海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: W杯

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/20(水) 17:53:17.91 ID:CAP_USER9.net
    初めてオーストラリアU-20代表を見たのは、'95年のワールドユース選手権(現U-20ワールドカップ)だった。ナイジェリアが開催を返上して急きょカタールで開かれた大会は、中田英寿、松田直樹、奥大介、森岡隆三、山田暢久、安永聡太郎らを擁する日本がアジア予選を初めて突破して世界大会に参加し、ベスト8(ブラジルに1-2で敗退)に進出した歴史的な大会として知られている。そして、オセアニア代表として出場したオーストラリアの印象も強烈だった。

    その2年前の'93年に自国で開催されたワールドユース選手権で4位に入っていたオーストラリアは、この'95年の大会でもエースのマーク・ビドゥーカを中心に、スピードとディシプリンに溢れる攻撃で日本同様にベスト8に進出していた。

    「巧い、強い、速い」

    彼らのことをそう表現したのは、同じスタンドで試合を観戦していた田中孝司・ユース代表監督だったか、それともコーチを務めていた山本昌邦だったか――。

    ビドゥーカをはじめ、ハリー・キューウェルやマーク・ブレシアーノなど、当時のオーストラリアはヨーロッパのトップクラブで活躍する人材を輩出するタレントの宝庫だった。

    たしかに今のオーストラリアも、現アジアチャンピオンであり、アジア最強国のひとつ――日本のよきライバルでもある。だが選手の質の低下は著しく、オーストラリア代表スタッフたち自身が認めるように、個人レベルではビドゥーカの時代とは比べるべくもないという。

    いったいオーストラリアで何が起こったのか?

    同地在住が長く、ロシアワールドカップ・アジア最終予選ではオーストラリア代表のスカウティングも担当した今矢直城(早稲田ユナイテッド監督)に現状を聞いた。

    ヨーロッパからの移民が激減したことが弱体化の遠因!?

    ――オーストラリアは、どうしてサッカーのレベルが下がったでしょう?

    「単純に育成じゃないかと思います。それと移民の問題も。以前はヨーロッパからの移民が多かったので」

    ――東欧系とかギリシャ系とか、マイナーなヨーロッパの国からもたくさん来ていた。

    「ヨーロッパ系がそんなに減っているわけじゃないけど、中国やインドなどお金のある人たちが入って来た。オーストラリアは税金で稼ぐので、税金をたくさん払ってくれる人を歓迎するんです。ヨーロッパの景気が良くない状況で、ヨーロッパからの移民がオーストラリアに来ることができないんじゃないでしょうか。昔は貧乏でもオーストラリアに住めた。オーストラリアン・ドリームじゃないけれど、自分で事業を立ち上げたり、成功した人もたくさんいる。それがひとつ」

    つづく
    no title
    9/20(水) 11:01配信 ナンバー
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170920-00828899-number-socc
    続きを読む

    no title

    1:名無し募集中。。。@\(^o^)/ :2017/09/14(木) 22:12:37.89 ID:0.net
    国際サッカー連盟(FIFA)は14日、最新のFIFAランキングを発表した。
    順位は以下の通り※()は前回順位

    1.(2)ドイツ
    2.(1)ブラジル
    3.(6)ポルトガル
    4.(3)アルゼンチン
    5.(9)ベルギー
    6.(5)ポーランド
    7.(4)スイス
    8.(10)フランス
    9.(7)チリ
    10.(8)コロンビア
    11.(11)スペイン
    12.(15)ペルー
    13.(18)ウェールズ
    14.(14)メキシコ
    15.(13)イングランド
    16.(17)ウルグアイ
    17.(12)イタリア
    18.(16)クロアチア
    19.(22)スロバキア
    20.(23)北アイルランド
    21.(21)コスタリカ
    22.(20)アイスランド
    23.(19)スウェーデン
    24.(27)ウクライナ
    25.(24)イラン
    26.(46)デンマーク
    27.(33)トルコ
    28.(26)アメリカ
    29.(36)オランダ
    30.(25)エジプト
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/15(金) 06:30:57.55 ID:CAP_USER9.net
    サウジアラビア代表を率いるベルト・ファン・マルヴァイク監督が、退任することが明らかになった。

    サウジアラビア代表はロシア・ワールドカップアジア最終予選最終戦で日本に勝利し、ロシア行きを決めた。

    ファン・マルヴァイクとサウジアラビア代表の契約は予選までとなっていたため、ここ数日は延長交渉が行われていた。

    しかし、直後にファン・マルヴァイクの側近でもある代表のスタッフが解任され、指揮官はそれが受け入れられなかったことを退任理由として説明している。

    また、サウジアラビアサッカー協会は、永久的に同国に住むことも指揮官に求めていたことが明らかになった。しかし、ファン・マルヴァイクにそのつもりはなかったようだ。

    「私はここにずっとは住みたくない。(選手たちから多くの電話が来たとし、)彼らは私が退任しなければならないことを理解できないと思う。本当に私とロシアに行きたかっただろうね」

    なお、新監督はアルゼンチン代表を率いた経験を持つエドガルド・バウサとなる。

    9/15(金) 6:16配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00000045-goal-socc

    写真
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/09/10(日) 18:26:49.44 ID:CAP_USER9.net
    2017-09-10 13:50

    アジアサッカー連盟(AFC)が刃を向けた対象は、イランではなくサウジアラビアであった。

    英国のサッカー専門メディア「インサイド・ワールド・フットボール」は10日、カタールの放送局ビーインスポーツの内部消息筋を引用し、6日に行われたロシアワールドカップアジア最終予選B組第10戦のサウジアラビア対日本戦で中継が妨害された疑いでAFCが調査に着手したと報道した。

    AFCは最終予選が終わった直後の6日、最終予選最終節に中東の試合で重大な違反があったという報告があり、調査を開始したとの声明を発表した。

    当初この声明は、政治的に密接なイランとシリアがA組最終予選第10戦で2-2で引き分けた試合を指すのではないかという観測が出たが、実際には別の問題であったことが明らかになった。

    サウジアラビアは日本との最終戦を控え、ロシアワールドカップ最終予選の中継権を持っている ビーインスポーツの取材陣の競技場への入場を防いだ。サウジアラビアが6月からアラブ首長国連邦(UAE)、バーレーン、イエメンなどの中東諸国と一緒にカタールとの国交を断絶したためである。

    サウジアラビアサッカー協会は「日本との最終戦で競技場に入れなかったメディアはない」と発表したが、ビーインスポーツ側は「少なくとも1人以上の記者が競技場に入れなかった」と反論した。

    AFCは、今回の事態が政治的中立性を強調する国際サッカー連盟(FIFA)の規定に違反したかどうかをチェックしている。かろうじてワールドカップ本大会出場チケットを獲得したサウジアラビアが退出される可能性もある。

    FIFAは2015年10月、クウェート政府がサッカー協会などの体育団体に行政介入ができるように法律を改正したため資格停止処分を下し、FIFAが主催するすべての大会でクウェート代表の出場を停止した前例がある。
    l_2017091002000425000095421
    http://sports.khan.co.kr/sports/sk_index.html?art_id=201709101348003&sec_id=520401

    Rights and wrongs: AFC steps in to investigate row at World Cup qualifier
    http://www.insideworldfootball.com/2017/09/08/rights-wrongs-afc-steps-investigate-row-world-cup-qualifier/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/10(日) 08:12:04.11 ID:CAP_USER9.net
    ワールドカップは世界最強のナショナルチームを決める場ではあるものの、そこに世界トップレベルの選手たち全員が出場できるわけではない。大陸によっては厳しすぎる予選の壁に阻まれて本大会出場を逃す選手もいる。特に今回の2018ロシアワールドカップ予選は荒れ気味だ。各大陸で強豪国が苦戦しており、期待していたスター選手が本大会出場を逃す危険性もある。

    そこで英『sky SPORTS』は、「ワールドカップ本大会で見ることができないかもしれない11人」をポジション別に紹介している。まだ可能性の段階だが、彼ら11人が本大会に出場できないケースも考えられるのだ。

    まずGKでは、イタリア代表ジャンルイジ・ブッフォンだ。イタリアは欧州予選グループGに所属しているが、ここにはスペイン代表がいる。現在2位のイタリアはプレイオフに回る可能性が高いが、欧州予選のプレイオフでは何が起こるか分からない。イタリアと言えども潰されてしまう可能性もある。

    最終ラインでは南米予選8位と苦戦しているエクアドル代表からアントニオ・バレンシア、欧州予選グループAで3位と苦しむオランダ代表からフィルジル・ファン・ダイク、昨季ファイナリストでありながら南米予選で5位とギリギリの位置にいるアルゼンチン代表からハビエル・マスチェラーノ、そして欧州予選グループDで4位に沈むオーストリア代表からダビド・アラバだ。

    4位までが出場権を獲得し、5位はプレイオフに回る南米予選において現在8位のエクアドル、欧州予選グループDで4位のオーストリアはかなり厳しい立場だ。オランダもプレイオフ出場権を掴めるか際どいラインで、ファン・ダイク、バレンシア、アラバの3人は本大会に出場できない可能性が高い。

    MFの選手ではチリ代表アルトゥーロ・ビダルだ。チリは南米王者であり、コンフェデレーションズカップ2017のファイナリストだ。しかし現在は南米予選で6位と大苦戦で、このままでは出場権を失ってしまう。ビダルに限らず近年国際大会で結果を出してきたチリが本大会に出場できないのはショッキングな出来事だ。

    FWの選手はかなり多い。欧州王者ながら欧州予選グループB2位のポルトガル代表からクリスティアーノ・ロナウド、グループD2位のウェールズ代表からガレス・ベイル、マスチェラーノと同じくアルゼンチンのリオネル・メッシ、セルヒオ・アグエロ、そしてアフリカからグループCで首位コートジボワールと勝ち点差2で何とか踏ん張るガボン代表からピエール・エメリク・オバメヤンが選出されている。

    欧州予選の場合、ベイルのウェールズ、ロナウドのポルトガル、ブッフォンのイタリアなどプレイオフで潰し合う可能性もある。これが最も恐ろしいシナリオだ。アフリカの場合グループの首位しか本大会には出場できないため、オバメヤンをワールドカップで見るにはガボンにコートジボワールを上回ってもらうしかない。これはかなりハードルの高いミッションだ。

    世界最高の選手の座を争うようなスーパースターたちが本大会に出場できない可能性も大いに考えられるのがワールドカップで、予選は大陸ごとに行われるので仕方がないと諦める部分も必要だ。できれば同メディアの挙げた11人全員に出場してほしいが、このうち何人が本大会に進めるのか。

    9/9(土) 23:50配信 theworld
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170909-00010019-theworld-socc

    写真

    続きを読む

    1:渋柿の木 ★@\(^o^)/:2017/09/07(木) 18:01:24.21 ID:CAP_USER9.net
    国際サッカー連盟(FIFA)は6日、昨年11月に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア アフリカ最終予選の南アフリカ代表対セネガル代表で主審が不正な試合操作をしたとして、再試合を命じた。なお、再試合は11月中に行われる予定だ。

    この試合の主審を務めたガーナ人のジョセフ・ランプティ氏は、前半にセネガルのカリドゥ・クリバリがペナルティーエリア内でハンドをしたとして南アフリカにPKを与えた。しかし、リプレイでは、ボールはクリバリの足にしか当たっておらず、この判定を受けてランプティ氏は、スポーツ仲裁裁判所から永久資格停止処分を下された。
    試合はこのPKを決めた南アフリカが2-1で勝利していた。

    FIFAの声明によると「試合は2017年11月の国際時間枠内で行われる」と発表しており、9月14日に予定している大会組織委員会の会合で決定される見込みだ。南アフリカサッカー協会(SAFA)は、この試合における不正行為を否定しているが、FIFAの報告書を検討して上訴するかどうかを決定するとみられている。

    南アフリカとセネガルはアフリカ予選のグループDに所属しており、4試合を終えてセネガルは3位、南アフリカは最下位となっている。アフリカ予選は各グループの1位のみがW杯への出場権を獲得できる。

    2017-09-07_19h32_44
    GOAL
    W杯アフリカ南アフリカvsセネガルが不正により再試合に…主審のPK判定が物議
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170907-00000011-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/07(木) 12:47:21.65 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリーDFセルヒオ・ラモスは、スペイン代表に再び黄金時代が訪れることを予感している。

    スペインは5日に行われたロシア・ワールドカップ欧州予選グループG第8節でリヒテンシュタインを8-0と一蹴。S・ラモスは先制点を挙げ、3年ぶりに代表戦での得点を記録した。

    S・ラモスは試合後、次のように話している。

    「スペインは偉大な代表チームだ。十分タレントが揃っている。若い選手、ベテランの選手、どちらも必要だ。それをミックスさせることが重要なんだ。僕たちは再び周囲を納得させ、希望を抱かせている」

    「僕たちは正しいステップを踏んでいる。このチームでは重要な何かを成し遂げられないなんて言ったら、僕は嘘つきになるだろう」
    2017-09-07_17h17_23
    9/7(木) 11:12配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170907-00000002-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/07(木) 07:35:57.61 ID:CAP_USER9.net
    かつて韓国代表の指揮官として2002年日韓ワールドカップでも躍進に貢献したフース・ヒディンク氏が、再びアジアの虎を率いることに前向きなようだ。

    韓国はロシア・ワールドカップアジア最終予選で大苦戦。不振から、最後の2試合を残し、ウリ・シュティーリケ監督を解任してシン・テヨン監督が就任した。結果として何とか予選突破を果たしたものの、シン・テヨン監督に率いられた残り2試合をスコアレスドローで終えるなど、国内のファンから多くの不満を集めている。

    そこで白羽の矢が立ったのが、ヒディンク氏だ。同氏は2002年日韓ワールドカップで、韓国を率いて史上初のベスト4へと導いた。近年はジョゼ・モウリーニョ監督解任後のチェルシーで暫定監督を務めている。

    ヒディンク氏は韓国代表指揮官就任のうわさについて『YTN』で「彼らが求めてくれるなら、再びやりたい。お金は重要な問題ではない」と語っている。

    一方で、韓国サッカー協会(KFA)は「シン・テヨンとワールドカップまで契約し、彼をサポートする」との声明を明らかにしている。
    2017-09-07_10h07_06
    9/7(木) 7:28配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170907-00000039-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/07(木) 01:11:41.13 ID:CAP_USER9.net
    ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選・グループA最終節の試合が現地時間5日に行われた。わずかにプレーオフ進出の可能性を残していた中国代表は、カタール代表に勝利を収めながらも予選敗退が決まった。

    中国はカタールに勝った上で、シリアとウズベキスタンがいずれも敗れたとすれば3位に浮上してプレーオフに進出できる可能性があった。だが結局シリア、ウズベキスタンともに勝ち点1を獲得し、中国の勝利が奇跡に繋がることはなかった。

    中国を率いる名将マルチェロ・リッピ監督は、最終予選の第4節終了後の昨年10月に新監督として招へいされた。予選の戦いを終えた同監督の試合後のコメントを、中国『新浪体育』が伝えている。

    「私がチームを引き継いだ時には、勝ち点わずか1だった。そこから6試合を率いて11ポイントを手に入れることができた」とリッピ監督は一定の結果を残したことを強調した。「ホームでのカタール戦(0-0)はゴールマウスを3回叩き、相手GKも非常に良いプレーをしていた。シリア戦(2-2)では最後の1分までリードしていた。その2試合で4ポイントを失わなければグループ2位でW杯に出場できたはずだ」

    今後は2019年アジアカップが中国代表にとっての次の大きな目標となる。「未来を見据えなければならない。改善しなければならない部分は多い。アジアカップで主役になることがこれからの目標だ」と指揮官は新たなスタートへの意欲を口にしている。
    20170906_lippi_getty
    9/6(水) 20:13配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170906-00230303-footballc-socc

    [グループA]
    1.☆イラン(22)+8
    2.☆韓国(15)+1
    3.シリア(13)+1
    4.ウズベキスタン(13)-1
    5.中国(12)-2
    6.カタール(7)-7

    https://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?187170-187170-fl
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/06(水) 15:20:46.87 ID:CAP_USER9.net
    韓国代表は5日、ロシアW杯アジア最終予選でウズベキスタンと対戦し、スコアレスドローに終わった。同時刻に行なわれた試合で、3位シリアもイランとの試合に引き分けたため、韓国は9大会連続のW杯本戦出場を決めている。試合後にはW杯本戦出場を祝って、シン・テヨンが選手たちから胴上げされたのだが、これが問題となっているという。

    韓国は勝利すれば本戦出場が決定だったのだが、引き分けに終わったため、試合が終わっていないイラン対シリアの結果を待つことになった。

    シリアは終盤まで1-2で負けており、アディショナルタイムで同点に追いついたのだが、2-2の引き分けに終わった。しかし、韓国はその試合終了のホイッスルを待たずして胴上げを行なってしまった。

    韓国紙『ソウル新聞』によると、韓国のスタッフがシリア対イランの試合結果を選手たちに伝達する際、間違って伝わってしまったという。伝達ミスとはいえ、結果を待たずして胴上げを行なった韓国代表には、サポーターから批判が殺到したと同紙が伝えている。

    サポーターはTwitter上で「なぜ、終わってないのに胴上げしてるんだ?」、「W杯で優勝でもしたのか?」、「恥を知れ!」など、不適切な行為に怒りを露にした。

    韓国代表は本戦出場こそ決めたものの、ここまでの道のりは決して満足できるものではない。最後の最後でも国民を怒らせ呆れさせてしまった韓国は、本戦での戦いで納得させるしかないだろう。

    9/6(水) 15:00配信 ザ・ワールド
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-00010010-theworld-socc


    写真



    【順位表】
    1.☆イラン(22)+8
    2.☆韓国(15)+1
    3.シリア(13)+1
    4.ウズベキスタン(13)-1
    5.中国(12)-2
    6.カタール(7)-7

    https://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?187170-187170-fl
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ