFA)は、2026年大会から実施予定のW杯48か国開催を22年カタール大会に前倒しして適用することを6月の総会で最終決定する方針を固めたが、その拡大プランに暗雲が垂れ込めている。

    3月のFIFA評議会で、W杯の増枠を審議したFIFAのジャンニ・インファンティノ会長(49)は上機嫌で「加盟国(地域)の9割が賛成している」とし、カタールW杯組織委員会も「FIFAと協力して検討する」と前向きな姿勢を示した。しかし同会長は今月10日、南米サッカー連盟の総会に出席した際、48か国開催に「フィフティーフィフティーだ」とコメントした。

    わずか1か月で大きくトーンダウンした理由は、中東情勢にある。今回のW杯拡大案もカタール単独では対応できないため「周辺国と共催」との条件を付記。ただカタールは政治的な理由で17年6月以降、サウジアラビア、UAE、バーレーン、イエメンと断交中で、事実上オマーンとクウェートしか共催する相手国がいない。そんな中、最有力だったオマーンのユースフ・ビン・アラウィー外務大臣は米メディアに対して「何度も聞かれているが、我々にはその準備ができていない。(W杯は)そこ(カタール)にとどまらなければならない」と否定的な見解を示した。

    日本サッカー協会の田嶋幸三会長(61)は拡大案を支持し、W杯出場のアジア枠が「8」に増えることを大歓迎しているが、現行のまま「4・5」枠となれば、森保ジャパンが臨むカタールW杯アジア予選は厳しい戦いになりそうだ。

    4/15(月) 16:39配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00000035-tospoweb-socc

    続きを読む

    page-8-800x533

    1: 風吹けば名無し 2019/04/03(水) 03:29:44.96
    ワイサッカーなんて微塵も興味なかったから見てなかったけど、今思うと全世界にいる選手達が自国のためにクラブのチームメイトと戦うとか激アツシーンやん

    4: 風吹けば名無し 2019/04/03(水) 03:30:28.01
    去年のは特に熱かった

    7: 風吹けば名無し 2019/04/03(水) 03:32:18.02
    フランスアルゼンチンがまじでおもろかった

    8: 風吹けば名無し 2019/04/03(水) 03:32:30.71
    決勝トーナメントはいまいちやった

    続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2019/03/27(水) 17:12:27.51
    <欧州選手権予選:イタリア6-0リヒテンシュタイン>◇J組◇26日◇イタリア

    欧州選手権予選J組はイタリアがホームでリヒテンシュタインに6-0で大勝し、2連勝とした。36歳のFWクアリャレラが2得点を挙げて、同国最年長得点を記録した。

    セリエAで21得点を挙げて得点ランキング首位に立つクアリャレラが、同国最年長得点記録を11年ぶりに更新した。2-0の前半35分にPKを決め、08年欧州選手権ルーマニア戦で記録したパヌッチの35歳2カ月を更新する36歳54日での最年長弾となった。前半終了間際にもふたたびPKを決めて、この日2得点。試合後に「素晴らしい夜になった。3点目は挙げられなかったけどね。チームメートに感謝したい」と喜んだ。

    日刊スポーツ 3/27(水) 17:00
    2019-03-27_18h08_25
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-03270540-nksports-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/19(火) 21:18:45.91
    カタールのアル・サッドに所属する元スペイン代表MFシャビが2022年に開催されるカタールワールドカップでの出場国枠を48に拡大する予定である国際サッカー連盟(FIFA)に対し、反対の姿勢を見せている。英メディア『ミラー』などが現地時間の19日に報じた。

    FIFAは理事会で2026年のワールドカップ出場国枠を現行の32から48にすることを決定した。だが、先週、FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は2022年のカタール大会からの出場国枠拡大が可能であると話したという。

    これに対して、シャビは「48チームは多すぎるし、とても長い大会になる。現在、カタールは32カ国を受け入れる準備を行なっている。それを今から変えるのは難しい。サッカーにとって、32カ国の方が良い。それで十分だ」と話しているという。

    FIFAはカタール大会での出場国枠48に拡大する案を6月に行われる理事会で話し合い、投票を行う予定だという。

    3/19(火) 20:00 フットボールチャンネル
    https://www.footballchannel.jp/2019/03/19/post314080/

    写真
    no title
    続きを読む

    Fussball.-Bild-Ball-Tor_image_1200-1024x683

    1: 風吹けば名無し 2019/03/16(土) 09:35:38.29
    ▼GK
    ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U)
    ケパ・アリサバラガ(チェルシー)
    パウ・ロペス(ベティス)

    ▼DF
    ファン・ベルナト(パリSG)
    セルジ・ゴメス(セビージャ)
    セルヒオ・ラモス(R・マドリー)
    マリオ・エルモソ(エスパニョール)
    イニゴ・マルティネス(ビルバオ)
    ジョルディ・アルバ(バルセロナ)
    ホセ・ガヤ(バレンシア)
    セルジ・ロベルト(バルセロナ)

    ▼MF
    ヘスス・ナバス(セビージャ)
    ダニ・セバジョス(R・マドリー)
    ファビアン・ルイス(ナポリ)
    ロドリ(A・マドリー)
    セルヒオ・ブスケツ(バルセロナ)
    ダニエル・パレホ(バレンシア)
    セルヒオ・カナレス(ベティス)
    マルコ・アセンシオ(R・マドリー)

    ▼FW
    ロドリゴ・モレノ(バレンシア)
    イケル・ムニアイン(ビルバオ)
    アルバロ・モラタ(A・マドリー)
    ハイメ・マタ(ヘタフェ)

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/03/16(土) 11:10:47.99
    フランス代表が14日、ユーロ2020予選に臨むメンバーを発表した。

    ロシア・ワールドカップの優勝メンバーを中心に選んだディディエ・デシャン監督。しかし、今季は14ゴールで好調をキープするアーセナルのFWアレクサンドレ・ラカゼットが外れ、マンチェスター・シティでスタメンを確保しているDFアイメリク・ラポルテも選外となった。

    一方で、キングスレイ・コマンやアントニー・マルシャルといった選手が復帰。負傷のウスマン・デンベレもメンバーには選ばれていない。

    なお、フランスは22日にモルドバ、25日にアイスランドと対戦する。

    メンバーは以下の通り。

    GK
    ウーゴ・ロリス(トッテナム・ホットスパー)
    スティーヴ・マンダンダ(オリンピック・マルセイユ)
    アルフォンス・アレオラ(パリ・サンジェルマン)
    DF
    プレスネル・キンペンベ(パリ・サンジェルマン)
    レイヴァン・クルザワ(パリ・サンジェルマン)
    ジブリル・シディベ(ASモナコ)
    バンジャマン・パヴァール(シュトゥットガルト)
    リュカ・ディーニュ(エヴァートン)
    クルト・ズマ(エヴァートン)
    サミュエル・ウムティティ(バルセロナ)
    ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリー)
    MF
    タンギ・エンドンベレ(オリンピック・リヨン)
    ブレイズ・マテュイディ(ユヴェントス)
    エンゴロ・カンテ(チェルシー)
    ムサ・シッソコ(トッテナム・ホットスパー)
    ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)
    FW
    アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー)
    オリヴィエ・ジルー(チェルシー)
    アントニー・マルシャル(マンチェスター・ユナイテッド)
    キングスレイ・コマン(バイエルン)
    フロリアン・トヴァン(マルセイユ)
    ナビル・フェキル(リヨン)
    キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)
    2019-03-16_11h43_45
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00010001-goal-socc

    続きを読む

    DiTNgicUcAEwgS7
    1: Egg ★ 2019/03/16(土) 05:36:45.19
    国際サッカー連盟(FIFA)は15日、米フロリダ州マイアミで理事会を開いた。

    2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会を出場チーム16増の48に拡大する案の実行可能性調査についての報告が予定され、関係者によると基本合意して6月の総会(パリ)に諮る見通し。欧州に反対意見は残るものの、加盟211協会の多くが賛成して決定するとみられる。

    W杯は米国、カナダ、メキシコが共催する26年大会を48チームで実施することが既に決まっている。調査は、カタールの同意を得られれば近隣国で一部試合を開催することで、拡大前倒しが可能との報告をまとめた。

    3/15(金) 22:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00000182-kyodonews-socc

    2020年カタールW杯48枠に拡大か 6月に決定
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/03/16/kiji/20190315s00002009475000c.html


    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/15(金) 22:15:05.38
    3月20日にセルビア、同24日にオランダと対戦するドイツ代表の最新メンバー23名が15日に発表された。ヨアヒム・レーブ監督は事前に明言していたとおり、DFマッツ・フンメルス、DFジェローム・ボアテング、FWトーマス・ミュラー(いずれもバイエルン・ミュンヘン)を選手せず、新たに3選手を初招集した。

    14年ブラジル・ワールドカップ(W杯)で優勝したドイツだが、18年ロシアW杯ではグループステージ敗退という屈辱を味わった。大会後には敗退のスケープゴートにされたとサッカー連盟の扱いに不満を示した司令塔のMFメスト・エジル(アーセナル)が代表引退を宣言して衝撃を与えたのは記憶に新しい。

    2022年まで契約延長したレーブ監督は代表にさらなる火種をともした。先日、ブラジルW杯優勝メンバーのフンメルス、ボアテング、ミュラーの3選手を今後招集することはないと引退勧告をして波紋を呼んだ。この騒動後、初の代表メンバー発表を迎えたが、言葉通りに3人の名前はリストになかった。

    GKは3人で、最近の不調からバッシングを浴びる守護神GKマヌエル・ノイアー(バイエルン)は名を連ねた。GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)、GKケビン・トラップ(フランクフルト)と正GK争いが行われる。

    ベテラン2人が去った最終ラインは、20代前半の若いDFルーカス・クロスターマン(RBライプツィヒ)、DFニクラス・シュタルク(ヘルタ・ベルリン)が初招集された。

    MFとFWの陣陣は招集外となったミュラーを除けば、ドルトムントの主将MFマルコ・ロイスらお馴染みのメンバーが多く揃うが、そのなかでもブレーメンでブレーク中のMFマクシミリアン・エッゲシュタイン(ブレーメン)が初招集となった。今やドルトムントの補強リストに入っているとも言われる20歳の新鋭だ。

    昨年デビューした19歳のMFカイ・ハフェルツ(レバークーゼン)も引き続き選出されており、さらなる世代交代の加速を感じさせるメンバー選考となった。

    【一覧リスト】セルビア戦&オランダ戦に向けた「ドイツ代表最新メンバー23人」

    新たに発表されたドイツ代表メンバーは以下のとおり(★は初招集)。

    GK
    マヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン)
    マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)
    ケヴィン・トラップ(フランクフルト)

    DF
    ティロ・ケーラー(パリ・サンジェルマン)
    ルーカス・クロスターマン(RBライプツィヒ)★
    マティアス・ギンター(ボルシアMG)
    ニコ・シュルツ(ホッフェンハイム)
    ニクラス・ズーレ(バイエルン・ミュンヘン)
    アントニオ・リュディガー(チェルシー)
    ヨナタン・ター(レバークーゼン)
    マルセル・ハルシュテンベルク(RBライプツィヒ)
    ニクラス・シュタルク(ヘルタ・ベルリン)★

    MF&FW
    ユリアン・ブラント(レバークーゼン)
    レオン・ゴレツカ(バイエルン・ミュンヘン)
    マルコ・ロイス(ボルシア・ドルトムント)
    ヨシュア・キミッヒ(バイエルン・ミュンヘン)
    レロイ・サネ(マンチェスター・シティ)
    カイ・ハフェルツ(レバークーゼン)
    マクシミリアン・エッゲシュタイン(ブレーメン)★
    トニ・クロース(レアル・マドリー)
    ティモ・ヴェルナー (RBライプツィヒ)
    セルジュ・ニャブリ(バイエルン・ミュンヘン)
    イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)

    3/15(金) 22:11配信 フットボールゾーン
    20190315_4710
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190315-00176565-soccermzw-socc&p=1

    続きを読む

    DiTNgicUcAEwgS7

    1: Egg ★ 2019/03/13(水) 18:37:31.54
    国際サッカー連盟(FIFA)は15日に米フロリダ州マイアミで理事会を開き、2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会の出場チーム数を16増の48に拡大するかを協議する。昨年末にインファンティノ会長は今回の理事会で結論を出すと明言したが、中東の対立構造を踏まえて先送りする可能性が高まっている。

    米国、カナダ、メキシコが共催する26年大会は48チームでの実施が決まっている。同会長は「世界が幸せになるのなら(前倒しで)試みるべきだ」と主張。小国カタールの単独開催は難しいため周辺国との共催を提案し、サウジアラビアを一例に挙げていた。

    3/13(水) 17:23配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00000114-kyodonews-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ