海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: W杯

    82cbd50d-s

    1:Egg ★:2018/11/08(木) 22:22:25.12 ID:CAP_USER9.net
    国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長は、22年ワールドカップ(W杯)カタール大会から出場国が48チームに増えても開催期間は28日間のままであると話したと、8日にスカイスポーツ電子版が報じた。

    全部で80試合が行われることから、1日で6試合消化されることが予想される。同W杯は11月21日から12月18日に開催予定。FIFAは現行の32チームから48チームに出場国を増やすかどうか、来年3月に決定を下す。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00386377-nksports-socc
    続きを読む

    1:江戸領内小仏蘭西藩 ★:2018/11/01(木) 14:59:24.57 ID:CAP_USER9.net
    AFC年次総会で2022年の参加国拡大に意欲的な発言
    11/1(木) 6:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181101-00049656-sdigestw-socc



    ワールドカップの窓口を広げたい会長は、2022年の出場国拡大に前向き。しかし、英国のフットボールファンは猛反発。 (C)Getty Images

    F国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長が、2026年大会からとなっているワールドカップ出場枠の32から48への拡大を、2022年に早める可能性もあると発言したことを、英国公共放送「BBC」などが報じている。

    これは、10月30日にマレーシアのクアラルンプールで開催されたアジア・サッカー連盟の総会で、インファンティーノ会長が演説した際に明かされた。

    2026年に米国、カナダ、メキシコで開催されるW杯では、出場枠が48カ国に拡大することが決定しているが、会長は「調整さえ可能であれば、カタール大会から行なうことも考えている。もし可能であるならば、どうしてやらないという選択肢を選ぶ必要があるのか?」と語ったという。

    「難しくても、実施する方向で限りなく努力する。よりよい大会にするためには、常に努力をする必要がある。私はW杯を、世界のすべての国が目標とすることができる、“真の競争”にしたいと考えている」

    実際に会長は現在、カタールの大会運営側と協議中とのこと。ちなみに、これが実施された場合、アジア枠は「4.5」から「8」に増加する見込みだ。

    この出場枠拡大案に、イングランドのサポーターからは、「FIFAによるW杯は一度終わらせるべきだ」「W杯の価値が失われる」「とち狂ってるのか?」「金に目がくらんでいるからといって、やりすぎだ」といった、反発のコメントが多く寄せられている。

    そもそも、「サウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)など中東6カ国がカタールと国交を断絶」中の情勢が、不安定なカタールでの開催を危ぶむ声は絶えない。すでに、「夏に行なうのは暑すぎて危険すぎる」ということで開催時期が11月に後ろ倒しが決定している。さらに参加国拡大となれば、カタールでの開催場所や練習場所確保などの問題も発生するが、国内で処理しきれるのかどうかという見通しも不透明だ。

    はたして2022年、無事にワールドカップは開催されるのだろうか。
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/31(水) 23:44:02.19 ID:CAP_USER9.net
    国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長は、カタールで開催される2022年ワールドカップの出場チーム数を32チームから48チームに拡大する可能性に言及している。英メディア『スカイ・スポーツ』などが伝えた。

    【2018年ロシアW杯】得点ランキング

    1998年大会以来32チームで開催されてきたワールドカップは、アメリカ・メキシコ・カナダの北米3ヶ国で共催される2026年大会から48チームに拡大されることが決まっている。2022年カタール大会までは現行の32チームで開催される。

    だがインファンティーノ会長は、予定を前倒ししてカタール大会から参加チーム数を拡大することに取り組む姿勢を示した。アジアサッカー連盟(AFC)年次総会で見通しを述べている。

    「2026年からワールドカップの参加国数を増やすことを決めたが、2022年からそうなるだろうか? 検討を行っているところだ。可能なのであればもちろんだ」とインファンティーノ会長は語った。

    出場国数を拡大する場合、大会をカタールだけでなく周辺諸国でも開催する可能性にも言及した。「可能なのかどうか、カタールの友人たちと話し合っているし、地域の友人たちとも話し合っている。実現することを願っているが、そうならないとしても少なくともトライはする」

    現状の32ヶ国開催では、アジアの出場枠は開催国カタールとは別に「4.5」となっている。48チームに拡大する場合、アジアには「8.5」枠が与えられることが見込まれるという。

    10/31(水) 22:14配信
    in_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181031-00295333-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/15(月) 13:24:29.73 ID:CAP_USER9.net
    サッカードイツ代表がUEFAネーションズリーグのオランダ戦に完敗し、さらにW杯王者フランスとの試合が16日に迫る中で、チームを率いるヨアヒム・レーブ監督へのメディアからの風当たりが強まっている

    13日に敵地アムステルダムでのオランダ戦に臨んだドイツは、ビルヒル・ファン・ダイクのゴールで先制されて前半を終えると、終盤にもメンフィス・デパイとジョルジニオ・ヴィナルドゥムにゴールを許し、0-3の大敗を喫した。このスコアは対オランダ戦では過去最悪の結果。最後の10分間は守備が崩壊し、アディショナルタイムのデパイのシュートがバーに当たっていなければ0-4だった。

    5月にドイツサッカー連盟との契約を2022年まで延長したばかりのレーブ監督は、試合後の会見で出た辞任の意向を問う質問に対して、「現時点ではない」と答えているが、結果が上向かない限り、立場はますます厳しくなっていく。

    今のドイツ代表は、「まわりから見ても、以前のような自信をチームが失っているのが感じられる」と監督が話す状態にある。W杯ではグループ最下位で敗退し、ネーションズリーグでもリーグA・グループ1の最下位に沈んでいる。グループ残留のためには、16日のフランス戦、そして11月19日のオランダとのホームゲームは連勝が必須となる。またフランス戦に敗れれば、過去最悪の年間6敗目となる。

    DFBのラインハルト・グリンデル会長も「W杯の後にチームが苦境に陥るのは分かっていた。大切なのはピッチの内外を問わずチームとして団結すること。こんな結果は望んでいなかったが、前に目を向けて16日のフランス戦、そして11月のオランダとの再戦に集中しなくてはならない」と話している。

    現時点では、5週間後のオランダ戦までレーブ監督の首が飛ぶことはないとみられるが、国内の大手メディアは辛らつだ。

    ドイツ最大のスポーツ日刊紙ビルト(Bild)は、「どん底のレーブ。会見では去就に関する質問にいら立ち」と報道。サッカー雑誌のキッカー(Kicker)は、レーブ監督が再出発を誓いながら何も変わっていないことを指摘し、「新たなスタート? レーブのチームはW杯のストーリーを今もなぞっている」「0-3の大敗で、今やドイツは残留争い。たまたま負けたわけではなく、ミスを繰り返した末の当然の敗戦だった」「レーブの今後に関する疑問が、またしても浮上している」と述べた。

    ほかの大手新聞も手厳しい。ミュンヘンに本社を置く南ドイツ新聞は、オランダ戦を「恐ろしい夜」と表現し、レーブ監督の契約に、満了以前に契約を打ち切る権利を連盟側、監督側の双方に与える条項が盛り込まれていることを報じた。

    また国内大手のウェルト(Die Welt)紙は、「オランダに0-3で敗戦。今のドイツは欧州の中堅国に過ぎない」とサッカー強国の誇りを打ち砕く真実を指摘しつつ、「レーブはW杯覇者であるという基礎から離れなくてはならない」と多くのファンの声を代弁した

    10/15(月) 13:13配信 時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000017-jij_afp-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/14(日) 22:48:11.86 ID:CAP_USER9.net
    ディレクターとして古巣ミランに戻ってきた元イタリア代表DFパオロ・マルディーニ。

    クラブ史上最多となる902試合に出場し、背負っていた背番号3が永久欠番になるほど、正真正銘のレジェンドだ。

    ただ、アズーリではワールドカップ4大会に出場しながら、ついに優勝は果たせず。

    その彼がトレントで行われた『Il Festival dello Sport』でこう明かした。

    パオロ・マルディーニ

    「2006年(W杯)の代表招集に私はNoと言ったんだ。そして彼らは優勝した。

    運命だったと思う。それでも自分は素晴らしい時間を過ごしたよ。

    とはいえ、本当にもう一度やり直したい試合は2002年W杯の韓国戦になるだろうね」

    パオロ・マルディーニ

    「自分は審判に対して怒りを覚えたことは一度もなかった。

    だが、率直に言って、あの日はムリだったね。

    自分の中にある最悪(の言葉)をぶちまけたよ。妻から学んだスペイン語にも助けてもらってね」
    物議を醸した日韓ワールドカップでのイタリア対韓国戦。試合を裁いたのは、エクアドル人主審だった。

    2018年10月14日 8時0分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15441600/

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/04(木) 20:54:53.21 ID:CAP_USER9.net
    スペインサッカー連盟は4日、10月の2試合に望むスペイン代表メンバーを発表した。

    ルイス・エンリケ監督新体制のもと、先月行われたUEFAネーションズリーグではロシア・ワールドカップ準優勝のクロアチアを6-0と粉砕するなど最高のスタートを切ったスペイン。10月にはウェールズとの親善試合の後、ネーションズリーグ初戦で2-1と下したイングランドと再び激突する。

    首位でのグループ突破を睨む今回の招集では、レアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリーというリーガ3強の主力が順当に選出。また、プレミアリーグで好調を維持するチェルシーからは、4人が選ばれた。

    一方、L・エンリケ監督との確執が伝えられるバルセロナDFジョルディ・アルバは、またも招集外となった。

    スペイン代表は12日にウェールズと親善試合を行い、16日にホームのベニト・ビジャマリンでイングランドと対戦する。

    スペイン代表メンバーは以下の通り。

    GK
    ダビド・デ・ヘア/マンチェスター・U(イングランド)
    ケパ・アリサバガラ/チェルシー(イングランド)
    パウ・ロペス/レアル・ベティス

    DF
    セルヒオ・ラモス/レアル・マドリー
    ナチョ/レアル・マドリー
    セサル・アスピリクエタ/チェルシー(イングランド)
    ラウール・アルビオル/ナポリ(イタリア)
    マルク・バルトラ/レアル・ベティス
    ジョニー・カストロ/ウォルバーハンプトン(イングランド)
    マルコス・アロンソ/チェルシー(イングランド)
    ホセ・ガヤ/バレンシア

    MF
    セルヒオ・ブスケツ/バルセロナ
    サウール・ニゲス/アトレティコ・マドリー
    ロドリゴ/アトレティコ・マドリー
    チアゴ・アルカンタラ/バイエルン(ドイツ)
    ダニ・セバージョス/レアル・マドリー
    コケ/アトレティコ・マドリー

    FW
    イアゴ・アスパス/セルタ
    マルコ・アセンシオ/レアル・マドリー
    アルバロ・モラタ/チェルシー(イングランド)
    スソ/ミラン(イタリア)
    ロドリゴ/バレンシア
    パコ・アルカセル/ドルトムント(ドイツ)

    10/4(木) 19:17配信GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00010011-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:THE FURYφ ★ :2018/09/13(木) 13:19:07.04 ID:CAP_USER9.net
    ロシアワールドカップ決勝のフランス対クロアチアの試合でピッチに乱入したロシアの反政権の活動団体「プッシー・ライオット」のメンバーが毒を盛られた。12日に英メディア『meduza』が報じている。

    試合中、偽の警官制服を着た男女4人がピッチに乱入。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が観戦する目の前で、政治犯の釈放などをロシア政府に求めるため実行に及んだ。ただ、その代償は大きかったようだ。

    同メディアによると、現地時間9月11日にロシアの反政権の活動団体「プッシー・ライオット」のメンバーが病院に運ばれて来たとのこと。かなりの重症で、視力を失い体も動かせず言葉も話せない状態のようだ。毒を盛られた可能性があると同メディアは報じている。
    20171228_russia_Getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180913-00289302-footballc-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/09/09(日) 13:55:23.30 ID:CAP_USER9.net
    ロシア代表MFデニス・チェリシェフ(バレンシア)が、同選手の受けた注射を巡りスペインアンチドーピング機構(AEPSAD)から調査を受けているという。スペイン紙『マルカ』が8日付で報じた。

    同紙によると、チェリシェフの父親がロシアメディアに対して「(チェリシェフが)ワールドカップに向けて成長ホルモン入りの注射を渡された」とコメント。これを受けてAEPSADが調査を行っている模様だ。

    一方、ロシアサッカー連合(RFU)側は、これを全面的に否定している。RFUによれば、そもそもこの疑惑はイギリス紙『テレグラフ』がチェリシェフの父親のコメントを報じたことが発端となっているが、『テレグラフ』紙が誤って「成長ホルモン」と訳しているという。そのため、ドーピングは事実無根であると主張した。

    2018 FIFAワールドカップ ロシアで、自国開催となったロシア代表は下馬評を覆してベスト8に進出した。その中でも、特に際立った活躍を見せたのがチェリシェフであった。同選手は5試合に出場し、チーム最多の4得点をマーク。マン・オブ・ザ・マッチに2度選出されるなど、ロシア躍進の立役者となった。もしこのドーピング疑惑が事実であったとすれば、ベスト8の栄誉に大きく傷をつける深刻な問題となりそうだ。
    2018-09-09_14h56_38
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180909-00827842-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ