海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: W杯

    1:風吹けば名無し:2018/02/17(土) 01:45:53.79 ID:e5zsre7z0.net
    GK
    アリソン(ローマ)

    DF
    ダニエウ・アウベス(PSG) マルキーニョス(PSG) チアゴ・シウバ(PSG) ミランダ(インテル) マルセロ(レアル)

    MF
    カゼミーロ(レアル) レナト・アウグスト(北京国安) パウリーニョ(バルサ) コウチーニョ(バルサ) フェルナンジーニョ(マンC) ウィリアン(チェルシー)

    FW
    ネイマール(PSG) ジェズス(マンC) フィルミーノ(リヴァプール)


    20180216_tite_getty-560x373
    5:風吹けば名無し:2018/02/17(土) 01:47:17.82 ID:e5zsre7z0.net

    続きを読む

    GettyImages-481898440-800x478

    1:風吹けば名無し:2018/02/09(金) 15:26:46.77 ID:hjqQvNM9F.net
    わいはスペインかブラジルやな
    3:風吹けば名無し:2018/02/09(金) 15:27:21.21 ID:nhZQ+eU4a.net
    すぺいんじゃ誰をストライカーにしたらええんや
    7:風吹けば名無し:2018/02/09(金) 15:28:06.57 ID:TYR5epR30.net
    >>3
    モラタ!アスパス!
    10:風吹けば名無し:2018/02/09(金) 15:28:47.61 ID:nhZQ+eU4a.net
    >>7
    その二択ならアスパスやな
    できたら右で使いたいけど
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/07(水) 07:04:44.92 ID:CAP_USER9.net
    ロナルド・クーマン氏が、オランダ代表新指揮官に就任した。

    昨年ロシア・ワールドカップ欧州予選で敗退し、ディック・アドフォカート前監督が退任したオランダ代表。しばらく指揮官のポストは空席となっていたが、ようやくクーマン氏が就任することが決定した。

    10月に成績不振でエヴァートンを解任されたクーマン氏は、2022年のW杯カタール大会までの契約を結んでいる。

    2014年のブラジルW杯でベスト4進出に導いたルイ・ファン・ハール氏がマンチェスター・ユナイテッド指揮官に就任して以降、フース・ヒディンク氏、ダニー・ブリント氏、アドフォカート氏と3人が指揮を執ったオランダ代表。しかし、EURO2016予選で敗退すると、さらにロシア行きへの切符も逃すなど混迷が続いている。

    是が非でもカタールW杯出場を狙うオランダは、同代表78キャップを誇るクーマン氏に再建を託すことに。なお、1997年から1998年まで同代表のアシスタントコーチを務めた経験を持つクーマンだが、代表指揮官就任は初めてのこととなる。

    2/7(水) 7:01配信 goal
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180207-00000031-goal-socc

    写真

    続きを読む

    s-worldcup-title

    1:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/02(金) 06:01:49.157 ID:WbPVn0zO00202.net
    この停滞感は異常
    2:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/02(金) 06:04:25.930 ID:4rj+hGYS00202.net
    お前って広告代理店が騒がないとそう思っちゃうんだな
    ちょろいな
    3:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/02(金) 06:05:44.797 ID:WbPVn0zO00202.net
    >>2
    周囲でW杯の話してる奴ゼロだぜ?
    これまでこんなことはなかった
    9:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/02(金) 06:09:07.651 ID:mXAfzMsQ00202.net
    >>3
    むしろワールドカップの話が出てくるのなんてフランスワールドカップ以降だけだろ
    サッカーの話なんて誰もしないのが普通なんだよ
    続きを読む

    GettyImages-622238492-800x600

    1:風吹けば名無し:2018/01/24(水) 19:02:14.58 ID:oWHA/+480.net
    ネイマール ジェズス コウチーニョ
    パウリーニョ フェルナンジーニョ
    カゼミーロ
    マルセロ ミランダ マルキーニョス アウベス
    アリソン
    控え
    フィルミーノ、ウィリアン、レナトアウグスト、ドウグラスコスタ


    こんなん誰が勝てるねん
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/23(火) 06:30:40.61 ID:CAP_USER9.net
    ワールドカップ史上初のビデオ判定導入が決定的だと、FIFA(国際サッカー連盟)幹部が明かした。イギリスメディア『スカイスポーツ』が22日に報じた。今シーズンからイングランド、ドイツ、イタリアなどでも導入されたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)。今夏に行われるロシア・ワールドカップでは、大会史上初の導入が濃厚となっているようだ。

    FIFAの最高商業責任者を務めるフィリップ・ル・フロック氏は「VARの導入は確実だ。公平なものだから、テクノロジーの導入は素晴らしいこと」とコメント。すでにW杯に向けてVARのスポンサーを探しているようで、「興味を持っているいくつかのテクノロジー企業と話をしている」と明かした。

    FIFA主催大会におけるVARは、2016年12月に日本で行われたFIFAクラブワールドカップで初導入された。準決勝では鹿島アントラーズがアトレティコ・ナシオナル(コロンビア)戦で、史上初のVARによるPKを獲得。FW土居聖真が決めて“初得点”を記録していた。

    また、日本代表としては、昨年11月に行われたブラジル代表との親善試合で初めてビデオ判定を経験している。なお、W杯での導入は国際サッカー評議会(IFAB)の承認を得る必要があり、3月2日に行われる年次総会にて最終決定が下される。

    1/23(火) 6:00配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180123-00705468-soccerk-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/29(金) 20:41:59.64 ID:CAP_USER9.net
    来年6月から開催されるサッカーのロシアワールドカップ。アジア予選を通過した日本は、抽選により一次リーグでコロンビア、セネガル、ポーランドと対戦することが決定した。

    2010年の南アフリカ大会以来の決勝トーナメント進出が期待されている日本だが、テレビ業界で目下の注目は各局が獲得を熱望する“放送権”だ。フジテレビが放送した02年日韓大会のロシア戦で66.1%という驚異的な視聴率となったように、圧倒的な注目を集めるワールドカップ中継。12月15日、各局間でワールドカップ各試合の放送権のくじ引きが行われ、民放では、セネガル戦を日本テレビ、ポーランド戦をフジテレビが放送することに決まった。

    世界的スポーツイベントの放送権獲得に両局とも沸き立っているが、セネガル戦を引き当てた日本テレビに関して、サッカーファンから“警戒”の声が上がっているという。

    「サッカーファンの間では、日本代表の大事な試合は日テレでやってもらいたくないという気持ちが共有されているんですよ」と語るのはスポーツマネジメント企業関係者。

    その理由は「明石家さんまにある」という。

    「日テレはクラブワールドカップなどの大きな大会の中継でさんまさんをたびたびゲストに起用しているんですが、さんまさんは日本のチームをまったく応援せず、彼の“海外チームびいき”ともいえるスタンスが大不評なんです。放送権を獲得した日テレに『さんまだけは出すな』と思っているサッカーファンは多数いるでしょうね」(前出・スポーツマネジメント企業関係者)

    サッカーファンが警戒する“海外チームびいき”の明石家さんま。果たして日本テレビの判断は──。

    (白川健一)

    2017年12月29日 17:59
    http://www.asagei.com/95354

    写真
    続きを読む

    1:数の子 ★:2017/12/15(金) 23:42:14.26 ID:CAP_USER9.net
    2017-12-16_00h54_38
    12/15(金) 23:38配信 SOCCER KING
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00685113-soccerk-socc

    スペイン代表がFIFA(国際サッカー連盟)から、FIFAワールドカップ ロシア 2018への出場権をはく奪される可能性が浮上した。スペイン紙『エル・パイス』が15日に報じた。

    問題は政府による協会への干渉にあるようだ。「W杯参加が重大なリスクにさらされている」と報じた同紙によると、スペインの政府機関である高等スポーツ委員会がスペインサッカー連盟(RFEF)に会長選挙を要求。FIFAはこれが政治による干渉に当たるとし、FIFA加盟国としての資格を停止する恐れがあるとRFEFに警告文を送付したという。加盟資格を失えば、FIFA主催の大会であるワールドカップには出場できなくなる。FIFAは規則第13条で、「全ての協会・連盟はその活動を独立して行わなければならず、第三者の関与を受けないことを保証しなければならない」と規定している。

    会長選挙が要求されている理由は、アンヘル・マリア・ビジャール会長が汚職の容疑で逮捕されており、空席となっているため。ビジャール氏は今年5月の会長選を制し、1988年から連続8回目の当選を果たしたが、7月に汚職事件が発覚。現在はフアン・ルイス・ラレア氏が会長職を務めているが、制度的はまだビジャール氏が会長だという。

    同紙によると、スペインにとってこの警告は初めてのことではないそうだ。2008年にも同様の警告を受け、同年のEURO2008への出場が危ぶまれたが、政府側から提案された選挙日程を遅らせることでこれを回避したという。また、今年11月にはペルーで、同国サッカー連盟を国家の管轄下に置く法案を議会に提出され、ペルー代表にも同様の警告が送付された。
    続きを読む

    GettyImages-481898440-800x478

    1:カーディフ ★ :2017/12/14(木) 21:13:14.30 ID:CAP_USER9.net
    テニスだけではなく、サッカーの観戦も楽しみたい人も多いことだろう。もし自分自身がその一人なら、2018年は悩ましい年になるかもしれない。

    「ウィンブルドン」の大一番である、男子シングルスの決勝戦と、ロシアで行われるサッカーワールドカップの決勝戦が同じ日に予定されており、現在、英紙タイムや同インデペンデントが関連する話題を報じている。

    両スポーツの一大イベントの開催時間を巡る議論が熱を帯びている。今までに明らかになっているところでは、「ウィンブルドン」の男子シングルス決勝戦については、日本時間の7月15日22時から開始される予定の一方で、サッカーワールドカップの決勝戦の開始時間は日本時間同日24時(16日0時)だと見込まれている。

    つまり、「ウィンブルドン」の男子シングルス決勝戦を、ライブで観戦していると、サッカーワールドカップの決勝戦は観戦できなくなってしまう可能性が高い。

    「ウィンブルドン」の決勝戦が短時間で終われば、もちろん問題にはならないが、それは難しいという見方が大半の様子だ。

    https://www.thetennisdaily.jp/news/overseas/primary/2017/0028297.php
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/13(水) 06:16:48.29 ID:CAP_USER9.net
    キ・ソンヨンへの吊り目ジェスチャーで…
     
    国際サッカー連盟(FIFA)が12月12日、日本にとっても決して無関係ではないひとつの裁定を下した。コロンビア代表MFで、現在アルゼンチンのボカ・ジュニオルスでプレーするエドウィン・カルドナが対象者だ。
     
    同選手が問題行動を起こしたのは、11月10日に水原ワールドカップ競技場で行なわれたコロンビアvs韓国戦の試合中だ。0-2とリードされて迎えた62分。ハメス・ロドリゲスが相手DFにファウルを冒したのをきっかけに、両チーム入り乱れてのもみ合いとなった。その最中、カルドナは韓国の主将であるキ・ソンヨンに対して両目を吊り上げるジャスチャーを示したのだ。

    まさしく、アジア人の目が細いことを揶揄する人種差別のアクション。韓国国内のみならず世界中からバッシングされ、批判の的となった。試合の翌日、カルドナはすぐさまコロンビア代表チームの公式ツイッター上で動画をアップし、深く陳謝した。
     
    「僕はどんな個人も、国家も、人種も差別するつもりなんてなかった。でも結果的に攻撃されたと感じた、不快に思ったのなら謝りたい。分かってほしいのは、僕はそんなに乱暴な人間ではないということだ。誤解を与えるようなことをしてしまい、本当に申し訳なかった」
     
    あれからおよそ1か月。ついにFIFAが処分内容を公表した。国際Aマッチ・5試合の出場停止と、2万スイスフラン(約228万円)の罰金──。これだけを見るとかなりの厳罰のように感じるが、実はそうでもない。
     
    ミソなのは対象が「公式戦」に限定されたものではなく、広範な「Aマッチ」であるという点。つまりカルドナは年明け以降のコロンビア代表戦で不出場を続け、それが5試合に達すれば、ワールドカップ本大会のピッチにも立てるということだ。
     
    ロシア・ワールドカップでコロンビアは日本と同じグループHに組み込まれ、ポーランド、セネガルと鎬を削る。攻撃的MFの主要メンバーであるカルドナの欠場を回避でき、ホセ・ペケルマン監督もほっと胸をなでおろしていることだろう。

    12/13(水) 5:41配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171213-00033697-sdigestw-socc

    写真
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ