海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: W杯

    1:豆次郎 ★:2018/06/17(日) 14:49:14.72 ID:CAP_USER9.net
    6/17(日) 14:42配信
    “つり目”ポーズで炎上中のマラドーナがSNSで釈明「アジア人が応援してくれるなんて…」

    アルゼンチン代表の初陣となったグループリーグ第1節アイスランド戦を3階のVIPルームから見守ったディエゴ・マラドーナ氏の行動が波紋を呼んでいる。

    マラドーナは禁煙のスタジアムで試合中に葉巻をくわえていたことが取り沙汰されていたが、さらに人種差別行動があったようだ。観客に手を振って応じる中で、韓国人ファンに対して“つり目”ジェスチャーを行ったと『BBC』が報じている。

    これを受け、マラドーナ氏は自身のフェイスブックで釈明。スペイン語、英語、イタリア語の3カ国語で、「スタジアムを訪れたファンの中で、アルゼンチンのユニフォームを着て私の撮影をしているアジア人の少年に驚いた。アジア人までもが私たちを応援してくれるなんて素晴らしいことだと伝えたかっただけなんだ」と説明している。
    2018-06-17_16h05_14
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-01655168-gekisaka-socc
    続きを読む

    no title

    1:風吹けば名無し:2018/06/16(土) 23:56:43.63 ID:wfMi0zVax.net
    相手からしたらメッシを潰せばええだけやん
    2:風吹けば名無し:2018/06/16(土) 23:57:00.08 ID:qE+PuAHN0.net
    作戦があまりにも無能すぎる
    4:風吹けば名無し:2018/06/16(土) 23:57:07.22 ID:urHASbOB0.net
    ほんこれ
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/17(日) 08:55:01.23 ID:CAP_USER9.net
    【カザン(ロシア)16日】日本代表の西野朗監督(63)が19日の1次リーグ初戦コロンビア戦(サランスク)に向け、2列目に右から原口元気(27)香川真司(29)乾貴士(30)を起用する可能性が高くなった。関係者によれば、非公開で行われた戦術練習で、この3人が同時にプレーしたという。

    トップ下に本田圭佑(32)という選択肢も残しつつ、初戦で金星を狙う。日本は今日17日にサランスク入りする。

    西野ジャパンの勝負布陣が固まりつつある。近くのカザン・アリーナでフランスがオーストラリアを下した直後、ポプラの綿毛が小雪のように舞う中で日本の厳戒態勢の非公開練習が始まった。

    非公開は前日15日に続き2日目。冒頭15分のみ公開されたが、退出を命じられた報道陣の残した荷物まで厳しくチェックされる徹底管理下でピッチへと続く2つの鉄の門がガシャン、ガシャンと閉じられた。

    時折、選手の声だけが風に乗って漏れてくる。関係者によれば、攻撃のパターン練習に続き、セットプレーの得点パターンを確認。そこで攻撃の軸となったのは左の乾、トップ下の香川、そして右の原口だった。

    指揮官は欧州での事前合宿でスイス、パラグアイと2試合を戦い全23人を使った。定位置争いは激化の一途。「悩みたいなと思った状況になった」と欧州を離れロシア入り。カザンで非公開練習を開始した前日15日には「メンバーもそうですけど、ここにきて固めて入りたい」と厚いカーテンの内側で、メンバーを固め連係を生み出そうとしていた。

    中でも、パラグアイ戦で躍動し2得点した乾への期待は大きいようで、練習前に西野監督は、手倉森、森保両コーチと話し込んだ後に、わざわざ乾を呼び5分ほど話をした。乾も手ぶりで戦術の確認ともとれるアクション。すり合わせの作業が進んでいる。

    注目のトップ下は香川が有力。本田という選択肢も残しつつ、けがから一気に状態を上げてきた10番が、主役を張る見込み。右からは、ガーナ戦で3バックのウイングバックも任せた西野ジャパンの生命線ともいえる存在、原口がエネルギーを吹き込むのが、基本形になりそう。その原口は「どれだけ粘って我慢できるか。アイデアはある」と話した。

    6/17(日) 7:48
    2018-06-17_14h07_39
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00241232-nksports-socc
    続きを読む

    9

    1:Egg ★:2018/06/17(日) 13:06:03.85 ID:CAP_USER9.net
    16日放送、テレビ東京「追跡LIVE!SPORTSウォッチャー」では、連日盛り上がりを見せるロシア・ワールドカップ(W杯)に臨む日本代表のイケメン総選挙を行った。

    4年に一度のサッカーの祭典は、オリンピックをも上回る注目度。例えば、207の国と地域が参加したリオデジャネイロ五輪のテレビ視聴者数が約50億人だったのに対し、32チームしか出場しなかったブラジルW杯では、およそ5倍の約260億人というテレビ視聴者数を記録した。

    約300種目もある五輪に対し、サッカーしか行われないにもかかわらず、圧倒的な人気を誇るW杯。そんな世界的なイベントでは、つねに各国の美女サポーターが注目を集めてきた。今回のロシアW杯にも、すでに大勢の美女たちが集結している。

    そこで、番組ではW杯の美女サポーター50人に対し、サムライブルーのイケメン総選挙を実施。西野朗監督が率いる日本代表で誰が人気なのかを探った。

    3票でベスト5に滑り込んだのは、キャプテンの長谷部誠(34)と武藤嘉紀(25)。5票の大島僚太(25)が3位で続き、岡崎慎司(32)が2位につけている。

    そして堂々の1位に選ばれたのが、母親がドイツ人の酒井高徳(27)。「目がきれい」「髪型もカッコいい」など美女たちから賛辞を寄せられ、18票とぶっちぎりで優勝した。

    2018年6月17日 7時15分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14875806/
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/17(日) 09:09:17.47 ID:CAP_USER9.net
    ブラジル代表FWネイマール(パリ・サンジェルマン)が「世界最高の選手は俺だ」と発言。過去10年間、バロンドールを二分しているアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)とポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)の“ある理由”を、その根拠に挙げている。

    ブラジルのYouTubeチャンネル「Desimpedidos」に登場したネイマール。17日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のスイス戦を前に、絶対的な自信を見せつけた。

    「控えめに言っても、今、世界最高の選手は俺だ」

    サッカー王国の背番号10はこう豪語した。2016年のリオデジャネイロ五輪でブラジルに金メダルをもたらした男は自信に満ち溢れていたが、実は“注釈”があった。

    「全ての選手のうえに立つ2選手がクリスティアーノ・ロナウドとメッシだ」

    ロナウドとメッシを現代サッカーの二大巨頭と認めつつ、それでもなお自らを世界一と名乗る理由はネイマール曰く「彼らは他の惑星からやってきたから」。二人は“異星人”のため、自分が“地球上で一番”というわけだ。

    ロシアW杯で世界制覇を成し遂げ、異星人の域に近づくことはできるだろうか。

    フットボールZONE 6/17(日) 7:10
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180617-00112093-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/17(日) 07:11:42.48 ID:CAP_USER9.net
    攻めに攻めたアルゼンチンだったが…。

    【6月16日・モスクワ|グループD アルゼンチン 1-1 アイスランド】

    ボール支配率78%、総シュート数27本。守勢に回ったアイスランドに対して、攻めに攻めたアルゼンチンだったが、最後までゴール前に表われた巨壁を打ち壊すことはできなかった。

    スタートは良かった。19分に敵ペナルティーエリア内で楔のパスを受け取ったセルヒオ・アグエロが反転しながら強烈なシュートで豪快にネットを揺らした。

    しかし、課題の守備陣がすぐさま粗を出す。23分、右サイドで数本のパスを繋がれて右サイドを崩されると、最後はGKウィリー・カバジェロがボールを掴みきれずにこぼれ球を、アルフレッド・フィンボガソンに押し込まれた。

    そこから一方的に攻め込んだアルゼンチンに一大チャンスが訪れたのは、タイスコアで迎えた64分だった。相手ゴール前でマキシミリアーノ・メサがヘルドゥル・マグヌソンに倒されてPKを得るも、ここでキッカーを務めた大黒柱のリオネル・メッシがまさかの失敗。アイスランドの守護神ハンネス・ハルドールソンに完全にコースを読まれ、弾き出された。
     
    背番号10のPK失敗が仇となり、アルゼンチンはアイスランドとドロー。試合前の下馬評を考えても痛恨の一戦となったことは言うまでもない。

    格下と見られていた相手に躓いたアルゼンチン代表に母国メディアも嘆き節が止まらない。

    アルゼンチン全国紙『Ole』は、「なんてPKだ! メッシはたった11mの距離(PKの距離)でさえ決めることができなかった」と銘打って、千載一遇のチャンスを逃したエースと代表チームを非難した。

    「PKもダメ、速攻での流動的なランニングもない、効果的なライン間のパスもない、左足も、右足もダメ…。最後までメッシには何もなかった。アイスランドが示した戦術的なスキルに苦しんで勝利を逃した。チームもアグエロの偉大な個人技によってゴールをこじ開けたが、リードを長く保てなかった。この日のアルゼンチンは細かいミスを何度も犯した。本当に残念だ!」

    ドロースタートのアルゼンチンは、立ち直ることができるのか。21日に行なわれる次戦の相手は、グループリーグ最大のライバルと目されているクロアチアだ。

    写真


    サッカーダイジェスト6/17(日) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180617-00042263-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/06/17(日) 05:17:43.12 ID:CAP_USER9.net
    6/17(日) 5:01配信

    西野ジャパン、初戦直前入れ替えも―。19日にコロンビアと初戦を迎える日本代表のFW岡崎慎司(32)=レスター=が16日、負傷のため大会登録の23人から外れることが濃厚になった。右ふくらはぎを負傷し、大会期間中には完治しないと判断されたもようで、3大会連続出場は絶望的。冒頭15分のみ公開となった16日の練習もただ1人、グラウンドには現れず。代わりにはバックアップメンバーとして帯同しているFW浅野拓磨(23)=ハノーバー=が登録されることになりそうだ。

    大事な初戦の3日前、西野ジャパンに衝撃が走った。冒頭15分のみ公開された練習。ピッチにはバックアップメンバーのFW浅野も含めた23人が現れた。だが、帯同している24人のうちただ1人、FW岡崎だけがピッチに現れなかった。関係者によると、負傷のため大会登録の23人のメンバーから外れる可能性が極めて高いという。

    岡崎は12日の親善試合、パラグアイ戦(インスブルック)で右ふくらはぎを負傷。もともと痛めていた右膝でも、左足首でもなかった。負傷部位をかばったのが影響した可能性もある。ゼーフェルト(オーストリア)の事前キャンプ地からカザン入りしても14、15日と完全別メニュー。ロシアでは一度もチーム練習に合流していない。西野朗監督(63)も15日の練習後には「非常に(状態が)厳しい選手もいます。岡崎(の状態)が一番気になる」と話していた。

    W杯のレギュレーションでは、初戦の24時間前までは選手の入れ替えができる。日本代表は現地時間19日午後3時(日本時間同午後9時)に1次リーグH組初戦でコロンビアと戦うため、18日午後3時までに診断書とともに国際サッカー連盟(FIFA)に提出すれば、選手の入れ替えが可能だ。現状ではサポートメンバーとして帯同しているFW浅野を登録する見込みだ。

    過去には2006年のドイツ大会直前にDF田中誠(当時磐田)が左太ももの肉離れで離脱。代わりにDF茂庭照幸(当時F東京)が米ハワイで休暇中に緊急招集されてメンバーに加わったこともある。大会直前のメンバー入れ替えは3大会ぶりとなる。

    5月中旬にガーナ戦(日産ス)のメンバー発表した際に、「ゲームの中での総合的な役割というのは代えがないと私は評価している」と指揮官が話し、W杯に必要と判断された。今大会でゴールすれば3大会連続の得点となるはずだった。前回大会のコロンビア戦で唯一ゴールを奪った男でもある。だが、大会直前に西野ジャパンは大事な1ピースを外さざるを得ない状況になった。

    ◆岡崎のW杯 10年南アフリカ大会で初出場。全4試合にいずれもFWとして途中出場し、1次リーグ(L)3戦目のデンマーク戦で後半42分に左足で初ゴールを決めた。14年ブラジル大会はFWで1次Lコートジボワール戦、ギリシャ戦ともに先発フル出場。コロンビア戦で前半ロスタイムに頭で同点ゴールを決めるも、後半24分に退いた。
    2018-06-17_06h45_03
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000055-sph-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/06/17(日) 05:15:11.33 ID:CAP_USER9.net
    6/17(日) 5:10配信
    西野監督、本田外しを決断…コロンビア戦ベンチスタート

    サッカー日本代表MF本田圭佑(32)=パチューカ=が、19日のロシアW杯H組1次リーグ(L)初戦コロンビア戦での先発落ちが16日、濃厚になった。戦術練習で主力組を外れているという。西野朗監督(63)は4月の就任以来、本田を信頼し続けてきたが、2試合連続で結果を出せなかったことなど考慮し、最も重要なコロンビア戦はベンチスタートにする決断を下した。

    本田にとって特別なW杯の初戦はベンチスタートが濃厚になった。日本サッカー協会関係者によると、15日のセットプレー確認をはじめ、戦術練習は控え組でプレーしたという。16日もクラブハウスからグラウンドに向かう際の顔つきは険しく、厳しいW杯になったことを表していた。

    土壇場でのスタメン落ちでもある。3月のベルギー遠征まで約半年招集しなかったハリルホジッチ前監督が4月に解任され、西野監督が後任に就いて追い風は吹いた。西野ジャパン初戦の先月30日のガーナ戦(0●2)、8日のスイス戦(0●2)と2試合連続で先発し、攻撃の中心に据えられた。しかし、2試合を通じて、1年9か月ぶりの国際Aマッチ得点を決める事はできなかった。一方で出場しなかった12日のパラグアイ戦(4○2)では、同じトップ下のポジションを争うMF香川が1得点2アシストし、活躍した。

    連続3大会目のロシアW杯は集大成と位置付けている。初出場した10年南ア大会は1次L初戦のカメルーン戦で初得点を決める →→ など2得点し、16強入り。14年のブラジル大会は初戦のコートジボワール戦でゴールするも1次L1分け2敗の惨敗だった。「優勝」「3大会連続初戦得点」も狙っていると公言していた。

    ロシアは本田がかつてプレーした場所。10年1月から4年間、CSKAモスクワでプレーし、リーグ、カップ戦合わせて4つのタイトルを獲得した。昨年12月に「ロシアでやるW杯です。皆さん、覚えているか、忘れているか分からないですけど、4年間、あそこで住んでいた。そんな日本人なかなかいない。必ずアドバンテージになる」と話しており、ロシアでのプレーに自信を示していた。

    本田は不発だった8日のスイス戦後、「この2試合、個人的に結果を出せていない。危機感を感じています」と話していた。レギュラー落ちもあり得る状況になっていたが、ロシア・カザン入りしてから杞憂(きゆう)が現実になった格好だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000016-sph-socc

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/06/17(日) 05:54:28.55 ID:CAP_USER9.net
    6/17(日) 5:52配信
    スポーツ報知
    クロアチア、ナイジェリアに快勝 前半OG先制、後半モドリッチPK弾でD組首位発進

    2点目を喜ぶクロアチア代表イレブン(ロイター)
    ◆W杯ロシア大会▽1次リーグD組 クロアチア―ナイジェリア(16日、カリーニングラード)

    クロアチアがナイジェリアに快勝し、勝ち点3を手にした。前半32分にオウンゴールで先制。後半26分にはMFモドリッチがPKを決めて逃げ切った。クロアチアは、アルゼンチン、アイスランドもひしめくD組で首位発進となった。

    欧州屈指のタレント擁するクロアチアが、セットプレーで先手を取った。前半32分の右CK。モドリッチがニアサイドに蹴り込むと、MFレビッチが頭でそらした。そしてゴール正面のマンジュキッチが低い位置で飛び込むようにヘディングした。するとボールはナイジェリアMFエテボに当たって方向が変わり、ゴールに吸い込まれた。

    後半25分にはペナルティーでマンジュキッチがDFエコンに抑え込まれてPKを獲得。主将のMFモドリッチは冷静にゴール左下隅にグラウンダーのシュートを決めて2点目を入れた。
    2018-06-17_06h01_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00010001-spht-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ